CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

旦那のイラっとするあるあるな15個の行動


「アイツ、またあんなことしやがった…!」結婚前は、まさか自分が旦那に対してこんなことを考えたり、言うようになると思わなかった!そのように考える奥様は多いものです。それだけ、旦那となった男性は嫁である奥様の気持ちをまったく理解していない、さらにどこか調子に乗っているということです。この記事では、世の中の奥様から聞いた旦那のイラッとする行動を厳選して15個まとめています。「これこれ!ウチもある!」なんて、あなたの家庭にも共通するものがあるかも!?また、旦那にイラッとしたときにできる対処法(体験済み)もお伝えしているので、ぜひ参考になさってください☆

この記事の目次

旦那のイラッとする15個の行動まとめ!

「あの人ってどうしてこんなこともできないの?」「もう何度も直してって伝えているのにちっとも分かってくれやしない!」な~んて、世の中の奥様達が感じている旦那のイラッとする15個の行動を見ていきましょう。

きっと、あなたが感じたことがある旦那イラッがあるはずです。

1.洗濯物はいつも裏返しで出される

仕事で疲れているから速くお風呂に入りたい気持ちもわかる…でも、洋服を裏返しに脱がないようにすることくらいできるはずなんですよね!特に奥様達は、靴下を裏返しにして脱いでいる旦那に対してイライラしています。

洗濯機を回した後は、それを干すのにその後の行動をちっとも”予想”できていないのです。

2.家事・育児に協力しない

女性が活躍する社会になっても「家事・育児は女のすること」という古い考えを持っている旦那は多いものです。

そのため、奥様が働きに出ていることを棚にあげて「どうして俺が家のことをやらなきゃいけないの!」「子供はお前が担当だろ!」などといいます。

いやいや、家庭って一人で担うんじゃなくて夫婦が基本となって作り出していくものですから。

3.家事されていて”当たり前”

家事をしない男性は、家事はいつでも何があっても”されていて当たり前”と考えています。

そのため、奥様が高熱で寝込んでいたとしても「俺の弁当はどうなるの?」「メシまだ?」なんて気楽に言えちゃうんですよね。

奥様であっても、一人の人間、一人の女性です。

人として大切にされてないことやまるで家政婦扱いの点にイライラします。

4.やらないくせに口出しは一丁前

イライラさせる旦那は、自分は一切何もしないし、やれば全くデキないくせに口出しだけは一丁前に上手です。

「家事をやるならもっと効率性を考えたら?」「もっとウマいメシを作ってくれよ」…だったら、あなたが1年間ぐらい、現在家に入れるお金と同等で主婦をやってみなさいよ!とイライラしてしまいますよね。

やらなきゃわからないのが主婦業なんです。

5.連絡なしの朝帰り

妊娠中や小さな子供がいる時期は、特に旦那の帰りを気にするものです。

お風呂の時間がかぶらないか、子供たちの寝かしつけが終わった後に帰宅しないか、したらどのように静かにさせるか…。

それなのにこっちの苦労も知らず、連絡なしの朝帰り。

言い訳は「疲れて車で寝てた」「残業のまま飲みに行った」…帰宅してからじゃなくて現在進行形で連絡くらいできるのに”いつまでも独り身”感覚にイライラします。

6.連絡なしの夕飯の外食

奥様は、決められた生活費の中から食費を捻出し、さらにご飯を作っています。

それなのに夕飯を作った後で一緒に食べようと待っていたら「ごめん、食べてきちゃった」と事後報告。

そう、イライラさせる旦那たちはとにかく”事後報告”が多め。

いやいや、先に教えてくれたらさ、もっと軽く済ませたのにってイライラしちゃうんですよね。

夕飯を作る時間までも返してほしい気持ちに。

7.妻や子供の人間関係に口出し

自分は毎日毎晩のように”友達”と遊びに行っているのに、妻や子供の人間関係には口出しする旦那もいます。

「その人とは関わらないほうがいい」「近所づきあいとか恥ずかしいからやるなよ」って、あなたは日中はココにいないから何も知らないのね!?とイライラが増します。

妻や子供の友達はまっとうだけど、あなたの友達はどうなの?自分のことは棚に上げていることにイライラしちゃうんですよね。

8.浮気したくせに開き直り

「寂しかったんだ!」「まだ言ってるの?いい加減にしてくれよ」なんて、あなたが浮気さえしなければ、こんなにも毎日寂しくて苦しい思いをしなくてよかったのに!そもそも浮気した人は、寿命を全うするまでずっと浮気したことを償う必要があることに気づいていません。

それどころか「それでも一緒にいてやっている俺スゴイ」感を出すのやめてくれます?イライラします。

9.気に障るとすぐに怒鳴る

「それは触るなっていっただろ!」「どうして起こしてくれないんだよ!」この言葉何回目だろう…。

そもそも、そんなことでいちいちイライラしてて何様なんだろう…。

君は王様かい?いや、「イライラしていれば相手がいうことを聞く」と思っているのが見え見えでイライラするんです。

10.存在そのものがイラッ

家事は一切手伝わない、帰宅して初めての一言が「あー疲れた」…いや、こちらもね疲れているんですよね。

「ビールないの?」飲みたいなら自分で買ってきて。

「肩もんで」スマホ触りながらの人をどうして肩もみしなきゃいけないの?「ガー」いびきうるさい。

イライラさせてくる旦那は、じきに存在そのものがイライラする存在になっていきます。

この人がいなかったら、どんなに人生が楽しいのだろうかなんて考えることも。

11.自分で自分のことができない

イライラさせる旦那は、自分で自分のことができません。

例えば、朝決まった時間に起きる・洋服を出す(下着を出す)・洗濯機をまわす・お米をたく…。

幼稚園生の子供だって出来ることができないのです。

まるで大きな子供がいるように感じ、やることが増えてしまうためにイライラします。

あなたがしっかり自分のことをやってくれたら、メイクだってゆっくりできるのにって。

12.「朝起こして」というのに起きず逆ギレ

朝起こしているのに起きない旦那、それも予定起床時刻から2時間起こし続けても起きないために放置していると「どうして起こしてくれなかったんだよ!」とガチギレモード。

いやいや、あなたを起こすためにこちらはもっと早起きしているし、起こしている時間が無駄な時間になってしまったと後悔し、さらにイライラしているんです。

過ぎ去った時間は戻らないことを知っているのか知らないのか、本当にイライラさせる旦那はどこか抜けています。

13.コキ使ってくる

「あれやっといてよ」「これオークションに出品しといてよ」あなたは、なんのために結婚をしたのかと尋ねたくなる行動です。

奥様だって自分のやりたいこともあるし、家事も仕事だってこなしていきます。

それなのに「あれやって」とコキ使い、さらにすぐにそれを終わらせないとキレたり、「主婦失格」なんていうのでイライラするんですよね。

あなたこそ、それは自分でできることなのに…。

14.子供に「母は悪者」と伝える

夫婦喧嘩になったとき、子供に「ママが悪い」と伝えるのもまた、イライラする奥様が多かったです。

常識的に考えると、旦那が悪い点が多くあるのにそれに気づきもせず、子供に悪い常識を教えているシーンに耐えられないのです。

たいていの場合、子供たちはよく大人たちを見ているので、父親がおかしなことを言っていることが分かっていることだけが救いんですよね。

15.寝室で寝ず居間のソファで寝る

寝室で布団やベッドメイキングを済ませているのに、寝室で寝ないでテレビを見ながら、そのまま今のソファで寝てしまう旦那にもイライラしている方は多いです。

そもそも寝具を整えた時間が無駄となり、さらにソファに寝ている間に出てくる汗がしみこみ洗濯に時間をとるようになるからです。

心では「ここで寝るな、ふざけるな」と思いつつも、優しく「ここで寝ると風邪ひくからベッド行こう?」と言ってやっているのにそれにも気づかない鈍感さんにイライラです。

旦那の行動にイラッとしたときすべきこと5個

「旦那の行動を見てるだけで腹立つ!」「イライラが止まらなくて涙が出る」それは、あなたが旦那へのイライラを抱え込みすぎたサインです。

その際には、またそのような段階になる前にこれからお伝えすることを実践してみてください。

心が少し軽くなります。

1.その場から離れる

旦那にイラッとしてしまうのは、悲しくもあなたが「旦那へイライラする」という気持ちを選択していることになります。

その状況を避けるために、イライラするシーンが見える場所から一時的に離れましょう。

もしも旦那と口論になっている場合には、「頭を冷やす」と必ず一言残してから離れるようにしてください(相手をさらにイライラさせる旦那にしないため)。

その場から離れるだけでも、心が落ち着き目の前のことに冷静に対処できます。

2.全く別のことを考える

旦那にイライラし始めたことを感じたのであれば、すぐさま別のことを考えるようにしてください。

それも”旦那や家族などに関係しないこと”です。

例えば、大好きな韓流アイドルの音楽を脳内に流す、行ってみたい旅行先を旅している妄想をする、気になる新発売のコスメについて考える…などです。

出来る限り現実的で、さらに”明るくなれるもの”をチョイスしてください。

旦那へのイラだちが小さなことに感じます。

3.精神的苦痛を記録する

何をしても旦那へのイライラが消えない場合には、1冊のノートに日付と時間つきでその精神的苦痛を記録していきましょう。

今はまだ「旦那へのイライラ」としか捉えられてなくても、数ヶ月後に見直したときに旦那のモラハラ(精神的DV)が原因となっていることが分かることも。

きちんとあなたの言葉で文字で日付時間つきで記入しておくことにより、のちに裁判沙汰になっても勝利します。

4.義両親に相談する

旦那のことは、旦那についてよく知っている義理の両親に相談しても良いでしょう。

しかし、日頃から義理の両親とよく意見交換をできている奥様に限定させてください。

なぜかというと、いつもは疎遠な関係で義理両親を頼ったとしても息子を信じ切っている相手側からすると「嫁がおかしい」と判断せざるを得なくなるからです。

そのために、嫌でも旦那の両親とは社交辞令レベルでもしっかりと交流を持っておくのがベターです。

5.旦那へ直接伝える

旦那へイライラしていることを旦那に伝えることによって、今後において旦那が気をつけてくれる可能性があります。

しかし、頭ごなしにイライラした気持ちに任せて旦那に伝えるのはNGです。

冷静に何を言っても伝わらない旦那に響く言葉を選ぶ必要があります。

「呆れた」という気持ちを伝えるとより効果的です。

おしどり夫婦への道のりはすぐそこ!

今回は、世の中の奥様たちが旦那にイラッとしている行動を15個お伝えしてきました。

あなたの心に芽生えるイライラに近いものはありましたか?旦那へのイライラはあっても離婚するまでは考えていない奥様としては、どう旦那の行動とそのイライラをどう乗り切るかが今後乗り越えるテーマとなってくるでしょう。

仲良しな”おしどり夫婦”を目指すなら、旦那へのイライラ回避法を取り入れつつ、「もう一人の子供がいる」と考えてみるのもイライラを軽減させる良い案といえるでしょう。

ページトップ