CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

突然嫌いになる7個の心理。仲良かったのに嫌いになった原因を解説


人間の心は難しく、恋人や友達など昨日まで仲良かったのに突然嫌いになったということがあります。

仕事に対しても同じことが言えると思います。

自分でもなぜ突然嫌いになったのか戸惑うこともあるかもしれません。

そこで今回は、突然嫌いになる心理や原因、対処法などをご紹介します。

大人になれば嫌いな人とも上手に付き合っていかなければいけない時があります。

人間関係を壊さないためにも、なぜそうなってしまったのか原因を探っていきましょう。

この記事の目次

急に嫌になってしまう7個の原因とは?

ここからは、急に人の事を嫌いになってしまう原因についてご紹介させていただきます。

人の事を嫌いになるには、何らかの理由があるはずです。

その理由を知る事によって、自分の問題点に気が付く事が出来るようになる事もあるでしょう。

1.全てに失望した


仲が良ければよいほど、相手の言動に落胆してしまう場合もあります。

本当はこんな事をする人では無かったのに変わってしまったと感じれば、それだけで相手の事を嫌いになる事だってあるでしょう。

他人の事を全て知る事が出来るわけではありません。

だからこそ、自分が思ったままに相手が動いてくれるとは限らないのです。

けれど、人はつい自分の思った通りに他の人も動いて欲しいと思ってしまうものなのでしょう。

すべてン委失望する程ショックな事があれば、その人の事を嫌いになったとしても仕方がないでしょう。

勝手に期待して勝手に失望するなど失礼な話と言われてしまえばそれまでではあるものの、
人間など所詮適当な生き物です。

自分の気持ちだけを優先して生きているものなのでしょう。

だからこそ、自分の気持ちと合わない人に出会うと失望し、嫌いになってしまうのです。

どんなに相手に失望したとしても、それを相手が気が付くかどうかは分かりません。

もしかしたらまたく気が付かないと言った事もあるでしょう。

そんな時は、自分の気持ちを相手に置き換えて考えてみてください。

自分の視点からではなく、相手の目線から物事を考える事によって、相手の気持ちを感じ取る事が出来るようになるかもしれません。

それが出来るようになる事によって、自分の気持ちを変える事が出来るようになるかもしれません。

2.裏切られた


信じてれば信じているほど、相手に裏切られたショックは大きいものです。

だからこそ、その裏美られた気持ちがあることによって、相手の事を嫌いになってしまう事もあるかもしれません。

人を嫌いになる事はいい事だとは言えないかもしれませんが、裏切られたという明確な理由がある場合にはそういった気持ちになってしまうのも仕方がないのかもしれません。

人間の気持ちは変わるものです。

だからこそ、最初はとてもいい人間関係を作っていく事が出来ていたとしても、それがだんだんと崩れて言ってしまう事もあります。

互いの気持ちにずれが生じれば、結果的に裏切られたと思われてしまったとしても仕方がないのではないでしょうか。

いい事も悪い事も、人によって考え方が違うものです。

自分にとっては最低な行動も、その人にとっては正義なのかもしれません。

だからこそ、相手の気持ちを自分の思いのままに操る事など出来ません。

そのせいで裏切られたと感じる事もあるでしょう。

信じていた人に裏切られる事はとても辛いことです。

そのせいで悲しい気持ちになったり他の人を信用する事が出来なくなってしまう事だってあるでしょう。

だからこそ、つい責める気持ちを持ってしまう事も想像できます。

急に相手を嫌いになれば、周りの人はびっくりするでしょう。

ですが裏切られたという明確な気持ちが自分の中にあるのであれば、無理してその人と仲良くする必要などないはずです。

自分の人生は自分のものです。

裏切られた人とまで仲良くする必要はないでしょう。

3.飽きた

嫌いになる対象は、友人に限られたことではありません。

家族などの親しい人から会社関係の人などありとあらゆる人が候補になるはずです。

その中には、恋人という存在もいる事でしょう。

恋人とはお互い好きだからこそ、一緒にいるのです。

むしろそうでなければ恋人と呼ぶことはできないでしょう。

けれど、どんなにラブラブな二人でも、いつか気持ちは冷めるもの。

自分の気持ちが冷めていない場合でも、相手が覚めてしまえばそれで関係は終わってしまうのです。

どんなにラブラブな二人も、月日がたてば気持ちは落ち着くはずです。

何年も同じようにラブラブでいる事などできないでしょう。

それは珍しいことではなく、誰にでも起こる事です。

だからこそ、それを気にする必要はありません。

一方で、冷めきってしまう夫婦がいるのも事実です。

きっと大半の人は、ラブラブというほどの熱量は無いものの家族として相手の事を大切に思っているのでしょう。

それが二人のあたらしい関係なのです。

けれど、そうではなく、本当に相手に興味がなくなり、飽きてしまったと感じる人だっているのです。

その場合には相手の事を好きと感じるどころか嫌いになってしまう人もいるのです。

相手に興味がなくなる状況は『飽きた』と言われる事でしょう。

交際相手などから、飽きたと言われてしまう事はとてもショックなはずです。

出来るだけ今までの気持ちを取り戻してほしい。

そんな風に願う事だってあるでしょう。

ですが、それは簡単な事ではありません、一度変わってしまった人の心を変える事が出来るような方法は誰にも伝えられていないからです。

人間関係の中でも、相手の事を嫌いになる理由として『飽きた』という理由は人としてどうなのかと言われてしまう事もあるでしょう。

確かにはたから見ればとてもひどい理由です。

けれど、それが事実なのですから仕方がないのです。

事実は必ずしも他人に伝える事が必要とは限りません。

例え本当の理由が飽きたというものであったとしても極力相手には言わないようにする事が大切なのではないでしょうか。

4.不満が爆発した

人間関係は難しいものです。

赤の他人同士ですから、互いの気持ちを100パーセント理解しあう事などできないはずです。

結果的に自分が我慢をする選択をしてしまう人も居ます。

自分が我慢する事によって、周りの人が平和に過ごす事が出来るのであればその方が良いと思ってしまうのです。

ですが、我慢はいつか必ず無理が出ます。

最初のうちは、周りの人の事を思って我慢する事も出来るでしょう。

言いたいことがあっても、出来るだけ我慢する事によって、平和な日常を作る事が出来るのではないかと思っている人も居ます。

実際、そうする事によって周りの人とうまくやっていくきっかけにする事が出来る人も居ます。

ですが、それは全て受け止める事が出来るわけではありません。

我慢は必ずいつか限界を迎えます。

人の心はそんなに強いものではありません。

だからこそ、いつもいつも我慢をしていればいつか必ず限界がやってくるのです。

その限界を迎えた瞬間にその人の事を嫌いになってしまう事もあるでしょう。

一度限界を迎え嫌いになった心は、そう簡単に元に戻す事は出来ませ。

きっとそれが人を嫌いになってしまう大きな原因の一つなのです。

他人の事を考えて我慢している人は、きっとそれだけ優しい人なのでしょう。

優しい気持ちを持っている人だからこそ、自分を殺して相手の気持ちが良いように行動しているのでしょう。

ですが、結局その我慢が継続する事が出来ないのであれば意味がありません。

そうなるくらいなら、最初から出来ない事はしないに越したことは無いのでしょう。

相手の気持ちを考えて行動する事はとても大切な事です。

それをする事によって、救われる事もある事でしょう。

人間関係をうまく作るきっかけにする事だって出来るはずです。

ですが、それが自分の犠牲の上に成り立っている事なのであれば意味がありません。

一番大事な事は自分自身です。

自分自身を大事する事が出来ない人は、結局他人の事を大事にする事が出来ない人なのでしょう。

5.疲れてしまった

生きていればいろいろな事があります。

楽しい事もあれば辛い事もあるでしょう。

中には、周りの人とうまくいかずに傷つく事だってあるでしょう。

そんな時、いかに自分の気持ちを正しく持ち続ける事が出来るかどうかが大切な事となります。

周りの人の事ばかりを意識して、自分の気持ちを押し殺している場合、きっとどこかで心の中にひずみが生まれます。

そのひずみが大きくなればなるほど、人の心は疲れて行ってしまう事でしょう。

周りの人とうまくやっていきたいからこそ、自分の気持ちを我慢して行動している人は沢山います。

そせいで、心の中にストレスがたまってしまう事もあるでしょう。

そんな状態が続けばここら疲れを感じる事も良くある話です。

結果的に相手の事は勿論、自分の事を嫌いになってしまう事だってあるでしょ。

心の疲れは疲労感に直結しています。

例え体は元気だとしても心が疲れている状況では、正しい判断をする事が出来ません。

きっと悲しい気持ちになったり落ち込んだりしてしまう事だってある事でしょう。

そんな状況では、周りの人とうまくやっていく事が出来ないのも納得です。

今の時代、コミュニケーションを取る事が苦手だと感じている人は沢山います。

だからこそ、その苦手なコミュニケーションを無理に頑張って取る事によって心に疲労が溜まり、結果的に疲れたと感じてしまうのかもしれません。

それを更に無理する事によって、相手人を嫌いになってしまうのです。

もし、相手の人を嫌いになる事を避けたいのであれば疲れた気持ちを我慢せずに自分の思った通りに行動していけば良いのではないでしょうか。

それをする事が出来れば、きっと良い日々を過ごす事が出来るようになるはずです。

頑張りすぎた

疲労によって人の事を嫌いになてしまう人が居ます。

それはきっと、体の疲れではなく心の疲れが原因なのでしょう。

心の疲れが大きくなる事によって、全ての事が面倒に感じるようになていきます。

それが結果的に、自分を苦しめる事に繋がってしまうのでしょう。

相手の事を考えて行動する事も大切ですが、まずは自分の気持ちを大切にして生きていく事が大切なのではないでしょうか。

疲労するほど頑張る事が出来るという事は、きっとその人は真面目な人なのでしょう。

真面目だからこそ加減を知らず頑張りすぎてしまうのかもしれません。

その気持ちきっとその人の立場に立つ事によって見えてくるようになるはずです。

だからこそ、その気持ちを無理に否定するような事はしないようにしてください。

人を嫌いになる事は良くない事なのかもしれません。

ですが、そうする事が自分を守る事につながるのであれば時には仕方がない事もあるはずです。

その感じ方の違いによって、自分の気持ちが前向きに行くかどうかが変わってくるのかもしれません。

6.生理的に無理になった

人を嫌いだと感じる場合『生理的に嫌になる』という場合があります。

それは大きな理由があるわけではなく、その人がいるからこそすべてがいただと感じてしまうものの事を指します。

だからこそ、嫌いな理由が自分自身も分からないという事も多々あるものです。

例え自分の心だとしても、全てを理解する事が出来ているという事はないはずです。

きっと自分でもよく分からないような理由によって、相手の事を嫌いになってしまっているのかもしれません。

どうして急に嫌いになってしまったのかという理由も分からないままに相手のことを嫌いになってしまう事もあります。

理由も分からないままに相手の事を嫌いになってしまう事によって、自分自身が困ってしまう事もあるでしょう。

どうすれば分からない気持ちでいっぱいになってしまう事もあります。

嫌いになってしまった事によって、自分自身が戸惑ってしまう事もあるでしょう。

嫌いになってしまう事にはそれなりの理由があるはずです。

けれど、その理由が自分でも理解する事が出来ない時だってあるのです。

それを自分で受け入れられない事がある場合もある事もまた、自分にとってはストレスなのかもしれません。

色々な事があるからこそ、人生なのです。

自分で理解する事が出来ない事があったとしても、それを面白いと思う事が出来るような気持ちを持つ事が大切なのではないでしょうか。

7.ストレスを感じている

自分にかかわる人すべてが自分にとって合う人だとは限りません。

中には全く合わないと感じる人だっている事でしょう。

その人と一緒にいる事はストレスを感じる大きな原因となります。

ストレスを感じる人と一緒にいる事によって、結果的にその人の事を嫌いになってしまう事だってあるでしょう。

ストレスを感じるような相手の事を好きになる人などそういるものではありません。

ストレスを感じる=嫌いと言っても過言ではないはずです。

ストレスを感じる理由は人によって違うはずです。

多くの人がいる中で、自分に合う人もいれば合わない人もいます。

それは仕方がない事です。

学生の頃までは、自分が合う人とだけ一緒にいる事が出来ました。

けれど、大人になれば自分が好きな人とだけ付き合う事が出来るわけではありません。

嫌いな人とも同じように付き合っていかなければならないのです。

そのせいでストレスを感じているのにも関わらず、関係を断つ事が出来ないなんて事もあるでしょう。

だからこそ、ストレスを感じているのにも関わらず、嫌いになるまでわかれる事が出来ないのかもしれません。

そこまで我慢をしても、嫌いなものは嫌いなのです。

であるのであれば、それは無理する必要はないのではないでしょうか。

人を嫌いになる事も仕方がないこともあるでしょう。

だからこそ、そんな自分を受け入れてあげる事も必要な事なのではないでしょうか。

急に嫌になってしまう人の特徴とは

人の事を急に嫌いになってしまう人にはいくつかの特徴があります。

その特徴を知る事によって、どんな人がそうなってしまうのかを知る事が出来るようになるようになるでしょう。

そうする事によって、自分がどんなタイプの人間なのかを知る事が出来るようになるかもしれません。

他人の事を急に嫌いになるという事を聞けば、なんだか酷い人のように思われてしまう事もあるでしょう。

場合によっては、そのせいで人に嫌われてしまう可能性だってあるのです。

人の事を嫌いになるという事はそれだけ大きな出来事なのでしょう。

ですが、実際には急に人の事を嫌いになる人は人として酷い人ばかりではありません。

むしろそうではない人の方が多いとさえいえるでしょう。

イメージだけで物事をとらえてしまうと、物事の本質を見誤ってしまう恐れがあります。

だからこそ、自分の気持ちは勿論周りにいる人の事を冷静に判断する事が出来るようになる為にも、その人の特徴を知る事はとても大切な事だと言えるでしょう。

自分がもし、他人の事をすぐに嫌いになってしまう傾向にあるのであればこれからご紹介する特徴を知る事によって自分自身を知る事が出来るようになる事でしょう。

それが結果的に自分を助けてくれる手段となるかもしれません。

まずはしっかりと特徴を捉える事が大切です。

急に嫌になってしまったときの対処法を教えます!

生きていれば、色々な人に出会居ます。

生涯のパートナーや友人となるような素晴らしい人にである事が出来る場合もあれば、一生思い出したくもないほど嫌いになる人に出会う事だってあるでしょう。

中には、急に嫌いになってしまう事だってあるはずです。

既に自分の人生いさほど重要でない人の場合には、嫌になった瞬間にその人と縁を切ってしまう事も一つの方法です。

我慢は体に良くありません。

嫌いと感じた時点で嫌いなのですから、無理に一緒にいようとする必要などないはずです。

けれど、一方で、どんなに嫌いでもその関係を断ち切る事が出来ない場合もあります。

関係を断ち切る事が出来ないのであれば、そのままの関係を続けていくしかありません。

ですが、嫌いだと思っている人と付き合っていくには骨が折れる事もあるでしょう。

そんな時も対応をしっかりと知っておくことによって、見えてくる正解があるはずです。

好きになる事はできなくとも、ストレスを少しは軽減させていく事が出来るようになるかもしれません。

だからこそ、まずはどんな対応をする事が正しいことなのかどうかを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

断捨離をする

自分の中にあれもこれもと沢山のものを抱えていると、そこからどう動けばいいか分からなくなってしまうものです。

本当はこうした方が良いという気持ちがあるのにも関わらず、それを実行に移す勇気を持つ事が出来なくなってしまうのです。

そんな時は思い切って断捨離をしてみてください。

断捨離をする事によって、心も体も元気にする事が出来るはずです。

断捨離というと、物を捨てる事をイメージする人が多いことでしょう。

ですが、実際にはもの以外にも心の中にたまったものを吐き出す事も断捨離と言います。

合わない友人を整理するという事だって含まれるのかもしれません。

全部を得ようとするには無理があります。

自分が出来る範囲で行動してきましょう。

生活習慣を改善する

健康的な生活は、健康的なここを作ります。

だからこそ、自分の生活を今一度見直してみてください。

そうする事によって、自分に何が必要なのかどうかを知る事が出来るようになる事でしょう。

自分の行動を見直す事が出来れば、周りの人との関係もまた違った目線で見る事が出来るようになるはずです。

それが結果的に自分の気持ちを変える着脚気になる事もあります。

ですが、場合によっては何も変わらないという事だってあります。

自分の気持ちを整理し、元気になたったとしても嫌いな人はきっと嫌いなはずです。

それはける事の出来ない事実なのです。

それを変えようとするからこそ問題が大きくなってしまうのかもしれません。

まずは自分が出来る事を考えて行動していきましょう。

それによって、本当に嫌いなのか気の迷いだったのかという事が分かる事でしょう。

急に嫌になってしまったときは無理をして続けるのはやめよう

人と交流していく中で、急にその人の事を嫌いになってしまう事もあるでしょう。

それは自分ではどうする事も出来ない事なのかもしれません。

嫌いになろうと思って嫌いになるのではなく、結果的に嫌いになってしまうのです。

それは自分としては不本意な事かもしれません。

きっと嫌いになってしまうくらいですから、何らかの理由があるはずです。

今回の記事を参考に突然嫌いになったのか原因を探ってみてくださいね。

ページトップ