CoCoSiA(ココシア)

パワハラ上司の10個の特徴と今後やるべき解決策


ブラック企業と一緒に騒がれているのがこのパワハラ上司です。

要はパワーハラスメントで、部下に恫喝したり、暴力をふるったり、けなしたりして、相手を追い詰めることですが、実は知られていないだけで結構日本の会社の中では蔓延してしまっている印象がありま。

では、なぜ何か起きた時でないと、騒がれないのかと言いますと、日本は労働者生産国だから、労働している側にすると、上司からマイナス的なことを言われても、自分が悪いと思ってしまう傾向があるのです。

つまり、自分が悪いことをしていないのに、怒られても、怒られている自分が悪いと思ってしまうのです。

そのため、パワハラが続くと、自分が生きていく価値のない人間だと言う風に考えて、最悪、自殺などに至ってしまう危険性もあるのです。

特に日本の会社は残業が当たり前のような風潮があり、平気で長時間の労働を部下に押し付けたりするのです。

そのため、あなたの知らないところでパワハラが進んでいる危険性非常に高いのです。

さらにタチが悪いのは、パワハラをしている側が、パワハラをしていることに気づいていないことです。

よく、自殺などがあると、パワハラという認識がなかったというのはそのためです。

なぜ、そうなのかと言いますと、今の上司のほとんどの人は、部下だった時代に上司にいじめられてきた経験があり、自分もいじめられたのだから、部下をいじめても問題はないと思っている人も多いのです。

ある意味、詰込み世代の問題となる部分です。

詰込み世代はいいことだけでなく、悪いことも詰めこまれて生きてきてしまっているのです。

ある意味、負の連鎖を生みだしてしまっている世代とも言えます。

働き方改革などと言われていますが、働く前にこのようなパワハラ上司をどうにかしないといけないですよね。

しかし、面接などの段階で会社にパワハラ上司がいるのかどうかなどを見極めることはできません。

では、どうすればいいのかと言いますと、パワハラ上司に遭遇してもうまく乗り切れる、もしくはうまく対応できる術があるのです。

今回こちらの記事ではパワハラに悩む人のためにいろいろと情報を集めましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、パワハラ上司で悩むのも苦しむのもやめましょう。

あなたの人生です。

パワハラ上司に振り回されていては、意味のない人生を送っているようなものです。

ぜひ、パワハラには悩まずに、前を見て進んでいきましょう。

もう、パワハラなんて怖くありませんよ。

この記事の目次

パワハラ上司にうんざりしていませんか?

あなたの職場にパワハラ上司はいらっしゃいますか?

もし、いらっしゃるのでありましたら、おそらくうんざりされていますよね。

もう、そのうんざりから卒業されませんか?

えっ!卒業できるのと思われてしまった方も多くいらっしゃるかもしれませんが、卒業できますよ。

いつまでもパワハラ上司で頭を悩ませても時間の無駄です。

この際卒業してしまいましょう。

ただ、日本は労働者生産国です。

中にはご自身がパワハラを受けていることに気づいていない人もいらっしゃるのです。

つまり、パワハラ上司とはどのような上司なのかわからずに過ごされていらっしゃる方もいるのです。

ある意味、これって怖いことですよね。

そこで、まずなぜパワハラをしてしまう上司がいるのかといった側面から見るようにしましょう。

そこがわかればパワハラをする人の考え方がわかりますよ。

そんな考え方わかっても意味ないのではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

なぜなら、それを知ることであなたがパワハラ上司にならずに済みますよ。

前文でも説明しましたが、パワハラをしている側が自分が悪いことをしているといった考えがありません。

つまり、パワハラ上司と言う概念を知らないのです。

また、そのように考えていることがパワハラ上司であることさえも把握していないのです。

なぜなら、自分もされてきたから部下もされて当然だという考えでいるから、なぜそれがいけないのかわからないのです。

そのため、実は今パワハラを受けている方は将来、パワハラ上司になってしまう危険性をはらんでいるのです。

つまり、なぜパワハラに走ってしまうのかという部分をしっかり把握しておかないとあなたも負の連鎖にはまってしまうのです。

そのため、負の連鎖を止めるためにもしっかりパワハラをしてしまう上司の考え方などを把握しておかないといけないのです。

もしかしたら少し違和感や抵抗があるかもしれませんが、パワハラに走ってしまう上司が何を考えているかなどを探ってみましょう。

実はこのことがあなたのためでもあるし、あなたの周囲の人のためにもなっているのですよ。

パワハラを繰り返させないためにもしっかり覚えましょう。

パワハラを止めないと日本の社会が崩壊してしまう危険性もあるのですよ。

何故パワハラをするのか

では、なぜパワーハラスメントをしてしまうのかと言いますと、まずは今の上司が詰込み世代であるからと、ゆとり世代の人と考え方が違うので、そこで違和感を覚えてしまうのです。