モンスター上司って聞いた事ありますか?

まさに言葉の通りですが、モンスターのような上司です(笑)

このモンスター上司ですが、以外とあなたの職場にもいらっしゃるかもしれません。

名前も特徴的な、このモンスター上司を今回はご紹介していきたいと思います。

まさに周りに悪影響を及ぼす上司なのですが、今回は事前にモンスター上司とわかるように特徴、行動をご紹介していきますので、

是非当てはまっている上司がいないか確認してみてくださいね。

モンスター上司の特徴13個

今回は、モンスター上司と呼ばれる困った上司たちについてご紹介していきたいと思います。

モンスター上司と呼ばれる人に当てはまる特徴をまとめてご紹介していきたいと思います。

普段仕事をする上で必ずと言っていいほど、上司とは仕事において接点をもちますよね。

関わり具合が薄い仕事なら良いですが、どうしても連携が必要な、濃厚な仕事の場合は上司との関係性が非常に仕事のおいて重要になってきます。

もしそんな上司がモンスター上司だったら…と考えると非常に怖いですよね。

毎日会社にいくのが嫌だと感じてしまうくらい面倒な上司って実際にたくさんいるようです。

恐らく、今までの人生で面倒だなぁ、とかみんなから嫌われているような上司って見た事がありませんか?

今回はモンスター上司と呼ばれる人の特徴についてご紹介していきたいと思いますので、

これからご紹介する13個の特徴に当てはまれば当てはまるほど、問題ありの上司と認定出来るでしょう。

では見ていきましょう。

1.プライドが高い

男性においても、女性においてもある程度の地位がある人に多いのが、プライドが非常に高いという事です。

会社において、ある程度の地位に立っている人で、とてもプライドが高く、普段の仕事においても問題が出ている人っていませんか?

よくある例ですが、例えば自分の部下に対しては非常に強く当たり、ぞんざいに扱われるというケースです。

困ったときに相談しても、怒られたり、まったく頼りにできないような上司ですが、その反面自分より目上の人と話す時にはへこへこして媚びを売っているような上司です。

プライドが高いので、仕事においてもチームワークにおいても乱してしまうような行動をとりがちなモンスター上司です。

特に、大企業から中小企業へ転職をした場合などが非常にケースとしては多く、空気の読めないような発言をしてしまう人が多いようです。

周りに空気を読まない発言ばかりで嫌われたり、相手の立場によって態度を変えるような人はいませんか?

もしそれが上司にいるなら、それはモンスター上司認定かもしれませんよ。

自分自身がこういう行動をとっている場合には、絶対に改善する事をお勧め致します。

2.自分が正しいと思っている

自分自身が正しいと思い込んでいるモンスター上司もいます。

自分自身が正しいと思い込んでいるからこそ、周りの意見を認める事もなく、自分の思い通りに物事が進まないと不機嫌になるという上司です。

周りの意見を聞かないという事は、みんなの意見を反映されずに、不満が募ってしまうという事にもなりかねます。

そんな上司がいると周りの雰囲気が絶対に良くはならないですよね。

正しいと思い込んでいるからこそ、反対意見を許すわけもなく、自由な意見を述べる事も出来ない環境になるので、かなりのストレスがかかってしまうと思います。

確かに上に立つものはある程度の自信を持たなければ、部下もついては来れないかと思いますが、

あまりにも傲慢すぎるのは絶対に良くないので、自分自身が周りにそう思われていないかしっかりチェックしてみる事をお勧め致します。

3.保守的

モンスター上司の中には、あまりにも保守的な考え方をする方も中にはいます。

世の中は常に進化し続けていきますし、変化はどうしても何においてもつきものなのですが、

そういった変化に適応する事を嫌う人であったり、変化に対応する努力が出来ない人の場合、

そういった上司の元だと良い意見を言っても聞いてもらえない可能性もあります。

より良い意見を言っても変わる事を恐れている上司の場合、何をするにしても伺いを立てないといけないため、なかなかストレスがたまる環境になるのではないかと思います。

上司があまりにも保守的すぎて、良い意味での改善改革が出来ない場合、モンスター上司となっているかもしれませんよ。

確かに変わる事は多少の労力がいるものですが、良い方向に変わるきっかけにもなりますので、新しい意見は積極的に取り入れるべきですよね。

4.大声で怒鳴る


モンスター上司の中には、大声で職場で怒鳴り散らすような人も中にはいます。

昔は違ったかもしれませんが、今の時代企業もコンプライアンスを順守する動きを見せていますし、特に人間関係に関しては非常に昔と比べて厳しくなっています。

特に、昔のような体罰であったりとか、厳しい罰則などもなくなりつつありますが、中にはいまだに大声で怒鳴ったり罵倒するような上司もいます。

確かに怒るという事自体は大事な事ですし、咎められる事ではありませんが、大事なのは怒り方ですよね。

本当に相手の事を考えている人は、相手の為を思って怒りますし、怒り方も相手が納得するような怒り方、相手が成長するような指摘をするはずです。

ただ、モンスター上司は怒る事ばかりに重点を置いている場合が多く、適切な指摘だったり、相手の事を考えた叱り方が出来ない場合があります。

そうなった時に、相手が考えるのは不平不満がたまりますよね。

そして、あまりにも下手な叱り方をしていると周りにもそれが伝わり、結局仕事が出来ない扱いや評価を受ける事にもなるので、

自分が部下を教育する立場にある人は絶対に嫌われない叱り方を会得すべきであるという事をお伝え致します。

5.自分より上の立場の人に媚びる

出世したいと思う事は良い事ですし、目標を持つ事は良い事です。

ただ、出世したいがためにずるいような方法だったり、周りから見て良く思われない方法を使うのはあまり適切ではないですよね。

モンスター上司の場合は、上司には媚びて部下にはこっぴどく叱るというスタンスを持っている人も中にはいるそうですが、部下から見たらたまったものではないですよね。

自分には叱りくせに上の立場の人にはぺこぺこしやがって、と不満が募ります。

見ている人はしっかり見ているので、周りから見てあまり良い恰好ではない行為はなるべく控える事をお勧め致します。

周りに上司や立場が上の人には媚びを打っている人がいるとすれば、もしかしたらその人はモンスター上司かもしれませんよ。

6.ひどい指示出しをする

モンスター上司の特徴の一つとして、部下に指示を出す時にひどい指示の出し方をする場合があります。

自分の手を紛らわせない事を前提にして、仕事を部下に丸投げする場合もありますし、

内容を良く知りもしないくせに無茶な事を要求したりするなど、非常にひどい場合もあります。

しっかりと内容を把握して、相手の事を考えて上で指示を出す場合と、何も考えずにただ単に指示を出す場合、絶対に後者の方が問題ですし、不満が募りますよね。

あなたに周りにももし無茶な指示を常に出しているような上司がいるなら、その人はモンスター上司決定だといっても過言ではないでしょう。

また、自分自身がそのような指示を出したり、人にそのような感情を与えていないだろうかという事をしっかりと見つめなおし、

普段の行動を見つめなおしてみるのも良いかもしれませんよ。

7.周囲の話を聞かない

自分自身が正しいと思っている場合であったり、あまりにも保守的な場合のケースで、話をまったく聞いてくれないという事もあるかと思います。

周囲の話を聞いてくれないというのは非常に仕事場においても重大な事ですよね。

職場における不満などを本来は上司が解決してあげないといけないですし、相談にも乗ってあげないといけない事です。

でも、話を聞いてくれないと解決も出来ないですし、周りもあきらめてしまいます。

また、仕事に関する相談だったり、仕事に繋がる報告や連絡、相談も聞いてくれないとなるとこれはもう上司ではないですよね。

自分にとってはどうでも良い話だったり、忙しくて聞けないという場合でも、積極的に耳を傾けて、相手の話を聞いてあげる事が大事です。

忙しい場合でも、時間を見つけて、しっかりと話を聞いてあげる事も大事です。

自分がされて嫌な事は人にしないようにする事が大事ですし、それを意識して行動する事が大事であるといえるでしょう。

8.部下の意見を取り入れない


話を聞いてくれないという事に繋がる事ではありますが、部下の意見を取り入れる事をしない上司もモンスター上司だといえるでしょう。

プライドの高い上司だったり、変わる事を恐れている上司は特に意見を聞き入れてくれない傾向があるといえるでしょう。

変わる事を恐れていては、進化する事もできません。

部下の意見を聞き、すべてを受け入れる事は出来なくても部分的に叶えてあげる事だってできますし、

より良い意見なら積極的に採用する事で部下の気持ちも叶いますし、社内の雰囲気も良い方向へ傾く事が出来るかと思います。

会社は自分一人の場所ではなく、みんなで作っていく場所なので、みんなの意見は積極的に取り入れる事が非常に大事であるという事を覚えておきましょう。

独りよがりの気持ちで社内の雰囲気を作り出すという事は愚かな事であるという事を覚えておけば、モンスター上司と呼ばれる事はなくなるかと思いますよ。

9.部下に仕事を押し付ける

ひどい指示出しの特徴の時にもお話しをいたしましたが、仕事を部下に押し付けるような上司もモンスター上司の特徴です。

自分が楽をしたいからという理由だったり、面倒な仕事をしたくないという時に部下に仕事を丸投げで押し付けるような上司も中にはいるそうです。

部下からすると仕事を押し付けられて、ストレスも不満も溜まりますよね。

こういった上司の元で仕事をしていると、せっかく仕事の管理をしていても急に仕事を入れられたり、

ペースを乱されるような事をされてしまうので、常にどんな指示が出されるのか、

無茶ぶりをされるのかびくびくしながら仕事をしないといけなくなります。

もし今自分が上司の立場にあるのであれば、こういった押し付けるような仕事の与え方は絶対にしないようにしましょうね。

10.無理難題な仕事を出す

先ほどの仕事を押し付けられるの派生バージョンともいえますが、

相手の状況などを考えずに仕事を押し付けてくるような上司の場合、ありがちなのが無理難題を求めてくるという事です。

例えば、10日間かかるような仕事を急にふっておきながら、7日で仕上げろと命令したり、まったく予備知識のない事を求められたりなど、

相手の実力や経験を考慮しないで指示を出したり、原理的に難しい事を平然と求めてくるような上司はモンスター上司だといえるでしょう。

出来ない事を求められても、出来ないのは当たり前ですし、頑張って出来る事なら問題はないといえそうですが、それにも限度があります。

限度を超えた無理難題と言われるレベルの仕事を部下に与える上司はマネジメント管理が出来ていないともいえるでしょう。

このような上司が上にいる場合、いつ何を言われるかたまったものではないですよね。

出来ないと言っても上司から怒られるのは目に見えていますし、信用信頼もなくなってしまいます。

どれだけ嫌いな、モンスターといわれるような上司でも、やはり上司なのである程度は関係性も大事ですし、今後の事を考えると無視というわけにもいきませんよね。

モンスター上司との対応に関しては本当にストレスがかかってしまうといえるでしょう。

11.職場で嫌われている

今までの経験してきた職場で、みんなから嫌われている人って一人はいませんでしたか?

嫌われるという事は、当然理由があり、一人に嫌われるのではなく、みんなから嫌われているというのには必ず理由があります。

理不尽な理由であれば仕方ないですが、それ以外のきちんとした理由がある場合は非常に問題があるといえるでしょう。

モンスター上司は、これまでご紹介したきた特徴を持っている方が多いので、自然と周りからも嫌われていしまうという傾向にあります。

逆にこのような特徴を持ったモンスター上司を好きになれる方が難しいですよね。

今まで関わったの人の中で、みんなから嫌われている上司はいませんでしたか?

考えてみてください、恐らくその人物…これまでにご紹介してきた内容、どれか当てはまりませんか?

12.自分勝手で自己中

これまでにご紹介してきた特徴を踏まえたうえで、考えてみたら当然といえば当然ですが

いずれの特徴も自分勝手だったり、自己中心的な考え方から出現している事が多いですよね。

無理難題な指示を出す事においても、仕事を丸投げしたりする行為に関しても自分を中心に考えており、

周りが辛い目にあっても関係ないと思っているからこそそのような行動が出来るのです。

意見を聞かない、話を聞かない、保守的だという事も自分がいまの状況が良いからこそ周りの意見を聞かない、周りの意見はどうでも良いと考えており証拠です。

そのような上司の場合、当然ながらその上司の元で仕事をしてる部下は大変ですよね。

改善するように何かしらの工夫を講じる必要もあります、どうしても変わらない場合は上司のさらに上司に相談するなどの対策が必要となるでしょう。

上司に限らず、個人として自分の行動が周りに対して自己中心的だと判断されるような事をしていないか、

自己中心的な考え方をしていないかという自問自答を行う事が大事であると思います。

他人から指摘されるまで気づけないのは非常に大きな問題ですし、指摘されて改善しようと思わない事ももっと大きな問題です。

後々に面倒な事にならないように、しっかりと自己中心的な考え方はやめるように努力をしましょう。

13.人に信頼されなくなる

あまりにも自己中心的な行動や考え方を行ったり、周りや部下に対して思いやりのない行動ばかりをとっている人は、当然ながら信頼性はゼロになってしまいます。

信頼性がゼロになってしまった場合、いざという時に助けてくれる人はいませんし、悪い評価を下される事もあります。

モンスター上司はその特徴ゆえ、結果的に信頼性がゼロになっている人がほとんどです。

今だけを考えると問題はないと自分では思っているのかもしれませんが、

後々にその行動や考え方が問題になり、社内にいづらくなってしまうという事にもなりかねません。

仕事は一人でするものではなく、周りと連携して行うものでもあります。

自分だけが良い立場になれればいいという考えはやめて、みんなで何かをする事の大事さ、

重要性をしっかりと考慮して普段から適切な行動をとる事を心がけてみる事が大事だといえるでしょう。

恐らく、あなたの周りにいるモンスター上司は信頼性がまったくといっていいほどないかと思います。

このように思われたくないのであれば、自分で自分の行動をしっかりと考える事が大事ですよ。

モンスター上司のあるある行動

これまではモンスター上司のよくある特徴をご紹介していきました。

どれも特徴としては人間として良くない特徴ばかりですよね。

そんなモンスター上司ですが、実際にどういう行動をとっているの?と思われたかもしれません。

特徴以外にも、実際にこういう事をしているというあるある行動をご紹介していきたいと思います。

これからご紹介するあるある行動ですが、先ほどの特徴と同様に、あなたの周りにいる上司が普段取っている行動と比較してみてください。

もしこれからご紹介する行動に多く該当している場合、その人は…モンスター上司かもしれませんよ。

日常でかかわっている人はどうなのか、という判断基準をもってもらうために、是非活用してみてくださいね。

また、自分が普段このような行動をとっていないか、自己分析してモンスター上司予備軍になる事を予防してみてくださいね。

では見ていきましょう。

精神的な暴力


モンスター上司のあるある行動として、部下や自分よりも立場が低い人に精神的な暴力を行うという事があげられます。

例えば、人間、誰しも言われて嫌な言葉ってありますよね。

誰しもが一度は嫌な言葉を吐かれた事があるかと思います。

そういった人を不快にさせるような言葉だったり、本人が傷つくような言葉を使って精神的な暴力を行う事があります。

例えば、仕事でミスをしてしまった場合に、本来であればミスをした事について怒るのは当然ですが、

どうすればミスをなくす事が出来るのか、問題点を指摘しどういう風に改善をさせるのかという事を伝えますよね。

でもモンスター上司は相手を不快にさせる、罵倒するような言葉ばかりを放ちます。

言葉や行動で精神的に追いつめる事を平然と行うような上司は、モンスター上司確定です。

しっかりとミスをした事に関しては反省しつつ、あまりモンスター上司の言っている事を真に受けてショックを受けないように、

聞いているフリをして流すのが一番の解決方法なのかもしれませんね。

いじめをする

自分よりも立場の低い部下に対して、いじめの行為を行うのもモンスター上司の特徴です。

本来であれば、部下を守らないといけない立場である上司が、このようないじめと呼ばれる行為をするのは言語道断ですよね。

でも、実際世の中には子どものような事をする上司も残念ながら存在します。

問題なのが、上司が率先してこのようないじめを行っている事は非常に問題です。

職場にこのような事をしている人がいれば、絶対に改善しなければいけない事ですし、行ってはいけない事です。

こういった事が原因で社内の雰囲気も悪くなりますし、退職を希望する人も中には出てくるのではないでしょうか。

しっかりと良い職場の雰囲気を作る為にも、こういった特定の人に対するいじめを行うという事はやめましょう。

一人一人が気を付けて、モンスター上司にならないように注意する事が一番の解決策になりますよ。

土下座の強要

ひどい上司になると、土下座を強要してくる人も中にはいるようです。

土下座となるともういじめどころでは済まなくなりますよね。

このレベルになるとなかなかそうはいないかもしれませんが、実際、こういった事をしてくる上司もいるようです。

ここまでのレベルになるともう犯罪の域に達してしまうのですが、

こういったモンスター上司がいる場合はしっかりとさらに上の役職の方に相談をする事が大切です。

時と場合によってはこのような上司の元で仕事をするのはかなり危険なので、退職を考える事も必要かもしれません。

あまりにも行為がひどい場合は、相手の言いなりになる必要もありませんので、しっかりとこちらも対策を考えるように行動をする事をお勧め致します。

恥をかかせる

いじめにも繋がっている事ではありますが、わざと部下に恥をかかせるような事をする行動をしている上司はモンスター上司の可能性が高いです。

する必要もないのにわざと部下に恥をかかせて楽しんでいるのは、上司としてあるまじき行為です。

こういった行動を取ってくる上司の元にいる場合、ストレスなどの心理的負担がかなりかかってしまいますよね。

気にしないという事も大事ですが、あまりにも度を超えるような行為をしてくる場合にはしっかりと対策を考える事が大事です。

もし、今の職場でこのような事が行われている場合、見て見ぬふりをするのではなく、周りが助けたり、

何らかのアクションを起こしてあげる事で、職場環境が改善する事もありますので、行動を起こしてみてくださいね。

あまりにもモンスター上司に合わせすぎると調子に乗ってしまうので、周りの対応も非常に大事だという事を認識してくださいね。

責任を負わない

基本的に部下の失敗は上司の責任となります。

部下をしっかりと管理して、適切な指示を出す事が上司の役目であるという事なのですが、失敗をした時の責任を負わないモンスター上司がいるみたいです。

本来、新人だったり立場が下の人の責任は上司が持つものです。

失敗をして評価が下がる事だったり、面倒な事をしたくないからと責任から逃れる上司がいますが、これは本来あるべき上司の姿ではありません。

こういった上司の元だと、思い切って仕事も出来ませんし、やる気もそがれてしまいますよね。

しっかりと責任をもって部下を管理、教育する事で、成長させ、のちのちの戦力として成長させるのが本来あるべき姿です。

面倒な事は確かに多いかもしれませんが、役職者になり、部下を持つという事は責任を負うという事です。

しっかりと責任を持った行動を心がけて、一人で仕事をしているのではなく、

ほかのみんながいるからこそ、仕事が回っているという事を認識する事が非常に大事であるといえるでしょう。

侮辱や悪口を言う

悪口や、侮辱するような事を平気で言うような人はモンスター上司と認定しても問題はないでしょう。

どんなに悪い事をしても、侮辱するような言い方はダメですよね。

悪い時には悪い、しっかり叱る事も大事ですが叱り方をしっかりと理解していないとただストレスがたまるだけで、何の解決にもなりません。

そういったモンスター上司の元だと、怒られるだけ怒られて何の解決法も学ぶ事が出来ない場合があるので、

自分でしっかりと失敗をしないように学ぶ、努力をする事が非常に大事になってくるでしょう。

身体的な暴力

質が悪いのが、身体的な暴力を行ってくる上司がいる事です。

これはもうモンスター上司確定ですし、暴力を振るう時点で上司ではありません。

もしも暴力を振るわれた場合には、すぐに誰かに相談する事が大事です。

どんな事があっても暴力を振るわれるという事は容認できる事ではありませんし、適切ではありません。

もしも振るわれたり、振るわれている所を目撃した場合には必ず相談して解決する事が大事です。

そのままやられっぱなしですと、つけあがってエスカレートする場合もあります。

仕事で失敗したからしょうがないとか、自分が悪いと思う事は絶対にやめて、適切な行動をとる事を心がけてくださいね。

物を投げる

暴力に派生した事ですが、物を投げてくるという事もNGです。

実際に手を出していないとしても、物を投げるというのは危ない行為ですし、怪我をしてしまう事にも繋がります。

あまりたくさんはこのような事をする上司は今の時代にいないかもしれませんが、実際にこういう事をしてくる人もいるでしょう。

普段からこういう事を容認してしまうとつけあがってしまうので、必ず誰かに相談して、辞めさせる事に努めてください。

髪を引っ張る

暴力の中には髪の毛を引っ張ったりして来る場合もあるようです。

髪の毛を引っ張られたりして、怪我になってしまう事もありますし、危ない行為なのでこちらも必ず誰かに相談してください。

ちゃんとダメな事だという事を理解させないとモンスター上司は継続してこういう事をしてくる可能性もあります。

真面目に働いてる部下が損をしない為にも、必ずこういった行動はやめさせるようにする事が大事です。

暴力をふるうという事は本来ありえない事ですし、会社のコンプライアンスにも違反をします。

昨今は非常にコンプライアンスに厳しくなっているので、必ず規律を守るように徹底する事が大事です。

胸ぐらを掴む

会社の上司に胸ぐらをつかまれた事はありませんか?

昔は多少なら良かったかもしれませんが、今の時代ではこういった事もアウトです。

人によってはそれくらいしないと相手に伝わらないと感じている人もいるかもしれませんが、こんな事を行う人は立派なモンスター上司です。

会社のコンプラアンスの重要性をしっかりと理解し、守る事が大事だといえるでしょう。

殴ったり蹴ったりする

暴力は絶対にダメです、暴力沙汰になってしまっては問題になりますし、今の時代は昔と比べると確かに甘いかもしれませんが、

それでも時代は変わりつつあるので、必ずコンプライアンスは守らないといけないものです。

身の回りに暴力を振るう上司がいるのであれば、きちんとダメな事はダメだとわからせないといけないので、必ず改善するようにほかに人に相談はしましょう。

モンスター上司自身も、きちんと理解をしていないと同じ問題を繰り返してしまうので、ダメな事はダメだと理解させるように工夫してみてくださいね。

やたらと自慢話をする

男性に多いのですが、自慢話をついついしてくるという上司です。

人の自慢話って本当に退屈ですし、聞いていて楽しくないですよね。

自分の自慢話ばかりをしても白けた空気になるのはわかっていてもついついしてしまう空気の読めない人は存在します。

そんなモンスター上司についてご了解致します。

過去の栄光に浸る

今までの過去の人生における栄光を延々と語ってくるタイプです。

よくあるのが、自分が過去にやんちゃしていたという武勇伝が多いです。

昔喧嘩をしただとか、こういう悪さをしただとか、銅でもよい事をべらべらとしゃべりたがるタイプなのですが、

こういうタイプはすごいと言ってほしいのが見え見えなので、適当に話を合わせて、すごいですね、さすが、と

適当な言葉を選んで褒めておけば勝手に良い気分になってくるので、本気で話を聞かないようにするのがやる過ごすコツだと思いますよ。

学歴や生い立ちの凄さを語る

学歴や生い立ちに関しての自慢をしてくる上司も中にはいます。

本当に強い人だったり、すごい人というのはあまり自分で自慢をする事はしません。

人望があったり、人気がある人はこのような事をしなくても人気ですし、人が集まってきます。

こういう自慢をする人は総じて他人にすごいと思われたり、人気が欲しくてこのような事をする場合がほとんどです。

このような事をしなくても人気のある上司になれるように工夫、努力をするべきだという事をしっかりと理解しておきましょう。

モンスター上司には上手く対応しよう

モンスター上司に関する特徴であったり、あるあるの行動をご紹介していきました。

中には本当に冗談では済まされないような事も含まれていましたが、

ちゃんとダメな事はダメだと理解してもらうように行動を取る事が大事ですが、

上手く対応できる範囲内では、逃げたり、適当にあしらっておくのが一番かもしれません。

あまり相手のいう事を真に受けて傷ついたりはしないようにする事も大事なのではないでしょうか。

周りも同じように思っているんだから、怒られても今日が運が悪かった程度に考えて、前向きに行動をする事をお勧め致します。