CoCoSiA(ココシア)

物腰が柔らかい人の15個の特徴と、...(続き3)

3.心に余裕を持って感情的にならないようにする

人にやさしくするためには、心に余裕を持つことが大切です。

心に余裕がないと、人は感情的になり、知らずうちに感情を表に出してしまうようになります。

心に余裕を持つためには、時間的な余裕を持つこと。

また感情をコントロールするという意識を持つことが大切です。

4.自分に自信を持つ

まずは自分に自信を持つことが大切です。

そのために、自分の軸や考え方をしっかり持ち、確固たる自信というものを築きあげましょう。

自信を持つためには、外見を磨くことも大切ですがそれ以上に内面を磨くことも大切です。

誰に見られても恥ずかしくない自分となりましょう。

5.相手に興味を持つ

物腰が柔らかい人になるためには、相手に興味を持つことも大切です。

他人に対して無関心だと、コミュニケーションロスが起きたり、気遣いができないという状況が生まれます。

「この人はどんな人なのだろう。」と考えることで、ストレスのないコミュニケーションができるようになります。

まずは、相手に興味を持ってみましょう。

6.話すときに自分の話ばかりしないようにする

人はどうしても自分の話ばかりをしてしまいがちです。

しかし、物腰が柔らかい人になりたいのであれば、聞き上手になるということが大切です。

聞き上手はコミュニケーション上手。

他人とスムーズにコミュニケーションが取れる術です。

7.言葉遣いに気をつける

物腰が柔らかい人は、汚い言葉を使いません。

言葉遣いが丁寧で、綺麗な単語を使う事を意識しています。

言葉遣いが悪いという人は、まず言葉遣いから改善すること。

綺麗な言葉遣いになれば、それだけで他人に見られる印象が変わるはずです。

8.常に考える癖をつける

物腰が柔らかい人というのは、常に考えて言葉を発し、行動をしています。

何も考えず行動をしたり、発言をする癖はやめること。

相手が何を感じ、どのような状態でいるのかを考え、人に接する癖をつけましょう。

9.努力を続ける

物腰が柔らかい人は、自分を高める努力を常にしています。

自分のキャリアを実現させるために勉強をしたり、ジムで体を動かしたり、自分磨きを怠りません。

人に優しく接することができるために、自分を高める努力をしましょう。

また、努力を他人に見せないことも大切です。

「こんなに私は努力している。」ということを他人に自慢しても、あなたの価値は上がりません。

陰で努力ができる人間になること。

それが、他人からの評価にもつながります。

10.相手の意見を受け入れる

相手の意見を受け入れるということは、簡単に見えて、実はなかなかできないものです。

どうしても人は、自分の考えを曲げることができません。

しかし、物腰が柔らかい人になりたいのであれば、他人の意見を受け入れるという努力をすることが大切です。

自分の意見が正しいと感じても、きちんと意見交換ができて、お互いが納得できる状態にしましょう。

11.謙虚な姿勢を心がける

物腰が柔らかい人というのは、いつでも謙虚で、他人を立てることができる人です。

自慢をしたり、自分を大きくみせようとすることはなく、常に謙虚な姿勢でいること。

あなたがどんな人かは、他人が判断することです。

自ら「こんなにすごい。」というアピールをすることは逆効果になってしまいます。

常に謙虚でいる人こそが、他人から認められる人なのです。

12.愚痴や悪口を言わない

愚痴や悪口を言うと、いつか自分に返ってきます。