「○○のせいで顔に泥を塗られた」や「親の顔に泥を塗ってしまった」など、自分や相手が原因で、同じく自分や相手に不都合が生じてしまった時に、「顔に泥を塗る」という表現を使うことがあります。

言葉の意味を知っている人にとっては何の違和感もなく当たり前に使えますが、この言葉を知らない人からすれば、「顔に泥を塗ったの!?」と驚いてしまうかもしれません。

社会に出るとそれなりに使ったり聞いたりする機会の多い言葉ですので、「顔に泥を塗る」という言葉の意味や使い方、また自分が誰かの顔に泥を塗ってしまった時の対処法についてきちんと知っておきましょう!

正しい使い方してる?顔に泥を塗るという意味は?

「顔に泥を塗る」という言葉の響きからも、あまり良い意味の言葉ではなさそうだということは、誰にでも想像がつくことでしょう。

この言葉の意味を知らなければ、言葉そのままに受け取ってしまいますので、相手に対してとんでもなく失礼なことをしたり、またはされたりしたのかと驚いてしまうことでしょう。

本当に相手の顔に直接泥を塗ったわけではないにしても、それに等しいほどに大変なことをしてしまった時には、「顔に泥を塗ってしまった」と表現することがあります。

しかし、言葉の正しい意味を知らないと、どんなタイミングでどんなふうに使えば良いのかが分からずに、おかしな使い方をしてしまうかもしれません。

「顔に泥を塗る」という言葉は、社会人であれば誰でも基礎知識として知っている言葉の一つでもありますので、きちんと正しい使い方が出来ていなければ、顔から火が出るほどに恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

そんな穴があったら入りたい状況を作らなくても済むように、予めこの言葉の意味や使い方について正しく理解しておきましょう。

辞書的な意味

「顔に泥を塗る」とは、恥をかかせるという意味があります。

「面目」は世間に対する名誉や体面、世間から受ける評価などを意味していますので、「面目を失わせる」とは、世間に対する名誉や体面を失わせることになります。

「顔に泥を塗る」という行為は、自分が誰かにしてしまうこともあれば、人から自分がされてしまうこともあります。

例えば自分が紹介した人物が、勤め先の会社でトラブルを起こしてクビになってしまった時には、紹介者である自分はその人物から顔に泥を塗られたことになるでしょう。

一方で、自分の身勝手な心変わりのために、結婚式前日に婚約破棄をしてしまったら、婚約者や互いの両親の顔に泥を塗ってしまうことになるでしょう。

このように、泥は「塗った」「塗られた」という使い方をするのが普通で、また自分から誰かに、もしくは誰かから自分にという場合に使います。

間違っても自分で自分の顔に泥を塗るような真似は誰もしませんので、自分に対して使うことはないでしょう。

「顔に泥を塗る」の類義語

「顔に泥を塗る」という言葉は、簡単に言えば「恥をかかせる」または「恥をかかせられる」ことです。

顔に泥という表現は決して軽々しいものではありませんので、取り返しのつかないことをしてしまった時や、とんでもなく大変なことをしでかした時など、大事の際に用いられることが多いです。

また、それだけ失礼な行為という意味でもありますので、もし顔に泥を塗ったり塗られたりした時には、相手との関係が修復不可能になってしまうこともあります。

「顔に泥を塗る」という言葉は、そうした深刻で大きな出来事の際に使うことが多いため、ほんのちょっとしたことや、ささいなプライドが傷つけられた程度では、表現として使うことはあまりないでしょう。

多少の揉め事であれば、本来の意味のままに「恥をかかされた」「恥をかけさせた」と言うことが多いです。

そんな「顔に泥を塗る」という言葉にはいくつかの類義語があります。

普段使いするものからしないものまでさまざまですので、以下にご紹介していきます。

顔を汚す


「顔を汚す」とは、「面目を失わせる」ことですので、「顔に泥を塗る」とまったく同じ意味を持ちます。

誰かの面目を失わせたのであれば、「顔を汚してしまった」「○○の顔を汚した」などと使い、反対に自分が面目を潰されたのであれば、「顔を汚された」と使います。

「顔に泥を塗る/塗られた」という表現よりは激しさがそこまでありませんので、やんわりと相手に伝える場合に使われることが多いです。

また、「顔に泥を塗る」という表現がかなり大事なのに対し、「顔を汚す」はまだ表現が控えめなので、身近な人や親しい相手に対して使う際には「顔に泥を塗る」よりも、「顔を汚す」と使うことが多いでしょう。

どちらも同じ意味ですので、より大事にしたかったり、相手に事の重大さを伝えたかったりする場合には「顔に泥を塗る」という表現を使いますし、そこまで大事にする必要がない場合には「顔を汚す」という表現を使います。

自尊心を踏みにじる

「自尊心を踏みにじる」または「プライドを踏みにじる」とは、人の誇りを傷つけたり、恥ずかしい思いをさせたりすることを意味します。

自尊心は誰にでもあるもので、自分の人格の中でも核となる重要な部分です。

いわば誇りの部分ですので、そこを踏みにじられたり傷つけられたりすれば、誰だって不快を通り越して我慢がならないでしょう。

例えばある人の最大の誇りが家族に対する愛情だとしたら、それをバカにされたり傷つけられたりすれば、感情の制御が利かないほどに激高するか、その場では穏やかに対応してもずっと根に持ち続けることでしょう。

それほど自尊心を他者によって踏みにじられる行為は、我慢がならないものです。

「顔に泥を塗る」とは、相手の自尊心を大いに傷つける行為ですので、自尊心を踏みにじることと同じような意味を持つでしょう。

誰かの自尊心を踏みにじれば、相手からはかなり恨まれますし、場合によっては報復を受けることもあるでしょう。

一方で、自分の自尊心を踏みにじられれば、自分の自尊心を傷つけた相手を決して許しはしないでしょう。

鼻を折る

時々、鼻っ柱の高い人物をぎゃふんと言わせることで、「相手の鼻を折ってやった」と、してやったりの顔をする人がいます。

「鼻を折る」とは、「驕る心をくじく」という意味があり、得意がっているものをへこませて、恥をかかせる際に使われることの多い表現です。

例えばある人物が高級車に乗っている写真を周りの人に見せて自慢していたとします。

その際に、高級車のナンバーがレンタカー専用のものだった場合に、賢く思いやりのある人はそれを指摘せずに、黙って「すごいね」と受け流すことでしょう。

しかし、自慢気なその態度が気に入らないと感じた人の場合は、周りに人がいる前でわざと「でもこれってレンタカーだよね。」と大声で指摘します。

自慢していた人は周りから一気に「何だレンタカーを自慢しているのか」という視線を受けて、大いに恥を掻くことでしょう。

この際に、自慢した人物の勢いを削ぎ、恥をかかせた人は「相手の鼻を折った」と内心でほくそ笑んでいることでしょう。

一方で鼻を折られた方は、指摘した人に対し逆恨みの感情を抱くかもしれません。

「顔に泥を塗る」という表現は、さまざまな場合に使われることがありますが、「鼻を折る」という表現は、このように驕っている相手に対して恥をかかせる際に使われることが多いです。

面汚し

「面汚し」とは、「その人の属する社会や仲間の名誉を傷つけること」です。

よくひと昔前のドラマや小説の中で、「里の面汚ししめ!」「一族の面汚しだ」などのセリフが登場することがありますが、これらの面汚しも、そうした意味として使われています。

家族であれ学校であれ、会社であれ、自分たちがそれぞれの属する社会の中では、ある一定の協調性や暗黙のルールなどが存在していることが多いです。

例えば「独身グループに入っているメンバーは、結婚してはいけない」や「野球のスポーツクラブに入っている人が他のスポーツクラブも掛け持ちしてはいけない」など、社会によって独特の暗黙のルールが存在しています。

前者の独身グループの場合、決していつまでも独身でいなくてはならないというわけではありません。

たまたまそれを作った当時は全員が独身だったというだけであり、その中で結婚する人がいればそれは仲間として純粋に喜んであげるべきことでしょう。

しかし、グループすなわちその社会に属していると、何となく暗黙で「このグループにいる間は結婚してはならない」というルールが出来てしまっていることが多いです。

そのため、もしグループの誰かが結婚すれば、それを喜ばしいことではなく、グループを裏切った裏切り者だと考えてしまう人は残念ながらいます。

このように、社会の中にはそれぞれに暗黙のルールがあり、それを破った人に対して「自分たちの面汚しだ」と責めることがあるのです。

「顔に泥を塗る」という表現の場合、複数人や大勢に対して使われることはあまりありません。

一方で「面汚し」とは、その意味からも集団や社会の仲間内に対して使われることが多いです。

恥さらし

「恥さらし」は、「皆にみっともない姿を見せるさま」や「醜態をさらすさま」あるいはそうした行為をする人を指す言葉です。

「この恥さらし!」と誰かに怒ることがあれば、その人が醜態をさらしたことで、自分にもその被害が及んだり、自分まで恥ずかしい思いをしなければならなくなったりした場合が多いです。

「恥さらし」とはそのまま「恥をさらす」という意味です。

私たち日本人は恥を隠し、人様には見せたがらない傾向がありますので、その恥を堂々とさらすことは非常識であり、またみっともないことであると考える人は多いです。

また、「恥さらし」という言葉を使うシチュエーションとして、誰かが恥をさらしたことで自分も恥ずかしい思いをしなければならなくなったということが非常に多いです。

本人だけが恥をかいて済むことであれば、わざわざ「恥さらし」という表現をすることはあまりないでしょう。

そうした部分でも、「顔に泥を塗る」と意味や使い方がよく似ています。

両目をつぶす

「面目」は先ほどもご紹介したように、世間に対する名誉や体面という意味があります。

それをつぶすということは、世間に対する名誉や体面を台無しにするということですので、当人にはかなりの大ダメージを負わせることになります。

もし自分が誰かの面目をつぶしてしまったなら、ただ謝罪すればそれで済むというわけにはいかないでしょう。

人によっては自分が面目をつぶされたことをいつまでも根に持つタイプの人もいますので、誠心誠意謝罪をするとともに、相手の名誉を回復出来るように自分も尽力しなければならないでしょう。

もし悪意を持って相手の面目をつぶしたのなら、相手から恨まれようが「してやったり」と思うことでしょう。

とはいえ、悪意を持って面目をつぶしたのなら、当然自分も同じように面目をつぶされる覚悟は必要です。

コケにする

「コケにする」とは、バカにすることや侮ることという意味があります。

漢字で書くと「虚仮」ですが、日常的に漢字で表現されることはほとんどありません。

大抵はカタカナで「コケ」と使うことが多いです。

相手をバカにすることですので、自分よりも下に見ている相手や、たいしたことがない人間だと思っている相手に対してコケにするような態度を取ることが多いです。

「顔に泥を塗る」よりも比較的使われる機会の多い言葉ですが、「顔に泥を塗る」行為がわざとではない場合もあるのに対して、誰かをコケにする場合は完全に相手に対する悪意や敵意の感情から行動に移していることが多いです。

無自覚でコケにするということはまずないでしょう。

「顔に泥を塗る」の基本的な使い方


「顔に泥を塗る」という言葉が、人に恥をかかせたり、面目をつぶしたりすることであるということはこれまでにご紹介してきました。

意味さえきちんと理解出来れば、後は使い方を間違えないように意識すれば問題なく言葉の表現として使いこなせるようになるでしょう。

以下に「顔に泥を塗る」の基本的な使い方をご紹介していきます。

自分が使う場合はもちろん、誰かが口にした時などにも、どのような意図をもって使われているのかということを意識するようにしましょう。

親の顔に泥を塗ってしまった

両親の自分に対する思いやりの気持ちを台無しにしてしまったり、公衆の面前で親に恥をかかせてしまったりした時などに「親の顔に泥を塗ってしまった」と使うことがあります。

例えば親があなたのことを立派な子どもだと親戚に話していたのに、親戚の前で肝心のあなた自身が酒を飲んで暴れたり暴言を吐いたりと、酷い醜態を見せてしまった時には、あなた自身の行動が親の顔に泥を塗ってしまったことになるでしょう。

また、例えば両親がお膳立てしてくれたお見合いの席をドタキャンしたり、見合い相手を相手の両親もいる前で貶したりと失礼な態度を取ってしまった時にも、親の顔に泥を塗ってしまうことになります。

両親が子どものことを心底大切に思っていて、思いやりの気持ちからしてくれたことを台無しにしてしまった時には、子どもも少なからず「親の顔に泥を塗ってしまった」と後悔することでしょう。

しかし一方で、親が自分勝手に家柄や親の面子を保つために子どもに何かを強制してきたのなら、それに反抗する気持ちから、あえて親の顔に泥を塗る場合はあります。

親の顔に泥を塗るというのは、本来ならばやってはいけない恥ずべき行動です。

しかし子どもが親によってがんじがらめに縛られているというのなら、そんな親の目を覚まさせるために、あえて親の顔に泥を塗ることはあるのかもしれませんね。

裏切られて、顔に泥を塗られたような気分だ

もしも自分が心底信頼していた人物に裏切られたとしたら、それは相当なショックでしょう。

しかも、単に自分の気持ちを裏切っただけでなく、自分に恥をかかせるような真似をしたのなら、裏切られた上に顔に泥まで塗られて、気分は最悪なことでしょう。

例えば「恋人が出来ない」と悩んでいた同性の友人の相談に、親身になって乗っていたとします。

しかしそんな時に、その人が自分の恋人にちょっかいを出し、結果的に自分の恋人を掠め取られたとしたら、それほど酷い裏切りはないでしょう。

友人と恋人の2人に同時に裏切られ、またそのことで周囲から「恋人を取られた人」とレッテルを貼られてしまい、まさに顔に泥を塗りたくられたような気分になることでしょう。

顔に泥を塗るというのは、塗られた側の気持ちは心底最低なものです。

あらゆる屈辱や怒り、悲しみや苦痛などの感情が一気に押し寄せてきますので、その恨みも根深いものになりやすいでしょう。

主人の顔に泥を塗るわけにはいかない

例えば夫の会社の集まりに、妻である自分も呼ばれたとします。

夫が会社でどんな立場にいるとしても、妻である自分はしっかりとした振舞いをしなければ、夫の顔に泥を塗ってしまうことになるでしょう。

例えば夫が役職者の場合、役職持ちの妻らしい振舞いをすることが求められます。

着るものもある程度上等なものでなければならず、一般常識や教養はあって当たり前だと周囲も思っているため、それに相応しい振る舞いをしなければなりません。

例え実際には普段は家でジャージ姿をし、だらけて過ごしているとしても、そのような場では夫の顔を立てなければならないため、夫の顔に泥を塗り、会社での立場を悪くさせないためにも、妻は気を配り、振る舞いにも細心の注意を払うことでしょう。

また、例え役職者でなくとも、家庭を持つ妻である以上は、家事や育児はきちんと出来ているという周囲からの認識が強いため、当然そのように振舞う必要が出てきます。

家に会社の同僚を呼ぶとなれば、苦手な料理も頑張って振舞わなければなりませんし、家の中もきれいに掃除しておかなければならないでしょう。

出来た妻ほど、「主人の顔に泥を塗るわけにはいかない」と、一生懸命に頑張るものです。

上司の顔に泥を塗ってしまった時の6個の対処法

「顔に泥を塗る」行為は、極力されたくない行為であり、また出来るだけ自分もしないように努めなければなりません。

けれども、人によってはこちらのどんな行為が「自分の顔に泥を塗られた」と相手に思わせるのかは分からないため、気をつけていても、うっかりどこかで相手の顔に泥塗ってしまうかもしれません。

避けようのない事故であればまだ仕方がないと諦めが付きますが、明らかに「これをしたらマズイ」という行動を取ってしまった場合には、悔やんでも悔やみきれないでしょう。

うっかり相手の顔に泥を塗ってしまっただけでも事態は深刻ですが、もしもそれが会社の上司ともなれば、さらに最悪な状態になってしまうかもしれません。

上司のプライドを傷つけて、顔に泥を塗ってしまった時には、いったいどのように対処すれば良いのでしょうか?

これ以上最悪の状態にならないためにも、直ぐにやっておくべき対処法を以下にご紹介していきます。

とにかく誠意を持って謝る

上司の顔に泥を塗ってしまった際には、とにもかくにもまずは誠心誠意の謝罪が必要です。

「申し訳ありませんでした」と短い謝罪だけでは、とても相手の溜飲を下げることは出来ないでしょう。

また、あれこれと言い訳をするのも良くありません。

自分がどれだけ悪気がなかったかを伝えようとして、つい自分を守る言い訳をしてしまう人がいますが、そうすると余計に上司を怒らせてしまうことになります。

そのため、まずは上司の説教や怒りを全て受け止め、その上で誠心誠意「この度は○○さんに大変なご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした!」と深く謝罪をしましょう。

同じことを繰り返さない

たった一度でも上司の顔に泥を塗ってしまえば、それは大変なことです。

上司からの信頼は失くしてしまいますし、その際のこちらの態度によっては、上司との関係が険悪になってしまう恐れもあります。

そのため、きちんと誠意を持って謝罪をした後は、二度と同じことを繰り返さないように最大限の注意を払いましょう。

ミスはどんなに気をつけていても起こってしまうものですが、二度も同じように上司の顔に泥を塗ってしまうと、上司には「わざとじゃないのか」「前回の反省が出来ていないじゃないか」とますます信用を失くさせてしまいます。

単純に仕事のミスであれば二度目も許してもらえるかもしれませんが、少なくとも顔に泥を塗るという行為は二度許されることはないでしょう。

そのことを十分に肝に銘じ、同じことを繰り返さないようにしましょう。

上司を立てるような行動で挽回する

一度上司の顔に泥を塗ってしまったのなら、ただ謝罪を繰り返すだけでなく、上司が名誉を挽回出来るように努力しましょう。

例えば自分のミスで上司の顔に泥を塗ってしまった場合、次は自分の仕事振りで上司の顔を立てるように努めましょう。

上司が自分の直属の上司であれば、自分の業績や成功や、自分を指導する上司の功績でもあります。

会社は自分だけでなく、自分を指導する上司にも一定の評価を与えますので、自分が努力して上司を立てられる機会があれば、ここぞとばかりに努力しましょう。

解決策を提案して許しを請う

自分のミスで上司の顔に泥を塗ってしまった場合、上司によってはいつまでも怒っていたり、根に持ったりすることがあるかもしれません。

誠心誠意謝罪して、それで通じる上司であればまだ有難いですが、世の中そんなに優れた上司ばかりではないでしょう。

「俺に恥をかかせてどう責任を取るんだ」と無茶を言ってくる上司もいますので、謝罪をしてもダメな場合には、自分で解決策を考えて上司に提案し、その内容で許しを請うようにしましょう。

例えば上司の進めていたA案を自分が台無しにしてしまったなら、解決策としてB案を上司に提案します。

すると上司は完全に納得とまではいかなくても、B案を気に入ればそれで許してくれる場合があります。

おとしまえをつける

上司の顔に泥を塗り、その泥がとても深刻な場合には、ただ謝罪や代替案を出しただけではどうにもならない場合があります。

例えば自分のミスで会社に多額の損害を出してしまったなら、自分と上司の立場や関係によっては、会社はその責任を上司に取らせようとすることがあります。

しかし、普通の神経をしている人なら、自分のミスで上司が責任をとらされるなんてことはとても耐え難いことでしょう。

そのため、場合によっては自分できちんと落とし前を付ける必要があります。

ほんの数千円や数万円を自分が払って帳尻合わせが出来るのなら、進んでそうしましょう。

けれどもそういう問題ではない場合、休みをカットしたり給料をカットしたり、最悪の場合には辞職願も覚悟しなければならないでしょう。

そこまで大事にはならなくても、自分でしてしまったことのおとしまえをつける気持ちは持ちましょう。

失敗を忘れないようにメモに残しておく

一度でも上司の顔に泥を塗ったら、二度目はないと肝に銘じましょう。

そして、二度と同じミスを繰り返さないように、失敗した内容をきちんとメモに残します。

一度メモに残したらそれでおしまいというわけではありません。

メモに残したことは、定期的に読み返して頭の中で復習しましょう。

何度も復習することで、その内自然と頭にその内容が刻み込まれます。

「顔に泥を塗る」のを避けるためにできること

誰だって人の顔に泥を塗りたいとは思いませんし、また顔に泥を塗られたいとも思いませんよね。

相当な悪意が相手に対してあるというわけでもない限り、大抵は自分では気づかない内に相手の顔に泥を塗ってしまっていることがあります。

もし顔に泥を塗ってしまったなら、迅速な対応で相手に対して誠心誠意の謝罪や挽回する行動を見せる必要があります。

一方で、誰かに泥を塗られてしまったなら、出来るだけ相手を許す努力をしましょう。

それが悪意でない限りは、相手もあなたの顔に泥を塗ってしまったことを大いに後悔しているはずです。

しかし、やはり最も理想的なのは、顔に泥を塗るのを避けることです。

どうすれば互いに顔に泥を塗ることが避けられるのでしょうか?

以下に具体的な方法をご紹介します。

状況把握、情報共有しておくこと

人の顔に泥を塗ってしまうのも、また誰かに泥を塗られてしまうのも、大抵は状況把握や情報共有が出来ないことが原因です。

自分が今どんな状況でどんな気持ちでいるのか、また相手の状況や考えなどを、予め誰にでも把握しやすいように明確にしておくことで、擦れ違いや誤解を防ぐことが出来ます。

互いの行動や考えをクリアにしておくことが、顔に泥を塗るような事態を避ける第一歩になるでしょう。

気づけるように気を配ること

状況把握と同様に、相手や周りの動きに常に気付けるように気を配ることが大切です。

ぼーっとしていて周りの状況も分からないままに、自分で勝手な行動を取ってしまったら、それが原因で誰かの顔に泥を塗ることになるかもしれません。

社会や集団生活をしている以上、いつも自分のことだけを考えていればいいというわけにはいきません。

周りのことにも気を配り、何かあれば直ぐに気付けるように心がけましょう。

相手のことを理解してわかっておくこと

自分の考えと相手の考えは当然違っています。

自分が「普通はこうだろう」というところでも、相手は「いや普通はこうだ」と違う意志を持っている可能性は高いでしょう。

そのため、相手のことを理解してわかっておくことは、相手の顔に泥を塗らないためにも必要なことです。

自分の常識や考えを相手にもそのまま当てはめて行動してしまった結果、相手の顔に泥を塗ってしまうことになったら、相手はこちらへの信用を失くし、関係も悪くなってしまいます。

そうならないためにも、日頃から相手のことを理解するように努めましょう。

相手に迷惑をかけないように行動すること

具体的に人の顔に泥を塗らないように気をつけることが難しいという人は、「相手に迷惑をかけないように行動すること」を意識しましょう。

初歩的なことではありますが、意外とこれが出来ていない人は世の中に多いです。

何かをする際には、それで迷惑になってしまう人がいないかどうかを考えながら行動するようにしましょう。

そうすれば少なくとも、人間関係でのトラブルは回避出来るでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人の顔に泥を塗るという行為は、塗られた側にとってはとても許し難い行為です。

相手との信頼関係がなくなってしまう上に、二度と友好な関係は結べなくなってしまうかもしれません。

取り返しのつかないことにならないためにも、日頃から人の顔に泥を塗らないように気をつけて行動するように努めましょう。