学生の頃に付き合っていて将来的には結婚をしてというようなカップルが多いですよね。

もちろん社会人になってから結婚をするというような人も多いと思います。

付き合う際には一緒にいることが楽しくて毎日が幸せだと感じるような人も多くあったのではないかと思います。

しかしながら結婚をして最初はよかったものの、何時の間にか別居生活をしているというような事になっていませんか?

別居というのはいわゆるお父さんとお母さんが別々に暮らしているというような事なのですが、離婚とは少しまだ違うようなものです。

言うのであれば離婚をしている場合は別居ではなく、もう既に関係が途絶えているので、その様な言い方というものはしません。

別居というのは結婚をしているにも関わらず、離婚をせずに別々の場所に住んでいるというような事を別居と言います。

例えばお父さんが仕事の都合上で1週間家をあけているというような事はよくありますよね。

その様な時というのは別居とは言いませんが、長い間あけているという人であったり、どちらかの家にいるというような状態になっていた場合は別居をしているという事になります。

その別居というのも様々な理由があると思いますが、仮に今別居をしているという人はどの様な理由があると思いますか?

別居をしているという事は、何か理由があるからこそなのではないかと思います。

別居中というのはお互いがどの様なことを思っていると思いますか?

もしかすると同じような事を思っているかもしれませんし、違うような事を思っているような事もあるのではないかと思います。

そんな時に復縁をしたい!と思うような人もいますよね。

今回はそんな別居中の心理と、復縁をしたいのであればどのように行動をすれば良いのか、復縁できる人の共通点についてお話をしたいと思います。

皆さんは復縁したいと思った時はどの様に思いますか?

別居する理由は?

そんな中で別居をする理由というのはたくさんあると思います。

例えば別居をしたいと思う時というのは一緒にいたくないというのが大前提になりますよね。

よほど特別な事情がない限りは別居をするというような事は普通ありえません。

他にも価値観の不一致というようなものがあるでしょう。

価値観の不一致というのは特に、金銭感覚の問題であったり子供の教育方針というような事でもめることが多いですよね。

特にDVなどのような危険性もあるので、価値観があまりあわないと別居をしてしまうというような夫婦も多いのではないかと思います。

また一番いけないことですが、好きな人ができてしまったからというのもあるかもしれません。

仮に好きな人ができてしまったのであれば、それは不倫にも繋がります。

なのでこの様なことがあった場合には早急に手をうつべきだとも思いますが、皆さんが仮に今別居をしているという人がいるのであればどの様な理由があるのでしょうか?

詳しく見てみたいと思います。

一緒にいたくない

一緒にいたくないというような事があるでしょう。

単に喧嘩をしているだけであれば仲直りするというような事は容易にできますよね。

しかしながら一緒にいたくない、顔を見たくないとうような状態が続いてしまうとどうしても別居をせざるおえなくなってしまいます。

特に子供がいるというようなところでは、どちらの家に引き取るのかというような事も考えなくてはいけませんよね。

子供を巻き込みたくないと思っているのに、強制的に巻き込んでしまうというのが夫婦間の問題でもあるのではないかと思います。

一番は別居を無くすことですが、そうするとまた嫌な相手の顔を見たりすることが多くなるので、一緒にいたくないと思い別居をしてしまうというような人が多いのではないかと思います。

また、必ず一緒にいたくないというのは理由があると思います。

顔すら見たくないというような事は、その原因というものが必ずありますよね。

その原因というものがちゃんとお互いが理解しているのかという所が重要なポイントになります。

極力はお互いがしたくないと思うかもしれませんが、この様なこともあるという事を覚えておくようにしましょう。

価値観の不一致

価値観の不一致で別居をしてしまうというのは、どの家庭でも多くある別居理由になるのではないかと思います。

普通であれば価値観が違う状態でもそれに合わせるというような事が大事になりますよね。

しかしながらそれが極端に合わないというような事になればそれが続くことによりストレスにも変わってしまうことが多いのではないかと思います。

価値観の不一致というのはその様なストレスが溜まりに溜まってしまったので、別居という選択肢に最終的になるので、価値観が不一致しただけでは別居の理由というのは難しいですよね。

よほど合わないという状況が続いたり、納得がいかないというような事がおこらない限りはないことのはずです。

ではそんな価値観の不一致で別居をしてしまうというのは、どの様な価値観の不一致があると思いますか?詳しく見てみたいと思います。

皆さんもよくその事で喧嘩をするというような人もいるかもしれませんが、別居までいっていますか?

金銭感覚

金銭感覚というのは代表的なものですよね。

例えば相手が貧乏性であり、自分はお金をどんどん使いたいというようなタイプであれば、その金銭感覚のズレで別居をしてしまうという可能性も低くはないのです。

言うのであれば、何にお金を使っているのかというような価値観のズレから別居をしてしまうというようなパターンです。

この問題というのはどの家庭でもあがるようなものだと思いますが、金銭感覚というのは人それぞれですよね。

それを無理に合わせるというような事をせずに、妥協をするという選択肢ではなく、ストレスが溜まってしまい別居をするというような選択肢にたどり着いてしまうというような事もあるということです。

生活パターン

生活パターンが違うというような事もあるでしょう。

例えば自分は朝だけれど相手は夜に仕事があるというような状態であれば、お互いが1人の時間は作れたとしても、一緒にいる時間というものが無くなってしまいますよね。

どうにかして作れば良いのですが、例えば朝に寝る時にドタドタとして寝れないなんていうような事はありませんか?生活パターンというのは人によって違うのは当然のことです。

何故なら生まれてきた家庭によってその生活パターンというものがしみついているので、それについていけないというような状況になってしまった場合は、ストレスが溜まってしまい、別居をするというような事もあるのではないかと思います。

子供の教育方針

子供の教育方針でもめてしまい別居をしてしまうというような事もあるのではないかと思います。

子供というのはどうしても可愛いですよね。

どの様に育てたいからというようなものもあるのではないかと思います。

しかしながらそんな子供の教育方針というのは夫婦間でもめてしまうような問題にもなっているのではないかと思います。

例えばですが、子供をこの様にしたいというようなことを考えたりする際に、どうしても自分の理想の子に育てたいというような親も多くいるのではないかと思います。

子供の教育方針というのは少し難しいところではありますが、大事なのは子供が何をしたいかという事です。

しかしながら親が全て決めてしまい、その事でもめて別居をするというような事も少なくないのです。

DVやモラハラの危険性がある

別居をする理由の中で問題となるものが、DV関連のことです。

DVというのはいわゆる虐待のことであり、よく父親が母親に虐待をするというような事がニュースでもありますよね。

その様な危険性を持っているというような人は基本的に別居をするというような手段をとることが多いです。

特にこの様な人とは知らずに付き合って結婚をしたというような人が多いですが、この様な事というのは結婚をしてから発覚するようなものが多いです。

なのでDVやモラハラの危険性があるから別居をしているというのは立派な理由の1つになるのです。

他のものであれば喧嘩などのような事ですが、これだけは特別違いますよね。

早急に対処をしなくてはいけません。

親族と同居していて反りが合わない

家を持つ際には親族と同居していてそりが合わないというような事もあるでしょう。

例えば親族の人と一緒に住むことになるというような家庭は多くあるのではないかと思います。

特に親族ともめてしまって反りが合わないから別居をするというような事は、実は少ないようで多い理由なのです。

どうしても親族の人というのは、見方が少し違い、意見の言い合いにもなってしまったり、孫が可愛いから孫だけを中心に考えて、奥さんに対して様々な愚痴を言うような姑さんも多いですよね。

この様なことがあるからこそ別居をしているという人もいるのではないかと思います。

他に好きな人ができてしまった

これは一番あってはいけないことですが、他に好きな人ができてしまったというような事もあるかもしれません。

結婚をしているにも関わらず、他の人と交際をしていたというような事や不倫をしていたというような事になれば別居をしてしまっても仕方ありませんよね。

別居中の男女の3個の心理

ではそんな別居中の男女の心理というものはどの様なことを思っていると思いますか?例えば別居できて気持ちが楽になったというような人もいるかもしれないですよね。

今までが辛いものであって、いざ1人身になると楽になったというような人も多いかもしれません。

また会いたい気持ちがでてきたという人もいるでしょう。

言うのであれば会いたい気持ちがあるという事は、別居をしないでも良いという事になりますよね。

他にもこれで本当によかったのかと不安になってしまうというような人もいるのではないかと思います。

基本的に別居中の人というのは1人になって始めて感じるような事が多いです。

特に会いたい気持ちというのは、簡単に言えば相手のことを愛しているからこそ、また会いたいと思うのではないでしょうか?

別居をすることで再確認をすることができるので、まだ別れないでよかったと安心するような人もいるかもしれませんね。

では今回はその3つの心理について更に詳しく見てみたいと思います。

1.気持ちが楽になった

気持ちが楽になったというような事があるでしょう。

例えば今までがストレスでしか感じなかったというような人であったり、相手に対してもう嫌だと思うような形で別居をしている人というのはいざ1人になった時はとても気持ちが楽になったのではないかと思います。

今までが重いというような事で、常に負荷がかかっていたのであれば、気持ちが楽になるというような事もあるのではないかと思います。

2.会いたい気持ちが出てきた


別居をしてしまったけれど、会いたい気持ちが出てきたというような人もいるでしょう。

その様な人の場合は、離れてはじめて気付くような感情を知ることができたという事になりますよね。

いわゆるまだ相手のことを愛しているからこそ相手に会いたいという気持ちが出てきたのではないでしょうか?

いざ1人になると、相手がどれほど必要だったのかというような事はとても重要なのです。

それほど支えにもなっていたという事に繋がるのではないかと思います。

会いたい気持ちが強いのであれば復縁をしたいという事になります。

仮にその逆になってしまうと、もうそのまま離婚をしても良いという勘定になっているのではないでしょうか?

3.これで本当に良かったのかと不安になった


これで本当に良かったのかと不安になったというような人もいるでしょう。

例えばいざ別居をしていて戸惑っているという状況になる人はこの様に思う可能性が高いです。

本当に別居をしていいのだろうか?子供は大丈夫だろうか?

というようないろいろな不安がよぎる人というのはまだ気持ちに整理がついていない証拠でもあります。

しかしながらこの様な状態というのは長ければ長いほどお互いを苦しめてもしまいますので、決断をする時というのは必ずくるのではないかと思います。

それまでどちらにするのかを選ぶというような事が大事になるのではないかと思います。

復縁できる?できない?

ではそんな別居中から復縁ってできるの?と思うような人もいるかもしれないですよね。

普通別居などであればできない可能性の方が高いと思う人も多いかもしれません。

しかしながら別居の理由が何なのか、という事がとても重要になります。

言うのであれば離婚を前提とした別居であれば、復縁は難しいですが、冷静になるために別居をするのであれば、復縁できる可能性があるという事です。

皆さんはどちらの状態で今別居をしていますか?

詳しく見てみたいと思います。

離婚を前提に別居→復縁は難しい

離婚を前提に別居をしている場合は復帰の可能性というのは難しいかもしれません。

言うのであれば別居をするというのは様々な理由があると思いますが、お互いが離婚を前提に別居をするというような事を言っているのであれば、復縁をするというような事は難しいですよね。

特に相手の方に問題があると思って離婚を前提に別居をした人というのは、基本的に自分自身を見つめ直すというような事がありません。

なので離婚を前提に別居をしてしまうような人というのは、そのまま本当に離婚をしてしまう可能性が高いのです。

冷静になるため一時的に別居→復縁できる可能性あり

別居の理由が冷静になるためにというような事もあると思います。

喧嘩などで一度落ち着きたい、考え直したいというような人というのは復縁できる可能性があるという事になります。

この様な状況というのは先ほど言った心理で離れてみて始めて分かるというような事が多いのではないかと思うのです。

また、不安で一杯な人も復縁をしたいと思うような人が多いので、1度冷静になってまたよりを戻すというようなカップルの様なこともあるのではないかと思います。

冷静になるためならば、一時的に別居をするというような事は良い方法でもあります。

しかしながら一番は別居をせずともそれに気付けるかどうかという事ですよね。

別居が長引くと可能性が薄まる

ここで注意をすることがあります。

お互いが不安で悩んでしまい1人でいる状態が続いてしまうと、別居して生活ができているという事になり、お互いがいなくても大丈夫だろうというような考えにもなってしまう可能性があります。

基本的に復縁をするとなれば、直ぐに行動をおこすと良いでしょう。

別居が続いてしまうとどうしても長引いてしまい、辛い思いをする可能性も高くなってしまいます。

復縁したいと思ったときはどうするべき?

では復縁をしたいと思うような人は多いはずですよね。

復縁をしたいと思ってもどうすれば良いか分からないという人が多くいると思います。

復縁をしたいのであれば、先ずは本当にその気持ちがあるのかという確認をすることです。

そして相手にそのことを伝える、という事が大事になりますよね。

復縁をしたいのに復縁できなかったというようなパターンもあると思いますが、その場合は相手が考えを改めなかったのか、こちらにもっと原因となるものがあったのかのどちらかになってしまいます。

復縁できる可能性というのはとても薄いようにも思いますが、復縁をしたいと思う時はとにかく行動をすることが大切になるのではないかと思います。

相手に対して行うこと

先ず相手に対して行うことというのはどの様なことがあると思いますか?言うのであれば将来のことを話すというような事は大事な事になりますよね。

今後このまま別居をしていても仕方ありません。

そしてお互いの役割の大切さを認識することや、自分のマイナスな面をなくすように努力をしているという事を相手に伝える必要もあるでしょう。

別居をしていて何も考えていなかったというような事が問題になります。

別居というのは基本的に一度考えを改めなおしたり、自分がどう思っているのか認識するためにするような時間でもあるという事です。

そのまま引きずってしまうと、ずっと引きずってしまうので、この様な状態の時は必ず答えを出すようにしなくてはいけません。

将来のことを話す

将来のことを話すというような事は大事なことになりますよね。

どんな事でもそうですが、特に子供がいる家庭というのは仮に離婚をした際にはどちらかが引き受けなければいけません。

また、復縁したいという気持ちがあるのであれば復縁した後にどの様なことを考えているのかという事を話すことで相手にもより理解をしてもらえるのではないかと思います。

お互いの役割の大切さを認識する

お互いの役割の大切さを認識することも必要になるでしょう。

例えば、自分はこの様な役割があり、相手にはこの様な役割がある、というような再確認をする必要もあります。

復縁をする際にはただ仲直りをしてしまうと、また同じような事で別居してしまうという事になってしまいますよね。

その様な状態ではなく、お互いの役割の大切さを認識することが必要になるので、よく話し合うという事も必要になるのではないかと思います。

自分のマイナス面をなくす努力をしていることを伝える

自分のマイナス面をなくす努力をしていることを伝えると、相手も自分のマイナス面と向き合うようになってきます。

仮に直ぐに話をして解決をすることがあるのであれば誰も苦労はしないですよね。

自分のマイナス面と向き合うという事を相手にも伝えると、相手も考え方が変わる可能性があります。

特にこの様な事というのは自分から言うのではなく第三者から言うほうが効果的でもあるのです。

第三者から伝えてもらうとより良い

第三者から伝えてもらうと良いというのには理由があります。

お互いが別居をしているという事は、軽く喧嘩状態になっているという事にも繋がりますよね。

いわゆる相手のことを信頼できないというような状況になってしまっているという事が現状なのではないかと思います。

その様なことになってしまっては相手がいくらマイナス面をなくすと言っても信用ができないというような事になってしまいますよね。

その様な状態になるかもしれないので、その対策として周りから相手に伝えてもらうと良いという事になるのです。

周囲の人に協力してもらう

周囲の人に協力してもらうというような事もあるのではないかと思います。

基本的に1人ではどうしようもできないというような時は必ずありますよね。

普段であれば夫や妻に頼むという行為でも別居をしているのであれば1人ですることになります。

そんな時に大事なことは、周囲の人に協力をしてもらうという事です。

例えば先ほど言った「マイナス面を無くしている」という事を伝えて欲しいというような事もあると思います。

直接言っても聞かないのであれば、他の人がその人の耳に入れるように会話をしてもらうというような方法もあるので、この様な方法をするのもまた1つの方法なのではないかと思います。

別居状態を受け入れる

別居状態を受け入れるというような事もあるでしょう。

基本的に別居状態になってしまうと、精神的にも不安定になってしまいがちです。

しかしながらその別居状態を続けていると相手から歩みよってくるというような事もあるので、別居状態を受け入れてみてはいかがでしょうか?

時間が経つと相手から歩み寄ってくることも

時間が経つことでお互いの頭が冷え切っている状態にもなりますよね。

特に一度考え直すというような意味で別居をしている人達であれば、一時すると自分の考えもまとまるのではないかと思います。

そんな時に相手の存在が必要だという事に気付くことができるのは、一部の人かもしれません。

しかしながら可能性があるのであれば復縁をしたいと思うような人は多いですよね。

時間が経つことで相手からくるというような事もあるので、相手からくるのを待つという方法もあるのではないかと思います。

自分に対して行うこと

自分に対して行うことというのもあります。

言うのであれば相手のことだけではなく自分のことも考えないといけないというのが大前提になるでしょう!

相手の立場になって考える


相手の立場になって考えることができないのであれば、復縁をする可能性というのはぐっと低くなってしまいます。

相手が今どの様に思っているのか、どの様に考えているのかというような事をその時の出来事から考える必要があるでしょう。

相手の気持ちを理解することが大切

相手の気持ちを理解することが大切になります。

言うのであれば相手も自分と同じように考えているのかもしれないと思うと、今相手がどの様な気持ちなのかを考えてみてはいかがでしょうか?

相手を尊重する

相手を尊重することも大切なことです。

喧嘩や別居している状態でそんな事できるか!と思うような人もいるかもしれませんが、相手がいたからこそここまで来れたというような事はありませんか?

仮にその様に思うのであれば、相手を尊重してみてはいかがでしょう?

そうすることで相手に対しての警戒心というようなものが無くなるのではないかと思います。

警戒心がほぐれやすくなる

警戒心というのは別居中だからこそあるものであり、警戒心がないと自然と相手と話すようになれるのではないかと思います。

よく喧嘩中になってしまうと相手のことが全てマイナスな一面しか見えてこなくなるというような事があります。

しかしながら相手にも良い一面というものがあるので、相手を尊重して1度頭を冷やすというような考え方もあるという事を覚えておきましょう。

自分に対する嫌悪感を消す

自分に対する嫌悪感を消すというような事もあるでしょう。

基本的に嫌悪感というのは別居をしていて、お互いがまだ納得のいかない状態であったり、興奮している状態だからこそ嫌悪感を出してしまうのです。

そうではなく、1度考えて自分に対する嫌悪感を消すというような事が大事になるので覚えておくようにしましょう。

復縁のメリットを感じさせる

復縁をする際のメリットを感じさせることも大事なことです。

復縁をしたところで相手がまた同じことをするという事や、相手の非難をするような事をせず、一緒に住むと幸せだというようなことを伝えるのが復縁のコツになります。

悪いところを言うのではなく、良いメリットもたくさん言い合うことで復縁をより達成させるのではないかと思います。

一緒に住むと幸せであることを伝える

一緒に住むと幸せであることを伝える必要があるでしょう。

言うのであれば、その様なことというのは相手に言わないと分からないことですよね。

特に喧嘩中というのは相手が思い込みでその様に思っているというような事にもなってしまうので、一緒に住むと幸せであることを伝えてみてはいかがでしょうか?

夢中になるものをみつける


夢中になるものを見つけるということも大事になります。

例えば夢中になれるものが見つけられない状態であれば、ずっとそのことを考えてしまいますよね。

なので1度そこから離れて改めて考え直すというような時間が大切になるのではないかと思います。

相手のことを考えない時間を作る

相手のことを考えない時間を作るという事はとても大切な事になります。

特にずっとその事を考えてしまうと、悪い方向にずっと考えてしまいがちです。

なので相手のことを考えないような時間を作り、夢中になるものをみつけ、1度考えをまっさらにしてみてはいかがでしょうか?

別居から復縁できる人の7個の共通点

上手くいっていたはずの夫婦がやむなく別居。

そのまま離婚してしまう夫婦がいる一方、復縁する夫婦も珍しくありません。

結婚してから別居に至ったとき、夫婦にはそれぞれ、覚悟があると思います。

でも、すぐに離婚することを選択しなかったのには、復縁への希望が少なからずあるからではないでしょうか。

ここからは『別居から復縁できる人の共通点』をご紹介します。

別居中、もしくは別居を考えているものの、「離婚ではなく復縁の道を探りたい」そう考えている人は、ぜひ別居から復縁した夫婦の共通点を参考に復縁への道を探ってみてください。

1.別居してから初めて気付く

別居から復縁できる人の共通点その1は、『別居して初めて気付く』ことです。

夫婦なら、一緒に居たほうが相手の事をよく把握できそうですよね。

しかし、別居後に復縁した人は「別居して初めて気付いたことがある」と、口を揃えます。

別居をするとそれまで気付かないことに気付くことができる

一緒に住んでいたほうが相手の行動や考えに触れる機会が多いはずなのに、なぜ「別居して初めて気付く」ということが起こるのでしょうか。

それは、一緒に住んでいると相手の存在が“当たり前”になり、見えなくなってしまう部分が多いからです。

当たり前のように一緒に居た夫婦は、例えるなら空気のような存在です。

空気は、目に見えないから普段は意識することはありませんが、私たちに無くてはならないものです。

夫婦も同様に、当たり前に存在しているときは意識しないものの、別居してその存在が無くなることで、その大切さに初めて気付くことができるのです。

相手の存在や家族の大切さ

パートナーの大切さは、別居すると、そこかしこで感じることができます。

男性目線では、たとえば家事全般を引き受けている妻と別居すると、妻の存在のありがたみを感じることが多いよう。

仕事から帰ったら夕飯を自分で作らなければならないとき。

洗濯をしてくれる妻が居なくなって、着ていく服がないとき。

掃除が行き届かず、帰りたくないほど部屋が汚れていくとき…。

男性は妻がいて日常生活を無事に送ることができるのだと気づきます。

一方女性は、一家の大黒柱の夫と別居することで、金銭面で苦労することが多くなります。

家族を支えてくれる「夫の収入があってこそ生活していける」ことを実感すると、夫の存在のありがたみに気づくことができます。

また、会話がなくなったと感じていた夫婦でも、一緒に生活していたパートナーがいなくなると案外寂しさを感じます。

いないも同然だと思っていたパートナーが愛おしく感じたりすることも珍しくありません。

もちろん、子供がいれば別居後はどちらか一方が子供を引き取り、どちらかは子供と会うことができなくなります。

そのため、子供の存在の大切さや、子供をひとりで育てることの大変さに気付くことも、復縁への大きなキッカケになることがあります。

このように、離婚してもしなくても、「もう相手の存在は必要ない」とまで思って別居した夫婦が、パートナーの大切さや家族の大切さに初めて気付いて復縁するケースは多いのです。

別居してから復縁した夫婦は、別居することでお互いの大切さを再認識することができたから、離婚ではなく復縁することができたというわけです。

2.お互いが反省をしている


別居から復縁できる人の共通点その2は、『お互いが反省をしている』ことです。

別居する理由は夫婦それぞれですが、共通して言えるのは「相手への不満や怒りが別居へと走らせた」のではないでしょうか。

どちらか一方、もしくはお互いが、一緒に暮らしていけないほどパートナーへの不満や怒りを募らせるから、別居することになったのだと思います。

その不満や怒りは、別居しなければならないほど大きなストレスとなっているので、そのストレスが解消されない限り復縁は到底考えられないでしょう。

この場合、多くの人は「相手が反省して改めること」が復縁の条件だと考えるはずです。

しかし、別居後に復縁した夫婦の場合、相手に求めるのではなく自分が反省しているのです。

もちろん、これは一方だけが反省するのではなく、お互いが反省できなければ意味がありません。

復縁するには、お互いが同じように、復縁への意識を持つことが大切なのです。

反省をしているからこそ復縁ができる

別居後、結局離婚してしまった人の話を聞くと、「相手が改心しなかった」「相手が反省する素振りもなかった」などと、相手を批判する言葉を言う人も少なくありません。

中には、「騙された」と、被害者意識を持つ人もいます。

もちろん、中にはパートナーのパワハラやモラハラに悩み、やっとの思いで離婚するケースもあるので、相手への恨みを持つのも理解できなくはありません。

それでも、多くの場合は一方が100%悪いとは言い切れず、やはりお互いの努力が足りなかったケースが目立つのです。

結婚するとき、それぞれがどんな覚悟をもって結婚したか。

これも、夫婦によってさまざまです。

ただ、結婚した時点で相手の全てを把握して結婚する夫婦は稀。

つまり、お互いの努力なしに結婚生活を続けていくことは難しいということです。

これは、別居から復縁するときにも同じことが言えます。

別居に至るとき、多くの夫婦は相手への不満を抱え、相手に反省を求めるばかりで自分が努力することを考えもしないでしょう。

しかし別居後に復縁を考えるなら、自分の努力の足りなさや至らなさに気付き、反省し、改めて夫婦生活への努力をしていく気持ちをお互いに持たなければ、夫婦として生活していくことはできません。

相手に対して申し訳ない気持ちで一杯

別居後に復縁した夫婦の場合は、別居をキッカケにお互いが頭を冷やし、自分の行動や言動、至らなさを反省しています。

別居して初めて気付く相手の大切さも、反省を促す要因になっているでしょう。

こうして反省し始めると、相手に対して申し訳ない気持ちで一杯になるのです。

その相手に対する申し訳なさこそが、パートナーへの思い遣りの気持ちです。

結婚当初は持っていても忘れていた気持ちを、別居をキッカケに取り戻し、良い形で復縁に向けて考えを切り替えることができたということです。

相手に反省し、改心してもらうことを求めてばかりの場合、たとえ相手が反省して自分が満足できても、相手は不満を抱えたままです。

これでは、復縁してもまた別居、もしくは離婚するなど、結局は上手くいきません。

別居から復縁へと考えるなら、お互いが反省し、改めて夫婦生活をしていく努力をしなければならないのです。

別居後に復縁した夫婦は、それぞれが自分を見つめなおし、反省し、相手への思い遣りの気持ちを持つことができたから復縁できたということです。

3.別居しても連絡を取ろうとする

別居から復縁できる人の共通点その3は、『別居しても連絡を取ろうとする』ことです。

別居するのは、一緒に住めない理由があってのこと。

別居後は「連絡も取りたくない」と考える夫婦も多いでしょう。

しかし、連絡をとらなければ、いよいよ接点がなくなります。

お互いの必要性を感じることもないまま、離婚に至ってしまいます。

ところが、別居後に復縁した夫婦の場合は、別居後も連絡を取り合うようにしていたそう。

連絡を取り合うことでお互いの状況や心境を察することができたり、お互いの大切さを再認識できたりするケースも多いと言います。

とくに、他愛もない会話をやり取りすることは、復縁への足掛かりになります。

子供のことなど、必要最低限の一方的な連絡だけではなく、Lineなどで“会話”する時間を設けることが大切です。

Lineでのやり取りなど

短文でのやり取りがメインになるLineは、別居後の夫婦の会話を手助けしてくれます。

連絡事項を一方的に突きつけるメールとは違い、お互いが存在を認識しやすいのがLineです。

また、「存在を感じるのに相手がいない」ことを実感させてくれるのもLine。

復縁すればLineを通さなくても他愛もない会話があることを感じられれば、パートナーを恋しくも思えるのです。

もちろん、Lineに限らず直接会って会話することも有効です。

別居後も定期的に会って会話する時間を設けるようにすれば、お互いに復縁へ向けての話し合いもしやすいでしょう。

別居して気づいたこと、反省していることなどを話すうちに、お互いの気持ちの置き所も見つけられるようになるはずです。

別居しても復縁できる夫婦に共通して言えるのは、復縁に向けて行動を起こしていることです。

Lineなどを使って繋がりを断たないようにすることも、復縁を考えた前向きな行動と言えます。

4.話し合う気持ちがある

別居から復縁できる人の共通点その4は、『話し合う気持ちがある』ことです。

別居しても連絡を取ろうとすることをはじめ、話し合う気持ちをお互いに持っていることが、別居から復縁する夫婦に共通して言えることです。

復縁する場合は、話し合いの機会がなければ、復縁へのキッカケも掴めません。

思い出してみてください。

結婚するときも、たくさんの話し合いを重ねていたはずです。

プロポーズに至るまでにはたくさんの話をしてお互いの気持ちを確かめ合い、プロポーズ後も結婚に向けて、たくさんの話し合いをしたのではないでしょうか。

そんな夫婦が別居に至ってしまうのは残念なことですが、それも長い人生を考えれば、あり得ないことではありません。

自分だけではなく、ふたりがパートナーとして生活していくには、紆余曲折もあって当然です。

ですから、別居をしたとしても、選択肢は離婚だけではありません。

結婚するときのようにもう一度、ふたりが話し合う機会を設けることで、復縁できる可能性は十分にあるのです。

今後について前向きに考えることができる

別居から復縁した夫婦の共通点を見てみても、別居後に離婚を考えるのではなく、復縁するために話し合いをしています。

今後について前向きに話し合う気持ちで向き合っているから、復縁という最良の結果を手にすることもできているのです。

夫婦ふたり、一緒に生きていくには、同じ方向を見ていなければなりません。

あなたにも相手にも、話し合う気持ちがなければ復縁は難しいと言えます。

5.やり直したいという気持ちがある


別居から復縁できる人の共通点その5は、『やりなおしたいという気持ちがある』ことです。

別居するにはそれなりの覚悟があってのことでしょう。

しかし、別居後、必ずしも離婚しなければならないわけではありません。

また、別居する夫婦においても、離婚に向けてではなく“前向きな別居”をしているケースも見られます。

そんな“前向きな別居”では、お互いに離婚ではなく、やり直したい気持ちを持っているのです。

また結婚時の話をしますが…結婚するときは、何よりもふたりの意思が必要だったはずです。

結婚する意志、一緒に居たいと思う気持ち、それに向けて親への承諾を得たり、結婚の準備をしたり…。

あまり意識していなかったかもしれませんが、結婚するときはふたりの気持ちが同じように、結婚に向かっていたはずです。

別居後に復縁する場合も同じで、そこに「やり直したい」という気持ちがなければ成立しません。

また一緒になりたいという気持ちが一番大事

別居後に復縁できた夫婦にあって、離婚した夫婦にないもの。

それは、「やり直したい」「また一緒になりたい」という気持ちです。

別居後に復縁するのは、結婚への決意を新たにするようなものです。

もちろん、結婚当時とは違ってお互いの嫌なところもたくさん知っている状態。

純粋な恋心だけではなくなった別居後の復縁は、結婚するときよりももっと大きな覚悟が必要になり、その一歩は簡単には踏み出せないものでしょう。

それでも、酸いも甘いもかみ分けてきた夫婦が復縁すれば、若いカップルのそれとは重みが違い、より深い絆で結ばれることも大いにあります。

別居も、夫婦として新たにスタートをきれるという意味では、決して無駄なものではありません。

何よりも大事なのは、やり直したいという前向きな気持ちです。

別居後に復縁できた夫婦は、その一番大事な気持ちを再確認したことで復縁できたのです。

6.頭を冷やして考え直す

別居から復縁できる人の共通点その6は、『頭を冷やして考え直す』ことです。

別居する時点では、お互いに相手の嫌なところばかりが目に付いて不満が募り、「もう一緒にいられない!」という状態になってしまう夫婦も多いでしょう。

いわゆる、頭に血が上った状態です。

しかし、別居して相手のことや自分の気持ちと冷静に向き合うことで、復縁を考えられるようになった夫婦も多いのです。

頭に血が上った状態では、冷静な判断力が失われてしまいます。

そのため、別居せずに話し合った場合、そのまま離婚に至ることも考えられます。

お互いに頭を冷やして冷静に考え直す意味でも、別居は意味があるものです。

嫌な気持ちばかりが頭の中を占めてしまえば、相手の嫌なところしか見えてきませんよね。

その状態で相手の良いところを探そうとしても無理な話で、嫌なところばかりが目に付けば離婚への意思が固まるばかりです。

ただ、結婚した夫婦が、一時の感情で簡単に離婚を決めてしまっていいかと言えば、違います。

結婚するにはお互いの気持ち以上に、家族の理解が必要だったはずです。

お互いの家族に認められてこそ、晴れて夫婦としての一歩を踏み出せるのであって、周囲の気持ちを無視して離婚して良いはずもありません。

とくに、長年過ごしてきた夫婦には子供がいるケースも多く、すでに夫婦ふたりの問題ではなくなっていたりもしますよね。

自分たちの気持ちも大切ですが、自分たちの行動によって周囲の人がどのような影響を受けるのか…。

それを冷静に考えるためにも、頭を冷やす必要があるのです。

別居の間に何を考えたのか相手に伝える

別居してお互いが冷静になると、感情以外に大切なものも見えてきます。

もちろん、嫌なところばかりだと思っていた相手の良い部分も、冷静になることで再認識できたりもします。

別居後に復縁した夫婦は、そうした冷却期間を置いて、夫婦として、家族として何が最善かを考えることができたから、復縁という新たな一歩を踏み出すこともできたのでしょう。

もちろんそれは、やり直すための別居であり、別居して冷静になったら、その考えを相手に伝えることも大切です。

考えることが相手に伝わらなければ、お互いの気持ちはすれ違ったままで、復縁のキッカケを掴むことができません。

そのためにも、別居後に話し合いの機会を設ける必要があり、お互いにその気がなければ復縁も難しくなるのです。

別居して復縁できた夫婦は、別居を良い機会と捉え、その間に冷静に考え直すことができたこと。

そして、その考えで歩み寄ることができたことで、別居しても復縁という結果を得ることができたのです。

7.相談をしていた

別居から復縁できる人の共通点その7は、『相談をしていた』ことです。

別居後に復縁した夫婦の場合、周囲への相談が復縁の足掛かりになったケースもあるようです。

別居となると周囲への相談がしにくいと考える人も少なくないと思いますが、ふたりの話し合いだけではこじれて修復できない場合もあります。

その時、周囲の人のアドバイスが、復縁の道を探るキッカケになることもあるのです。

日本では、離婚も別居も、あまり良いイメージはありませんよね。

別居していることを相談すれば「離婚するんだろう」と思われることがイメージに容易いし、中には復縁させようと“余計なお節介”をされるのが嫌な人もいるでしょう。

しかし、別居に至る前に修復ができなかったふたりです。

別居後に復縁するのは、お互いに相当な覚悟と、努力がなければ成立しません。

また、別居を言い出した以上意固地になってしまう人も多いでしょうから、冷静になるためにも周囲への相談はしたほうが良いと言えます。

家族や友達に相談

そもそも、離婚するにしろ復縁するにしろ、現状別居しているのであれば、家族に報告する必要があるでしょう。

いつまでも隠しておくわけにはいかず、時には何か協力してもらわなければならないことも出てきます。

別居を報告すると心配をかけたり、迷惑をかけたりすることが気になる人も多いかもしれません。

ですが、家族や友人なら、それ以上に悩み事を言えないあなたを心配するはずです。

悩みを聞いてもらうだけでもスッキリしたり、弱り切っていた心に元気を取り戻すこともできるでしょう。

実体験を聞くことで復縁をしようという気持ちが出てくる

周囲に相談することで同じような悩みを抱える人からの話が聞けたり、実際に復縁した人からの話が聞けたりすることも復縁の足掛かりになることがあります。

さまざまな夫婦のカタチがあることを知ることで、「こうあるべき」という固定観念から解放されたり、悩んでいるのは自分だけじゃないと知ることで気持ちが楽になったりすることもあるでしょう。

ひとりで悩んでいるとひとつの考えに縛られて抜け出せないことが多いです。

しかし、他人の話を聞くことで客観的に現状を把握することができるのです。

とくに、別居後に復縁した人の実体験は、大いに役立つでしょう。

どう考え方を変えたのか、何をキッカケに復縁できたのか。

そのリアルな話を聞くことで、自分たちの復縁を想像できるようになるからです。

別居後に復縁した夫婦は、さまざまな面から復縁への可能性を探した人たちです。

自分たちだけで抱え込まず、周囲への相談をしていたこともそのひとつなのです。

夫婦関係を冷静に見つめ直すきっかけになる

いかがでしたか?

夫婦関係を冷静に見つめ直すきっかけとなるようなものが「別居」です。

特に復縁をしたいと思うような人達は多いのではないかと思います。

そんな時にいかに自分が相手に対して思っているのか、そして話し合うことができるのかという所が重要になるのではないかと思います。

夫婦関係を冷静に見つめ直すことというのは、別居をしているからこそできることですよね。

例えば少しの喧嘩であれば仲直りで終わることができますが、別居をするほどの事があるとすれば、それはお互いがその生活を見つめ直すという事になると思います。

そんな時に別居中であれば復縁の可能性も増えるのではないかと思います。

直ぐに離婚、というような形ではなく、お互いが考えるという時間を作らなくては、幸せな将来を気付くことは難しいのではないかと思います。