CoCoSiA(ココシア)

沖縄県民あるある25選。沖縄県民にしかわからないことがこんなにも…!


沖縄県は、観光地として日本の中で代表されるリゾート地の1つです。

サンゴ礁で有名な海に囲まれた豊かな自然と亜熱帯特有の気候がリゾート地として多くの観光客を魅了しています。

一方、歴史を振り返ると、地理的に近いアジア諸国との交易を中心として、経済と文化が栄えてきました。

また、第二次大戦では、日本本土を守る“盾”として、激戦地となりました。

お年寄りや女性、子供たちなど多くの人々が命を落とす悲惨な状況に遭ってきた歴史を乗り越えてきた島でもあります。

沖縄は、日本の中で独特な文化や生活習慣を持っています。

一方、多くの若者や観光客を惹き付ける、“南の島のリゾート地”です。

沖縄県民あるある25選

沖縄県は地理的に、本州よりも台湾などアジア諸国に近いため、琉球王朝時代に象徴されるようなアジア色の強い面を持った興味深い文化が発展してきました。

また、多くのサンゴ礁が生息する南国の島として、日本人にとって人気のあるリゾート地になっています。

食文化においても、アジア色の強い独特な食べ物が多くの観光客を楽しませています。

生活習慣も、美しい海から来る“清々しい潮風”に合わせるように、のどかで陽気な面も多く観られます。

遅刻は基本な沖縄タイム


沖縄タイムは、「ウチナータイム」、「沖縄時間」とも言われるように、本州の人から観ると、“のんびり”しているように映ります。

日本人は、海外の人に比べると、「いつも急いでいて気持ちに余裕を持っていない」と言われています。

沖縄には、他県の人に観られるような、アクセクした生活スタイルとは異なり、海風のようなユッタリとした時間が流れています。

特殊な苗字の多さ

沖縄県の歴史を振り返ると、アジア諸国との文化交流が多い歴史的背景が反映されて、人々の名字に、独特な文化や歴史の片鱗が観られます。

沖縄の人々の独特な苗字の由来は、琉球王朝時代の中国との交易に起因するところが多いと言われています。

苗字を見るだけで、沖縄県の出身であることが分かるケースがあります。

例えば、有名人の苗字では、「具志堅」、「知花」、「喜納」など数多くあります。

TVのチャンネルの少なさ

沖縄県のテレビチャンネル数は、関東地方など本州と比べると少ないです。

沖縄では、NHKが2チャンネル、民放が3チャンネルです。

また、番組の放送日も本州に比べて、数日遅れることがあります。

沖縄県では、本州系列の放送局の中でも、一部の放送局の番組は放送されていません。

ようやくきたセブンイレブン


沖縄県にセブンイレブンが初めてオープンしたのは、2019年7月11日です。

沖縄の人たちにとっては、待ちに待った出店でした。

オープン当初は、セブンイレブンの前に買い物客の行列ができるほどでした。

沖縄県以外を「内地」と呼ぶ

「内地」とは、離島から日本本土を指す呼び名でした。

本州を指して「日本本土」と言われていた時代には、沖縄や北海道などの島国は、「外地」と言われていました。

その時代の名残で、沖縄から本州を指すとき、「内地」と呼ぶ習慣が残っています。

濃い顔が多いから塩顔がモテる

沖縄の人は、女性、男性とも美男美女が多いと言われています。

特に、女性は安室奈美恵さんや知花さくらさんに代表されるように芸能界でも沖縄出身者は少なくありません。

一方、男性は顔の彫が深く、濃い顔の人が多いです。

一説には、日本人のルーツである“縄文人”と“弥生人”の中で、“縄文人”のDNAを色濃く残しているのが沖縄の人と言われています。

袋詰めは店員さんのお仕事

沖縄のスーパーなどでは、お客さんが買った商品は店員さんが袋詰めしてくれるお店が一般的です。

ですから、沖縄県のハローワークに掲載されているスーパーなどの求人情報を見ると、商品清算のレジ業務と“袋詰め”の仕事が分けられて求人しています。

“袋詰め”は、店員さんの仕事として位置付けられていることを物語っています。

とにかくGが大きい

沖縄県は亜熱帯性の気候ということもあり、大きな昆虫類が多いです。

当然、G(ゴキブリ)も本州に比べると大きい傾向があり、多くの種類が生息しています。

沖縄の温暖な気候は、Gが生息するには適していて、繁殖し易い条件が揃っているのです。

沖縄に来た観光客が驚くのは、Gが大きいことと、飛ぶ種類もいることです。

中には噛むGもいます。