人生を生きていると、たくさんの事があったり、様々な経験や体験をしますよね。

そして、たくさんの人との出会いがあります。

そんな中で、出会う人の中で生き急いでいると感じる人に出会った事はありますか?
のんびりしている人もいれば、適度に抜くときは抜き、バランスよく生きている人もいれば、切羽詰まって生き急いでいるように感じる人も中にはいるように感じませんか?
たくさんの人が存在するからこそ、面白いですし、なぜこのようにしているんだろうと考える事もあるかと思います。

今回はそんな生き急いでいる人にスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

是非、自分自身がどういう人間なのか、周りから見てどういう風に映っているのかという事をしっかりと振り返っていただき、是非見て頂ければと思います。

行き急ぐとは

生き急ぐという意味を知らないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

生き急ぐという事の意味合いについてご紹介していきたいと思います。

たくさんの意味がありますが、根本的には同じものにもなりますので、是非ここからご紹介する内容を理解した上で、後述する内容を見て頂ければと思います。

焦っている


生き急ぐという事は、焦っているという事にも捉えられるのではないでしょうか。

名前の通り、生きる事を急いでいるという事の意味になり、限りある命を急いで終えようとしているかのように映ってしまう事もあります。

確かに限りある命ですので、自分の行動などを後悔がないようにしっかりと行うという事は非常に大事な事でもあるかもしれません。

ただ、あまりにも急いでいると、なんでだろう?と周りは思ってしまうかもしれませんね。

そういった周りとの差を生んでしまっていると、なんだか周りには理解されないという事にも繋がってしまうかもしれませんね。

ただ、人生をしっかりと生きるという意味では、エネルギーも必要なので、非常に大切な事でもあるのではないでしょうか。

余裕がない

生き急いでいるという事は余裕がないという事にも繋がるのではないでしょうか。

生き急いでいる人は、時間の大切さをしっかりと理解されている方の方が多いかと思います。

人生は有限であり、時間も非常に大切な物です。

時は金なりという言葉があるように、人間は時間をお金と見立てる事が出来ます。

限りある命だからこそ、しっかりと今を生きる事に全力を捧ぐ事が大事であるという事にも繋がります。

だからこそ、余裕をもって何か行う暇はないという事に繋がっているのではないでしょうか。

周りから見ると常にかつかつしている余裕がない人だという風に感じられるのかもしれませんが、本人はしっかりと今出来る事を脳をフル回転させて行っているという事だといえるのではないでしょうか。

物事に突き進んでいる


物事に突き進んでいるという事も行き急ぐという事の特徴であるといえるでしょう。

生き急ぐという事は、やはり時間を大切に考えているからこそ、今出来る事をしっかりと考えて行動をしているわけです。

だからこそ、遠慮がちに何かを行っていては時間が浪費してしまうので、今出来る事をしっかりと行う事を大事にしています。

なので、物事に対して、時間をかけずに、突き進んでいくという事が多くなるのではないでしょうか。

物事に突き進んでいく行動力も、非常に高い物があるので、結果的に行動出来ない人と比べて、何か成果を上げるという事にもつながるのではないでしょうか。

行き急ぐ人の10個の特徴

ここまでは生き急ぐという事の意味についてご紹介していきました。

それでは、ここからは生き急いでいる人の実際にありえる特徴をいくつかご紹介していきたいと思います。

あなたの周りにいる、生き急いでいる人を思い浮かべて考えてみてください。

恐らく、いくつか合致する点があるかと思いますし、自分自身が当てはまるかどうか確認してみればいかがでしょうか。

もしも自分が生き急いでいるなぁと感じるのであれば、時にはゆっくりする事も大事ですし、今の自分がいるからこそ、上手くいっているのであれば、是非今後も意識して行っていただければと思います。

ただ、中には相手からするとあまり良いとは言えない印象に繋がる項目もあるかもしれませんので、改善出来る点は改善するなど、なにかしらの意識付けを行ってみてはいかがでしょうか。

1.話す時に早口になっている

あなたは普段人と話す時にはどうなっていますか?
自分自身をあまり意識した事はおそらくあまりないかと思います。

だからこそ、客観的な立場で自分自身を見る事は大事だと思います。

例えば、生き急いでいる人の特徴として、話す時に異常に早口になってしまうという事が挙げられます。

早口で話している人ってけっこう多くいらっしゃいませんか?
早口でしゃべってしまう人は頭の回転が速い人が多く、自分自身の頭の中でしっかりと何かを考えてしゃべっているつもりかもしれませんが、回転が速すぎるので、自分自身の口が脳についていってしまっていない状態になっている事が挙げられます。

だからこそ、脳の中では喋りたい内容が次々に出てきているのに、それに追いつこうとする口の動きが遅いでの、起こってしまっている現象になるかと思います。

早口すぎるとコミュニケーションは上手くとれない

早口すぎると、あなたは相手に対してどのような印象を持ちますか?
もちろん、理解力がある人は相手の頭の回転が速いんだろうなと思って処理をすればいい話ではあります。

ただ、あまり仲良くもない人で、早口でしゃべられてしまったら、大部分の人がこの人なんだか苦手だなぁと感じてしまうのではないでしょうか。

あまりにも早口だと、自分のスピードと相手のスピードがうまく合わないので、自然とコミュニケーションがとりづらい状況になるかと思います。

相手とスピードを合わせてコミュニケーションを取る事は大事であり、しっかりと相手の目線に立って話も行うべきだといえます。

なので、早口すぎると、あまりコミュニケーションを取る上では適切ではないので、相手と仲良くなりたい時には、早口の自分を意識して、適切なスピードで話すという事を覚えておきましょう。

2.周りが見えていない

生き急いでいる人の次の特徴として、周りが見えていないという事が挙げられます。

生き急いでいる人は、やはり時間を意識している人が多く、しっかりと今出来る事などを全力で行おうとしている事が多いです。

だからこそ、周りにかまっている余裕がなくなっている人は多いかと思います。

もちろん、個人だけで行う仕事であれば問題はないかもしれません。

ただ、今の時代はみんなで何かを行ったり、協力して連携して仕事をする事が断然多いです。

完全なる個人プレイの仕事ってあまりないようにも感じませんか?
どこかの部分で、人とつながっているという事がありますし、他人とのつながりって非常に大事であり、必要なスキルでもあります。

だからこそ、周りが見えていないという事はあまり良い事ではないといえるのではないでしょうか。

視野が狭くなっている

自分自身の視野が狭くなっているという事に気づく事は大事な事なのではないでしょうか。

先ほどもお伝えした通り、どうしても生き急いでいる人は個人プレイに走ってしまいがちになります。

人に何かを言うよりも自分が何かをした方が早いと感じている人も中にはいるでしょうし、あまり人とのコミュニケーションがうまく取れないという人はあまり人との接触を避けて、行動する傾向もあるかもしれません。

なので、自然と自分だけの事を見て、感じてしまい、視野が狭くなっている傾向があります。

視野が狭くなっていると、どうしてもほかの事まで意識をめぐらす余裕もなくなってしまいますし、そこからミスなどが生まれる可能性もあります。

だからこそ、しっかりと周りを広く見渡せる力を持つという事が大事なのではないでしょうか。

是非自分自身が視野が狭くなっていると感じているのであれば、しっかりと視野を広げられるように努力してみてはいかがでしょうか?

周りの意見が耳に入らない

生き急いでいる人ほど、あまり自分以外の人の事を意識している事は少ないように感じます。

だからこそ、周りからこうしたほうがいいよとか、アドバイスを受けたとしてもなかなか自分の中に入り込めないようになっています。

周りの意見って非常に大事な事であり、客観的に見る事でしか気づけない事ってけっこう多くありますよね。

周りからのアドバイスをしっかりと聞く事で、しっかりと改善も出来ますし、改善しようとするその人間性の部分もしっかりと周りは評価してくれます。

人間なので、自分が行った事をしっかりと実行したり、改善しようとしている姿勢を見ると、自然と好感は上がりますよね。

逆に、自分が言った事を無視して、何も改善してくれないような人ってあまり関わりたいと思えないですよね。

だからこそ、しっかりとコミュニケーションにも繋がってくる事になるので、まずは周りの意見も大事にするという事を実践してみてはいかがでしょうか。

3.今の状態に満足していない

生き急いでいる人の次の特徴として、今の状態に満足していないという事が挙げられます。

確かに冷静に考えて、今の状況に満足してるかと聞かれると満足していない人の方が割合としては多いのではないでしょうか。

満足してしまう事が必ずしも良い事かと聞かれるとわからないかもしれません。

満足している人は、確かに幸せを感じているのかもしれませんが、満足していない人と比べて、欲求が少なくなっている気もします。

例えば、成功したいという気持ちだったり野心の部分で満足していない人には勝てないかと思いますし、満足していないからこそ、原動力に繋がり、行動力に繋がる事になるのではないでしょうか。

なので、行動力や野心という意味合いに関しては、成功していないと感じている方が良い部分にも繋がる可能性もあります。

自己承認欲求が強い

今の状況に満足していない人ほど、承認欲求が強い人である可能性があります。

自己承認欲求という言葉の意味ですが、その名前の通り他人から認められたいという願望になります。

例えば、最近ではSNSなどでいわゆるリア充ですよ~というアピールの写真をアップする人ってけっこういませんか?
SNSなどで自分を発信できるようになってからは、この人は充実している人なんだなと周りに思われたい一心で、アピールするために着飾ったり、わざとそのような雰囲気の写真を上げたりする人も多いでしょう。

これは自己承認欲求が強い証であり、周りに認められたいという思いが強い人です。

こういう人ほど、あまり今の自分に対して満足していない、という人が多く、結果的にこのような行動をする事で、少しでも満足できる自分に近づきたいという願望が表れているのではないでしょうか。

あまりにも過度なアピールは周りから見てもあまり良い印象は受けないので、ある程度くらいの範囲内で行う事をお勧め致します。

4.野心が強い

生き急いでいる人の次の特徴として、野心が強いという事も挙げられます。

なぜ野心が強い人が生き急いでいるかといいますと、基本的に野心が強い人は出世意欲が強いという事が挙げられます。

将来こうなりたい、いつまでにこういう事が出来るようになっておきたいなど、様々な事を考えて行動している事が多いように感じます。

なので、野心が強いほど、仕事に関しても成果をあげないといけない、契約をとらないと いけないなど、現状よりも高い位置に到達したいという気持ちが強くなり、焦って締まっている事が挙げられます。

なので、自然と何かを行動するときにも、急いでいる事が多く、それが結果的に生き急いでいるという事にもつながるのではないでしょうか。

野心が強いという事は、仕事においても高い意識を持っているという事に持つ繋がるので、これ自体は悪い事ではなく、むしろ良い方向に進んでいるのではないでしょうか。

社会全般で認められたい

野心が強い人ほど、先ほどお伝えした承認欲求にも関連しているといえるでしょう。

社会的に認められたい、社会的に偉い立場になる事で、周りから認めてもらえるという事に関連付けて意識している事が多いように感じます。

認められたいという気持ちが裏側にあり、表面では出世したい、えらくなりたいという事に結び付いているのではないでしょうか。

なので、野心が強い事自体は悪い事ではないという事がいえますが、それが原因で周りとのコミュニケーションがうまく取れなかったり、周りの人に対して良くない行動だったり、態度を取ってしまうという事がもし行われているのであれば、それはそれで考え物になってしまいます。

立場があれば、自然と認めてもらえるという考え方はまだまだ甘いという事にも繋がりますし、立場がなくても周りに認めてもらっている人も中にはいます。

なので、その点は意識を変える必要があるという事は理解しておくべき事になるのではないでしょうか。

5.仕事が好きである

生き急いでいる人の次の特徴として、仕事が好きであるという特徴も持っています。

これはなぜかといいますと、仕事が好きであるからこそ、熱中できるという事になります。

あなたも、仕事以外でも当てはまるかもしれませんが、好きでもない事に熱中する事ってないですよね?
人間は自然と好きな事には熱中出来ますし、時間を忘れてまでその事を行いたい、寝る間も惜しんでその事をしたいと考えたりするものです。

なので、仕事が好きだという事は、その事に熱中出来ますし、結果として早く結果を出したい、続きが気になるという事で、そればかりを行ってしまうという事にも繋がります。

それが結果的に周りから見ると、生き急いでいる、焦っているという風な印象をもたれがちになるのかもしれません。

悪い事ではなく、熱中できる仕事をするほうが、熱中出来ない仕事をするよりも結果を出しやすいですし、努力を行いやすいですよね。

目標を定めたらまい進する

目標を決めたら、それに向かってまい進していくという事も仕事が好きだからこそ出来る事になるのではないでしょうか。

好きでもない仕事だと、なかなかそれが辛い部分になって、面倒に感じてしまいがちかもしれませんが、好きな仕事であればそれが苦にならずに行えるかと思います。

結果的に、良い結果を出せる事にも繋がりますし、好きな事を仕事にする事はじぶんにとっても会社にとっても非常に良い事です。

目標に向かって突っ走っていく事は大事な事ですので、そんな自分が一面を持っているのであれば、是非大切にしておきましょう。

ただ、目標ばかりを見てしまい、周りを見れなくなってしまうのは良くない事なので、目標もしっかりと見据えながら、それでいて周りにも気遣いができるような人間になれれば最強なのではないでしょうか。

6.人に頼ることが苦手である

生き急いでいる人の次の特徴として、次に人に頼ることが苦手という事が挙げられます。

あなたも人生の中で、人に頼む事が苦手であるという人を見た事がありませんか?
仕事はよっぽどの事がない限り、人と人の関わりが大事になりますし、連携も必要になります。

なので、人間関係が大事であり、コミュニケーションを取るという事は非常に大事な事になります。

なので、自分一人だけで仕事をしているという気持ちは捨てる事が大事であるという事を覚えておきましょう。

そして、人に頼る事の大事さをしっかりと理解する事が大事です。

今まで自分が行ってきた仕事で、完全に自分一人だけで行ってきた仕事ってなかなかないですよね。

誰でも周りの人とかかわりあいながら、助け合いながら行ってきたかと思います。

なので、人に頼る事が苦手という方は改善すべき要素にもなりますので、気を付けておきましょう。

他人とのコミュニケーション不足で、人を信じることができない

コミュニケーションがとるのは下手な人ってけっこう存在しているように感じます。

ただ、冷静に考え見て、ある程度仕事が出来る人はコミュニケーション能力をしっかりと持っている人が多いです。

自然と必要なスキルになりますし、逆にコミュニケーション能力が非常に高いだけでそれなりの地位を確立している人も中にはいます。

コミュニケーション能力はそれだけ大事な事ですし、それがすべてだという仕事も中には存在するほどです。

また、管理職になったり、社長になったりすると、雇っている人間、そして部下に対してしっかりとコミュニケーションを行う必要があります。

下がいないと、上も存在しないからです。

なので、コミュニケーション能力は早い段階で学んでおく必要がありますので、しっかりと自分が出来ていないと感じるのであれば、改善できるように努力をしておきましょう。

7.周囲の評価を気にする

生き急いでいる人の次の特徴として、周囲の評価を気にしすぎている事が挙げられます。

周囲の評価がもちろんまったく気にならないという人はあまりいないでしょう。

誰だって嫌われたくないですし、嫌われたらこっちだって嫌な気持ちになりますよね。

しかし、誰かの評価をいちいち気にして自分自身の行動を制限してしまうのは良くない事ですし、いけない事です。

例えば、何かを変えたいのであれば、行動をしなければ何も変わりません。

それが、周りからの目が怖いから行動するのはやめようという考え方をしてしまっては、いつまでたっても現状は変わりません。

行動する事で初めて相手に認識してもらったり、目にとめてもらったりすることが出来ます。

失敗を考えて行動をする事をためらってしまっていては、手遅れになる事もあります。

なので、行動する事が大事であるという事と、周囲の評価を気にしすぎてしまうという事は絶対にいけない事だと認識しておいてくださいね。

他人に評価してもらうために物事にまい進している

他人に評価されるために、物事にまい進してしまっているという人も生き急いでいるように感じられてしまうかもしれません。

ただ、他人に評価される事は大事ですがそれだけを考えてしまっていてはダメです。

それが原因で、良い結果を出せないという事に繋がれば、さらにいけない習慣です。

人生を生きていると、たくさんの人が存在します。

全員に好かれようと考えてしまっていては、良い結果は出せません。

時には、自分の意見をしっかりと貫いたり、他人の評価を恐れずに自分から発信する事が大事であるという事を覚えておきましょう。

8.人生は短いと思っている

生き急いでいる人の次の特徴として、人生が短いと思っている人が多いという事です。

人生が長いと思うか、短いと思うかは人によって様々です。

やっぱり、人生が大変だと感じている人は、まだまだこんなに人生を歩んでいかないといけないと考えている方は多いかと思います。

反対にやりたい事がたくさんあったり、実現したい事がたくさんありすぎる人は人生が短いから、早くこれを実現しておかないとと思ってしまい、人生を生き急いでいる人が結果的に多くなっているかと思います。

これが大きな違いになるのではないでしょうか。

人生の中でやっておきたいことがたくさんある

人生の中で、色々やっておきたい事がたくさんある場合、いつまでにこれを実現して、次のステップにいきたいと考えている人は多いかと思います。

そういう事がある場合、人生を逆算したり、これがどれくらい時間がかかり、資金がかかるからいつまでにこういう事をできるようにして、どれくらい貯金をためておこうといった、細かい所まで考えてしまっている人も中に入るでしょう。

やりたい事がこのように、たくさんある場合、なおかつ細かい部分まで決めてしまっている
人は当然ながら、実現をするために無駄な時間を省き、人生が短いからこそ早めに行動しようと考えている人が多いように感じます。

これが結果として周りから見れば生き急いでいるように見えるのかもしれませんね。

9.やる気や情熱に満ち溢れている

生き急いでいる人の次の特徴として、やる気、そして情熱に満ち溢れている人も含まれるでしょう。

なぜかといいますと、仕事の意識が高い人ほど行動が早いという事にも直結しているかと思います。

仕事に対してしっかりと向き合い、質を上げようと考えている人ほど行動は早いですし、切羽詰まって行動をしています。

少しでも余った時間があれば、作業を減らす、効率を上げるために努力を行うという人が多いからだといえます。

こういった人は常に全力で仕事をしているので、周りから見ると生き急医でいるように見えますが、仕事に対して情熱を持っている例が多いでしょう。

目標に向かってひたむきに努力する

目標を持っている人と持っていない人はまったく行動なども違ってきます。

しっかりと明確な目標を持っている場合、その目標に向かって計算したり、何が大事なのかという事を考えながら行動しています。

逆に、何の目標も持っていない場合、なぁなぁになっている場合が多いので、目標を実現も出来ず、質に関しても何も考えていない事も多いので、目標をしっかりと持っているという事が非常に大事であるという事を覚えておきましょう。

10.予定が詰まっている

生き急いでいる人の次の特徴として、予定が詰まっている事も特徴としてあげられるのではないでしょうか。

生き急いでいる人は生産性のない時間をあまり持たないようにしているといえるのですが、生き急いでいるからこそ、人生において無駄な時間をあまり持たないようにしています。

なので、無駄な時間は一番排除すべきであると考えており、無駄な時間を減らし、何かしらの予定を入れたり、何かを行う時間を確保している事が多いようにも感じます。

何かをしていないと落ち着かない

常に何かをしていないと落ち着かないという事も理由の一つになるのかもしれません。

たまにはぼ~っとする時間も人間には必要かもしれませんが、生き急いでいる人にとってはそんな時間は苦痛になってしまうのかもしれません。

それよりも、何かをしている方が気もまぎれますし、無駄な時間にもなりませんので、しっかりと大事に時間を使っているという事に繋がるのかもしれないですね。

行き急いでいる人が成功する理由

生き急いでいる人の特徴について様々ご紹介していきましたが、生き急いでいる人は成功している事が多いようにも感じます。

これがなぜなのかという事ですが、ここからしっかりとご紹介していきたいと思います。

もちろん、生き急いでいる事は良い事でもあり、時には悪い事に繋がる可能性もあります。

しっかりと学ぶべき点は学ぶ、学んではいけない事は学ばないようにして、良い部分だけを取り入れれば、非常に良い考え方、行動の仕方が出来るようになるのではないでしょうか。

それでは見ていきましょう。

人生設計をするより先に突き進むから

人生設計をしっかりと行う人もいれば、目的や目標をある程度持ったらすぐに実行する人にわかれるのではないでしょうか。

大部分は人生設計をしっかりと行ってから、何をすればいいのか、具体的に掘り下げていくこと事がおおいかと思いますが、それも大事ですが一番大事なのは行動する事です。

行動して初めて結果が出てくるので、行動を何よりも早く行う必要があります。

その点に関していえば、生き急いでいる人はまさに行動するのが早いので、学ぶべき点になるのではないでしょうか。

考える前に行動する

考えるよりも前に行動する、考え方であればせっかちな人になるのでしょうか。

ただ、行動する事の大事さは何度もお伝えしてきました。

どれだけ成功に限りなく近いイメージを持っていたとしても、行動しないと何もなりません。

それよりも、行動して失敗しながらも、継続して何度でも行動出来る人の方が結果だけでみればそれ以上の価値を得ている事がわかります。

なので、まずは行動する姿勢を大事にしておきましょう。

やりたいことを今実行するから

やりたいと思った事をすぐに実行できる事は非常に大事な事です。

そして、非常に高い行動力をもっていなければできない事です。

行動する事で、結果を得られるので、まずは行動して、それから考えれば間に合うこともあります。

もちろん、絶対に失敗できない事も世の中にはあるので、考える時間も必要な場合もあります。

ただ、世の中には大部分は失敗してもあとから何とかなる事も多いので、そういった意味ではやはり行動する事が大事になります。

物事を後回しにしない

中には後回しにしてしまう面倒くさがりな人もいるでしょう。

ただ、後回しにしてもいずれツケが回ってきてしまいます。

どうせ行動しなければいけないのであれば、最初から行動する事が大事ですし、それが一番解決に近い方法になるのではないでしょうか。

後回しにする癖がある人は改善できるように、まずは行動する事、そして面倒な事ほどすぐに実行する癖を身につけましょう。

とりあえずやってみるから

まずはやってみるという性格の人がいますが、これが成功するにあたって一番大事な事です。

初めてする事って最初は失敗も怖いですし、慎重になりがちですよね。

ただ、それでもいつかするのであれば遅かれ早かれすぐにした方が結果も出せますし、結果から学ぶ事も出来ます。

なので、すぐに実行できる癖を身につけましょう。

行動する事を何度も繰り返すうちに自然とその行動力が身に付き、行動力の高い人間になる事が出来ます。

普段からチャレンジしていると、チャンスが回ってきた時にチャンスを得られる事にも繋がります。

チャンスを逃さない為にも、普段から行動力をあげていきましょう。

つまらない成功より楽しい失敗をする

つまらない成功よりも楽しい失敗をするという言葉がありますが、これはまさに人生においてもそうかもしれません。

楽しい人生を歩みたいのであれば、失敗はつきものです。

失敗があるからこそ、成功した時に楽しい、嬉しいという気持ちを得る事が出来ます。

なので、内容の濃い経験や人生を送りたいのであれば、ひたすら挑戦し続けることが大事になるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は生き急ぐというキーワードをテーマにご紹介していきました。

生き急ぐという言葉はあまり良い言葉のように思われなかったかもしれませんが、息そいでいる人は優秀な人も多いです。

様々な事を日々考え、目標を持っているからこそそのように行動できているのです。

一番ダメなのは、何も考えずに行動できず、周りの事も見えていない人は一番ダメなので、まずは良い部分をしっかりと吸収して、自分の能力を高める、行動力やスキルを身に着ける事が大事なのではないでしょうか。

是非今の自分に足りないものを吸収してみてくださいね。