CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

偉そうな上司を黙らせる15個の方法


「あの上司は、○倍返しだ~!」なんて考えているそこのあなた。相手が上司ということもあり、なかなか仕返しできないためイライラは溜まってしまいますよね。

そんなときは、今回ご紹介していく「偉そうな上司を黙らせる方法」を実践してみてはいかがでしょうか?上司といえども、私たちと同じ”たった一人の人間”です。だからこそ出来る”偉そうな上司対策”があります。偉そうな上司をじわじわとやっつけていきましょう。

この記事の目次

偉そうな上司を黙らせる15個の方法まとめ!

偉そうな上司に刃向かったり、無視したいですよね。

しかし、それでは偉そうな上司を逆上させる無駄な行為になってしまいます。

偉そうな上司には、戦術を持って戦わないふりをして戦いましょう。

1.偉そうな上司側につかない

偉そうな上司は、「こちら側につけば、君は安泰だ」など言いつつ、あの手この手を使ってあなたのことを自分の味方にしようとします。

たしかに鰓そな上司は、すでに確固たる地位を築いている場合も多いので、そちら側についてしまいたいですよね。

しかし、偉そうな上司側について、相手の思い通りにならないように仕向けましょう。

これまでうまくいっていたことがうまくいかなくなり、自分を客観的に見れるようになります。

2.同僚には絶対に告げ口&愚痴をこぼさない

偉そうな上司についての愚痴は、尽きないことでしょう。

イライラしたり、悲しい気持ちをすぐにでも誰かに伝えたいものですが、同僚には絶対に告げ口したり、上司の愚痴を言わないようにしてください。

なぜなら、その同僚はすでに偉そうな上司に心を支配されていて、しまいにはあなたが愚痴っていたことを密告される可能性があるからです。

そうすると、偉そうな上司の態度がさらに強くなるのでやめましょう。

3.9割スルーする

偉そうな上司の態度をすべて受け入れていると、精神が持ちません。

そのため、上司の言葉や態度は、9割はスルーするように心がけてください。

右耳から左耳に抜けさせ、上司がグチグチ話してくるときには、仕事に全く関係のないことを考えるようにしてもGOODです。

4.論破する

偉そうな上司は、態度が大きいだけで本質が伴っていないことが多いです。

そのため、偉そうな上司の話を聞いていると違和感を感じることもあるでしょう。

あなたがご自身にトーク術があると確信しているならば、偉そうな上司を論破してもいいでしょう。

論破した後には、あなたに酷い態度をしなくなります。

5.嫌味を言われたら”オウム返し”

嫌味を言われることほど、仕事上でむかつくことはないですよね。

そんなとき、どうしてもカッとなってしまい、感情に任せて発言してしまいがちです。

しかし、そんなときこそ「オウム返し」を実践してください。

オウム返しとは、まったく同じことをいうやり方です。

「君は間違ってる!」と言われたら「はい。僕が間違ってます」と伝えます。

言葉上だけ上司の型にはまっておくことで、すぐに満足してその場から離れてくれます。

6.返事は一言だけ

偉そうな上司は、話している相手が苦しんでいたり辛そうにしているところを見ることを快感にしています。

そのため、出来る限り上司の会話や態度に反応しないことが重要です。

上司に嫌なことを言われたり、言い返したくなるようなことがあっても返事は一言「はい」「ええ」「まあ」「そうですね」などを答えるようにしましょう。

そうすると求めていた返事が帰ってこないため、上司は別のターゲットに攻撃し始めます。

7.上司を褒めまくる

偉そうな上司は、自分自身を認められたいがためにわざと偉そうにしているケースが大半です。

また、職場では偉そうにしているものの、家庭では妻に尻に敷かれていることも。

そのため、上司の承認欲求を埋めるやり方になります。

「憧れています!」「あのふるまいがかっこよかったです!」「仕事も完璧、見た目もイケメンですごいです!」などべた褒めしていきましょう。

時に調子に乗ることもありますが、長い目で見れば偉そうにする態度が減っていきます。

8.相手の言葉を真に受けない

偉そうな上司は、相手が苦しんでいる姿を見るのが好きです。

そのため、相手が傷つくと思われる言葉であれば、惜しみなく相手に伝えるのです。

その言葉に対して、いちいち反応しているとあなたの精神ももちませんし、偉そうな上司のツボになります。

そのため、相手の言葉を真に受けないようにしてください。

「君は仕事ができないな」といわれたら、一言返事をしつつも「いやいや、これ出来てるし」なんて自分をほめるようにしてくださいね。

相手は根拠なしにあなたを侮辱しているからです。

9.話題を変える

上司との会話になると、会話の流れに乗ってしまうことが多いですよね。

しかし、偉そうな上司との会話だけは、出来る限りあなたから新しい話題を振るように心がけてください。

仕事に対して侮辱してくる上司であれば、仕事ではなくプライベートの話を振るようにしたり、上司の好きなものを探し出し、そちらの話題を振りましょう。

そうすると、偉そうな上司から”仕事に対する偉そうな態度”を取り除くこともできます。

また、上司の弱点を知ることにもなるため、困ったときにはその”上司の好きなもの”に頼れるようになります。

10.仕事で実績を出す

偉そうな上司といえども、あなたよりは数年はキャリアを積んでいます。

そのため、仕事において実績を出すことによって、あなたの存在を知らしめることができるんです。

あなたは、今真剣に仕事に取り組んでいますか。

これからは、今まで以上に数字で仕事に実績を出すように心がけてください。

過程よりも結果を重視してみましょう。

そうすると、偉そうな上司に何か言われることも減りますし、言われたとしてもその実績が盾となり、あなたも論破できるようになります。

11.口出しせず真顔で返答する

言葉で相手を傷つけようとしている人は、その言葉に対して傷ついている仕草を見て楽しんでいます。

もちろん、偉そうにしている上司もそうです。

それを避けるために、どんなに傷つくようなことを言われても、口出しせずに真顔で一言返答を行なうようにしてください。

真顔になることがポイントです。

真顔は、上司には相手がどのように考えているのかがまったくわからないため、「心情が読めないやつ」としていじめる面白味を感じなくなるのです。

12.わざと負ける

偉そうな上司は、部下をいじめて、さらに自分自身の実績を上げることで承認欲求を満たしている可能性もあります。

これは、手っ取り早く相手の承認欲求を満たしてあげるやり方です。

上司にわざと負けてあげましょう。

仕事の実績では真剣に勝負してくださいね。

負けてあげるのは、言い合いです。

上司が「こうだ」といったものは、「そうですね」と認めてあげましょう。

とはいっても、あなたの心全てを相手色に染める必要はありません。

本当のあなたは、あなたとあなたを信頼してくれている人たちだけが知っていればいいのですから。

13.ごまをするふりをする

今、偉そうにしている上司は、過去にその方たちの上司たちにごまをすって立場を昇進させてきた方もいます。

このようなタイプの上司は、ごまをふることが正解であり、そうしない人はどこかおかしいと感じています。

つまり、実力で勝負するのはどこかおかしいと考えているんですね。

このような方と言い合いをしても、相手の求めるものを満たさないためにあなたにはまだまだつっかかってくることでしょう。

だからこそ、偉そうな上司にごまをふるふりをするようにしてください!そうすることで、「この部下はこちら側の人間だ」と勝手な解釈をしてくれるのでいじめが減ります。

14.泣く

すでに偉そうな上司の前で泣きそうになってしまった方もいるのではないでしょうか。

しかし、偉そうな上司の前で泣くのは、それこそ相手の思うツボになってしまうのではないかと泣けないんですよね。

たしかに上司と二人っきりの環境で泣いても意味がありませんが、上司以外に上司を嫌煙している同僚や上司がいる場所であれば、泣いてOKです。

少し大げさに泣くことによって、周りの社員たちがあなたに味方するようになります。

そうすれば、偉そうな上司にとっては自分の居場所がなくなっていくようなものですから、態度が小さくなることが期待できます。

15.パワハラで訴える

一言返事をしても、真顔でいても何をしてもあなたにつっかかってくる場合には、法的な措置をとっていきましょう。

その際には、必ず証拠が必要となるため、あなたに偉そうにしてくる態度をもった言葉を録音し、あなた自身の気持ちも日付と時間とともに筆記でメモしておきましょう。

特に罵声をあげてくる音声の録音データやその頻度が高いことが証明できると、法的に勝利できます。

会社全体で問題となってしまうこともありますが、周りに助けを求めても何も解決されない場合には弁護士を通じてパワハラで偉そうな上司を訴えましょう。

偉そうな上司を黙らせるまで頭脳を磨こう

今回は、偉そうな上司を黙らせるための方法をお伝えしました。

偉そうな上司には、対等の立場で接することができないからこそ、頭脳を磨いて戦術を持って戦っていかなければいけません。

とはいっても、何も難しいことはなく、偉そうな上司へのあなたの日頃の態度を少しだけ変えるだけでOKなんです!偉そうな上司は、心のどこかで「認められたい」という気持ちを常に抱いているかわいそうな人であることを理解してあげましょう。

しかし、あなたの心が傷つき、立ち直れないほどまでになっているなら会社と距離を置くことも検討してくださいね。

ページトップ