彼女と別れてから、彼女の良さに気がつくことってありますよね。

しかし、あなたが別れを告げたにしろ、彼女が別れを告げたにしろ彼女と別れてから、彼女の良さに気がついたあなた…。

元カノと復縁したい気持ちがある男性が、どのように行動すれば元カノとよりを戻すことができるのでしょうか?

こちらの記事ではそんな元カノと復縁したい男性がとるべき行動をいくつかご紹介していきます。

あなたが、本気で元カノと復縁を考えているのであれば、ぜひこちらの記事を参考に元カノとの復縁に挑んでみてはいかがでしょうか。

復縁したい方は必見です!

元カノとヨリを戻して復縁したい

元カノと別れてから、元カノの良さに気づき、よりを戻したいと感じていても、「復縁なんて絶対に出来ない…」「元カノは絶対に俺のことなんて許さない。」などなど元カノとよりを戻し、復縁したいなんてすぐには無理かもしれません。

あなたが元カノに対してどの程度本気なのか試されます。

時間がかかっても、元カノとやり直したいのか、あなたがどれほどの思いでよりを戻したいのか、まずは自分の心を整理してみましょう。

ずるずる引きずる元カノへの未練

ズルズルと元カノへの未練のある気持ちを抱えるのはかなり苦しいものがあります。

付き合っていたあの頃を思い出しては悲しい気持ちに浸っていませんか?

できるなら、あの頃のように戻りたい…なんて考えれば考えるほど、楽しかった思い出ばかりが思い出される事に、悲しい気持ちになっている事でしょう。

こんな気持ちを抱えたまま時間だけが過ぎて悲しい思いと、あの頃の状況がそのままになってしまっている。

なんて、悲しすぎますよね?何度も忘れようとしても未練たらしくなってしまっている様子に、周りも心配しているのならなおさら元カノへの未練が辛いですよね。

あの元カノがどうしても忘れられない

元カノの事が忘れられない事に、イライラしたり、何度も何度も未練を断ち切ろうとしても、忘れることができない場合、今どこで何をしているのか気になり、元カノのことを忘れたくない自分と、未練を断ち切りどっかで忘れなければいけない自分が葛藤して、どうしていいのかわからなくなってしまう。

何で別れてしまったのだろうと何度も何度も後悔していることが考えられます。

このように、あな時に付き合った元カノがどうしても忘れられず外に付き合った元カノのことより、あの時の元カノのことが頭をよぎる場合、よりを戻し復縁したいと思うようになりますよね。

復縁するためには必要なステップがある

復縁するためには、簡単に復縁することができるわけではありません。

必ず、復縁するための必要なステップがあります。

復縁するために無理矢理相手の気持ちを考えず推し進めてしまえば、それこそうまくいっていたものもうまくいかなくなってしまいます。

このように、復縁するために必要なステップがあるにもかかわらずそれを無理に推し進めようとしてしまい、相手から無視される結果になってしまったり、復縁できたものが復縁できなくなってしまうことになることも考えられます。

このように、復縁するための必要なステップがあることを十分に頭に入れ、強引に計画を推し進めたり、あなただけの気持ちで突っ走ってしまわないよう気をつけておきましょう

元カノと復縁するために男がやるべき6個のこと

それではここからは、具体的に元カノと復縁するために男性がやるべきことをいくつかご紹介していきます。

こちらの方法を具体的に試していくだけで、かなり相手の気持ちを自分のほうに向けることができるようになります。

しかし、よりを戻し復縁できるかまではあなた次第です。

また、相手に新しい彼氏ができてしまった場合、復縁する希望を捨てなければならない場合もあります。

このように、元カノと復縁するためにあなたがやらなければならない事と元カノへの気持ちを考えながらやり進めていくようにしていきましょうね。

別れた原因を考える

まずは、別れた原因を考えてみましょう。

別れた原因に全ての原因があります。

なぜ2人がうまくいかなかったのか、なぜ2人が別れなければならなかったのか、じっくり考えることが大切です。

あな時の言葉も思い出したくない…。

などと言う気持ちになることもよくわかります。

しかし、別れた原因をきっちり考えなければまた、同じことを繰り返すだけでなくあなた自身、別れた時から時間が止まり動けなくなってしまいます。

また、万が一他の人とお付き合いをしても同じことを繰り返してしまうことも考えられます。

このように、まずは別れた原因をきちんと考え、その原因を把握して、付き合っていて何が駄目だったのかをきちんと理解しておかなければなりません。

【別れの原因については、こちらの記事もチェック!】

振ったのはどちらから?

そもそも、別れをつけたのはどちらからですか?

別れたい気持ちになったり、あなた自身が別れを告げたのであれば、元カノに対しどのようなことが原因で、元カノと別れを決意しましたか?

また、反対に元カノからふられた場合、元カノからどのようなことが原因で別れたいと言われてしまいましたか?

あなたの癖でしょうか?

それともあなたの愛が重たくなってしまったのでしょうか?

はたまた、あなたが浮気をしてしまったのでしょうか?

などなど、このようにどちらが別れを決意し、どちらかが別れを告げなければ、別れには至りません。

このようなことからも、別れを告げた方がどのような思いで、別れを決意し別れの原因となったのかを探っていきましょう。

別れの原因を改善する

別れの原因を改善するためには、必ず別れた原因をきちんと考え、反省していかなければなりません。

特に、自分が別れの原因になってしまった場合、あなたに対して元カノがどのようなところが嫌だと思わせてしまったのか、また別れに至るまでに様々なことがあり、それを直すことができなかったのか?

など、別れの原因をきちんと考えていかなければなりません。

しかし、元カノに原因がある場合、元カノが浮気をしてしまった、元カノが重たくなった、元カノと一緒にいるのが嫌になった…。

などと言う気持ちに至り、別れてしまった場合あなた自身が我慢できるところはなかったのか?

浮気をされた元カノに対し、よりを戻したい気持ちになったのは何故か?

自分にも原因があると感じたから?

など、反省点はいくらでもあると思います。

ダメなところを治さない限り同じ事の繰り返し

どちらが振って、どちらが別れを決意したのかも含め、別れの原因をよく考え、なぜ別れに至ったのかをきちんと考えていきましょう。

お互いにだめなところを直さない限り、いつまでも同じことを繰り返してしまいます。

これまでにいて何度も別れや付き合いを元カノと繰り返してきてしまったカップルにとっては、そろそろ本気で考えなければなりません。

また、別れることが癖になってしまってる場合、同じことの繰り返しになるだけでなく、別れることが当たり前になり、何も前に進めていないことも考えられます。

このようなことから、きちんとだめなところを直さない限り、お互い成長することもできず、カップル2人にとって良い関係とは言えない状況に陥ってしまいます。

冷却期間を置く


別れる前に、冷却期間を置きましょう。

もし、現時点で別れてしまっている場合、元カノとは一切連絡を取らずにお互いに離れる時間が必要なのかもしれません。

特に、別れてすぐの場合、あなたも元カノもヨリを戻したいと思うかもしれませんが、そこでよりを戻してしまっていれば、何も変わらないかもしれません。

それで万が一よりを戻しお付き合いに至ったとしても、また同じような内容で失敗してしまい、別れにつながるかもしれません。

お互いに、相手のことを思いやり、真剣に交際をしたいと考えているのであれば、冷却期間を置く事はお互いにとって必要な期間になるのかもしれません。

では、なぜ冷却期間をことがそのように大切な期間になるのか、具体的に説明していきますね。

付き合った年月と会っていた頻度によって期間は変わる

特に、付き合った年月と、会っていた頻度によって冷却期間が変わってきます。

長く付き合っていれば付き合っていたほど、お互いに馴れ合いになってしまっていたり、いることが当たり前になってしまっていたので、当然冷却期間も長くなってしまうことでしょう。

また、お付き合いが短くてもあっていた頻度がかなり多ければ、長いお付き合いとかわりません。

そのため、付き合っていた年月がたとえ短くても、冷却期間はちょっぴり長めに取ると良いですね。

このように、冷却期間を置くことで、お互いに連絡を取り合わない期間を作るようにしていきます。

冷却期間では連絡を一切取らない

このように、冷却期間中は、必ず相手と連絡を取らないようにしてください。

連絡をとっていては冷却期間にはなりません。

相手のことが気になり、また他に好きな人ができないか心配になることもありますが、冷却期間を置く間は、必ず元カノと連絡を取る事はやめておきましょう。

このように、元カノと冷却期間中に連絡をとってしまうことで、結局は付き合っている時と変わらず、また馴れ合いの期間が始まってしまいます。

このようになることで、これまで別れた原因をうやむやにしてしまうだけでなく、それでよりが戻ってしまえば、お互い何も反省せず戻ってしまうことになります。

冷却期間中は、連絡を取らないほうがお互いのためになりそうですね。

お互いに冷静に考えられる

なぜ、冷却期間中は一切連絡を取らない方が良いのでしょうか?

それは、お互いに冷静に考えられる期間が必要だからです。

お互いが冷静になり相手のことを見つめ直したときに、本当に自分自身が悪かったことや、反省点、相手に対してどのような気持ちになるのかが手に取るようにわかります。

自分の寂しい気持ちや、付き合っていた頃の温かい気持ちが懐かしく感じるようであれば、少しは相手のことを考えられる気持ちになりそうですね。

また、元カノ自身もあなたとの別れを冷静に考える必要があります。

何がいけなかったのか、元彼との別れの原因は何だったのか、自分が反省すべき点をきちんと考えなければ、あなたとよりが戻ったところで何も変えられることができません。

相手も寂しさを感じるかもしれない

冷却期間を置くことで、あなたが寂しい思いをしているように、相手も寂しい気持ちでいるかもしれません。

相手もあなたに対し寂しさを感じているのであれば、お互い同じような気持ちでいることが考えられます。

しかし、冷却期間をおかずにすぐによりを戻してしまえば、このように相手がいないことでどのような気持ちになるのかを理解することができません。

相手と離れ、冷却期間を置いてみることで胸が締め付けられるようなとても寂しい気持ちになる場合、やはり相手とよりを戻しきちんと1からやり直したいと思えるようになるのです。

相手も同じような気持ちでいれば、その後2人がよりを戻してもきっとうまくやっていけるのではないでしょうか。

さりげないリア充アピール


やり過ぎは絶対にしてはいけませんが、さりげなくリア充をアピールしてみてはいかがでしょうか?

元カノと別れてから寂しくて切ない気持ちになりますが、リア充をアピールしてしまうことで、元カノの気持ちがさらに離れてしまうのではないのか?

などと不安な気持ちになりますよね。

しかし、元カノと別れてから元気にやっている姿や、ちょっとしたリア充をアピールすることで、元カノがあなたに対し切なく感じてしまうことがあります。

また、元気にやっている嬉しさと、自分がいないことでもリア充している姿に悲しくなることもあり、あなたのことを恋しく思うことがありそうです。

このように、さりげなくリア充をアピールすることで、元カノの記憶作戦もいいですね。

SNSでリア充な投稿をする

SNSなどでリア充な姿を投稿していきましょう。

FacebookやInstagramを使い、素敵な写真や、リア充している姿を投稿していくことで、FacebookやInstagramを見た元カノが、あなたの元気な姿を見ることでリア充な姿を見ることによりちょっぴりやきもちをやいてしまうこともありそうです。

このように、ソーシャルネットワークなどを使い、あなたのリア充な姿を投稿することで、元カノと別れた後にもたくさんの人に見られることになりそうです。

しかし、そんなリア充な姿を投稿することで、元カノの木を弾ける1つの手段になることが考えられるのです。

アイコンを変える

これまで元カノと一緒に写っていたアイコンなら、これを機にアイコンの表示を変えてみてはいかがでしょうか?

LINEやFacebook、Instagramに至るまで全て元カノとの写真が表示してある場合、誰が見ても仲良しカップルだということがわかります。

しかし、思い切ってそんなアイコンを変えるだけで、あなたの気分もちょっぴり変わるかもしれません。

リア充な姿をアイコンの表示にしてみたり、元カノと別れてから友達とどこか行った写真でも構いません。

元カノに見られることがちょっぴり強くなり、あなたにとってはかなり勇気のいる行動になるかもしれませんが、ここは思い切ってこれまでのアイコンから新しいアイコンへと変えてみることも大切です。

元カノから見えるところで行う

元カノから見られるところでリア充の投稿を行いましょう。

アピールしすぎはお勧めできませんが、さりげなくアピールすることで、自分が元気だと言う事のメッセージと元カノと別れてからリア充して楽しむ姿を多くの人に見てもらうことで、あなたがリア充している姿は、彼女だけでなく、彼女の友達に見られることもあるかもしれません。

このように、元カノから見えるところでSNSのアイコンを変更してみたり、またLINEなどのアイコンを変えるのもいいですね。

さらに、SNSの投稿をまめに行うことも大切です。

意味深なメッセージを送る人もいますが、あなたの気持ちを綴ったメッセージや投稿などは今は控えておきましょう。

元カノの周りの人の協力を得る

ここは、思い切って元カノの周りの友人たちや知人たちに協力を得てみてはいかがでしょうか?

自分にはどうにもできない事は、うまく人を伝い頼ることも大切です。

元カノが、今どのような心境で、どのように過ごしているのか聞きたい気持ちもよくわかります。

ある程度冷却期間を置いて後、元カノの周りの人たちに協力してもらい、2人がよりを戻せるように協力してもらうよう相談してみてはいかがでしょうか?

このように、元カノの周りの人たちを味方につけ、協力してもらえるかきちんと相談してみましょう。

もし、協力を得られないようなら、また別の方法を探すようにしてみてくださいね。

自分の良い噂を流してもらう

もし、元カノの周りの人たちに協力を得られそうであれば、自分の良い噂を流してもらうようにしましょう。

SNSなどでリア充している姿を投稿しつつ、自分の良い噂を流してもらうことで、元カノによりを戻したい気持ちにさせてもらうことがポイントです。

そんなに簡単にはいかない…。

だと思いがちですが、周りの協力がありなんとか元カノへと、あなたのことを思い出してもらうことも大切なのです。

このように、自分の良い技を流してもらうことで、たとえ別れた原因があなたが悪かったとしても、いい噂を元カノが聞くことで、あなたと別れて変わったことがアピールすることもできます。

このように、自分の良い噂を流してもらうことで、元カノもあなたのことを見直すようになるかもしれません。

別れたことを勿体無いと言ってもらう

元カノと別れて、あなたが元カノと別れたことをもったいないと伝えてもらいましょう。

プライドが高い男性であれば、このように加工振り返り元カノに対しこのようなことを伝える事は難しいかもしれません。

しかし、何らかの形で元カノに対しあなたの思いや気持ちを伝えてもらうことで、元カノも、あなたの気持ちに応えたくなるかもしれません。

このように、あなた自身が別れてから元カノのことを「別れたことを後悔している。」や「別れたことをもったいなかった。」などと言ってる事を周りの協力を得て元カノ本人に伝えてもらうことで、今のあなたの気持ちをさりげなく伝えてみましょう。

自分の良いところや魅力を語ってもらう

自分の良いところや魅力を語ってもらうことで、元カノに対しても別れて後悔させるように誘導してもらいましょう。

これまで、元カノに対し良い思いをさせてあげられなかった男性は、これを機に心入れ替え元カノの周りの協力も得て、自分の良いところや魅力などを語ってもらいましょう。

自分の良いところや魅力を語ってもらうことで、元カノもあなたと付き合っていた頃を思い出し、切ない気持ちになるかもしれません。

もし、元カノにあなたへの気持ちが少しでも残っているなら、あなたの良いところやミルクを聞いてしまった時点で、あなたのことを恋しく思うのかもしれません。

元カノの気持ちを探ってもらう

周りの協力を得て、元カノの気持ちを探ってもらいましょう。

当然、あなたと元カノと仲の良い共通の友達が、元カノにあなたの気持ちを尋ねる場合、少なからず元カノはピンっと勘付くところがあります。

そのことを覚悟で、元カノの気持ちを探ってもらいましょう。

もしかしたら、元カノが本音を言わないこともあります。

また、元カレに対して、今でも許せない気持ちがあるかもしれません。

しかし、今でも元カレに対して許せない気持ちがある場合、あなたの事はちゃんと視野に入っていると言うことになります。

そこから、あなたがどのように元カノに対して謝罪の気持ちを伝えることができるのかがポイントになってきます。

このように、元カノの気持ちを探ってもらうことで、2人の関係性が少しずつ変化してくることも考えられるのです。

何事もなかったかのように連絡をとる

ある程度冷却期間をおいた、あなたから何事もなかったように連絡を取ってみてはいかがでしょうか?

突然の連絡に、元カノも驚いてしまうことでしょうが、何事もなかったようにあなたが連絡してくることで、その様子が懐かしく感じられるのかもしれません。

また、突然連絡が来ることで、案外嬉しい気持ちになるかもしれません。

また、何事もなかったかのように連絡されることで元は、不快な気持ちになることも考えられます。

しかし、しばらく話をするうちに付き合っていた頃のことを思い出し、どこか懐かしく感じるようになるかもしれません。

このように、あなたから何事もなかったかのように連絡をとることで、元カノも突然の連絡に戸惑いと喜びを感じるようになるかもしれません。

冷却期間を置いたあとにコンタクトをとる

必ず、冷却期間を置いて後にコンタクトを取るようにしましょう。

冷却期間を置いている間に元カノから連絡があった場合、今はどのような心境なのか尋ねてみることも大切です。

あなたに連絡をしてきたと言う事は、冷却期間を置ききちんと反省し、あなたに会いたいと思ってるのかもしれません。

また、あなたの声を聞くことで安心してることも考えられるのです。

このように、冷却期間を置いているときに元カノから連絡があった場合、何らかの形であなたとよりを戻したいと考えているのかもしれません。

また、冷却期間をおいたとコンタクトを取ることで、あなたも相手もこれまでの付き合い方とは違う付き合い方ができるように、ある程度の冷却期間は大切です。

久々にご飯でもどう?と軽く誘う

もし、冷却期間をおいた、何事もなかったかのように連絡を取りたい場合、「久しぶりにご飯でも行かない?」などと、軽い感じで誘ってみましょう。

例えば、「冷却期間を置いている間、君のことばかり考えていたよ。一緒にご飯に行ってくれると嬉しいです。」などとちょっと重い内容が入ってしまうだけで、元カノもあなたの気持ちを受け入れてあげたい反面、もう終わったことだと断られることも考えられます。

このように、詳しい内容を伝えずに、久しぶりのご飯を楽しみたいと言うような内容で相手に連絡を取るようにしてみてくださいね。

しんみりしすぎることで、別れたときのことを思い出しやすくなりますので、できるだけドライに対応していくことがポイントです。

仲の良い友達ポジションを目指す

とりあえず、元カレポジションや彼氏のようなポジションはさて置いて、仲の良い友達のポジションを目指していきましょう。

仲の良い友達のようになってしまえば、彼氏になるのは難しいのではないのか?

と、感じてしまいがちですが、今のあなたのポジションは仲の良い友達より下なのかもしれません。

まずは、仲の良い友達のポジションに自分が入ることで、これまでの関係やこれまであったことを許してもらう事に専念していきましょう。

また、あなたの事はいちど好きになりお付き合いして相手なので、嫌いになる事はできない相手になります。

そのため、親友のようになることが難しくても親しい友達のようになることができるかもしれません。

まずは、友達の枠から入り、徐々に距離を縮めていきましょう。

再告白をする

これまでの流れが全てうまくいけば、ここでいちど告白してみましょう。

うまく行くか行かないかはお互いの気持ち次第になりますが、再度告白してみることで相手があなたに対しどのように感じているのかが分かります。

時間をかけて、じっくりと2人の距離を縮めていくことがポイントです。

冷却期間を置かずに、あなたの気持ちばかり先走ってした告白では、何の変化もありません。

また、そのようなタイミングで告白をしてきたあなたに対し元カノも軽率だな…。

また同じことを繰り返すのでは?と、不安になってしまうばかりです。

このように、きちんと冷却期間を置き、友達になれるような状況になってから再度告白を考えてみるようにしてみてくださいね。

相手の状況や環境が整っているか確認

まずは、再度告白をする前に相手の状況や環境がきちんと整っているか確認しておきましょう。

相手の状況や環境が整っていないにもかかわらず再度告白をしてしまうことで、あっけなく振られてしまうことも考えられます。

きちんと計画やタイミングは大切です。

ちょっとのタイミングがずれてしまうことであなたは彼氏の座に登り上がることができなくなります。

きちんと相手のペースや性格も考えながら、再度告白のタイミングを考えていきましょう。

また、再度告白する際にも、周りの人の協力を得てどのような状況なのか探っておく必要もありそうです。

元カノの環境が良くないにもかかわらず間違ったタイミングであなたが告白してしまうことにより、残念な結果になってしまわないよう、計画を立てていきましょう。

相手の好意も様子を見ながら

相手があなたに対して全く好意を見せない様子であれば、あなたに対しよりを戻したいとは思っていないのかもしれません。

また、よりを戻したところで同じ繰り返しだと考えているかもしれません。

このように、相手の好意を伺わずに再度告白してしまうことで、失敗してしまうことを防ぎましょう。

冷却期間をおいたと、元カノの様子を伺ってみたり、元カノ自身と話せる機会があるなら、元カノと話をしてみてはいかがでしょうか?

元カノと話してみた様子で、あなた自身に対してどのように感じているのか理こともできます。

何の考えもなく元カノの気持ちも押しきり、告白してしまうことで、元カノが腹立たしい気持ちになることも考えられます。

このように、相手の好意や様子も伺いながらきちんと告白のタイミングを考えていきましょう。

臨機応変に対応を変えながら試してみて

いかがでしたか?

元カノのことが忘れられず、よりを戻したいと考えている人の場合、まずは、元カノと戻ることより別れた原因を考えていくようにしてみてくださいね。

ここでいくつかこれまでのおさらいをしていきます。

元カノと別れてしまったときには、まずは別れた原因をよく考え反省しなければなりません。

また、冷却期間はしっかりとおくようにしてください。

さらに、元カノの周りの人に協力を得て、2人が戻れるような環境を整えていきましょう。

最後に、元カノの気持ちや様子を伺い、再度告白に向かいましょう。

このような流れをきちんと考え行うことで、戻れるタイミングが訪れるかもしれません。

元カノとよりを戻したい場合、臨機応変に態度を変えながら対応していくようにしてください。

臨機応変な対応ができないことで、元カノもあなたに対し不安に感じたり、何も変わっていないと感じてしまうことがあります。

元カノとよりを戻すことができるように応援しています。