職場に必ずと言っていいほど嫌だと思える上司の方っていらっしゃいますよね。

ほとんどの方の会社を辞める原因が人間関係です。

特に嫌な上司がいると辞めてしまう方が多いです。

でも、スタッフに辞められると困るのではと思う方もいらっしゃいますが、嫌な上司ほど「気に食わないなら辞めてもいいんだぞ」というような感じのことを口にしているのです。

はっきり言えば困った感じの人です。

また、入った会社の先輩が自分の未来と言われているので、そんな嫌な上司がいると言うことはそれがあなたの未来になってしまう危険性もあるのです。

つまり、嫌な上司が存在するということは、気持ちの面以外にも影響を及ぼしかねないのです。

大体、嫌な上司がいる会社は先が長くないと言われているので、耐えてそこにいても実は良い事がない場合もあるのです。

これでは意味がありませんね。

しかし、上司は嫌いでも、やりたい仕事のためになかなか辞めようとも思えなかったり、世間の目を気にして、退職に行けない人も結構います。

では、そんな嫌な上司にはどう対処すれば良いのでしょうか?そんな悩みをお持ちの方も多くいらっしゃると思います。

そこで、今回こちらの記事では、嫌な上司の特徴や対策方法などをご紹介します。

記事を参考にしていただきまして、ぜひ、あなたの理想の生活をゲットしましょう。

嫌な上司の1人や2人、居ませんか?

あなたの会社にはいらっしゃいませんか?嫌な上司は?

そう聞かれた時に自信を持っていないと答えられる人はどれだけいらっしゃるそうでしょうか。

大方、そんなにいないと思います。

しかし、これは仕方がありません。

十人十色という言葉があるように人それぞれ違うのでタイプが合わない人間がいることは当然です。

故に嫌な上司から何か言われても世の中すべてがあなたを否定していると言うわけではありません。

日本人は縦社会で生きてきた文化が強いため上司に何か言われるとこの世のという感じに捉えてしまう傾向が強いです。

何度も言うようにこの世の的に大げさに考える必要はありません。

つまり、上司の言葉はあまり重く受け止めなくてもいいのです。

ましてや嫌だと思う相手の言い分を重く受け止めるほど無駄なことはありません。

それでも、自分のテリトリー内に嫌な上司が存在することはストレスにもなってしまうので、たまったものではありません。

では、どうすれば良いのでしょうか。

そう考えている方は多いと思います。

でも、なにゆえに嫌な上司で悩んでしまうのでしょうか。

解決方法の前に、なぜ嫌な上司で悩んでしまうのか、そこの部分から説明致します。

では、じっくりどうぞ!

付き合い方に悩む…

嫌な上司と遭遇して一番に悩むのが付き合い方です。

特に仕事のうえではコミュニケーションを取らないとスムーズに進まないことがほとんどなので、ミスなどに繋がってしまう危険性があります。

しかし、それでも付き合い方をどうすればいいか悩んでしまいます。

部下である以上は上司とコミュニケーションを取るのは当たり前だというような考えが広がっていて、これが「報連相」の定義がおかしくなった原因でもあります。

俗に言う「報連相」は部下がするべき義務のようなものという感じに捉えられていますが、それは実は大きな勘違いです。

もともとは下からの情報を吸い上げるために、報告・連絡・相談しやすい環境を作ろうという定義で始まった運動です。

故に本来の目的とは違った感じで今は使われているのです。

この原因が上司とのコミュニケーション不足と言われています。

しかし、これは部下が悪いだけと判断するのはおかしいです。

そもそも考え方を変えずにいる上司や、上司だから偉いと思っているのが間違いです。

まだまだ縦社会の日本では上司が考え方を柔軟にすることが難しいようです。

付き合い方に悩む人が多いのは仕方がないと言った感じにもなっていますが、そんなことはありません。

相手を好きになれとは言いませんが、悩まずにストレスを溜めずに済む方法はいっぱいありますよ。

嫌な上司の13個の特徴

嫌な上司、嫌な上司と言ってもどんな人が嫌な上司かと聞かれれば、具体的に答えるのは難しいです。

なぜなら、嫌な上司はごまんといるからです。

こんな人と言った感じに絶対的な定義がないのです。

中には生理的無理、デブだから無理だと言った感じに内面だけでなく、外面からも嫌だと判断されてしまう危険性もあるので、もしかしたらあなたも部下からそのように見られて嫌な上司に該当しているかもしれませんよ。

嫌な上司は自分自身では嫌われていないと思っているので、自分自身では気づくことができないのです。

そこで上司の方も部下の方も必見!ここからは嫌な上司の特徴を説明していきます。

大きくピックアップしえ13個ありますので、しっかり理解しましょう。

いきなりすべてを理解するのは難しいので、身近にいそうな人の特徴など、あなたにとっての優先順位をつけてマスターしていきましょう。

意外と、毎日遭遇しているような人にも見られる特徴もあれば、やっぱりと思ってしまう特徴もありますよ。

1、褒めない

何をしても褒めない上司はいますが、褒めても意味がないし、甘えるだけだと言った感じに捉えてあえて褒めない人もいます。

しかし、褒められないと人間は伸びないのです。

厳しくしても伸びる人はいますが、大多数の人間は褒めて伸びるのです。

また、相手を褒められないのは、自分がうまく行っていないからとか、相手を褒めると自分ができていないように見えてしまうと言う自分勝手な考えがあるからそうなってしまっている可能性もあります。

相手を褒めるのは相手の存在を尊重している証拠であり、褒められた相手は、褒めてくれた人のために頑張ろうと言う気になるのです。

また、褒められないのは相手をツールと思っている証拠でもあります。

道具は褒めようが怒ろうが何も感じません。

また、自分の物だと勘違いしているので褒めないのです。

人間は想いを思って生まれた動物です、相手をツールと見ている時点でそちらの方が人間として失格ですよ。

2、平等に接しない

少しできるからや可愛いからと言って特定の人には優しく、特定の人には厳しくと言った感じに差別して扱うと会社の調和が乱れます。

人間は不平等を感じると気力が下がってしまうのです。

当然、平等に接しない上司は嫌な上司だと思ってしまうので当然、コミュニケーションが減るので会社としていいことはありません。

男女年齢問わず平等に接するのが上司の役目です。

仕事のできるできないで差別する人も多いですが、部下が仕事ができないのは上司の責任とも言われています。

最近では部下が仕事ができないのはバカだからと言った感じの理由をつけて周囲に納得させようとする人もいますが、それはただの言い訳です。

近年の日本では、育成の部分に力を置いていないのでそうなってしまっている傾向が強いです。

3、過去の自慢話ばかりする

過去に自分はこんなことしたと言った感じの自慢話が多く、では未来は今は?の部分が欠けている上司が多いですが、聞いている部下からすると、それがどうした言った感じです。

過去は過去であって、過去の話ばかりする人は時代に乗り遅れている人、もしくは過去の栄光にすがりついている人なのです。

そんな人の話を聞かれても意味がなく、無駄な時間になってしまいます。

嫌な上司の代名詞とも言える事柄で、過去の自慢話より今どうなのかが気になっているのです。

大切なのは今と未来です。

過去はどうでもいいのです。

たいてい過去の自慢話をしてくる人は、過去に上司に自慢話をごまんと聞かされた経験がある人か、もしくは、自分のことを凄いと思っている人などです。

聞いても軽く受け流すようにしましょう。

4、肝心な時に居ない

何かあった時にいない、てかそもそも会社にいる時間が少ない上司っていますよね。

所謂責任逃れ上司です。

最近では終業時間前に帰ってしまう上司も多くいるので何とも言えません。

仕事したくないから社長をしていると言う方もいらっしゃるほどです。

どうしようもありません。

肝心な時にいないのは責任を取りたくない証拠です。

責任をとって役職を降ろされるのが嫌なのです。

昔は、始末書の数だけ勲章と言われたのに、今は始末書すら書くのを拒む人が多く、中にはお前のせいで責任を負わないといけないと部下を追い込む人が多く働きづらい環境になっています。

責任を負いたくなければ上司にならないことが一番です。

上司だから責任を負うのです。

責任を背負えない人に上司は務まりません。

肩書きだけの上司では良くないのです。

5、指示が滅茶苦茶

とにかく指示がめちゃくちゃで自分が口にしたことに責任を背負えない人は厄介です。

せっかく仕事をしても無駄な努力になってしまう危険性もあります。

このような人は自分はえらいから何を言ってもOKだと勘違いしているのです。

もしくは自分が何を言っているのか理解していないのです。

よく人の話を聞かないタイプの人に多いです。

人の話を聞かないので、当然ご自身が話したことも聞いていないので、軸がないような感じになります。

このような人がトップの会社はぶれまくるので良くありません。

長く続いているような会社は聞いたことがありません。

変化することは大切と言いますが、軸まで変化させてはいけません。

変化させるべき従業員の生活スタイルなどです。

稼ぎが良くなって、1年前より生活が向上したなどです。

6、責任感がない


責任から逃れるタイプの上司は近年増加傾向にあります。

これは責任を取ることを恥と思っている節があり、責任をとらないためにも部下にきつくあたったり、部下に責任を押し付けたりします。

なぜそうなってしまうのかと言うと自分のことしか考えていないからです。

周囲のことを考えられず自分だけを見てしまっているから自分は悪くないと言う考えをもっているのでそうなってしまうのです。

自分さえよければと考えるのなら個人事業主になったほうがいいです。

その考えに巻き込まれる部下は溜まったものではありません。

ただ、どんな仕事でも相手があって成立するものがほとんどなので、相手のことを考えられないうちはどんな仕事をしても上手く行きません。

責任感を持たないまま上司になっても自分が苦しむだけですよ。

7、仕事が出来ない

現場を知らずに上司になってしまったと言う方は結構います。

そのため、仕事ができないので、部下に無茶な指示を出したりする上司は多いです。

上司だからいいのだよといた感じの態度を取っているので非常に厄介です。

これからは部下も上司を見る時代です。

肩書きだけで威張れるという社会は崩壊します。

まだそんな感じで生きているのでは時代に乗り遅れますよ。

最近では仕事ができない人は机に座ってばかりいる人のイメージが強いです。

役職だけは凄くても全然仕事ができない人が蔓延している世の中です。

また、仕事ができないと説得力もないので、部下はついてきませんよ。

そんな人が会社のトップ級だったりしたらと思うと怖いとしか言いようがありませんね。

8、やたら上から目線でものを言う


上から目線で言わないと自分が優位に立っていると思えないので、上から目線で口にする人はいます。

上から目線で話されると、心地よくはありませんが、同時に逆らえないと言った感情も生まれるので、そうやって優位性を保とうとするのです。

みっともないですね。

上から言ってもメリットはありません。

一昔前なら雇われたのだから言うことを聞かないといけないと言った感じの風潮はありましたが、最近では上司の言っている内容を読み取ってしまう人もいるので、上から目線でものを言って、部下から反撃を食らうという上司も少なくありません。

上からは上司としてでなく、人間としても良くありません。

サッカー日本代表でキャプテンを務めたこともある長谷部誠選手は自著のなかでどんな時でも上から目線で話すことは良くないと言っており、自己主張の強いスポーツの世界でもそのような考えになっているのです。

上から目線の効果もなくなるのは時間の問題です。

9、仕事が雑・適当

部下は上司の仕事の仕方を見て学ぶと言われていますが、上司が仕事を雑や適当にしていては、部下もついてきませんし、説得力がありません。

仕事ができるできない以前にしっかり行っているかどうかは大切になってきます。

上司は部下に仕事に対する姿勢を見せないといけないのです。

それを雑や適当にしているようでは意味がありません。

もしくは、自分も雑や適当にやっていいと思ってしまう傾向もあり、会社にとってはプラスに働きません。

仮に自分が雑や適当に仕事をして、雑や適当に仕事をしている上司から注意されたら面白くありませんよね。

何度も言うように部下も上司を見る時代です。

上司だから許されると言った考え方は通用しない感じになっています。

10、優柔不断

決断力がない上司が最近では増えてきています。

責任を負いたくない、今のポジションをキープしたいといった保守的な考え方の人が多く、部下も働きづらい世の中になっています。

優柔不断な上司のもとではどう動いたらいいかわからなくなってしまいますので、厄介です。

優柔不断のまま上に上がってしまうと個人だけでなく、会社のためにもなりません。

優柔不断な人は相手の話を聞こうとしないだけでなく、自分が何を言っているのかさえ理解していません。

ただ、なあなあと生きているのです。

決断力はどんな時でも大切です。

引き受けるだけでなく、断る勇気もないとそこの会社では背負えないほどの仕事を持ってきてつぶれてしまうといったことも珍しくありませんよ。

11、異性の社員に馴れ馴れしい

異性の社員に対してやたらなれなれしく接してくる上司は多いです。

なれなれしいのはべつに構わないと思いますが、それがエスカレートしてセクハラなどに発展することもあります。

また、なれなれしくしていると差別しているような感じもあって平等に扱われていないと言った感じで会社の調和が乱れてしまう危険性もあります。

なれなれしいのは、もはや仕事ではなく、他のことに興味があって、なれなれしくしている感じがありますので、良くありません。

なれなれしくするより柔らかく柔軟な姿勢で接しないと部下は着いてきませんよ。

上司と部下の関係です。

決して友達とかそういう関係ではないので、なれなれしく接するのは辞めましょう。

同時に部下の方も上司になれなれしく行くのはよしましょう。

12、仕事関係じゃない連絡を入れてくる

休みの日や就業時間外に仕事とは関係ない事を連絡してきたり、せっかくの休みの日に食事や飲みに誘われたりなど、プライベートを邪魔する上司は嫌われますよ。

また、最近多いのは仕事中なのに、仕事と関係ない事をメールなどで連絡してくる上司もいて、仕事に集中できなくて困っています。

上司は仕事が少ないかもしれませんが、部下は仕事が多いのです。

一刻も早く仕事を終わらせようと考えている時にそんなメールが来たらたまったものではありません。

少し前に育児休暇をとって不倫していたと騒がれた政治家がいて、国会中に300通以上のメールを送っていたことが判明するなどもありました。

メールを送る余裕があるのであれば、どうすればみんなの仕事が早く終わるか考えるのが上司の役目です。

13、出世しか頭にない

どうにかして上へ行こうとばかり焦っている上司はいっぱいいますが、その気持ちを部下に押し付けてはいけません。

昔は部下と上司は一心同体と言われていましたが、もうその考えは古いです。

今はお互いの個性を認め合う時代です。

出世しか頭にない人は、自分の評価を気にする人ばかりです。

そのため責任も負わないし、何かと部下のせいにしてしまう人ばかりです。

さらにたちが悪いと保守的な感じなので、一緒に仕事をしたいと思えません。

出世よりも大事なことがわかっていないとこうなってしまうのです。

仮にこのような人が出世しても誰も着いて行きませんよ。

あとあとになって困るのは自分です。

よく部下に怒ってばかりいる人はこのような感じの人ばかりです。

嫌な上司の対処法

ココまでの説明で嫌な上司の特徴はいかがでしたでしょうか。

身近にいらっしゃいましたか?もしくはご自身がそうなってしまっていると思う部分があった方もいらっしゃったと思います。

では、このような嫌な上司にはどのように接すれば良いのか?ここからはお待ちかねの嫌な上司の対処法を説明していきます。

嫌な上司が原因でせっかくの天職を離れなければならないといったこともあったと言う方もいらっしゃったと思いますが、もう安心してください。

仕事を辞めずに済むかもしれませんので、嫌な上司とうまく接することができれば、怖いものなどないですよ。

何度も言うように仕事を辞める主な原因は人間関係です。

人間関係をうまくすれば仕事を辞めずに済みます。

嫌な人との接し方はまさにあなたにとって最強の武器になるかもしれませんよ。

ぜひ、じっくり理解しましょう。

礼儀正しく接する

嫌な上司だと、恐れてしまって一歩引いて接してしまったり、イラッとしながら接してしまう人が多いですが、どちらも逆効果です。

引いて接していると、相手の思う壺です。

また、イラッとしながら接していても相手を余計に怒らせるだけです。

このような場合はこれでもかと言うほど礼儀正しく接することです。

礼儀正しく来ると相手は自分がしていることに恥ずかしさを覚えます。

あくまでも礼儀正しくです。

礼儀正しいを従事することと勘違いして接してしまうと相手の思う壺で、部下でなく、奴隷のような扱いをされてしまうかもしれません。

礼儀ができていると言うことは心に余裕がある証拠でもあります。

気遣いは礼儀ではありませんので、ご注意ください。

上司の存在が消えるくらい仕事に集中する

会社での役目は上司の機嫌を取ることではありません。

仕事をきっちりこなすことです。

つまり、上司の機嫌などどうでもいいのです。

上司のことを気にして仕事に集中できないと言う方もいらっしゃると思いますが、一旦、考えを整理しましょう。

あなたは会社に仕事をしに来ているのです。

上司の機嫌を良くするために来ているのではありません。

そうとわかったら、上司のことなど忘れて楽しい仕事に集中しましょう。

楽しいと思えて仕事ができているのは120%の力で動いている証拠です。

嫌な上司を気にして120%の力を出せなくなるのはあなたにとって良くありません。

嫌な上司に何か言われても何かされても気にする必要はありません。

その人の考えであって、世間の考えではないからです。

極力関わらない様にする

上司と関わると言ってもピンからキリまで関わらないとダメと言うことはありません。

関わるのなら必要な時だけにして仕事に集中すると言う方も結構いますよ。

すべてにおいて関わらないと仕事に支障をきたす恐れがありますが、必要最低限において関わっておけば仕事に支障をきたすことはありません。

要はあなたにとって大好きな仕事でどこまで関わりを持っていればいいのかわかればいいのです。

必要最低限を越えると余計な絡みになってしまいます。

これを火に油を注ぐようなことです。

余計な関わりを増やさないためにも仕事においてはどこまで関わればいいのかをまずはご自身で線引きしておくことが大切です。

そうすることで必要最低限以上の絡みがなくなるので、ストレスが溜まりませんよ。

期待しない

上司と関わってしまう、気にしてしまうというのはどこかあなたが上司に依存したいと思う心があるからです。

これは仕方がありません。

上司に気にいられることが評価のアップや出世の近道と言われているので、そうなってしまうのです。

しかし、嫌な上司に評価されて出世しても本当にそれがあなたのためになっているでしょうか?おそらく、その嫌な上司と同じ運命をたどってしまう危険性があります。

それよりかはしっかり自分の考えで駆け上って行った方が何事もスムーズに行きますよ。

嫌な上司には期待しないのが一番です。

嫌だと思う時点で何かがその上司には何かが足りないのです。

普通にしていて人に嫌だと思われる人なんてそういません。

つまり、欠点がある証拠です。

そんな上司に期待しても意味がありませんよ。

異動願を出す

どんなに頑張っても気にしてしまうし、具合が悪くなる、ストレスが溜まるならいっそのこと異動願を出してみるのも手です。

会社として仕事に支障がきたすことが一番嫌なので、仕事に影響があると考えれば異動願も受理されると思います。

異動することを恥だと思う方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

むしろチャンスへ向かっているのです。

本当の恥はいつまでもそこにしがみついていることです。

嫌々言いながらそこで仕事をするよりも新たな場所で仕事をする方があなたのためになりますよ。

いずれにせよどうするかはあなたが決めることです。

異動するにも辞めるにも、別に恥ずかしいと思うことはありません。

少し悲しい事を言えば周囲はそんなにあなたのことを見ていません。

冷静な態度で接する

嫌な上司に対してムキになっても意味がありません。

そんな相手にムキになってしまうのは自分も同じだと言うことを認めている証拠です。

ここは一旦落ち着いて冷静になって見るのも手です。

もしかしたら、あなたがムキになるのを面白がって見ている可能性もありますので、何かを言われても「仕方ないな~」と思うのが大切です。

そこで何とかしないと、どうにかならないかなと思うのは間違いではありませんが、あまりよろしくありません。

相手は支配できないのです。

ここは冷静になって相手を尊重しましょう。

別に低く見ても罪ではありません。

肩書きだけ高くても器が小さい人間はいっぱいいますので、原価の低い人にはこのように接するのが最適です。

これを大人の対応と言います。

嫌みを言われても受け流す

嫌味を言ってくる上司はいっぱいいますが、それを真にうけとめてはいけません。

受け止めても価値のないものです。

流すのが一番です。

それを受け止めてムキになるから上司も面白がってエスカレートしてくるのです。

無視するかの如く受け流しましょう。

受け止めているうちは相手のおもちゃになってしまっているようなものです。

あなたはあなたなので、言われたことを本気にしてはいけません。

本気にするだけ損ですよ。

「子供だ」・「赤ちゃんだ」と思う

嫌な上司は精神年齢が低いと思われますので、この際、「子ども」「赤ちゃん」だと思ってしまってもいいと思いますよ。

人の話も聞けない、嫌味なことしか言ってこない、仕事もできない、ただ自慢しているだけ、体がでっかくなっただけですね。

どうしようもない大人なので放っておきましょう。

相手にするだけ損です。

そんな上司は他の人のところにいって構ってくれる人を探すだけです。

ただ、あなたまで子どもになるのは辞めましょう。

脳内マツコを住まわせる

何でもズバッと言ってくれるマツコ・デラックスさんですが、最近話題になっているのが脳内にマツコ・デラックスさんを住まわせて嫌な上司の悩みなどを質問する、相談するなどと言った行為です。

本当に住まわせるのではなく、これまでもマツコ・デラックスさん声や名言などをいっぱい頭の中に入れておいてこんな時だったらこう言うことを言っているのではないかなと相談して見ることです。

意外とすっきりする効果があるみたいです。

上司よりも結果を出す

嫌な上司よりも結果を出すことで、周囲はあなたの言っていることに納得しますよ。

肩書よりも結果が勝負の世界が社会です。

肩書きで威張っている人がいたら、結果を出して実力の違いを見せましょう。

結果がすべてなので、結果を出していない上司のもとに誰がついていくと思いますか?誰も着いて行きませんよね。

結果を出すことで上司も恥を知ることができるので、相乗効果がありますよ。

そこでうじうじ言ってくるのであれば嫌な上司であることは間違いありません。

誰かに愚痴を聞いて貰う

嫌な上司と一緒にいて一番困ることはストレスが溜まってしまうことです。

ためてためてしまうと癌の原因にもなってしまうのでよろしくありません。

そんな時は愚痴を聞いていただける仲間を持つことです。

ここで注意が必要なのはただ愚痴を聞いてくれるのではなく、あなたも相手の愚痴を聞くような姿勢でいないと意味がありません。

お互いに一方的では余計にストレスが溜まるだけなので、辞めましょう。

スルースキルを身に付ける事が円満へのコツ

いかがでしたでしょうか。

嫌な上司に関する記事は!生きているうちに必ず嫌な人とはぶつかりますが、そこを乗り越えると言うよりも、気にしなくなるのが一番です。

円満の状態でいたいのならスルーするのが最適な方法と言えますので、実践しましょう。

上司の言うことはそんなに本気に考えなくても大丈夫です。