あなたには、譲れないことやものがありますか?

「これだけは譲れない!」と思うことに対しては、多少自分が不利益を負ったりリスクを犯したりしても、「それでもこだわりを捨てるよりはいい!」と思えるものです。

そんな風に譲れないと思えるものは人それぞれですが、世間一般ではどんな譲れないものがあるのでしょうか?具体的な例をご紹介していきます!

みんなの譲れないこと・もの25選!共感できる?

あなたの周りでも、「絶対にこれは〇〇じゃなきゃ嫌だ!」や、「〇〇じゃないと落ち着かない」といった意見を聞く機会は実に多いでしょう。

世の中には、そんな風に何かしらの譲れないものやこだわりを持って生きている人がとてもたくさんいます。

むしろ、何のこだわりも持たない人の方が珍しいかもしれませんね。

人が気持ちや意志を持っている以上、個々人によって譲れないものやこだわりがあるものです。

そうした他人のこだわりに共感できることもあれば、まったく共感できないこともあるでしょう。

これから挙げていく譲れないことに、あなたはいくつ共感できるでしょうか?

自分より年上or年下じゃないと付き合えない

「俺、自分よりも年下の子じゃないとダメなんだよね。」「付き合うなら絶対年上の男性がいい!」こんな意見はよく耳にしますよね。

ひょっとしたらあなた自身にも、付き合う相手の年齢にこだわりがあるのかもしれません。

どうして年上、もしくは年下じゃないとダメなのか、その理由は人それぞれです。

付き合う相手に年下の可愛さを求める人もいれば、年上の落ち着きを求める人もいるでしょう。

年下、もしくは年上でなければダメなんてことは、本来はないはずですが、こだわりを持つ当人にとっては、年齢が絶対的な基準になっていることもあるようです。

コーヒーはブラック


コーヒーを飲む時に、「絶対にブラックじゃないと嫌!」というこだわりを持つ人も少なくないでしょう。

特にコーヒーを眠気覚ましに飲んでいるような人は、苦みが強いほど頭がスッキリと冴えますので、甘くすることが許せないと考えている人もいるでしょう。

コーヒーの飲み方も人それぞれ自由ですが、こだわりが強い人にとっては、「ブラック以外はコーヒーじゃない!」なんて思えてしまうこともあるようで、そのためコーヒーの飲み方で論争になることも時々はあるかもしれませんね。

また、コーヒーを「大人の飲み物」だと認識している人も、飲み方はブラックでこだわる場合が少なくありません。

人によっては、「元々苦い飲み物なのだから、ブラックで飲むのが普通」だと考えていることもあるでしょう。

ネガティブな言葉は使わない

「人生をポジティブに生きる」と心がけている人は、例えどんなにピンチに陥っても、自らネガティブな言葉を使おうとはしません。

「もうダメだ」と周りが口にする中でも、自分だけは「きっと何とかなるはずだ」「最後まで諦めるな」と自分で自分を鼓舞する発言をするでしょう。

ポジティブな気持ちや発言を大切にするのはとても良いことですが、中にはそれを他人にも強要してしまう人もいます。

また、やたらと前向きな発言を繰り返し過ぎても、時には「空気が読めない」と思われてしまうこともあります。

そうしたトラブルさえなければ、「ネガティブな言葉は使わない」というこだわりはとても素晴らしいものでしょう。

出汁をとる

料理をする際に、「なんでも出汁をとってから」というこだわりを持つ人もいます。

お味噌汁や煮物はもちろん、ちょっとしたインスタントを作る時でも、いちいち出汁をとろうとする人は、出汁をとるのが当たり前になっているため、出汁をとらなければ料理が美味しく感じられなくなっていることもあります。

料理では出汁が決め手になることもあるため、出汁をとること自体は味に深みを出すためにも良いでしょう。

けれども、「絶対に出汁をとらなければダメ」とこだわりが強すぎてしまうと、誰かと一緒に料理をする際や、他人の料理に対してつい口を出してしまい、トラブルになってしまうことがあるかもしれませんので、時には注意が必要です。

トイレのふたは閉める


きっちりした性格の人は、整理整頓や使ったものを元の形に整えておくことに対してこだわりを持っていることが多いです。

そうした性格の人ほど、トイレも使った後はきちんとふたを閉めることが多いです。

例え使用前からトイレのふたが開いていたとしても、自分が使い終わった後には、何となく気分的にふたを閉めて満足することがよくあります。

場所によってはトイレの排水管から虫が侵入してくることもあるため、衛生面でもトイレのふたを閉めておくことは良いことです。

しかし、他人がふたを閉めなかったからといって、いちいちそれで目くじらを立てて怒っている人は、やや注意が必要です。

自分の家であれば、来客に家のルールを守らせるのはおかしなことではありません。

しかし外出先や会社でも同じように神経質になっていると、思わぬところで人間関係のトラブルが起きてしまうかもしれません。

待ち合わせ時間には絶対遅れない

時間に正確な人や、「人を待たせるのは良くない」と相手への気遣いができる人は、待ち合わせをした時には滅多に遅れることはありません。

むしろ待ち合わせよりも早い時間に到着をし、余裕を持って相手を待つという人もいるでしょう。

待ち合わせ時間に遅れないという自分の中のルールを持っている人は、時間にルーズな人とは基本的に相性が悪いです。

時間にルーズな人は、待ち合わせをしても平気で約束の時間に遅れてくることがあるため、時間に正確な人からすればイライラが募って、ストレスが溜まってしまうことも少なくありません。

また、「待ち合わせをしたら時間に遅れないのが普通」という常識も自分の中にはあるため、相手を非常識だと考えて、遅刻の有無から人間関係が崩れてしまうことも少なくはないでしょう。

小物は一つのブランドで統一

ピアスや指輪、時計などの小物類を集める際に、さまざまなブランドで集める人もいれば、一つのブランドで統一して集めようとする人もいます。

一つのブランドで統一することにこだわっている人は、小物だけでなく、基本的に自分の身の回りのものはほとんど同じもので統一しようとします。

靴や服、バッグなども、これと決めたブランドで統一するため、本人としても統一感のあるファッションが保てるのは心地よく感じられるでしょう。

一方で、例え親しい相手からの贈り物であっても、自分が集めているブランド以外のものを贈られると、何となくそれが部屋にあるだけで統一感がなくなってしまったような、落ち着きの無さを感じてしまうことがあります。

そういう人にとっては、人からプレゼントを貰うことが逆にストレスに感じてしまうこともあるかもしれませんね。

お肉は国産

こだわりは人それぞれですが、安全面や信頼性を考えて、お肉を買う際には絶対に国産だとこだわりを持っている人もいます。

国産品と聞くと、それだけで高品質で信頼性があるように感じられますので、国産にこだわる人にとっては、多少値が張っても国外産よりも国産を買おうとするでしょう。

また、お肉の場合には以前に輸入肉で狂牛病問題などもあったため、それらへの不安から、「高くてもいいからお肉は絶対に国産!」とこだわっている人もいるでしょう。

国産品だから絶対に安心、とは言い切れませんが、国産にこだわる人にとっては、国産品を購入することで少なからず安心感を得られているのは確かでしょう。

靴や靴下は必ず右or左から

靴や靴下を履く時に、必ずどちらの足から、と決めている人もいるでしょう。

また、自分で意識していなくても、毎日無意識に決まった足から履くという人はとても多いです。

意識して右または左の足から履くという人の場合、運勢や願掛けなどの理由から、そうしていることも少なくありません。

一方で、無意識にいつも決まった足から履いている人の場合は、それが習慣化されていますので、反対の足から履いた時には何となく違和感や居心地の悪さ、落ち着きの無さなどを感じてしまうことがあるでしょう。

赤信号で車が来ていなくても絶対渡らない

横断歩道が赤信号でも、まったく車の通りがない場合にはついそのまま渡ってしまうことってありますよね。

とくに小さな横断歩道ほど、そうした交通ルールは無視されやすいものですが、真面目な人や正義感の強い人など、物事にきっちりしている性格の人は、例え周りの目が無くても赤信号の時には絶対に横断歩道を渡ろうとはしません。

それはその人自身が、「赤信号では絶対に渡らない」とこだわりを持っていることが多く、そのこだわりの根拠は交通ルールを順守することだったり、自分自身に対する戒めだったりします。

また、赤信号では止まるのが通常の交通ルールですので、それに違反している人を見かけた時には、つい厳しい視線で見てしまうこともあるでしょう。

肉や魚を食べないベジタリアン

菜食主義、いわゆるベジタリアンの人は、肉や魚は食べないという自分の中の決め事を守って生活をしています。

どのような過程でベジタリアンになったのかは人それぞれですが、ベジタリアンだと主張している人の多くは、例え食に困ったとしても、決して肉や魚は口にしようとしません。

極限状態にでもならない限りは、自分が作ったルールはきちんと遵守しようとするでしょう。

人によっては、飢え死にしそうになったとしても、それでも決して肉や魚を食べようとはしないかもしれません。

ベジタリアンであることはその人の自由ですが、菜食主義を主張する余り、それを他人に押し付けようとしてしまうと、新たにトラブルを起こしてしまうこともありますので注意が必要です。

トイレットペーパーはダブルしか使わない

トイレットペーパーを使う時に、ダブルしか使わないというこだわりを持っている人もいます。

とはいっても、公共の場や他人の家ではそんなこだわりは持ち込めないため、外では渋々シングルを使うことになるでしょう。

しかし、その分自分が家で使う際には必ずダブルのトイレットペーパーを使うという人はいます。

ダブル独特の使い心地が好きな人もいれば、ペーパーの厚みに安心感を覚えるという人もいるでしょう。

トイレットペーパーはダブルや高品質のものほど値が張りますが、金額よりもこだわりを取るという人も少なくはないでしょう。

毎日納豆を食べる

健康志向の人は、毎日の食事にも気を遣っていることが多いです。

また、健康志向でなくても、お腹の調子が悪い時などには体を気遣って、ヨーグルトや納豆をよく食べるという人もいるでしょう。

毎日納豆を食べるというこだわりを持っている人は、納豆がどれだけ体にいいのかをよく理解した上で食べていることが多いです。

納豆独特の粘りやにおいに抵抗のある人もいますが、健康志向の強い人ほど、納豆の味や粘りよりも、健康への良い影響を重視して積極的に摂取していることが多いです。

朝食はパン

「朝はパン派」のこだわりがある人は、朝食には必ずパンを食べようとします。

朝食の和洋は育った環境の影響も大きいため、子どもの頃から朝食にパンを食べることが多かった人は、朝食にご飯が出ると、いまいち食欲がわかなかったり、「何だか違う」と精神的な部分で違和感を覚えたりすることがあります。

人によっては、朝食にパンを食べないことで、その日一日調子がイマイチになることもあるでしょう。

自分一人だけならばまだしも、結婚したり同棲したりした際に、相手が朝食はご飯派の場合には、揉めてしまう原因になることもあるでしょう。

商品に貼られているシールはきれいに全部剥がす

買い物をした後で、買った商品に貼られているシールを全部きれいに剥がさないと気が済まない、という性格の人もいます。

シールが貼られていると、メーカーや値段が分かってしまうだけでなく、何となく気持ち的にも格好悪く思えてしまうことがありますよね。

その場合にはシールを剥がしますが、きれいに剥がせないとシールの跡が残ってしまって余計にみっともなくなってしまいます。

そのため、商品に貼られているシールを剥がすことにこだわる人は、剥がし方もきちんときれいに剥がさなければ気が済まないことがよくあります。

洋服を買う時は必ず試着してから

洋服を買う時に、サイズだけを見てパパッと買う人もいますが、慎重な人は必ず一度試着してから購入しようとします。

確かに試着すれば、サイズが自分に合っているのか、また実際に着たイメージも自分に合うかがその場で分かりますので、無駄な買い物をするリスクを減らせます。

ただし、試着してからの買い物にこだわる人の場合、ネット通販のように試着ができない時には買うかどうかをかなり悩んでしまうことになるでしょう。