北海道は本州を起点にして観ると、陸続きになっていない“北の島国”として映ります。

“北海道弁”に象徴されるように、独自な文化や風習が色々な生活の場面で引き継がれています。

本州の首都圏から遠く離れた北海道の地は、冬の寒さが厳しく、自然豊かな“食料の宝庫”と言われています。

北海道は美味しい食材の宝庫という面を持っていて、食料自給率は宮崎県と並ぶ日本一になっています。

また一方では、独特な食文化が根付いています。

自然の豊かさを象徴するように、北海道の経済を支えているのは、農業、漁業、林業を中心とした一次産業です。

一次産業に携わる多くの人々の生活が発祥となっている北海道独自の生活習慣や食文化の中には、観光資源として活かされているものもあります。

北海道民あるあるを見てみよう!

北海道弁やジンギスカンに代表されるように、本州では観られない“北海道民あるある”は、色々な分野に及んでいます。

北海道は、四季折々の季節ごとに織り成す自然豊かな景色が、多くの観光客を惹き付けています。

特に、雪に閉ざされた冬の生活には、“北海道民あるある”が様々な場面に存在し、北海道外の人が注目する面が多くあります。

本州からは驚きなことだらけ

北海道民あるあるの中で、特に食文化の面では、本州では観られない独自の食材が数多く生活の中に浸透しています。

春の季節の代名詞である、花見桜の下で味わうジンギスカンは定番となっています。

“ジンギスカン鍋”と言われる北海道独特の鍋で焼くジンギスカンの味は格別です。

また、数あるカップ麺の中で、“焼きそば弁当”が人気第一に挙げられています。

一方、日常生活の場面では、「しばれる」冬の生活習慣の中に、本州では観られない独自の生活の知恵が根付いています。

北海道民あるある24選

“北海道民あるある”は、日常生活の色々な場面に及んでいます。

雪に埋もれる寒さ厳しい冬を乗り切るための知恵を活かした独特な生活習慣があります。

また、豊かな自然と共存するための発想から生まれた北海道独自の文化があります。

大自然に囲まれた日々の生活は、自然の持つ厳しさと同時に、雄大な自然からの恩恵を受けるという両面の環境に包まれています。

雄大な自然に包まれた、北海道ならではの文化と生活習慣には、他県では観られない独自の歴史が展開されてきました。

信号機は縦型が基本


北海道では、冬期間に多くの積雪があります。

このため、横型の信号機では、降った雪が信号機の上に積もり易くなります。

積もった雪が、垂れ下がることもあります。

このため、信号機のランプ部分が雪で遮られて見難くなり、青信号なのか赤信号なのかの判別が難しくなることもあります。

また、信号機に積もった雪の重さで信号機を支えている支柱が曲がることもあります。

このような不便さを解消するために、北海道では信号機は縦型が基本になっています。

縦型であれば、雪が積もり難くなり、信号機のランプが雪で遮られることも無くなります。

道路に延々と続く矢印

北海道の道路で観られる矢印は、「矢羽根」(やばね)と言われています。

正式名は「固定式視線誘導柱」と言います。

矢羽根は、道路の端にあたる側溝の位置を示す役割があります。

積雪が多い時期になると、道路の端の位置が分かり難くなります。

冬期間に活躍する除雪車が、雪に覆われた道路を除雪する際に、道路の端を超えて側溝に車輪が落ちる事故を防ぐために、矢羽根が設けられました。

また、冬期間だけでなく、夜間運転の際にも、道路の端の位置を運転手に分かり易く示す役割もあります。

雪が降っても傘をささない

北海道の雪は他県とは異なり、パウダースノウと言われているように、湿気が少なくサラサラしている特徴があります。

このため、雪が衣服に付いても、気温の低さも手伝って濡れることがありません。

一方、他県に降る雪は湿気が多く、衣服に付くと溶けて濡れてしまいます。

しかし、北海道の雪はパウダースノウですので、濡れることがないため、手で払うことができます。

ですから、雪が降っても傘をさす必要がありません。

また、雪が多く降っているときには、フード付きコートを着ますので、傘が必要ありません。

冬のベビーカーはソリ

北海道の冬は、歩道にも多くの雪が積もります。

このため、ベビーカーの車輪に雪がマトワリ付いて、車輪がスムーズに回らなくなります。

また、路面が凍結することもあり、車輪のベビーカーでは、滑ってバランスを崩して倒れる危険性があります。

このようなことから、雪が積もって滑る歩道を安全に進むためには、ソリが安定しています。

北海道の雪は、パウダースノウですので、ソリを引くときにも力を入れなくともスムーズに進みますので楽です。

盆踊りは2部構成で開催

北海道の盆踊りは2部構成になっているのが一般的です。

北海道の短い夏を大人も子供も満喫するために、盆踊りも大人だけではなく子供たちも一緒に楽しめるように工夫されています。

盆踊りの第1部は、子ども盆踊りからスタートします。

子供盆踊り唄に合わせて子供たちは楽しく踊ります。

こうして、子ども盆踊りが終わるときには、お菓子やジュースなどの景品が参加した子供たちに配られます。

第2部は大人の部として、大人の盆踊りが行われます。

地域や町内会によっては、奇抜さを競う仮装大会盆踊りも行われることがあります。

待ってました北海道新幹線

整備計画から約半世紀の43年を経て実現された北海道新幹線は、北海道民にとっての悲願でもありました。

「北の大地」と言われ、本州とは陸続きになっていない北海道にとっては、北海道新幹線の開通により、本州との距離感がグッと短くなる感覚を与えてくれます。

本州との行き来が飛行機またはフェリーのみの状況から新幹線が加わり、近い将来、札幌まで伸びることで、更に便利さが倍加します。

冬期間には多くの積雪がある中で雪煙を挙げて、北海道新幹線が疾走する姿は圧巻と言えます。

残り物はとりあえず玄関へ

北海道では冬の期間は、厳しい寒さのため、玄関の温度が0度位になることが珍しくありません。

ですから、食べ物の残り物が冷蔵庫に入りきらないボリュームの時には、冷え切っている玄関に置くことがあります。

お店から買ってきた食べ物などのパックを玄関に置いておき、食べたくなったら玄関から持ってくるという家庭もあります。

北海道の広さなめんな!

「北の大地」と言われる北海道の広さは、実感し難い面があります。

そこで、他の都府県と比較をしてみましょう。

北海道の広さを東京都と比較すると、面積は東京の40倍ほどになります。

また、北海道の大きさは、日本の国土全体の約22%にあたります。

つまり、日本全体の1/5の面積が北海道になりますので、広大さを改めて感じます。

本州の雪なんて積もってない

北海道の冬期間の積雪は、一晩で数10センチ降ることは日常茶飯事で珍しくありません。

地域によっては、1メートルを超えることもあり、朝起きると玄関が雪で塞がれていて、出勤することが出来ないこともあります。

積雪のため線路に雪が積もり、電車が走ることが出来ず、止まることもあります。

このような時は、ラッセル車が線路の雪を払い除けて、電車が走れるようにします。

本州でみられるような、数センチ程度の積雪なら、北海道では「雪が積もった」とは言いません。

ママさんダンプが大活躍

冬場の雪かきで大活躍するのが、「ママさんダンプ」と言われているスノーダンプです。

北海道の積雪の量では、スコップを使った雪かきでは、一日掛かっても終わらないことがあります。

ですから雪かきには、ママさんダンプが冬場の生活必需品になっています。

「ママさんダンプ」の呼び名の由来は、“家庭のママ(おかあさん)でもダンプカーのように沢山の雪を運べる”という意味からきていると言われています。

送料無料(北海道と離島は除く)

「北の大地」である北海道は、本州と陸続きになっていないため、本州からの商品の輸送には航空機やフェリーに頼らざるを得ない面があります。

陸続きであれば、トラック輸送などで安価な送料で済みます。

しかし、飛行機による輸送では、送料が高額になります。

北海道民にとっては、“送料無料(北海道と離島は除く)”の表示を目にすると、“島国感”が湧いてきます。

ザンギはただの唐揚げじゃない!

北海道では、鶏の唐揚げのことを、「ザンギ」と呼んでいます。

「ザンギ」の食感は、唐揚げとは違います。

ザンギの発祥地は、北海道東部の釧路と言われています。

ザンギは、素材の鶏肉に独特な下味がシッカリと付けられているところが、唐揚げとは違う点になります。

ザンギは、お店独自の下味が勝負になり、唐揚げとは一線を画しています。

本州のことを「内地」と呼ぶ

「内地」というコトバは、戦前の日本において、本土を指すときに使われていました。

本州では殆んど使われることのない、「内地」というコトバは、北海道では未だに使われています。

一方、北海道民は自分たちが住んでいる北海道を「道内」と言い、本州を「道外」と言うことがあります。

「道外」という言い方に代わる言い方が「内地」になります。

「内地」という言い方は、本州を起点にした考えが基になっています。

本州を起点に観ると、北海道は陸続きになっていないため「外地」という観方になります。

やきそば弁当大好きです

やきそば弁当は、北海道民に広く親しまれていて、「やき弁」と呼ばれています。

数あるカップ麺の中でも、やきそば弁当はダントツに人気があります。

焼きそば弁当には中華スープの素が付いていて、湯切りする際のお湯でスープを作ることができます。

やきそば弁当の味は、塩味、たらこ味バター風味などバラエティーに富んでいて、沢山の味を楽しめます。

やきそば弁当は、1970年代後半に発売されて以来、未だに人気商品として、北海道民の食生活に定着しています。

歯ごたえとコシのある麺が人気の秘訣になっています。

カツゲンも大好きです

カツゲンの元祖は、1930年代の乳酸飲料「活素」(かつもと)が始まりと言われています。

その後、「活源」(かつげん)の商品名で発売されました。

今では、60周年を迎えるに至り、北海道のロングラン商品になっています。

カツゲンの由来は、“活力の給源”というコトバです。

北海道では、今でも乳酸飲料の人気商品の1つが「カツゲン」です。

愛飲者は、子どもからお年寄りまで幅広い層に人気が定着しています。

カツゲンは、北海道民の“ソウルドリンク”とも言われています。

絆創膏?いや「サビオ」でしょ


「サビオ」とは、絆創膏の中の商品名です。

市販されている絆創膏の中には、色々な商品がありますが、北海道では絆創膏を指す代名詞が「サビオ」です。

数ある絆創膏の中でも、北海道で初めに発売された商品が「サビオ」と言われています。

このため、北海道民にとっては、絆創膏と言えば「サビオ」という名前が浮かんでくるのです。

コトバの言い易さから、「ばんそうこう」と言うよりも「サビオ」の方が呼びやすい面もあります。

北海道民が切り傷をした時に咄嗟に出てくるコトバは、「ばんそうこうが欲しい」ではなくて、「サビオが欲しい」です。

「水曜どうでしょう」は日常

「水曜どうでしょう」という番組は当初、北海道のローカル番組でした。

番組の特徴は、「サイコロの旅」と呼ばれていたとおり、サイコロの目に合わせて旅の行き先が変わるハプニング性と出演者のキャラクターがマッチングして大人気となりました。

予め行き先が計画された一般的な旅番組とは異なり、予期しない出来事の連発で繰り広げられる「水曜どうでしょう」は、旅の行き先が予想できない意外性を発揮していました。

人気上昇とともに、旅の行き先は、当初の北海道内に留まらず、全国そして海外へと広がっていきました。

こうして、北海道のローカル番組は、全国区の人気番組となりました。

テレビを観る視聴者にとって最も期待する、“予想できないハプニング性”をもつ番組の、先駆けとなったのが「水曜どうでしょう」と言えます。

そして大泉洋への愛情

「水曜どうでしょう」という北海道のローカル番組を全国区の人気番組に押し上げた要因の1つに、大泉洋の独特なキャラクター性があります。

「サイコロの旅」の意外性に“拍車をかけた”のが、大泉洋のもつ“素”と“演技”との区別のつかない振る舞いでした。

大泉洋は、北海道のローカルのタレントから、全国のタレントとして人気を得るようになりました。

こうして、大泉洋への愛情は人気と共に広がっていったのです。

全国ツアーなのにきてくれない

人気アーティストや人気グループが繰り広げる“全国ツアー”を謳い文句にしたコンサートは多々あります。

しかし、北海道には来てくれないことは珍しくありません。

特に、人気グループやアーティストは、演奏のための音楽機材など大量の演奏設備を専用のトラックに積んで陸送するケースがあります。

北海道は陸続きになっていないため、演奏機材のトラック輸送が難しいという不利な面があります。

こうした不利な面が、有名アーティストの全国ツアーなのに、来てくれない要因の1つになっていると言えます。

節分でまくのは落花生

北海道に住んでいる人の家系を辿ると、本州からの移住者であるケースは少なくありません。

こうした歴史の背景から、北海道に住んでいる人の中には、出身県の風習を大切にしている人も居ます。

その中の1つに、節分で撒くのは落花生を使う風習があります。

北海道では、節分の時期であっても寒さが続き、雪が残っています。

また、雪が解けて歩道や玄関先の土が泥のようになっている地域もあります。

ときには、玄関の中にも土が入ってくることがあります。

このため、節分でまくのは落花生のケースが多いと言えます。

殻に包まれた落花生であれば、食べる際にも、殻をむくことで衛生面で安心できます。

ゴミ捨て場はゴミステーション

北海道では、一般家庭から出るゴミを捨てる場所のことを“ゴミステーション”と呼んでいます。

ゴミステーションは歩道の道端などのスペースを利用しています。

ゴミステーションの場所を表示した看板を設けて、ゴミを入れる金網製のボックス型などの設備を設けています。

「ゴミ捨て場」という呼び名は、汚さをイメージさせます。

汚さのイメージを払拭するために「ゴミステーション」と呼んでいます。

北海道では、冬期間は積雪のため、一面が白一色に包まれます。

白一色の中にあって、ゴミの汚さが一層目立つことになります。

このため、歩道の道端に設けられた“ゴミ捨て場”の汚さを少しでも和らげるイメージを与えるために、「ゴミステーション」と呼んでいます。

この呼び名により、ゴミを気にすることなく、歩道を歩くことができます。

ゴミは「投げる」もの?

北海道では、「捨てる」と「投げる」を使い分けています。

今まで使っていて、まだ使えるけれど要らなくなった場合は、「捨てる」と言います。

一方、ゴミのように必要のないものは、「投げる」と言います。

「捨てる」ものは、まだ使えるものです。

しかし、「投げる」ものは、使えないものです。

ですから、ゴミは「投げる」と言います。

手袋は「はく」もの?

北海道の冬の寒い時期を過ごすためには、手袋は必需品です。

本州の方では、「手袋をする」とか「手袋をはめる」と言うことがあります。

しかし、北海道では、「手袋をはく」と言うことが多いです。

冬の寒さから身を守るためには、シッカリと身に付けなければならないのです。

厳しい冬の寒さから身体を守るためには、「手袋をする」という言い方よりも、シッカリ身に付けることを強調して、「手袋をはく」という言い方が合っているのです。

会話によくでる「ぼっこ」

北海道では、寒い季節に身に付ける手袋の種類には、2タイプあります。

5本の指がそれぞれ分かれるタイプがあります。

また、親指だけが独立して、人差し指から小指までの4本の指が一緒になるミトンタイプがあります。

北海道では、ミトンタイプの手袋を「ぼっこ」と言うことがあります。

また一方、「ぼっこ」という呼び名は、木の棒切れを指して、「ぼっこ」と言ったりします。

北海道民の人にも聞いてみよう!

北海道民の多くは、曾祖父母などの時代に全国から開拓のために移住してきたケースが少なくありません。

また、北海道と地理的に近い東北地方の言葉の影響を受けている面も多々あります。

北海道の中でも、函館などの漁師は、“浜言葉”(はまことば)を話す地域もあります。

北海道弁を幾つか挙げてみましょう。

「おっかない」とは、恐怖感を抱いたときに発する言葉です。

「ばくる」は、モノを交換することを指します。

子供たちが友人とで、お互いに持っているものを交換する時に「〇〇をばくる」と言います。

「うるかす」は、食後の食器を洗う前に水に浸すときなどに使います。

「あずましい」は、気持が落ち着いて心地よい雰囲気を指します。

反対に、「あずましくない」は、気持が落ち着かない心境を指します。

北海道弁は、この他にも数多くあります。

北海道独特の生活習慣には、結婚式の披露宴は会費制であることが多いです。

また、葬儀の香典には必ず領収書をお渡しします。

一方、自然豊かな北海道には、独自な文化が育まれています。

世界遺産になった知床半島の自然の雄大さは圧巻と言えます。

また、海産物や農産物などの新鮮な素材の味わいも特徴の1つになっています。

海産物では、新鮮なイクラがタップリ乗った“イクラ丼”が有名です。

今話題になっている、北海道のアイヌ民族の独自の文化や自然観が注目を集めています。

アイヌ民族は自然と共存することを大切にしていて、川の水や木々など全ての自然には神が宿るという自然観をもっています。

「アイヌ」とは「人間らしい人間」を意味するアイヌ語です。