自分の職場の上司は良い人間ですか?

良い上司って中々いないですよね。

自分の保身のためにやっている人も多いので、嫌になってしまいます。

ただ上司なので嫌でも付き合わなければいけない時もあるんですよね。

新社会人、そして現在ダメな上司に悩んでいる方、上司と上手く付き合っていく方法を一緒に考えてみましょう!

職場のダメな上司に悩んでいませんか?

上司ってそもそも距離がある存在ですよね。

それゆえに特別視、色眼鏡で見てしまう事も多いと思いますが、上司って怖いですよね。

ある意味で言えば、ドラえもんに登場する元祖俺様暴君のジャイアンもしくはスネ夫的な存在でしょう。

どこにでもいるんですよ。

自分の保身しか考えていない存在って、どうしようもないんですけどね。

私が実際に職場で体験したダメ上司は、自分の事しか考えていない人、情緒不安定、パワーやモラルハラスメントが多かったです。

漫画やドラマで見るような上司は、ほぼ現実的にはいないと思って下さい。

ダメな上司の8個の特徴

今現在、私の働いているカフェのオーナーがリアルガチでダメな上司に当てはまります。

ダメなやつって本当に駄目なんですよね。

頼りになりませんし、将来的にとても不安が残るので、その上司を何とかしなければ自分がしんどくなってしまいますよ!

私の実体験を用いて駄目な上司の特徴をお伝えします。

1つでも当てはまったら要注意です。

1.無関心

現在そのオーナーは、他の店も立ち会っているため、基本的に無関心です。

カフェなので学生がとても多く、大体4月3月で入れ替わりしてしまうため、4月以降はメンバーが少なくてもしんどい思いをしています。

現在私の店は社員が突然逃亡してしまったため、社員がいません。

その状態が続き、パートの私ともう一人のベテランパートさんが社員の仕事を引き継いでやっています。

しかしどの時間帯も人手がたりず、スタッフは疲労困憊状態で常にしんどい思いをしているのです。

そんな中オーナーだけは違う事を考えおり、私達スタッフだけでいけてると考えているため、人件費削減出来ているというふうに思っていると聞きました。

基本的にお店側の事にはほぼ無関心と言ってもよい状態で、私達の事など何も考えていません。

無関心な上司ほど当てに出来ないものはありませんよ!

今度他店の店長たちと集まり、オーナーに対する直訴状を作ろうとしています。

自分以外に興味がない

忙しいからとは言えば仕方がないのですが、自分以外に興味がないというのは本当にありえないですよ。

自分一人でやっている仕事ならともかく、チームで行う仕事だとそうは行きません!
みんなの士気を下げてしまう原因になります。

そのオーナーは他店の店長に、このお店はお前がいなくても大丈夫だという事を告げたそうです。

その店長はしっかり頑張ってきた人で、私達のお店のスタッフも何人かその店長をしたっている人が多く、私も含めて全員オーナーの無慈悲な言葉に憤慨していました。

こういう時慕われているか慕われてないかって分かるものなんですよね。

自分の世界に閉じこもっている

自分の世界に閉じこもっている人間は、人の話を聞かない人間が多いです。

そして自分さえ良ければ良いという、内向的な考え方を持っています。

本来自分の世界にしか見ていない人間は、とてもではありませんが上の立場にいる資格がない人間なのです。

自分の世界に閉じこもっているという事は、視野が狭いという意味でもあります。

このタイプは友達がほぼいないと思って下さい。

自分さえ良ければ良いというオナニー野郎ですからね。

2.態度が違う

駄目な上司というのは、損得勘定をすると思って下さい。

損得勘定というのは、それをする事によって自分の利益になるかどうかを考えるという駄目な行動です。

人によって態度を変えている人間は、明らか損得勘定をしていると見て良いでしょう。

ちなみに損得勘定をしている人間は、仕事がとても出来る人間ではありません。

目先の利益しか見えていないので、先読みがとても出来ていないのです。

自分の上司にはペコペコする


上の立場に弱い人間はくそとしか言いようがありません。

勘違いしないで頂きたいのですが、確かに状やお客様という存在は偉い存在です。

しかし絶対に偉いという訳ではないですよ!

上司だからと言って間違っている事は指摘しないといけません。

めちゃくちゃ屁理屈って良い存在ではありませんからね。

もしあなた自身が上司の立場として、やたらとペコペコへりくだってくる後輩や部下がいたらどう思いますか?

私ならやたらとヨイショする人間は怖いとしか思えないです。

人は無条件で人を誉める事はありません。

誉める時はただ凄いだけではなく、どこが凄いか具体的に誉めますからね。

やたらとペコペコしている人は、自分をよく見せたいという気持ちと、自分の待遇を良くして欲しいという気持ちが強いです。

部下にはとても厳しい

その反面、部下にはとても厳しいですね。

上には弱く下にはめっぽう強く出てしまうので、感じが悪いです。

嫌な言い方をすると、部下を見下しているという傲慢な状態にあります。

そのため部下が手柄を立てたり、上司から誉められたりすると嫉妬してくるのです。

本来部下を厳しくする必要は多少なりはあります。

そうしないと部下に舐められてしまうからです。

ただちゃんとしてくれていたり、ちょっとミスした程度でぶちぶち言うような上司は良い人間ではありません。

駄目な上司ってどうしてこんな事ができないの?って、訳のわからない事を答えさせようとしますからね。

3.自分の利益が優先

自分の利益しか優先していない人間には、人は付いてきません。

利益というものは大切だとは思います。

しかし他者の事を一切何も考えない利益を優先するのは違いますよね?

現在私が働いている職場なのですが、オーナーが自分の利益しか考えていない人間なので全員が迷惑しています。

スタッフがいない訳では無いのですが、学生ばかりなので朝のモーニングの時間にはほとんど人で不足でしんどいです。

現場のスタッフは人手不足でしんどいという状態なのに、そんななかオーナーは人件費が浮いたと喜んでいる状態にしか思っていないとの事でした。

私も周りのスタッフはその事に憤慨しました。

こちらの状況を何も分かっていない状態ですからね。

ダメな上司ほど人件費を減らせるとかコスト削減になって良いと思っているので、鬱陶しいんですよ。

スタッフ側としては継続出来ない状態であれば、潰せればよいという気持ちでいます。

しかしスーパーバイザー、SVからその店はおもいれがあるから継続できる状態にしてほしいとのことでした。

おもいれがあるという言葉はよくドラマで見るようないい話には聞こえるでしょう。

しかし現実的に考えてみると、スタッフ側からすればおもいれなんてどうでも良いんですよ!
おもいれだけで負担軽減が出来る訳ではありませんからね。

そのSVも明確な問題解決策を提示してくれる訳ではないので、腹が立って仕方ないです。

部下の育成をしない

部下の育成をしないのは、一番ダメな上司ではないでしょうか?

正直な話、部下の育成って本当に大変ですし、手間もかかります。

自分の教え方が悪かったら失敗しますからね。

私も昔自分の教え方が悪くて上司から怒られてしまいました。

面倒くさいとは思いましたが、部下の育成をしてこそ良い上司になるというものです。

4.叱れない

最近ダメ上司だけでなく、叱れない親も増えてきている事って多くありませんか?

よく電車とかの公共の場で、行儀の悪い子供に対してちゃんと叱ることの出来ない親が多いです。

親の叱り方って結構重要ですよ。

ただ単に頭ごなしに怒ったら良いわけではありませんし、だからと言って全く怒らないのが良いわけではないのです。

私の従姉妹も子供に怒らない親の一人ですね。

そこまで仲がよい訳ではないのでとやかく言うつもりはありませんが、ただ一緒に遊びに行った時野生児と一緒にいるような感覚でした。

叱るというのはただ頭ごなしに怒ればよいという訳ではないのです。

ただここが悪いと注意出来なければ、子供も大人も関係ありません。

嫌われることを恐れている


人間は嫌われる事を恐れています。

私も人から嫌われると悲しいです。

ただ相手に好かれたいからって、自分に意に反しない行動を取るのが正しいのでしょうか?
どちらも出来ない人間は、ただ何もしない主義に留まります。

嫌われないからと言って部下の行動を指摘できなければ、良い上司とは限りません。

上司たるもの良い部下を育てるためには、嫌われる覚悟も必要です。

注意できない上司って何をしても指摘しないから、見下されるんですよね。

気が弱すぎる

気が弱すぎるという人間は、常におどおどしていて頼りない存在です。

別に関わりが無いのであれば良いのですが、気弱い上司だと心底頼りがありません。

グチグチ言ってくる上司よりかはマシとは言えませんね。

メリットがあるとすれば自分で何でもやりやすい事が出来ますが、デメリットは一切頼りにならないという点です。

私だったら気の弱い上司なんて邪魔ですね。

役立たずも良い所ですよ。

何も指摘をしてこないという事は、自分が危ない事をしていても何も言ってくれはしないと考えて下さい。

大体のケースでは黙認している事が多いので、あえて言ってくれないというケースもあります。

黙認してしまうというのは、上司にとっては決してよくない事です。

だって防げたであろうミスを助けてくれなかったという事になりますからね。

5.部下をおさえつける

部下をおさえつける上司の方が圧倒的に多いのではないでしょうか?
人間は傲慢な生き物です。

私も初め人を教えていた時、人をおさえつけるようなやり方をしてしまいました。

自分の言う通りにやれば出来る、何故そんな事すらわからないのという風な気持ちでしたね。

自分が全て正しいのであれば良いとは思います。

しかし自分が間違っている場合もあるので、おさえつけるというやり方は本来向かないのです。

部下から質問された時、そこはそうなっているという不透明な部分を答えられない上司って本当に多いですよ。

そういう人に限って自分で答えを探せという風に投げやりになってしまいます。

意見をきかない・いつも自分が正しいと思っている

意見を聞かない・いつも自分が正しいと思っている人間は、傲慢そして自分に自信のある人間だと思って下さい。

自分に自信のある人間という事は悪いことではありません。

しかし自分に自信が極端に有りすぎると、それは大きな過信に繋がります。

自分に自信があるのと、過信では大きな間違いです。

過信とは確認不足が多く、自分の事を実力以上の能力があると錯覚してしまう状態ですね。

ちょっとした確認が出来ていないと、人は痛い目に合います。

それ故に痛い目に合う事も少なくはありません。

こういう人間は上手く行っている時は良いのですが、いつか大きな失敗をしてしまう可能性が大きいです。

いわゆる時限爆弾のような状態ですね。

ただ本人への痛い気付け薬としては、1回くらい苦しい目に合わない限り改心する事はありません。

その状態だとこちらが何を言っても心配ないなど言われてスルーされる形となります。

ただ医療関係に関して過信をしてしまうと、とんでもない目にあいますよ!
患者の命に関わることですからね。

私自身一時過信をしすぎてしまった事があったのですが、他者の忠告を聞かず大きなミスをやらかしてしまった事があります。

上司から大目玉を食らった挙句、始末書を書かされる羽目となりました。

それから過信する事はやめましたが、その時ほど痛い目に合わないと人間なんて分からないものだと思いましたね。

6.コミュニケーションをとらない

今現在コミュニケーションを取っていない人間はとても多いです。

一人でいる方が楽という考えの人もいるくらいですからね。

ただその考えはプライベートでなら良いです。

チームで仕事をしていると、特に重要になってきます。

基本的に一人でする仕事というのはほとんどありません。

大概誰かと一緒で行う仕事がばかりではないでしょうか?
私も誰かとチームで作業をする仕事だったため、コミュニケーションを取らない人間がいたらしんどかったです。

ちょっと助けて欲しい所や、コミュニケーションを取らないと作業をこなせない部分もあるので、しんどいと思います。

しかも上司だと更にきついですよね!
上司こそコミュニケーションを取らないといけないのに、取らないというのは正直ありえない事です。

チーム全体の雰囲気が悪くなってしまうので、仕事に行くのがしんどいという部下も出てきます。

7.指示が曖昧

指示が曖昧だと部下はスムーズに動く事が出来ません。

指示ミスをしてしまうと、一気におじゃんですからね。

ただ指示を出すのってとても難しいんですよ。

状況判断と確認をしておかないと、本当に動く事すら出来ません。

そもそも先読みが出来ない限りお話にすらならないんですけどね。

これ出来るのって相当優れた上司、もしくはその会社に入って何年もいて慣れている人でないと難しいです。

駄目な上司でなくてもとっさの判断ができるような、臨機応変能力が強い人でないと不可能だと思って下さい。

8.決断力がない

指示が曖昧なのと多少関連しているのが、決断力のない人間ですね。

決断力がないという人間は指示を出す事が出来ず、全て曖昧になってしまいます。

ただ何故決断力がないのかというと、これに関しては自信がないからです。

いざやろうとする時って、人間結構不安になるものなんですよ。

これでいいのか?と踏みとどまっちゃうんです。

ただこれでいいのか?という考えが出てしまっているのであれば、実行できるようにしないといけないんですけどね。

これをしたらどうなるかという事を予め考えておかないといけないのですが、考え方が浅いのか全然先読みをしてくれないのが残念でなりません。

ダメな上司の口癖とは

ダメ上司の口癖というのは、どこも同じかもしれませんね。

どのセリフも石頭で頭が悪そうな決めつけなセリフばかりを行ってきます。

もしあなたが上司や他の人間からこの口癖を言われた場合、その人はダメだと思って下さい。

ただし一部例外は含まれます。

1.あなたの意見はきいていない

私も過去に言われた事があります。

あなたの意見は聞いていないというのは、凄く否定的な言葉ですよね。

意見を聞いていないというのはよくあることなのですが、頭から否定されると悲しくなります。

自分の意見が絶対だと思っている過信タイプの上司なので、部下には価値がないと思いこんでいます。

2.これで何度目だ

このセリフだけは正直な話、微妙な所でもあります。

これで何度目だと上司から言われた人いるかと思いますが、残念ながら上司が悪い訳ではない場合も少なくないのです。

社会のルールとして基本的には、一度聞いた事を聞きなおすのは3回までとされています。

何度も何度も聞くのが悪いとは言いませんが、分からない所はメモを取っておく形が良いでしょう。

実際職場にこんな人がいたのですが、よく他の人に何回も何回も聞く人がいました。

その人は以前私にも尋ねて、更に同じ事を何回も聞いてたのでちょっと疑問に思い、覚えていないのか質問をした事があります。

するとその人は他の人に聞けば早いし、わからない所は何度でも教えてくれるから大丈夫だろうという安易な発想をしていたのには、私を含めたスタッフたちはドン引きしました。

さすがに半年に1回など普段めったにしない作業であれば、覚えているのは難しいでしょう。

しかし1日2日も経たない内に何度も聞かれたら嫌になりますよ。

何度目だと言われたくない場合は、メモを取りましょう。

誰だって同じ事を何回も言うのはちょっと嫌ですからね。

方法としては同じ質問をするのでは無く、これってどうでしたっけ?という部分的に覚えている事を聞く方が良いですよ。

3.こんなこともできないのか

このセリフに関しては明らかなパワーハラスメントが含まれています。

こんな事も出来ないのかというのは、相手を見下した言い方をしており、バカにしているとしか言えません。

気にするなと言っても気にする人も多いと思います。

もしこんな事も出来ないのかと言われたら、上司に教わったやり方を実践しているだけなのですがと言っても良いでしょう。

もしくはでは良い方法を教えてもらえるか?という質問を投げかけるのもありですね。

結構これに近いセリフを言ってくる人はいますので、どうしようもありません。

上司に限らずいますよ!

4.代わりはいくらでもいる

人間の代わりはいくらでもいるのでしょうか?

能力が同じでも個体差があるので、必ず同じ人間がいるとは言えません。

人口が多かった時代であれば言えるかもしれませんが、今現在高齢化社会のため人手不足の会社が圧倒的に多いです。

残念ながらよっぽどの人で無い限り、代わりなんていないでしょうね。

5.私の時代はこうだった

お前の時代なんて知るかと思ってしまいます。

よくダメな上司ほど、自分の時代は~という訳の分からないものさしを使う人いるんですよね。

正直この口癖を言う人間は年寄りに多いんですが、アホとしか言いようがありません。

そもそも時代はいつでも同じではなく、常に進んでいるのです。

それ故にやり方や人の考え方は変化していきます。

全ての人間にも言える事ですが、時代に適応していかなければ生き残る事は出来ません。

この口癖のダメ上司のように取り残されてしまいます。

もしこのセリフを言われたら、今の考え方はこうですという風に言い切ってやっても大丈夫です。

ハッキリ言えば時代遅れなだけですからね。

ダメな上司との付き合い方とは

ダメな上司との付き合い方はそこまで難しいものではありません。

一番良いのが上司と仲良くなる事、上司のフォローをする事です。

仲良くなれれば平和的に解決出来ますからね。

仕事上上司を避けて通る事は無理です。

お互い助け合わないと、仕事を失敗してしまう可能性もあります。

1.仲良くなる

誰かと仲良くなるには、話題作りですね。

上司に気に入られるようにではなく、まずは普通に話せるようになる事からスタートしましょう。

人と仲良くなる方法ってどうすれば良いかご存知でしょうか?

ご存じない方は是非知って頂きたい方法があります!

1つ目は上司を観察する。

仕事が暇な時、休み時間など余裕があれば上司を観察して下さい。

ここで重要なのは上司がどんな行動を取っているかです。

癖、習慣、何が好きかなどをチェックしましょう。

何故観察が必要かと言うと、話題作りに役立つからですね。

もしかしたら自分と何かしらの共通点があるかもしれませんよ!

2つ目は積極的に話しかけに行くことです。

よく間違ってしまうのが、相手と仲良くなるために自分の事を知ってもらおうとして、自分の事をベラベラ話してしまう人がいます。

これは大きな間違いだと思って下さい。

自分の事を話すのではなく、相手から会話を引き出しましょう。

どんな些細なものでも構いません。

観察の時に気が付いた点を言ってみましょう。

相手の持ち物や髪型に付いて、話題を広げてみるのも良いですね。

3つ目は相手を褒めるです。

褒められて嫌な気はしませんよね?

自分が相手の良いと思う所を素直に褒めてみましょう。

そうする事で相手は気を良くしてくれます。

ここで重要なのが、お世辞は一切言ってはいけません。

お世辞だと心がこもっていない事が分かるので、相手に不快感を買ってしまいます。

普段から短所ではなく、長所を探す癖を付けると楽ですよ。

2.フォローする

ある程度仲良くなれば、上司の事をフォローできる人間になりましょう。

一番上司に好かれるのは仕事が出来る人間です。

ただし仕事が出来ると言っても、上司よりも仕事が出来るという意味ではありません。

上司や周りの仕事をフォローできる人間を目指すと、誰からにでも好かれやすいですよ。

自分の仕事が出来る人間はいますが、周りをフォローしてくれる人間って実はそうそういないです。

余裕がないと中々周りをフォローできませんからね。

フォローと言っても軽く手助けする程度で大丈夫です。

例えば私は昔医療事務として医療機関で働いていた事があったのですが、紹介状を用意しろと先生から指示を受けました。

その時かなりバタバタしていて、手が離せない状態でした。

紹介状は皆さんも見たことがあるかと思いますが、紹介状の宛名は事務側で行っているのです。

私が忙しい事に気が付いた他のメンバーが代わりに用意をしてくれました。

そんなささいな事でも良いのです。

自分が忙しい時に代わりに準備してくれたら、凄くありがたいと思ってもらえるでしょう。

3.コミュニケーションを増やす

相手がコミュニケーションをとろうとしないのであれば、自分から積極的にコミュニケーションを増やしに行きましょう。

あえて言いますが、最初から自分と仲の良い人間なんてこの世にはいませんよ。

コミュニケーションを増やした所でどうにかなるものではないという悲観的な考えをしている方は、その考え方を捨てて下さい。

コミュニケーションを取る事で相手の人となりや、考え方も理解出来ます。

嫌で避けてしまうというのは絶対に良くない事ですからね。

コミュニケーションを増やして、もし相手が打ち解けてくれればラッキーだと思いましょう。

4.一定の距離を保つ

どうしても苦手だというのであれば、ある一定の距離を保つ様にしましょう。

上司から飲みに誘われても付き合わなかったり、プライベートの事を話さないようにするのもありです。

私的の考えですが、そもそも仕事場において別に必要でない話はする必要なんてないんですよ。

仕事さえ普通にしていれば問題なんてありません。

1仕事、2コミュニケーションって感じですね。

普通に仕事していれば、向こうから話しかけてきてくれるでしょう。

仕事さえちゃんとしていればついてくる人間はたくさんいます。

5.割り切って付き合う

いっその事割り切って付き合うという手もあります。

仕事上気に入らない人物というのはどうしてもいるものです。

プライベートであれば別にスルーしていても問題はいきませんが、仕事だとそうは行きません。

この人はこういう人だと割り切って付き合うと、気持ちはいく分か楽ですよ。

何故この人はこうなんだと怒りに満ち溢れてしまう人多いですが、そんなしょうもない事を考えても仕方がありません。

自分は自分、人は人だと割り切りましょう。

自分から動こう、相手が変わるのを待つより(まとめ)

私は現在今の状況がとても苦しくてなりません。

他店の店長、スタッフ全員が頼りにならない上司に不安を抱えています。

明らかな人数不足、社員がだれもいない状態で誰も助けてはくれません。

苦しい状態から3ヶ月以上が過ぎ、その状況はドンドン悪化しています。

私はみんなの苦しい顔を見るのが辛く、不安も聞いている状態で、段々と腹が立ってきたのですが怒りよりも悲しさの方が強いです。

怒りに身を任せても愚かな行動にしかなりませんしね。

私は幼い頃から希望を持てず育ちました。

いつか何とかなるだろうという現状維持のような考えは大嫌いです。

それは逃げの体制であって状況を変えようとしている訳ではありません。

何かを得るためには何かを失わなければならない。

上司が変わるの待つのではなく、多少無理矢理でも自分から行動するしか無いのです。

私は今現在の状況、現場のスタッフ達の声、全ての状況をパソコンで報告書を作成し、オーナーやスーパーバイザーよりももっと上の本部の人間に向けて、FAXを一斉送信する予定ですからね。

ただ独りよがりの行動であればここまでするつもりはありません。

誰かの協力を得ないと正直難しい事でしょう。

人の多さは力になります。

行動を起こす前には突発的な物ではなく、必ず計画性を持って下さいね。

【上司嫌いと思った時の乗り越え方、気持ちの切り替え方については、こちらの記事もチェック!】