CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

結婚するには何をすべき?今からできるだけ早く結婚を実現する方法!

突然ですが、質問です。

あなたは何歳くらいで結婚すると思っていましたか?

25歳?30歳?

中学生や高校生のときには、何となく漠然と「大人になったら好きな人と自然と結婚するんだろうな~」と考えていましたよね。

しかし、気付けばいつの間にか自分も結婚適齢期に…

忙しい毎日を過ごしながら、ぼんやりと白馬に乗った王子様を待っていたけど、いつになったらやってくるの!?

こうなったら自分から動くしか無い!そう決心したあなたに!!

『今から最短ルートで結婚するには何をすべきか』

『結婚後も幸せな毎日を送るために考えるべき事柄』について、詳しくまとめてみました。

これを読めば、ハッピーな結婚生活に近づけること間違い無し!

今から一年以内に結婚したい?

さて、早速婚活を始めよう!と思っても、期限を決めずにやみくもに突っ走っても上手くいかないものです。

まずはゴールを定めて、そこから逆算して結婚プランを立てるようにしましょう。

ただし、いくらできるだけ早く結婚したい!と思っていても、お互いの家族への紹介や式場選び、友人たちへの案内などいろいろなことを考えなければいけません。

そうなると、やはり一年くらいの時間をかけて取り組む必要があると思います。

既にパートナーがいる方はもう少し早く実現するかもしれませんね。

これから相手を見つけようという場合は、お互いのことをよりよく知っていく期間も大切です。

では、今から一年以内に結婚するという目標を立てたとして、それを達成するためにはどういうことを考えれば良いのでしょうか?

そもそもなぜ、結婚したいの?

幸せな結婚を実現するには、まずは自分がなぜ結婚したいのか、その理由をもっと深く考える必要があります。

以下によくある理由をいくつか挙げてみます。

あなたの気持ちがどれに一番近いのか、少し考えてみてください。

相手を愛してるから?

やっぱり結婚する一番の理由は、「相手のことを心から愛しているから」ですよね。

愛しているからこそ、楽しいときはもちろん、悲しいこともお互いに分かち合い、支え合って生きていくことができます。

でも、「愛」って具体的にはどういう気持ちを指すのでしょう?

情熱的な恋愛感情をもっているだけで、相手のことを愛していると言えるでしょうか?

よく言われるのは、相手に求めることが恋で、相手に与えることが愛だということ。

それには何があっても相手を許せる器の大きさが求められます。

いいところだけを見ていていざ結婚しても、相手の気になるところは出てくるものです。

そんな時にも笑って許せる、そんな関係が「愛し合っている」と言えるのではないでしょうか。

あなたはパートナーを愛していますか?

ずっと一緒に暮らしたいから?

お互いに好き同士だったら、常に一緒にいたいと思いますよね。

デートが終わった別れ際、帰りたくない!と悲しい気分になります。

一緒に暮らしていればそんなさみしさともオサラバ!と考えてしまうのが普通です。

でも、何十年もずっと一緒に暮らすというのは、なかなか大変なことです。

お互い違う環境で育ってきているから、いろいろな生活習慣の違いに戸惑うこともたくさんあるかもしれません。

いざ一緒に住んでみると、トイレの電気はつけっぱなしにするし、服も脱いだら脱ぎっぱなし…

そんな相手への細かなストレスが溜まって、心身をすり減らしてしまうという話もよく聞きます。

一緒に住むというのは、実は楽しいことばかりではないということです。

相手への思いやりや、いろいろな違いを受け入れて自分の中で消化する柔軟性が必要になるんです。

世間体のため?

男性にはこの理由が多いのかもしれません。

女性でも一定の年齢になると、家族や親戚などから「まだ結婚しないの?」という無言の圧力を感じることがありますよね。

自分自身はそれほど焦っていなくても、周りから言われ続けるとなんとなく居心地が悪いものです。

でも、娘が結婚して早く落ち着いてほしい、早く孫の顔を見たい、という親の気持ちも分かるものですから、ジレンマに悩んでしまいますよね。

最近は初婚の年齢が上がってきています。

一昔前に比べれば独身女性に対する風当たりはそれほど強くはなくなってきているのです。

ページトップ