嫉妬は人を変えてしまうほどに大きなパワーを持っているものですが、なぜだか、嫉妬をしているイメージがあるのは女性ばかりですよね。

嫉妬のようなドロドロした感情は、女性の方が男性よりも抱きやすいと言われています。

女性の方が男性よりも感情的だと言われているからでしょうか。

実際に、彼氏の元カノに使途をする彼女と言うのは、容易に想像することができるはずです。

また、嫉妬から醜い争いをするような女性の姿と言うのを想像するのも難しくはありません。

ですが、その逆バージョンではどうでしょうか。

彼女の元彼に嫉妬をする男性と言うと、女性に対してのそれよりは鮮やかなイメージが浮かびにくい印象がありますよね。

また、何となく「小さい男」という印象が強く、一般的に彼女の元彼に嫉妬をするのが普通であるとは思えない人もいるのではないでしょうか。

ですが、男性も女性と同様に嫉妬心を持っています。

彼女の元彼に対して深く嫉妬をしてしまうことも珍しくはないということですね。

それでは、男性が元彼に嫉妬をしてしまうというのは、どのような理由からなのでしょうか。

また、女性が求めるような「嫉妬をしない包容力のある男」になるためには、いったいどのようなことをすれば良いのでしょうか。

あまり歓迎されることのない男性の嫉妬について詳しく見てみることにしましょう。

好きだからこそ恋人の元彼、気になっちゃいますよね!

好きと言う気持ちは純粋にポジティブなものですが、好きだという気持ちを持ち続ける中では綺麗な感情ばかりが浮かんでくるわけではありません。

好きだという気持ちを持っているからこそ浮かび上がっているネガティブな感情の代表的なものは嫉妬でしょう。

嫉妬をしている自分はとても醜く思えますが、だからと言ってその気持ちをなくすことはできません。

厄介なことに、嫉妬心は女性だけが抱くものではなく、男性も嫉妬に悩まされることがあります。

嫉妬の対象には色々なものがあり、例えば彼女と仲良くしている男友達はそうですし、場合によっては彼女の兄弟や先輩、後輩に感じることもあるかもしれません。

その中でも、最も嫉妬の対象となってしまうのは彼女の元彼なのではないでしょうか。

彼女の元彼は、彼女と一度は愛し合った仲ということで、嫉妬心を抱くには十分な相手だと言えるでしょう。

また、彼女の過去の相手に嫉妬しているわけですから、実体のないものに嫉妬しているような気分になるのが、元彼相手への嫉妬です。

簡単に解決することもできませんし、一人で抱え込んでモヤモヤする羽目になりそうなのが厄介なところなのではないでしょうか。

どちらにせよ、愛しているからと言って止められるようなものではなく、好きだからこそ元彼のことが気になって仕方ないというループに陥ってしまうのは、恋の悪循環としか言いようがないかもしれません。

嫉妬する5個の原因とは?

男性は女性よりも嫉妬しにくい生き物かもしれませんが、実は、彼女の元彼関係では嫉妬心を抱いてしまうことは珍しくないのです。

ですが、現在付き合っているのは自分なのに、どうして彼女の元彼に嫉妬心を抱いてしまうのでしょうか。

ただ単に自分が「初めての彼氏」ではないからと言って嫉妬をするわけではありません。

彼女の元彼の中でも、ある特徴を持っている人に対して嫉妬をしてしまうのが男性です。

ここでは、男性が嫉妬心を感じる原因や、元彼の特徴について見てみることにしましょう。

彼女のことが好きすぎる


男性が彼女の元彼に嫉妬してしまう原因の一つ目は、彼女のことが好きすぎるからというものが大きいのではないでしょうか。

そもそも、彼女のことを好きでも何でもないのだとすれば、元彼に嫉妬してしまう必要もありません。

彼女のことが好きだからこそ、彼女の元彼のことまで気になってしまうのです。

好きという感情は複雑で、好きだという気持ち自体は出会ってから初めて生み出されたものでしょう。

ですが、好きだという気持ちが強くなっていくと、だんだんと過去を含めた全てを好きになりたいという欲求が生まれてしまうのです。

もし、その彼女の過去に、彼女が愛した男がいるのであれば、その男性のことを考えると嫉妬にくるってしまいそうになるのは仕方ありません。

大好きな彼女が昔好きになった彼氏のことを良く思うのは無理ですが、彼女の過去さえも受け入れようとする気があるのであれば、そこで葛藤することになるかもしれませんね。

どちらにせよ、彼女の過去のことまでを真剣に考えようとするほどに愛しているからこそ、嫉妬心が生まれてしまうということになるでしょう。

元彼が自分よりいい男

元彼が自分よりもいい男だった場合にも、自然と嫉妬心が生まれてしまうことになるのではないでしょうか。

彼女が今愛しているのは自分だということは知っていても、やはり、女性が男性のスペックを気にしていることくらい男性も分かっています。

スペックがすべてではないということが分かっていたとしても、元彼のスペックが明らかに自分より良いということが分かってしまえば、敗北感を感じることになるのではないでしょうか。

また、今付き合っている自分と寄りも良い関係を築けていたかもしれない、彼女の愛情は自分に向けているよりも、過去の彼氏に向けている方が大きかったかもしれないと考えると、彼女共と彼の関係がすでに終わっているにも関わらず、嫉妬の気持ちがムクムクと湧き上がってきてしまうでしょう。

自分に自信がない

元彼が自分より良い男だからと言って嫉妬をしてしまうのは、自分に自信がないことの表れかもしれません。

自分と言う男に自信を持つことができないから、元彼が良い男であれば、それが許せないということになるのでしょう。

誰しも欠点と長所がありますから、誰かに勝てない部分もあります。

自分に自信がなくてネガティブになっている人は、人より劣っている場所ばかりが目立って見えているように感じてしまいます。

そのために、元彼のスペックのことを聞くと、途端に彼女の気持ちが疑わしく感じて、元彼に嫉妬をするようなことになるのです。

もし自分にきちんと自信を持っていれば、彼女の過去に嫉妬をする必要はありませんし、元カノのことを聞いても「それでも別れたということは、彼女と会わなかったのだろう」「欠点も同じくらい大きかったのかもしれない」と思うことができるはずですよ。

そう考えることができずに嫉妬心が育ってしまう原因は自分に自信が欠けているからこそです。

長く付き合っていた


元彼と彼女が長く付き合っていたというのも、嫉妬心の原因となりますね。

長く付き合っていたということは、熱狂的な隙と言う気持ちを通り越して、既に深い愛情に移行するような時期まで付き合い続けていたということになります。

その段階まで至ることができる人と言うのはそう多くありませんし、付き合っているカップルが全て長く続くわけがありません。

長く付き合っていくことのできるカップルほど「お似合い」だったのでしょうし、元彼と彼女がそういった関係を築くことができていたというのは、嫉妬に値しますよね。

特に、付き合い始めてまだ日が浅いようなときには、長く彼女と良い関係を築くことができた元彼に対しての不安感もあります。

これから自分は彼女と長く付き合い続けることができるか分からないからこそ、既にその実績がある人に対してヤキモチを焼いてしまうということですね。

お互い嫌いになって別れていない

彼女と元彼がお互い嫌いになって別れたわけではないというものも、元彼に対する嫉妬心の原因となるのではないでしょうか。

お互いに嫌いになっているのだとすれば、嫉妬をするようなところはあまりありません。

もう既に嫌いになって関係が壊れてしまっているのですから、嫉妬をしたとしても、それほど根深いものにはならないのです。

ですが、お互いに嫌になって別れたわけではないということは、心の深い部分では、彼女が別れに納得していない可能性もあるということですよね。

これは、今付き合っている彼氏にとっての不安の材料となります。

まだ元彼が好きなのでは?と不安になる

お互いに嫌になって別れたのであれば、今現在の彼女の元彼に対する感情は「最悪」「嫌い」「顔を見たくない」と言うネガティブなものばかりのはずです。

ですが、もし、そうではないのだとすれば、彼女にとっての元彼への気持ちは、自分だけが取り出すことのできる心の中の宝物のようなものになっているかもしれないのです。

元彼に対する気持ちは成就できるものではないにしても、捨てることができていない可能性もあります。

それどころか、「彼とでなければ誰でも一緒」とばかりに、自分と付き合ったという可能性もありますよね。

こんなことを考えてしまうので、元彼が嫌いにな手別れたわけではないというときには、厄介な嫉妬心が出来上がってしまうのです。

自分の知らない彼女を知っているから

元彼に対する嫉妬心が生まれてしまうのは、自分の知らない彼女を知っているからと言う理由もあるかもしれません。

恋した女性は、その男性によって姿を変えることがあります。

その男性だからこそ引き出すことのできる彼女の魅力というものがあるということです。

今、自分に見せてくれる彼女が、元彼の前でも見せていた彼女であるとは限りません。

もし、彼女が元彼の前では違う魅力を見せていたのだとすれば、それは嫉妬の対象となるかもしれません。

最も、彼女が「今見せている姿」を元彼の前でも見せていたと考えるのも嫉妬の対象となりますし、とにかく、元彼の存在そのものに嫉妬してしまうというのは、どんな理由でも良いというのが本当のところかもしれませんね。

嫉妬しないイイ男になる方法教えちゃいます!

嫉妬してしまうのは仕方がないことかもしれませんが、やはり「男の嫉妬は醜い」ものです。

彼女から包容力のある男性に見られるためにも、やはり嫉妬しない男になった方が株が上がるはずですよね。

それでも、実際に嫉妬をしない方法などあるのでしょうか。

嫉妬心は自然に湧き上がってくるものですから、「嫉妬しないようにしよう!」と決意をしていたところであまり意味がありません。

嫉妬はしないように決心していても、それよりも心の深いところから湧き上がってくるものなのです。

ここでは、嫉妬をゼロにすることはできなくても、今までよりも嫉妬をしなくて良くなる方法についてご紹介します。

少しずつ嫉妬の量を減らしていけば、いつか嫉妬をしなくても良い包容力のある男性になれるかもしれません。

自分にできそうな「嫉妬をしない方法」を見つけて、彼女の元彼に嫉妬をしないように頑張ってみましょう。

気持ちに余裕を持つ

嫉妬しない良い男になるためには、まずは気持ちにきちんと余裕を持つというところが大事ですね。

気持ちに余裕がない時には、ちょっとしたことが引っかかってしまって、そこで思考が止まってしまう可能性もあります。

彼女の元彼のことを考えないようにするためには、まずは気持ちに余裕を持つということが大切ですよ。

何があってもゆったり構えていられるほどの気持ちの余裕のときには、彼女の元彼のことを聞いたとしても、心を乱すことがないでしょう。

気持ちに余裕を持つというのは難しいかもしれませんが、まずは、身体をきちんと健康的な状態にして置くことが必要ですね。

体調が悪い時には、精神的な余裕もなくなってしまうものです。

きちんと睡眠をとって、心がすっきりしているような状態を作ってみましょう。

こうすれば、彼女の元彼のことを考えて嫉妬をしてしまうようなドロドロした感情から離れることができますよ。

相手の事を信用する

嫉妬心を出さないようにするためには、相手のことを信用するというのが一番です。

彼女のことをきちんと信用して、今は自分のことを一番に隙だと思ってくれているということを自分に言い聞かせるのです。

彼女の元彼に嫉妬をしているということは、要するに、彼女のことを信用していないということにもなるでしょう。

実際に、彼女の元彼に嫉妬している男性が、彼女から「元カノの方が好きなんでしょ?」「元カノと付き合っていたころの方が楽しかったんじゃない?」と言われると憮然とするはずです。

これは、相手が自分の愛情を信じてくれていないからです。

彼女の元彼への嫉妬心を棄てるには、彼女の愛情の一番を自分が占めているのだということを知り、彼女の愛情を信用しましょう。

自分磨きをする

彼女の元彼に嫉妬しないようにするためには、自分磨きをすると言うことも必要になりますね。

自分磨きをすることで、自分に自信をつけることができるからです。

彼女の元彼のことが気になって仕方ないのは、彼女の元彼に勝てる場所がないからと言う理由もあるでしょう。

こんな弱気な自分に打ち勝つために、自分磨きをしてみるのです。

彼女好みの男になる

自分磨きをするときには、彼女好みの自分になるということが大切です。

彼女が細マッチョ好きであるのなら、それに近づけられるように筋トレをするなどすれば、愛情を示していることにもなりますよね。

元彼に張り合って、元彼に近づけるように自分磨きをする必要はありません。

もう既に別れた彼氏に近づけるよりは、彼女の好みや彼女の中にある理想に近づくことができるようにしましょう。

そうすることで、彼女がさらに自分を愛してくれるようになるはずです。

それは嫉妬心を打ち砕くことになるでしょう。

自分に足りないものは何か考える

自分磨きをするときには、やみくもに行動をしていても意味がありません。

まずは、自分に足りないものが何かということを考えましょう。

元彼と自分を比べたときに、どこの部分で一番負けたと思ってしまうのか、どの分で一番劣等感を抱いてしまったのかということを見つめ直しましょう。

自分の欠点を見つけるのは嫌かもしれませんが、自分に人士をつけるためには、磨くべき場所を特定する必要があります。

その上でキチンと自分磨きをすれば、彼女に誇れる自分にもなれますし、元彼のことを考えても動揺しなくなりますよ。

人と比べない

彼女の元彼への嫉妬心を出さないような男になるためには、まずは自分と人とを比べる癖をつけるのはやめましょう。

彼女は元彼とあなたのことを比べてあなたを選んだと言うわけではありません。

また、すでに過去のことになってしまった恋と、今の恋を比べているわけではないでしょう。

他人のことを自分とは違う人間だと思うことができなければ、常に誰かと自分を比べて、ダメな部分ばかりを見て落ち込むことになってしまいます。

人と比べないで、自分には自分の良いとことがあると思えば、自然と嫉妬心は消えて行ってくれます。

また、個人のことはともかく「今の彼女と自分の恋」を「過去の彼女と元彼との恋」を比べるのもやめましょう。

それを正しく比較することができるのは彼女だけです。

所詮、元彼との恋愛顛末など知らない「現在の彼氏」の自分がそれをすると「想像の中の元彼と過去の彼女の完璧な恋愛」と「付き合っていく中で妥協しなければいけないところもある現実的な恋愛」を比べることになり、どうやっても勝つことはできなくなります。

考えるのをやめる

元彼の存在に嫉妬しない男性になるためには、考えるのをやめるということも大切ですよ。

元彼への嫉妬心が消えないというのは要するに、ずっと元彼のことを考え続けているからということになります。

そうは言っても元彼の姿が消えないという方は、こう考えてみることにしましょう。

「あなたが付きあっているのは元彼なのでしょうか?」。

好きな人のことで頭を一杯にしているのなら良いですが、元彼のことばかりを考えているというのは、まるで元彼と付き合っているからのようではないでしょうか。

どうせ考え続けなければいけないのなら、元彼のことを考えるのではなく、好きな人のことを考えた方がよほど有意義なはずです。

毎日愛を伝える

元彼に嫉妬しないようにするためには、毎日愛を伝えるということも大切です。

元彼よりも自分の方が愛しているということを分かってもらえば良いのです。

やはり、人間は愛されていると幸せになることができますよね。

彼女が幸せそうにしているところを見ると、嫉妬していた気持ちも少しずつ消えていくことになります。

嫉妬をしてしあう気持ちを棄てることができないのであれば、毎日愛を伝えて、「自分はきちんと行動をしている」と自分に言い聞かせることにしましょう。

彼女が「過去の方が良かった」と思わないようにすれば、自然と元彼への気持ちをなくしていくはずです。

嫉妬をしているからこそ、彼女に愛を伝えて「今の彼氏が一番」と思ってもらえるような行動をするのです。

そうすることで、自然と良い方向に彼女も自分も剥くことができるようになるはずですよ。

嫉妬しない男の特徴とは?

彼女の元彼に嫉妬をすると言うのは、女性から見るとみっともなくも見えてしまうものです。

ですが、中には絶対に嫉妬をしないような男性もいますよ。

彼女の元彼のことを知っていても、その元彼と遭遇したとしても嫉妬をせずに余裕のある態度をとることができるような男性です。

これは、男性にとっては憧れの態度ですよね。

女心は複雑なので、必ずしもそう言った男性が好まれると言うわけではありませんが、やはり彼女の元彼関係では嫉妬をしない男でありたいものです。

ここでは、普通の男性ならヤキモチで頭がいっぱいになってしまいそうなのに、嫉妬をせずに生きることができる男性の特徴について見てみることにしましょう。

驚くほどに嫉妬をせずに生きられる男性にはどのような特徴があり、どのような生き方をしているものなのでしょうか。

男としてのプライドが高い

嫉妬しない男性の特徴の一つ目は、男としてのプライドが高いというものが挙げられるでしょう。

男性としてみっともないことはしないと自分に誓っているタイプです。

嫉妬はどちらかと言うと男性よりも女性の方がして良そうなイメージですよね。

女々しいと言われるのが嫌で、嫉妬をしないように、もしくは自分の中の嫉妬心を認めないようにしているのかもしれません。

彼女のことを信じている

嫉妬をしない男性は、全面的に彼女のことを信じているからかもしれませんね。

彼女のことを本当に信じていれば、彼女の愛情が自分にあるということも信じられます。

また、彼女が自分をだますわけがないということも確信をもって分かっているので、嫉妬などをする必要がないのです。

愛情に対する信頼が強く、これは彼女としても嬉しいことでしょう。

鈍感

嫉妬をしない男性は、実は意外と鈍感なだけと言う可能性もありますね。

鈍感で、彼女の行動に対して疑念を抱くようなこともしないのです。

また、自分の中にある感情に対しても鈍感なところがあるかもしれません。

嫉妬は、気付いてしまえば、どんどんと育っていくものです。

自分の中にある嫉妬心に気づくことがなければ、その気持ちが育ってしまうということもありません。

自分に自信がある

嫉妬をしない男性は、彼女の気持ちに自信があるというよりも、自分自身に自信があるという可能性もありますね。

自分自身に自信があれば、他の男に彼女の気持ちが取られてしまうということも考えることがありません。

また、過去の男に負けるとも思えないのです。

だからこそ、元彼のことを知っても平然としていられます。

自分で自分の価値を認めているからこそ、きちんと彼女の気持ちに対して自信を持っていられるということですね。

ナルシストと言うわけではありませんが、自分のことを肯定的にとらえられる人は滅多に嫉妬をしません。

彼女の気持ちを尊重できる

彼女の気持ちを尊重できる人と言うのも、嫉妬心を抱かない、もしくは嫉妬の気持ちを出さないという可能性があります。

嫉妬心からの行動は、男性側の我儘なものが多くなってしまいます。

それで被害を受けるのは彼女の方ですよね。

彼女の気持ちをきちんと考えることができる人の場合には、嫉妬にかられた行動をあからさまに取るようなことはしないでしょう。

また、彼女の気持ちを尊重しているからこそ、彼女がどちらの方向を見ていようとも受け入れるという広い心を持っているのかもしれません。

彼女に依存していない

嫉妬をしない男性は、彼女に依存した生活を送るようなことはしていません。

極端な話ではありますが、彼女がいなければ生きていけないと言うわけではないのです。

自分の人生を支えるのは自分自身と言う気持ちがあるので、彼女がいなくなっても支障がないと考えています。

もちろん、だからと言って彼女がいなくなっても良いと考えているわけではありませんが、依存対象がいなくなるのと、人生の楽しみとしての彼女がいなくなるのでは重みが違いますよね。

ちっちゃい男と思われたくない

嫉妬をしない男性は、彼女にちっちゃい男と思われるのが嫌なのかもしれません。

確かに、彼女の元彼に嫉妬して面倒な言動をしてくるような男性は、かなり「小さい」印象がありますよね。

そう思われるのが嫌で自分の気持ちを抑制している人も多いのではないでしょうか。

感情を表に出さない

嫉妬をしない男性は、感情を表に出さないように気を付けている可能性もあります。

嫉妬をしないというよりは、感情が出てこないので、彼女が彼氏の嫉妬に気づいていないというだけかもしれません。

嫉妬する男性の特徴とは

嫉妬をしない男性も特徴的ではありますが、嫉妬をする男性もまた、特徴的です。

特に、かなり強く嫉妬心を感じる男性の場合には、言動に嫉妬が表れてしまうようですね。

せめて嫉妬心は抑えられなかったとしても、嫉妬を言動にあからさまに表してしまうのは避けたいものです。

ここでは、女性の目から見ても明らかに「嫉妬だ」と分かるような、嫉妬をしている男性の特徴的な行動を見てみることにしましょう。

この嫉妬の特徴的な行動について知っておくことは、男性にとっては「こんな行動をしてしまっては嫉妬していることがバレる」という指標になります。

また、女性にとっては「嫉妬の重い面倒くさい男」の指標になって良いのではないでしょうか。

スマホチェックをする

嫉妬をする男性の特徴の一つ目は、スマホをチェックするというものです。

もしこそこそと元彼とやり取りをするのであれば、スマホでのやり取りがほとんどですよね。

だからこそ、スマホをチェックして、彼女が嫉妬をさせるような行動をとっていないのかということをきちんと見ているのです。

スマホチェックをしてほしいということを口に出すことが多いのであれば、かなり嫉妬が深く重い彼氏だと思った方が良いのではないでしょうか。

SNSをよく見る

嫉妬深い彼氏であれば彼女のSNSをチェックするようなこともします。

現在の投稿の中で他の男性とやり取りをしていないのかを監視しているようなものだと思いましょう。

もしくは、過去の元彼とのやり取りを見つけるために、過去のSNSを探るようなことをしているかもしれませんね。

どちらにしても、彼女にとっては重い行動をとって、彼女の交友関係を探るようなことは平気でしてしまいます。

束縛する

嫉妬深い彼氏の束縛はかなり激しいようですね。

誰かほかの男性と話をしているだけで嫉妬心が湧き上がってしまうので、そのようなことがないのに彼女の行動を制限するのです。

ある程度の制限はお付き合いしている以上は仕方ないことなのかもしれませんが、度を越しているような束縛は彼女の方でも受け入れることができないですよね。

自分を優先して欲しい

嫉妬心が強い男性の場合には、自分を優先してほしいという想いが強く出てきます。

予定があったとしても自分のお願いを優先してほしいと思うのです。

彼女が他の誰かを異性として愛しているということはもちろん嫌ですが、それだけではなく、友人を友人として好きだという気持ちにすら嫉妬してしまう人は、自分を優先しないことに対して彼女をしつこく責めるようなこともするでしょう。

連絡がしつこい

連絡がしつこいというのも嫉妬深い彼氏の特徴の一つとして挙げられるかもしれません。

自分と連絡を取っていないときの彼女の行動に対して不安を持っているので、つい、しつこいと思われるほどの連絡をしてしまうのです。

彼女のことで自分が知らないことがあるのが嫌だというタイプですね。

今付き合っているのは紛れもなく自分です!

いかがでしたか?

女性にとっての恋愛は、男性とは違って上書き保存であると言われています。

どんなに好きな彼氏のことでも、過去のことになってしまえば、名前を付けて保存さえもしてくれないということですね。

だからこそ、付き合っている彼女の元彼のことなど考えるのは、時間の無駄なのではないでしょうか。

どう考えても、今付き合っているのは紛れもなく自分自身であるということは頭に入れておきましょう。

嫉妬心が出てしまうというのは仕方ないことかもしれませんが、だからと言って、その嫉妬に心を支配される必要はありません。

元彼のことを考えるというのは、正直に言えば、かなり時間の無駄です。

深く考えすぎることなく彼女の気持ちを優先にしてお付き合いを進めることができると良いですね。