何気なく掲示板などを見ていた時に「ウトメ」という言葉について聞いたことはありませんか?

この「ウトメ」とは一体何なのでしょうか?

今回はウトメについて色々と見ていきましょう。

若者言葉「ウトメ」に隠された意味を知ろう!

若者言葉である「ウトメ」について、色々と隠された意味について知っておきましょう。

ウトメとは?

では、ウトメとはどのようなことを言うのでしょうか。

ウトメについて見ていきましょう。

舅と姑、つまり義理の両親のこと

ウトメとは、いわゆる舅と姑の二人のことを指します。

それは読み方で見ていくと、明らかになります。

「舅(しゅうと)」と「姑(しゅうとめ)」の「うとめ」部分が一致しているため、舅と姑のことを二人揃って呼ぶことを指します。

主には、義理の両親のことを指します。

色々な人間関係について話す時に、姑と舅のご主人側の両親について色々と話すということはありますよね。

そんな時に舅と姑というよりかは、ウトメと言った方がまとめて呼ぶことができます。

このように義理の両親の事を話したり、書き込んだりするときに「ウトメ」と呼ぶことがあります。

こちらは主に、奥様の方がご主人側のご両親について呼ぶ時に使われるケースが多いと思います。

もちろん例外もあるとは思いますが、どちらかと言うと掲示板で色々と書くのは圧倒的に女性の方が多いです。

基本的に女性は色々と愚痴を言い合いたいというところはあるけれど、最近は身内にバレないようにこっそりと掲示板で愚痴るということもあります。

そんなこともあって、どちらかと言うと、ウトメと言うとご主人側のご両親のことを指すことが多いです。

他にもトメ、コトメ、ウトもある

お姑さんのことを「トメ」と言うなど、いろいろな呼び方があり「コトメ」というと小姑のことを指します。

小姑とは、いわゆるご主人の女兄弟のことを指します。

義理の姉とか、義理の妹のことを指すことが多いのですが、こちらも意外と揉めることが多く、掲示板などでも登場する人たちでしょう。

やはり義理の関係と言うと、色々と揉めやすいところがあります。

本音は言えないけれど一番近い身内ということで、やはり色々と揉め事が起きやすいのが、この「ウトメ」とか「コトメ」との関係性というところもあるでしょう。

だからこそ掲示板で、頻繁に色々とこのような言葉が出てきますが、それは義理の家族のことを指すことが多いです。

若者たちがネットで使う


主に若い方達が、そのような言葉を使っています。

若いとは言っても、2chなどに慣れているような人であれば、どの年代でも使うことはあるかもしれませんね。

そのようなことから、若い子が色々とネットで盛り上がって使う時に、このようなことを言うことがあるのです。

やはり結婚して間がないと、義理の親との付き合い方というのは非常に悩むと思います。

だからこそ、このように若い人が頻繁に「コトメ」という言葉を使ったり、「ウトメ」という言葉を使ったりするのでしょう。

しかしだんだんと年齢を重ねるにつれ、図太くなってくるところもあるようです。

だからこそ、そこそこの年代になると掲示板で愚痴るということも減ってくるのかもしれませんね。

さらに言うと年齢を重ねると、今度は親御さんの方が歳を重ねますので、立場が逆転するケースも多いです。

このようなことから、ネットで愚痴らないとやっていけないというようなことも減ってくるのかもしれません。

義理の両親に関する悩みや不満を語る時に使われる

基本的に義理の両親だったり、義理の家族だったりすると、そんなに不満が出ることはないでしょう。

このような場合でしたら、わざわざ掲示板で愚痴る必要がないということから、あまりそのような話が登場しないということもあります。

しかしやはり家の関係というのは、関係性が非常に難しいです。

家族としてカテゴリー化されるものの、血の繋がりがないということから、衝突も起きやすく難しい関係性です。

だからこそ、義理の両親との関係に悩んでいる人は多いです。

そのように、義理の両親に悩んでいる人が悩みや不満を掲示板に書き込む時に使われるところがあります。

しかもこのように掲示板で書き込むことによって、同じように悩んでいる人が共感しあうことができるということから、お嫁さんのストレス解消に一役買っているというところもあります。

姑と舅というような感じで書くと、仮に見られてしまった場合にばれてしまいますが、ウトメなどと書かれていると、よくわからないこともあり、非常に使いやすいところもあるのでしょう。

ウトメと良い関係を築けない人が多い


一番近い身内だからこそ、良好な関係を築きたいと思っていても、やはりそこは血の繋がりもありませんし、育ってきた環境が違うということから、やはりウトメと良い関係を築けない人も多いです。

ただそこはお嫁さんが一方的に悪いというわけではなく、そもそもウトメの方の感情がお嫁さんを歓迎していないということになると、やはり衝突は起きてしまいます。

だからこそ奥様方は、努力していたとしても、どうしても仲良くなれないということもあるのです。

もちろん最近は逆パターンもあります。

ウトメの方側から仲良くしたいと思っていても、奥様が「この家に嫁いだわけではない!何々さんと結婚しただけだ」ということで頑なに仲良くしようとしないということも珍しくありません。

このようなことで、原因はいろいろとありますが、ウトメと良い関係が築けない人は多く、結果的に掲示板などで愚痴が増えているというところもあります。

やはり元々は赤の他人から始まった関係

やはりそもそもは、赤の他人だったということを考えると、関係性を築くのがいかに難しいかというのが分かります。

例えば、皆さんがご近所の人と急に同居するとなったらどうでしょうか。

やはり良い関係を築くのは難しそうだと躊躇するということはありませんか?

大学生でも、共同の寮に入ろうということを言われたら、絶対に嫌だと思いますよね。

それほどに赤の他人と生活を共にしていくというのは難しいところがあるのです。

しかし結婚したら、それが身近になります。

もちろん最近は、同居をしないでそこそこの距離を保つというようなことが主流となりつつあります。

しかし義理の家だからこそ、本音トークをするというのは難しい一面があります。

だからこそこの関係性は非常に難しいのです。

ゆっくりじっくり信頼関係を構築する必要がある

よほどのことがない限りは、いきなり大歓迎されるということは少ないかもしれません。

ゆっくりと信頼関係を構築するということが大切なのです。

よくあるウトメに関する悩み5個

ではよくある、ウトメの悩みについて色々と見ていきましょう。

やはりウトメと言うと、年齢も違いますし生活環境も違いますので、どうしても衝突があります。

特にのどかな所にお住まいの方ということになると、その土地独特の価値観というものは強くあります。

だからこそ都会育ちのお嫁さんには受け入れがたいということもよくあることです。

このように色々な悩みというのがありますが、その悩みについて見ていきましょう。

頻繁に電話が来る

どんなに距離を離れていたとしても、頻繁に電話がくるということもよくあるでしょう。

出ないわけにもいかないので、頻繁な電話というのは結構悩まされるものです。

監視されているような気分になることもあります。

頻繁に家にやって来る場合も

距離が近いとなると、やはり頻繁に家に行ってくる場合もあるようです。

特にお子さんが生まれると、それが顕著になってくるところもあります。

孫みたさというところもあるのかもしれませんね。

このようなことから、頻繁に家に来るということで悩んでいる人は、かなり多いです。

それもそのはずで、お姑さんとなると、やはり部屋が散らかっている状態で上がっていただくというのは大変気が引けるものです。

赤ちゃんを育てていると、部屋の片付けの余裕もないくらい忙しいことも多いです。

だからこそ、来られると心理的に負担になってしまいます。

そこで解決方法と言っては何ですが、逆に押しかけていくというのもいいかもしれません。

そうすると少なくとも、部屋の片付けはせずに済みます。

お金を貸してほしいと言ってくる

さらに困った親御さんとしては、お金を貸して欲しいと言ってくるケースもあります。

色々な年代の方がいるので一概には言えませんが、昔は特に保険に加入するのが義務ではなかったという時代もあり、無年金の方も珍しくありません。

だからこそ、お金に困っているという人は多いのです。

さらには、金銭的なことというのは、色々としこりになりやすいところがあります。

さらには、お金を貸して欲しいということは、すなわちお金に困っているということです。

きちんと返すと言われても、きちんと返ってくるかどうかというのは怪しいところがあります。

忘れたふりをして全く返してくれないということもあるかもしれませんが、「ごめんね、今はお金が苦しくって…。」ということで、なんだかんだで引き伸ばされて踏み倒されてしまうということも、あり得なくはありません。

このようにお金を貸してほしいと言ってくるということで、非常に悩んでいる方も多いです。

一度貸すと癖になる

お金を貸して欲しいと言われた時に、一度貸すと癖になってしまう可能性があります。

さらには、このようにお金を借りたいということ言ってくることは、生活の質を下げる事に大きな抵抗を抱いている人が多いです。

だからこそ援助しているのにも関わらず、非常に利便性の良いところに住み、スマホなども最新型を持っているということもかなりあるようです。

そのことで、子供世代が不満を抱いているケースも大変多いです。

ですのでお金を貸して欲しいと言われても、できれば断ったりして心を鬼にした方が良いと思います。

一度貸すと癖になりますし、その後ずっと援助という形でお金をあげ続けるという事態になります。

最近は子供世代も、そんなに給料が伸びるのが確実という世代でもありませんし、さらには教育費も貯めなければなりません。

このように子供世代は余裕がありませんので、お金を貸すとかあげるという選択肢はしないようにしましょう。

もしどうしても助けてあげたいということになったら、お米など現物支給をするといいかもしれません。

やること成すこと、いちいち文句を言ってくる

どちらかと言うと過干渉タイプの方であったり、心配性の方だったりすると、やることなすことにいちいち文句を言ってくる親御さんもいます。

やることなすことに文句を言っているというところもありますが、実は心配しているというところもあるのです。

良かれと思ってアドバイスのつもりであることも

どちらかと言うと文句を言っているつもりはなく、良かれと思ってアドバイスのつもりでいることもあります。

やはり少々、時代が変わってきたので親御さん世代のようにはいかないというところもあるものの、親御さん世代は長く人生を歩んできていますし、いろいろな人を見てきています。

だからこそ、このようにしないと後悔するのではないかというのが見えているというところもあるのです。

だからこそ、良かれと思ってアドバイスのつもりでいることもあります。

だからこそ、あまり真剣に捉えずに一つの意見として「ありがとうございます。そのような考え方もありますね。」などと言って、自分が好きなようにしていくと良いでしょう。

ここで親御さんの言う通りに必ずしないといけないというわけではありません。

早く孫の顔を見せろと煽ってくる

どの世代でも、孫の顔を見せろということを言ってくることはよくあります。

孫の顔を見たいのはわかるけど、そのように言われることを嫌だと思っている人は多いようですね。

嫁はプレッシャーに押しつぶされる

もちろん選んで子供を産まないということであれば、不妊治療をしている時に、そのように言われるとプレッシャーに押しつぶされてしまいます。

プレッシャーに押しつぶされそうだからとか言っても、神経質な娵ということで片付けられてしまうということもあります。

出来れば夫本人から伝えさせてもらえばまた違うのかもしれません。

例えば不妊の原因が嫁なのではないかということを言われたとしても、俺が原因なんだということを言われたら、義理のご両親も何も言わなくなるという可能性も非常に高いです。

介護や通院の援助をいつも頼もうとする

介護が必要になったり、体の調子を崩しやすい年代になりますので、色々とかかりつけの病院への通院などもあります。

このようになると、介護や通院の援助をいつも頼まれるということもあります。

どちらかというと、この様な役目は娘がしていたりすることが多いのですが、娘がいないとか、娘が頼りないという事になると嫁に依頼がくることもあります。

通院でしたら別に車で送ってあげるだけでいいんじゃないのと思われるところもありますが、大体は週に2回とか3回というケースも多く、このようなちょっとした負担がじわりじわりと負担を大きく感じてしまいます。

やって当たり前だろうという態度に出られることも

このような依頼でも、本当に申し訳ない、ありがとうという気持ちでいられたらまだやりがいがありますが、中にはやって当たり前というような態度に出られ、なんだかイライラしてしまうこともあります。

通院にしても介護にしても、必ずできる範囲を指定しておくことが大切です。

決して無理をしないようにしましょう。

最近は高齢化ですので長生きです。

このような生活が10年20年ともすれば、30年続く可能性もあるということを視野に入れた上で、どれぐらい協力できそうなのかという線引きは必要です。

通院に関してはタクシーなども使ってもらうようにしましょう。

そして介護については、こちらも本当に線引きをしないと、こちらが潰れてしまいます。

介護保険サービスなどの利用を前向きに検討しましょう。

義理の両親と良い関係を構築するためのコツ

とても難しい関係性だけど、うまく関係性を築くことによって、色々と助かることはあります。

女性は義理の親とも交流がありますが、やはり交流があることによって、孫たちにも祖父母と接するということの喜びを与えることもできますので、できれば良好な関係性を気付いた方がいいと思います。

やはり家族は助け合いをしてこそです。

もちろんどうしても良い関係性を築けないような人も残念ながらいます。

こちら側が頑張れば頑張るほどに、やって当然と思われたりして、うまくできないということもあるでしょう。

そのような時は決して無理をしないでください。

ただそうではなく、ちょっとの努力で良好な関係性を築けそうだという時は、是非とも良い関係を構築するためのコツを利用して、うまく関係性を築いていきましょう。

妻や夫への不満や悪口は決して言わない

たとえ「私はあなたの味方だよ。もし喧嘩になったとしたら、私に報告しなさい怒ってあげるから。」と言われても真に受けてはなりません。

やはり我が子は可愛いですので、実の子を悪く言われるというのは大変納得のいかないところがあります。

だからこそ基本的に不満や悪口は言わないようにしましょう。

困っていることを率先して手伝ってあげる

もちろん無理をすると辛くなってしまいますので、無理のない程度で良いのですが、困っていることを率先して手伝ってあげるようにしましょう。

先ほども通院のことについて少し触れましたが、高齢者になると段々と運転の仕方についても少々気になることが出てきたりして、免許の返納の可能性が出てきます。

そうなると、お年寄りは通院などで出かけていくこともありますので、困ってしまうことがあるのです。

そんな時に、率先して通院の手伝いをしてあげると喜ばれるでしょう。

タクシーもあるにはありますが、やはり毎回だとお金がかかってしまいます。

だからこそ、できそうな時に通院の手伝いをしてあげると大変喜ばれます。

このように無理のない範囲でお手伝いをするということで、感謝をしてもらえる可能性が高いです。

信頼してもらえるよう、仕事など真面目に取り組む

そしてできれば信頼してもらえるように、いろいろと日常生活を真面目に取り組むことは大切です。

仕事をしているということであれば、仕事を真面目に取り組むことも大切です。

男性の場合は、それ非常に顕著になってきますが、女性も最近は男女平等で共働き世代も増えているので、同じ事が言えます。

このように信頼してもらえるように、いろいろと真面目に取り組んでいるということは、ウトメの方はもちろんですが、職場の方などの信頼にもつながるところがありますので、このような取り組みは決して損にはなりません。

随時時間を作って会いに行く

頻繁に電話がかかってきたり、頻繁に家に行ってきたりということがあると、少々寂しいのかもしれません。

もちろん無理をすることで、心理的な負担がかかるということであれば、決して無理はしてはなりませんが、あえてこのように時間を作って会いに行くということで、少なくともこちらのペースにすることができます。

そうすると精神的なストレスというのは変わってくると思います。

さらには突撃に困っているということであれば、逆にこちらが行くことによって突撃されるストレスは減ります。

ウトメと良い関係を築けないとどうなる?

ウトメと良い関係性が築けないとなると、どうなってしまうのでしょうか。

やはり血のつながらない家族とはいえ一番近い家族ですので、やはり困ったことは起こってしまいます。

ではウトメと良い関係が築けないとどうなるかを見ていきましょう。

嫌味や悪口を言われるようになる

気にしなければそれが一番なのかもしれませんが、やはり嫌味や悪口というのは気持ちの良いものではありません。

悪口がどのように困るのかと言うと、親族にどのように悪口を吹き込まれていくのかということで、やはり親族間の関係性に影響が出てくる可能性があります。

もしそのようにして、ウトメの味方ばかりが増えて、自分の敵が増えるとなると親族関係もしにくいところがあります。

さらには法事などもありますので、親族関係の関係性を切るというのは、よほどのことがない限りは難しいところがあります。

もちろん全ての親族と関係性を切るということもできなくはありません。

ただやはりお子さんの奨学金を借りる時、部屋の保証人になる時など家族でやることも、もちろんできますが、家族以外の保証人が必要という時に親族がいないということで、ちょっと不便な思いをすることがあります。

ただ最近は、そのような保証人について、親族を頼らなくても良い方法もありますので、決して親族との付き合いがうまくいかなかったからといって困るということはそこまでありません。

ただやはり、親族とうまくいっていたほうがいいに越したことはないということですので、仮にどうしても親族との関係性がうまくいかないとか、ウトメの関係性がうまくいかないという時は、必要以上に悩まないようにしてください。

気に入ってもらえず離婚をけしかけられることも

やはり夫は1番近い他人です。

だからこそ両親から離婚をけしかけられたら、少なくとも悩みはするでしょう。

自立をしていて気持ち強い人であれば、親御さんとの関係性を切ってでも、妻を選ぶということもあります。

ですが親と縁を切るということに悩みを抱いているということになると、ひょっとしたら妻との離婚の方を選ぶかもしれません。

離婚しなかったとしても、少なくともそのようなことが、しこりになっていくことは考えられます。

互いにストレスが溜まってしまう

基本的に一番近い家族ですので、顔を合わせたり電話をしたりということはどうしてもあります。

そして法事などもありますので、親族間の集まりも避けられないところがあります。

そのなるとお互いにストレスが溜まってしまうというところもあります。

ストレスの溜まらない関係性が良いですよね。

だからこそ、なるべくお互いにストレスが溜まらないように仲良くしておくということも大切なのです。

介護や遺産相続の時まで問題が長引く

やはり切れない関係性ということもありますので、仮に疎遠にしていたとしても、やはり最終的に介護や遺産問題というのはどうしても避けられません。

一人っ子ということであればまだしも、ご兄弟がいるということになると、その後兄弟との衝突もあるでしょう。

そしてウトメに気に入られた方と、虐げられてきた方ということで兄弟の揉め事に発展する可能性もあります。

介護に協力的だった方が、より遺産を多く受け取りたいと思うところもあります。

しかしこのように、仮に遺言書を使ったとしても、遺留分といって遺産を引き継げなかった側も最低限受け取れる金額というものがあります。

そのような時に揉め事に発展する可能性があるのです。

まとめ

ウトメはそもそも血の繋がりがなく、赤の他人だったにも関わらず、一番近い家族になるということから、どうしても悩みが出てきがちです。

だからこそ掲示板などで、色々と愚痴などが溢れているのでしょう。

血の繋がりが無いにも関わらず一番近い家族ということで、言いたいことも言えずに、ストレスを溜めているというところもあります。

しかしやはりせっかく家族になったのですから、ある程度協力ができたらそれが一番です。

だからこそ無理のない範囲で良い関係性が築けるように努力しましょう。

ただ、中にはこのように距離を詰めれば詰めるほどに、こちら側が追い詰められてしまうというような人もいます。

このような人であれば残念ですが、距離を取るようにしても良いでしょう。

親族間の関係性がうまくいっているのが一番いいに越したことはないのですが、そうではない場合は、逆に距離を取ってしまった方が結果的に穏やかに過ごすことができます。

このようなことも頭に入れながらも、無理のない範囲でウトメの方達と仲良くしましょう。