ウチの嫁はいつも威張っている。

そう思っている大多数の男性たちに、鬼嫁という言葉はすんなり胸にしみこんでいくことでしょう。

ところでこの言葉は、どういう経緯で市民権を得ていったのでしょうか。

鬼嫁とは、ネット検索すると「鬼嫁チャンネル」「鬼嫁日記」の2つが上位に出てきます。

フリー百科事典ウイキペディアで項目が建てられているのは「鬼嫁日記」だけです。

簡単にその内容を見てみましょう。

「実録鬼嫁日記」という夫婦間のブログを編集した書籍が、10万部を超えるベストセラーとなりました。

それをもとに関西テレビが、2005年(第一期)2007年(第二期)と、ドラマ化し、全国に放送されています。

主演は観月ありさ、第一期は好調に推移し、15%以上の安定した視聴率を稼ぎます。

二番煎じの第二期は12%と少し落ちています。

どうやらこの原作とドラマが「鬼嫁」という言葉を定着させたのは、間違いなさそうです。

「鬼嫁チャンネル」の方は、単に嫁さんを愚痴ったり茶化したりするだけのサイトではなく、夫婦生活を中心テーマとして、総合サイトのように発展しています。

怖い嫁さんに関する限り、ネタの尽きることはないということでしょう。

20世紀後半には「妻の王国」という本が話題となっていたのを思い出しました。

妻の定めた「家庭内校則」に縛られる夫や子供たちを、新聞社が取材し、冷静に描いたもので、ご時世からいけば、鬼嫁日記の序章という感じだったように思います。

今回は、そんな鬼嫁の12個の特徴と、結婚前に垣間見れる前触れについて探っていきましょう!

とても怖い…鬼嫁について

中国人に聞いてみたところ、中国語には鬼嫁という言葉はないそうです。

出嫁=お嫁に行く、というように文字としての嫁は普通に使われているのですが、鬼嫁では何のことかわからない、といいます。

花嫁は普通「新娘」といいます。

なお「娘」の使い方には大きな差があり、中国語では広く、母親や皇后までを指します。

鬼嫁に近い言葉としては「母老虎」や「悍婦」などがあるそうです。

怖い奥さんを表す、インパクトの強い言葉は、世界中どこへいってあるわけですね。

何とかしてほしいという男たちの悲鳴のようにも聞こえなくもありません。

鬼嫁とは

その前にそもそも「鬼」とはいったい何者なのでしょうか。

中国における漢字の原義は「死者の魂」だそうです。

ちなみに日本固有の「オニ」とは祖霊、地霊のことを指しています。

いずれも元は「霊」だったのですね。

その当時は一つ目の姿をしていたそうです。

その後、鬼のイメージは多様に膨らんでいきました。

時代背景、社会背景によっていちいち違うと言ってよいほどです。

しかし「安定したこちらの世界を侵犯する異界の存在」というイメージは、概ね共通していたようです。

そのため異能者や反逆者たちも、鬼と呼ばれることがあります。

また形態では、初期には女性の姿をしていたといいます。

また「源氏物語」の鬼とは怨霊を指すということです。

そうであれば鬼と嫁とは、なんとなく相性のいい言葉なのかも知れません。

まさに鬼のような嫁のこと

つまり鬼嫁とは、自分は一般常識の通用しない異界に身をおいて、安定したこちらの世界を引っ掻き回す存在ということでしょうか。

自分の属する異界には一切関与させない、というところが重要です。

鬼嫁には自分だけにしかわからない、安定した場所に身を置いているのです。

これこそ正しく鬼の住処、異界に他なりません。

旦那さんがビクビクするような怖い嫁

中国では、抗日ドラマに出てくる日本の軍人のことを「日本鬼子」と呼びます。

死霊というより日本の鬼に近い感覚です。

今でも悪い日本人という場合、メディアでも口語でも、普通に使われています。

そんな日本鬼子よりはるかにすまじいのが、中国人鬼嫁たちです。

参考までに、少し紹介させて下さい。

筆者の中国人妻は、四人兄弟の上から二番目、姉1人と弟2人がいます。

その中から、最も鬼嫁にふさわしい、姉一家の事情をお話ししましょう。

姉の一家は、完全に鬼嫁の支配に服しています。

稼ぎは夫妻ともほとんど同じです。

そして衆目の一致するところ、姉の方が頭脳明晰で、いわゆる優秀なのです。

その姉は、ほとんどやりたい放題をやっているように見えます。

あるとき夫が酔っぱらって帰ってきて、買ったばかりのテレビを壊してしまったそうです。

頭に血が上った姉は、一カ月以上、夫と口をききませんでした。

その間一族の食事会に現れた彼らは、普通に振舞おうとしていましたが、ギクシャクしているのは、一目瞭然でした。

母親や兄弟たちにたしなめられてもがんとして受け付けません。

夫はこの間、生きた心地がしなかったでしょう。

それ以前にも、一族の前で、ボロボロになるまでやりこめられる姿を何度も見ています。

筆者なら100%、逃げ出しています。

自分の奥さんが鬼嫁という現実

理屈をすべて否定されてしまうと、男性には戦う手段が尽きてしまいます。

それが女性側の作戦なのかもしれません。

その土俵では戦わない、と。

それ以降は、迫力で圧倒されて口を挟むことすらできなくなります。

こうなるともう力関係は永久に変わらなくなってしまいます。

最低限、ちゃんとしたかみ合う話ができる関係を作り、それを保持するように努力しましょう。

できれば結婚前に知りたかった…

結婚前の女性は、猫をかぶっているのが当たり前なのです。

あまり恋愛経験のない男性は、あっさりだまされてしまうことが多々あります。

よく注意しておきましょう。

筆者は36歳の女性が自身の年齢を巧みに隠し通し、首尾よく30歳の男性を手に入れる姿を見ています。

当時、これは騙し討ちによる人さらいではないのか、と思ったものです。

もちろん当人たちが幸せなら、何も文句を言う筋ではありません。

しかし一応は何事もしっかりチェックしておくべきでしょう。

これから結婚を迎える人は鬼嫁化に注意

結婚を考えている男性は、先輩既婚者の話をできるだけ取材することが大切です。

与太話や愚痴を排し、真剣に内容を吟味してください。

そして都市伝説と事実とをしっかり見極めましょう。

その後あなたのパートナーに当てはめ、シュミレーションをしてみます。

無用な恐怖感から逃れると同時に、本当に大事なポイントがわかるようになるはずです。

鬼嫁になりそうな兆しをチェックしよう

女性特有のリズムによる気まぐれから、遠い人か近い人かが重要でしょう。

むき出しになっているか、オブラートに包まれているかどうかです。

ここはすこやかな人生を送るか、強烈な戦いに明け暮れて過ごすかの分岐点です。

感情の起伏、論理にはずれた発言の頻度などは、よくチェックしておきましょう。

鬼嫁の12個の特徴

鬼嫁は「異界」の住人ですから、下界の常識からは解き放たれた存在です。

家庭内では何をしても自由で、結果責任は問われません。

批判はすべて封じられてしまいます。

西洋でいう「神」、中国でいう「天」にも等しい全能の存在です。

基本旦那を見下すスタイル


結婚した時点でもう鬼嫁の勝利は確定したも同然です。

何しろ夫は、自分の所有物と信じて疑いません。

基本的に飼い犬と同じ扱いです。

その飼い犬は、自分の意志を持つことなど許されません。

気分はサディスティックな女王様です。

鞭を持って、何か気にくわないことが起きるのを、舌なめずりして待っている感じです。

それを魅力と感じる男だけが付いて行けばよいと思います。

ネチネチと嫌味を言う

鬼嫁は結婚して時間が経つにつれ、どんどん粘着質になっていきます。

くどい、しつこい、けんか腰で、やがて手に負えなくなります。

そうなる前に手を打ちましょう。

具体的に手懐ける手段についてのマニュアルはありません。

自分でよく考えて、実行に移してみましょう。

とにかく時期を逃すと一生後悔がついて回ります。

口を開けば文句や説教

姑は嫁のやることが何もかも気に入らないといいます。

愚痴らない日は1日もありません。

その傾向がローティーンのころから見て取れる人もいます。

鬼嫁としての萌芽です。

しかしそれは、若いころから割烹着の似合いそうなおばさんタイプとは限りません。

外見からは判断できないところがやっかいです。

見た目は若い娘感全開でも、精神まで弾んでいるとは限りません。

しっかり見極めたいところです。

強いて言えば何でもわかっている振りをする女性には、注意が必要でしょうか。

仕事や家事が忙しい

仕事を持っている妻の方が、夫の仕事に対する理解は深まるはずだ、というのは錯覚にすぎません。

すべては当人たちの力関係により「家庭内校則」が定まります。

対立の想定されるケースはたくさんあるでしょう。

そうした綱引きになったとき、あっさり力負けしないように、心身、とくに心を鍛えておきましょう。

交渉事実の積み重ねより、気迫の方が大切です。

いつもストレスフル

ストレスフルとは過剰なストレスにさらされ続けている状態のことです。

主に会社組織など、仕事のプレッシャーに関して使われわることの多い言葉です。

現代的な表現ですが、昔ならストレスとは捉えれていないような事例も、いまではストレスに算入されている、といったようにより広義の使い方になっています。

ストレスが体に悪い、病の原因である、という情報が氾濫しています。

その影響を受け、何でもかんでもストレスのせいにして済ます風潮があるように思います。

ただの気まぐれまで、ストレスにカウントしてしまうのは、少しやりすぎでしょう。

お財布を管理している

日本では奥さんが家計を管理しているケースが圧倒的に多いのではないでしょうか。

共稼ぎ主体の中国では、そこまでの妻による一元管理ではないようです。

とくに金持ちの男はうまくやっているようです。

経営者クラスになると、給与収入以外に不動産や金融資産も多く、普通の主婦では管理は大変です。

富裕層の男性たちの間では浮気が大変に盛んです。

そのことからもうまくやっているのがわかります。

日本人男性は、もっと積極的に家計の主導権に挑めばよいと思います。

旦那の小遣いが少ない

小遣いが少ないのは、東京・大阪のサラリーマンには大変なことですが、地方都市で車通勤のところでは、それほど苦になりません。

毎日、飲み歩くような繁華街はどこにもないし、車通勤であることが多いためです。

小遣いの少なさを嘆くことは大都会ほどはありません。

お嘆きの方は、地方勤務を希望されるとよいと思います。

鬼嫁は付いて来ようとせず、伸び伸びと暮らせる可能性もあります。

リフレッシュできそうです。

旦那を召使いのようにこき使う

これについては、筆者の中国人妻の末弟夫妻が思い浮かびます。

「ちょっと来て。」「今手が離せない。後にしてくれ。」などという会話は、夫婦間ではよくあるパターンだと思います。

ウチでもそうです。

しかし弟夫妻には、これがありません。

「ちょっと来て」と言われると、家内の弟は何をさておいても妻の元へ駆けつけます。

180センチを優に超える押し出しのよい大男がです。

嫁さんはさぞかし気持ちいいのでしょうね。

共稼ぎで、弟の収入はかなり上と思われますが、圧倒的な差はありません。

中国では収入で圧倒しないことには、夫婦関係は大体こうなります。

日本はまだ恵まれている方と言えるでしょう。

家事や育児を押し付ける

その末弟夫妻に、子供が生まれたときのことを思い出します。

共稼ぎでしたが、妻は子供の世話の一切を弟に押し付けました。

弟は昼になると家と会社を往復し、赤ん坊の世話をしていました。

その結果、一気に5キロ以上も痩せてしまったものです。

頬はこけ目はくぼみ、見るからに痛々しい状況でした。

中国では、子供を見てくれる祖父母などが近くにいない場合、こういう目にあうことを覚悟しておく必要があります。

こうならないよう、よく考えて、役割分担を決めて下さい。

暴言や暴力を振るう


暴言は暴力よりも人を傷つけます。

女性は男性の言葉の暴力には敏感に反応しますが、自分のそれには鈍感です。

男性に対しては何を言ってもかまわない、と思っているようです。

男性が傷ついているとには思い至らないようです。

ゾーンに入ってしまうと何を言っているのか、自分でもわからなくなってしまうのでしょう。

とても発言に責任を負うというような状況ではありません。

夫の行動を制限する

ここでは筆者が見聞きした中でも、最も激しい鬼嫁エピソードを紹介させてください。

それは上海駐在日本人の中国人嫁です。

日本人駐在員の場合には、本社からの出張者やお客さんのアテンドをしなければなりません。

ディナーから夜遊びへ、という流れはごく普通にあります。

しかし中国人鬼嫁は、門限11時を譲ろうしなかったそうです。

まるで学生寮です。

しかもそれだけではなく、旦那を乗せてきたタクシーをマンション前で待ち構えて、運転手を捕まえ「どこから乗せてきたか?」といちいちチェックしていたそうです。

ここまで徹底する嫁は聞いたことがありません。

彼は悲劇のヒーローとして、関連業界ではすっかり有名人となってしまいました。

自分は我慢をしない

中国人の嫁は、野生児と変わりありません。

自分を抑えるということが一切ないのです。

人前で夫を非難することは当たり前です。

機関銃のように喋りまくり、旦那はハチの巣のように穴だらけになってしまうことがほとんどですで。

夫婦げんかを人に見せ、味方を増やして、有利に切り抜けようとします。

日常生活がドラマみたいなものです。

中国人嫁はやりたい放題です。

究極の自由人といってよいでしょう。

女性としての理想を実現しているとも言えます。

鬼嫁は、ここまでいく可能性を秘めています。

日本人男性は、こうならないように気をつけて下さい。

何事も簡単に匙を投げたりしないことです。

抵抗する姿勢を見せておきましょう。

結婚前に見れる鬼嫁化する女の前触れ

筆者の場合は、女性の行き着く先の姿として、自分の中国人嫁や、一族の鬼嫁たちのイメージが具体的にあります。

そのスタンダードにそってこの娘はこうなりそうだ、と診断をすることができそうです。

あなたの彼女は、ほうっておくと中国人嫁のようになってしまいますよ。

こういうアドバイスなら、よく効きそうですね。

主導権を握っている

鬼嫁候補は、デート中から主導権を握ろうとし、男性の提案を有無を言わさず却下する、などの傾向が見られます。

鬼嫁から女帝化する素質に満ちています。

ある程度は出来上がってしまった体質でしょうから、根本的に矯正されることはまずなさそうです。

多少なりとも自分の力でコントロール可能がかどうか。

男性はよく想像力を巡らせてみましょう。

結婚を思い止まるなら、今のうちです。

こだわりが強い

鬼嫁は、何かにつけ強いこだわりを持っていて、そのことが正常な会話の妨げともなっています。

自分のこだわりについては、聞く耳を持ちません。

ここで鬼嫁とは異界の鬼であることを再認識することになります。

そしてこだわりは年を追うごとに進化していきます。

そして話し合いの余地は、どんどん小さくなっていきます。

嫉妬や束縛をしがち

鬼嫁は、感情の起伏が激しのは言うまでもありません、そして再度強調しておきますが、自分の身の回りにあるものは、すべて自分の持ち物だと思っています。

遠慮なくあらゆる感情を向けてきます。

それを抑える者はこの世には存在しません。

異界の他の「鬼」にでも頼むしかなさそうです。

そして年齢を重ねるとともに、喜怒哀楽の振幅は大きくなる一方です。

キレやすい

キレやすいのも鬼嫁の特徴の一つです。

鬼嫁にあまり落ち着いた温厚な性格の人は見かけません。

彼女のテリトリーには、あちこちに地雷が埋まっています。

そのすべてを避け切るのは不可能です。

そのうちどうでもいいことで、激しく突っかかってきます。

ここで、どこかの地雷を踏んだことがわかります。

感情のおもむくままに生きています。

これに対しては、ある程度のあきらめも必要でしょう。

口調がキツイ

女性の大声は、それだけでキツイと感じます。

大柄な女性はただ座っているだけでも、迫力を感じるのと同じです。

ただししゃべりの内容は同じことの繰り返しであることが多く、あまり重大な問題は含んでいません。

したがってムキになって反論する必要など、さらさらありません。

かえって攻勢に弾みをつける結果を招きます。

口調のきつさは耐え忍び、なるべく聞き流せるようにしましょう。

部屋が汚い

鬼嫁イメージの人は、概ね汚い部屋でも平気なタイプが多いようです。

ただしお客が来るとなれば、まったく別で、それこそ狂ったように清潔にします。

一夜漬けですから、あちこちボロを探すのは難しいことではありません。

それでも本人は完璧のつもりです。

しかし逆に他人のお宅を訪問したときには、しっかり他人のボロを見つけます。

自分のことを顧みるときとは、観察のレベルが違っています。

自分に甘く、他人に厳しい人の典型といえます。

メイクや服装が派手

鬼嫁イメージのある人の中で、服装センスのよい人は珍しいのではないでしょう。

先ほど紹介した末弟の嫁さんが、大きなショッピングセンターで服を選ぶのに、付き合わされたことがあります。

するといつもの女帝の風格は、ここではすっかり吹き飛んでいました。

おどおどした自信のない様子で、人にアドバイスを求めてくるのです。

試着をくりかえしても、自分では決めきれません。

大体ピックアップするものからしてセンスが感じられません。

筆者も意見を求められましたが、どれも不毛の選択というしかありませんでした。

鬼嫁も案外こういうところに、ウィークポイントがひそんでいるかも知れません。

ドイツのアンゲラ・メルケル首相、ヒラリー・クリントンの2人は、持って生まれた服装センスはほとんど最悪でした。

彼女らを黙らせることのできる男はいなかったかもしれませんが、あなたの彼女なら、この辺りをうまく突けば、少しは大人しくなる可能性がありそうです。

是非試してみましょう。

支出が激しい

服装ではセンスが悪いため、あれもこれも買っては、タンスの肥やしになってしまうのでしょう。

いつまでたっても満足感は得られず、買い物は延々と続きます。

少しくらい褒めたところで、食い止めることはできません。

買物依存症はもうすぐそこまで来ています。

やがて夫は単なるATMのような存在になり下がっていきます。

あなたの彼女は鬼嫁度何パーセント?

交際している彼女が鬼嫁と化すかどうか。

人生の大事です。

想像力を巡らせましょう。

それほど広範囲に目を向けなくても、少し考えればわかることはたくさんあるはずです。

徳川家康は、政治的成功を収めるにあたり、常に自分の恐怖心を大切にしてきた、といいます。

われわれもこれを参考にしましょう。

恐怖心で目を曇らすのではなく、事前の課題を認識し、懸念を払しょくするために使うのです。

彼女を見ていて、怖い、危ない、と思った行動は、すべてチェックしておきましょう。

シートにまとめておくのが現代的ですね。

それを元に、先に結婚した友人たちのチェックを受けるとよいでしょう。

鬼嫁度があまりにも高いという結果なら、躊躇なく、思い止まることを進言します。

人生の他の楽しみを見つけましょう。