結婚は人生の墓場なんていう言い方をする場合もあります。

それは旦那さんからの意見も多い用ですが、結婚によって人生がガラリと変わってしまうのは女性もまた同じ事です。

その為、お互いに結婚に対して思う所がある物でしょう。

そのせいか、日本の晩婚化は年々進んでいます。

結婚をしたくないとまでは言わないけれど、まずは自分の時間を大事にしたい。

仕事での実績をあげてから結婚したいなんて事を考える人も居るかもしれません。

特に今の女性は、男性と対等に仕事をしています。

昔は、女性は家に入り家庭を守る事が仕事だとされて来ました。

ですが、今はそんな時代ではありません。

同じ様に大学などに進学し、同じように学歴を身に付ける事が出来ます。

会社の中でも、男性と同じかそれ以上に高い地位につく事も出来るでしょう。

しかし、そんな時に結婚をしてしまうと自分のスキルを棒に振ってしまう事もあります。

すぐにとは言わなくとも、結婚・妊娠などのタイミングによって女性の社会人としての日々は大きく変わってしまう事でしょう。

だからこそ、今の女性は結婚に消極的であり、晩婚化が進んでいると言われて居ます。

しかし、だからと言って結婚が悪いものであるというわけではありません。

どうしても、メディアなどの影響により結婚の悪い面ばかりが注目されてしまいます。

しかし、結婚をする事によって良い部分も必ずあるのです。

全く違う人生を歩んできた二人が、行きなり同じ時間を共有する事になればぶつかる事もあるでしょう。

お互い相手に対してイライラしてしまう時もあるかもしれません。

ですが、それ以上に楽しい事も沢山あるのです。

物事には必ず2面性があります。

良い事もあれば悪い事もあるでしょう。

結婚だって同じ事。

良い事もあれば悪い事もあります。

良い事ばかりに目を向けて結婚をしたら、その落差に幻滅してしまう事もあるでしょう。

反対に悪い事ばかりに目を向けて居れば小さな幸せに気が付かない事もあります。

それぞれ、両方に目を向ける事が大事なのです。

夫婦の形も人それぞれです。

旦那さんの事を嫌いな奥さんが最近では多く取り上げられて居ます。

ですが、持勿論中には大好きな家庭だってあるのです。

どうで一緒に居るのであれば、憎み合うより好きで居た方が幸せになれるとは思いませんか?

どうしたら、そんな夫婦になる事が出来るのか。

うまくいっている夫婦の奥さんが旦那さんを好きすぎる理由と好かれる旦那さんとはどのような男性なのでしょうか?

その事について考えていきたいと思います。

妻に愛される旦那になるためには?

インターネットを検索すると、『旦那』という言葉を入力したあとの予測変換が『デスノート』『嫌い』『死んで』なんでいう辛辣な言葉が並んでいます。

それだけ世の奥様方は旦那さんに対するストレスが溜まって居るのでしょう。

一生一緒に居ようと思って結婚したはずなのに、なんでそんな事になってしまうのか。

その謎は誰にも解明する事が出来ません。

しかし、離婚ともなれば膨大な労力を消費する事になります。

子供が居る場合には、その子の人生も大きく変えてしまう事にもなりかねません。

その為、そう簡単に離婚する事などっ出来ないのです。

離婚する事が出来ないのであれば、出来る事なら一緒に居る時間を楽しく過ごしたいとは思いませんか?

その為にも妻に愛される旦那になる努力をしなければなりません。

男性側からすれば、どうして自分たちが努力をしなければならないのかという思いを持つ事もあるかもしれません。

ですが、大抵の場合旦那さんの努力によってその家庭の安定が測られて居るのです。

例え少々不本意であったとしても、家庭を丸く収める為には旦那さんの努力が必要なのです。

毎日ギスギスした家に帰る事を考えれば、自分が少しでも努力をして明るい家庭を築いた方がよっぽどいいとは思いませんか?

その為にも、旦那様方は是非努力をしてみてください。

妻が旦那を好きすぎる理由11個

世の中には、嫌われている旦那さんばかりではありません。

中には、奥様に物凄く愛されて居る家庭もあるのです。

殺伐とした日々を過ごしているかたからすれば、信じられないと思う事もあるでしょう。

ですが、そんな家庭も世の中には確実に存在しているのです。

そんな、妻に愛されている旦那さんにはどんな理由があるのでしょうか。

その理由を知る事により、今後の参考にする事が出来るかもしれません。

今はまだ、自分は妻にそこまで好かれて居ないと思う方は、これから出てくる好かれる理由を良く読み、参考にしてください。

もしかしたら、あなたが今まで全く気にしていなかった些細な理由が大きな要因になっている事もあります。

女性と男性は、基本的に見ている世界がちがいます。

考え方も違えば、感じ方もまた違うのです。

その為、からすればくだらない内容も女性からしたら需要なポイントになっている事もあるのです。

その事を忘れずに、謙虚な気持ちで一つ一つの理由を参考にしてみてはいかがでしょうか。

大切にしてくれる


まず、最も大事な事は奥さんの事を大事にしているかどうかという点でしょう。

人の気持ちは鏡のような物です。

大事にする気持ちが相手に伝われば、相手もまた同じようにあなたの事を大事に思ってくれるでしょう。

反対に、あなたが相手を大事にしなければ、相手に大事にされる事もありません。

人はつい、自分の事を棚にあげて相手にばかり求めてしまいます。

ですが、それではお互いに不満が貯まる一方です。

相手に求める事を辞め、自分が相手に与える事に専念しましょう。

見返りを求めず、自分の気持ちを素直に相手に伝えるのです。

そうする事により、結果的に相手が嬉しい気持ちになったり幸せな思いをもってくれる事でしょう。

自分の事を大切にしてくれる人に対して『消えて欲しい』『死んで』などという厳しい意見をいう人はそういません。

それでも思うのであれば、よほど大きな問題があるとしか思えません。

そうでないのであれば、多くの人は自然と優しい気持ちを持つ事が出来るでしょう。

妻に優しくして貰えないと思う人は、まず自分の行いを振り返って見てください。

あなたは奥さんの事を大事に出来て居ますか?

出来て居ると断言する事が出来ない人は、まず自分の行いから振り返るべきでしょう。

両親がそうだった

育った家庭環境はとても大事です。

それがその人の基準となるからです。

例えば、普段から両親が喧嘩ばかりしていたお家では、それが普通となってしまいます。

その為、つい言い方がキツくなってしまう事もあるかも知れません。

反対に、いつも仲良しな家庭で育った人の場合、それが基本となります。

その為、わざわざ仲良くしようと意識して行動しなくとも中の良い状況を自然と作り出す事が出来るのです。

ですが、これは必ずしもそうとは言い切れません。

両親が喧嘩の多い家庭で育った人の中には、反面教師として中のいい夫婦を作り為の努力をする人も大勢居ます。

自分の両親の様にはなりたくないからこそ、真面目な行動を取ろうと努力する事が出来るのです。

その為、自分の両親が仲が悪かった事を言い訳に今の状態に甘んじている人単純に努力が足りないと言わざるをえません。

本当に変わりたいという思いがあるのであれば、両親は関係なく、自分自身がどう変わって行くかをきちんと考え行動するべきでしょう。

頼りになる

今の時代は、男女の差は殆どありません。

女性も男性と同じように、どんな場面でも対等に意見を話行動する事が出来ます。

ですが、男女には必ず対格差があります。

その為、物理的に出来ない部分もある事でしょう。

そんな時、積極的に行動してくれる人に対して頼りがを感じる女性は少なくあんりません。

また、実際には全てを自分で行う事が出来たとしてもそれをあえて男性にやって欲しいと願い女性も少なくありません。

女性は基本的に守られたいという思いがあるからです。

精神的に頼りになる男性に対しては、女性は必ず好印象を持ちます。

それは家庭でも同じ事です。

電球の交換や家電製品の設置など、やろうと思えば女性だってする事が出来ます。

もしかしたら、男性より的確に行う事が出来るかもしれません。

ですが、そこをあえて男性にやって欲しいのです。

そうする事により、頼りがいを感じたりする事が出来ます。

男性からすれば、出来るなら自分でやったらいいと思う事もあるでしょう。

ですが、そこをやってくれるかどうかによって、妻からの評価は大きく変わって来るのです。

頼まれた電球交換をそのまま忘れては居ませんか?

奥さんがやった事ですっかり解決した気持ちになっているかもしれませんが、奥さんの心のメモには必ずそのことが書き込まれて居ます。

それがいつ爆発しないとも限りません。

そならない為にも、出来る事は率先して動きましょう。

とにかくかっこいい

ここで言うカッコいいとは、顔の作りだけを言うのではありません。

勿論、顔がカッコいい事は好きなポイントになるでしょう。

好みにぴったりの顔であればずっと見ていても飽きないと思うほどの高ポイントになる事は間違いありません。

ですが、それだけでは無いのです。

常に身なりを意識し、男として。

旦那としての役割をきちんと果たす。

そんな姿にカッコ良いと感じる事でしょう。

どんなに元が良くとも、常にだらしない姿を見せたりしていては女性のポイントはだだ下がりです。

100年の恋も冷めるもの。

家族となってしまうと、ついつい気を抜いてしまうものです。

身なりなど気にせず、適当な格好でダラダラしてしまう事もあるでしょう。

ですが、そんな姿で居ると奥さんから嫌われる可能性も大です!

毎日キチンとするのは大変かもしれませんが、意識を持ちながら行動する事によってわそこまで堕落した姿を示す事が無く過ごせるのでは無いでしょうか。

みんなのことを大事にしてくれる

結婚し、家族になると言う事は自分達だけの問題ではありません。

お互いの両親など、身内をひっくるめての付き合いとなります。

その時、自分の家族を大事にしてくれない人に対して、愛情を持つ事は無いでしょう。

反対に、自分の家族を大事にしてくれる人はどうでしょうか。

きっと感謝の気持ちを持つはずです。

それと同時に、自分もまた、相手の家族を大事にしたいと思う事でしょう。

お互いに思い合う事により、より良い家庭を築く事ができます。

更に、家族だけでは無く友人に対しても同じ事が言えます。

自分が大切にしている友人に対して、ひどい態度をとる人を、好きな人など居ないでしょう。

家族と同様に、同じ気持ちで大事にしてくれる人に対してより好意を持つ事が出来ます。

結婚した以上、お互いの家族や友人とも関わりを持つようになります。

その際、如何に上手くやる事が出来るかによって、お互いの心象も変わってくるものです。

自分達の家族以外の人とも楽しく過ごす事が出来る人であれば、それだけより良い時間を過ごす事が出来るでしょう。

何があっても妻の味方でいてくれる


生きていれば、辛い事が起こる事もあります。

悔しくて、涙する事もあるでしょう。

そんな時、自分の事をわかってくれる人が居たらどうでしょうか。

それだけでも心が救われる事もあるでしょう。

女性の場合、ただ話を聞いた欲しい。

自分の気持ちをわかって欲しいという願望を持って居る場合がほとんどです。

具体的なアドバイスなどを求めて居る訳では無く、自分の事を考え共感して欲しいのです。

そうしてくれるだけで、心が休まり、元気を取り戻す事が出来ます。

外で頑張っていればいるほど、家では落ち着いた時間を過ごしたいもの。

そうする事によって、より家での時間が心の拠り所になる事もあります。

そうした関係性を気付いて行く事が出来れば、お互いの信頼関係も作って行く事が出来るでしょう。

イクメン

育児は奥さん1人でするものではありません。

夫婦2人でするべきでしょう。

昔は、旦那さんは、外で働き奥さんが家を守るという考え方が一般的でした。

ですが、それはまだ日本全体が子育てに協力的であり地域全体で子育てをしていたからです。

今の日本は、そうではありません。

地域との繋がりはおろか核家族が進んだ事もあり1人で育児をして居る人も多くいます。

『ワンオペ』とも呼ばれるそれらの方々は、子育ての不安やストレスを1人で全て背負う事になるでしょう。

そうなってしまった時、旦那さんが一緒になって頑張ってくれるかどうかによって今後のお互いの信頼関係がおおきくかわってきます。

辛い時に、一緒に頑張ってくれない人など愛情を感じる事が出来なくても無理は無いでしょう。

『イクメン』と言うと、何だか特別な事をして居るようです。

ですがそれは当たり前の事。

『やってあげている』と言う気持ちでいれば、奥さんからの感謝も得る事は出来ません。

率先して行うからこそ、意味があるのです。

【イクメンについては、こちらの記事もチェック!】

カジメン

家事は、年間200万円以上の価値があるとされています。

しかしながら、常に奥さんが家事をする事が当たり前になってしまっているご家庭では、その日頃家事に対する感謝の気持ちがすくなくなってしまいます。

そうなれば、奥さんの不満も溜まり、旦那さんに対して殺意を抱く事もあるかもしれません。

共働きは勿論、そうでないお家も時に家事を手伝いましょう。

家事は休みのない仕事です。

それをひたすらやり続ける事は負担も大きくなる事でしょう。

毎回で無くとも、時々手伝ってくれるだけで奥さんの気持ちも晴れるものです。

また、率先して動いてくれる事によりお互いに協力して生活する事が出来ます。

亭主関白ではなく、妻の意見を取り入れてくれる

昔は、男性の後ろに奥さんがたつ、三歩後ろに下がる関係性が理想とされてきました。

その際には、亭主関白な考え方の方も多くいた事でしょう。

ですが、今の時代はそんな自体ではありません。

男女は平等に生活しており、どちらかが上に立つと言う事もありません。

互いに対等な関係を作る事が理想の関係です。

今の時代、亭主関白になる事が出来るほどしっかりしている旦那さんはそうそう居るものではありません。

自分の事を棚に上げて、奥さんにばかり厳しくしては嫌がられても仕方がないでしょう。

そうならない為にも、自分の気持ちばかりでは無く奥さんの気持ちもしっかりと理解してあげる事が大切でしょう。

色々とこだわりがない

自分の人生です。

こだわりをもち、譲れない部分がある事も良いでしょう。

ですが、何事もやり過ぎてはいけません。

自分のこだわりばかりを相手に押し付ける事は、互いの関係性を良く無いものにしてしまう事でしょう。

自分のこだわりを持つのであれば相手のこだわりもまた受けいけるべきです。

それが出来ないのであれば、単なるワガママな旦那さんになってしまいます。

自分の気持ちを理解して欲しいのであれば、まずは奥さんの気持ちも理解してあげましょう。

信用できる

相手を信用する事が出来るかどうかはとても重要な部分です。

相手の事を信用する事が出来ないのであれば、一緒にいても楽しく過ごす事は出来ません。

心を許して会話をする事も出来ないでしょう。

この人なら大丈夫。

全てを分かってくれる。

そんな思いがあるからこそ、多くの人は家庭で安心する事が出来るのです。

それをする事が出来ない関係性なのであれば、一緒に過ごしていても楽しいとは感じる事が出来ないでしょう。

恋人同士の時は、ドキドキワクワクする関係性をつい求めがちです。

ですが、結婚は生活です。

生活に必要な事は、ときめきよりも安定性です。

その安定性を得る為にも、相手を信頼する事が出来るかどうかは大変重要な部分です。

相手を信用しているということは、それだけでも、愛情を持っている事と同等な価値があります。

相手に信用される為には、それ相応の関係性を作る事が大事であると同時に、自分もまたそれだけの人になる事が大切です。

それをする事が出来るかどうかは、日頃の行いにかかっているでしょう。

相手に信用される為には、自分が変わる事が大切です。

妻に愛される旦那の共通点は?

妻に愛されている旦那さんには、必ず理由があります。

なんの理由もなく、自分の旦那さんが好きな人などそう多くは無いでしょう。

それ相応の事をしていゆからこそ、奥さんに愛される人になる事が出来るのです。

奥さんに既に疎まれている人は、何か必ず理由があるはずです。

自分が気が付いていないだけで、奥さんの心を傷つけたり怒らせてしまっている事があるのかもしれません。

その部分を治す事が出来なければ、愛される旦那になる事など出来ないでしょう。

まずは、自分の為にも愛され旦那になる為に気をつけるべきポイントをしっかり抑えてください。

そうすることにより、自然と愛され旦那になる事が出来るかもしれません。

なんの努力もせずに相手に愛されたいなど無理な話です。

相手の求める理由を考え方え、きちんと行動するべきです。

笑顔を忘れない

どんな人も、一番素敵表情は笑顔です。

笑顔を見せてくれるだけで幸せな時間を過ごす事が出来るでしょう。

ずっと一緒に居る人が、イライラした顔をしていたらどうでしょうか。

きっと嫌な気持ちになってしまうはずです。

反対に、常に笑顔で過ごす人が家に居てくれれば幸せな気持ちになる事でしょう。

その幸せな時間をいかに長く過ごす事が出来るかによって、お互いの気持ちは変わって行きます。

その為にも、是非常に笑顔を心がけましょう。

笑顔で居る事は、そう簡単な事ではありません。

時にはイライラしたり悲しくなってしまう事も、勿論あります。

ですが、それでも笑顔を絶やす事が無いからこそその人の本質的な優しさや強さを感じる事が出来るのです。

お互い一人の人間として接する

夫婦になると、家族という感覚が強くなってしまいます。

その為、どうしても相手の気持ちを考え行動する事が出来なくなってしまう事もあります。

付き合いが長くなればなるほど、相手の気持ちを全て知っているかのような気持ちになる事もあるでしょう。

ですが、実際にはそんな事はありえません。

人は一人の人間である以外には無いのです。

その為、どんなに相手の事を知っていると思った所で、実際には知る事が出来て居ない事も多々ある事でしょう。

その為、夫婦としてもお互いの時間や考え方を尊重しましょう。

そうする事によって、相手の気持ちを大事にする事が出来ます。

それをする事が出来れば今まで以上に貴重な時間を過ごす事が出来るようになる事でしょう。

心から褒める

長く一緒に居れば、相手の考えている事がある程度分かる様になります。

その為、相手が感動しているかそうでないか程度の判断をする事は出来るようになるでしょう。

その為、あなたが心から感動しているかどうかは、よく見ればすぐに分ってしまいます。

そのせいで、かえって相手の機嫌を損ねてしまう事もあるかもしれません。

女性と男性の考え方は基本的に違います。

その為、女性が感動した事や楽しいと思った事に対して共感する事が出来ない場合もあるでしょう。

何が楽しいのかさっぱりり理解する事が出来ない事だってあるかもしれません。

ですが、その時にいかに相手の機嫌を損ねる事無くその場をやり過ごす事が出来るかどうかは重要なポイントです。

相手に不快なおもいをさせない為には本気で感動する以外に方法がありません。

本気になる事によって相手も本当に喜んでいるのだと言う事が分かるでしょう。

そうなれば、話している相手も気持ちよく話し続ける事が出来ます、結局大事なのはいかに気持ちよく話をさせてあげるかと言う事にかかって来るのでしょう。

仕事も一生懸命

旦那さんは、家庭での活躍も大事なポイントとなります。

ですが、それよりもまず大事な事は仕事をきちんとする事です。

最近では、共働きのご夫婦も多く居る事でしょう。

その為、家計の全てを旦那さんが預かっていると言う事は無いかもしれません。

ですが、その名かでも、しかっかり仕事をしているかどうかは大事なポイントです。

仕事を一生懸命しているしとは、家で何も出来なかったとしても許される部分もある事でしょう。

ですが、仕事もしない家事もしないでは居る意味がありません。

まずはきちんと働く事。

それは社会人としても当然のことです。

こんな旦那は嫌われる!

好かれる旦那さんが居れば、嫌われる旦那さんも勿論居ます。

その差はどこにあるのでしょうか。

自分では嫌われる理由など全くないと思っている人も、気が付いていないだけで奥さん怒らせてしまっている事があるかもしれません。

何か日頃の行動によってストレスを感じさせている事だってあるでしょう。

気が付かずに過ごしているうちに、奥さんの我慢が限界を迎え爆発しないとも限りません。

大事な奥さんを怒らせる程の問題があるのであれば、早急に解決する必要があるでしょう。

とはいえ、自分の欠点は自分ではなかなか気が付く事が出来ません。

その為、その欠点を自分で自覚し解決しようと行動する事こそが大事なのです。

自分勝手

自分の意見を押し付けてくる人は、一緒に居ても疲れるだけです。

自分に甘く、他人に厳しい人など最低です。

そんな事を繰り返して居ては、相手から嫌われてしまったとしても仕方が無い事でしょう。

奥さんが何も言わない事を良い事に、好き勝手な行動をしていると後で必ず大きな仕返しが待ち構えて居ます。

その時に後悔したとしても後の祭です。

そうならない為にも、まずは自分の行動をしっかりと振り返る必要があるのでしょう。

亭主関白

今どき、亭主関白は流行りません。

よほど頼りがいのある人なのであれば、多少は許される事もあるでしょう。

ですが、それ以外の場合には大抵んの場合単なるワガママな可能性が多々あります。

そんな相手を相手にする奥さんは溜まった物ではありません。

亭主関白に憧れを持っている方も、亭主関白になるにはそれだけの素質と実績が無ければなりません。

ただただ亭主関白ぶりたい人の場合、それに従順になってくれる女性は少なく、多くの場合はうっとおしいと思われてしまっている事でしょう。

育児を手伝わない

育児は、とても大変な仕事です。

子供が可愛いから毎日楽しく過ごせると本気で思っているひとは、育児をした事が無い人でしょう。

どんなに可愛い存在も、毎日毎日相手にしていればストレスは溜まります。

いい加減にしてくれと怒鳴りたい気持ちになる事もあるでしょう。

それは、母親ととしての素質の問題などではありません。

誰しも一度は経験する、当然の感情です。

だからこそ、そんな時に旦那さんの手助けがあるかどうかが重要なのです。

自分の事ばかりを優先し、育児を手伝ってくれない旦那は必要ありません。

一番必要な時期に居てくれるかどうかによって、現状は大きく変わります。

お互いの子供に対してきちんと向き合い二人で育てていくという感覚をもっていない方は、パートナーとして良いとは言えないでしょう。

最近では、育児の悩みを相談する事も出来ず核家族化によってワンオペ育児が当たり前になって来ています。

そんな時に、旦那さんの手助けを得ることが出来るどうかはとても需要な問題となります。

育児に対していかに真面目に向き合う事が出来るかどうかが大事でしょう。

頼りない

旦那さんは、一家の大黒柱です。

いかに女性たちが強くなったとしてもそれは変わる事がりません。

その大黒柱が頼りない存在であれば、家族は路頭に迷ってしまう事もあるかもしれません。

大事な家族を守る為には、旦那さんにはしっかりとして貰わなければなりません。

例え、旦那さんに対しての恋愛感情が無くなってしまったとしても、そこに尊敬の気持ちがあるのであればその関係もまた新たな形として続けて行く事が出来るでしょう。

ですが、そう思う事が出来なければ、相手に対する気持ちなどあっという間になくなってしまいます。

そうなってしまえば、全てがどうでも良いと言う事にもなるかもしれません。

男性の方々は、ここぞという時には力を発揮しましょう。

それをする事が出来れば、例え普段頼りない存在だとしても、その存在意義を示す事が出来るかもしれません。

何十年経っても妻に愛される旦那でいて下さい!(まとめ)

多くの人の場合、結婚は一生で一度きりです。

中には何度もする方も居ますが、日本ではまだまだそれは珍しく、多くの方が一回きりです。

一生で一度きりの結婚生活であるならば、出来る事なら仲良く幸せに暮らしたいもの。

ですが、それは意外と難しくそう簡単に成せる技では無いのです。

奥さんの笑顔が、ある家庭が平和な家庭です。

奥さんがイライラしている家庭で、幸せなどあり得ないでしょう。

奥さんの気持ちを落ち着かせる為にも、是非愛され旦那を目指しましょう。

愛され旦那になる為には、それなりに努力をしなければなりません。

勿論、何もせずに既になる事が出来る人も居ます。

ですが、多くの人の場合そう簡単に愛され旦那になる事は出来ません。

という事は、努力をしなければ愛され旦那にはなる事が出来ないと言う事です。

少しでも愛され旦那になる為に、努力を続けて行きましょう。

夫婦はお互いの努力によって形成されて行くものです。

ですが、ほんの少しだけ旦那さんが多く努力する事によってより良い時間を二人で過ごす事が出来るようになる事でしょう。

そう考えれば努力する事も余り苦にはならないのでは無いでしょうか。

最近家庭での時間がギクシャクしてしまっている方は今がチャンスです。

この機会を逃す事が無いよう努力をして行きましょう。