人と接するときの態度や話し方というのは、意外と人に見られているものです。

横柄な態度をとったり、人によって接し方を変えたりと、人とのコミュニケーションの取り方に難点がある人は、意外と多くこの世の中にいます。

また、本人も「無自覚」に他人に対して嫌な態度を取っており、人との接し方を改善するというのはなかなか厄介なものです。

一方で、誰からも「あの人は物腰が柔らかい人だね。」といわれる、人との接し方が完璧な人というのも世の中にはいます。

優しくて穏やかで、人を傷つけるようなことは絶対しない人のことを「物腰が柔らかい人」といいます。

物腰が柔らかい人というのは、誰からも好かれ、敵を作らず、同性からも異性からも好かれる存在です。

今回は、「物腰が柔らかい人」の特徴について具体的にお伝えしていきたいと思います♪

物腰が柔らかい人には15個のこんな特徴があります

「物腰が柔らかい人」と聞いて、あなたはどんなイメージを抱くでしょうか。

穏やかで、優しくて、女性らしくて、ふんわりしていて…。

そんな優しいイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

周囲から「あの人は物腰が柔らかい人だ。」といわれる人には共通点があります。

もし、あなた自身も物腰が柔らかい人いなりたいと思うのであれば、まずは、物腰が柔らかい人の特徴を知ることが大切です。

では、具体的に物腰が柔らかい人の特徴についてお伝えしていきましょう。

1.笑顔が多い


笑顔というのは、それだけで周囲に良い印象を与えます。

笑顔でいる人に対して、敵意を向けたり、言い争いをしようと考える人はまずいません。

物腰が柔らかい人はいつも笑顔で人と接しています。

そのため、周囲に対して良い印象を与えるのです。

2.口調が柔らかい

話し方によって、人に与える印象というのは大きく変わります。

口調がきつい方や早口の人は、それだけで「キツイ人」「厳しい人」と思われてしまうことがあります。

逆に口調が柔らかく穏やかに話す人というのは、優しい印象を周囲に与え、「良い人」だと思われます。

3.誰にでも平等に接する

人というのは、多かれ少なかれ差別・区別というものをしてしまいます。

そして多くの人が、自分の中にある差別・区別を表に出してしまいがちです。

しかし、物腰が柔らかい人は、誰にでも平等に接しますし、人に対して順位をつけるようなことはしません。

4.相手の立場に立って物事を考えられる

多くの人は、自分本位で物事を考えてしまいがちです。

どうしても自分を優先にしてしまうものです。

しかし、物腰の柔らかい人というのは、自分本位で物事を考えるのではなく、相手の立場になって物事を考えられる人です。

「なぜそう思ったのか。」「どんな感情でいるのか。」等をきちんと分析して、相手に接することを心掛けています。

5.いつも落ち着いている

物腰が柔らかい人というのは、喜怒哀楽が激しい性格ではありません。

感情コントロールがきちんとできる人なので、急に怒ったり、泣いたりはせず、落ち着いて物事を捉えることができる人です。

トラブルがあっても、冷静に対処することができる心強い存在でもあります。

6.自分に自信を持っている

物腰が柔らかい人というのは、自分軸をしっかりと持っており、揺らがない確固たる志があります。

周囲に見せたりはしませんが、自分に自信を持っており、内に秘めた熱い思いがあります。

そのため、優しそうに見えて、何でも聞いてくれそうに見えますが、決して他人に流されることなく、良いように使われることもありません。

7.気遣いができる

周囲の気遣いというのは、やっているつもりでもなかなかできていないもの。

気遣いができないのは、観察力が乏しいことが原因でもあります。

物腰が柔らかい人は、観察力が優れているため、他人が困っていることを瞬時にキャッチすることができます。

そのため、誰よりも早く、適切な気遣いができるのです。

8.他人の悪口を言わない

人との会話がでどうしても出てきてしまうのが、他人の「悪口」。

不平不満が溜まってしまうと、どうしても他人に言わずにはいれなくなってしまうのが、人間の本能です。

しかし、物腰が柔らかい人は、他人の悪口を決して言いません。

悪口を言うと、いつか自分も言われる立場になります。

悪口を言われる機会を作ってしまうのであれば、初めから悪口を言わない。

これが、物腰が柔らかい人のポリシーです。

9.怒ることが少ない

「叱る」という事は、相手を思っての接し方。

逆に「怒る」という事は、他人に対して、自分の怒りの感情をそのままぶつけるということです。

怒りをぶつけられた人間はマイナスな感情を抱きますし、その人に対しての嫌悪感も少なからず芽生えてしまうものです。

物腰が柔らかい人は「叱る」ことがあっても、「怒る」ことはしません。

10.共感してくれる

人は誰しも「共感」をしてもらえると、自分が認めてもらえて嬉しいと感じるものです。

仲良くなるためには「共感力」が大切。

物腰が柔らかい人はそのことが分かっているため、他人に対しての共感力がとても高いです。

11.無理に目立とうとしない

無理に目立とうとすると「悪目立ち」をし、周囲から避難を浴びることが多くなります。

物腰がや若い人というのは無理に目立つことは決してしません。

しかし、周囲から一目置かれている存在だからこそ、自然に目立つ存在となります。

「目立つ」というのは、周囲から尊敬をされる存在か否かです。

無理に目立つことに継続力はありませんし、周囲から「痛い存在」と思われてしまうこともあります。

12.相手のいいところを見つけるのが上手

人はどうしても相手の悪いところに目が行ってしまいがち。

そして悪いところが目につくと、次から次へと悪いところを見つけてしまうのが人間というものです。

物腰の柔らかい人は、悪いところよりもいいところを見つけるのが得意です。

いいところを見ていれば、人に対して嫌悪感を抱くことが少なくなり、優しい気持ちで接することができます。

13.目を見て話す

物腰が柔らかい人の会話で印象的なのが、しっかりと目を見て話すということ。

そのため、真剣に話を聞いてくれているという印象を受けますし、嘘偽りなく接してくれる人だという印象も抱いてもらえます。

14.相手に合わせた立ち振る舞いをする

物腰が柔らかい人は、臨機応変に対応を変えることができる人です。

相手に合わせた立ち振る舞いをすることができるコミュニケーション力に長けている人だといえるでしょう。

相手の感情や考えを敏感にキャッチすることができるため、適切なコミュニケーションを瞬時にとることができます。

15.聞き上手


自分の話ばかりしてしまう人も多いです。

そのため、聞き上手の人というのは、少ないのが現実です。

物腰が柔らかい人は、自分の話をするよりも、他人の話を聞く方にまわります。

その方が、他人とコミュニケーションを取る上でスムーズであることを心得ているからです。

物腰が柔らかい人になる方法とは

誰しもが人から好かれる人間になりたいと思うもの。

そして、物腰が柔らかい人というのは、誰からも好かれる人間です。

では、物腰が柔らか人にはどうやったらなれるのか。

具体的にお伝えしていきましょう。

1.笑顔を増やすことを意識する

笑顔は他人との人間関係を構築するうえで、最大の武器です。

笑顔でいる人に対して、人は好印象を抱きますし、もっと仲良くなりたいと感じるものです。

そのため、笑顔を増やすことを意識しましょう。

鏡などを見て、笑顔の練習をすることで、スマートな笑顔ができるようになります。

2.人によって態度を変えない

先輩後輩、上司部下、また権力がある人…と誰しもが上下関係や力関係を意識して、態度を変えてしまうもの。

その態度を平等にしてみることも大切です。

とはいえ、目上の人に対して失礼な態度をするということではありません。

どんな人でも同じように対応しても不快に感じることがない自分になることが大切です。

3.心に余裕を持って感情的にならないようにする

人にやさしくするためには、心に余裕を持つことが大切です。

心に余裕がないと、人は感情的になり、知らずうちに感情を表に出してしまうようになります。

心に余裕を持つためには、時間的な余裕を持つこと。

また感情をコントロールするという意識を持つことが大切です。

4.自分に自信を持つ

まずは自分に自信を持つことが大切です。

そのために、自分の軸や考え方をしっかり持ち、確固たる自信というものを築きあげましょう。

自信を持つためには、外見を磨くことも大切ですがそれ以上に内面を磨くことも大切です。

誰に見られても恥ずかしくない自分となりましょう。

5.相手に興味を持つ

物腰が柔らかい人になるためには、相手に興味を持つことも大切です。

他人に対して無関心だと、コミュニケーションロスが起きたり、気遣いができないという状況が生まれます。

「この人はどんな人なのだろう。」と考えることで、ストレスのないコミュニケーションができるようになります。

まずは、相手に興味を持ってみましょう。

6.話すときに自分の話ばかりしないようにする

人はどうしても自分の話ばかりをしてしまいがちです。

しかし、物腰が柔らかい人になりたいのであれば、聞き上手になるということが大切です。

聞き上手はコミュニケーション上手。

他人とスムーズにコミュニケーションが取れる術です。

7.言葉遣いに気をつける

物腰が柔らかい人は、汚い言葉を使いません。

言葉遣いが丁寧で、綺麗な単語を使う事を意識しています。

言葉遣いが悪いという人は、まず言葉遣いから改善すること。

綺麗な言葉遣いになれば、それだけで他人に見られる印象が変わるはずです。

8.常に考える癖をつける

物腰が柔らかい人というのは、常に考えて言葉を発し、行動をしています。

何も考えず行動をしたり、発言をする癖はやめること。

相手が何を感じ、どのような状態でいるのかを考え、人に接する癖をつけましょう。

9.努力を続ける

物腰が柔らかい人は、自分を高める努力を常にしています。

自分のキャリアを実現させるために勉強をしたり、ジムで体を動かしたり、自分磨きを怠りません。

人に優しく接することができるために、自分を高める努力をしましょう。

また、努力を他人に見せないことも大切です。

「こんなに私は努力している。」ということを他人に自慢しても、あなたの価値は上がりません。

陰で努力ができる人間になること。

それが、他人からの評価にもつながります。

10.相手の意見を受け入れる

相手の意見を受け入れるということは、簡単に見えて、実はなかなかできないものです。

どうしても人は、自分の考えを曲げることができません。

しかし、物腰が柔らかい人になりたいのであれば、他人の意見を受け入れるという努力をすることが大切です。

自分の意見が正しいと感じても、きちんと意見交換ができて、お互いが納得できる状態にしましょう。

11.謙虚な姿勢を心がける

物腰が柔らかい人というのは、いつでも謙虚で、他人を立てることができる人です。

自慢をしたり、自分を大きくみせようとすることはなく、常に謙虚な姿勢でいること。

あなたがどんな人かは、他人が判断することです。

自ら「こんなにすごい。」というアピールをすることは逆効果になってしまいます。

常に謙虚でいる人こそが、他人から認められる人なのです。

12.愚痴や悪口を言わない

愚痴や悪口を言うと、いつか自分に返ってきます。

愚痴や悪口を言っているということは、自分も言われる立場になるという事を理解しなければいけません。

物腰が柔らかい人になりたいのであれば、愚痴や悪口を控えること。

マイナスな言葉を発すると、それだけで評価が下がってしまいます。

13.感謝の気持ちを忘れない

感謝の気持ちを忘れないということは、なかなか難しいもの。

「恩」を忘れてしまうことも多く、なかなか恩返し出来ていない人も多いのではないでしょうか?物腰が柔らかな人は、恩は忘れることはなく、きちんと恩返しをしようと考える誠実な人です。

感謝の気持ちを忘れないということは、それだけで、人間力を高めます。

14.感謝を伝える

些細なことでも「ありがとう。」を伝える人間になること。

感謝の気持ちを伝えられて、悪い気持ちになる人はいません。

感謝の気持ちをきちんと伝えられる人間になりましょう。

また、日本人は「ありがとう。」の代わりに「ごめんね。」と伝えてしまう人が多いです。

感謝の気持ちを伝えたいのでしょうが、言葉に感謝の気持ちが含まれていない単語です。

「ごめんね。」よりも「ありがとう。」を伝えられるようになりましょう。

15.相手のことを考えて行動することを心がける

物腰が柔らかい人は、常に相手のことを考えて行動をしています。

人が嫌がるような対応をしない。

悲しませるようなことをしない。

何かあったら手を差し伸べられる人間になる。

そんな志が、物腰の柔らかさに繋がっています。

物腰が柔らかくて親しみやすい人を目指そう!

物腰が柔らかい人というのは、とても親しみやすく老若男女問わずに好かれる人です。

信頼も高く、誠実な人だという印象を周囲に与えます。

キラキラしたオーラをまとっており憧れの存在でもあります。

物腰が柔らかい人になりたいのであれば、物腰が柔らかい人の特徴をまずは真似してみること。

意識して行動したり、発言をすれば、自然と物腰が柔らかい人へと近づいていけるはずです。

また自分に自信を持つために、自分磨くの努力を怠らないこと。

自分に自信がなければ、他人に優しくすることもできませんし、心の余裕を持つこともできません。

自分の魅力を高め、物腰が柔らかい人になり、親しみやすい人になりましょう!