CoCoSiA(ココシア)

在宅ワーク中に家族にイラっとしてしまう15個のこと


コロナ禍になり、通勤から在宅ワークにシフトチェンジした人が多くなりました。

中には在宅ワークが初めてで戸惑う人もいるでしょう。

自分の家は馴れているはずなのに、在宅ワークとなると、家族の行動が気になり上手くいかないこともありますよね。

そこでこの記事では在宅ワーク中に、家族にイラっとする15個のことをお伝えします。

在宅ワーク中はどうしても家族にイラっとしちゃう!

大好きな家族のはずなのに、在宅ワークになるとイラっとしちゃうことありますよね。

子供は言うこと聞かないし、旦那も余計なことし始めるし、イライラを超えて、思わず怒鳴ってしまったなんて人もいるのではないでしょうか。

ここでは在宅ワーク中にイラっとしてしまう15個のことを紹介します。

これを読めばイライラしているのは、あなただけではないとわかりますよ。

1.三食ご飯を作らないといけない…給食のありがたみがよくわかる

在宅ワークで一番のストレスはこれと言っても過言ではないでしょう。

今までお昼は学校給食で、作るのは朝と夜でした。

これに一食加わると、お母さんはかなり困ってしまうのです。

給食ならメニューのバリエーションがあるし、栄養のバランスも考えてくれます。

でも素人が考えるとなると大変です。

子供に「お昼なに?」と聞かれることにイラっとしてしまうこともあるでしょう。

2.子供がリモート会議の邪魔をしてくる…恥ずかしい発言をみんなに披露!

家でリモート会議をすると決まった時、まっ先に心配するのが部屋の汚さと、子供の存在。

zoomは「バーチャル背景」で背後をいくらでも変えることができますが、突然子供が横から入ってくるのは消すことができません。

また、子供の姿が見えなくてもマイクがオンになっていると、声が入って来てしまいます。

その時に恥ずかしい発言をされて、会社のみんなに聞こえてしまうと本当に恥ずかしいですよね。

3.夫が育児を手伝わない…夫がいるだけでもう1人子供が増えたような気がする!

男女平等の世の中になっても、いまだに育児は女性がするものだと思っている男性は多くいます。

そんな夫が在宅ワークになったら、奥さんはもう大変です!小さな子供がいる家では、人手がいくらあっても足りないのに、育児をまったく手伝おうとせず、「俺は仕事があるから」と当り前のように放棄する夫。

これには奥さんもイラッとしちゃいますよね。

しかも三食用意しないといけないから、まるでもう1人子供がいるようです。

4.掃除・洗濯などの家事を手伝わない…せめてお皿くらいは洗ってほしい!

100歩譲って育児は、母親である私がするからいい…。

でもせめて家事はやって欲しい!と思っているお母さんは多くいます。

お願いしないとやってくれない、やってくれたとしてもブチブチ文句を言いながらやったり、「どうだ、やってやったぞ」とドヤ顔する夫には本当にウンザリですよね。

奥さんの理想としては、黙って家事をしてくれることです。

全部してほしいとは言いませんが、せめて自分のお皿くらいは洗って欲しいですよね。

5.夫や子供と毎日一緒にいるとストレスが溜まる!本当は大好きなのに…

家族のことは大好きでも、毎日朝から晩までいるとストレスが知らず知らずのうちに溜ってしまうものです。

もしかしてお互いにストレスが溜ってる?と感じたら、一旦外の空気を吸いましょう。

これだけでも気持ちが落ち着いてきます。

在宅ワーク中は、1日のどこかに気分転換できる時間を設けましょう。

6.子供や夫のちょっとした言動でもイラっとくる…ついつい怒ってしまう

夫と子供のことは愛していても、24時間一緒に居ればストレスが溜まり、ちょっとしたことでイラッとくるものです。

このイライラを自分で制御出来れば問題無いのですが、大抵の場合はカッと来てついつい大声で怒ってしまうもの。

お互いストレスがピークに達していて、このようなことが起こってしまうのです。

もうただただコロナが治まるのを祈るばかりですよね。

7.家の中がいつもより臭うような気がする…家の中が男くさい!

いつもは家にいないのに、24時間家に誰かがいるとその分、体臭が部屋にこもってしまいます。

特に旦那さんや息子さんなど男性がいる家は、加齢臭やら思春期の汗の臭いが充満してイラっとすることも。

コロナ禍になり、人のいる空間は小まめに換気をするよう推奨されていますが、ウィルス感染の観点からだけではなく、空気の入れ換えをして、こもった臭いを部屋から追い出してスッキリしましょう。

8.家の中が狭くて隠れる所がない…自分の部屋が欲しい!

ご家庭によって家の広さは様々です。

1人1部屋ある人もいれば、狭い間取りに大家族で暮らしている人もいます。