CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

嫌な上司の13個の特徴と対処法。スルー力を身につけるか頑張って仲良くなりましょう!


職場に必ずと言っていいほど嫌だと思える上司の方っていらっしゃいますよね。

ほとんどの方の会社を辞める原因が人間関係です。

特に嫌な上司がいると辞めてしまう方が多いです。

でも、スタッフに辞められると困るのではと思う方もいらっしゃいますが、嫌な上司ほど「気に食わないなら辞めてもいいんだぞ」というような感じのことを口にしているのです。

はっきり言えば困った感じの人です。

また、入った会社の先輩が自分の未来と言われているので、そんな嫌な上司がいると言うことはそれがあなたの未来になってしまう危険性もあるのです。

つまり、嫌な上司が存在するということは、気持ちの面以外にも影響を及ぼしかねないのです。

大体、嫌な上司がいる会社は先が長くないと言われているので、耐えてそこにいても実は良い事がない場合もあるのです。

これでは意味がありませんね。

しかし、上司は嫌いでも、やりたい仕事のためになかなか辞めようとも思えなかったり、世間の目を気にして、退職に行けない人も結構います。

では、そんな嫌な上司にはどう対処すれば良いのでしょうか?そんな悩みをお持ちの方も多くいらっしゃると思います。

そこで、今回こちらの記事では、嫌な上司の特徴や対策方法などをご紹介します。

記事を参考にしていただきまして、ぜひ、あなたの理想の生活をゲットしましょう。

嫌な上司の1人や2人、居ませんか?

あなたの会社にはいらっしゃいませんか?嫌な上司は?

そう聞かれた時に自信を持っていないと答えられる人はどれだけいらっしゃるそうでしょうか。

大方、そんなにいないと思います。

しかし、これは仕方がありません。

十人十色という言葉があるように人それぞれ違うのでタイプが合わない人間がいることは当然です。

故に嫌な上司から何か言われても世の中すべてがあなたを否定していると言うわけではありません。

日本人は縦社会で生きてきた文化が強いため上司に何か言われるとこの世のという感じに捉えてしまう傾向が強いです。

何度も言うようにこの世の的に大げさに考える必要はありません。

つまり、上司の言葉はあまり重く受け止めなくてもいいのです。

ましてや嫌だと思う相手の言い分を重く受け止めるほど無駄なことはありません。

それでも、自分のテリトリー内に嫌な上司が存在することはストレスにもなってしまうので、たまったものではありません。

では、どうすれば良いのでしょうか。

そう考えている方は多いと思います。

でも、なにゆえに嫌な上司で悩んでしまうのでしょうか。

解決方法の前に、なぜ嫌な上司で悩んでしまうのか、そこの部分から説明致します。

では、じっくりどうぞ!

付き合い方に悩む…

嫌な上司と遭遇して一番に悩むのが付き合い方です。

特に仕事のうえではコミュニケーションを取らないとスムーズに進まないことがほとんどなので、ミスなどに繋がってしまう危険性があります。

しかし、それでも付き合い方をどうすればいいか悩んでしまいます。

部下である以上は上司とコミュニケーションを取るのは当たり前だというような考えが広がっていて、これが「報連相」の定義がおかしくなった原因でもあります。

俗に言う「報連相」は部下がするべき義務のようなものという感じに捉えられていますが、それは実は大きな勘違いです。

もともとは下からの情報を吸い上げるために、報告・連絡・相談しやすい環境を作ろうという定義で始まった運動です。

故に本来の目的とは違った感じで今は使われているのです。

この原因が上司とのコミュニケーション不足と言われています。

しかし、これは部下が悪いだけと判断するのはおかしいです。

そもそも考え方を変えずにいる上司や、上司だから偉いと思っているのが間違いです。

まだまだ縦社会の日本では上司が考え方を柔軟にすることが難しいようです。

付き合い方に悩む人が多いのは仕方がないと言った感じにもなっていますが、そんなことはありません。

相手を好きになれとは言いませんが、悩まずにストレスを溜めずに済む方法はいっぱいありますよ。

嫌な上司の13個の特徴

嫌な上司、嫌な上司と言ってもどんな人が嫌な上司かと聞かれれば、具体的に答えるのは難しいです。

なぜなら、嫌な上司はごまんといるからです。

こんな人と言った感じに絶対的な定義がないのです。

中には生理的無理、デブだから無理だと言った感じに内面だけでなく、外面からも嫌だと判断されてしまう危険性もあるので、もしかしたらあなたも部下からそのように見られて嫌な上司に該当しているかもしれませんよ。

ページトップ