CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

セフレと彼女の扱い方の決定的な13個の違い。あなたはどっち?


「私はセフレ?彼女?」どちらか分からずモヤモヤしている方は必見です!この記事では、男性がセフレと彼女の扱い方で決定的に違うポイントをご紹介します。

またセフレを卒業し本命彼女になるためのアドバイスもお伝えしているので、ぜひ今後の参考にしてください。

セフレと彼女の扱い方の決定的な違い13個

愛する人にとって自分はどんな存在なのか知りたいですよね。

男性は本気で大切にしている女性と、セフレとして接している女性に対しては、それぞれ態度が異なります。

セフレと彼女への扱い方の決定的にどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

1.予定優先度は彼女>>>>>>セフレ

セフレはいつでも2番手であるため、男性にとっての優先順位としてはセフレとの予定より本命彼女との約束を優先します。

先約はセフレだったとしても、彼女からの連絡があればそちらに行ってしまうのです。

2.彼女とのデート中は連絡をもらえないのがセフレ

好きな人はいつでもあなたに連絡をしてくれますか?特定の女性と会っているときに連絡をくれない場合には、その女性が本命である可能性が高いです。

なぜなら、目の前にいる彼女との時間を大切に過ごしたいためセフレの相手をしている暇はないからです。

逆に男性と一緒にいる時に頻繁に女性との連絡をしている場合、あなたは大切にされていないのでしょう。

3.セフレにはあまりキスしないが彼女には愛情たっぷりのキス

男性は本能的に生理的に受け入れられる女性であれば、セックスできてしまいます。

しかし、キスに関しては別の話です。

セフレに対しては「セックスをするため」の事前挨拶程度で軽いキスをしますが、彼女にはセックスがなくても愛情たっぷりのキスをします。

彼女は心から愛しているのでセックスなしでもキスをして愛を確かめてしまうんですね。

4.会えば必ず一度はセックスするのがセフレ

セフレはセックスをするためだけの友人です。

そのため、男性はセフレ認定している女性と会うと必ずセックスしますし、行為が終わるとすぐにでも解散したいと考えていることもあります。

しかし、彼女とはセックスが目的で付き合っているわけではないため、セックスなしの健全なデートもします。

5.セックスして性欲を満たしたら解散されるのがセフレ

セフレは性欲を発散するためだけの友人ですから、その目的が達成されると解散されてしまいます。

女性としてはセックス後には一緒に寝たり、会話を楽しみたいですよね。

それは彼女だけにするものであり、セフレとの行為後は男性はすぐにでもその場からいなくなろうとします。

賢者タイムが強いイメージです。

6.男性の快感を優先するのがセフレ

男性は彼女とのセックスでは「彼女を喜ばせる」ことを目的としていることが多いですが、セフレとの行為は女性を楽しませることは一切考えていません。

セフレ=お互いに性欲をぶつけあう関係だと認識しているので、自分の快感だけを優先させます。

例えば断っている性癖をぶちまけてくる、女性への愛撫が少なく男性が一人で勝手にイッておしまいなケースです。

7.セックスしなくてもエロい会話しかしないのがセフレ

男性はセフレに対しては、エロネタを話してもOKだと感じています。

会うたびにセックスしているからですね。

しかし、彼女に対してはエロネタを話すとドン引きされてフラれる原因になる可能性も考え話せません。

話してもライトなエロネタのみになります。

その上、セフレと会えばエロイネタばかりで日常会話が少ないことも。

「エロスを求められてるんだ!」と嬉しがっている場合ではないのです。

8.セフレの予定は考慮しない

男性はセフレの予定は一切考慮せず、自分の予定を押し付けてきます。

仮にその予定に合わない場合には別のセフレとのセックスをすることもあります。

しかし、彼女との関係においては男性側ではなく彼女の予定を一番に考えてくれます。

予定を考慮してくれる=大切にされているということなんですね。

9.彼女とは撮るけどセフレとはツーショットを撮らない

男性は彼女との写真はバンバン撮ります。

しかし、セフレとの写真は一切撮ろうとしません。

また、彼女だけの写真も撮りたがりますが、セフレ1人の写真を撮ることはほぼありません。

仮にセックス中に写真を撮ることがある場合には、性の対象として撮影しているため脈ありではないのです。

ページトップ