CoCoSiA(ココシア)

偉そうな上司を黙らせる15個の方法


「あの上司は、○倍返しだ~!」なんて考えているそこのあなた。相手が上司ということもあり、なかなか仕返しできないためイライラは溜まってしまいますよね。

そんなときは、今回ご紹介していく「偉そうな上司を黙らせる方法」を実践してみてはいかがでしょうか?上司といえども、私たちと同じ”たった一人の人間”です。だからこそ出来る”偉そうな上司対策”があります。偉そうな上司をじわじわとやっつけていきましょう。

この記事の目次

偉そうな上司を黙らせる15個の方法まとめ!

偉そうな上司に刃向かったり、無視したいですよね。

しかし、それでは偉そうな上司を逆上させる無駄な行為になってしまいます。

偉そうな上司には、戦術を持って戦わないふりをして戦いましょう。

1.偉そうな上司側につかない

偉そうな上司は、「こちら側につけば、君は安泰だ」など言いつつ、あの手この手を使ってあなたのことを自分の味方にしようとします。

たしかに鰓そな上司は、すでに確固たる地位を築いている場合も多いので、そちら側についてしまいたいですよね。

しかし、偉そうな上司側について、相手の思い通りにならないように仕向けましょう。

これまでうまくいっていたことがうまくいかなくなり、自分を客観的に見れるようになります。

2.同僚には絶対に告げ口&愚痴をこぼさない

偉そうな上司についての愚痴は、尽きないことでしょう。

イライラしたり、悲しい気持ちをすぐにでも誰かに伝えたいものですが、同僚には絶対に告げ口したり、上司の愚痴を言わないようにしてください。

なぜなら、その同僚はすでに偉そうな上司に心を支配されていて、しまいにはあなたが愚痴っていたことを密告される可能性があるからです。

そうすると、偉そうな上司の態度がさらに強くなるのでやめましょう。

3.9割スルーする

偉そうな上司の態度をすべて受け入れていると、精神が持ちません。

そのため、上司の言葉や態度は、9割はスルーするように心がけてください。

右耳から左耳に抜けさせ、上司がグチグチ話してくるときには、仕事に全く関係のないことを考えるようにしてもGOODです。

4.論破する

偉そうな上司は、態度が大きいだけで本質が伴っていないことが多いです。

そのため、偉そうな上司の話を聞いていると違和感を感じることもあるでしょう。

あなたがご自身にトーク術があると確信しているならば、偉そうな上司を論破してもいいでしょう。

論破した後には、あなたに酷い態度をしなくなります。

5.嫌味を言われたら”オウム返し”

嫌味を言われることほど、仕事上でむかつくことはないですよね。

そんなとき、どうしてもカッとなってしまい、感情に任せて発言してしまいがちです。

しかし、そんなときこそ「オウム返し」を実践してください。

オウム返しとは、まったく同じことをいうやり方です。

「君は間違ってる!」と言われたら「はい。僕が間違ってます」と伝えます。

言葉上だけ上司の型にはまっておくことで、すぐに満足してその場から離れてくれます。

6.返事は一言だけ

偉そうな上司は、話している相手が苦しんでいたり辛そうにしているところを見ることを快感にしています。

そのため、出来る限り上司の会話や態度に反応しないことが重要です。

上司に嫌なことを言われたり、言い返したくなるようなことがあっても返事は一言「はい」「ええ」「まあ」「そうですね」などを答えるようにしましょう。

そうすると求めていた返事が帰ってこないため、上司は別のターゲットに攻撃し始めます。

7.上司を褒めまくる

偉そうな上司は、自分自身を認められたいがためにわざと偉そうにしているケースが大半です。

また、職場では偉そうにしているものの、家庭では妻に尻に敷かれていることも。

そのため、上司の承認欲求を埋めるやり方になります。

「憧れています!」「あのふるまいがかっこよかったです!」「仕事も完璧、見た目もイケメンですごいです!」などべた褒めしていきましょう。

時に調子に乗ることもありますが、長い目で見れば偉そうにする態度が減っていきます。

8.相手の言葉を真に受けない

偉そうな上司は、相手が苦しんでいる姿を見るのが好きです。

そのため、相手が傷つくと思われる言葉であれば、惜しみなく相手に伝えるのです。

その言葉に対して、いちいち反応しているとあなたの精神ももちませんし、偉そうな上司のツボになります。

そのため、相手の言葉を真に受けないようにしてください。

「君は仕事ができないな」といわれたら、一言返事をしつつも「いやいや、これ出来てるし」なんて自分をほめるようにしてくださいね。