若い妻をもらいたいと考えている男性は多いです。

テレビで著名人が若い妻をもらうと、自分もいけるんじゃないかと夢を持ちたくなる人も多いと思います。

現実に若い妻をもらうとどうなるのか?先読みができなくて不安なところはあります。

憧れる気持ちと不安な気持ちが半々ですね。

今回は若い妻をもらうことへの10個のメリットとデメリットを紹介します。

この記事の目次

若い妻をもらいたい男性陣必見!

若い妻をもらいたい男性陣は必見です。

若い妻をもらいたいとリアル生活で発言すると、世間からの意見は賛否両論なのでなかなかオープンにできない人もいます。

そのため、実際に若い妻をもらったらどうなるのかも、どうしたらいいのかも不透明です。

若い妻をもらいたい!なんて言って、職場の部下である女性や上司から怪訝な顔をされたらこちらも嫌な気持ちになりますよね。

ご近所さんからも、若い妻をもらいたい!と堂々とオープンにしたら、年頃のお嬢さんがいるご家庭は警戒心を持ってしまうかもしれません。

ここで若い妻をもらうにあたってのリアルな事情を知り、夢を現実にするための方法を探ってもらえたらうれしいです。

女性の初婚平均年齢は上がっている


女性の初婚平均年齢は上がっています。

厚生労働省の平成23年人口態統計月報年計(概数)によると、平成23年の婚姻件数は661,899組となり、平成21年以降減少傾向となっています。

初婚平均年齢は夫30.7歳、妻29.0歳です。

平成5年の夫28.4歳、妻26.1歳から振り返ると、年々男女ともに初婚平均年齢が上がってきているのが分かります。

参照元:厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai11/kekka04.html

女性が4年制大学や専門学校、短大へ進学し、自由な進路選択ができる時代になりました。

自然と初婚平均が上昇することが分かります。

そのほかにも、不景気が続いていること、消費税増税、少子高齢化などで結婚や出産・育児に夢を持ちにくくなっている社会背景もあるかもしれません。

キャリアを積むことに価値を見出す女性が増えているため

女性の平均年齢は上がってきている背景に、キャリアを積むことに価値を見出す女性が増えていると考えられます。

男女雇用機会均等法の施行により、雇用主は男性と女性によって雇用や待遇を同じように扱うようにとされてきました。

力の差により、どうしても男性と女性ではできる仕事とできない仕事があるかもしれません。

しかし、世の中の流れとしては男性でも女性でもキャリアを見い出せる世の中へと変わってきました。

キャリアを積むと、自分自身が信頼され評価されることができます。

そういったことに楽しさを感じると、結婚して仕事をセーブすることに夢を持てなくなるのかもしれません。

自由を謳歌したいと思う女性が増えている

自由を謳歌したいと思う女性が増えています。

女性の幸せは結婚だと言われてきた時代は、今のように「おひとりさま」という言葉はほとんど聞きませんでした。

ひとりで出歩ける買い物、食事、スポーツといった娯楽も今ほどは充実していませんでした。

今は「おひとりさま」という言葉が世の中に浸透し、女性一人で旅したり、食事したり、飲みに行ったり、買い物をしたり、そういったプライベートの充実が結婚しなくてもできるようになりました。

結婚して家事育児に追われるくらいなら、自由を謳歌したいと女性が思うようになるのも自然な流れです。

将来結婚を考えるか、まったく結婚しないかはその人によります。

しかし、社会に出たてや学校を卒業してすぐの結婚はあまり考えなくなりつつあります。

若い時にすぐ結婚したいと考えている女性は少ない

若い時にすぐ結婚したいと考えている女性は少ないです。

将来いい人がいれば結婚したいと考えていても、若い時は仕事に慣れて一定の地位を築いたり、独身の友達同士で遊んだり、男性との恋愛を謳歌したり、そのときにしかできないことをしたいと考えています。

若い時にすぐ結婚すると、社会的地位もさほどに築けないまま、独身で一番女性として輝けるときにさほどに遊べないままになってしまいます。

結婚するにしてもしないにしても、プライベートも仕事も充実させたいと女性は考えています。

若くして結婚したいと考えている女性の特徴

若くして結婚したいと考えている女性の特徴を紹介します。

若くして結婚したいと考えている女性が少ないのなら、最初に若くして結婚したいと考えている女性の特徴を知っておきましょう。

恋愛スイッチが入る前に自分にも希望が持てるのか、ある程度分かっていたほうが安心感があります。

何も知らずにいいと思った若い女性に声を掛けて、後からセクハラだ!と言われたら男性のハートも傷ついてしまいます。

若くして結婚したいと考えている女性の特徴を一緒に探っていきましょう。

子供が大好きで、早く子育てしたいと思っている


若くして結婚したいと考えている女性は、子供が大好きで、早く子育てしたいと思っています。

女性には出産に適した年齢があり、一般財団法人日本生殖医学会のデータによると妊娠・分娩に適した年齢は20歳代、そして女性が自然に妊娠する可能性は35歳くらいから急激に低下するとされています。

参照元:一般社団法人日本生殖医学会HP
http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa17.html

子供が大好きで、早く子育てしたいと思っている女性なら、一人っ子ではなく兄弟姉妹を望むことが多いです。

そうなると、20代で若くして結婚したいと考えるようになります。

若い妻をもらい子宝に恵まれたとき、妻に子育てを押し付けないようにしましょう。

年齢差があるとはいえ、育児を協力して妻を家庭に押し込めないようにしてください。

早く幸せな家庭を築きたいと思っている

若くして結婚したいと考えている女性は、早く幸せな家庭を築きたいと思っています。

その理由は人それぞれです。

幸せな家庭で育ち、仲のいい両親に憧れて自分も同じようになりたいと思うのかもしれません。

あるいは幼少期から複雑な家庭環境で育ち、幸せな家庭への憧れが強いのかもしれません。

今は夫婦で協力すれば結婚後も仕事を続けることができます。

独身時代に思いきり遊ぶという選択肢は狭まるものの、若くして結婚したいと考える女性も少数派であるもののいることは分かります。

仕事をしないで旦那さんに養ってもらいたい

仕事をしないで旦那さんに養ってもらいたいと考えている女性は、若くして結婚したいと考えています。

男性は皆若い女性のほうが好きということは女性もよく分かっています。

自分が若い20代前半のうちに独身時代を謳歌するよりも、理想的な男性を選んで堅実に結婚したいと考えるのだと思います。

いわゆるハイスペックという男性と結婚し、仕事をしないで旦那さんに養ってもらいたいと夢を見る女性もいます。

男性側から見ると尻込みしたくなる気持ちも分かります。

そこは柔軟に受け入れて、若い妻をもらうためには、女性をまるごと受け入れるくらいの余裕や収入があったほうがいいことも知っておいてください。

若い妻をもらう5個のメリット

若い妻をもらう5個のメリットを紹介します。

若い妻をもらいたいと願っても、若くして結婚したいと思う女性は少数派で、しかも若くして結婚したいと考える女性の中には男性が尻込みしたくなるような理想を持っている人もいます。

それでも若い妻をもらう5個のメリットを知ることで、自分も若い妻をもらいたいのか、やはりそうではない未来も視野に入れるのかをじっくり考えてください。

結婚は自分一人でできるものではありません。

若い妻をもらうメリットを知り、さらに自分と結婚することで相手女性が得られるメリットを自分でも語れるくらいの男性を目指してください。

見た目が若々しくて綺麗

若い妻をもらうと、見た目が若々しくて綺麗です。

若い妻は20代前半~後半に差し掛かる頃の年齢です。

女性として一番美しく、花のように咲き誇ることができる世代です。

一緒にいると自分も若い妻と並んで歩いたときに見劣ることのないように、見た目や服のコーデを気にかけるようになります。

自然と「おじさん」と言われないように頑張ることができます。

帰宅した自宅にはいつも美味しい食事が並び、若い妻が待ってくれている家庭があったとしたら男性からすればとても理想的です。

女性にとっても、若さや見た目の綺麗さは最大の武器とも言えます。

お肌や髪が艶々

若い妻はお肌や髪が艶々です。

若いときは念入りにスキンケアをしたり、丁寧に髪のお手入れをしたりしなくても、自然体でいるだけで肌も髪もみずみずしくて潤いがあります。

若い妻と一緒にいると、夫婦の愛情確認をするたびにいつだって綺麗なお肌や艶々の髪に触れることができます。

自分も同じように潤いのある男性を目指そうと、年齢なりに努力をしようとします。

今は男性のスキンケア商品も充実しています。

若い妻から夫への見た目やスキンケアへのアドバイスも貰えるので、夫婦共々潤いがあり美しい2人でいられると思います。

薄化粧でも美しい

若い妻は薄化粧でも美しいです。

若い女性はお肌がピカピカ艶々なので、ベースがとても美しいです。

ほんのり下地とファンデーションを重ねて、アイラインとアイブロウを描くくらいの薄化粧でもとても美しいです。

少しスーパーやコンビニへ夫婦で出かけるくらいなら、薄化粧でいたいと女性は思います。

夫婦で出歩いたとき、奥さんが若くて薄化粧でも美しいとすれ違う人たちは思わず羨ましいと感じてしまいます。

初々しくて素直

若い妻は初々しくて素直です。

若い妻は社会人経験数年後、もしくは学校を卒業して結婚しています。

社会人経験の年数が浅く、おそらく恋愛経験も少ないほうです。

世間の荒波に揉まれて擦れてしまっている感じがまだなく、男性を見る目もそこまで肥えていません。

夫がリーダーシップを取って色々決めることが多いかもしれませんが、若い妻の初々しくて素直な可愛さをキープするためならいくらでも頑張れます。

初々しくて素直な一面は夫婦喧嘩をしたときもお互いの話を聞きやすく、夫から折れなくても妻も自分の非を認めてくれます。

自分好みの女性カラーに染められる点も男性からするとすごく魅力的です。

意見を受け入れてくれる

初々しくて素直だと、夫の意見も受け入れてくれます。

初々しくて素直な分、まだ自分の中でのこだわりが少なく、夫の意見を柔軟に受け入れることができます。

年齢を重ねると女性なりの考えやこだわりが出てきて、なかなか夫の意見を受け入れてくれなくなります。

若い妻の初々しくて素直な面はとても可愛く感じられます。

初々しくて素直なところをダメにしないようにそのまま受け入れ、若い妻を守るつもりでいてください。

そして夫がリードして、何かトラブルが起きたときも夫が中心となって対処するようにしてください。

対等な関係を求めたり、初々しくて素直な面をバカにして上から目線で話したりしてしまうと、初々しくて素直な良さがなくなってしまいます。

好奇心旺盛

若い妻はいつだって好奇心旺盛です。

若いと体力も気力もたくさんあり、色々なことに好奇心を持ってチャレンジすることができます。

結婚後も妻なりの趣味を充実させたり、夫婦生活のために色々なことにチャレンジしたりします。

好奇心旺盛なところは夫にも影響を与えます。

若い妻からの提案で、夫婦共に新しいことにチャレンジする機会が増えます。

ジョギング、登山、写真、旅行などプライベートでたくさんの楽しみを吸収することができます。

色々なことにチャレンジすることで、夫婦共に新しい人間関係も広がっていきます。

そして、たくさんの楽しみが増えていきます。

新しいことにチャレンジする姿が健気

若い妻の新しいことにチャレンジする姿が健気です。

新しいことにチャレンジするとき、いつだってサボったり手を抜いたりすることがありません。

うまくいくまで努力するので、見ていてとても健気で可愛らしく感じてしまいます。

曇りがなくてとても健気な姿は、夫にも影響を与えます。

今までごまかしていたことや放ったらかしにしていたことに懸命に取り組むようになり、妻と同じように色々なことを頑張りたいと思えるようになります。

妻が自分の手を離してしまわないよう、いつまでも魅力ある男性でいたいというモチベーションも上がります。

新しいことにチャレンジする健気な若い妻をフォローし、包み込めるようなおおらかな男性を目指してください。

周囲の男性に羨ましがられる

若い妻がいると、周囲の男性に羨ましがられます。

若い妻をもらうことは男性にとってロマンであり夢です。

皆口に出して言わないだけで、大なり小なりそんなことを夢見た過去があると思います。

休日に若い妻とショッピングしたり、食事したり、平日も夫婦で手料理を作ったり、夫婦で過ごす時間全てが輝いて見えます。

若い妻が一人の男性を選び、夫婦となったことにも羨ましい気持ちを持ちます。

職場の同僚や部下に自分の妻のことを褒められると、男性は心の中ではとても嬉しい気持ちになっていると思います。

若い奥さんがいる人は珍しいから

年の差夫婦、若い奥さんがいることは珍しいです。

現実には若い時に結婚したいと考える女性は少ないため、若くして年上の男性と結婚する女性も少ないです。

若い奥さんがいる男性を見かけると、周囲の男性は羨望のまなざしで見ると思います。

夫婦共に同世代で、若くして結婚することはあるかもしれません。

子供を授かったり、10代の若いころからお付き合いしていて結婚を考えたり様々です。

若い奥さんと結婚できる男性はよほど恋愛運が強いのか、それとも誰もが認めるいい男なのか、何かしらの理由があるのでしょう。

若い奥さんをもらえることは、それだけ男性にとってステイタスであり、夢のような話なのです。

自分も若々しくいられる

若い妻をもらうと、自分も若々しくいることができます。

若い妻と一緒に歩くとき、見た目で自分が劣らないように男性は気にかけます。

服のコーデ、見た目、ヘアスタイルなど全体的に若々しく見えるように工夫します。

若い妻といることで、健康面にも気を遣うようになります。

運動・食事・睡眠などを今までよりもきちんとするように心がけます。

何よりも、若い妻と一緒にいられることが楽しいのです。

そういったメンタル面の安定から自分も若々しくいられます。

若い妻をもらう5個のデメリット

若い妻をもらう5個のデメリットにも触れます。

若い妻をもらうとメリットがたくさんあり、男性の理想とする夢を叶えることができることが分かってもらえたでしょうか。

それと同じように物事には二面性があり、若い妻をもらうことで出てくるデメリットもあります。

それでもなお、若くして結婚したいと考える女性は少数派であることも理解して、若い妻をもらうために自分で前に進もうとするかを決めてほしいです。

運命は自分で決められない面も多いため、若い妻をもらうことができるかどうかも誰にも分かりません。

しかし、最初からメリットとデメリットを知っておくことで、後から「こんなはずではなかった」ということを防ぐことができます。

少し耳の痛い話となりますが、若い妻をもらう5個のデメリットも一緒に探っていきましょう。

料理や家事が上手くできない

若い妻は料理や家事が上手くできないかもしれません。

若い妻は結婚するまで一人暮らし、もしくは実家暮らしです。

一人暮らしだったとしても、そこまで料理や家事の経験年数は長くないでしょう。

長年の経験で得られる料理や家事のスキルやコツはどうしてもあるため、経験年数が少ないと料理や家事が上手くできないかもしれません。

それに対して長年独身を貫いてきた男性は料理や家事のスキルがある程度あります。

どうしても夫婦で料理や家事のスキルに差が出てしまいます。

そこは夫が上から目線に物事を言わずに、うまく若い妻をフォローして料理や家事の時間も夫婦の時間としてあげましょう。

夫婦共働きであれば、料理や家事は妻がするものという固定概念をなくしましょう。

どちらか早く帰宅したほうが作るとか、平日は簡単な手料理で済ませておくとか、やり方は色々あります。

夫婦共働きでなくても、週末の手料理は夫婦で作ったり、一緒に料理教室に通ったりすることで全てを夫婦で楽しんでください。

若い妻の料理や家事が上手くできないところも、年上の夫が優しくフォローしてあげるととても理想的です。

喜怒哀楽がコントロールできないことも

若い妻は喜怒哀楽がコントロールできないこともあります。

若い妻は社会人経験が浅い、もしくは社会人経験がほとんどないため、世の中の荒波や大人が持っている裏の顔、世の中の醜い面をあまり知らない場合も多いです。

今までも「守る側」ではなく「守られる側」でいたことがほとんどであるため、自我を押し殺して何かをするということが苦手です。

夫婦で喧嘩になったときに、若い妻は喜怒哀楽がコントロールできずに感情のままに突っ走ってしまうことがあります。

夫も同じように感情的になって煽らずに、年上としての落ち着きを見せながら若い妻をなだめることができるようにしたほうがいいでしょう。

若い妻もいつまでも今のままではないので、夫婦としての関係が長くなっていくにつれて喜怒哀楽がコントロールできるようになっていきます。

感情的になって少しの喧嘩でも家出してしまうことも

若い妻は感情的になって少しの喧嘩でも家出してしまうことがあります。

若い妻は夫が自分よりもかなり年上であると、「夫は私の考えを受け入れてくれて、全て自分の思うようにしてくれるはず。」といった気持ちを夫に持っています。

夫婦の関係よりも、娘が父親に持つような感情に似ています。

夫婦間の対等な関係よりも、与えられる無償の愛情を求めるのかもしれません。

若い妻の気持ちが受け入れられずに夫から言い返されると、どんなに些細なことでも感情的になって少しの喧嘩でも家出してしまいます。

若い妻の心の中に、家出したら年上の夫が迎えに来てくれるという甘えも少なからずあるのかもしれません。

基本的には若い妻の気持ちを受け入れ、お互い落ち着いているときに夫婦お互いの関係を大切にできるように夫から持ちかけるようにしてください。

若いので他の男性にも目がいきがちになる

若い妻は自分が若いので他の男性にも目がいきがちになります。

女性が若くして結婚すると、夫以外の男性との恋愛経験がほとんどない、もしくはないに等しいくらいの状態になります。

結婚後、夫との関係に不満を持つと他の男性にも目がいきがちになります。

夫婦の愛情確認をきちんとすること、いつも夫は自分の見た目を気にかけること、妻と会話をすることなど色々気にかけて、夫婦関係がこじれないようにすることが一番大事です。

若い妻の不倫を心配して、若い妻を束縛し過ぎるとかえって逆効果になることもあります。

毎日妻のスマホチェックをして、自分以外の男性とのやり取りを制限する。

妻が働きに出ることを反対して、家庭にしばりつけようとする。

こういったことのないようにしましょう。

若い妻を信頼し、それでも不安があったときに聞く程度にしておいてください。

他の男性から声をかけられることも多い

若い妻は他の男性から声をかけられることも多いです。

若い妻は肌も髪も麗しく、ツヤツヤです。

普通に歩いているだけでも他の男性から声をかけられることもあるでしょう。

さらに人妻となると、秘密めいた感じがして手を出したくなる男性もいます。

休日は夫婦一緒に過ごすようにしてください。

さらに妻だけで出かけるときも最寄り駅まで送迎したり、お互いの友人を自宅に招いたりして、妻の人間関係も時々分からない程度にチェックしたほうがいいです。

他の男性から声を掛けられたとしてもいちいち反応してヤキモチを焼かず、落ち着いて対応できる大人の男性を目指すようにしてください。

いちいち怒ってそのたびに妻を束縛していると、妻が嫌がって他の男性に走ってしまうかもしれません。

妻を愛することを一番に考えましょう。

旦那さんに甘えていろいろなことをサボりがちになる

若い妻は旦那さんに甘えていろいろなことをサボりがちになります。

若い妻と年上夫の関係は、時に対等な夫婦の関係から、父親と娘のような関係になりがちです。

若い妻も「自分の夫は私が何をしても受け入れてくれるし、愛してくれている」と妙な自信を持っています。

もしかしたら、結婚してあげたと上から目線で考えているかもしれません。

若い妻だけでなく、人は甘い砂糖菓子のようなものを続けて与えられるとそれをもっと欲するようになります。

そして、その甘い砂糖菓子のような愛情の大切さに気付かなくなってしまいます。

時々夫からも自分の言いたいことを言って、妻が天狗にならないように気を付けてください。

夫婦で最初に決めた家事の分担はよほどのことがない限り守るようにして、お互い気持ちよく過ごせるように落ち着いて話してください。

夫婦はあくまでも夫婦であり、親子ではありません。

夫は無償の愛情を与え続けることができないことも伝えてください。

少しハードルの高い話ですが、妻を時々甘やかし、プラス自分好みのかっこいい女性になれるように仕向けていってください。

あまり甘やかさないように

若い妻をあまり甘やかさないようにしましょう。

甘やかされ続けた若い妻はそれが当たり前になってしまいます。

夫からの愛情が当たり前になってしまうと、もっと格上のものが欲しいとせがまれるようになってしまいます。

若い妻のハートを自分のものにしておくために必要なのは、色々なことを乗り越えた先にある夫婦関係や日々の愛情確認によってできていくものであり、一時的な物欲や甘いスイーツで満たされるものではありません。

普段は対等な夫婦関係で、時々甘やかすくらいの関係がちょうどいいです。

新しいもの好きでプレゼントをせがまれる

若い妻は新しいもの好きでプレゼントをせがまれることが多いです。

若い妻は自分の肌や髪がツヤツヤで潤っていることをよく分かっています。

服のコーデはたくさん楽しみたいし、メイクだってしたい、習い事もしたい、旅行も行きたい、美味しいグルメも食べたいと好奇心旺盛です。

若くして結婚しただけで、気持ちは独身女性と何ら変わりありません。

独身女性なら自分の新しいもの好きは自分の収入から賄いますが、若くして結婚した妻は夫にプレゼントとしてせがむことがあります。

一流ブランドと呼ばれるようなショップの服やバッグを欲しいと言ったり、エステや美容院でケアしてもらいたいと頼まれるかもしれません。

海外旅行に行ったり、高級なレストランに行きたいと夢のようなワガママを言われるかもしれません。

新しいコスメが出たから欲しいと言ったり、美味しいスイーツがあるから食べたいと言ったり、そんなプチプラなワガママもあります。

全て、若い妻と結婚した夫なら叶えてくれるでしょう?と言った感じで妻が試している一面もあるかもしれません。

しかし夫は全てを受け入れる必要はありません。

結婚記念日、誕生日といった特別なときにプレゼントを手渡すくらいのほうが喜びが増していいと思います。

やはり男性には経済力が必要

若い妻をもらうためには、やはり男性には経済力が必要です。

全ての妻からのワガママやリクエストに応じる必要はないものの、プレゼント、夫婦で行く旅行や外食、妻の美容代などを全面的に夫が負担することが多いです。

将来子どもができたときの学費、家のローン、マンション購入費用、2人の老後資金などコツコツと貯めていかないといけない資金も大きいです。

妻の希望を叶えつつ、さらに貯金もしていくとなると男性には経済力が必要です。

昨今は夫婦共働きがスタンダードになりつつありますが、若い妻をもらった以上、年齢差から見て男性のほうに収入があったほうが夫婦関係もうまくいくでしょう。

男性は若い妻に憧れている

男性は若い妻に憧れています。

人それぞれ色々な好みがありますが、多くの男性は潤いがあって美しい若い妻をもらうことに憧れを感じています。

若い妻と一緒にいると、自分もいつまでも若々しくいられます。

そして、そんな若い妻をもらったことへ周囲の男性から羨望のまなざしを向けられます。

そもそも若い妻をもらうには、男性に一定の収入があり、きちんとした定職についていて、さらに見た目も整っているといった感じで男性としての一定のステイタスが必要となります。

全てを満たした上で若い妻をもらえているのですから、男性からすればとても誇らしいことです。

若い妻をもらえた男性は夫婦関係がうまくいくように、若い妻のことを受け入れてうまくリードしていけるように頑張ってください。