今回は「はじめとする」という言葉の意味について紹介していきたいと思います。

使い方や例文も含めて分かりやすく説明していきます。

「はじめとする」を正しく使おう!

「はじめとする」という言葉を正しく使うためには、その言葉の持つ意味を正確に理解しておく必要があります。

そのためにも「はじめとする」をしっかり理解して日常生活の中でさりげなく使用してあなたのコミュニケーションの幅を広げていきましょう。

ビジネスシーンなどで見られる言葉

「はじめとする」の説明に入る前に、この言葉がビジネスシーンにおいてよく使われる言葉であることを認識しておきましょう。

ということは「はじめとする」という言い方が家族や気の合う友達との会話においてはあまり使用する機会はないことを意味します。

だから初めて「はじめとする」と言われてもピンとこないのかもしれません。

「はじめとする」という言葉の意味を理解して流れるように会話の中で用いることができたら、きっとあなたのコミュニケーション能力は周囲の人から一目おかれることになるでしょう。

「はじめとする」の意味

それでは「はじめとする」の意味について説明してまいります。

意味さえ理解できればこの言葉を使う場面やシーンが大きく広がると思います。

複数のものから例を挙げて使う言葉

「はじめとする」とは、あるジャンルやものごとを説明する際にその中で最も知名度があったり有名なものを一つピックアップして、例を挙げるような手法で紹介する際に用いる言い方となります。

例えば「スポーツ」というジャンルを紹介する際、スポーツの中でも多くの人に認知されている競技名(例えば野球やサッカーなど)を一つ取り上げて、つまり複数ある中から有名どころを一つピックアップして紹介するという手法を指して言うのです。

「◯◯を代表として」と同じ意味

「はじめとする」は「◯◯を代表して」と同じ意味合いになるということです。

つまりそれを例として挙げれば、多くの人に理解・納得してもらえる言葉・単語ということになるのです。

先の例で考えると、スポーツというものを紹介するときに「野球」や「サッカー」などを使えばほとんどの方が「それはスポーツですね」と納得してもらえるもの、を例に挙げる事が重要になるのです。

「はじめとする」の使い方と例文

それではここからは「はじめとする」の使い方と例文を取り上げていきます。

「はじめとする」という使い方は多くの中から一つの代表を抽出することによって意味をより一層強調し、また最初に取り上げた例になるものを更に強調、あるいは敬意を込めた意味合いにすることになります。

全体的には少々、固さや格式ばった言い回しが似つかわしい描写となりますので、公の場やビジネスシーンなどで使う場面が多くなるのも頷けるわけです。

「◯◯をはじめとする」

では「◯◯ををはじめとする」の例文をご紹介していきましょう。

サッカーをはじめとする、スポーツでの地域活性化が行われている


この場合、「地域活性化」ということを話題の中心に据えたいわけです。

それでは何をもって地域活性化に役立てているのか?それがスポーツでありそのスポーツにおいても特に「サッカー」が地域活性化のために非常に役立っているということを言いたいのです。

この文章全体の印象は固い印象を受けます。

仲間内の気軽な談話という印象は受けません。

「はじめとする」という使い方が公の場面で使われることを物語る文章といえるでしょう。

青をはじめとする色鮮やかな色の生地が使われている

この例文の場合は「生地」についてスポットを当てたいわけです。

生地は色鮮やかであることが必須のようで、その鮮やかさを強調する言葉が「青」となっているのです。

「青」をはじめとしてしているのですから、恐らく他の色(赤や黄色や緑)の中にあって青という色がその生地の鮮やかさを最も引き立てているのでしょう。

青があるからこそ、この生地が活かされているという解釈になるのです。

「◯◯をはじめとして」

それでは今度は「◯◯をはじめとして」という使い方の例文を挙げて行きます。

意味合いは先の「◯◯をはじめとする」と同じ意味となります。

斉藤くんをはじめとしてクラスメイトがみんな応援に来てくれた

この例文の意味合いは、「応援に来てくれた」という部分が訴えたいことです。

その応援メンバーの代表格が「斉藤くん」なのです。

斉藤君は恐らくクラスメイトの中でも人気者で人望があるのでしょう。

だから強調する立場として用いられたのです。

寿司をはじめとして日本には伝統的な料理がたくさんある

こちらの例文の訴えたいことは「日本の伝統的な料理」です。

その代表格として、誰にでも説明のつく料理が「寿司」だったのです。

「寿司」は今やインターナショナルな食べ物。

外国の方にでも容易に説明のつく食べ物であり日本といえばお寿司、というイメージも簡単につく食べ物です。

日本の伝統料理を説明する際において、最も分かりやすく相手に理解してもらえる恰好の言葉でしょう。

「◯◯をはじめとした」

それでは今度は「◯◯をはじめとした」での例文をご紹介していきます。

20代をはじめとした若者たちに人気のアーティストだ

この例文の主役は「人気のアーティスト」です。

このアーティスト、どうやら若者には説明の必要もないくらいの人気アーティストのようです。

しかし、説明する相手がこのアーティストのことを知らないため「年代層」に絞った強調手法を用いてみたのです。

20代の人ならば名前を聞けばほとんどの方が知っているくらい有名なのですよ、という解釈が成り立っています。

東京をはじめとした関東全域に雨が降る予報です


こちらの例文は「関東全域に雨が降る」という事を強調したいわけです。

そのために「東京」という言葉を使って東京エリアとその周囲にお住いの関東エリアの方に対する雨が降るという事に対する注意喚起の呼びかけを行っている、ということになる文章なのです。

「◯◯はじめ」

次の例文は「◯◯はじめ」を用いた文章をご紹介いたします。

リーダーをはじめ、グループ全員が素晴らしい活躍を見せた

こちらの例文はグループ全員の活躍を褒め称えた文章です。

全員が素晴らしい活躍を見せたのですが、その中にあってリーダーの存在にスポットを当ててグループの統制を計っているところを見逃すわけにはいかないのです。

グループのメンバーがリーダーの指示を無視して勝手に動いていたのでは、どのような競技であっても仕事であっても満足いく成果は挙げられない、という意味合いを暗に込めているのです。

社長をはじめ、我が社の役員全員が式典に出席される

この例文は連絡的要素の強い文章です。

社内・社外問わず今度開かれる我が社の式典には、社長のみならず役員全員が出席するから参加者はそのつもりで参加するように、という一種の指示命令的な意味合いが込められています。

主語が誰になるのか、強調するべきものが何なのか、によって文章の伝えようとしている内容も変わってくるということですね。

「はじめとする」な漢字

それでは次にまいります。

今度は「はじめとする」の意味に合った漢字について説明してまいりましょう。

「始めとする」が正しい漢字

「はじめとする」を漢字に直すと「始めとする」が正しい漢字となります。

もっとも「はじめとする」を用いる場合はひらがな表記で使っても問題ありませんので、文章にするならばひらがなの方が間違いがなくていいでしょう。

それは「始めとする」と「初めとする」を混同してしまって使っている人もあるからです。

それでは両者の違いを説明しておくことにしましょう。

「始め」と「初め」の違い

「始め」と「初め」。

どちらも意味的には同じような印象を受ける言葉です。

しかし言葉の意味を正確に理解しておけば、いざという時に誤った用い方はせずに済みます。

両者の違いをしっかり把握しておきましょう。

「始め」の意味

「始め」の意味は「ものごとのスタート」「着手」という意味になります。

つまり何かの行動や動きを行いはじめる、という動詞的な要素が濃くなります。

英語で例えると「start」となります。

「開始」という意味にも当てはまりますね。

「初め」の意味

一方、「初め」の方は「1つめ」「ファースト」「時間的に最も早い段階」といった意味になってきます。

こちらは名詞的な要素が濃くなります。

英語にすれば「first」ということになります。

数をかぞえる際の一番最初の数字、という事になりますね。

「はじめとする」の類語

それではここからは「はじめとする」の類語を紹介していくことにしましょう。

筆頭に

「筆頭に」という類語の意味は「あるジャンルの中で最も代表となるもの」もしくは「第一番に出てくる」ということになります。

よって意味合い的には「はじめとする」とほぼ同じ使い方となるのです。

例文を挙げると「あのケーキ屋さんのラインナップはイチゴショートを筆頭に粒揃いだ」という感じでしょうか。

美味しいケーキはイチゴショートを1番目にその他にもいろいろありますよ、ということですね。

皮切りに

「皮切りに」は、「手始めに」「きっかけとして」といった意味があります。

よって強調して説明したいあるジャンルやものごとのことを説明するのに好都合な言葉となります。

「新商品の発売が東京・大阪などの大都市を皮切りに全国に発売された」といった使い方になります。

先頭に

「先頭に」は「最初に」「一番目」といった意味になります。

こちらもなにかの説明をするにあたって代表的なものを例えていうに相応しい言葉となります。

「このグループの優秀さはリーダーの◯◯君を先頭にして実にそうそうたるメンバーが揃っています」といった具合に使えるのです。

以下諸々

「以下諸々」の「諸々」とは「多くのもの」という意味となります。

その言葉の前に以下とつけるときは「以下」の前にその集団やグループ、ものごとを代表するような人物や事柄をつけて言い表します。

「キャプテンの◯◯君、以下その所属メンバー…」といったような言い方になります。

つまり最初に紹介された事柄が非常に優秀であることが「以下諸々」と使う場合のルールとなるわけです。

象徴する

「象徴する」とは、ある物事を具現化したもの、あるいは人物、という意味合いになってきます。

最も分かりやすい例えは「天皇は日本の象徴」という言い方でしょう。

つまり何かを説明しようとするものや集団に対してあるものや人物を例に出すことによってそのものや集団を端的に説明することができる、ということになります。

代表する

「代表する」はその言葉の通り、何かの集団やものごとなどを代表するものです。

その代表を聞いただけでそのものごと全体を理解できるものでもあるわけです。

「日本の春は桜を代表するように様々な情緒あふれるものが豊富です」といった具合になるでしょう。

まさしく「はじめとする」と意味を同じにする類語なのです。

「はじめとする」の使い方まとめ

「はじめとする」の使い方を例文や類語を紹介しながら説明してまいりました。

「はじめとする」という表現は相手に対して何かを説明する際に用いられる言い方で、相手の方に容易に理解・納得してもらうために最も人気があったり有名な物事や人物を例に使うのが一般的です。

よって「はじめとする」を使う側の人は説明する対象をよく勉強し、十分に相手の方に説明ができるよう前もって調べておくことが重要となるでしょう。