ブラック企業と一緒に騒がれているのがこのパワハラ上司です。

要はパワーハラスメントで、部下に恫喝したり、暴力をふるったり、けなしたりして、相手を追い詰めることですが、実は知られていないだけで結構日本の会社の中では蔓延してしまっている印象がありま。

では、なぜ何か起きた時でないと、騒がれないのかと言いますと、日本は労働者生産国だから、労働している側にすると、上司からマイナス的なことを言われても、自分が悪いと思ってしまう傾向があるのです。

つまり、自分が悪いことをしていないのに、怒られても、怒られている自分が悪いと思ってしまうのです。

そのため、パワハラが続くと、自分が生きていく価値のない人間だと言う風に考えて、最悪、自殺などに至ってしまう危険性もあるのです。

特に日本の会社は残業が当たり前のような風潮があり、平気で長時間の労働を部下に押し付けたりするのです。

そのため、あなたの知らないところでパワハラが進んでいる危険性非常に高いのです。

さらにタチが悪いのは、パワハラをしている側が、パワハラをしていることに気づいていないことです。

よく、自殺などがあると、パワハラという認識がなかったというのはそのためです。

なぜ、そうなのかと言いますと、今の上司のほとんどの人は、部下だった時代に上司にいじめられてきた経験があり、自分もいじめられたのだから、部下をいじめても問題はないと思っている人も多いのです。

ある意味、詰込み世代の問題となる部分です。

詰込み世代はいいことだけでなく、悪いことも詰めこまれて生きてきてしまっているのです。

ある意味、負の連鎖を生みだしてしまっている世代とも言えます。

働き方改革などと言われていますが、働く前にこのようなパワハラ上司をどうにかしないといけないですよね。

しかし、面接などの段階で会社にパワハラ上司がいるのかどうかなどを見極めることはできません。

では、どうすればいいのかと言いますと、パワハラ上司に遭遇してもうまく乗り切れる、もしくはうまく対応できる術があるのです。

今回こちらの記事ではパワハラに悩む人のためにいろいろと情報を集めましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、パワハラ上司で悩むのも苦しむのもやめましょう。

あなたの人生です。

パワハラ上司に振り回されていては、意味のない人生を送っているようなものです。

ぜひ、パワハラには悩まずに、前を見て進んでいきましょう。

もう、パワハラなんて怖くありませんよ。

▼【関連記事】パワハラの意味はこちらの記事を先にチェック!
パワハラとはどういう意味?詳細解説

パワハラ上司にうんざりしていませんか?

あなたの職場にパワハラ上司はいらっしゃいますか?

もし、いらっしゃるのでありましたら、おそらくうんざりされていますよね。

もう、そのうんざりから卒業されませんか?

えっ!卒業できるのと思われてしまった方も多くいらっしゃるかもしれませんが、卒業できますよ。

いつまでもパワハラ上司で頭を悩ませても時間の無駄です。

この際卒業してしまいましょう。

ただ、日本は労働者生産国です。

中にはご自身がパワハラを受けていることに気づいていない人もいらっしゃるのです。

つまり、パワハラ上司とはどのような上司なのかわからずに過ごされていらっしゃる方もいるのです。

ある意味、これって怖いことですよね。

そこで、まずなぜパワハラをしてしまう上司がいるのかといった側面から見るようにしましょう。

そこがわかればパワハラをする人の考え方がわかりますよ。

そんな考え方わかっても意味ないのではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

なぜなら、それを知ることであなたがパワハラ上司にならずに済みますよ。

前文でも説明しましたが、パワハラをしている側が自分が悪いことをしているといった考えがありません。

つまり、パワハラ上司と言う概念を知らないのです。

また、そのように考えていることがパワハラ上司であることさえも把握していないのです。

なぜなら、自分もされてきたから部下もされて当然だという考えでいるから、なぜそれがいけないのかわからないのです。

そのため、実は今パワハラを受けている方は将来、パワハラ上司になってしまう危険性をはらんでいるのです。

つまり、なぜパワハラに走ってしまうのかという部分をしっかり把握しておかないとあなたも負の連鎖にはまってしまうのです。

そのため、負の連鎖を止めるためにもしっかりパワハラをしてしまう上司の考え方などを把握しておかないといけないのです。

もしかしたら少し違和感や抵抗があるかもしれませんが、パワハラに走ってしまう上司が何を考えているかなどを探ってみましょう。

実はこのことがあなたのためでもあるし、あなたの周囲の人のためにもなっているのですよ。

パワハラを繰り返させないためにもしっかり覚えましょう。

パワハラを止めないと日本の社会が崩壊してしまう危険性もあるのですよ。

何故パワハラをするのか

では、なぜパワーハラスメントをしてしまうのかと言いますと、まずは今の上司が詰込み世代であるからと、ゆとり世代の人と考え方が違うので、そこで違和感を覚えてしまうのです。

要は自分と違った人種に見えてしまうらしいです。

そのため、口を出したくなるらしいです。

また、トップダウンの環境で生きてきたので、上司の命令に意見をする人を見るとものすごく腹が立つらしいです。

つまりは、生きてきた環境の違いがパワハラに大きく影響を与えてしまっているみたいです。

また、時代が変わっているのに、今の上司と言われている人たちのほとんどは、時代の変化に気づいていないのです。

つまり、時代の変化に対応できないので、イライラが増幅してしまっているのです。

よくある話が数年前までパソコンや携帯電話は必要ないと言っていた人が多くいましたが、その人にとっては必要なくても、社会が必要としていたために、今では持っていない人がいないと言われるぐらいまで普及しました。

このように時代に対応できないために、時代に対応できている部下を見るとものすごく腹が立って手や口が出てしまうらしいです。

よくよく考えれば自分自身がいけないのですがね…

気に食わない

まず、部下の言動や行動が気に食わないということで、パワハラをしてしまう上司は結構いるようです。

これは仕事ができるできない関係なしに気に食わないという理由でパワハラを受けてしまうらしいです。

仕事をしっかりやっている人からすればたまったものではありませんね。

なぜ、気に食わないと思ってしまうのかと言いますと、部下が自分の思い通りに動くと勘違いしているからです。

つまり、上司が部下を自分のものように見ているということです。

残念ながら、部下も人間です。

しっかり意志を持っているので、必ずしもあなたと意見や考えが一致するとは限りません。

それなのに、自分の思っている通りに動かないことに腹を立ててしまう上司がいっぱいいるのです。

たまったものではありませんね。

世の中そうそううまく行くことはないのですよ。

ましてや思い通りにいかないことの方が多いのです。

思い通りに行かないから考えればいいのですが、なぜかそこまでいかないみたいですね。

みんながみんな、あなたの思い通りにいくような人がいっぱいいたら今の世の中もっと大変になっていた可能性の方が大きいですね。

気に食わないのは仕方がありませんが、それで手や口を出してしまってはいけませんよ。

嫌い

単に人の好き嫌いで判断してパワハラに走ってしまうの上司もいます。

なら、それが面接をしていない人ならまだわかりますが、面接をしたうえで採用しているのであれば、それは面接した側に問題がありますよ。

つまり、自分勝手な上司が多いと言うことです。

人を好きになるか嫌いになるかはあなたの勝手ですが、嫌いだからと言ってパワハラに走ってしまうのはあなたの心がまだ未熟と言うことです。

世の中にはあなたが嫌いになるような人はごまんといらっしゃるのです。

むしろ、好きになる人の方が少ないかもしれませんよ。

そのため、嫌いだからと言ってそのような態度をとっても意味がありません。

嫌いならさっさと成長させて自分のところから巣立ってもらえるようにしましょう。

いじめているからいつまでたっても成長できずにあなたのもとから離れられないでいるのです。

引き寄せているのもあなたが原因なのです。

また、なぜ、引き寄せてしまうのかと言うと、いつも不平不満を言っているから、不平不満を言える環境を潜在意識が引き寄せてしまっているのです。

相手を好きになるのも嫌いになるのもそれは勝手ですが、それで相手を傷つけてはいけません。

そんなの言い訳にもなりませんので、嫌いになっても手や口を出すのは辞めましょう。

ストレス発散


働いているとストレスが溜まってしまうものなのです。

そのためにストレス発散で部下をいじめてしまう上司がいるのです。

ある意味、最低の行為と言えますが、実は意外とこのようなことに走ってしまう上司はいっぱいいます。

なぜかと言うと、労働者生産国である日本は部下をいじめても周囲の人から見ても、上司が悪いとみられることは少ないからです。

例え、悪いと思っても、止めに入る人なんてそんなにいません。

なぜなら、自分の立場を守りたいからです。

また、止めに入ると次は自分が狙われてしまうといった感じになってしまっているからです。

ストレスを発散したければ、他の方法を考えればいいのですが、なかなか他のことを考えられるほど頭が柔らかくないようです。

また、中には部下の存在そのものをストレスと感じてしまっている上司もいるようです。

このようなタイプは上司になる資格を持っていないと言っても過言ではありません。

部下を管理しないといけない立場であり、いろいろな人と出会う立場でもある人が、ある人の存在がストレスになってしまうのは、上司としていかがなものかと思います。

ストレスを発散したいのなら、酒を飲むなり、運動するなりして、誰も傷つかないやり方をしましょう。

プライドが高い


上司の中にはプライドが高い人が多く、自分のやり方をしてくれないと腹を立ててしまう人が結構多くいます。

ある意味、頭の固い方です。

プライドが高いために間違いを認めません。

さらにタチが悪いと間違いなどのミスを部下に押し付ける方もいらっしゃいます。

たいていこのような方には誰もついていかないので、振り向いたときにはぺんぺん草しか生えていないといったような状況になってしまっていることも考えられます。

プライドが高いのは仕方がありませんが、それで周囲を見れなくなってしまうのは良くありません。

このようなタイプはパワハラをしていても、できないあいつが悪いなど、絶対に認めないので、最終的には上司の上司に注意されるか、もしくは、法的機関などによって成敗されるかなど、先が見えてしまっています。

もっともな最悪は、会社が倒産することですね。

このような人が社長の会社が長く続くことはまずもってありません。

特に多いのが高学歴だったり、何かで成功したりしたりして天狗になっていたり、なぜか悟ったような気分でいる方にこのような傾向が高いのです。

人間、実は本当に悟りを手に入れるのは息を引き取ってからと言われています。

プライドを高くしても、相手に手や口は出さないようにしましょう。

パワハラ上司の10個の特徴!うんざりとする人も多いのでは?

では、ここからはお待ちかねのパワハラ上司の特徴について説明していきます。

おそらく日ごろからパワハラ上司に対してうんざりされている方は多いと思います。

しかし、この上司が本当にパワハラなのかどうかご自身で判断できないでいる人も結構多くいると思います。

そこで、まずはパワハラ上司の特徴を覚えましょう。

特徴を覚えることでご自身がパワハラを受けているのかどうか判断することがわかりますよ。

仕事ができないのが悪い、容量がわるいのがいけないなど、最もらしいような理由で責めてくる上司はいますが、果たして本当にそれが良い教育となっているのでしょうか。

また、いつの時代でも部下を物として見ているので、そういうふうな態度をとってしまうのです。

残念ながら部下もれっきとした人間です。

意思をしっかり持っているのです。

つまりは、あなたの思い通りに動いてくれない可能性が高いと思っても過言ではありません。

なぜなら、意思を持っているからです。

あなたの思い通りに動かすのではなく、相手の可能性を見出すのが上司のやるべきことなのです。

また、今はパワハラで苦しんでいる人もいずれ、パワハラ上司になってしまう危険性が非常に高いのです。

故に、パワハラ上司の癖や特徴を覚えて、パワハラ上司にならないようにしましょう。

では、苦しいかもしれませんが、じっくり読んで覚えましょう。

1.偉そうにしている

パワハラ上司の特徴として、偉そうな態度を取っていることがまずあげられます。

ちょっとぐらい高い位置の役職についているからといって、偉そうにされてはたまったものではありません。

まずもって、偉そうにすることで何の利点があるのかと思いますね。

はっきり偉そうにしても何の利点もありません。

そんな人は部下から目をギラっと光らせて見られるので、いい思いをしません。

よく「部下に裏切られる」という言葉を口に出している人ほど、このようなタイプは多いのです。

なぜなら、偉そうにしているからです。

中には部下から仕打ちを食らわないようにするために、恐怖を与えているものもいらっしゃいます。

脅しのようなことをしているのです。

まあ、考えが狭いですね。

偉そうにしていても、意味がありません。

普段は、その上の人たち例えば、社長や更に上の人にはこのような人は腰が低いのです。

しかし、この人がこのような人だとはバレバレですよ。

つまり、部下に対して偉そうにしていては出世は遠くなってしまうのです。

偉そうな態度をとる人がいましたら注意して見ておいた方が良いですよ。

なぜなた、パワハラ上司になる危険性を秘めた人です。

ただ、少しぐらいいいポジションにいて偉そうにしているとそれから先には進めませんよ。

2.ワガママ

とにかくないものねだりをしてくる上司がいます。

どうしてあれができない。

これが用意できないなど、子どものようにわがままを言ってくる上司がいらっしゃいますが、中身は子どもなので、ワガママそのままです。

上司とは言ってもそのように子どものままの方が結構多くいらっしゃるのです。

特に、高学歴や早いうちに成功を成し遂げたと思っている人たちはワガママな人が多いです。

ワガママ故に自分の思い通りに行かないと怒ってしまったり、イラっとしたりするので、近くにいるとこの上なく迷惑な存在になってしまうのです。

ただ、よくよく考えてください。

すべてがすべて、思い通りに行くわけではないのです。

人間はこの世の中で唯一、考えることができる動物です。

つまり、思い通りに行かない時にこそ、人間の本当の能力を発揮することができると言っても過言ではありません。

思い通りに行かないのなら考えればいいだけです。

考えないから、ただ嘆いてしまったりなど、ストレスをため込んでしまって、周囲にも悪い影響を与えてしまうのです。

ワガママになっても誰もあなたをかまってはくれませんよ。

大人のワガママほど厄介なものはございません。

ワガママな上司を見かけたらこっちからは絡まないようにしましょう。

3.自分勝手

いわゆる自分のことしか考えていない自分勝手な上司はパワハラをしてしまう傾向が高いのです。

なぜなら、相手の気持ちなど考えていないので、ただ、自分の思い通りに動いてさえいればいいと思っているからです。

特に早いうちに家族を持ってしまった人はこの傾向に走る人が多いのです。

なぜなら、家族を支えるため、守るためなどの言い訳を使ってくるのです。

俺には家族があるんだと言って新人で独身の男性に対してこのように責めてくる傾向が非常に高いのです。

家族を盾に取られると、何も言い返せないのが現状ですが、そもそも家族を支えることができない状況で家族を持ってしまった方にも責任があるのではと思いませんか?

そう、仕事において家族を持っている、持っていない関係ないのです。

なぜなら、仕事が家族を支えているわけではないからです。

家族を支えているのは、家族を持っている人です。

つまり、仕事に家族を巻き込むなんて言語道断です。

このように自分勝手な人はパワハラに走ってしまうのです。

なぜなら、卑怯ともいえるものを盾にすることができるからです。

ただ、盾にされてしまった家族からすればたまったものではないのではないでしょうか。

盾にするなら家族ではなく自分を盾にしろと言いたくなりますね。

この辺りもやはり自分勝手みたいです。

4.プライドが高い

パワハラ上司は誰よりもプライドが高いのです。

そのため、少しでもプライドを傷つけられると、怒りを抑えられなくなってしまいパワハラに走ってしまう傾向が非常に高いのです。

無駄にプライドが高い人もそんな感じです。

ある意味、おだてることができない部下の人はこのようなタイプに当たるといつも怒られてばかりになってしまうのです。

なぜなら、変にプライドが高い人は立場を気にしたり、気遣いをされたりすることに対してものすごく敏感なのです。

そのようなことができない部下を見ると、ものすごく腹を立ててしまってパワハラに走ってしまう危険性があるのです。

良い意味では負けず嫌いなのですが、そこを履き違えてしまっているためになんでもかんでもうまく行かないと腹を立ててしまうのです。

また、プライドが高いせいで、責任を背負うことを非常に嫌がります。

そのため、自分のミスを部下に押し付けたり、なすりつけたりするタイプが結構多くいらっしゃいます。

自分はとにかく傷つかないようにする。

このように動いてしまうタイプなのです。

つまりは、このようなタイプと一緒に仕事をしていても責任を押し付けられたり、なんでもかんでも失敗の原因にされてしまう危険性が非常に高いので、なるべく絡まないようにしましょう。

絡んでしまうとろくなことはございません。

また、このようなタイプはすでに上の人に見破られてしまっている可能性が非常に高いので、出世することはまずありません。

出世する前に、違う部署に飛ばされるか、会社を辞めてしまうのかの二つしかありません。

つまり、学べることなど何1つないのです。

一緒にいても損をするだけで、パワハラ上司の習慣を身に付けてしまうだけなので、一緒の行動は控えましょう。

5.仕事に対して真面目ではない

パワハラに走ってしまうのはなぜかと言いますと、ストレスをためてしまうからです。

では、なぜストレスをためてしまうのかと言いますと、仕事をすることを好きになっていないからです。

嫌な仕事を嫌だと思って続けているからストレスをためてしまうのです。

そのため、そのストレス発散のはけ口として、部下をいじめるなどのパワハラに走ってしまうのです。

ある意味、情けない姿ですね。

要は嫌な仕事を続けてしまうとこうなってしまうのです。

嫌だと思うことを続けることほど、人間にとって最悪なことはございません。

ただ、特に日本の場合は仕事を辞めることをタブー視されている感じがいまだに根強く残っていますので、たとえ嫌な仕事であってもなかなか辞めようとしないのです。

そのため、ストレスをため込んでしまうのです。

また、辞めようとしても辞めさせてくれない会社などもあるなど、日本の社会の在り方が問題になっているのです。

仕事を辞めることは逃げではありません。

むしろいやいやしながらしている方が逃げなのです。

仕事を辞めることはチャンスへ進むことです。

故に、仕事に対して真面目な人がいない会社でありましたら、パワハラを受ける前に辞めるべきです。

6.嫌なことは部下任せ

自分ができないことやしたくないことは部下任せにする上司はいます。

ある意味、自分ができないことでも、部下ができることだったり、部下が得意なことだったりした場合は振っても任せてもいいのです。

しかし、部下の特性を無視して自分がしたくないことを部下に振ってばかりいる上司はとんでもないのです。

このようなタイプは部下に仕事を振るだけ振ってさっさと帰ってしまう人が多いのです。

ある意味このような行動からもわかると思いますが、仕事ができないことがバレバレです。

仕事ができないから部下に振っているのです。

できるのであれば、振る必要もないし、もしくは一緒にしながら部下に教えるようにするのです。

このような上司は口だけなので、パワハラに走ってしまう傾向が高いので注意しましょう。

7.責任感がない

パワハラ上司は責任を持つのが嫌なのです。

とにかく今のポジションもしくは上に好かれようと必死になっているのです。

そのため、自分の評価を落とそうとするような部下には当たってしまうのです。

特に「お前がミスをしたら責任を取るのは俺だぞ」と言った感じに部下を脅してくるのですが、責任を取る姿勢などノミの大きさもございません。

むしろ、責任を取りたくないからそう言っているのです。

責任を持てないのであるならば社会にいる意味はございません。

8.ストレスを溜め込んでいる

パワハラに走ってしまう主な理由としてストレスをため込んでしまっているということがあげられます。

要はストレスのはけ口を部下にしてしまっているのです。

では、なぜストレスが溜まってしまうのかと言いますと、嫌な仕事を続けている。

そんな器でもないのに上司と言うポジションに座ってしまった。

自分だけの世界で勝負しているからなど、いろいろ考えられるのです。

ただ、働いていてストレスをためない人は、ほとんどいません。

特に今の日本社会ではストレスをためない方が難しいと言われています。

そのため、相手を傷つけることのないストレス発散方法をしないといけないのですが、それができずに部下をストレス発散の道具に使ってしまっているのです。

ここまで行くと人間としてどうなのかと思いますよね。

ストレスを人間に向けてはいけないのです。

9.一人ぼっち

パワハラに走ってしまう上司は意外と友達が少ないタイプが多いのです。

なぜなら、そのような性格なので、誰も寄ってこないのです。

つまりは、構ってほしいために、パワハラに走ってしまっている可能性もあるのです。

ある意味、感情表現が下手だと言わざるを得ません。

ただ、上司のポジションに行くと一人よがりになってしまうタイプも多く、そのことから一人ボッチになってしまい、構ってほしくてパワハラに行ってしまうのです。

ただ、一人ぼっちになってしまうのにも理由はあり、自分の世界だけで勝負しているからそうなってしまうのです。

10.寂しがり屋

前項目の一人ぼっちにもつながってしまうのですが、寂しがりやだからパワハラに走ってしまう方は多いのです。

なぜ寂しがりやなのかと言いますと、あまり外に出ることが少なかったからです。

そのために、コミュニケーション能力が低く、相手とどう接したらいいのかわかっていないのです。

相手との接し方がわからないので、嫌みをいったり、暴力的になってしまい、パワハラのような形になってしまうのです。

パワハラを受けている?そんな時の解決法!

まずは、上司に相談をすることです。

そんなことで相談してもとは思いますが、会社でパワハラが横行している方が上司としてはやばいと思う方もいらっしゃいます。

また、場合によっては社長に相談をすることも視野に入れるべきです。

ある意味最終手段ですが、社長もパワハラをしているようならもうやめるべきですね。

上司とはちょっとと思うのであれば同僚と一緒に対策を練ることです。

一人で解決をしようとするのではなく、同僚に助けを求めるのもありです。

なぜなら、同僚は同じ仲間がいなくなると困ってしまう場合があるからです。

仮に相談する人がいないのであれば、違う部署の人に相談してみることをおススメします。

さらに言えば、弁護士に相談をすることも考えましょう。

意外と経営者側よりも、労働者側の方が法律上では強いのです。

弁護士には今の現状を正直に全部伝えることをおススメします。

そのためにもパワハラを受けている日付や内容を記録をすることです。

後々で必要な材料にもなるのです。

よく証拠を出せと言われますが、そのような記録はばっちり証拠になります。

しかし、それもできないとなるのであれば、転職を視野に入れることです。

転職は恥ずかしくありませんよ。

注意をしても聞かない場合は転職をする方法もありなのです。

パワハラを受けているのであればすぐに相談をするように!

パワハラは一人で抱え込んではいけません。

同僚や知人、友人などに相談しましょう。

相談することで糸口が見えてくるのです。

一人で抱え込むと余計に苦しむだけですよ。