CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

最近妻が夫に冷たくなった理由20個。男は気付いてないけど、こんな理由があるんです


最近なぜか妻が自分に冷たい。

そう悩んでいる人はいませんか。

今回はそんな男性のために、妻が冷たくなった20の理由と解決方法をお伝えします。

一度は永遠を誓い合った仲ですから、解決方法を見つけて仲の良い2人に戻りましょう。

この記事の目次

妻が冷たくなった、考えられる理由20個

ここでは妻が冷たくなった理由を20個お伝えします。

冷たくなった理由にはちゃんとした訳があります。

しかし男性は、何故そうなったのか知らずにいる人が多いです。

早めに修復して、問題が大きくならないうちに解決を目指しましょう。

1.疲れている

疲れてしまうと、笑顔でいるのが難しくなります。

その様子が夫から見ると「冷たくされてる」と思ってしまうのかもしれません。

共働きなら、疲れているのはお互い様だと思っておきましょう。

そしてそんな時は優しく接してあげてください。

2.家事が忙しい

家事を女性に全て任せていませんか?働いている女性なら、朝起きた瞬間から忙しいです。

帰ってきても掃除、夕飯支度、子供がいたらお風呂も入れなきゃいけません。

とてもじゃありませんが、夫に笑顔を向けている暇はありません。

3.子育てでていっぱい

子供がいるなら母親の悩みは尽きません。

学校で何か問題があったり、成績が悪い、不登校などがあれば、心配が24時間離れず暗い表情になってしまうでしょう。

子供問題は夫婦2人の問題ですので、じっくりと話あってみましょう。

妻の胸の苦しみを半分にしてあげてください。

4.生理前・生理中

女性は、生理前・生理中になると気分が落ち込んだり、体調が悪くなることがあります。

これを総称して「月経前症候群(PMS)」と呼び、酷い人になると腹痛が酷く動かなくなることも。

この時期は、男性に優しくすることは不可能に近いです。

5.産後のガルガル期

女性は出産した後、自分の子供を守ろうとする本能から、性格が攻撃的になる場合があります。

これを「ガルガル期」といい、産後一ヶ月くらいで収まるのがほとんどです。

そばにいる人は辛く当たられるかもしれませんが、出産した方も体力が戻っていないので、一ヶ月ほどは優しい目で見守ってあげてください。

6.悪気は無いけど、傷つける言葉を言った

知らないうちに傷つけることを言っていませんか?「最近太った?」など容姿のことを言ったり、子育てで忙しいのに「もっと家を片付けて」と言ったり…。

女性はとても言葉に敏感です。

発言は気をつけるようにしましょう。

7.昼間嫌なことがあった・仕事で不安なことがある

女性だって職場に行けば嫌なことがあります。

嫌な上司や、意地悪をしてくる同僚もいるでしょう。

妻が働いているなら、「最近仕事どう?」と聞いてみてください。

いろいろ愚痴を言うかも知れませんが、言えばスッキリして笑顔が戻るでしょう。

8.誕生日・記念日を忘れてる

奥さんの誕生日や、結婚記念日を忘れていませんか。

記念日がないと女性は悲しくなってしまいます。

あっと驚くようなサプライズは要りませんので、ちょっとしたプレゼントをあげてください。

それだけでも嬉しいものです。

9.最近の夫婦喧嘩を引きずっている

最近した喧嘩の内容を思い出してください。

妻側が折れている場合はありませんか?妻は険悪さに耐えきれず、本当はあなたのことが許せないけど、仕方なく許している場合があります。

その場合、後で怒りがこみ上げてきて冷たくなることもあります。

10.姑との確執がある

夫は気づきにくいですが、妻と姑の間には何かしらの確執があるものです。

小さな嫌味を言われたり、望んでいないことを押しつけられたりしていませんか。

妻は嫌だと思いながらも、夫には言えずにいるものです。

そしてストレスが溜り、夫に冷たくなることもあります。

11.妻に甘えすぎ

夫婦はスキンシップが大事!と思って、奥さんにベタベタ触っていませんか。

「疲れたよ~」と言いながら抱きついたり、何か作業をしている時に後ろからハグしたり…。

たまになら良いですが、疲れているときにされるとイラっと来るものです。

時と場合を選んでからにしましょう。

12.夫を異性として見ていない

結婚も3年くらい経てば、ラブラブな気持も落ち着いてきて、夫を男性として見なくなってきます。

ましてや子供が生まれたら尚更でしょう。

少し寂しい気もしますが、仕方ありません。

この現象はどの家庭にもあることです。

13.夫が不潔

いつの間にか奥さんの前で、緩んだ格好になってはいませんか。

一日中スエットの上下でいたり、髪もボサボサなんてことはないでしょうか。

せめて最低限の清潔感を保っていないと、奥さんに呆れられるのは当然のことです。

14.夜のスキンシップに満足していない

付き合っていた頃はセックスも情熱的だったのに、結婚してから淡泊になっていませんか。

ほとんどの女性は、この不満を口に出すことができません。

そして不満が積もっていき、いつしか2人の間に溝が出来てしまうのです。

15.1人の時間が欲しいのにない

子供を産めば母親。

母親は子供いるのが当たり前、そして子供といるのが幸せ。

そう思い込んでいませんか。

けしてそんな事はありません。

1人でカフェに行ったり、友人とおしゃべりしたいと思っています。

せめてほんの30分でもいいので、散歩などに行かせてあげましょう。

それだけでも心が穏やかになります。

16.夫の浮気がバレた

奥さんが冷たくなる最大の原因だと言ってもいいでしょう。

浮気はどうしてもバレてしまうものなのです。

もし心当たりがあるなら、直ちに浮気はやめて奥さんの元に戻りましょう。

バレていないと思っているのは男だけです。

17.借金がバレた

最近はクレジットカードの請求書は、郵送では無く、インターネットで見れるようになったので、金額も内訳も本人しか分らない場合があります。

しかし毎月支払う段階で、給料から当てたりボーナスで支払っていると、当然奥さんにバレます。

金銭関係のトラブルは、夫婦の絆を壊してしまうのです。

もし借金があるなら早めに対処しましょう。

18.本当の性癖がバレた

誰にでも性癖というものがあります。

しかしそれは女性からすると、不愉快なものです。

例えば夫がロリータマニアだった、SM好きだったなどを知ると愕然としてしまうでしょう。

ネットでアダルトサイトを見たとしても、閲覧履歴は消すようにしてください。

19.夫の給料が安い・生活が困窮している

給料が安くて生活が困窮していると心に余裕が無くなってきます。

愛があれば最初のうちは乗り切れますが、お金がないとどうしても不安になってしまうものです。

20.妻が不倫をしている

あまり考えたくないですが、奥さんが不倫をしている可能性もあります。

女性は好きな男性以外には冷たくなるものです。

しかし、すぐに不倫を疑ってはいけません。

この場合はちゃんと証拠を押さえてから、策を考えましょう。

夫婦関係を改善する方法10個

ここまで妻が冷たくなる理由を20個お伝えしましたが、心当たりはあったでしょうか。

ここからは、冷たくなった妻との仲を、元通りにするための改善策をお伝えします。

これからも2人で生きて行きたいという誠意を、奥さんに伝えてから改善していきましょう。

1.話し合う

妻が冷たくなったなと感じるのが3日ほど続いたら、まずは話し合いましょう。

その時は、優しく語りかけるように「話がしたい」と気持を伝えてください。

まずは自分の気持ちを伝えてください。

冷たくされて悲しかった、寂しかった。

でもそれには君なりの理由があったはずだと言って、話を進めてください。

2.第三者を挟んで話し合う

第三者を入れることで、お互い冷静になり改めて自分たちの姿を知ることができます。

第三者は、公平な考えでいてくれる人が理想的です。

弁護士や夫婦カウンセラーなどを頼ると良いでしょう。

3.共通の友人に妻の心情を聞いてもらう

夫と妻の共通の友人に、妻が何か言ってなかったか聞くのも1つの手です。

なかなか「あなたのことを○○だと言っていた」と、話してくれないかも知れません。

でも夫婦関係が悪すぎていたら協力してくれる可能性もあるでしょう。

4.妻の両親に相談してみる

あまりにも夫婦間に溝が出来ているようでしたら、妻の両親に相談してみましょう。

自分はこれからも一緒にいたいから、力を貸して欲しいとお願いしてみてください。

義両親なら自分の娘の性格などを考慮して、アドバイスしてくれるはずです。

5.ありがとう・ごめんなさい、あたりまえの言葉を言う

感謝の言葉を忘れていませんか。

「ありがとう」の一言でもいいのですが、「○○をしてくれてありがとう」と具体的に言いましょう。

感謝されることで、人は自分の存在価値を確認できるからです。

6.たまにはデリバリーする

今日何食べる?と聞かれて「簡単なものでいいよ」だなんて答えていませんか?簡単なものでさえ作るとのが大変な時があります。

そんな時はデリバリーをしちゃいましょう。

そう言ってくれるだけで、妻は体も心も安まり笑顔が出てきます。

7.自分の事は自分でする

自分の事は自分でする。

これだけで妻は大助かりです。

食べた食器を下げる、そして洗う。

洗濯物も自分でしましょう。

理想的なのは家族のも洗ってあげることですが、仕事で時間がなかったりしますので、自分の分だけでもしておきましょう。

8.1人の時間を作ってあげる

出来ることなら、1人の時間を作ってあげましょう。

子供がいるなら自分が引き受けて面倒を見てあげてください。

四六時中子供のお世話をしていると、気が滅入ってしまいます。

1人の時間を作ることで、最近の自分を見つめ直してスッキリした気持で笑顔戻ってきますよ。

9.妻のしたいことを聞いてみる

何かしたいことがないか聞いてみましょう。

もしかしたら、何か資格を取りたい、学校に行きたいなどと、考えているかも知れません。

もしあるなら協力してあげましょう。

本人はやりたいのに、なかなかする時間が無くて諦めているのかもしれません。

否定はせず共感する心で聞いてあげてください。

10.愛してるを伝える

照れずに愛してるを伝えてください。

男性は、自分の気持を伝えるのは恥ずかしいと言いますが、女性は言葉が欲しい生き物なのです。

そして自分の欲しかった言葉を言ってくれると、とても喜ぶのです。

そして、女性は愛されている自覚が芽生えて、あなたを大事に思うでしょう。

どうしても和解できなかったら

妻が冷たくなった理由を色々考えて、改善策も考えて行動してみても良くならなかったら、もうどうしようもありません。

次の2つのことを視野に入れておきましょう。

1.時間をかけて2人の生きる道を考える(離婚・別居)

夫婦生活が上手くいかないなら、離婚や別居を考えるのは仕方ありません。

まずは別居から初めてみましょう。

離れて暮らしてみて、ようやくお互いの心が見えてくることもあります。

しかし子供まだ小さいと、生活費も二重になってしまいますので、よく考えてから話を切り出してください。

2.夫婦はこんなものだと思う

何年も一緒にいると、自然と会話がなくなるものです。

それを平穏と思うか、冷めていると思うかはその人次第です。

たまにテレビなどで「私たち、結婚して20年経ってもラブラブです」という夫婦を見ますがそれは希です。

妻に冷たくされるのは寂しいですが、相手が離婚を切り出してこない限り、夫婦はこんなものだと思っていてもいいでしょう。

まとめ

妻が冷たい態度をとる理由は見つかったでしょうか。

そして改善のヒントはありましたか。

一度は愛を誓い合った2人ですから、きっと改善策は見つかるはずだと信じたいですよね。

もしこの記事を読んで、2人の仲が改善された時は、もう二度と2人の間に溝が出来ないように、日頃から努力が必要だと心がけておきましょう。

ページトップ