奥さんとの関係、良好ですか?
せっかく結婚したんだからいつまでも仲良しでいたいですよね。

毎日やっておくと夫婦円満になる、25個のことをまとめてみました。

1. 家庭はひとつの「社会」

専業主婦にとっては家庭にまつわる事柄がが生活の大半を占めることになり、それが彼女の人生の大半を占めることになります。

外に出て働く男性にとっては狭い世界の話を聞かされているようで、楽しくなかったり、予想できる話で小さく感じたりするかもしれません。

しかし主婦にとって家庭が生活の全てだとしたら、どんなに小さいことでも、大きなことでもその日起きた出来事として身近な存在に話をしたいと思うでしょう。

あなたが会社で同僚と上司や仕事の話や世間話などをするのと同じようなものです。

身近な人にわかってもらえる話をするものです。

話す相手がいないとストレスは溜まります。

それは誰だって同じです。

だから家庭も一つの社会だと思って是非奥様の話に聞く耳を持ちましょう。

そしてそこにいるみんなが円滑に過ごせるように心がけましょう。

話を聞く側の気持ち一つで話とは「つまらないもの」にも「愛おしいもの」にも変わります。

これは貴方の男としての心の大きさ次第なのです。

2. 良好な関係を保つ努力が大切


努力が必要といっても、なんでも大きな心で耐えろといっているわけではありません。

良好な関係とはお互いが気持ちよくいられる関係のことを言います。

家庭内では自分も相手も我慢したり、無理しなくていいような関係が理想です。

ただ我慢せずになんでも思ったことを言うのではなく、相手の気持ちに気遣う配慮が必要です。

つまり思いやりの気持ちです。

簡単に言えば、相手の嫌がることをしない。

相手が喜ぶことは積極的にする。

ただこの2つです。

相手が嫌がる言葉は言わないようにするとか、相手が嬉しくなるような言葉をかけてあげるとか、本当に簡単なことだけど、意外とみんなできていないものです。

親しき中にも礼儀ありとよくいいますが、先ほど家庭も社会だと言いましたが、どんなに仲が良くても同僚や友達に傷つけるような言葉は使いませんよね?
これを奥様に対しても心がけてほしいのです。

あなたにとっては奥様は唯一気を許している人間で、なんでも本心を言える存在なのかもしれません。

それは大変素晴らしいことです。

しかし忘れてはならないのは傷つける言動だけは慎むということ。

大きな社会でたくさんの人と関わって生きている男性と違い、専業主婦や子育て中のママにとっては小さな世界でたくさんの我慢をしていたりするものです。

例えば会社で働く男性の場合
1日に10人と会話をして、その中の1人に嫌な事を言われたとしても、3人がフォローしてくれたり励ましてくれたりすれば気分もだいぶ落ち着きます。

またそのほかの6人と何気ない会話をしているうちに気分もスッキリ治っていりするものです。

専業主婦の場合
1日に話したのはたったの3人だとしましょう
買い物に出かけようとしたら、ゴミの出し方で近所の主婦に怒られたとします。

なんだか落ち込んだ気持ちのまま買い物に行き帰ってきて、ご飯を作り、子供が帰ってきても対しても話もしてくれず、夫が帰ってきて少しグチをこぼしても、疲れてるのにグチはやめてくれと言われたとしたら、
結局人との関わりの中で、落ち込んだ気持ちをどこにも吐き出すことも、気分を変えることもできませんよね。

テレビをみたり、自分で気持ちを切り替えないといけません。

この違い、そして寂しさがなんとなくわかって頂けたでしょうか?

毎日外にでて複数の人との会話をする人と、あまり会話をしない人とでは、ストレスの感じ方や、気分の切り替え方が全く違います。

人は人と話すことで自分の存在を確認できますので、1日に誰とも話さない生活を送っていくと、やがて自分の存在価値を見失ってしまう可能性だってあります。

せっかく好きで結婚して、自分のために身の回りの世話をやってくれている女性を幸せにできないなんて、男としても情けないものです。

こんな寂しい思いを奥様にさせないために、あなたにしかできないことがたくさんあります。

3. 小さな積み重ねが信頼感を育てる

女性は喜んでもらえたらもっと頑張ろうと思える人が多いですし、やりがいを感じれるものなんです。

感謝されてると感じること、また必要と、されていると感じることで、旦那さまへの信頼度もあがっていきす。

この人と結婚してよかった。

もっとこの人のために良いことをしてあげたい。

そう思うことで男性の人生を大きく変えるほどの力を発揮することもあります。

よく出世する人にはしっかりした奥さんがいると言いますが、これは感謝することが上手な男性が、よくできる奥様を育てているとも言えますよ。

嫁に毎日やっておくと夫婦円満になる25個のこと

1. きちんと「ありがとう」と言う


これが何より大切なことです。

ありがとうと言える感謝の気持ちをいつも持っていること。

男性からありがとうと言う習慣をつけていれば、女性もおのずとあなたに感謝し愛の溢れる家庭になります。

大切なのはちゃんと心をこめて「〇〇ありがとう」と名前に付けて言うようにしましょう。

「今日のご飯も美味しかったありがとう」
「いつもありがとう」
「この間買ってくれたネクタイ好評だよ。

ありがとう」
など、具体的に褒めたり、感謝したりすることで、ただの「ありがとう」よりも断然嬉しい言葉に変わります。

具体的な感謝を述べることで、奥様もこれがあなたの好きなものだとより理解できたり、これをしてあげたいと自然と思えるようになります。

つまり良いことの連鎖を起こしてくれるんです。

これは今日からでもやってみないと損ですね。

2. 朝のゴミ捨てを手伝う

ゴミ問題は結構どんな地域にもあるかもしれません。

ご近所さんとばったり会うので話に付き合わないといけなくなったり、ゴミのことで注意されたりと、ゴミ出しに行きたくないなという奥さま意外に多いかもしれません。

そこを手伝ってあげることで、朝のめんどくさい作業が一つ減ってすごく助かるでしょう。

旦那さんが仕事に行くついでにゴミを出せば、長話に付き合う必要もありませんし、またご近所からの好感度もアップしますし、良いことだらけです。

もちろん、やってやってるなんて思ってはいけません。

そのゴミはあなたが日々作り出しているものでもあるのです。

一人暮らしなら当然自分で出すべきものなんです。

だから家族のゴミくらい男が捨てて当たり前くらいに思ってくれたらカッコいいですね。

3. 服を脱ぎ捨てないで自分で洗濯機に入れる

服を脱ぎ捨てないという当たり前なことですが、なぜかできない人が多いですよね。

ソファの上に置いてあるとかならまだしも、床に靴下がコロコロころがっているのも珍しくないかもしれません。

これらを拾い集めるのも結構大変ですし、正直めんどくさい。

脱いだらそのままカゴや洗濯機に入れてくれればこのめんどくさい作業をせずに済むんですよね。

家に帰ってきたらその足でお風呂に入けば、洗面所で服を脱ぐことができて良いのではないでしょうか。

そしてそのままリラックスした状態でご飯を食べれば、後はいつでも寝ることができるのでオススメです。

4. スキンシップをする

これはとっても大事なことです。

夫婦はだんだんスキンシップをしなくなることが多いようですが、しないより、している夫婦のほうが仲が良いのは言うまでもありません。

妻が嫌がるようなちょっかいをかけるのではなく、可愛いなとか愛おしいなと思われるようなスキンシップを心がけましょう。

たとえば
・休日に買い物に出かけるときは手を繋ぎましょう
・テレビを観るときにひざ枕してもらう、またはしてあげましょう。

この時に頭を撫でてあげたりしても良いですね。

・時にはハグしてあげましょう。

優しく包み込むように抱きしめられて嫌だと思う女性は少ないはずです。

・たまにお風呂に一緒に入るのも仲良し夫婦の秘訣です。

・寝る時に手を繋ぐ、後ろから抱きしめるなど寝る時は同じベッドで寝るようにしましょう。

このように少し照れくさいと思うことでも、これらをやっている夫婦は仲が良くお互いに心地よい関係を築いていることが多いようです。

ぜひ積極的に女性が大切にされていると感じるスキンシップをしてあげましょう。

5. 料理を褒める

これはするとしないでは大違いで、褒めるほどに料理は美味しくなりますし、妻もご機嫌になります。

何も評価されないことってやる気がでなくて当然です。

一生懸命やったとこを否定されてもやる気がなくなってしまいます。

たった一言「美味しい」と言うだけで、次も頑張ろうと思えるんです。

そしてまた褒められたら、次はもっと頑張ろうと思います。

男性からしたら、これでは本当に美味しい時とそうじゃない時と、違いを伝えられないじゃないかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

食べれなくもないなと思えばとりあえず「ありがとう」と言ってあげましょう。

昨日より美味しいなと思えば「美味しい」でいいんです。

そしてもっと美味しくなったと感じたら、「美味しい、美味しい」と言って食べればいいんです。

いつも「美味しい」と「ありがとう」を言ってくれるだけでやる気がでますし、相手の反応をよく観るようになるものです。

昨日も今日も美味しいと言ってくれたけど、今日のほうがたくさん食べてくれたな~とか、美味しそうに食べてくれてるなとか、言葉は同じだとしても、本心を探ろうとします。

それはより美味しいものを、作ってあげたいという気持ちからくるもので、自身できっと今日のはあまり好きじゃないんだなとか、これが好きなんだなとか判断するものなので、
男性はあまり細かいことなど言わずにただいつも「美味しい」と言っていれば大抵上手くいきます。

6. 上から目線の発言をしない

当たり前ですが、あなたも妻も一人の人間です。

親に産んでもらい大人になって生きてきたそれぞれの一個人なんです。

嫁にも親や友達や大切に想ってくれる人が誰かしらいるはずで、あなた一人のものでもありませんし、もちろん上も下もありません。

それを男性は自分の身の回りをやってくれる人をいつの間にか自分より下だと勘違いをしているケースがよく見られます。

学生時代に母親にキツく当たったこたがあるかもしれません。

しかし母親は血が繋がっていますし、恋人でも嫁でもないのです。

母親には子供を育てるという大きな役割があります。

しかし嫁にはあなたを育てる義務はありませんし、冷たく当たられるべき、人でもありません。

もし父親が母親にキツく当たっていたら可哀想だと母親に味方になったのではないでしょうか?
自分が好きになって選んで結婚した相手にキツく当たってしまうのは悲しいものです。

誰も望んではいなかった未来でしょう。

今一度自分の態度が横暴ではないか、上からものを言ってないかを考えて見てください。

もしやってしまっていると気付いたら、今日から少しずつでも上から発言しないように心がけ、優しい言葉をかけてあげましょう。

きっと奥さまの笑顔が増えて、あなた自身も笑顔になれるはずです。

7. お土産やご褒美を持ち帰る

仕事で飲みにでたときや、出張の帰りなどにちょっとしたお土産を持ち帰るのもいいですね。

奥様の喜んでくれそうなものを考えましょう。

その人のことを思って考える時間というのが大切です。

結果は失敗したとしても、またひとつ彼女のことを知ることができます。

嫁になっても元々は赤の他人、一生知らない部分を知ってく楽しさがあるはずです。

甘いものが好きだとか、今何にハマっているだとか、そーいったことを常日頃意識していると、気にかけてくれているんだと相手にも伝わるもので夫婦の関係がより良好になっていきます。

食べ物だけじゃなく、なんでもない日でもお花を買って帰ってもいいでしょう。

もちろん記念日にお花をもらうのも嬉しいはずです。

小さなサプライズで喜ばせてあげてください。

そして記念日には大きめのサプライズで感動させてあげてくださいね。