東京都民だからこそ「あるある!」とつい頷いてしまうことってありませんか?東京都出身だからこそ「あるある!」と思ってしまう、東京都民あるあるをこの記事ではご紹介しています。

東京に住んでいない方は「そんなあるあるがあるのか!」とびっくりしてしまうかも?東京都民について知りたいなら必読です!

東京都民のあるあるを見てみよう!

あなたは東京都民でしょうか?それとも東京都に通学や通勤で通っている方でしょうか?

日本には47都道府県がありますが、それらの地域ごとに必ずその地域にしか通用しないこと、その地域に住んでいるからこそ分かること…というものがあります。

つまり、あらゆる最新サービスや新しいものが集中する入れ替わりの激しい東京都でも“あるある”があるってことなんです!とはいえ、「あるあるってなんですか」と聞かれてもなかなかすぐに答えることはできないのではないでしょうか。

しかし、第3者から言われたら「あるある!」と頷けます。

では、東京都民のあるあるには、どんなものがあるのでしょうか?

東京都のイメージは?

あなたは、東京都に対してどのようなイメージを持っていますか?

東京に長い間住んでいる方は、「自分の街」だと感じているでしょうし、これまでに一度も東京都に行ったことがなくテレビや雑誌などの情報でしか東京のことを知る機会がない方は「都会」だとか「洗練されたイメージ」なんて感じているでしょう。

また、東京都はあらゆる分野の最先端のものが集中するイメージがあるかもしれません。

そして、「東京都怖い」なんて考えている方もいるかもしれません。

人それぞれによって感じ方の違う東京都だからこそ、東京都民はいったいどんなことを考えながら生活しているのかが気になります。

東京都民あるある19選


あなたの思う“東京都民あるある”はどのようなものがありますか?多くの方が感じている東京都民あるあるを19個見ていきましょう!

23区外住民には大きな差がある

東京都外に住んでいる人は「東京はきらびやかな場所」だと感じていることが多いですが、東京都は23区とそうではない地域とではかなりの大きな差があります。

その差というのは、住んでいる人の雰囲気だけではなく考え方までも違うことがあります。

23区外住民は、23区民に対して憧れの気持ちを持っていることもあれば、「あんな都会色には染まらない」なんて反対派がいることも…。

東京都に住んだことがない方で23区外に行くと「ここって東京なの?」と景色等で驚くことがあります。

23区全て言えるわけではない

あなたは出身地の市町村をすべて言えますか?東京都民は、自分たちが住んでいる都道府県だとはいえ、東京都民すべてが23区すべてを言えるわけではありません。

言えるとすれば、渋谷、世田谷、港区…など誰もが知っているような有名な土地ばかりです。

23区というと、とても数が少ないように感じるのですが、東京都民は自分の住んでいる市町村とよく行き来する地域にしか興味がないという人も多いため、ほかの地域をわざわざ覚えようとはしないのかもしれません。

そのため、知らない23区が話題に出たときには「どこそれ」という状態になることもあります。

東京の地理を把握していない

東京都民は、東京の地理を100%理解しているわけではありません。

そのため、国道や主要道路、高速道路の話をされても誰もがわかるわけではないのです。

常に電車やバスが数分単位で行きかっているので、誰かに聞けば必ず解決できてしまうからかもしれません。

それにスマホやネットに頼る方も多いため、東京都の地理を理解する必要がありません。

東京の知識があまりない

東京の地理だけではなく、東京都民は住んでいる東京都自体にあまり興味を持っていないのかもしれません。

さきほどもお伝えしたように、東京都民が興味を持っているのは自分の住んでいる地域(それも最寄駅ぐらい)と通勤等で通っている地域くらい(それも最寄駅のみ)であることが多いです。

東京都民とは、人にもよりますが自分の熱中することには興味関心を示しますが、そうではないことに関してはどこか淡白なところがあります。

そのため、東京の知識はないだけではなく、自ら知ろうともしない傾向があります。

田舎の暮らしに興味津々

東京都民は、東京での洗練された都会暮らしに慣れています。

それが普通となっているので、自分たちが感じたことのない生活をしたいと感じている人も多いです。

そのため、休日になれば東京以外の田舎に旅行に行っては、「田舎の空気がおいしい」とか「田舎の暮らしをしてみたい」なんて思うこともあります。

しかし、実際に田舎に長期間いる機会があれば、田舎は不便だといって東京での暮らしが恋しくなってしまう傾向もあります。

故郷があるのが羨ましい

東京都民にとっての田舎は、東京になります。

それでもれっきとした故郷なのですが、東京にあらゆる地域から上京してきている友達たちを見ると、故郷があるのが懐かしく感じられます。

お正月やお盆などイベントに合わせて、故郷に帰ることができるのがとても羨ましいんですよね。

東京で実家に帰るとしても、家からとても近い距離だったりするので“故郷に帰った気持ち”に浸れないからです。

そのため、田舎がある人に対して羨ましい発言をよくします。

方言に憧れる

東京都民の東京以外への憧れは強い傾向があります。

特に方言のある地域に対しては、憧れる気持ちが強いようです。

そのため、見様見真似で気になる地域の方言をまねたりすることもあります。

その方言を使う地域の人としては「バカにしてる?」なんて思うこともありますが、実際のところは憧れる気持ちから来ているとわかるとなんだか許せそうな気がしますね。

車がなくても生活できる


東京23区ではどこでも、23区外であれば一部地域を除きますが、ほとんどの場所においてバスや電車が常に行きかっています。

電車は数分置きにひっきりなしにやってきて、バスも1時間に何本もくるのが普通です。

そのため、わざわざ自家用車を持たなくても好きな時に好きな場所へ行くことができます。

始発の電車がバスも5時台には動いていることが多いので、時間も気にすることもありません。

そのため、東京都民は免許を持っていない人も結構います。

地区ごとへのイメージがある

東京都とひとくくりにすることはできますが、その地区ごとによって、イメージは全く異なるので一歩別の地域へ行くことができれば、その地域ごとの違いを体感することになります。

例えば、とてもフレンドリーな人が住んでいる地区だとか、あまり他人に対して興味関心を抱かない人が多い冷たい街というイメージがあったり、数百メートル単位でイメージがガラリと変わります。

足立区はちょっと怖い

特に足立区に対してはヤンキーが多いだとか治安が悪いと言われているため、「怖い」と感じている東京都民が多いです。

とはいえ、現在の足立区は数年前よりも治安はよくなっています。

千代田区はお金持ちで上品

千代田区に住んでいる人は、一般的というよりかはごく一部な人でそれも“お金持ち”と捉えられています。

その背景として日本の主要な機関が揃っているだけではなく、土地の物価も高いためです。

世田谷区は住みやすそう

オシャレタウン世田谷区は、住宅街に買い物できる施設も多くあるためファミリー層に人気の土地です。

そのようにテレビや雑誌で特集される機会が多いため、多くの東京都民は世田谷区は住みやすそうだと感じています。

港区女子への憧れと嫉妬

港区は千代田区以上に富裕層が住んでいるので、その地域に住んでいる女性である“港区女子”にはあこがれの気持ちを抱く方も少なくありません。

毎日のように高級クラブやバーで飲み、おいしいものを食べ、最高級のファッションに身を包む…そんな生活をインスタであげているので嫉妬されることもしばしばあります。

新宿区はダンジョンである

新宿は地域にもよりますが、迷路のように入り組んだ土地になっています。

主要なターミナル駅である新宿駅付近でさえも、迷路のような土地で迷ってしまう人が多いです。

これはほかの地域から上京してきた人だけではなく、東京都民も不便に感じており「まるでダンジョンだ」と捉えています。

北区は最近人気の飲み屋街

北区といえば飲み街といってもいいくらいにお酒を飲む方にとっては、オアシスのような場所です。

飲み会の待ち合わせは必ず北区付近で待ち合わせをする方も少なくありません。

大衆居酒屋はもちろんのこと、昔ながらの“おかあさん”がいるこじんまりとしたミニ居酒屋もあります。

そんなに芸能人に会えない

東京以外に住んでいる人は、東京にいれば必ず芸能人に会えるものだと勘違いしている方もいます。

しかし実際は、滅多に芸能人に会うことはありません。

芸能人のいる芸能事務所付近である目黒だとか、テレビ局のあるお台場や赤坂などに行けば会える可能性はあります。

それでもなかなか会えないので、東京都民でも芸能人に出くわした際には興奮してしまいます。

「東京の人は冷たい」と言われるのは悲しい

他の地域から「東京の人は冷たい」と言われることに関しては、とてもさみしく感じています。

なぜならば、本当は冷たいのではなくシャイで恥ずかしいので優しくできないだけだからです。

東京都民は仲良くなればなるほど、冷たいというよりかはほかの地域の人よりも心温かいように感じられることもあります。

外国人を見かけることが増えた

東京都民がここ数年の間で口を揃えて言うことは「外国の方が増えている」ということです。

外国の方向けの販売コーナーが作られたり、看板がたてられたり、外国語で接客する人も出てきました。

また、外国の方が昔ながらの日本の名店でアルバイトをしていることもあり、違和感を感じつつも外国の方と触れ合える機会を持っていることにうれしさを感じています。

埼玉県民をバカにしがち

なぜだか東京都民は、自然と埼玉県および埼玉県民をバカにしがちです。

バカにしたいわけではないのですが、自分の住んでいる地域と比べると、どうしてもバカにしたように聞こえてしまいます。

そのため、埼玉県に行くことに関して引け目を感じている方もいます。

隣の駅まで歩いて行ける

東京都民は、一駅でもタクシーに乗ったり電車に乗ったりバスに乗ります。

しかし、実際に歩いてみると隣の駅まで数分以内に到着することも多いのです。

例えば、地下鉄の大井町駅からJR東京駅までは徒歩5分以内で到着する距離にあります。

東京都民はそれをわかっているので、ダイエット目的で歩くこともあります。

数分でも電車を待つのは苦痛

東京都では、どこでもいつでもひっきしなりに電車やバスがやってきます。

そのため、数分でも電車をも待つことが苦痛だと感じている人もいます。

少しでも電車を待たなければいけないときには、いかにもっと早く電車に乗れるかのルート検索までしてしまうこともあります。

わざわざ時刻表を調べない

東京以外では、1時間に数本しか電車が来ない…なんてこともよくありますが、東京ではそのほうが珍しいです。

主要な地域になればなるほど、1時間あたりにやってくる電車やバスの本数は多いので、わざわざ時刻表を調べなくても駅に行けば数分以内に電車やバスがやってきます。

そのため、時刻表が読めない若者も増加しています。

最寄駅だけでも生活できる

東京都にある各種路線の駅は、ほぼ栄えています。

スーパーマーケット、ファッション施設、レストラン街に本屋さんなどなど生活で必要なものが揃っています。

そのため、最寄り駅だけでも生活できてしまうのでわざわざ遠出しない人も多いです。

家賃の高さに苦しむ

東京は地域によって家賃がピンキリです。

たったの1ルーム(風呂なし)でも地域によっては5万円以上の家賃を払わなければいけないこともあるので、東京都で一人暮らしをしたり、家族を持つ人はほかの地域で暮らす人よりも出費がかさんでしまいます。

しかし、それだけとても良い土地柄であることが多いので満足している住民がほとんどです。

関西弁に苦手意識がある人も

東京都民は方言にあこがれを抱いていますが、そのなかでも関西弁に苦手意識を持っている人もいます。

なぜかというと関西弁はどこか攻撃的なものを感じてしまうからです。

東京都民は、野望を心の中に秘めている人が多いので、おとなしかったり、シャイな性格の人が多いため、関西弁のような攻撃的なものは苦手な傾向があります。

方言では、九州弁や京都弁なんかに憧れを抱いています。

東京都民にもいろいろ悩みはあるんです

東京都民あるあるをお伝えしてきましたが、東京都民以外の方は「意外だった」ことも多かったのではありませんか?

流行の最先端をいって何不自由ない生活をしているかのように感じられる東京都民ですが、ほかの地域と同じように必ず“悩み”はあるものです。

しかし、その悩みがあるからこそ日々の楽しさや幸せをかみしめられるのでしょう。