CoCoSiA(ココシア)

モンスター上司の13個の特徴とあるあるな行動

モンスター上司って聞いた事ありますか?

まさに言葉の通りですが、モンスターのような上司です(笑)

このモンスター上司ですが、以外とあなたの職場にもいらっしゃるかもしれません。

名前も特徴的な、このモンスター上司を今回はご紹介していきたいと思います。

まさに周りに悪影響を及ぼす上司なのですが、今回は事前にモンスター上司とわかるように特徴、行動をご紹介していきます。

是非当てはまっている上司がいないか確認してみてくださいね。

モンスター上司の特徴13個

今回は、モンスター上司と呼ばれる困った上司たちについてご紹介していきたいと思います。

モンスター上司と呼ばれる人に当てはまる特徴をまとめてご紹介していきたいと思います。

普段仕事をする上で必ずと言っていいほど、上司とは仕事において接点をもちますよね。

関わり具合が薄い仕事なら良いですが、どうしても連携が必要な、濃厚な仕事の場合は上司との関係性が非常に仕事のおいて重要になってきます。

もしそんな上司がモンスター上司だったら…と考えると非常に怖いですよね。

毎日会社にいくのが嫌だと感じてしまうくらい面倒な上司って実際にたくさんいるようです。

恐らく、今までの人生で面倒だなぁ、とかみんなから嫌われているような上司って見た事がありませんか?

今回はモンスター上司と呼ばれる人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

これからご紹介する13個の特徴に当てはまれば当てはまるほど、問題ありの上司と認定出来るでしょう。

では見ていきましょう。

1.プライドが高い

男性においても、女性においてもある程度の地位がある人に多いのが、プライドが非常に高いという事です。

会社において、ある程度の地位に立っている人で、とてもプライドが高く、普段の仕事においても問題が出ている人っていませんか?

よくある例ですが、例えば自分の部下に対しては非常に強く当たり、ぞんざいに扱われるというケースです。

困ったときに相談しても、怒られたり、まったく頼りにできないような上司です。

その反面自分より目上の人と話す時にはへこへこして媚びを売っているような上司です。

プライドが高いので、仕事においてもチームワークにおいても乱してしまうような行動をとりがちなモンスター上司です。

特に、大企業から中小企業へ転職をした場合などが非常にケースとしては多く、空気の読めないような発言をしてしまう人が多いようです。

周りに空気を読まない発言ばかりで嫌われたり、相手の立場によって態度を変えるような人はいませんか?

もしそれが上司にいるなら、それはモンスター上司認定かもしれませんよ。

自分自身がこういう行動をとっている場合には、絶対に改善する事をお勧め致します。

2.自分が正しいと思っている

自分自身が正しいと思い込んでいるモンスター上司もいます。

自分自身が正しいと思い込んでいるからこそ、周りの意見を認める事もなく、自分の思い通りに物事が進まないと不機嫌になるという上司です。

周りの意見を聞かないという事は、みんなの意見を反映されずに、不満が募ってしまうという事にもなりかねます。

そんな上司がいると周りの雰囲気が絶対に良くはならないですよね。

正しいと思い込んでいるからこそ、反対意見を許すわけもなく、自由な意見を述べる事も出来ない環境になるので、かなりのストレスがかかってしまうと思います。

確かに上に立つものはある程度の自信を持たなければ、部下もついては来れないかと思います。

あまりにも傲慢すぎるのは絶対に良くないので、自分自身が周りにそう思われていないかしっかりチェックしてみる事をお勧め致します。

3.保守的

モンスター上司の中には、あまりにも保守的な考え方をする方も中にはいます。

世の中は常に進化し続けていきますし、変化はどうしても何においてもつきものなのです。

しかし、そういった変化に適応する事を嫌う人であったり、変化に対応する努力が出来ない人の場合、そういった上司の元だと良い意見を言っても聞いてもらえない可能性もあります。

より良い意見を言っても変わる事を恐れている上司の場合、何をするにしても伺いを立てないといけないため、なかなかストレスがたまる環境になるのではないかと思います。

上司があまりにも保守的すぎて、良い意味での改善改革が出来ない場合、モンスター上司となっているかもしれませんよ。

確かに変わる事は多少の労力がいるものですが、良い方向に変わるきっかけにもなりますので、新しい意見は積極的に取り入れるべきですよね。

4.大声で怒鳴る

大声で怒鳴るモンスター上司
モンスター上司の中には、大声で職場で怒鳴り散らすような人も中にはいます。

昔は違ったかもしれませんが、今の時代企業もコンプライアンスを順守する動きを見せていますし、特に人間関係に関しては非常に昔と比べて厳しくなっています。

特に、昔のような体罰であったりとか、厳しい罰則などもなくなりつつありますが、中にはいまだに大声で怒鳴ったり罵倒するような上司もいます。

確かに怒るという事自体は大事な事ですし、咎められる事ではありませんが、大事なのは怒り方ですよね。

本当に相手の事を考えている人は、相手の為を思って怒ります。