CoCoSiA(ココシア)

釘付けとはどういう意味?恋愛で異性を釘付けにする25個の方法


あなたは、これまでの人生の中で釘付けになった異性がいたことはありますか?もうそれ以外の周りの景色はまったく視野の中に入ってこない…そんな経験は、誰にでもあるかと思います。

そんな時に使われる「釘付け」という言葉ですが、あなたは正しい意味を知っているでしょうか。

この記事では、恋愛シーンでよく使われる「釘付け」という言葉の意味と、恋愛において異性を釘付けにさせるための方法を25個ご紹介しています。

これを読んで実践すれば、あなたも異性から注目されモテるようになるでしょう。

この記事の目次

「釘付け」の意味って?

「あの人を見たとたんに釘付けになった」「私はそのライブ映像に釘付けだった」なんて、日常のあらゆるシーンで使われる「釘付け」という言葉を知っていますか?その言葉を多用している方もいるでしょうし、あまり使う機会がない方もいることでしょう。

ずばり、「釘付け」という言葉には、2つの意味があります。

ひとつめは、その言葉の通りなにかに釘を打って動かないように固定することです。

そして、もうひとつの意味はまったくそこから動くことができない状態をいいます。

恋愛シーンにおける「釘付け」という言葉は、二つ目の意味のそこから動くことができないくらいに相手に集中してしまう意味があてはまります。

では、もしも異性があなたのことを釘付けにしてくれる状態になったらどうでしょうか。

モテることにもつながりますよね。

また、あなたの新しい才能を見出してくれる方に出会える可能性もあります。

そのために次の章で、異性から釘付けにされるあなたを目指してみましょう。

恋愛で異性を釘付けにする25個の方法とは


「好きな人に見てもらえたらな」「もっと異性から注目されたい!」なんてことを考えたことはありませんか?つまり、異性から釘付けにされたいということなんですよね。

もしも恋愛シーンにおいて、異性から釘付けにされたいのであればこれからご紹介する25個の方法を実践してみてください。

そうすれば、釘付けにされる機会を増やせます。

1.色っぽい服装を着る

男女ともに色っぽい異性にはとても弱いもの。

なぜなら人間の本能的な美しさが出ているからなんですよね。

だからこそ、色っぽい洋服をチョイスしてみましょう。

あなたの体だけではなく、あなたの心までも美しく見せてくれるようなそんな洋服がいいですね。

色っぽすぎないギリギリを攻めよう

とはいえ、どのような洋服を選べばいいのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

その場合には、色っぽすぎないギリギリを攻めるようにしてください!例えば、女性である場合には、胸元が完全に見えてしまうのではなく見えそうで見えないラインにすることです。

また、スカートの丈も短すぎればいいというわけではなく、あなたの体形が一番に魅力的になる洋服を選ぶようにしましょう。

体型にフィットする服装もおすすめ

洋服のデザインについてもう一つアドバイスできるとすれば、あなたの体型にフィットする服装を選ぶようにしましょう。

あなたの体のラインが主張されるため、色気を出すことができます。

自分らしさを出す

色っぽくなることだけを考えていると、いざその洋服を着た時にチグハグな印象を与えてしまうことも少なくありません。

それではあなたの本当の素敵な魅力を発揮することができません。

だからこそ、ちょっとしたところでもいいのであなたの“自分らしさ”をプラスするようにしましょう。

そうすると個性が出て釘付けにされる可能性が高まります。

2.いつも笑顔でいる

もしも異性から釘付けにされたいのであれば、常に笑顔でいるようにしましょう。

笑顔でいることによって、あなたの気持ちに余裕ができ周りの人にやさしく接することができます。

また、いつも笑顔でいる人を見ていると誰もが安心することができるんですよね。

そして魅力的に感じ、「この人と一緒にいたいな」と思わせることも可能です。

笑顔は基本中の基本でもありますから、どんなときでも笑顔でいるように心がけましょう。

3.髪や服のケアを欠かさない

異性はあなたが思っているよりも髪や服をしっかり見ています。

伸びきった髪の毛だとか、ほこりやゴミがついた洋服を見るだけで幻滅してしまうこともあります。

だからこそ、髪と服のケアだけは欠かさないようにしましょう。

「ここまでしっかり手入れしてるんだな」と異性から釘付けにされやすくなります。

さらさらヘアーや清潔感がある人が魅力的に見える

特にさらさらヘアーや清潔感のある人は魅力的に見えやすいので、キレイな髪の毛を目指しましょう。

洋服だけではなく口臭や肌のケア、靴の手入れなども見られていることを忘れないようにしましょう。