あなたには、譲れないことやものがありますか?

「これだけは譲れない!」と思うことに対しては、多少自分が不利益を負ったりリスクを犯したりしても、「それでもこだわりを捨てるよりはいい!」と思えるものです。

そんな風に譲れないと思えるものは人それぞれですが、世間一般ではどんな譲れないものがあるのでしょうか?具体的な例をご紹介していきます!

みんなの譲れないこと・もの25選!共感できる?

あなたの周りでも、「絶対にこれは〇〇じゃなきゃ嫌だ!」や、「〇〇じゃないと落ち着かない」といった意見を聞く機会は実に多いでしょう。

世の中には、そんな風に何かしらの譲れないものやこだわりを持って生きている人がとてもたくさんいます。

むしろ、何のこだわりも持たない人の方が珍しいかもしれませんね。

人が気持ちや意志を持っている以上、個々人によって譲れないものやこだわりがあるものです。

そうした他人のこだわりに共感できることもあれば、まったく共感できないこともあるでしょう。

これから挙げていく譲れないことに、あなたはいくつ共感できるでしょうか?

自分より年上or年下じゃないと付き合えない

「俺、自分よりも年下の子じゃないとダメなんだよね。」「付き合うなら絶対年上の男性がいい!」こんな意見はよく耳にしますよね。

ひょっとしたらあなた自身にも、付き合う相手の年齢にこだわりがあるのかもしれません。

どうして年上、もしくは年下じゃないとダメなのか、その理由は人それぞれです。

付き合う相手に年下の可愛さを求める人もいれば、年上の落ち着きを求める人もいるでしょう。

年下、もしくは年上でなければダメなんてことは、本来はないはずですが、こだわりを持つ当人にとっては、年齢が絶対的な基準になっていることもあるようです。

コーヒーはブラック


コーヒーを飲む時に、「絶対にブラックじゃないと嫌!」というこだわりを持つ人も少なくないでしょう。

特にコーヒーを眠気覚ましに飲んでいるような人は、苦みが強いほど頭がスッキリと冴えますので、甘くすることが許せないと考えている人もいるでしょう。

コーヒーの飲み方も人それぞれ自由ですが、こだわりが強い人にとっては、「ブラック以外はコーヒーじゃない!」なんて思えてしまうこともあるようで、そのためコーヒーの飲み方で論争になることも時々はあるかもしれませんね。

また、コーヒーを「大人の飲み物」だと認識している人も、飲み方はブラックでこだわる場合が少なくありません。

人によっては、「元々苦い飲み物なのだから、ブラックで飲むのが普通」だと考えていることもあるでしょう。

ネガティブな言葉は使わない

「人生をポジティブに生きる」と心がけている人は、例えどんなにピンチに陥っても、自らネガティブな言葉を使おうとはしません。

「もうダメだ」と周りが口にする中でも、自分だけは「きっと何とかなるはずだ」「最後まで諦めるな」と自分で自分を鼓舞する発言をするでしょう。

ポジティブな気持ちや発言を大切にするのはとても良いことですが、中にはそれを他人にも強要してしまう人もいます。

また、やたらと前向きな発言を繰り返し過ぎても、時には「空気が読めない」と思われてしまうこともあります。

そうしたトラブルさえなければ、「ネガティブな言葉は使わない」というこだわりはとても素晴らしいものでしょう。

出汁をとる

料理をする際に、「なんでも出汁をとってから」というこだわりを持つ人もいます。

お味噌汁や煮物はもちろん、ちょっとしたインスタントを作る時でも、いちいち出汁をとろうとする人は、出汁をとるのが当たり前になっているため、出汁をとらなければ料理が美味しく感じられなくなっていることもあります。

料理では出汁が決め手になることもあるため、出汁をとること自体は味に深みを出すためにも良いでしょう。

けれども、「絶対に出汁をとらなければダメ」とこだわりが強すぎてしまうと、誰かと一緒に料理をする際や、他人の料理に対してつい口を出してしまい、トラブルになってしまうことがあるかもしれませんので、時には注意が必要です。

トイレのふたは閉める


きっちりした性格の人は、整理整頓や使ったものを元の形に整えておくことに対してこだわりを持っていることが多いです。

そうした性格の人ほど、トイレも使った後はきちんとふたを閉めることが多いです。

例え使用前からトイレのふたが開いていたとしても、自分が使い終わった後には、何となく気分的にふたを閉めて満足することがよくあります。

場所によってはトイレの排水管から虫が侵入してくることもあるため、衛生面でもトイレのふたを閉めておくことは良いことです。

しかし、他人がふたを閉めなかったからといって、いちいちそれで目くじらを立てて怒っている人は、やや注意が必要です。

自分の家であれば、来客に家のルールを守らせるのはおかしなことではありません。

しかし外出先や会社でも同じように神経質になっていると、思わぬところで人間関係のトラブルが起きてしまうかもしれません。

待ち合わせ時間には絶対遅れない

時間に正確な人や、「人を待たせるのは良くない」と相手への気遣いができる人は、待ち合わせをした時には滅多に遅れることはありません。

むしろ待ち合わせよりも早い時間に到着をし、余裕を持って相手を待つという人もいるでしょう。

待ち合わせ時間に遅れないという自分の中のルールを持っている人は、時間にルーズな人とは基本的に相性が悪いです。

時間にルーズな人は、待ち合わせをしても平気で約束の時間に遅れてくることがあるため、時間に正確な人からすればイライラが募って、ストレスが溜まってしまうことも少なくありません。

また、「待ち合わせをしたら時間に遅れないのが普通」という常識も自分の中にはあるため、相手を非常識だと考えて、遅刻の有無から人間関係が崩れてしまうことも少なくはないでしょう。

小物は一つのブランドで統一

ピアスや指輪、時計などの小物類を集める際に、さまざまなブランドで集める人もいれば、一つのブランドで統一して集めようとする人もいます。

一つのブランドで統一することにこだわっている人は、小物だけでなく、基本的に自分の身の回りのものはほとんど同じもので統一しようとします。

靴や服、バッグなども、これと決めたブランドで統一するため、本人としても統一感のあるファッションが保てるのは心地よく感じられるでしょう。

一方で、例え親しい相手からの贈り物であっても、自分が集めているブランド以外のものを贈られると、何となくそれが部屋にあるだけで統一感がなくなってしまったような、落ち着きの無さを感じてしまうことがあります。

そういう人にとっては、人からプレゼントを貰うことが逆にストレスに感じてしまうこともあるかもしれませんね。

お肉は国産

こだわりは人それぞれですが、安全面や信頼性を考えて、お肉を買う際には絶対に国産だとこだわりを持っている人もいます。

国産品と聞くと、それだけで高品質で信頼性があるように感じられますので、国産にこだわる人にとっては、多少値が張っても国外産よりも国産を買おうとするでしょう。

また、お肉の場合には以前に輸入肉で狂牛病問題などもあったため、それらへの不安から、「高くてもいいからお肉は絶対に国産!」とこだわっている人もいるでしょう。

国産品だから絶対に安心、とは言い切れませんが、国産にこだわる人にとっては、国産品を購入することで少なからず安心感を得られているのは確かでしょう。

靴や靴下は必ず右or左から

靴や靴下を履く時に、必ずどちらの足から、と決めている人もいるでしょう。

また、自分で意識していなくても、毎日無意識に決まった足から履くという人はとても多いです。

意識して右または左の足から履くという人の場合、運勢や願掛けなどの理由から、そうしていることも少なくありません。

一方で、無意識にいつも決まった足から履いている人の場合は、それが習慣化されていますので、反対の足から履いた時には何となく違和感や居心地の悪さ、落ち着きの無さなどを感じてしまうことがあるでしょう。

赤信号で車が来ていなくても絶対渡らない

横断歩道が赤信号でも、まったく車の通りがない場合にはついそのまま渡ってしまうことってありますよね。

とくに小さな横断歩道ほど、そうした交通ルールは無視されやすいものですが、真面目な人や正義感の強い人など、物事にきっちりしている性格の人は、例え周りの目が無くても赤信号の時には絶対に横断歩道を渡ろうとはしません。

それはその人自身が、「赤信号では絶対に渡らない」とこだわりを持っていることが多く、そのこだわりの根拠は交通ルールを順守することだったり、自分自身に対する戒めだったりします。

また、赤信号では止まるのが通常の交通ルールですので、それに違反している人を見かけた時には、つい厳しい視線で見てしまうこともあるでしょう。

肉や魚を食べないベジタリアン

菜食主義、いわゆるベジタリアンの人は、肉や魚は食べないという自分の中の決め事を守って生活をしています。

どのような過程でベジタリアンになったのかは人それぞれですが、ベジタリアンだと主張している人の多くは、例え食に困ったとしても、決して肉や魚は口にしようとしません。

極限状態にでもならない限りは、自分が作ったルールはきちんと遵守しようとするでしょう。

人によっては、飢え死にしそうになったとしても、それでも決して肉や魚を食べようとはしないかもしれません。

ベジタリアンであることはその人の自由ですが、菜食主義を主張する余り、それを他人に押し付けようとしてしまうと、新たにトラブルを起こしてしまうこともありますので注意が必要です。

トイレットペーパーはダブルしか使わない

トイレットペーパーを使う時に、ダブルしか使わないというこだわりを持っている人もいます。

とはいっても、公共の場や他人の家ではそんなこだわりは持ち込めないため、外では渋々シングルを使うことになるでしょう。

しかし、その分自分が家で使う際には必ずダブルのトイレットペーパーを使うという人はいます。

ダブル独特の使い心地が好きな人もいれば、ペーパーの厚みに安心感を覚えるという人もいるでしょう。

トイレットペーパーはダブルや高品質のものほど値が張りますが、金額よりもこだわりを取るという人も少なくはないでしょう。

毎日納豆を食べる

健康志向の人は、毎日の食事にも気を遣っていることが多いです。

また、健康志向でなくても、お腹の調子が悪い時などには体を気遣って、ヨーグルトや納豆をよく食べるという人もいるでしょう。

毎日納豆を食べるというこだわりを持っている人は、納豆がどれだけ体にいいのかをよく理解した上で食べていることが多いです。

納豆独特の粘りやにおいに抵抗のある人もいますが、健康志向の強い人ほど、納豆の味や粘りよりも、健康への良い影響を重視して積極的に摂取していることが多いです。

朝食はパン

「朝はパン派」のこだわりがある人は、朝食には必ずパンを食べようとします。

朝食の和洋は育った環境の影響も大きいため、子どもの頃から朝食にパンを食べることが多かった人は、朝食にご飯が出ると、いまいち食欲がわかなかったり、「何だか違う」と精神的な部分で違和感を覚えたりすることがあります。

人によっては、朝食にパンを食べないことで、その日一日調子がイマイチになることもあるでしょう。

自分一人だけならばまだしも、結婚したり同棲したりした際に、相手が朝食はご飯派の場合には、揉めてしまう原因になることもあるでしょう。

商品に貼られているシールはきれいに全部剥がす

買い物をした後で、買った商品に貼られているシールを全部きれいに剥がさないと気が済まない、という性格の人もいます。

シールが貼られていると、メーカーや値段が分かってしまうだけでなく、何となく気持ち的にも格好悪く思えてしまうことがありますよね。

その場合にはシールを剥がしますが、きれいに剥がせないとシールの跡が残ってしまって余計にみっともなくなってしまいます。

そのため、商品に貼られているシールを剥がすことにこだわる人は、剥がし方もきちんときれいに剥がさなければ気が済まないことがよくあります。

洋服を買う時は必ず試着してから

洋服を買う時に、サイズだけを見てパパッと買う人もいますが、慎重な人は必ず一度試着してから購入しようとします。

確かに試着すれば、サイズが自分に合っているのか、また実際に着たイメージも自分に合うかがその場で分かりますので、無駄な買い物をするリスクを減らせます。

ただし、試着してからの買い物にこだわる人の場合、ネット通販のように試着ができない時には買うかどうかをかなり悩んでしまうことになるでしょう。

新しいものをおろす時は大安吉日

縁起やゲン担ぎにこだわる人は、何か新しいことを始める時や、新しいものをおろす時には、大抵大安吉日にこだわります。

結婚式のような祝い事はもちろん、新しい服や靴をおろす時でさえ、大安吉日かどうかを気にしてタイミングを決めることが多いです。

本人が大安吉日に行うことで気持ち良く過ごせるのならそれでもいいですが、もし誰かと一緒に何かをする場合などには、自分だけの都合で日にちを決めることはできないため、縁起にこだわりすぎる余りトラブルが起きてしまう可能性もあります。

白米は食べず玄米を食べる

白米よりも玄米派の人は、外食先や自炊でも玄米で食べようとこだわることがよくあります。

玄米にこだわる理由は、健康やダイエットなど人それぞれですが、かなりこだわる人は、外食先一つ決めるのにも、「玄米の出る店じゃないと嫌だ」とこだわりを発揮します。

そのため、皆でどこかへ食べに行くときには、自己主張が強すぎてトラブルになってしまう可能性もあるでしょう。

健康志向の強い人や、ダイエットに励んでいる人ほどこうした傾向が強いですが、食事に関しては自炊以外では融通を利かせなければならない場面もあるため、頑固にこだわり過ぎるのも時にはトラブルの原因になってしまいかねません。

水道水は飲まず買ったミネラルウォーターを飲む

日本は水道水も飲むことができますが、それでも「水道水は体に悪いから、飲むなら絶対にミネラルウォーターだ」とこだわる人も少なくはありません。

家に浄水器を取り付ける人もいれば、毎回ミネラルウォーターを買い置きする人もいるでしょう。

水道水には、「動物の死骸や体に有害な成分が含まれている」などの噂もありますので、それらを真に受けている人や、ミネラルウォーターに対する健康志向が強い人などは、頑なに水道水は飲まず、お金がかかってもミネラルウォーターを買おうとこだわりを発揮するでしょう。

お寿司屋さんで食べるものの順番を決めている

決まった行動パターンや、ルーティンでなければ気が済まないという性格の人は少なくありません。

毎日自分で決めた行動で過ごすことで精神的な安定を得ている人ほど、イレギュラーな行動をとった時にはストレスを感じることが多いです。

そうした自分でパターン化を決めている人の中には、お寿司屋さんに食べにいった時に、食べるものの順番を決めているという人もいるでしょう。

例えば最初は軽めに玉子を食べて、それからメインのマグロやサーモンを食べ、最後は必ずかんぴょう巻きでしめる、と決めている人の場合、毎回同じ順番で食べようとします。

それが悪いことはありませんが、自分が決めたメニューが切れている場合には、一気に気持ちや食欲が萎えてしまうこともあります。

食後は必ずお茶を飲む

食後は必ずお茶を飲むことにこだわりがある人は、何を食べた時でも最後は必ずお茶でしめようとします。

それがフランス料理やイタリア料理だとしても、食後にはコンビニでお茶を買ったり、家に帰ってからお茶を飲んだりします。

食後にお茶を飲むことが習慣化している人は、食後にお茶を飲まなければ、何となくいつまでも口の中が気持ち悪く感じられることがあります。

実際には何もなくても、気持ち的に不快感を覚えてしまうため、どうしてもお茶を飲みたくなってしまうでしょう。

歯ブラシは1か月で交換する

「歯ブラシは1か月で必ず交換する!」と自分でこだわっている人は、1か月が近づいてくると、段々と歯ブラシの磨き心地が悪くなってきたり、歯を磨いてもスッキリしなくなってきたりすることが多いです。

実際にはまだまだ歯ブラシは使える状態であっても、自分のこだわりのために、どうしても新しいものを交換しなければ気が済まなくなるでしょう。

そして1か月が過ぎてしまうと、もう同じ歯ブラシを使うことに抵抗を覚えてしまうこともあります。

誰に対しても自分から先に挨拶をする

誰に対しても、必ず自分から先に挨拶をすると心がけている人は、学校や会社で前から歩いてくる人に気付いた時には、必ず自分から「おはようございます」「お疲れ様です」と声をかけようとします。

相手と目が合えば、相手が口を開く前にこちらから挨拶をしようとしますし、まだ距離があっても小走りに近づきながらはやり自分から挨拶しようとします。

進んで挨拶ができるのは素晴らしいことですが、あまり「先に挨拶をする」ことにこだわり過ぎてしまうと、相手に先に挨拶された時には、それで「負けた」と感じたり、不要なストレスを感じてしまったりすることもあるでしょう。

毎朝何両目の電車に乗るか決めている

毎朝通勤や通学時に、決まった電車の車両に乗ることってありませんか?無意識にいつも同じ車両に乗る人もいれば、「この場所が降りる時に都合がいいから」と考えて決まった車両に乗っている人もいます。

毎朝電車に乗っていると、気付けばいつも同じ顔触れを見ることがありますが、それはあなた自身も、そして同乗者もいつも同じ車両に乗っているからでしょう。

同じ車両に乗るこだわりを持っている人は案外多いため、「あの人いつも見るなぁ」と思うこともよくあるかもしれませんね。

翌日着る服を用意して寝る

翌日の準備をしてからでないと落ち着いて寝られない、という人もいます。

この手の人は子どもの頃から同じような習慣を持っていることが多いです。

子どもの頃に、翌日の学校の準備をきちんとしてから寝ていた人は、社会人になってからも前日に全ての準備を終わらせようとします。

着替えに関しても同じで、寝る前に枕元に、翌日着る服を用意してから寝ます。

そのため朝は直ぐに着替えられて、朝の時間を無駄にすることもなくさっさと行動できます。

だからこそ、1日でも翌日の準備を怠ってしまうと、翌朝には必要以上に大慌てしてしまうこともよくあります。

あなたにもありませんか?これだけは譲れないこと・もの

誰にでも一つは「これだけは譲れない」と思うものがあります。

あなたにも、心当たりがありませんか?体を洗う時にどの部分から洗うとか、靴はどちらから履くとか、習慣化している癖だとしても、その習慣通りに行動しなければ、何となく気持ちが悪いと感じてしまいますよね。

そして、一つ腑に落ちない行動をとってしまうと、それに引っ張られるようにその後の行動でもトラブルが起こってしまうことがあります。

無意識に自分が「譲れない」と感じていることもあれば、しっかりと自分で自覚しているものもあります。

自覚・無自覚に関係なく、そうした自分にとっての「譲れないもの」というのは、自分自身の人生や生活の中でも少なからず重要になってくるのです。

他人から見れば些細なこと?でもこれだけは譲れない!

他人から見ればほんの些細なことでも、自分にとっては譲れない大事なことってありますよね。

例えばきちっと何でも整理整頓しなければ気が済まない性格の人からすれば、他人が乱雑に机に放り投げた雑誌の存在は、気になってしまって仕方がないでしょう。

それを机の角にピッタリ沿うように置き直しているのを他人が見たら、「何であんなことに手間暇をかけているんだろう?」と理解出来ないかもしれません。

けれど、自分のこだわりってそういうものなんです。

自分が譲れないことでも他人から見ればたいしたことはないですし、反対にあなたが見たらどうでもいいことでも、他人にとっては譲れない場合もあります。

誰にとってどんなことが譲れないことなのかを理解しなければ、お互いの相互理解を深めるのは難しいこともあります。

こだわりはいろいろな事柄を表す

一口に「こだわり」と言っても、その内容は実にさまざまです。

日常生活の中でこだわりが強い人もいれば、ある特定の物事に対してのみ強くこだわる人もいます。

また、物事に対するこだわりは薄くても、人間関係や心理的な部分で絶対に譲れないものを持っている人もいます。

自分のこだわりと他人のこだわりとの違いによって、よく人間関係ではトラブルが起こることもあります。

しかし、「自分に譲れないものがあるように、相手にも譲れないものがあるのだな」と頭で理解して生活している人は、価値観やこだわりの違いで余計なトラブルになることは少ないでしょう。

一方で、自分のこだわりだけを強く主張して、他人のこだわりには理解を示そうとしない人は、他者とトラブルになることも多いです。

人によってどのようなこだわりがあるのかを簡単に挙げていきます。

性格

人が持つさまざまなこだわりを、「そういう性格だ」と一言で表現してしまうことはできます。

しかし、人の性格は決して一面性だけで決めつけることはできません。

表面上は誰に対しても優しい人であっても、家庭では暴力を振るう乱暴な性格をしている人もいます。

また、一見冷たく人を見下すような性格に思える人でも、よく話してみれば単に口下手で人見知りの性格をしているだけだった、ということもあります。

誰がどんな性格をしているのかを決めつけることはできませんが、少なくともその人がハッキリと意志を持って「これにこだわっている」と自己主張するものがあるのなら、それがその人にとってのこだわりなのでしょう。

「弱者には手を差し伸べる」という思いが強い人なら、困っている人がいれば必ず助けようとしますので、周囲からは「優しい人」「困っている人を見過ごせない人」と評価され、それがその人の性格におけるこだわりになるのでしょう。

価値観

こだわりは、人の持つ価値観で表現されることも多いです。

「友達は家族のように大切な存在」という価値観を持っている人は、その価値観に基づいて友達を大切にし、友達が困っていればまるで家族に接するように手を差し伸べようとするでしょう。

一方で、「友達とは自分の経験値を稼ぐための道具に過ぎない」と考えている人は、どれだけたくさん友達を作ったとしても、一人ひとりと深い関係を築こうとはしないでしょう。

価値観は一見目に見えないものですが、人の言動や行動を見ていれば、その人がどんな価値観を持っているのかを推測することはできます。

そして推測した内容が、すなわちその人のこだわりの部分であることも多いのです。

無意識の癖

最初は無意識から始まった行動がいつの間にか自分の癖になり、それが習慣化されてこだわりになることも多いです。

毎朝起きたらまず顔を洗って歯を磨き、それから朝食を摂るという行動をルーティンしている人は、自分では何気なく、意識せずにその行動をとっていることでしょう。

しかし実際にはそのルーティンはその人に習慣化されているため、いつも通りの行動以外の行動を取ろうとはしません。

もし寝坊してしまったら、ろくに歯も磨かず、朝食も摂れないまま家を出ることになりますので、その後の行動もスムーズにいかなかったり、思いもよらないトラブルを起こしてしまったりするリスクが普段以上に高まりやすくなります。

「いつも通り」の行動を、「いつも通り」に取らないだけでも、人は違和感を覚えます。

その違和感を覚えた時点で、もう無意識の癖は自分にとっては立派なこだわりになってしまっていると言えるでしょう。

譲れないこと・ものがあることはいいこと

譲れないことやものがあると、その譲れないことをベースにして毎日の習慣や行動を決定することも多いです。

しかし、あまり自分の譲れないものにこだわり過ぎてしまうと、そのせいでトラブルを引き起こしたり、ストレスを感じてしまったりすることもあります。

そのため、こだわりもほどほどに抑えることが必要ですが、まったく譲れないものがなさすぎるのも、行動に一貫性がなくなってしまいます。

譲れないものやことがある人は、「これだけは」と思うものを心に持っているため、一貫性があり芯が通っていることも多いです。

そう考えれば、譲れないものがないよりは、あった方が自分のためにもなりますので、既に譲れないものがある人は、それを大切に日々の行動を心がけていきましょう。