学生の頃に付き合っていて将来的には結婚をしてというようなカップルが多いですよね。

もちろん社会人になってから結婚をするというような人も多いと思います。

付き合う際には一緒にいることが楽しくて毎日が幸せだと感じるような人も多くあったのではないかと思います。

しかしながら結婚をして最初はよかったものの、何時の間にか別居生活をしているというような事になっていませんか?

別居というのはいわゆるお父さんとお母さんが別々に暮らしているというような事なのですが、離婚とは少しまだ違うようなものです。

言うのであれば離婚をしている場合は別居ではなく、もう既に関係が途絶えているので、その様な言い方というものはしません。

別居というのは結婚をしているにも関わらず、離婚をせずに別々の場所に住んでいるというような事を別居と言います。

例えばお父さんが仕事の都合上で1週間家をあけているというような事はよくありますよね。

その様な時というのは別居とは言いませんが、長い間あけているという人であったり、どちらかの家にいるというような状態になっていた場合は別居をしているという事になります。

その別居というのも様々な理由があると思いますが、仮に今別居をしているという人はどの様な理由があると思いますか?

別居をしているという事は、何か理由があるからこそなのではないかと思います。

別居中というのはお互いがどの様なことを思っていると思いますか?

もしかすると同じような事を思っているかもしれませんし、違うような事を思っているような事もあるのではないかと思います。

そんな時に復縁をしたい!と思うような人もいますよね。

今回はそんな別居中の心理と、復縁をしたいのであればどのように行動をすれば良いのかについてお話をしたいと思います。

皆さんは復縁したいと思った時はどの様に思いますか?

別居する理由は?

そんな中で別居をする理由というのはたくさんあると思います。

例えば別居をしたいと思う時というのは一緒にいたくないというのが大前提になりますよね。

よほど特別な事情がない限りは別居をするというような事は普通ありえません。

他にも価値観の不一致というようなものがあるでしょう。

価値観の不一致というのは特に、金銭感覚の問題であったり子供の教育方針というような事でもめることが多いですよね。

特にDVなどのような危険性もあるので、価値観があまりあわないと別居をしてしまうというような夫婦も多いのではないかと思います。

また一番いけないことですが、好きな人ができてしまったからというのもあるかもしれません。

仮に好きな人ができてしまったのであれば、それは不倫にも繋がります。

なのでこの様なことがあった場合には早急に手をうつべきだとも思いますが、皆さんが仮に今別居をしているという人がいるのであればどの様な理由があるのでしょうか?

詳しく見てみたいと思います。

一緒にいたくない

一緒にいたくないというような事があるでしょう。

単に喧嘩をしているだけであれば仲直りするというような事は容易にできますよね。

しかしながら一緒にいたくない、顔を見たくないとうような状態が続いてしまうとどうしても別居をせざるおえなくなってしまいます。

特に子供がいるというようなところでは、どちらの家に引き取るのかというような事も考えなくてはいけませんよね。

子供を巻き込みたくないと思っているのに、強制的に巻き込んでしまうというのが夫婦間の問題でもあるのではないかと思います。

一番は別居を無くすことですが、そうするとまた嫌な相手の顔を見たりすることが多くなるので、一緒にいたくないと思い別居をしてしまうというような人が多いのではないかと思います。

また、必ず一緒にいたくないというのは理由があると思います。

顔すら見たくないというような事は、その原因というものが必ずありますよね。

その原因というものがちゃんとお互いが理解しているのかという所が重要なポイントになります。

極力はお互いがしたくないと思うかもしれませんが、この様なこともあるという事を覚えておくようにしましょう。

価値観の不一致

価値観の不一致で別居をしてしまうというのは、どの家庭でも多くある別居理由になるのではないかと思います。

普通であれば価値観が違う状態でもそれに合わせるというような事が大事になりますよね。

しかしながらそれが極端に合わないというような事になればそれが続くことによりストレスにも変わってしまうことが多いのではないかと思います。

価値観の不一致というのはその様なストレスが溜まりに溜まってしまったので、別居という選択肢に最終的になるので、価値観が不一致しただけでは別居の理由というのは難しいですよね。

よほど合わないという状況が続いたり、納得がいかないというような事がおこらない限りはないことのはずです。

ではそんな価値観の不一致で別居をしてしまうというのは、どの様な価値観の不一致があると思いますか?詳しく見てみたいと思います。

皆さんもよくその事で喧嘩をするというような人もいるかもしれませんが、別居までいっていますか?

金銭感覚

金銭感覚というのは代表的なものですよね。

例えば相手が貧乏性であり、自分はお金をどんどん使いたいというようなタイプであれば、その金銭感覚のズレで別居をしてしまうという可能性も低くはないのです。

言うのであれば、何にお金を使っているのかというような価値観のズレから別居をしてしまうというようなパターンです。

この問題というのはどの家庭でもあがるようなものだと思いますが、金銭感覚というのは人それぞれですよね。

それを無理に合わせるというような事をせずに、妥協をするという選択肢ではなく、ストレスが溜まってしまい別居をするというような選択肢にたどり着いてしまうというような事もあるということです。

生活パターン

生活パターンが違うというような事もあるでしょう。

例えば自分は朝だけれど相手は夜に仕事があるというような状態であれば、お互いが1人の時間は作れたとしても、一緒にいる時間というものが無くなってしまいますよね。

どうにかして作れば良いのですが、例えば朝に寝る時にドタドタとして寝れないなんていうような事はありませんか?生活パターンというのは人によって違うのは当然のことです。

何故なら生まれてきた家庭によってその生活パターンというものがしみついているので、それについていけないというような状況になってしまった場合は、ストレスが溜まってしまい、別居をするというような事もあるのではないかと思います。

子供の教育方針

子供の教育方針でもめてしまい別居をしてしまうというような事もあるのではないかと思います。

子供というのはどうしても可愛いですよね。

どの様に育てたいからというようなものもあるのではないかと思います。

しかしながらそんな子供の教育方針というのは夫婦間でもめてしまうような問題にもなっているのではないかと思います。

例えばですが、子供をこの様にしたいというようなことを考えたりする際に、どうしても自分の理想の子に育てたいというような親も多くいるのではないかと思います。

子供の教育方針というのは少し難しいところではありますが、大事なのは子供が何をしたいかという事です。

しかしながら親が全て決めてしまい、その事でもめて別居をするというような事も少なくないのです。

DVやモラハラの危険性がある

別居をする理由の中で問題となるものが、DV関連のことです。

DVというのはいわゆる虐待のことであり、よく父親が母親に虐待をするというような事がニュースでもありますよね。

その様な危険性を持っているというような人は基本的に別居をするというような手段をとることが多いです。

特にこの様な人とは知らずに付き合って結婚をしたというような人が多いですが、この様な事というのは結婚をしてから発覚するようなものが多いです。

なのでDVやモラハラの危険性があるから別居をしているというのは立派な理由の1つになるのです。

他のものであれば喧嘩などのような事ですが、これだけは特別違いますよね。

早急に対処をしなくてはいけません。

親族と同居していて反りが合わない

家を持つ際には親族と同居していてそりが合わないというような事もあるでしょう。

例えば親族の人と一緒に住むことになるというような家庭は多くあるのではないかと思います。

特に親族ともめてしまって反りが合わないから別居をするというような事は、実は少ないようで多い理由なのです。

どうしても親族の人というのは、見方が少し違い、意見の言い合いにもなってしまったり、孫が可愛いから孫だけを中心に考えて、奥さんに対して様々な愚痴を言うような姑さんも多いですよね。

この様なことがあるからこそ別居をしているという人もいるのではないかと思います。

他に好きな人ができてしまった

これは一番あってはいけないことですが、他に好きな人ができてしまったというような事もあるかもしれません。

結婚をしているにも関わらず、他の人と交際をしていたというような事や不倫をしていたというような事になれば別居をしてしまっても仕方ありませんよね。

別居中の男女の3個の心理

ではそんな別居中の男女の心理というものはどの様なことを思っていると思いますか?例えば別居できて気持ちが楽になったというような人もいるかもしれないですよね。

今までが辛いものであって、いざ1人身になると楽になったというような人も多いかもしれません。

また会いたい気持ちがでてきたという人もいるでしょう。

言うのであれば会いたい気持ちがあるという事は、別居をしないでも良いという事になりますよね。

他にもこれで本当によかったのかと不安になってしまうというような人もいるのではないかと思います。

基本的に別居中の人というのは1人になって始めて感じるような事が多いです。

特に会いたい気持ちというのは、簡単に言えば相手のことを愛しているからこそ、また会いたいと思うのではないでしょうか?

別居をすることで再確認をすることができるので、まだ別れないでよかったと安心するような人もいるかもしれませんね。

では今回はその3つの心理について更に詳しく見てみたいと思います。

1.気持ちが楽になった

気持ちが楽になったというような事があるでしょう。

例えば今までがストレスでしか感じなかったというような人であったり、相手に対してもう嫌だと思うような形で別居をしている人というのはいざ1人になった時はとても気持ちが楽になったのではないかと思います。

今までが重いというような事で、常に負荷がかかっていたのであれば、気持ちが楽になるというような事もあるのではないかと思います。

2.会いたい気持ちが出てきた


別居をしてしまったけれど、会いたい気持ちが出てきたというような人もいるでしょう。

その様な人の場合は、離れてはじめて気付くような感情を知ることができたという事になりますよね。

いわゆるまだ相手のことを愛しているからこそ相手に会いたいという気持ちが出てきたのではないでしょうか?

いざ1人になると、相手がどれほど必要だったのかというような事はとても重要なのです。

それほど支えにもなっていたという事に繋がるのではないかと思います。

会いたい気持ちが強いのであれば復縁をしたいという事になります。

仮にその逆になってしまうと、もうそのまま離婚をしても良いという勘定になっているのではないでしょうか?

3.これで本当に良かったのかと不安になった


これで本当に良かったのかと不安になったというような人もいるでしょう。

例えばいざ別居をしていて戸惑っているという状況になる人はこの様に思う可能性が高いです。

本当に別居をしていいのだろうか?子供は大丈夫だろうか?

というようないろいろな不安がよぎる人というのはまだ気持ちに整理がついていない証拠でもあります。

しかしながらこの様な状態というのは長ければ長いほどお互いを苦しめてもしまいますので、決断をする時というのは必ずくるのではないかと思います。

それまでどちらにするのかを選ぶというような事が大事になるのではないかと思います。

復縁できる?できない?

ではそんな別居中から復縁ってできるの?と思うような人もいるかもしれないですよね。

普通別居などであればできない可能性の方が高いと思う人も多いかもしれません。

しかしながら別居の理由が何なのか、という事がとても重要になります。

言うのであれば離婚を前提とした別居であれば、復縁は難しいですが、冷静になるために別居をするのであれば、復縁できる可能性があるという事です。

皆さんはどちらの状態で今別居をしていますか?

詳しく見てみたいと思います。