CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

モラハラ夫が言いがちなセリフ30選。これを言われたらモラハラ確定


モラハラ夫とは、「モラル・ハラスメント夫」の略で、夫が妻に暴力などではなく、言葉や態度で精神的ダメージを与えることを言います。

今回は日頃から、モラハラを受けていないかチェックするために、モラハラ夫が言いがちなセリフを30個お伝えします。

この記事の目次

モラハラ夫が言いがちなセリフ30選

1.誰のおかげで飯食ってるんだ!

ラハラ夫が最も言いそうなセリフですよね。

自分が一番稼いでいて、自分が一番偉いと思っているから言えるセリフです。

昭和のお父さんがよく言っていましたが、今時あり得ない言葉です。

2.俺が稼いだ金だ、何に使おうと俺の勝手だ!

給料を最低限どころか、足りないくらいの生活費しか渡さず経済的な支配をします。

もう少し渡して欲しいと要求すると、自分の金だからどう使おうと勝手だ!と言いだすのがモラハラ夫。

生活費が足りないから働くと、今度はそのお金さえも奪おうとします。

3.何時に戻る?俺の飯は?

団塊世代のお父さんに多いセリフです。

本人はまったく気付いていませんが、これもモラハラなんです。

妻が一日家を空けようとするものなら、昼も夜も用意しないと文句をいいます。

「これで何か買って食べて」とお金を渡しても、妻なんだから用意するのが当り前だと言い始めるので厄介です。

4.チッ!舌打ち

何か気に入らないことがあると、すぐ舌打ちするのがモラハラ夫。

言葉よりも舌打ちが先に出てくるのが特徴です。

舌打ちには相手を威圧する力があり、された人はビクっとして萎縮してしまいます。

モラハラ夫はこの威圧の力を知っていて舌打ちをするのです。

5.お前は本当にダメなヤツだな

妻が何か失敗したり、夫の望み通りにならないとこのセリフが出てきます。

何もここまで言わなくても!と思いますが、妻に精神的ダメージを与えたいのでキツめに言ってくるのです。

6.俺はお前のためを思って言ってるんだ!

傷つくことを言ってるのに、恩着せがましくこのセリフを言います。

俺!は正しい、俺は優しいというスタンスで、言ってくるので本当に腹が立ちますよね!それなのに、妻が何か指摘すると烈火のごとく怒り出します。

7.女なんだから家事をちゃんとやれ

自分は家事なんて全然出来ないのに、妻の家事に文句を言います。

家事は女がやるもの!家事が出来て、初めて女に価値があると思っています。

このタイプの男性の母親は、完璧に家事をこなす女性が多いです。

8.これしかオカズないの?俺の母さんは…

モラハラ夫は、妻の愛情を家事の出来で計ろうとします。

オカズが少なかったりすると、自分はあまり大事にされていないと思のです。

冷凍食品やスーパーの総菜を出しても同じことを思います。

モラハラ夫の母親は、たくさんの手料理を毎日出していたので、比べてしまうようです。

9.それでも母親か

モラハラ夫は自分の理想の妻、母親像を勝手に描いていますので、自分の理想から外れたことを少しでもするとこのセリフが出てきます。

実はモラハラ夫自身も、自分の母親が父親に言われているのを聞いて育っていますので、当り前のようにこのセリフが出てくるのです。

10.お前の育て方が悪いからだ

子供の病気、性格、クセ、成績、など自分の子供に少しでも問題があれば、母親のせいにしてきます。

最悪なことに、モラハラ夫の母(つまり義母)も一緒になって責めてくるから困りものです。

「誰に似たのかしらね?うちの家系にはいないんだけど…」なんて嫌味を言い出します。

11.どうせパートだろ?

妻の仕事を軽視するのがモラハラ夫。

パートは時間が短い、自分がしている仕事のように責任がないから、気楽だと言い出してきます。

仕事で疲れて家事があまり出来ない時も、パートで働く時間が短いくせに!と言ってくるのです。

12.生理くらいで…

女性の辛さをまったく知ろうとしない彼らは、妻が生理痛でうずくまっていると「大袈裟だな!」と言ってきます。

もう少し痛さを理解してほしいですが、理解すると家事や育児を手伝うはめになるので、意地でも分ろうとしません。

13.女らしくキレイな格好しろ

モラハラ夫には、誰にも譲れない理想の女性像があります。

女性は長い髪にスカート、化粧は派手すぎず、でもしっかりメイク。

つまり女性らしい女性を好みますので、ちょっとでも着崩したりすると気に入らないと言い出します。

中には下着まで指示してくる夫もいて、ちょっとでも派手だと、はしたないと言い出すのです。

14.おまえじゃその気になれない

セックスレスになった時、お互いに解決策を探さず真っ先に妻が悪いと決めつけます。

妻に色気がないから、妻が自分を悦ばせてくれないからと平気で言い出すのです。

妻側はそんなことを言われたら、女の魅力を全否定されたわけですから悲しくて泣いちゃいますよね。

15.テレビの女優やアイドルに「○○ちゃんは可愛いよな~」と言う

モラハラ夫は、隣に妻が座っていても平気で他の女性を賛美します。

可愛いだの美人だの、妻としては面白くないですよね。

そして最悪なのは、そう言った後に「それに引きかえお前は…」と比べたりもします。

16.○○の奥さんを見習え

比べるのはアイドルや女優だけではありません。

知人や友人の奥さんとも比べようとします。

容姿や性格、自分の妻より良い物を持っていると感じると、見習えと言い出すのです。

比べられた方は堪ったもんじゃありませんよね。

17.「……」無視

口うるさくいう日もあれば、突然無視をする日もあるモラハラ夫。

無視をしてる時は言葉がありませんので、その分舌打ちをしたり、ドアをバタン!と閉めたりして自己主張をします。

どんなに話しかけても無視されるので、こちらも黙っていると「無視するな!」と矛盾を言ってくることも。

18.「はぁー」ため息

無視に続き、ため息で主張することもあります。

ため息の後に文句を言う時もあれば、ため息だけで通すことも。

まるで思春期の子供のような態度を取るのがモラハラ夫なのです。

19.俺は悪くない

どこからどう見ても悪いのに、自分は悪くないと言い張ります。

自分の落ち度を認めたら「負け」だと思っているからです。

とにかく妻より上位にいたいので、彼らは絶対に認めることはないでしょう。

20.ごめん!でも本当は愛してるんだ

散々、妻に罵詈雑言を浴びせスッキリとした後、離婚されないように予防線を張るために、「そんなつもりはなかった、本当は愛してるんだ」と言ってくるのです。

いつもこの繰り返しで何とか乗り切ろうとします。

21.アイツ(同僚)本当に仕事できないんだよね

モラハラ夫は会社での愚痴も妻にぶつけてきます。

特に同僚の愚痴が多く、いつも自分より下に見ていているのです。

この愚痴に共感しないと、自分の存在を否定されたと思い暴れ出すことも。

22.はいはい、あんたが全部正しいですよ

妻が夫に理解してもらいたくて、いろいろ説明しようとするとこのセリフが出てきます。

妻の言葉を聞くのが面倒なのです。

そして正論を言われるのが大嫌いなので、早く話を終らせようとします。

「はい、わかりましたよ」で終ればいいのに、いちいち嫌味を言って終らせようとするのです。

23.あー、俺も具合悪い。死ぬかも

妻が具合悪くて寝ていていると、自分も具合悪いと言い出します。

とにかく妻より上にいたいモラハラ夫は、具合悪さでも勝ちたいと思っているのです。

しかも最悪なことに、妻が寝込んでいても、自分のご飯の心配をする始末。

そして気を利かしているつもりなのか、「晩飯は簡単なモノで良いよ」と言い、何が何でも作らせようとします。

24.嫌なら出てけ

今までさんざん言われてきた妻としては、出て行けるチャンスになる言葉ですが、モラハラ夫は妻に経済力がないことを知っているので言ってきます。

しかし実際に出て行くと、血眼になって探しまわることも。

25.何様のつもりだ!

ちょっとでも上から目線で見られると、腹が立つようで怒鳴ってきます。

ただこのセリフは、追い詰められている状態でもあり、正論を言われてしまった場合が多いです。

26.お前みたいなダメな女と付き合うのは俺くらい

妻の能力や可愛さを一切認めないモラハラ夫。

お前には俺しかいない、俺がいなければ生きていけないと言葉で洗脳してきます。

いつもその言葉を聞かされている妻は、本当にそうなのだと思い込み、生きる力をなくしていくのです。

27.別れるなんて許さない

毎日のように妻を蔑ろにしているのに、いざ妻側が「別れたい」と言い出すと必死になって離婚を阻止しようとします。

これは、妻のことが好きなのでも嫌いなのでもありません。

離婚をすれば、自分が人間的に欠陥があると、世間に知られてしまと思っているからです。

28.嘘を付くな!

何かアクシデントがあり、その理由を話そうとすると「嘘」だと言い出します。

正当な理由であっても、自分が思った通りの言い訳でなければそれを「嘘」だと判断し認めません。

モラハラ夫は、妻を嘘つきの悪者にしてまで、自分が正しい人間でいたいのです。

29.お前が俺を怒らせるんだ!

モラハラ夫は、短気で怒りの沸騰点が低い人間です。

すぐにカッとなり妻を怒鳴り散らします。

自分が怒り出してしまうのを妻のせいにして、自分は悪くないと言い張るのです。

素直に謝ることは永遠にないでしょう。

30.混乱していた・酒を飲んでいた

怒りの原因を妻のせいにもしますが、周りの何かのせいにもします。

例えば酒などがそうです。

妻に吐いた暴言なども、酔っていてわからなかったなどと言います。

また、喧嘩しているうちにパニックになり、つい言ってしまったなどの言い訳もしてきます。

まとめ

いかがでしたか?自分の夫は優しい。

そう思っていても意外と日常言われていたりします。

その言葉に笑って流す人もいるかもしれませんが、本当は心にチクチクとしたトゲがささっているような気持ちになっていませんか。

もし今回お伝えした30個にいくつか当てはまっているようでしたら、これからの夫婦関係を見直す機会にしてくださいね。

ページトップ