CoCoSiA(ココシア)

旦那のイラっとするあるあるな15個の行動


「アイツ、またあんなことしやがった…!」結婚前は、まさか自分が旦那に対してこんなことを考えたり、言うようになると思わなかった!そのように考える奥様は多いものです。それだけ、旦那となった男性は嫁である奥様の気持ちをまったく理解していない、さらにどこか調子に乗っているということです。この記事では、世の中の奥様から聞いた旦那のイラッとする行動を厳選して15個まとめています。「これこれ!ウチもある!」なんて、あなたの家庭にも共通するものがあるかも!?また、旦那にイラッとしたときにできる対処法(体験済み)もお伝えしているので、ぜひ参考になさってください☆

この記事の目次

旦那のイラッとする15個の行動まとめ!

「あの人ってどうしてこんなこともできないの?」「もう何度も直してって伝えているのにちっとも分かってくれやしない!」な~んて、世の中の奥様達が感じている旦那のイラッとする15個の行動を見ていきましょう。

きっと、あなたが感じたことがある旦那イラッがあるはずです。

1.洗濯物はいつも裏返しで出される

仕事で疲れているから速くお風呂に入りたい気持ちもわかる…でも、洋服を裏返しに脱がないようにすることくらいできるはずなんですよね!特に奥様達は、靴下を裏返しにして脱いでいる旦那に対してイライラしています。

洗濯機を回した後は、それを干すのにその後の行動をちっとも”予想”できていないのです。

2.家事・育児に協力しない

女性が活躍する社会になっても「家事・育児は女のすること」という古い考えを持っている旦那は多いものです。

そのため、奥様が働きに出ていることを棚にあげて「どうして俺が家のことをやらなきゃいけないの!」「子供はお前が担当だろ!」などといいます。

いやいや、家庭って一人で担うんじゃなくて夫婦が基本となって作り出していくものですから。

3.家事されていて”当たり前”

家事をしない男性は、家事はいつでも何があっても”されていて当たり前”と考えています。

そのため、奥様が高熱で寝込んでいたとしても「俺の弁当はどうなるの?」「メシまだ?」なんて気楽に言えちゃうんですよね。

奥様であっても、一人の人間、一人の女性です。

人として大切にされてないことやまるで家政婦扱いの点にイライラします。

4.やらないくせに口出しは一丁前

イライラさせる旦那は、自分は一切何もしないし、やれば全くデキないくせに口出しだけは一丁前に上手です。

「家事をやるならもっと効率性を考えたら?」「もっとウマいメシを作ってくれよ」…だったら、あなたが1年間ぐらい、現在家に入れるお金と同等で主婦をやってみなさいよ!とイライラしてしまいますよね。

やらなきゃわからないのが主婦業なんです。

5.連絡なしの朝帰り

妊娠中や小さな子供がいる時期は、特に旦那の帰りを気にするものです。

お風呂の時間がかぶらないか、子供たちの寝かしつけが終わった後に帰宅しないか、したらどのように静かにさせるか…。

それなのにこっちの苦労も知らず、連絡なしの朝帰り。

言い訳は「疲れて車で寝てた」「残業のまま飲みに行った」…帰宅してからじゃなくて現在進行形で連絡くらいできるのに”いつまでも独り身”感覚にイライラします。

6.連絡なしの夕飯の外食

奥様は、決められた生活費の中から食費を捻出し、さらにご飯を作っています。

それなのに夕飯を作った後で一緒に食べようと待っていたら「ごめん、食べてきちゃった」と事後報告。

そう、イライラさせる旦那たちはとにかく”事後報告”が多め。

いやいや、先に教えてくれたらさ、もっと軽く済ませたのにってイライラしちゃうんですよね。

夕飯を作る時間までも返してほしい気持ちに。

7.妻や子供の人間関係に口出し

自分は毎日毎晩のように”友達”と遊びに行っているのに、妻や子供の人間関係には口出しする旦那もいます。

「その人とは関わらないほうがいい」「近所づきあいとか恥ずかしいからやるなよ」って、あなたは日中はココにいないから何も知らないのね!?とイライラが増します。

妻や子供の友達はまっとうだけど、あなたの友達はどうなの?自分のことは棚に上げていることにイライラしちゃうんですよね。

8.浮気したくせに開き直り

「寂しかったんだ!」「まだ言ってるの?いい加減にしてくれよ」なんて、あなたが浮気さえしなければ、こんなにも毎日寂しくて苦しい思いをしなくてよかったのに!そもそも浮気した人は、寿命を全うするまでずっと浮気したことを償う必要があることに気づいていません。

それどころか「それでも一緒にいてやっている俺スゴイ」感を出すのやめてくれます?イライラします。

9.気に障るとすぐに怒鳴る

「それは触るなっていっただろ!」「どうして起こしてくれないんだよ!」この言葉何回目だろう…。

そもそも、そんなことでいちいちイライラしてて何様なんだろう…。

君は王様かい?いや、「イライラしていれば相手がいうことを聞く」と思っているのが見え見えでイライラするんです。

10.存在そのものがイラッ

家事は一切手伝わない、帰宅して初めての一言が「あー疲れた」…いや、こちらもね疲れているんですよね。

「ビールないの?」飲みたいなら自分で買ってきて。

「肩もんで」スマホ触りながらの人をどうして肩もみしなきゃいけないの?「ガー」いびきうるさい。

イライラさせてくる旦那は、じきに存在そのものがイライラする存在になっていきます。

この人がいなかったら、どんなに人生が楽しいのだろうかなんて考えることも。

11.自分で自分のことができない