人生には、惨めに感じてしまうことも多くありますよね。

あなたは、いまなにかに惨めな気持ちを感じているのでしょうか?惨めに感じるポイントや出来事は人それぞれですが、できれば惨めな気持ちを感じずに生きていたいですよね。

この記事では、惨めな気持ちになってしまう原因とその対処方法をご紹介します。

惨めな気持ちになってしまう原因を取り除けば、これからはどんなシーンでも惨めな気持ちにならずに済みます。

ぜひ、この記事を読んであなたの惨めな気持ちを取っ払い、今よりも楽しい人生にしてください。

惨めな気持ちになることは誰にでもある

あなたは、これまでにどのようなことで惨めな思いを感じてきましたか?金銭面や異性関係、仕事に人間関係…などなど人によっていろいろなことがあるでしょう。

あまりにも惨めに感じる機会が多いと「自分だけがこんなにも惨めな気持ちになっているのではないか」なんて気持ちも下がったままになってしまいます。

しかし、惨めな気持ちを感じているのはあなただけではありません。

多くの人が、これまでに一度は惨めな気持ちを感じたことがあるものです。

そこでどのように対処するのか、そしてどのように行動していくのかによって、惨めな気持ちを繰り返すかどうかが決まります。

まずは、「惨めな気持ち」とはどんなものなのかを見ていきましょう。

惨めな気持ちとは?

惨めな気持ちとは、なにかと比べたりして自分のことを情けなく思ったり、不甲斐なく感じる感情をさしています。

例えば、誰かのためにやったことを失敗してしまい非難される結果になったとき、「どうしてもっとできなかったんだ」と自分を責め立て、自分で自分の行動を悔み、そして情けなく思うようなものです。

誰かに言われて感じるというのではなく、自分自身で起こした行動の結果として誰かの行動を比較したり、過去の自分の行動と比較することでそのように感じてしまいます。

これは、誰もが感じる感情であり、あなただけが感じているのではないので安心してくださいね。

自分自身を成長させるためには、そのように悔しく不甲斐ない気持ちが必要不可欠です。

その気持ちをもう二度と感じたくないために、惨めな気持ちが原動力となり、あらゆる物事を達成しやすくなる良い面もあります。

惨めな気持ちになる場面とは?

あなたは、どんなシーンで惨めな気持ちを感じたことがあるでしょうか?ここでは、多くの人たちが惨めな気持ちになったことのあるシーンをご紹介します。

きっとあなたも、過去に感じたことがあるはずです。

あなたが過去に感じた惨めな気持ちを思い出しながら、読み進めてみてくださいね。

お金が無く必要なものが買えない


お金がなくて必要なものが買えないとき、そのような状況になってしまった自分が情けなくなりますよね。

こうなる前にもっと稼ぐこともできたし、節約だってできたのにそれをしてこなかった…そんな過去の自分を悔やんでいるために、惨めな気持ちを感じてしまいます。

スーパーやコンビニに行っても、好きなものをどんどんカゴに入れていく人を見ると「どうしてあの人たちはあんなにも買えるのに自分は買えないんだ」なんて比較してしまうことも…。

食材や衣服など生きていくうえで必要なものが買えなくなるほど切羽詰まったとき、「こんなはずではなかった」と惨めになってしまうんですよね。

仕事で大きな失敗をして落ち込む

惨めな気持ちを感じる人の中には、仕事で大きな失敗をしたことでも感じています。

なぜかというと、そのように失敗してしまった自分がとても情けなく、周りの人たちに迷惑をかけたことでもとても心苦しく感じているからです。

失敗したことに対して落ち込んでいるというよりも「なぜもっとできなかったんだろう」「ほかに手段はなかったのか」と過去の自分に対して責め立てています。

また、このような気持ちと同時に周りからの冷ややかな目線を感じると、余計に惨めな思いを感じやすくなります。

周囲の皆が自分よりも優れている

自分と周りの人を比べてみたとき、自分が劣っているとわかってしまったとき惨めな気持ちになることがあります。

「あの人たちは優れた能力があるのに、どうして私にはないんだろう」と思うのですが、周りの人たちが持っているような才能を見出すことも作り出す自信もありません。

「なんでこんなにダメな人間なんだ」と自分自身を責め立て、そして自分の生きている意味を感じられなくなることも…。

周りの人と比較して自分を鼓舞させるのは良いことですが、比べることで自分が劣っている点に目が行ってしまうとなかなかその惨めさから抜け出せません。

努力することも無駄に感じられてしまうんですよね。

誰も自分の気持ちを理解してくれない

周りの人たちに自分の気持ちを主張し伝えてみてもまったく理解してくれない…。

そのようなときにも、惨めな気持ちを感じやすいです。

なぜなら「話を聞く相手として見られていない」「対等な関係とされていない」と感じてしまうからです。

その感情の中には、「どうせ自分がダメな人間だからだ」とか「才能なんてないからだ」なんて自分のことを卑下してしまう方もいます。

こちらが真剣に話しているのに、相手が上から話をかぶせてくるのも、相手が聞いているふりをしているのも話しているのがバカバカしく感じられますよね。

そんな流れから、さらに惨めに感じやすくなってしまいます。

絶対に成功すると考えていたことが失敗する


必ず成功するように根回しもしっかりしたのに、成功しないこともありますよね。

その場合もまた、失敗にいたってしまった原因は自分にあると思い、自分を責めてしまいがちです。

なかには、失敗してしまったことに多額のお金や時間を費やした方もおり、「これまでの自分の努力は何だったんだろう」と今までの人生すべてを否定することになります。

そこに人生のすべてをかけていたこともあり、その失敗によって素敵な未来なんて思えないことも…。

惨めな気持ちになる3個の原因

この世の中には、惨めな気持ちになりやすい人もいれば、あまり惨めな気持ちを感じないまま生きている人もいます。

その違いはどこにあるのでしょうか?ここでは惨めな気持ちになってしまう原因を3つご紹介していきます。

あなたにもあてはまる項目があるかもしれません。

惨めな気持ちを卒業できるように、まずは惨めな気持ちになってしまう原因を知って、その原因を解消していきましょう。

自分の無力さを痛感するから

多くの人が惨めな気持ちを感じている場面というのは、自分が無力であることを痛感しているからです。

仕事にしろ、金銭面にしろ過去にもっとがんばっておけば、今は苦労することもなかったし、それに惨めな気持ちを感じることもなかったのです。

仕事で失敗をすれば“仕事の能力がない”ことを痛感します。

必要な時に必要なお金がないのは“稼ぐ能力ややりくりする力がない”ことを痛感するようになります。

自分が一番自分自身を信じていたいものですが、あまりにも無力さを痛感するような出来事が増えてしまうと自分を信じられなくなってしまいます。

そのため「何をしてもだめだ」と感じやすくなるんです。

自己肯定力が低い

自分のことを認める力である自己肯定力が低いと、惨めな気持ちを感じやすくなります。

それは自分に自信を持っていないので、何か失敗したり悪いことが起これば「全部自分のせいだ」と過去の自分、そして現在の自分を責めることになるからです。

自己肯定力が低くなってしまう原因はいくつかありますが、成功体験がほかの人よりも著しく少ないことが挙げられます。

何度かでも成功できれば、「自分にもできるじゃないか!」と自分を褒めたたえ、信じられるようになりますが、そもそもそのような努力をあまりしません。

「惨めな気持ちを感じたくない」と言うくせに「何をやっても駄目だから」となにか新しいことを始めるにしても、手抜きしてしまう傾向もあります。

手抜きをすれば、中途半端な結果に終わってしまうものです。

自己肯定力が低いことは、人生においてあらゆる邪魔をすることもあります。

そのため、惨めな気持ちをなくすためには、自己肯定力をあげる必要があります。

孤独を感じるから

周りの人と自分が全く違う…と感じると、人は孤独を感じることがあります。

だからこそ、人間たちはグループを作り、そして群れを成して生きています。

生きるためにはなんらかのポイントで人に関わるものですが、自分と周りの人とが違うとわかると途端に孤独を感じやすくなるんですね。

孤独を感じてしまうと、「仲間がいない」「いつまでも一人でいるしかないのだ」と絶望の世界に追いやられてしまいます。

あなたも、ほかの人とは違う自分の性格や特徴を見つけてしまって、孤独を感じたことがあるのではないでしょうか?

その孤独感が強くなったとき「どうして周りの人と同じようにできないんだろう」「どうしていつもだめだめなんだろう」と思うようになり、惨めさが強くなっていきます。

これは他人と比べてしまうので、止めようがありません。

ネガティブ思考になる癖があるから

ネガティブ思考になりやすい人も惨めな気持ちになりやすい傾向があります。

ネガティブな思考になると、目に映るすべてのことがマイナスに見えてしまうこともあります。

例えば、給料日まで残りわずかしかお金がないと「もう生きていけない」と全否定してしまいます。

そこで節約をするとか、ちょっとしたアルバイトをするなんて考えられないんですね。

特にそのネガティブ思考は自分自身に向き、自分の心を攻撃します。

それによって、過去に楽しめていたことでも楽しめなくなり、ほかの人と比較しては自分の欠点を見出し、落ち込み惨めな気持ちに浸ることになります。

あまりにもネガティブ思考のどん底にいるので、なかなかその世界から抜け出せません。

自分が惨めに感じる時の7個の対処法

あなたは今、惨めな気持ちを感じているのでしょうか?惨めな気持ちを感じているとき、心はもやもやするし、場合によってはやるせない状況にイライラしてしまいますよね。

そのような状態でいつまでもいるのは、あなたの人生においても健康においてもよくありません。

それに惨めな気持ちをなくすことができたら、もっと人生を楽しめるような気がしませんか?

ここでは自分が惨めに感じる時の7個の対処方法をご紹介します!ぜひ、あなたも実践し「惨めに感じてしまう自分を卒業」してみましょう。

自分と他人をすぐ比べない

あなたは、すぐに誰かと自分を比較してしまっていませんか?誰かと比べてどちらが優れているとか、劣っているとか知るのは、モチベーションをあげるためには効果的かもしれません。

相手よりも優れていることが分かれば、自信を持ってあらゆる物事にチャレンジできるし、物おじせずに発言できます。

しかし、反対にどう考えても自分が劣っているとわかってしまったときには、落ち込んでしまうでしょう。

そもそも他人とあなたを比べる必要はありません。

あなたが超えるべきなのは「過去のあなた自身」です。

過去のあなたはどれくらいの功績をあげていましたか?どんな生活をしていましたか?人は、過去の自分を超えられたときとても大きく成長します。

そもそも他人というのは、生きている世界も環境も違うので比べる意味はありません。

人と比べなければ劣等感を感じず惨めにならない

人と比べることが癖になっていると、どうしても誰かと比べてしまいますよね。

「あの子はあんなに素敵なブランドのカバンを持ってるのに私は持ってない」とか「あの人はサクサク仕事をこなしているのに、どうして自分は同じような仕事なのにできないんだろう」なんて、自分を悪く思うことにつながっていませんか?

人と比べなければ、劣等感を感じずに済みます。

それでも比べてしまうのであれば、過去の自分と比べることです。

そうすれば、あなたが今どこに集中して自分自身を改善していかなければいけないのかがすぐにわかります。

過去の自分を越えていきましょう。

自分に自信を持つようにする

自信がない人もまた、劣等感を感じ、さらに惨めな気持ちを感じやすいです。

それは何をしても「自分はだめだ」とか「自分は何もできない無能な人間だ」なんて思い込んでいる傾向があります。

今のあなたは、無力かもしれません。

しかし、それはまだ行動していないだけの話です。

行動し、失敗しても繰り返し立ち上がることによって必ず成功することができます。

そして、自分に自信が持てるようになるんです。

「自信がない」とつぶやく以前にあなたは、何か努力していますか?何かひとつのことを極めていますか?

たとえ成功できなかったとしても、何かを頑張っているという自分がいれば、自分に自信が持てるようになります。

自信はわいてくるのではなく、何かをした結果として起こるものであるということを忘れないでください。

趣味や特技を作って自己肯定力を高める

自信を身につけるためにまずは自己肯定力を高めていきましょう。

そのために趣味や特技など、あなたの好きなことに熱中してみてください。

熱中していると周りの目線など関係なく、どんどん物事をこなせるようになるからです。

そして、気づいた時にはある程度の能力が発達しているので、自己肯定力が育ちます。

また、何も努力していない・何もしていない場合だと「自分にはなにもないんだ」と卑下することになりますが、ひとつでも何かに熱中していると「自分にはコレがあるんだ!」と自分を認められるようになるんです。

過去になにか熱中したことがあった場合、あなたはどんなに苦しい状況になっても今よりも早めに立ち上がることができたのではないでしょうか?それはあなたが自分を育てていたからです。

好きなものに熱中してみましょう!周りの人にそれを邪魔する権利はありません。

見栄を張るのをやめて、自分らしく生きる決心をする

あなたは、周りの人に必要以上に自分を大きく見せようとしていませんか?一度でも見栄を張ってしまうと、その基準に合わせていかなければいけなくなるので、とても苦しい状況が続いてしまいますよね。

見栄を張ってブランドものを身につける、高級コスメを使う、高級外車を乗りまわす…。

誰もが憧れ、そして近づいてくれることでしょう。

しかし、それと同時にあなたの心は「本当の気持ち」がわからなくなってしまいます。

そうすると、「本当の自分はこんなんじゃないのに」と惨めな思いを感じやすくなってしまうんですね。

だからこそ、これを機会に見栄を張るのをやめてみましょう。

そして自分らしく生きる決心をしてください。

自分らしく生きるとは、あなたのありのままの姿で生きていくということです。

飾りもしない姿を見て周りの人たちが幻滅するかもしれない…となかなかやめられないかもしれません。

しかし、そんな作り上げたあなたの姿を好きになった人と仲良くしたいでしょうか?あなたの本当の良さを分かってくれる人とお付き合いした方が、居心地よく過ごせるようになります。

見栄を捨てれば、満たされない感覚は少なくなる

では、どうして人は見栄を張ってしまうのでしょうか。

そんなことしなくても生きている人はいっぱいいますよね。

ずばり、一度でも見栄を張ってしまうと「満たされたい」という感情が強くなってしまうからです。

その満たされたい感情はいつまでも満たされることはありません。

その感情は幻覚に近いものなので、ひとつ満たしてもすぐに別の欲望が出てきます。

それによって成長できることもありますが、その感情によって生きるのがつらくなったり、惨めな気持ちを感じるようになっている場合にはただの見栄だと判断してください。

見栄を捨てることによって、とても身軽になり、本当にやりたいことにためらうことなく着手でき、シンプルな人生が送れるようになります。

すぐ自分を責めない

失敗をしてしまったときなど、あなたはすぐに自分のことを責めていませんか?「もっとこうしたらよかったんだ」「ああすればこんなことにはならなかったのに」などなど、失敗に対して思うことはいろいろとありますよね。

そのように自分を責めることであなた自身の欠点を解消し、成長できるメリットもあります。

しかし、あまりにも度が過ぎて「自分がいけないんだ」と思い込み、悲しい気持ちになってしまうのであれば自分を責めるのをやめましょう。

すぐに自分を責める癖がついていると、どうしても周りの環境を見渡すこともできないため、どんどん自分が悪いと思う負のループに入り込むようになります。

失敗してしまったとき、どうしてそのようなことが起きたのかを主観的だけではなく、主観的な見方もとりいれて分析してみましょう。

自分以外に原因があると考える

失敗したことに関してもちろんあなたが原因となって起きてしまったこともあるでしょう。

しかし、起こってしまった出来事の原因はあなただけではない可能性もあるんです。

毎回とは言わないので、あなた以外にも原因があったと考えるようにしてみてください。

最初のうちはそのように考えるのは慣れないかもしれません。

でも、その考え方を繰り返していくうちに、すべては自分のせいではないと思えるようになり、人生を今よりももっと楽観的に見られるようになるからです。

惨めな気持ちになっている人というのは、自分自身を悪く見るのが癖になってしまっている可能性があります。

その考え方の癖を改善していきましょう。

自分を励ましてくれる存在を持つ

あなたのことを励ましてくれる存在はいますか?身近な存在といえば、信頼できる友達、家族や恋人などがあげられるでしょう。

なかには、応援しているタレントやアイドルなんて方もいます。

そのように自分を励ましてくれるような存在がいると、どんなに困難で苦しい状況に陥ったとしても頑張ることができます。

その人の笑顔や言葉を思い出すと心がぽっとあたたかくなるんですね。

その人の笑顔をまた見たい気持ち、そして過去にあなたに見せてくれた笑顔を思い出すことで「もっと頑張ろう」と自分を奮い立たせることができます。

さきほどもお伝えしましたが、惨めな気持ちになりやすい人というのは、何かを頑張っていない方が多いです。

だからこそ、自分のことを信用できないので惨めな気持ちに陥りやすくなります。

それは、ネガティブな考えも強いからですね。

励ましてくれる存在がいるとそのネガティブ思考も改善できるので、とても重要な存在といえるのです。

何でも話せる親友や家族の存在は大きい

励ましてくれる存在は、できればあなたがなんでも話すことのできる相手がいいでしょう。

なぜならば、何でも話せる相手というのは、心の支えになってくれる可能性がとても高いからなんです。

それに相手に気づかいすることもないので、本当の自分の姿で向き合うことができます。

自分自身に嘘をつく必要もないので、心から安らぎながら話せます。

そのように何でも話せる存在は、いつまでも大切にしていきましょう。

気持ちの切り替えを早くする

惨めな気持ちになりやすい人は、気持ちの切り替えが遅いという特徴もあります。

そのために、いつまでたっても惨めな気持ちを感じ続け、なかなか立ち直ることができません。

惨めな気持ちを感じているところにさらに惨めな気持ちになってしまうと、さらにそのような状況から抜け出すことができません。

だからこそ、今度から惨めな気持ちになってしまった時には、気持ちの切り替えを意識的に早く行ってみましょう。

気持ちの切り替えとは、惨めな気持ちから抜け出し、そうは感じない普通のあなたに戻ることを言います。

はじめのうちは、なかなか惨めな気持ちから抜け出せなかったり、惨めな気持ちを抜け出したいのに抜け出したくない、努力したくないと感じているあまのじゃくな自分の心を感じることがあるかもしれません。

それでも、何度でも惨めな気持ちから抜け出せるように気分転換をはかりましょう。

惨めで落ち込んでも、意識的にすぐ次に進むようにする

生きていれば誰でも惨めな気持ちは感じるものです。

そのような気持ちを感じているのはあなただけではありません。

だからこそ、惨めな気持ちで落ち込むようなことがあっても意識的に次に進むようにしてください。

惨めなだと思う事柄のことを頭の片隅に置いておき、ほかにやらなきゃいけないことややりたいことに着手しましょう。

行動することによって、思考停止していた脳を活動させることもできるからです。

また、意識的に次に進むようにすることによって、「自分はまだまだできる」と自信につながります。

惨めな気持ちになったときは、その気持ちに浸るのではなく、今できることにどんどんチャレンジして行動&脳を活発にしていきましょう。

部屋の中やカバンの中をキレイにする

惨めな気持ちを感じやすい人は、自分の心の整理がついていないことが多いです。

心の整理ができていない人というのは、その心のぐちゃぐちゃさが部屋の状態やカバンの中身に比例するという不思議な現象があります。

あなたが過ごしている部屋やいつも使っているカバンの中はどのような状態になっているでしょうか?もしも汚い状態になってるのであれば、納得いくまでキレイにしてみましょう。

いらないもの、必要なもの…などなどをしっかり物への感情を感じながら分類していきます。

すると、たいていのものが生活や生きていくうえで必要のないものだとわかるでしょう。

それはあなたの考えにも比例しています。

つまり、あなたの心には考えなくてもいいような邪念が多く存在しているってことなんです。

また、部屋の中やかばんの中がキレイになるだけでとても心も清々しくなるものです。

カバンの中であれば、今すぐにでもきれいにすることができるのではありませんか?いらないものを捨てていきましょう。

身の周りが綺麗だとマイナス思考になりにくい

身の周りの状況はその部屋に住んでいる人の心の状態を表すとお伝えしましたね。

それと同様に、部屋をキレイにしておくことでマイナス思考に陥りにくいとも言われています。

ちょっと想像してみましょう。

とても嫌なことが起きた日に家に帰宅したときに、部屋がとてもキレイな状態だと「明日も頑張ろう」とやる気がみなぎってきませんか?

しかし、反対に汚い部屋で家に着いたと同時に掃除から始めなければいけないとなるとやる気もそがれてしまいます。

「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」とやることに追われてしまい、疲れてしまった心を癒すことができません。

それだと、家にいるだけでマイナス思考になってしまいますよね。

人はいつも見ているものに影響されてしまいますから、身の周りを意識的にキレイにしていきましょう!

もしかしたら、掃除するのが苦手な方もいるかもしれません。そんな方はまず「キレイな状態」を一度でも体験してみると、汚い部屋に違和感を感じるようになるのでおすすめです。

まとめ

今回は、惨めな気持ちになってしまう原因とその対処方法についてお伝えしてきました。

いかがでしたか?惨めな気持ちというのは、ネガティブな思考が癖になっているから、そして自分のことを信頼せず自尊心が低くなっていることなどが理由としてあげられました。

それらを少しずつ成功体験を重ねてみたり、頼れる人に頼ることによって惨めな気持ちを感じにくくなるということでした。

いつ沸いてくるかわからない“惨めな気持ち”だからこそ、その感情が起きた時には「よし!対抗してやる!」と気合いを入れてもいいですね。

気持ちの切り替えができるような状態にし、家もキレイにして、脳を活発に働かせていきましょう。

そして何か行動を起こしてみることで、あなたは惨めな気持ちから抜け出すことができます。

惨めな気持ちをいつまでも感じているのは、生きづらいだけです。

それにあなたの本来持っている才能を開花できないリスクまで追うことになります。

あなたの才能を開花し、楽しい人生にするためにもぜひこの記事を参考にして、惨めな気持ちを乗り越えていきましょう。