CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

女上司と上手くやるための14個の注意点。これで仕事関係は上手く行く!


昨今、増えてきた女性管理職。

女性の管理職の積極的登用を国が進めており、「女性の管理職は3割」を目指しており、女上司は急増してきているといます。

また、共働きの家庭も増えてきており、「専業主婦」という道を選ぶ方は本当に少なくなってきました。

男性と同様に、女性も仕事を頑張り、キャリアを築き上げていくというケースは非常に増えてきたといえるでしょう。

とはいえ、急激に増えてきた女上司。

慣れない女上司の扱い方に困っている人も増えているのではないでしょうか?
もちろん、女上司でも素敵な方達はたくさん存在しますし、男上司でも困った上司はたくさんいます。

とはいえ、マネジメントスタイルや働き方は、男性と女性では少なからず違う面もあり、そういった部分で戸惑いが隠せない方もいるでしょう。

また、未婚女性も増えてきており、プライベートの話は異様に気を使ってしまい、なかなか親しくなれなかったり、人間関係を築きづらいと悩んでいるかたもいるのではないでしょうか。

そして、性格が良い女上司だったら良いのですが、性格が悪かったり、きつかったり、ヒステリックだったりと、性格面で悩まされ、精神的に追い詰められてしまうということを経験している方も少なからずいます。

そこで今回は、女上司の部下になったら気をつけたいことや、困った女上司にありがちなパターンをご紹介していきたいと思います。

もし女上司の部下になったら?!

あなたは女上司の部下になった経験はあるでしょうか?女上司は良い人もたくさんいますが、性格がきつかったり、気分にむらがあったり、えこひいきをしたりと、性格に難ありな女上司も少なからずいるのが事実。

感情向き出しだったり、ねちねちと精神的に詰めてくるような上司に正直げんなりしてしまうことも…。

特に女上司の部下の叱り方は論理的ではないことが多く、相手を精神的に責めたり、感情的に訴えることが多い傾向があります。

その結果、ひどく傷ついてしまう上司や、精神的に追い詰められてしまう部下が多いのといえるでしょう。

社会人になると仕事に費やす時間が多くなります。

その仕事に対して「嫌だな…。」と思うことがあるのはつらいですよね。

ストレスなく女上司と一緒に仕事をしていくためにも、心穏やかに仕事を進めていくためにも、女上司と付き合うために気をつけることや必要な知識を身につけておくことは大事だといえるのではないでしょうか。

女上司の部下になったら気をつけたいこと14個


ビジネスの世界はまだまだ男社会。

女性管理職が増えてきたとはいえ、まだまだ仕事上では男性の方が優位な場面はたくさんあります。

女性が管理職なるのはなかなか難しいのが現実。

そのため、あなたが(嫌だな…。)と感じている女上司も、出生するために必死に努力してきたという事実があるということは忘れないようにしましょう。

ただ「嫌な上司」と思うよりも、努力を怠らなかったことや、つらい経験をしてきたと事実があると言うことを認めて接することが大事です。

苦手意識をもって接してしまうと、その苦手意識は確実に相手に伝わります。

叱られたり、きついことを言われたらへこむことも、上司のことを嫌いだと感じてしまうかもしれませんが、上手く仕事を進めるために、まずは苦手意識をなくすことを心がけましょう。

その上で、女上司の部下になったら気をつけたいことをお伝えしていきたいと思います。

プライベートで公私混同しない

女上司で多いパターンが、仕事とプライベートをしっかり分けるタイプ。

仕事上ではとても厳しい方が、プライベートで会ってみると可愛らしい方だったりするケースはよくあります。

仕事で厳しくしている分、プライベートでは安らぎを求めているケースは多く、仕事上の人間関係とプライベートの人間関係は切り分けていることも多いと言えます。

心構えとして大事なのは、女上司は「仕事上の顔」というのを意識しているということ。

仕事中はもちろん、仕事帰りに飲みに行ったとしても、絶対に「上司」と「部下」の関係を崩すことはありません。

例えばあなたが酔っ払って、プライベートな質問をたくさんしてしまったり、また女上司のプライベートの話を仕事中にしてしまうという行為は、女上司の逆鱗に触れる可能性が高いです。

プライベートで公私混同をしないことを心がけることが大事だといえるでしょう。

【公私混同してはいけない理由は、こちらの記事もチェック!】

挨拶はきちんとする

また女性は細かいことを気にする生き物。

特に「挨拶」に関してはかなりうるさい人が多く、適当な挨拶だったり、受け答えをする人を認めないことが多いです。

また女上司が仕事中だから、邪魔しないように挨拶をせずこっそり変えるのも禁物。

女性は1つの作業をしていても、他のことに目を向けることができることが多く、周りのことをよく見ています。

女上司がどういう状況であろうと、また挨拶をしても返事がなかったとしても、挨拶はきちんとすることを心がけることが大事です。

また、挨拶は「おはようございます。」「お疲れ様でした。」だけではありません。

「ありがとうございました。」「申し訳ありません。」といったお礼や謝罪も、しっかりと伝える必要があります。

挨拶をきちんとするのは基本中の基本。

しかし出来ていない人が多いのが現実。

ページトップ