仕事の失敗や失恋など、さまざまな事情で男性が落ち込んでいる時に、それを気遣って慰めようとする女性が時々います。

心の優しい女性ほど、落ち込む男性を励まそうとしますが、その励まし方や慰め方が間違っていると、男性には逆効果になって嫌がられてしまうことがあります。

気持ちが落ち込んでいる時にどんな対応をされると男性は嬉しいと感じるのか、男性の求める女性の神対応についてご紹介していきます!

ゴットウーマン!落ち込んでる時にしてほしい女性の対応

気の優しい女性であれば、男性が落ち込んでいる姿を見ると、何かしら慰めや励ましの言葉をかけようとします。

その気持ち自体を男性は嬉しく思いますが、女性の慰め方が男性の求めるものでない場合には、女性の慰めは男性にとってありがた迷惑になってしまうことがあります。

そもそも、性別の違いから、男性の求めているものを女性が理解することは難しいです。

そのため女性が良かれと思って励ましや慰めの言葉をかけても、男性にはそれが鬱陶しく思えてしまったり、的外れなものに思えてしまったりすることがあります。

一方で、普段から人の気持ちを察することを意識している人や、ある程度の経験を積んだ女性であれば、男性が今まさに求めている対応をすることが出来ます。

そんな気遣いの出来る女性に対して、男性は「まるで女神のような神対応だ!」と感動することが多いです。

誰しも自分の気持ちを察して欲しいという気持ちを持っていますが、落ち込んでいる男性が「今自分はこういう理由で落ち込んでいるから、こういう対応をして欲しい」と一々女性に対して求めることはありませんし、そんな気力もないでしょう。

その物言わぬ求めを察することのできる女性こそ、男性が求める存在なのです。

落ち込んでいる時にしてほしい女性の神対応9選


男性は落ち込んでいる時に、女性にどのような対応をして欲しいと望んでいるのでしょうか?

男性の中には「男が落ち込んでいる姿なんて女性に見せられるか!」という人もいますが、世の中には落ち込んでいる時にこそ、母性溢れる女性に優しい対応をして欲しいと望んでいる男性は大勢います。

その男性一人ひとりによっても、女性に求める対応の内容は違っているでしょう。

では、どんなシチュエーションで、どんな男性に対して、どんな対応をすれば良いのでしょうか?一般的に求められることの多い対応を以下にご紹介していきます。

男性の気持ちを察した行動を取って、好感度を上げたい女性や、気配りを身に付けたいという女性はぜひ参考にしてみてください。

1、一人にさせてほしい

プライドの高い男性や、自分で落ち込んでいる内容についてじっくりと考えたい男性の場合、側で女性にあれこれと声をかけられることを鬱陶しいと感じることがあります。

誰でも自分が真剣に考え事をしている時に、横からあれこれと声をかけられたら鬱陶しいと感じますよね?

一人になって考えたい、頭を冷やしたいと思っている男性も、それと同じような気持ちでいます。

そうした男性の場合、落ち込んでいる時には周りの人たちから距離を取って、一人だけで過ごしていることが多いです。

あからさまに「慰めて欲しい」「気を遣って声をかけて欲しい」というオーラを出しているわけでなければ、恐らくそのまま一人になりたいと考えているので、下手にお節介を焼こうとするのは止めましょう。

もし男性が一人になりたそうな雰囲気を発していたら、あえてその場を離れて男性を一人にしてあげるか、落ち込んでいることに気付かないふりをしてあげましょう。

さりげない気遣いでも、男性が気付けばこちらに対して少なからず好感を抱いてくれることでしょう。

変に気を遣われたくない

男性によっては、周りが自分の落ち込みに気付いても、変に気を遣われたくないと考えています。

例えば身内が亡くなったり、大変な目に遭ったりしても、あえて自分と接する時にはいつも通りに、普通に接して欲しいと考えているので、妙に気遣うような素振りは見せない方が良いでしょう。

「いつも通りに接しよう」と意識し過ぎてしまうと余計にぎこちない動作になってしまうこともあるため、意識し過ぎずに、なるべくいつも通りに接するようにしましょう。

もしも周りが気を遣う中で、あなただけがいつも通りに接してくれたなら、男性はきっとその素振りを嬉しく思うことでしょう。

女性は男性よりも、比較的ストレートに「落ち込んでいる時には慰めて欲しい」と思っている人が多いです。

そのため自分の感覚のままでいると、男性に対してもやたらと気を遣おうとしてしまうかもしれませんが、男性は普段通りの接し方を望んでいる人が多いため、そうした性格の違いにも注意しましょう。

2、そっと慰めの言葉が欲しい


男性の中には、落ち込んでいる時にそっと慰めの言葉が欲しいと思っている人もいます。

落ち込んでいる時の、女性からのさりげない気遣いや優しさは、傷心中の男性の心にはじんわりと温かく沁み込みます。

男性が落ち込んでいるからといって、あれこれと事情を詮索しようとしたり、聞いてもいないのにこちらからのアドバイスを伝えようとしたりするのは逆効果です。

通り過ぎ様にぽんと軽く肩を叩きながら、笑顔で「考えすぎないようにね」と声をかけたり、飲み物を奢って渡しながら「無理しないでね」と一言伝えたりするだけでも、男性の心はほっと軽くなりやすいです。

声をかける内容も、男性の心の負担にならないように気をつけるのがポイントです。

例えば「みんなあなたに期待してるんだよ」や「早く元気になってね」などの励ましの言葉の場合、男性によってはプレッシャーに感じたり、焦ったりすることがあります。

そのため、「頑張るのもほどほどにね」や「無理のない程度にね」など、男性に対する気遣いを感じさせる声かけが理想的です。

ほんの一言だけでも声をかけられることで、男性はこちらが自分を気遣っているのだということが伝わり、「早く気持ちを持ち直そう」と思ってくれやすいです。

説教はいらない

男性が落ち込んでいる時に、最も必要ないと感じているのは、女性からの余計なお説教です。

同性からの説教ですら今は聞きたくないと思っている可能性が高いのに、さらに女性から知った風に説教をされるのは、男性をひどく不快な気持ちにさせます。

例え女性が男性の上司の立場であったとしても、落ち込んでいる男性に対して頭ごなしに説教をするのは、嫌がられる大きな原因となります。

上司であれば尚の事、部下の男性の気持ちを汲み取って、軽く声かけだけをするなり、暫く一人にするなりして男性に自己反省の時間を作ってあげましょう。

3、話しをただただ聞いてくれる

女性が誰かに愚痴を零す時、大抵はただ自分の気持ちを相手に聞いてもらいたいだけだと思っていることが多いです。

自分が今どんな気持ちでいるのか、どんなことに対して不満を感じているのかをただ黙って相手に聞いてもらって、さらにそれに共感をしてもらえれば嬉しいと考えていることが多いです。

男性によってはそうした女性同様に、自分の落ち込んでいる原因について、ただ話を聞いて欲しいと考えていることがあります。

ただ黙って、相槌を打ちながら話を聞いてもらうだけでも、男性は「自分の悩みを聞いてもらえた」と満足することが多いです。

話しを黙って聞いてくれる

プライドの高い男性ほど、女性には静かに自分の話を聞いて欲しいと考えていることが多いです。

余計なお説教やアドバイスは求めておらず、また下手に励ましや慰めの言葉をかけると、男性によっては「下に見られている」と感じることがあります。

そうした男性の相手をする時には、とにかく黙って、ひたすら相手が満足するまで話を聞いてあげます。

そうすると男性は満足して、こちらがとくに何もしなくても、「気の利く女性だ」と思うことが多いです。

一方で、何かアドバイスを男性が求めている場合には、「何か言って欲しい」と視線や言葉でアピールしてくるため、その時には相手の求めるように言葉を返してあげると良いでしょう。

4、場合によっては怒ってほしい

男性は場合によっては、女性に怒ってほしいと思っていることがあります。

例えば考えてもいい解決方法が浮かばずに、いつまでもうじうじと悩んでいる自分に嫌気が指した時に、男性はそんな自分自身を叱咤する意味でも、こちらに対して厳しい言葉を発してほしいと考えていることがあります。

そのような場合には、大抵は男性の方から「こんな自分に何か厳しい言葉をくれ!」と直接求めてくることが多いです。

もしも男性からそうした要望を受けたなら、遠慮せずに「いつまでもうじうじ悩まずに、さっさと行動したらどう!?」や「後悔したって時間は巻き戻せないのだから、さっさと諦めて次の行動に移りなさい!」など、遠慮なく男性を怒ってあげましょう。

中途半端に気を遣った言葉をかけられるよりも、いっそストレートに怒られた方が良いと男性は考えていますので、その気持ちに応えてあげましょう。

Mな男性にしか通用しないことを理解しよう

男性の方から求めてきたのなら、遠慮なく怒っても問題はありません。

ただし、男性が求めていない場合には、絶対に怒らないようにしましょう。

サバサバした性格の女性ほど、「情けない男性ほど気合いを入れる必要がある」と考えてしまいがちですが、男性は基本的に女性に怒られるとそれを不快に感じたり、余計に精神的なショックを受けたりします。

また、「女のお前に何が分かる!」と逆上する可能性もあり、そうなったらお互いに罵倒し合う最悪の結果になりかねませんので、男性から求められない限りは、頭ごなしに怒るのは止めましょう。

女性が
男性を怒る励まし方が通用するのは、男性が精神的にMの場合だけですので、十分に注意しましょう。

5、何も言わずに側にいる

慰めの言葉をかけるでもなく、アドバイスをするでもなく、落ち込んでいる男性に対して何もせずにただ側にいるというだけでも、男性にとっては慰めになっていることがあります。

誰もが沈黙を気まずいものだと考えてしまいがちですが、時に「沈黙は金なり」です。

何も言わずに、ただ黙って男性の側にいるだけでも、男性は女性から暖かな温もりの気配や気遣いの感情を感じ取っています。

そして、あえてこちらが何も言わないことを有難いと感じる男性は少なくありません。

周りから何かを言われてこれ以上傷つきたくないと思っている男性や、プライドの高い男性、静かに考え事がしたい男性など、さまざまなタイプの男性に効果的な対応方法でもあります。

一方で、一人になりたい男性や、何か声をかけて欲しいと考えている男性にとっては、「放っておいてほしい」や「何も言わないなら何で側にいるんだよ」などと思われてしまうため、男性が今求めているものを敏感に感じ取れるように意識しましょう。

6、年下男性は褒めてあげるのが効果的

相手が年下男性の場合には、説教をするよりも褒めてあげる方が効果的です。

年下男性の場合、女性が年上だということは理解していながらも、やはり男としてのプライドがありますので、上から慰めの言葉をかけられるよりも、褒めてもらえた方が「自分のことを認めてくれている」という喜びの感情が芽生えやすいです。

男性は元々年齢差に関係なく、女性から尊敬されたり、褒められたりすることを嬉しいと感じやすいため、落ち込んでいる男性を褒めることで男心をくすぐることになり、男性は気を持ち直しやすくなります。

そのため、年下男性を励ます時には、「いつもよく頑張ってくれているよね」「あなたの努力はみんな認めてるよ」など、褒めながら励ましの言葉をかけると良いでしょう。

【褒め言葉については、こちらの記事もチェック!】

7、休息を取るように促す

つい頑張り過ぎてしまう男性の場合、自分が一生懸命に頑張っていることを自覚しながらも、その頑張りが他の人よりも足らないと感じていたり、どの程度頑張ればいいのか限度が分からなかったりすることがあります。

そうした男性には、女性の方から「いつも十分に頑張っているのだから、少し休憩を取ったらどう?」や「そろそろ休めって心身が訴えてるんじゃない?」など、男性に休息を促すと良いでしょう。

休日を取るまではいかなくとも、女性が付き合って数十分一緒に休憩するなり、飲み物を奢って一休みするなり、男性を休ませてあげることで、男性の気持ちが落ち着いて、切り替えが出来るようになることがあります。

また、そうして女性が休息を促すことによって、男性が「自分の頑張りを見ていてくれる人がいる」と自覚するため、こちらの気遣いの気持ちがより男性に伝わりやすいでしょう。

8、反省点を一緒に見つけてあげる

男性によっては、落ち込む原因を自分一人だけでは解決出来ずにこちらに何らかのアドバイスを求めてくることがあります。

仕事で失敗をした時の話をこちらに愚痴混じりで話し、「どうしたらいいのか分からない・・」と悩んでいる様子だったら、男性の反省点を一緒に見つけてあげると、男性は気を持ち直しやすくなるでしょう。

その場合、こちらはなるべく相手の行動を決めつけるようなアドバイスは避け、とにかく相手から話を聞き出し、男性が自分で解決方法を探っていけるように誘導してあげると良いでしょう。

男性が落ち込んでいる原因についてより具体的に聞き出し、何がいけなかったのか、どうすれば良かったのかなど反省点を一緒に見つけてあげることで、男性は気を持ち直すだけでなく、こちらに対してかなり好感を抱くでしょう。

「自分の悩みを一緒に考えてくれている」と感じることで、男性は話を通してこちらに心を開きやすくなります。

反省の次は目標を設定する

反省点が分かったところで、では次はどうしていけばいいのかと目標まで一緒に決めてあげると、男性からの信頼度はかなり上がります。

それほどこちらが親身になって考えてくれているという気遣いを感じ、男性は今回だけでなく、今後も事あるごとにこちらに相談してきたり、落ち込んだ時には助けを求めてきたりすることもあります。

男性の反省点を一緒に見つけるのも、その後の目標を設定するのも、ある程度男性との距離を縮めることになりますので、女性自身が親しくしていきたいと感じている男性や、信頼している男性に対して行うと効果的な対応方法です。

9、言葉で励まさない

言葉で直接励まそうとすると、素直にその言葉を受け取ろうとしない男性も中にはいます。

深刻に落ち込んでいると、他人からの慰めや励ましの言葉を皮肉に受け取ったり、「俺の気持ちなんて分からないくせに適当なことを言うな」と不快に感じたりすることがあります。

そうした男性の場合には、軽々しく「無理しないでね」や「頑張ってるね」などの言葉をかけると、余計に男性を不愉快な気持ちにさせてしまうことがあり、こちらの気遣いが一切伝わらないため、言葉で励まそうとしない方が良いでしょう。

プライドの高い男性や、女性からあれこれと言葉を受けることを嫌がるタイプの男性にはこうした傾向が強いため、男性の性格を注意深く観察した上で、対応方法を判断するようにしましょう。

手紙を書いて渡す

直接声をかけられたり、人前で励ましの言葉を受けたりすることを嫌がる男性の場合には、間接的に励ましの言葉を伝えるようにしましょう。

例えばLINEやメールで個人的に連絡を入れる方法もありますが、出来れば落ち込んでいることに気付いたその場で励ました方が効果的ですので、手紙を書いてさりげなく渡す方法がおすすめです。

手紙に書いて渡す際には、内容はあまり長くなく、伝えたい内容が分かりやすくまとまっているものが良いでしょう。

プライドが高い男性であれば、「落ち込んでいるみたいで、心配です。」など、少し下手の文章で書くと相手は素直に励ましの言葉を受け取りやすいでしょう。

また、その場で手紙が渡せなければ、その日の夜にメールやLINEをしても効果的です。

ただし、その場で軽く声をかけるのではなく、改めて手紙やメール、LINEなどの形で励ましを送ると、相手は「もしかして自分のことを特別に思っているのでは・・?」と誤解をしやすくもなります。

そのため、自分が好意を持っている男性であれば問題ないでしょうが、異性として意識されたくない相手であれば、あまり誤解を与えるような行動は避けたほうが良いかもしれません。

男性が落ち込んでいるシーン

男性も女性も、時には落ち込むことがあるでしょう。

仕事やプライベートなど、さまざまなシーンで落ち込むことがありますが、一般的にはどのようなことが原因で男性は落ち込むことがあるのでしょうか?

男性がどんなふうに落ち込むシーンがあるのかを予め把握しておくと、いざ落ち込んでいるところに遭遇した時に、どう対応しようかと悩むことなく、スマートに男性に励ましの声をかけることが出来るでしょう。

男性が落ち込むことの多いシーンをご紹介していきます。

好きな人に振られた

好きな人に振られた時は、男性でも女性でもひどく落ち込んでしまいますよね。

告白して玉砕してしまった人もいれば、まだ想いも伝えていない内から好きな相手に恋人が出来てしまった人もいるでしょう。

また、自分の気持ちが意図せずに噂になってしまって、好きな相手に避けられてしまったり、相手が既に結婚していたりと、さまざまな理由で恋が実らないことはあります。

どんなにモテる男性でも、意中の女性の性格によっては自分を選んでもらえないこともありますし、「良い人過ぎて友達にしか思えない」と言われてしまってショックを受けることもあるでしょう。

好きな人に振られて落ち込んでいる男性は、目に見えて落ち込んでいることが分かりやすいことが多いです。

ふと何かの合間にため息を零していたり、恋愛に関する話題を極端に避けたり、特定の女性を過剰に避けたり、もしくはちらちらと視線を向けては暗い顔をしたりと、よく観察していれば、「ああ、振られてしまったんだな」と気付くことが出来ます。

仕事でミスをしてしまった

真面目な男性や、気持ちの切り替えが不器用な男性の場合、仕事でミスをして上司に叱られた後は、しばらく落ち込んでいることが多いです。

周りに人がいる状態で怒られていれば、当然その後男性が落ち込んでいると、仕事が原因で落ち込んでいるのだということが分かるでしょう。

また、一見気持ちを切り替えて仕事をしているように見えても、休憩時にため息を零していれば、仕事のミスをまだ引きずっているのだということが分かります。

人前で分かりやすく落ち込む男性もいれば、一人になった時に思い切り落ち込む男性もいます。

仕事のミスで落ち込んでいる時には、小さなミスであれば短い言葉や軽い励ましで、男性のモチベーションを持ち直させることも可能でしょう。

しかし、ミスが大きい場合には、機会を作ってじっくりと男性の話を聞いたり、一緒に反省点を探したりする必要があることもあります。

男性が落ち込んでいる時のほとんどは仕事のパターンが多い

恋愛に関して落ち込んでいる時には、男性はプライベートのシーンで落ち込んでいることが多いため、女性がそれを察することは難しいでしょう。

一方で、仕事のミスなどで落ち込んでいる場合には、女性もそれを察する機会が多いため、必然的に男性の落ち込むシーンは仕事が原因であることが多いです。

仕事が原因で落ち込んでいる時には、落ち込んでいる内容によっては軽々しく励ましが出来ない状況もありますので、注意深く観察した上で男性を励ますようにしましょう。

男性が落ち込んでいる時のNG対応方法

意中の男性が落ち込んでいる時には、少しでも自分が励ましてあげたいと思いますよね。

また、仕事の同僚や友人、仲間など、自分にとって関わりがあり、ある程度親しい間柄の男性が落ち込んでいる時にも、気遣って何かしらの励ましをしたいという気持ちになるでしょう。

女性がそんな善意の気持ちから励まそうとした行為が、場合によっては男性に逆効果になってしまうこともあります。

先にも挙げたように、男性と女性では性別からものの考え方や価値観が大きく違っています。

そのため、女性が「自分だったらこんなふうに励まされたい」という気持ちから男性を励ましても、当の男性にとってはそれが嬉しい励ましではないこともあります。

男性を励まそうと思ったら、男性の気持ちや立場をきちんと想像した上で行動しなければなりません。

それが出来ないで一方的に励まそうとすると、その女性は男性からは「大きなお世話」や「有難迷惑」だと思われてしまうことでしょう。

では、男性にとってどのような女性の言動や行動が嬉しいどころか迷惑に感じられるのでしょうか?NG対応方法をご紹介していきます。

プライドは傷つけない

男性を励まそうと思ってあれこれと声をかけている内に、うっかり男性のプライドを傷つけてしまうことがあります。

例えば仕事でミスをして落ち込んでいる男性に対し、「ミスぐらい誰でもしてるんだから、気にしないで!」と声をかけたとします。

それを素直に励ましの言葉として受け取る男性もいれば、「自分もそんなミスをすると思われていたのか」と余計に落ち込んでしまう男性もいます。

後者の男性の場合には元々プライドが高く、失敗することを自分自身で許せないのに、それを他人のしかも女性から慰められるということで、プライドが傷ついてしまうことがあります。

また、例えば失恋して落ち込んでいる男性に対して、「あの子はちょっと理想が高いから~」などとフォローを入れたつもりでも、「俺はそんなに不細工なのか!!」と男性のプライドを傷つけてしまうこともあります。

さらには、アドバイスをしたつもりでも、男性にとってはそれが上から目線のお説教に思えてしまうこともあります。

男性を励ます時には、その男性のプライドを傷つけないように注意しながら言葉を選ぶようにしましょう。

マイナス発言は禁止

ただでさえ落ち込んでいる男性に対して、さらにマイナスに感じられる発言はNGです。

例えば仕事でミスをした男性に対して、冷静に状況を把握させようとして、「あなたのミスで今これだけのロスが生じたから~」などと口にすると、男性は責められていると感じて余計に落ち込んでしまいます。

ミスをしてしまったことには変わりありませんが、それを振り返るのは男性自身ですので、こちらがわざわざ傷口を抉るような真似は止めましょう。

男性が落ち込んでいる時には、その原因と関連したマイナス発言をうっかりしてしまわないように十分に注意しましょう。

場合によっては男性を精神的に追い詰めてしまって、本来の落ち込み以上にひどく落ち込ませてしまうこともあります。

ただでさえナイーブな状態ですので、腫れ物に触るようにとまでは言わなくても、これ以上余計に傷つけないように気をつけましょう。

しつこくしない

落ち込んでいる男性のことが心配だからといって、あまりしつこくし過ぎても男性には嫌がられてしまいます。

例えば男性が落ち込んでいるのに気づいたその時に一言「考え過ぎないようにね!」と声をかけたとします。

それだけであれば男性は素直に励ましの言葉として受け取りますが、その後も会う度に励ましの言葉をかけたり、翌日にまた「大丈夫?」と元気になったか確認しようとしたりするのは、男性にはしつこく感じられてしまいます。

親切や気遣いも、過ぎれば鬱陶しく、迷惑なものになってしまいます。

男性がこちらの気遣いを素直に感じ取れている内に、それ以上の余分な励ましは切り上げましょう。

相手のペースに合わせてあげること

落ち込んでいる男性が、自分の悩みをぼそぼそと打ち明けている時に、上から被せる形でアドバイスを告げようとしたり、強引に相手を元気にさせようとしたりすると、男性は気持ちが焦ってしまい、落ち着いて気持ちを持ち直すことが出来なくなってしまいます。

人には人のペースがあり、落ち込んでいる男性が気持ちを持ち直すまでにもそれぞれのペースがあります。

1時間で落ち込んだ気持ちを復活させられる男性もいれば、立ち直るまでに3日かかる男性もいます。

こちらが強引に相手を元気にさせようとするのではなく、あくまでも男性のペースに合わせて話を聞いたり、励ましたりしましょう。

男性が落ち込んでいるときこそいい女の対応を

「いい女」の定義は、あなた自身が決めるものではなく、あなたを見る周りの人が決めるものです。

もちろんその定義や基準に無理にあなたが合わせる必要はありませんが、どうせならば「男性への気遣いが出来るいい女」だと思われたいですよね。

男性にはさまざまなタイプがあり、励ましたり慰めたりする時には、個々の男性のタイプに合わせた励まし方が必要とされます。

決して独りよがりの励ましではなく、男性のタイプに合わせて上手く励ますことが出来るようになれば、自然と周りの男性からのあなたへの評価はアップするでしょう。