あなたは、誰かと約束をした時その約束を守ることはできますか?約束は守ることを前提として誰かと約束を交わすので、必ず約束を守らなければなりません。

しかし、不誠実にも約束を交わしたのにも関わらず、その約束を果たさない人もいます。

そこで反省の気持ちを示してくれる人もいますが、なかには全く反省の気持ちもない人もいるんですよね。

ただの約束だと思われるかもしれませんが、約束1つだったとしてもそれを守れるのか守れないのかによって、その人の人柄や人格、そしてその人の今後の人生までもが見えてくることもあります。

そこで、今回は約束を守れるかどうかでどうして未来にかかわるのか、そして信頼に値する約束を守る人の特徴をご紹介します。

約束が守れるか否かでその人の人柄や人生が見える

あなたは、これまでに誰かと交わした約束を守ることはできていましたか?約束を破ってしまったことはありませんか?人生はいろいろありますから、一筋縄ではいかないこともたくさんあると思います。

そのため、約束をした時には「守る」と思っていたことであっても、最終的には約束を果たすことができなくなってしまうこともありますよね。

とはいえ、正当な理由なくして約束を破ってしまうと多くの場合で、その約束を交わした相手との間の信頼関係が崩れてしまう可能性があります。

つまり、約束を破ってしまうかそれともきちんと守ることができるかによってその人の人生やその人の未来までも占うことができるのです。

どうしてそのようなことが言えるのかをここでご紹介します。

約束の果たし方はその人そのもの。約束でその人の信頼度がすぐ測れる

約束の果たし方とは、その人の人生そのものを表しています。

あなたが誰かと約束をしたとしましょう。

相手は「必ず守る」と伝えてきたので、少し良くないと思う内容(例えばお金の貸し借りなど)で約束を交わしました。

しかし、実際にはその約束は果たされず破られてしまうのです。

そうするとあなたはその人に対してどのような気持ちを持つでしょうか?

「やっぱり破られたか」「どうせ最初から約束を守るつもりはなかったんじゃないのか」なんて相手への信頼度がガタ落ちしてしまうのではないでしょうか。

つまり約束を果たしてくれるのかそれとも破られるのかというのは、その人の人生そのものを表しています。

誰かとの約束=自分との約束でもあり、そこでしっかり守ることができなければ、周りの人からの信頼度はガタ落ちし、さらに今後はその人に信じてもらうことができなくなってしまいます。

また、自分自身でも「約束を守れなかった」「うそをついてしまった」と感じるようになるので、そのため自分への信頼度も下がり、何をするにしてもやる気が起こらない状態になります。

その心理には「何をしてもどうせ達成することができないから」と感じているんです。

なにをしても中途半端な状態になってしまうんですね。

たった1回でも約束を破れば、信頼を取り戻すのは大変

あなたは「1回くらい約束を破っても大丈夫かな」なんて思っていませんか?その考えは甘いかもしれません。

人は、あなたを信頼して約束を交わしてくれています。

その1回だけでも約束を破ってしまうことになると、それだけであなたの信頼を失ってしまうことになるんです。

あなたは、誰かに対して幻滅した経験はありませんか?

そのような経験がある方であればわかるかと思いますが、たった1回でも約束を裏切られるようなことがあると、その人の言葉を信じることができなくなるのではないのでしょうか。

また、同じことを繰り返されるのではないかと、思いたくもないのに感じてしまうこともあります。

1度約束を破るだけで「この人は約束を守らない人だ」とレッテルを貼られてしまい、なくしてしまった信頼を取り戻すことはなかなか難しいものになってしまいます。

常に人から疑われて生きることになるので、この先の人生が“生きづらい”物に代わってしまうこともあります。

約束を破られた方は、ずっとその事を覚えている

約束を破ったほうは約束を破られたことをいつまでも覚えています。

しかし、そのことに関して約束を破った側の人間というのは、すぐに忘れてしまうこともあります。

なぜならば、約束を破ったことに対して悪気がなかったり、反省することが少ないからです。

人は反省の気持ちを持つことができれば、確実になにかしらの変化が訪れるものですがそのようなものがないです。

そのような態度は、約束を破られた人にとっては癪に障るため、いつまでも信頼関係を戻すのには難しい状態になってしまいます。

約束を守る人の7個の特徴


誰だって約束を破られたくはありません。

なぜならば、あの落胆した気持ちに浸るのも嫌だし、だれかをこれ以上信頼できなくなるような状態になるのも嫌だからです。

あなたもそうではありませんか?できれば知り合ったすべての人と和気あいあいと何も疑う気持ちも持たずに、関係を持っていきたいのではないでしょうか。

では、約束を守る人の7個の特徴をここでお伝えしていきます。

約束を守る人とお付き合いすることで、いやな思いをするのを回避していきましょう。

気が利く人で、相手の気持ちをよく考える

約束を守ってくれる人に共通している特徴として、気が利くという点があげられます。

どうして気が利くのかといえば、相手のことをしっかりと観察しているからなんですよね。

観察しているということは、相手の気持ちを考え行動することができるタイプということになります。

そもそも約束を破ってしまうとき、多くの人は「ああ、約束を破ることになってしまう」と自分に対してマイナスな気持ち、そして相手に対して申し訳ない気持ちを感じるものです。

しかし、それがないので約束を破ってしまうんですよね。

ですが、相手の気持ちを考えることのできる思いやりのある人間であれば、必ず相手の気持ちを察して約束を破るということはありません。

真面目で誠実

真面目で根っから誠実な性格をしている方は、約束を破りにくい傾向があります。

なぜなら、かわした約束に対して誠実に行動し、そして忠実にその約束を守る“真面目さ”があるからです。

約束を破る人すべてが真面目ではないとは言いきれませんが、常に真面目でいる人は約束をした相手に対しても真面目な自分でいることを望んでいるので、必ず約束を守ってくれるんですよね。

真面目に見られたいし、真面目ではない自分は好きではないからでしょう。

しかし、逆にあなたが約束を破ってしまうようなことがあると真面目で誠実な相手だからこそ、確実に信頼度を失ってあなたを見るようになります。

相手のことばかり言わずに、自分自身も“約束を守る”人間になることで、同等の人間とお付き合いできるように日々精進していきましょう。

多くの人に信頼され、交友関係も広い

あなたの周りに、いつも多くの人に信頼されていて交友関係も広い人はいませんか?そのような人こそ、約束を必ず守ってくれる人になります。

必ず約束を守るという行為を続けてきたからこそ、周りの人からの信頼度がアップし、多くの人に信頼されるような状態になっているのです。

また、交友関係が広いのも約束を守り、だれに対しても誠実に行動してきた過去を象徴しています。

友達が少ない人が一概に嘘つきだということではありませんが、多くの交友関係を持っている人であれば「嘘はつかない」と認めてもいいでしょう。

時間や予定を随時よくチェックする


約束を守ったり、必ず既定の時間を守る人というのは、常に現状をチェックしています。

なぜならば、現状をチェックすることによってその約束を破るようなことにならないように逆算計算して行動しているからなんです。

「13時に待ち合わせ」の約束をしていたとしましょう。

その約束を守るためには、家を12時には出なければなりません。

なぜならば、12時30分のバスに乗らなくてはいけないからです。

そのためには、あなたはどのように行動しますか?

11時までには出る支度を済ませ、時間に余裕をもって家の中でくつろぎますか?それとも時間より早めに出て絶対に遅刻しないように行動しますか?

このように、時間やスケジュールを常にチェックする人というのは、今の段階を確認しているので、もしもマイナスになっている(約束に間に合わない)ようなことが判明すると、そのようにならないように早めに行動することができます。

とはいっても、常に逆算方式で動いているのでそのようなことは起こりません。

ちょくちょく時計などをチェックする人はちょっと神経質な性格をしているように感じることもありますが、約束を破るようなことは少ないです。

自分よりも人のことを大切にしようとする

自分のことよりも他人のことを尊重し、その人のために動くことができる人もまた約束を破ることをしない人です。

自分中心で世界が動いている人というのは、たとえ誰かと約束をしたとしても常に自分の都合で動いているので約束をしたことさえも忘れていることがあります。

また、自分の都合に相手が合わせてくれたらいいのにな、なんて考えているところもあるので、他人のことを大切にしてくれる人であれば約束を破らないでしょう。

仕事や勉強がよくできる

仕事や勉強が上手にできる、それも常にできている人というのは、時間管理や自分自身のコントロールがとても上手な証拠です。

仕事や勉強をスムーズにするためには、必ず時間を計算し、それにのっとって行動しなければなりません。

逆に約束を破ってしまう人は、どこか自分にも時間にもルーズなところがあるということなんですよね。

ですから、必ず約束を守ってほしいと感じるときには、仕事や勉強がよくできる相手を選ぶといいでしょう。

時間の使い方が上手い

これはひとつ前の項目に通じることでもありますが、時間の使い方が上手な方もまた約束を破るようなことはしません。

約束を破ってしまうことになるのは、その約束に対する時間管理やすべきことを優先することができていないのが原因となっているからです。

時間の使い方を上手な人は、そのようなことはなく必ず優先すべき約束を行ってくれるので破られることはないのです。

約束を守れない人の3個の特徴

では、逆に約束を破ってしまいがちな人の特徴にはどのようなものがあるのかをお伝えします。

これらに当てはまる人には注意しましょう。

マイペースで自己中

マイペースで自己中な人は、常に自分のことばかり考えている傾向があります。

そのため、誰かと約束をしたとしても自分を優先してしまうので、約束を破ってしまうこともあります。

「守れなかったらそれはそれで仕方がない」なんて感じていることもあるかもしれません。

要領が悪い

本当はしっかりと約束を果たしたい、守りたいと考えているのにもかかわらず、要領が悪くて約束を守れないこともあります。

つまり、計画性が無いということになります。

物事に達成するために逆算方式で行動することができないため、あとになって「間に合わない!」なんていつも自分を責める事態となり、最終的に約束を守ることができません。

時間の大切さを理解していない

時間は無限ではなく有限です。

これは誰もが共通して持っている意識のように感じるのですが、約束を守ることができない人は時間の大切さを理解していないことがあります。

時間はいつでもとれるし、いつだってやることができると勘違いしているのかもしれません。

そのため、約束を守るために行動した時に何かしらのアクシデントに見舞われたりすることで、約束を破ることになってしまいます。

デキる人になりたければまず約束を守る人になろう

あなたは、周りの人から信頼される“デキる大人”になりたいと考えていませんか?

もしもそうであるならば、基本的なことである約束を必ず守るようにしましょう。

そうすることで周りの人からの信頼関係も深まり、自然と“デキる人”と周りの人たちから認められることになります。