普段私たちは日常生活の中で様々な言葉を使って相手と会話をしていますよね。

昔から使用されているたくさんの言葉が存在する中で、最近生まれた新しい言葉が存在するのもまた事実です。

最近生まれた新しい言葉が何かの略称であったり、新しく作られた造語である場合も非常に多いかと思います。

新しく作られたものの中には非常に便利な言葉がたくさんあり、中には一回聞いただけではよく意味が理解できないものも存在する場合もあるかと思います。

今回はそんな中で最近使われだしているフルボッコという意味について詳しくご紹介していきたいと思います。

最近の新しい言葉についてついていけないという方にこそ知って頂きたい内容となりますので、この機会に理解してみてはいかがでしょうか。

最近よく聞くフルボッコとは?

最近よく聞く言葉でフルボッコという言葉が使われるようになっているかと思います。

フルボッコと聞いてどういう意味を持っているのか、あなたは分かりますか?

若い方であればある程度察しはつくかもしれませんが、ある程度の年齢になってる方がそれを聞いてあまり意味がよく理解できないという方もいるかもしれませんね。

無理に理解する必要はないかもしれませんが、ある程度の意味くらい走っておいても損はないかと思います。

特に若い人と交流する時に話についていけなくなったりする場合などもあるかもしれませんので、この機会に理解して、せめて話す意味についてぐらいは分かるようにしておいても良いかと思いますので、この機会に勉強してみてはいかがですか。

1. フルボッコの意味

まずはフルボッコの意味について詳しくご紹介をしていきたいと思います。

フルボッコという意味は、一方的な展開で相手を打ちのめすということを表現する場合によく使われる場合があるかと思います。

様々な場面で使うことができるかと思いますが、多いのは相手と争っている時に使ったり相手と勝負をしたりするときによく使われる言葉になるのではないでしょうか。

逆にそれ以外の意味ではあまり使われることは基本的にはありませんので、フルボッコと聞いたら相手を一方的な展開で打ちのめしてやるという意味合いを想像されると間違いはないかと思います。

よくよく考えてみると略称の意味を理解できるかもしれませんね。

2. 何の略?

フルボッコということが何の略になるのかということですが、これはフルパワーでボッコボコの略称になります。

だからこそ意味合いとしては一方的な展開で相手を打ちのめすということになります。

もしくは、自分自身が相手にフルボッコにされた場合に一方的な展開で打ちのめされてしまった、ということを説明する際に使用されることになるかと思います。

略称の意味を聞くと、なるほどね!となりますよね。

3. 意味合いを整理すると

フルボッコという言葉が使われる状況などを想定してみるとある程度の状況が判明してくるかと思います。

意味合いを整理した時に実際に使用される場面について想像してみてください。

基本的には先ほど伝えた通り、相手と勝負をしたり何か争ったりするときに使われる言葉になるかと思いますが、具体的にどういう状況で使われるのかと言うことをシーン別にご紹介をしていきたいと思います。

フルボッコという言葉についてそこまで詳しくない方については、これからご説明する状況を踏まえた上で使用される場面を想像してみてください。

ある程度言葉の意味と使用状況が一致できるようになるかと思いますよ。

肉体的に力で痛めつけられる

フルボッコという言葉が使われる場合は肉体的に力で痛めつける場合によく使用されることが多いといるでしょう。

例えば相手と喧嘩をした時に相手がかなり強かったり、もしくはこちらが一方的に相手を力で痛めつけてやった場合については、相手にフルボッコにされた若しくはこちらがフルボッコにしてやったっという風に表現することが出来るになります。

こうしたように喧嘩などで相手を痛めつける際に使用される言葉になることもあります。

主にこの時使用されるのは暴力的なイメージで使用される場合がかなり多いかと思います。

精神的に完全に打ちのめされる

先ほどは肉体的な例でフルボッコという言葉を使用される状況をご説明致しましたが、次にご紹介するのは精神的に相手に打ちのめされることを表現します。

フルパワーでボコボコという意味を考えるとどうしても暴力的なことであったり肉体的な痛みを伴うことを想像されるかもしれませんが、目に見えない精神的なものについても表現することができます。

例えば圧倒的な力の差を前にして精神的にフルボッコにされたという風の表現方法ができるかと思います。

こうして表現することによって肉体的な痛みは伴わなくても、精神的なショックが非常に強く友達でしまったと言うことを表すことができるのではないでしょうか。

こう考えると非常に様々な場面で使うことができる便利な言葉ですね。

スポーツで完敗する

フルボッコという言葉は何も喧嘩などで使用される専用の言葉ではありません。

例えばスポーツなどの試合に関しても表現することができます。

野球やサッカーなどでも時々大きな得点差がついてしまい、一方的に責められてしまう試合が存在するかと思います。

そういったときによく表現されるのが一方的に責められてしまったという状況をフルボッコという風に説明することができるようになります。

現実的に自分自身が部活が趣味などで何かスポーツを行っている場合に試合に出たとして、一方的に破れてしまった場合にフルボッコにされたという風に表現することができるかと思います。

主に試合などの面で使用されることが多い言葉になるかと思います。

オンラインゲームなどで完敗する

試合というところを踏まえて考えると、ゲームに関しても同様に表現することができるといえそうです最近はスマートフォンの発達により、気軽にスマートフォンので通信対戦ができるようになりました。

目に見えない離れたユーザーと試合をすることができるのですが、その時に大きな力を持った相手に一方的に叩きのめされてしまった場合は、オンラインゲームなどで完敗してしまった時にフルボッコにされたという風に表現することができると言えるでしょう。

最近はゲームアプリなどが非常に流行っているので、インターネット上で対戦をすることがかなり多いと思います。

なので使用される機会も比例して多くなっているのではないでしょうか?

古くてボロボロという意味の場合もある

先ほどからご説明した内容を踏まえるとフルボッコという言葉はフルパワーでボコボコにするされるという意味になるので、それ以外の意味合いとして使う場合は基本的にはありませんが、中には少し違った意味を用いる場合をあるかもしれません。

例えばフルボッコという言葉を使った時に、古くてボロボロという意味の場合もあったりします。

例えばフルボッコの雑巾という風に表現をすると、古くてボロボロになった雑巾という風に意味として捉えることができるようになります。

このように様々な場面で使ったりすることができる非常に便利な言葉であると言えるのではないでしょうか。

意味を理解できる相手に対してはどんどん使ってみてはいかがでしょうか。

4. 自分自身をコミカルに卑下する時に使うことが多い

フルボッコという言葉を使う場合に自分自身を卑下するときに使う事が多かったりもします。

卑下すると言っても一般的な暗いイメージで使われるということではなく、コミカルに自分自身を卑下することで笑いを取ったりするときに使用される場合も多々あります。

このように上手にフルボッコという言葉を使うことによって、相手とのコミュニケーションを上手にとったりすることも可能になったりします。

そう考えると非常に便利な言葉になるのではないでしょうか。

最近はインターネットから発達して生まれた言葉などもたくさん存在しており、こういった言葉は上手に扱うことによって、相手との共通の意識を測るなどの重要なコミュニケーション手段となることが多いといえます。

他の人のことを言う時は愛着を込めている場合が多い

フルボッコという言葉を使う時に非常に大事にして頂きたい点があります。

ポイントとしては、他の人の事を言う時に関しては愛着を込めている場合が多く存在しているということになります。

例えばフルボッコという意味は完膚なきまでに、相手に叩きのめされると言う意味合いにもなりますので、相手に使う場合に関しては上手に使ってあげないと相手を中傷するような意味合いになってしまいます。

なので、人によっては腹立たしい意味合いになったり、怒られることもあるかもしれません。

なので、相手に対してコミカルに表現したり、表現するときに使ったり、もしくは自分自身を卑下するときに、コミカルに表現することで使われる場合も多く存在します。

使うポイントを間違えないように上手に使うことによって、相手を傷つけずに現状を話すこともできるようになるかと思いますので注意して使うようにしましょう。

5. あまりシリアスな負けではない

フルボッコという言葉を使う時には先ほどからお伝えしている通り、コミカルに表現することができるのでシリアスな負ける場面で使われることはあまりないかと思います。

本当の意味で負けて悔しい時にはおそらくこのフルボッコという言葉自体は使わないかと思います。

負けても特に悔しくない、もしくはそこまで重要でない試合の時などの場面などで使われることが多いかと思いますので、フルボッコという言葉を使っている以上はそこまで相手も気にしてはいないと言うことを理解しておくと、細かい心理描写なども理解することができることにつながるのではないでしょうか。

ちょっとお笑いの要素を含んだ言葉の使い方であると言うことを理解しておけば、よりフルボッコという言葉を理解することにもつながりますし、使える場面を想定することもできることに繋がると思いますよ。

6. 「ハートフルボッコ」という言葉もある

ハートフルボッコという言葉を使われる場合も存在するようです。

ハートフルボッコという言葉になるとちょっと違った意味で捉えることができるようにもなりますよね?