CoCoSiA(ココシア)

前世の記憶がある人の特徴5選!思い...(続き3)

1. 退行睡眠などを受ける

あなたは退行睡眠という言葉を知っているでしょうか。

退行睡眠とは元々トラウマを持つ人のための治療法です。

前世で起きた出来事が現在の自分にも強く影響しているとして、前世で何がありどのような影響を受けているのかを知る事で今を生きやすくするというものです。

この治療方法を受けることでトラウマの原因を探り、前世での出来事も知ることができますが、注意してほしいのはそれが必ずしも良い過去だけではないという事です。

中には壮絶な過去を経験していたり自分が犯罪を犯しており、その時の苦しみを思い出してしまいかねません。

危険な方法でもあるということを知っておきましょう。

自身の最期を体験する場合も

退行睡眠は、以下の方法で実践することができます。

まずはゆっくり眠れる環境を作り、白い階段を下りるイメージをします。

白い階段をどんどん下に降りていき、奥深い場所まで行った先にドアがあるのでゆっくり開けましょう。

そうするとそこにはあなたが過ごした小学生の頃の風景が広がっています。

あなたが住んでいた場所へ向かい、一緒に遊んでいた友達と遊び、その後は実際に通っていた小学校へ向かいます。

今度は再び時を遡って幼稚園時代を思い浮かべてください。

同じように幼稚園へ通い、幼稚園の時に接してくれていた先生と話し、幼稚園の時に遊んでいた友達や近所の人と会いましょう。

そして更に時空を遡り、今度はあなたが赤ん坊だった頃を思い出します。

同じように赤ん坊の時に感じた風景、部屋、周りにあるものをしっかりと思い出したら、今度はあなたがまだ母親のお腹にいた頃を思い出し、心臓の音やお母さんのお腹の中をしっかりと感じてください。

そして今度はあなたが赤ん坊になる前の事を思い出してみてください。

きっとあなたは天にいるかと思うのでどんどん空へ空へとイメージを広げ、前世の世界へと旅立つイメージを膨らませてください。

そこはどこなのか、あなたは誰なのか、誰と一緒にいるのか、どういう風景なのか、しっかりと思い出すように考えましょう。

これをひたすら繰り返すと、もしかしたら前世での最後の場面を思い出すかもしれません。

時には強いショックを受ける場合もあるので、試す際は十分注意しましょう。

2. 夢から前世を知る

先ほどご紹介した方法を何度も繰り返していくと知らないうちに眠りにつき、そこで見る夢から色々思い出すことがあるかもしれません。

夢から前世を知るというのはなかなか難しいことですが、何度も何度も繰り返す事で感覚が鋭くなり記憶の片鱗を掴むことができる可能性もあります。

夢日記を付ける

実際に夢から前世を感じ取る方法で効率的なのが、見た夢の内容をしっかりと日記などに記しておくことです。

夢の内容については記憶が曖昧になってしまいがちで、しっかりと覚えているものもあれば数分経つと忘れてしまうものもあります。

そのため常に夢日記をつけて見た夢の内容を残していく事で、それが思わぬヒントになるかもしれません。

3. 瞑想を習慣的に行う

前世を思い出す上で効果的なのが瞑想です。

瞑想を繰り返す事で自然と集中力が上がり、しっかりと物事に集中できるようになります。

当然ながら感覚も研ぎ澄まされるようになるため、過去の記憶や前世の記憶を呼び覚ますことができるかもしれません。

最初は集中すること自体が難しいかもしれませんが、継続することで少しずつ記憶を辿れるようになるでしょう。

思い出しやすくなる

瞑想を何度も繰り返すとそれが当たり前になり、短時間で自分自身のスイッチを切り替えることができるようになります。

勉強をするにしても何かの作業をするにしても効果的なので、結果的に自分の能力を上げることができます。

もちろん簡単に身につくものではありませんので、継続的な努力が必要になることは再度覚悟しておきましょう。

4. つい惹かれるものを追求する

人生を生きていると様々な事に出会い、経験しますよね。

物や出来事など人によって何に惹かれるかは異なりますが、どうしようもなく惹かれるものをとことん追求してみることが、前世を知る上で必要かもしれません。

その惹かれるものが前世で深く関わっていたものである可能性も高いからです。

前世で経験していたかも

例えば、あなたが綺麗な髪の毛に関してすごく関心があるとします。

なぜなのか理由は分からないけれど髪の毛が綺麗な人を見ると安心したり、ついつい目で追ってしまうということがあったとすれば、あなたは前世で美容師をしていた可能性が考えられます。

あなたが前世で深く関わっていた物や事象などが、今の現世にも影響し気になってしまうということはよくあること。