CoCoSiA(ココシア)

真剣交際とは?結婚相談所での真剣交際のルールと、破局してしまう20個の原因


昨今、婚活市場は広がりを見せてきており、婚活をしている人達は増えてきました。

少し前までは、恋愛結婚かお見合いが当たり前。

お見合いといっても知り合いからの紹介に留まり、婚活にお金を払うという人達は多くありませんでした。

しかし、最近では「婚活」にお金を払い、自分の理想の相手と結婚するため、プロの力を借りる人達も増えてきています。

特に「結婚」を目的とした場合、気になってしまうのは条件面ではないでしょうか。

恋愛結婚であれば、相手の条件面をこちらから探らない限りは知ることができません。

しかし、「結婚相談所」であれば、相手の条件面が最初から分かり、こちらから探る必要はありません。

そのため効率が良い「婚活」をすることができます。

今回のテーマは、結婚相談所の「真剣交際」についてです。

結婚相談所のシステムや、結婚相談所を使っても成就しないケースを徹底解剖していきます。

結婚相談所で耳にする「真剣交際」とは?

結婚相談所は、「お見合い→仮交際→真剣交際→成婚」という流れで動いていきます。

通常の恋愛と違い、結婚に目的を置いているため、結婚までのスピードが速いのが結婚相談所の特徴です。

また、プロの力を借りての交際、結婚となります。

恋愛に対して積極的ではない人も、第三者の力を借りて、交際、結婚へと進めるためスムーズに物事を進めることができるのが、結婚相談所の利点です。

結婚相談所での真剣交際のルール


真剣交際のルールとしては、候補者を一人に絞り、結婚を前提としたお付き合いをしていきます。

「結婚相手」として真剣に付き合いたいと考えた人に、「結婚を前提にお付き合いしたい。」と伝え、相手が受け入れることで、真剣交際が成立します。

相談所への定期的な報告

真剣交際を始める際のルールとしては、相談所にきちんと報告をしなくてはいけないということです。

真剣交際を始めてから、結婚までの進捗を、逐一報告をしていき、交際を進めていくのが条件となります。

普通の交際と違うのは、第三者の介入が真剣交際の段階でもあるということです。

第三者からアドバイスを受けつつ、結婚相手としてふさわしいか否かを判断し、お付き合いをしていくという流れとなります。

ファーストコール

仮交際をした後に、お付き合いをしたい…そこまではいかなくても、もう少し相手の事を知りたいと感じた場合、結婚相談所を介して、連絡先が伝えられ、男性から連絡がかかってきます。

ファーストコールをした時点で、本交際がスタートする流れです。

交際を断る際、直接本人に断ってはいけない

結婚相談所は、交際相手として様々な相手を紹介してくれる場所です。

そのため、異性と会う頻度は自然と高くなり、毎週、時には1日に数件会う場合もあります。

中には、出会った瞬間から候補から外れる人もいるでしょう。

しかし、結婚相談所のルールは、交際を断る場合は直接本人に伝えるのではなく、結婚相談所を介して伝えるのがルールです。

結婚相談所経由で断った方が角が立ちませんし、また、相手がなぜ断ったのか理由も明確にすることができ、次のアクションに活かすことができます。

交際期間も決まっている

結婚相談所は成婚するまでがとにかく早いのが特徴です。

結婚を目的としているため、ダラダラお付き合いをしないよう、交際期間も「3ヶ月」と決められています。

3ヶ月の間に、結婚まで進むか否かを判断しなければいけません。

万が一、3ヶ月経っても結論が出なければ、交際は終了し、次の相手を探すという段取りです。

お金の貸し借りなども禁止

当たり前ですが、結婚相談所を挟んでのお付き合いのため、お金の貸し借りは禁止です。

トラブルとなり、結婚相談所に迷惑をかけるような行為は慎む必要があります。

また、真剣交際まで進んだとはいえ、お互いを探っている状態です。

そのような相手にお金の貸し借りをするというのは言語道断です。

仮交際とは

本交際と違い、仮交際は、複数人の人と交際をすることができるシステムです。

通常であれば「浮気」となってしまいますが、結婚相談所では、結婚相手を効率的に探すため、掛け持ちしてお付き合いをすることが認められています。

仮交際をしていき、その中から結婚相手に相応しい人を見つけ、本交際をスタートします。

3ヶ月の間に、結婚をするか否かの判断をし、プロポーズをして成婚をするのが結婚相談所の流れです。

恋愛結婚と比べ、結婚までの道のりが非常に効率的であるのが特徴です。

真剣交際から破局してしまう20個の原因


真剣交際は、結婚までの一歩手前の段階です。