CoCoSiA(ココシア)

自己完結型人間の20個の特徴。あてはまるところはありませんか?


友人や知人に、「あなたって何でも即決で決めるよね」「人に相談ってあまりしないよね」などと言われたことありませんか?それはもしかしたら、自己完結型人間の特徴かも知れません。

自己完結型人間はデメリットも多く、普通の感覚の人よりちょっと苦労することもあります。

そこで今回は、皆さんが大変な思いを少しでも軽くするために、自己完結型の特徴を20個を紹介します。

自己完結型人間の20個の特徴

自己完結型の人間はどちらかといえば、周りから見ると「ちょっと面倒な人」と思われてる場合が多いです。

ここからは特徴を紹介しますので、自分に当てはまっているかぜひチェックしてみてください。

1.人の話を聞くのが苦手

自己完結型の人間は、人の話を聞くのが苦手です。

この手のタイプの人間は、1を聞いたら100理解したつもりになるので話の途中で聞かなくなります。

または聞くフリをして話を終らせようとするので、結果的に話を聞くのが下手ということになります。

仕事でもそうですから、大事な部分を聞き逃しミスすることも多々あるようです。

自己完結型の人間は、別な言い方をすると「早合点な人」ともいえるでしょう。

2.アドバイスは聞き入れない

自分で決めて自分で解決するのが自己完結型の人間です。

当然、人からのアドバイスなんて聞きません。

アドバイスされても「大きなお世話」くらいに思っているのです。

確かに求めていないのにアドバイスされたら、鬱陶しくは思いますよね。

でも親切心で言ってくれる人もいるので、少しくらいなら素直に聞き入れたいものです。

3.自分の経験や知識だけで物事を判断する

自分で物事を決める人は、自分の経験値だけで判断する人が多いです。

本当に経験値がたくさんあるなら判断しても失敗はないのですが、自己完結型の人間は自分が思ってるほどの経験値はありません。

だから失敗もたくさんあります。

周りから見れば「ちょっと、それって大丈夫?」と言いたくなりますが、自己完結型人間は自分の答えがいつでもベストだと思っているのです。

4.頑固な人が多い

頑固というと、中年以上の人のイメージが強いかもしれません。

でも生まれながらの頑固という人もいますよね。

自己完結型人間は、どちらかといえばずっと前から頑固な人が多いです。

自分の中に譲れないものをいつも持っています。

そんな自己完結型人間をなだめたり、言うことを聞かせるのは至難のワザです。

5.コミュニケーション能力が低い

自己完結型人間は、人と話をするのが苦手な人が多いです。

自分の正直な気持ちや、楽しい気持ちを表すと、相手からどう思われるのかと考えてしまいコミュニケーションが上手くとれなくなるのです。

そのため自分の殻に閉じこもり、答えを出して結果的に自己完結人間になってしまうのです。

6.協調性がない

自分はそんなつもりでなくても、自己完結型人間は協調性がないと思われがちです。

自己完結型人間は、自分のルールや習慣を譲れないあまり、人の流れに沿って動くことが難しい人も多くいます。

その結果「協調性がない」と思われることもあります。

性格は悪くはないのですが、そのように見られてしまうのです。

7.自分の興味があるものだけにしか集中出来ない

自己完結型人間は、自分以外の物事にあまり関心がない人が多いです。

自分が興味が無いものには、そっぽを向いてしまうことも。

本人はあまり自覚はなく、悪気はないようです。

仕事も自分が得意な内容なら集中して出来ますが、自分にとって向いていないと思ったら、仕事のモチベーションが著しく下がることもあります。

8.なんでも自分の都合のいいように(または悪いように)解釈する

自分の価値観や、経験値によって物事を判断するため、たまに都合のいいように物事を解釈します。

そのためか喜びで舞い上がったりすることもあります。

その逆にネガティブなイメージで解釈することもあるのです。

自分のイメージだけで、気分が上がったり下がったりするのも、自己完結型人間の特徴でもあります。

9.強いこだわりがある

自分の考えや思いに絶対的自信がある彼らは、強いこだわりを持っている人が多いです。