「こんな妻はヤバイかも!?」なんて想像してみたことありますか?

こちらでは、そんなヤバイ妻の特徴についてお伝えしていきます。

「最近、旦那の気持ちが離れていっている気がする…。」と思っていたり「旦那から別れを切り出されそうな雰囲気がある。」なんて時は危険信号かもしれません。

夫がドン引きしてしまう妻の行動や、妻の発言などを詳細にご紹介していきます。

旦那に対する接し方や、愛される妻になるための秘訣やポイントも併せてご紹介していきます。

夫婦2人がいつまでも仲良くしているためにはどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか?

あなたが、知らず知らずのうちにしている旦那に対してヤバイ行動を一つ一つ見直していきましょう。

夫はドン引き!ヤバイ妻になっていませんか!?

夫がドン引きしてしまうくらいヤバイ妻になっていないか、チェックしていく必要があります。

ヤバイ妻になることで、夫から愛されることもありません。

この記事を読んでいると言う事は、少なからず心のどこかで「夫から愛される妻になりたい」と言う願望が眠っているはずです。

夫婦2人がいつまでも仲良くできるためには、妻の在り方はとても大切です。

夫といる毎日が、当たり前になり気を使わなくなってしまっているのであれば、それ自体が危険信号なのかもしれません。

夫はあなたの所有物ではありません。

夫はあなたのパートナーなのです。

2人が力を合わせて素敵な家庭を築くための誓いをした相手だということを忘れないでくださいね。

ヤバイ妻の12個の特徴とは

それではここからは、ヤバイ妻の特徴についていくつかご紹介していきます。

こちらの項目に当てはまる項目が多いほど、あなた自身がヤバイ妻になってしまっている可能性が高いと言えるでしょう。

また、当てはまる項目が少なかったものの、いくつかの項目に当てはまってしまった…。

と言う場合はその項目をよく見直し改善していかなければなりません。

ヤバイ妻になってしまうことで、旦那から距離を置かれるだけでなくお子様や周りの人から距離を置かれてしまっている可能性も考えられます。

ここは、しっかり今の自分の行動や発言を見直し、ヤバイ妻の要素があれば少しでも排除していくことをおすすめします。

まずは、あなた自身がヤバイ妻になっていないか確認していきましょう。

束縛魔

常に夫を監視していませんか?過去に夫の浮気や不倫が原因だったのかもしれません。

それでも、束縛してしまう姿は見ていて清々しいものではありません。

束縛してしまう事は相手を追い詰めるだけでなく、あなた自身も追い詰めてしまっています。

つまり、相手が今どこで何をしているのかとても気になる場合、そんな不安な気持ちでいるあなた自身は開放的と言えるでしょうか?

常に相手が自分を傷つけるような行動していないか?

などぐるぐると心の中を駆け巡っている事でしょう。

仮に、これまで1度も夫が浮気や不倫をしたことがないにもかかわらず束縛をしてしまうのであれば、夫のことを信用していない妻になります。

何もないのに浮気や不倫を疑われていては夫としてはたまったもんじゃありません。

今すぐ心と行動を改め、束縛することをやめるようにしてください。

自己中心的


「自分はいいけど、夫はダメ」なんて、かなり自己中心的な考えになっていませんか?そんな自己中心的な考え方は、いずれ破滅に向かっていきます。

自分のことを棚に上げ相手のことを責め立てたり、自己中心的な行動や発言は周りの人も嫌な気持ちにさせてしまいます。

特に、自己中心的な人になりやすいタイプの女性の特徴としては、「わがまま」「自分が主導権を握りたい」「自分の思うようにならないと気が済まない」などといったタイプがあげられます。

自己中心的なタイプは、自分を客観的に見ることもできません。

端から見たときに、「それっておかしくない?」なんて思われていることにも気が付きません。

定期的に自分の心を見直すことと、客観的に物事を捉えられる考え方は必要です。

お金遣いが荒い

お金の使い方が荒いことで、夫に心配をかけていませんか?

必要な時にお金がなかったり、金遣いが荒いことで夫からヤバイ妻と思われていることがありそうです。

いつもクレジットカードを数枚所有していたり、旦那の小遣いを減らして自分の好きなものにお金を使っていたり…。

そんな姿を間近で見ていれば、生活が不安に感じたり、一緒に暮らしていけるか?などの不安に陥ることも考えられます。

ある程度余裕を持ち金銭管理をしっかりとしてもらいたいところです。

金銭管理能力がしっかりしている奥様であれば、安心して旦那様も一緒に過ごしていけることでしょう。

毎月の支払いに追われていたり、毎月の支払いが間に合っていないのであれば、やはり金銭管理能力が低いと言えるでしょう。

貯金できない

貯金できない原因はなんですか?

これまで使った支払いをよく観察し、どこでお金を使いすぎてしまっているのか確認しなければなりません。

例えば、クレジットカードを数枚所有しているのであれば、クレジットカードからの引き落としが多くなってしまっていることも考えられます。

クレジットカードは目に見えないお金ですので、自分がどれだけ使ったのかが分からなくなってしまいます。

そのため、毎月「こんなにも使用してしまった!」なんて慌てることもありません。

まずは実に見えるお金と実に見えないお金の支出と収入の割合を見直していくようにしてください。

そこから必ず貯金できる金額を割り出し、小額からでも貯金していくことをおすすめします。

ギャンブルが好き

特にギャンブルが好きで、週に何回かパチンコに行っていたり、競馬やスロットなど様々なジャンルのギャンブルに手を出してしまっているなんてことはありませんか?

ギャンブルが好きなこと自体は悪くありませんが、ギャンブルに投資する額が多すぎることに問題があります。

自分自身で使えるお金をきちんと管理し、それの範囲内で楽しむようにしてください。

確かに、ギャンブルは一括千金なところがあり、儲けたときには金額が大きいものになりますが、負けた時の損失が大きいものになると、生活することが難しくなります。

先ほどもお伝えしましたように収支のバランスがとても大切です。

収入に見合った支出で楽しむようにしてください。

精神的に不安定

常に精神的な不安定の妻は、夫がいつも顔色伺っていたり機嫌を伺わなければなりません。

いい時はすごく良くても精神的に不安定になることで旦那に当たり散らしたり、子供に当たり散らしたり、周りの人に不快な思いをさせてしまうことがあります。

言葉の暴力や体の暴力はもちろんのこと、あなた自身の精神的な不安定な面が大きすぎることで、周りの人を振り回してしまわないよう気をつけなければなりません。

常に心と体のバランスを整えるようにして、少しでも心が不安な時は誰かに打ち明けたり、病院に通うなどすることをおすすめします。

家族や周りの人ではどうにもできないこともたくさんあります。

自分自身でも精神的に不安定な面をどうにかしたい気持ちになるのであれば、きちんとその部分と向き合わなければなりません。

夫を見下している


そもそも、夫を見下している妻はヤバイ妻です。

夫=妻のステージと言っても過言ではありません。

夫に対して「こんなこともできないの?」などと言ってみたり、馬鹿にしている態度は、まさにあなたが周りから思われている評価につながることもあります。

そのご家庭により夫婦のバランスは様々ですが、極端に夫を見下しているご家庭の場合、夫を見下している以上にまわりからはヤバイ妻として見られていることも考えられます。

夫を見下すのではなく、夫の存在があることであなた自身はどうなのか?

を見直し、夫をサポートし続けることで周りからあなたに対する評価かも良くなるのです。

「うちは夫がダメだから…。」と言う発言自体がヤバイのです。

だって、その夫を選んだのはあなたでしょ?って話になります。

つまり、あなたの見る目が無いとおもわる事があります。

まずは、夫の批判をするのではなく、あなたが夫の足りないと感じる部分をサポートし、外では夫を褒めるようにすると「いい妻」として見られるようになりそうです。

女としての魅力がない

そもそも、「女としての魅力がない」妻はかなりヤバイ妻になります。

女としての魅力がないと言う事は、妻として見られていない可能性もあります。

まずは、女としての魅力がない女性に対してどのような特徴があるのかお伝えしていきます。

もし、1つでも当てはまるのであれば早急に改善していくことをおすすめします。

裸でウロウロする

お風呂上がりなのに、裸でウロウロしていませんか?

女性は、少し恥じらいがある方がしおらしく可愛らしいと思えるところがあります。

しかし、「お風呂上がりにすぐにビールを飲みたい!」「化粧水をつけなきゃ!」なんて気持ちから、冷蔵庫に直行している姿は、なんとも情けない姿に見えてしまいます。

また、裸でウロウロしている姿は、野生本能丸出しの動物のように見えてしまいます。

これでは、女性に感じられるところがドン引きされてしまう原因になってしまいます。

裸でウロウロするのではなく、裸になった後もタオル1枚巻くなど女性らしい行動を心がけておきましょう。

化粧しない

どこかへ出かけるときだけ化粧しているのでは、女性的に魅力が感じられなくなることもあります。

いつも、きれいにしている姿は心のどこかで旦那様を喜ばせているのかもしれません。

いつもすっぴんでいる人や、特に何もなければ化粧しないと言う人も多いかもしれません。

それはそれでいいと思いますが、「女性らしさ」を考えたときに少々物足りなさを感じます。

化粧しない日を決めて、毎日素敵な化粧で旦那様を喜ばせることも大切です。

いつも、すっぴんで髪の毛もボサボサであれば、好きな気持ちが薄らぐ事はもちろん、女らしさを感じない妻になっていることもあります。

化粧は、女性的な魅力をアップさせるだけでなく、旦那様を密かに喜ばせているということを忘れないでくださいね。

ゲップやおならをする

旦那さんの前で平気でゲップやおならをしていませんか?

結婚歴が長くなればなるほどお互いに空気のような存在になり、ゲップやおならをしてしまうことが当たり前になっていることも考えられます。

しかし、ゲップやおならをすることで女性らしさが欠けていると思われることもあります。

中には、「自然体でいいんじゃない。」なんて言う意見もありますが、自然体すぎて女を忘れてしまうこともあります。

ゲップやおならをしてしまう恥じらいがある方が、男性にとっては「かわいい」と思われる一面であったり、夫婦2人が仲良く過ごしていける秘訣になることもあります。

不潔

奥様の服装や、容姿が不潔に見えるのであればかなり危険信号になります。

「不潔」は、男女に共通してモテない要素の1つになります。

「別に、結婚しているのだからモテなくていい。」なんて思っているかもしれませんが、やはり清潔感のある服装は誰が見ても好印象に見えます。

たとえ、夫の前ではちゃんとしていなくても、1歩外に出れば素敵な清潔感のあるファッションを心がける妻なら、誰に紹介しても恥ずかしくないような奥様に見えることでしょう。

太っている

最近では、ぽっちゃりしてる方が健康的でかわいいのではないか?

などと言う人の意見もありますが、基本的に太っている女性は、女らしさと言う面では少々欠けている気がします。

太っていることで幼児体型に見えたり、ぽっちゃりしている事でよく食べ食にはうるさかったり…。

一緒にいても疲れ果ててしまいますよね。

やはり、自分の奥様であればいつまでも美しくスリムな体型を保っていてほしいと思うものです。

また、誰に会っても自慢できるような妻でいて欲しいと世の旦那様が思っている事は忘れないでくださいね。

全て管理したがる

お金の事や、予定、計画などすべてのことを管理したいと思う気持ちこそが、ヤバイ妻なのかもしれません。

全てを管理したがることで、自分の支配下に置きたい気持ちが強いと思われてしまいます。

自分が全てを把握しておきたいのであれば、他の方法をお勧めします。

全て管理したがる態度や対応は、「わがまま」や「傲慢」と思われてしまうことがあります。

なぜ、全てを管理したい気持ちになるのですか?

自分の利益ばかり求めていては、周りを納得させることができません。

全てを管理したいのではなく、家族みんなが心地よく過ごせるように管理する方がよっぽど良い奥様に思われることでしょう。

夫を必要としていない

夫を必要としていない姿は、夫を見下していたり馬鹿にしている姿に見えることがあります。

「私は1人でも生きていける」なんて言っていたり、思っていたりしませんか?

たとえそれは言葉に出していなくても、態度や仕草で旦那様に伝わっていることがあります。

夫を必要としていない冷たい態度や、対応はヤバイ妻となって周りから見られていることも考えられます。

あなた1人で経済的自立や、考え方自立ができているのかもしれません。

また、多少夫に対して「頼りない」と思っていても、夫婦2人が一緒にいるという事は、夫を必要としていない姿は端から見ていて清々しいものでもありません。

夫を必要としていないと思うのではなく、夫が必要だからこそ一緒にいる意味があると思うように考え方を変えてみてはいかがでしょうか?

家事が嫌い

そもそも、あなた自身が家事が嫌いなことで夫とケンカになってしまっていませんか?

家事が嫌いなことで、すべてを夫に押し付けてしまっていたり、家事を放棄することで夫に押し付けていたりするのであれば、それはヤバイ妻になります。

家の中でも役割分担はとても必要なことになります。

きちんと家の中でも役割分担されていることで、それぞれに意味があり、また協力し合う体制を整えることができます。

家事が嫌いだからと言う理由だけで、すべてを夫に押し付けてしまっていれば、嫌なことをやりたくないただのわがままになります。

いちど、自分自身がきちんと家事ができているか見直すことと、旦那様に頼り切っている部分があれば、自分自身でできるよう心がけていきましょう。

片付けが嫌い

そもそも後片付けや、片付けの行為が嫌いな場合、旦那様に押し付けてしまっていることが考えられます。

あなたにお子様がいておもちゃで遊んだ後は、お子様にも「お片づけはしましょうね。」と話している事かと思います。

しかし、口では子供にも片付けを促しているにもかかわらず、自分自身が片付けが大嫌いなのであれば、当然あなたが見本になる事はありません。

きちんと整理整頓や片付けができることで、親としての役割や見本を見せることができるのです。

家が散らかっていては、心も落ち着かず散乱してしまうこともあります。

まずは、きれいなお部屋になるよう整理整頓することと、片付け嫌いを克服しなければなりません。

料理ができない

料理ができなければ、まずは簡単なお料理から始めてみましょう。

お料理ができないと言っていてはいつまでたっても、お料理ができる事はありません。

誰もがはじめは、お料理ができないところからスタートしています。

誰かに教えてもらったり、自分で調べたりしながら、何でも身に付け覚えていくものです。

料理以外にも「できない」と言ってやらない事はありませんか?

それは、「できないこと」ではなく、「やらないこと」なのかもしれません。

誰もがみんな初心者で、できないところからのスタートです。

やればそれなりにできるようになります。

いい妻や奥様、またお母様になるためにも「料理ができない」と言っているのではなく「料理ができる」と胸を張って言える位までに成長してみてはいかがでしょうか?

ライバル意識がある

夫に対してライバル意識がある奥様は、少々めんどくさく感じられることでしょう。

ライバル意識があり、お互いに切磋琢磨できる関係なら問題はありませんが、ライバル意識が強すぎることで、喧嘩になったり摩擦が起きたりするのであれば家庭内で問題になりそうです。

ましてや、子供の見ている前で教育の方向性や、しつけの仕方などについて喧嘩している姿は子供にとっても見せられたもんじゃありません。

ライバル意識がある事は悪い事ではありませんが、ライバル意識が強すぎることがやはり問題になります。

夫婦と言う形はライバルではなく、お互いに協力し合う姿が本来の姿ではないでしょうか?

ちょっとしたことでヒステリーを起こす

ちょっとしたことでヒステリーを起こしてしまうようであれば、常に旦那様があなたに対して気をつかっているのではないでしょうか?

さらに、お子様がいる場合、ちょっとしたことでヒステリーを起こすことで子供に心配させてしまうこともあります。

ちょっとしたことでイライラしたり、周りに当たってしまうような行動は、性格だけの問題ではなさそうです。

女性のホルモンが関係した病気の可能性もありますので、病院に行くことも必要かもしれません。

最近イライラすることが多いなと感じたり、体が疲れやすかったり、睡眠不足のかの迫ります。

まずは体をゆっくりと休め、リラックスできる状況を作るようにしてください。

酒乱

お酒が好きな事は良いのですが、酒乱のように、お酒に飲まれるタイプは少々厄介です。

また、お酒を飲むことで人が変わったようになる女性や、お酒を飲むと手をつけられなくなる女性の場合、ヤバイ妻と思われてしまうことがあります。

特に、お酒を飲んで記憶がなくなってしまう場合、普段あなたが思っていることや思っていないことなど様々なことが飛び出してしまうこともあります。

もし、少しでも自分がお酒を飲むと心配だな…。

と思うところがあれば、お酒の量を減らすか、禁酒にしてもよさそうです。

いい妻になる秘訣教えます!

さて、これまではヤバイ妻についていくつかご紹介してきましたが、ここからは「いい妻」になる秘訣を教えます。

いい妻になるためにはどのようなことに気をつけなければならないのか?

また、いい妻になるための秘訣を知ることで、夫婦2人の仲が良くなるだけでなく、あなた自身がヤバイ妻から卒業することができそうです。

夫を尊敬している

まずは、旦那様のことを尊敬してみましょう。

「尊敬するところがない」と言っている時点で、ちょっぴりやばいです。

あなたが、結婚を決めた時、旦那様に対してどのような気持ちがありましたか?

特にさずかり婚の人の場合そんなことを考える暇がなかったのかもしれません。

しかし、心のどこかで旦那様のこと「いいお父さんになりそうだ」なんて思う時期もあったのではないでしょうか?

すごく些細な事でも構いません。

旦那様の尊敬できる部分を見つけ出してみましょう。

笑顔が可愛い

笑顔の可愛い奥様は、やはり夫から好かれる妻になります。

「可愛らしい」「愛嬌がある」「天真爛漫」などと言うキーワードは、魅力的な女性に多いキーワードになります。

いつも夫の前で、むすっとしていたり、不機嫌な態度や対応、可愛くない仕草はヤバイ妻の特徴になってしまいます。

いつも爽やかな笑顔で、可愛らしい妻を演じることも大切です。

甘えさせてあげる

ときには旦那様を甘えさせてあげましょう。

普段、旦那に対して少々厳しい奥様なら、ときには旦那様を甘えさせてあげることで素敵な奥さんに見えるところもありそうです。

人は、鞭だけでは頑張ることができません。

時々飴があるからこそ、頑張ることができることを忘れないでくださいね。

女性としての魅力がある

女性としての魅力のある奥様は、やはり自慢のできる素敵な奥様になります。

ヤバイ妻の特徴をご紹介してきましたように、女性としての魅力がない奥様は、自分の友達や知り合いなどに紹介するのが恥ずかしいレベルになってしまいます。

では、女性としての魅力がある奥様とはどのような奥様なのでしょうか?

髪の毛がつやつやしている

髪の毛がつやつやしていて、髪の毛の先まで手入れがきちんと整っている奥様は、やはり魅力的に感じます。

たとえナチュラルメイクのような薄化粧でも、髪の毛がサラサラしていてつやつやしている姿に、多くの男性や周りの人たちが「素敵な奥様だな…。」と感じることでしょう。

逆に、起き手をしっかりしていても髪型がボサボサだったり、寝癖が残ってるような奥様であれば、残念な印象に見えてしまいます。

可愛くネイルをしている

可愛くネイルされている爪先を見ると、女性らしさを感じます。

爪先がボロボロで汚かったり、あかぎれでガサガサな手先では、女性らしさを感じられません。

きちんと手先足先のお手入れはもちろんのこと、可愛くネイルしていることで、女性としての魅力も格段にアップすることでしょう。

化粧をちゃんとする

どこに行くにも、きちんとした化粧する事は、誰にあっても恥ずかしくない姿になります。

いつもすっぴんでうろうろしていたり、外出するにも化粧なしで出かけられる気持ちがやばいのかもしれません。

きちんと化粧する事は、誰にあっても恥ずかしくない姿になります。

きちんと化粧することを心がけ、できるだけすっぴん姿は見せないように心がけましょう。

自立している

自立している姿は、冷たい姿ではありません。

誰かに依存していたり頼りすぎていることで、精神的に不安定になることもあります。

きちんと自立している姿は、優しさと強さが両方備わっているように見えます。

むしろ、優しさと強さがあるからこそ自立して生きることができるのです。

もし、誰かに依存していたり精神的に不安定になると感じているところが、少しでもあれば自立していけるよう、改善していきましょう。

家事が好き

特に、家事が好きなことで家族を喜ばせてあげましょう。

家事が好きなことで旦那様の負担がいるだけでなくお子様たちも健やかに成長していけることでしょう。

家事が嫌いな奥様は、家のことが何もできないと言う印象を与えてしまいます。

また、旦那様が家事をしているおうちは、特に「できない奥様」の印象になりますので気をつけなければなりません。

料理好き

料理を作るのが嫌いな人の場合、美味しいお料理で家族を喜ばせてみてはいかがでしょうか?

おうちで食べる料理がおいしいものなら、外食せずに済むことがあります。

また、外食は味付けが濃かったり、たくさんの添加物を使用していることも考えられます。

家で食べるお料理が美味しく、健康で安全なものなのであれば、当然家でご飯を食べさせたい気持ちになりますよね。

整理整頓が上手

整理整頓が上手なことで、どこに何があるのかがよくわかる家になります。

また、整理整頓されていることで、お部屋が散乱していることもなく、落ち着いて過ごすことができます。

時々、「お部屋が散らかっている方が落ち着く。」なんて言われる方思いますが、急な訪問者やお客様に対して散らかった部屋を見せるの恥ずかしくありませんか?

「そんな人は呼ばない」なんて言ってみても、人の手入りしない家なんて寂しく感じませんか?

綺麗好き

きれい好きな人は、綺麗な人が多い印象になります。

お部屋が散らかっていて、自分の表面だけきれいにしていてもいつかボロが出てしまいます。

きれい好きは、お掃除することが好きだったり、丁寧に物を扱う事から、自然と周りの人を大切にしているところもあります。

そんなきれい好きの人には周りからの信頼や好感もいい人なのかもしれません。

コミュニケーション能力が高い

コミニケーション能力が高いことで、周りにいる人たちを喜ばせたり楽しい気持ちにさせることがあります。

コミニケーション能力が高い事は、どこに連れて行ってもきちんとした対応のできる奥様になります。

逆に、どこに連れて行ってもむすっとしていたり、愛想のない奥様の対応であれば、周りの人もそんな奥様の姿を見て「ヤバイ妻」と思うようになりそうです。

やはり、コミニケーション能力が低いいつもより、高い妻になる方が周りの人たちからの評価も格段に上がることでしょう。

ヤバい妻と思われないように!!

いかがでしたか?

ヤバイ妻の特徴についていくつかご紹介してきましたが、あなた自身に当てはまる項目はいくつありましたか?

当てはまる項目が多ければ多いほど、周りからも夫からも「ヤバイ妻」と思われている可能性が高いでしょう。

しかし、自分のことを客観的に見ることができ、反省することができれば、後は改善していくだけです。

そこができていなければ、いつまでもヤバイ妻と思われてしまうことでしょう。

ヤバイ妻に思われないよう解決策を実践していけるといいですね。