仕事をする上で会社での働きやすさや、やりがいなどを大きく左右する存在、それは上司ではないでしょうか?
上司との関係が良好か、また相性がいいかどうかで仕事のパフォーマンスも大きく変わってきます。

理想の上司の11個の特徴

1.自分のやりたいように仕事をさせてくれる

仕事のできる上司は部下の能力を伸ばすことが上手です。

相手を信頼して仕事を任せます。

そして精一杯やったのに失敗したという時は責任はとるといった姿勢があります。

信頼されていると思うことで頑張ろうと思えますし、責任を取る姿勢をみて、信じてやらせてくれる、この人に迷惑かけるわけにはいかないと思えることでしょう。

一人で仕事を任されることでやりがいがある一方で、失敗しても人のせいにしたりすることができず、言い訳ができなくなり、力を抜くことができなくなります。

こーした責任を感じざるを得ない状況に持って行くことで、個人の能力を最大限まで引き出すことができるのです。

上司のやり方で縛らない


教えることと、やり方を決めることとは違います。

教えたことを強要しているように感じさせてしまうと、それはやり方を決めてしまっているのと変わりません。

聞かれるまでやり方は教えない。

もし聞かれたら一つの例としてあげて、最善策は自身で考えるように伝えることが大切です。

この自分で考えるとうことをしない限りは、今後の仕事につながっていきません。

仕事は毎回同じパターンではありませんよね?
様々なパターンに応用が効くようになるには、考える力が必要になります。

2.挑戦させてくれる

仕事をする上でどうすることがより良いのか考えている人は、常に考える癖が身についてきます。

そして改善策や新たなアイデアや思いつくことでしょう。

どんなアイデアも実際にやってることで見えてくるものが新たにあります。

マイナスがないものであればどんどん挑戦させてあげましょう。

また大きなプロジェクトなどは、周りを説得できるだけの勝算を見出せるほどまでに、案を練ることができたならば、ゴーサインを出してあげてもいいでしょう。

もちろん責任は上司であるあなたが取るつもりで、欠点はとことん無くさなければなりません。

部下も上司もこれは行ける!っと思った時に挑戦させてあげることで部下だけでなく、上司も大きな成長を遂げるでしょう。

責任をとると言ってくれる


もし責任逃れをする上司ならば、当たり障りのない仕事をするでしょう。

もし責任を取ると言ってくれる上司ならば信頼できるし、迷惑もかけないように頑張ろうという気合が入ります。

責任を取ってくれると言うことは自分の力や人間性を上司も信頼してくれていると感じることができますし、期待されるとそれに答えようと頑張るのが人の心理です。

3.人を自分の好き嫌いで判断しない

部下や上司となんか合わないなという性格やタイプの違いなどがあるかもしれません。

人間なので相性があう合わないがあるのは当然のことです。

しかしそれは仕事をする上では関係ありません。

客観的に相手のことをみる努力をしましょう。

相手の能力を認めて、どのような仕事を任せればその能力が発揮されるか、どういった言い方をすれば伝わるかを考えた方がいいでしょう。

仲良くはないけど尊敬はできる人ってたまにいますよね。

そんな風になれるようにイメージするといいかもしれません。

あなたとの相性だけで仕事を頼んでいたらチームや部下たちの能力を引き出すことはできませんし、相性の良い部下にばかり仕事量を増やすことにもなりかねません。

また部下同士で組んで仕事をしてもらう際も、相性の良し悪しでチームを決めるのではなく、最高のパフォーマンスを発揮してくれそうな組み合わせを考えることが大切です。

仲が良い=仕事も上手くいく、とは限りません。

例えば仲が良いもの同士だと意思の疎通を測りやすいかもしれません。

しかし私語も多くなったりと仕事の効率が低下する恐れもあります。

また仲が良いほど厳しい意見を言えなくなることもあるのです。

仕事の効率を考えるとい互いに欠点を探してしまうような少し意見の違うもの同士の方が、欠点を補える場合もあります。

意見が違うと言うことは物の見方が違うということです。

つまり感覚が違うので2つの視点で物事を見ることができるのです。

意見の合うもの同士だと一方向からしか見れていない場合があるのです。

このように仕事を数人に組んで任せる際には欠点を補いあえそうな者同士をチームにすると良いでしょう。

またすでに決められたことを完成させていくような仕事の場合は、サポートしあっていけるような相性の良い者を組んだ方がいいと言えるでしょう。

仕事の内容に応じて、ここはどんな人を組み合わせるのが最適なのかを、自分の好き嫌いではなく、部下の性格や能力を客観的にみて判断すること力が求められます。

好きな人だけに優しくしたり嫌いな人には冷たくしたりしない

当たり前ですが、職場で部下に対して差別を感じさせるような行動をしてはいけません。

プライベートと仕事時間はきっちりと分けて、仕事中は部下に対して仕事で判断しなければいけません。

仕事で成果を出したものを評価して揉めたり、失敗した時には反省点を考えてもらうなどは良いでしょう。

これは勢院に対してしなければいけません。

好きな部下が成果を出した時には褒めるが、好きではない部下が成果を出しても気づかないなんてことになれば、それは良い上司には程遠いものになります。

いかに客観的かつ公平に物事をみて判断できるか、また評価できるかが上司である人には求められます。

こうした目をしっかりと持っていれば、相性がよくないと感じている部下がいても、仕事はできる上司だと感じることでしょう。

こうした公平な目を持つ上司でなければ部下からの信頼を得ていくことは難しいでしょう。

あたり前ですが部下がいるから上司でもあるのです。

部下に仕事をしてもらえるから、上司はさらにステップアップした仕事ができるのです。

部下に信頼されて尊敬される人は昇進も早いと言えるでしょう。

いかに公平に見れているか、私的な感情にとらわれず、いかに仕事に対しての評価をできているかもう一度振り返って見ましょう。

4.冷静な対応をする

仕事にトラブルはつきものです。

しかしトラブルが起きた時ほど上司としての資質が試されます。

いかに冷静に落ち着いて最善策を出せるかがポイントです。

発注ミスや、取引先からのクレームなど、部下の小さなミスから大きな問題になることはあり得ます。

いかにフォローして対処し、部下の成長に繋げるかも上司次第です。

怒るだけでは伝わらないことが多く、冷静にやるべきことを指示したほうが良いと言えます。

当たり前ですが、まずは反省してもらうよりも、やるべきことをやることが先決です。

仕事は待ってくれません。

部下に怒る暇があったら、問題解決を考えて動くべきです。

無事に問題を解決したあとで、何が失敗の要因だったのかを聞き出し、考えてもらいましょう。

部下に落ち度があっても怒鳴って怒ったりはしない

失敗は誰もがするもので、通る道です。

しかし失敗をしたことで誰かに迷惑をかけたり、会社に損失を出すことにもなりかねません。

怒るのではなく、小さなミスでもどういったことが起こるのかなどきちんと説明して、事の重大さを感じてもらう方が良いでしょう。

会社では一つの仕事にもたくさんの人が関わっているものです。

大した仕事をしているように感じていなくても、実はすごく大きな仕事の一部だったりするんですね。

だからどんな仕事にも責任を持つという気持ちを持ってもらえるように、日頃からどんな仕事をしているのかを話すようにしていきましょう。

例えば単純な入力作業をしているとしても、それがどんな数字なのか、どんな用途で必要なのかを知っているか、知らないかでは、仕事への力の入り方や責任感が違ってきます。

例えば、商品ごとに前年の売り上げと売れた数をリストアップして、今年の発注数を決定するとします。

自分の仕事は数字をリストアップして発注する数を考えるところまでが自分の仕事で、数を決定するのは上司の仕事だったとします。

どんな商品なのかあまりわかっていないままリストアップをしているのと、「これは母の日に売れた商品のリスト」だと伝えられている時では、できることが変わってきますよね。

また「去年は二階の婦人服フロアに展示されていたが、今年は一階の正面玄関に飾るそうだ」
と告げられていたとすれば、前年の母の日は天気がよかったのか、気温はどうだったのか、何が流行っていたのかなど様々な要因を踏まえた上で、では今年はどうなりそうか?
去年より今年は暑くなるなら帽子やハンカチがさらに売れるのではないか。

一階ならば生花も売りやすいのではないかなど、ただの数字を見るだけの仕事ではなくなります。

こうした自分が何の仕事をしているのかを理解して仕事をしているかどうかが、ミスを事前に防ぐことにもなります。

なので大きな失敗をした場合は上司の責任でもあります。

大ごとになる前に気づけなかったのは上司のミスでもあるのです。

ミスが起きない体制づくりができていないと言えます。

怒るよりも、自分の至らなかった点を考えましょう。

5.部下の話をしっかり聞く

よくできる上司はまず部下の話をきちんと聞きます。

話を聞いてみないとわからない真意はたくさんあったりします。

あの部下はきちんと話を聞いているように見えたのに、なぜできなかったんだろうと思うこととかありませんか?
そこには何か上司は知らない事情があったりするものです。

まずはどの部下の話もしっかり聞くように努めましょう。

意外と考えもしなかったことに気づいている部下や、問題点に上司も気づかされることも多々あるはずです。

大切なのは、仕事に関係する話はとことんすることです。

仕事の内容、職場の人間関係、クライアントの話など、様々な話を頭に入れておくことで仕事に合わせて人を選ぶこともできますし、問題が起こる前に未然に防ぐこともできます。

また話を聞いてくれる上司には部下も話をしやすくなります。

この話しやすい環境を作っておくことで仕事が円滑に勧められたりします。

部下の話に耳を貸さない上司は嫌われる

部下の話を聞かずに判断してしまう上司は偏見が含まれることが多く、部下にも信頼されません。

自分なりに部下を客観的にみて判断することはいいですが、判断したことと大幅にずれがないかどうかはやはり話さなければわかりません。

部下それぞれの性格を把握することも大切ですので、コミュニケーションを大切にしていきましょう。

ここで大切なのは、相手のことはどんな話でも話してくれることは聞く姿勢を持つことです。

しかしできるだけプライベートな話は避けましょう。

なぜなら私的な感情は仕事をする上で邪魔になりかねないからです。

そして自分の話はあまりベラベラ話さない方が良いということを忘れずに。

上司である限り、部下とは一線を引いておく必要があります。

何か判断を迫られた時に冷静に判断するためにも仕事に私的な感情を挟まないことが鉄則です。

そのためには過度に仲良くなりすぎないように心がけてもいいかもしれません。

この人のために動きたいと思われる上司は人間味のある魅力的な人が多いです。

しかしそういえば上司のプライベートって誰も知らないね〜って感じが多いように思います。

6.自ら行動をする

よくできる上司は人に指示するだけでなく、自らは行動で示していきます。

いつも部下よりも一歩も二歩もいやもっと先をいく手本を見せてくれているのです。

だからこそ部下に尊敬され、誰もが素直に指示を受けることができるのです。

また行動で手本を見せてくれる上司がそばにいることは部下にとっても素晴らしい環境と言えるでしょう。

困った時や仕事のに迷いが生じた時には上司を見習えばいいのですから。

わからない時も話を聞いてくれて導いてくれる人がいるという自らを成長させるのに本当んい最適な環境ですね。

良い上司に巡り会えるということは、人生を変えると言っても過言ではありません。

社会人として上昇志向のある人ならばなおさら勉強できる環境に身を置けることは本当に素晴らしい環境ということに気づいていただきたい。

また部下を育てるという役割を担うことができる立場にいる人もそれを誇りに思って欲しい。

上司とは偉そうにするのが仕事ではありません。

部下の人生を自分の言葉でいい方向に導ける可能性があるということを誇らしいことだと思って、仕事に取り組んで言ってくださいね。

【逆に上司が嫌いな人は、こちらの記事もチェック!】