普段私たちは日常生活の中で様々な言葉を使って相手と会話をしていますよね。

昔から使用されているたくさんの言葉が存在する中で、最近生まれた新しい言葉が存在するのもまた事実です。

最近生まれた新しい言葉が何かの略称であったり、新しく作られた造語である場合も非常に多いかと思います。

新しく作られたものの中には非常に便利な言葉がたくさんあり、中には一回聞いただけではよく意味が理解できないものも存在する場合もあるかと思います。

今回はそんな中で最近使われだしているフルボッコという意味について詳しくご紹介していきたいと思います。

最近の新しい言葉についてついていけないという方にこそ知って頂きたい内容となりますので、この機会に理解してみてはいかがでしょうか。

最近よく聞くフルボッコとは?

最近よく聞く言葉でフルボッコという言葉が使われるようになっているかと思います。

フルボッコと聞いてどういう意味を持っているのか、あなたは分かりますか?

若い方であればある程度察しはつくかもしれませんが、ある程度の年齢になってる方がそれを聞いてあまり意味がよく理解できないという方もいるかもしれませんね。

無理に理解する必要はないかもしれませんが、ある程度の意味くらい走っておいても損はないかと思います。

特に若い人と交流する時に話についていけなくなったりする場合などもあるかもしれませんので、この機会に理解して、せめて話す意味についてぐらいは分かるようにしておいても良いかと思いますので、この機会に勉強してみてはいかがですか。

1. フルボッコの意味

まずはフルボッコの意味について詳しくご紹介をしていきたいと思います。

フルボッコという意味は、一方的な展開で相手を打ちのめすということを表現する場合によく使われる場合があるかと思います。

様々な場面で使うことができるかと思いますが、多いのは相手と争っている時に使ったり相手と勝負をしたりするときによく使われる言葉になるのではないでしょうか。

逆にそれ以外の意味ではあまり使われることは基本的にはありませんので、フルボッコと聞いたら相手を一方的な展開で打ちのめしてやるという意味合いを想像されると間違いはないかと思います。

よくよく考えてみると略称の意味を理解できるかもしれませんね。

2. 何の略?

フルボッコということが何の略になるのかということですが、これはフルパワーでボッコボコの略称になります。

だからこそ意味合いとしては一方的な展開で相手を打ちのめすということになります。

もしくは、自分自身が相手にフルボッコにされた場合に一方的な展開で打ちのめされてしまった、ということを説明する際に使用されることになるかと思います。

略称の意味を聞くと、なるほどね!となりますよね。

3. 意味合いを整理すると

フルボッコという言葉が使われる状況などを想定してみるとある程度の状況が判明してくるかと思います。

意味合いを整理した時に実際に使用される場面について想像してみてください。

基本的には先ほど伝えた通り、相手と勝負をしたり何か争ったりするときに使われる言葉になるかと思いますが、具体的にどういう状況で使われるのかと言うことをシーン別にご紹介をしていきたいと思います。

フルボッコという言葉についてそこまで詳しくない方については、これからご説明する状況を踏まえた上で使用される場面を想像してみてください。

ある程度言葉の意味と使用状況が一致できるようになるかと思いますよ。

肉体的に力で痛めつけられる

フルボッコという言葉が使われる場合は肉体的に力で痛めつける場合によく使用されることが多いといるでしょう。

例えば相手と喧嘩をした時に相手がかなり強かったり、もしくはこちらが一方的に相手を力で痛めつけてやった場合については、相手にフルボッコにされた若しくはこちらがフルボッコにしてやったっという風に表現することが出来るになります。

こうしたように喧嘩などで相手を痛めつける際に使用される言葉になることもあります。

主にこの時使用されるのは暴力的なイメージで使用される場合がかなり多いかと思います。

精神的に完全に打ちのめされる

先ほどは肉体的な例でフルボッコという言葉を使用される状況をご説明致しましたが、次にご紹介するのは精神的に相手に打ちのめされることを表現します。

フルパワーでボコボコという意味を考えるとどうしても暴力的なことであったり肉体的な痛みを伴うことを想像されるかもしれませんが、目に見えない精神的なものについても表現することができます。

例えば圧倒的な力の差を前にして精神的にフルボッコにされたという風の表現方法ができるかと思います。

こうして表現することによって肉体的な痛みは伴わなくても、精神的なショックが非常に強く友達でしまったと言うことを表すことができるのではないでしょうか。

こう考えると非常に様々な場面で使うことができる便利な言葉ですね。

スポーツで完敗する

フルボッコという言葉は何も喧嘩などで使用される専用の言葉ではありません。

例えばスポーツなどの試合に関しても表現することができます。

野球やサッカーなどでも時々大きな得点差がついてしまい、一方的に責められてしまう試合が存在するかと思います。

そういったときによく表現されるのが一方的に責められてしまったという状況をフルボッコという風に説明することができるようになります。

現実的に自分自身が部活が趣味などで何かスポーツを行っている場合に試合に出たとして、一方的に破れてしまった場合にフルボッコにされたという風に表現することができるかと思います。

主に試合などの面で使用されることが多い言葉になるかと思います。

オンラインゲームなどで完敗する

試合というところを踏まえて考えると、ゲームに関しても同様に表現することができるといえそうです最近はスマートフォンの発達により、気軽にスマートフォンので通信対戦ができるようになりました。

目に見えない離れたユーザーと試合をすることができるのですが、その時に大きな力を持った相手に一方的に叩きのめされてしまった場合は、オンラインゲームなどで完敗してしまった時にフルボッコにされたという風に表現することができると言えるでしょう。

最近はゲームアプリなどが非常に流行っているので、インターネット上で対戦をすることがかなり多いと思います。

なので使用される機会も比例して多くなっているのではないでしょうか?

古くてボロボロという意味の場合もある

先ほどからご説明した内容を踏まえるとフルボッコという言葉はフルパワーでボコボコにするされるという意味になるので、それ以外の意味合いとして使う場合は基本的にはありませんが、中には少し違った意味を用いる場合をあるかもしれません。

例えばフルボッコという言葉を使った時に、古くてボロボロという意味の場合もあったりします。

例えばフルボッコの雑巾という風に表現をすると、古くてボロボロになった雑巾という風に意味として捉えることができるようになります。

このように様々な場面で使ったりすることができる非常に便利な言葉であると言えるのではないでしょうか。

意味を理解できる相手に対してはどんどん使ってみてはいかがでしょうか。

4. 自分自身をコミカルに卑下する時に使うことが多い

フルボッコという言葉を使う場合に自分自身を卑下するときに使う事が多かったりもします。

卑下すると言っても一般的な暗いイメージで使われるということではなく、コミカルに自分自身を卑下することで笑いを取ったりするときに使用される場合も多々あります。

このように上手にフルボッコという言葉を使うことによって、相手とのコミュニケーションを上手にとったりすることも可能になったりします。

そう考えると非常に便利な言葉になるのではないでしょうか。

最近はインターネットから発達して生まれた言葉などもたくさん存在しており、こういった言葉は上手に扱うことによって、相手との共通の意識を測るなどの重要なコミュニケーション手段となることが多いといえます。

他の人のことを言う時は愛着を込めている場合が多い

フルボッコという言葉を使う時に非常に大事にして頂きたい点があります。

ポイントとしては、他の人の事を言う時に関しては愛着を込めている場合が多く存在しているということになります。

例えばフルボッコという意味は完膚なきまでに、相手に叩きのめされると言う意味合いにもなりますので、相手に使う場合に関しては上手に使ってあげないと相手を中傷するような意味合いになってしまいます。

なので、人によっては腹立たしい意味合いになったり、怒られることもあるかもしれません。

なので、相手に対してコミカルに表現したり、表現するときに使ったり、もしくは自分自身を卑下するときに、コミカルに表現することで使われる場合も多く存在します。

使うポイントを間違えないように上手に使うことによって、相手を傷つけずに現状を話すこともできるようになるかと思いますので注意して使うようにしましょう。

5. あまりシリアスな負けではない

フルボッコという言葉を使う時には先ほどからお伝えしている通り、コミカルに表現することができるのでシリアスな負ける場面で使われることはあまりないかと思います。

本当の意味で負けて悔しい時にはおそらくこのフルボッコという言葉自体は使わないかと思います。

負けても特に悔しくない、もしくはそこまで重要でない試合の時などの場面などで使われることが多いかと思いますので、フルボッコという言葉を使っている以上はそこまで相手も気にしてはいないと言うことを理解しておくと、細かい心理描写なども理解することができることにつながるのではないでしょうか。

ちょっとお笑いの要素を含んだ言葉の使い方であると言うことを理解しておけば、よりフルボッコという言葉を理解することにもつながりますし、使える場面を想定することもできることに繋がると思いますよ。

6. 「ハートフルボッコ」という言葉もある

ハートフルボッコという言葉を使われる場合も存在するようです。

ハートフルボッコという言葉になるとちょっと違った意味で捉えることができるようにもなりますよね?

話の道筋などを考えた時にある程度は想像つく言葉になるかもしれませんが、こうしてハートフルボッコという言葉自体を冷静に見てみると別の意味に捉えることができる場合もありますので、理解する際には注意が必要です。

ここからは実際にこのハートフルボッコという言葉について来ますご紹介をしていきたいと思います。

一見ハートフルな作品

ハートフルボッコは、ハートフルという言葉が目に見えてしまいますので、ハートフルという意味合いをこめている言葉の意味になるのではないかと想像される方もいるかもしれませんが、それは間違っています。

ハートフルな作品を指し示す言葉ではなく、ハートがフルボッコにされるという意味合いとして使われることが多いのです基本的にはフルボッコとそこまで変わらない意味はになりますが。

ハートがつくことによって自分自身の心がボコボコに痛めつけられる様を表現しているということにつながっています。

意味合いとしては、さほど変わらないかと思いますので、問題なく受け止めることができれば理解することを恥ずかしくはないかと思いますよ。

でも実は鬱々とした気持ちに陥る作品

ハートフルボッコという言葉を聞いた時に先ほどのフルボッコという言葉から連想をして、少しコミカルな表現に捉えられることができるかもしれませんね。

実際にコミカルな表現として表現されている場合もあれば、ちょっと鬱々とした気持ちに陥る作品についても表現する場合があることもあります。

具体的にどういう状況で疲れることになるのでしょうか?

終わった時は完全に精神がボコボコになっている

ハートフルボッコという意味について考えた時に、実際に全てが終わった時に自分自身の精神が完全にボコボコになっているという事を指し示す言葉にもなる場合があります。

そうなってくると、コミカルな表現ではありますが、実は精神的にかなりダメージを追っているという場面を想定できるようにも繋がります。

言葉の意味以上に精神的に負担がかかっているときに表現されることにもなりますので、意外と表現とは違い心の中はかなりのダメージを負っている場合があるので、その時に関しては相手の心情を察するように努力することが大事であるといえるでしょう。

全く予想と違うブラックな結末を迎える作品

例えばハートフルボッコという言葉を使われる場合に実際にどういう状況が想定できるのでしょうか考えていきたいと思います。

精神的にボコボコにされるということを考えた時に、あまり良い終わり方ではないことを想定することができますよね。

なので明るいハッピーエンドという風な終わり方ではなくしっくりこないダークな終わり方になるということが想像つくかと思います。

特に人間はギャップを感じることによって非常に強く自分自身の心の中に残ることが多いので、ハッピーエンドで終わると予想されているようなものが最終的にブラックな結末を迎えてしまうというところに関して非常に強く該当するのではないでしょうか。

世の中の作品については全てがハッピーエンドで終わるわけではなく最終的にしっくりこないブラックな形で終わる作品もかなり多いので、そういった作品を指し示す言葉にもつながります。

「火垂るの墓」のような作品

例えば誰もが知っているアニメでこの言葉を表現するとなると火垂るの墓の作品が非常に該当しているのではないでしょうか。

火垂るの墓についてはおそらく大部分の型が見たことがあるかもしれませんが、 火垂るの墓は戦争体験を題材にした作品になります。

終戦間近の神戸市で親を亡くした兄弟が懸命に生きようとする姿を描く映画作品になるのですが、火垂るの墓については最終的に終わり方が非常にブラックな結末を迎えてしまうことでも知られている作品になります。

その過程についてもかなりブラックであり、親を亡くすという事もそうですが、親を亡くした後も引き取られた家でいじめられたり、最終的には栄養失調で劇的な死を迎えてしまうという風な作品になっています。

見終わった後に精神的に来るものがあり、ブラックな結末と相まって非常に自分自身の心がフルボッコにされてしまうという事が該当できるのではないでしょうか?

7. ウェブスラングである

フルボッコという言葉自体はもともとウェブスラングとして存在していますウェブスラングと言う言葉が分からない方もいるかもしれませんのでご説明をすると、文字通りインターネットで使用されるスラングという意味であり、スラングと言う言葉は隠語、略語、俗語の意味合いを持っています。

なので、主にインターネットを利用している人たちの間では通用する、特殊な言語表現であるという風に表現することができます。

昔はインターネットを使って掲示板なのに書き込んでいる人たちが一定の割合でいましたので、その人たちだけで通用するようなインターネットコミュニティ上での言葉になっていたことが多かったのですが、最近ではスマートフォンなどの普及によりインターネットがより身近な存在になってきたということもあり、たくさんの方がネットなどの掲示板に触れる機会が多くなっているので、このウェブスラングは一般的に使われるようになってきています。

おそらく皆さんが知っている言葉の中でリア充という言葉などが一般的に認知されているのではないでしょうか?

このように様々な言葉が現実世界にも広がってきていて、フルボッコという言葉も今流行っているウェブスラングの一つであるということがいえるのではないでしょうか。

8. 株式会社ドリコムが商標登録したことでも話題

フルボッコという言葉について考えた時に株式会社ドリコムの商標登録をしたということでも話題になっていると言えるでしょう。

具体的になぜフルボッコという言葉を商標登録したかということは、株式会社ドリコムが運営しているフルボッコRPGの存在について知っていただく必要があります。

株式会社ドリコムはフルボッコヒーローズというアプリを発売しており、非常に人気のRPGゲームアプリになっています主にスマートフォンなどで広く利用されているようなアプリになるのですが、古今東西のあらゆる英雄たちが存在する世界を舞台にして繰り広げられる、なんとドリコム独自のゲームシステムを採用した新しいジャンルの爽快なフルボッコ RPGという内容になっています。

フリックするだけの簡単な操作で楽しむことができるアプリとして有名になっており、スマホの扱い方が難しいという方だったり、あまり慣れていないという方にも楽しんでいただけるような作品となっています。

ショットをみだれうちして、敵を撃破するという非常にに爽快感に関して重要視した、楽しめる作品になっています。

また、大群の敵が押し寄せる緊張感だったり、自分自身が制作する最強のチームで敵をフルボッコにするという以上に面白いゲームアプリとなっています。

ゲームアプリの名前として起用しているのでフルボッコという言葉を商標登録したということでも話題になってるようです。

ウェブスラング用語などがこの世に商標登録されるということはあまりなかったのでそれが相まって話題になっているという事につながるのではないでしょうか?

商標権を侵害しないよう注意が必要

なのでフルボッコという言葉を使う場合には商標権を侵害しないように注意することが大事であると言えるのではないでしょうか。

しかし考え方の1つとしてネットの社会なのである程度その言葉が有名になってたくさんの人が使われるようになった時に、それを一般的な企業が独占してしまうというのは少し傲慢な考え方ではないのか、もしくはずるい考え方ではないのかという考えを持っている方もたくさんいるのも事実です。

少し言い方が悪いかもしれませんが有名になったところを横取りして自分たちのものにするという風な行いにもつなげることができるかと思いますので、こうして考えてしまう方が多いのも理解できるのではないでしょうか。

ただ日本の商標法では世の中に存在している言葉などで自分の商品やサービスの商標として出願するということが基本的に禁止がされていないので、例えばフルボッコという言葉以外でもホームランお父さんお母さんなどについても登録商標とされているということが分かっています。

商標権は複雑であり全てを理解するのが難しいかもしれませんが、ある程度の理解は必要であるといえるのではないでしょうか。

コメントなどで使う分には問題なし

しかし商標権を登録しているとしても安心してください。

掲示板などのコメントについて使う時に使ってはいけないというわけでは一切ございません。

コメントなどで使う分には全く問題はありませんので、今までと同じ通りに日常的に使用しても罰則があるわけではありませんので、そこまで深く考える必要がないということにもつながるのではないでしょうか。

こうして考えると商標権や商標登録という事に関して少し分かりにくいかもしれませんが、 ウェブスラングを商標登録したということが話題になっているだけであって、それ以外の面で何か理不尽な事が話題になっているということではありませんので、そこまで深く考えなくても良いと言うことですね。

フルボッコを使った例文

フルボッコと言う言葉の意味について詳しくご紹介をしていきましたが実際にフルボッコと言う言葉を使った例文について併せてご紹介していきましょう。

意味を理解していても実際にそれを使った例文を作れと言われた時になかなか覚え浮かべない方もいるかもしれませんので、しっかりと例文に関して理解をしておく事で、実用的な使い方ができるようにもなりますし、現実の世界でも上手に表現することができるようになるかと思います。

特に若い世代の間てはかなり使われる言葉にもなっているかと思いますので、早い段階で間違った認識をなくすことが、共通の話題として楽しむことができる方法につながるのではないでしょうか。

様々なシーンで使われる例文をご紹介していきましょう。

1. ネット掲示板でフルボッコにされた

まずはじめにご紹介する例文はネットの掲示板でフルボッコにされたという例文です。

こちらはそのまま直訳すると、インターネットの掲示板で完膚なきまでにボコボコにされてしまったと言う意味になります。

そもそもインターネットあまり利用しない方はインターネットの掲示板でボコボコにされるという表現について理解できないかもしれませんね。

インターネットの掲示板程度は様々な人たちが様々な意見を書き込ん場所になると思いますがその中でよく見かけるのが掲示板場で喧嘩をしている人達です。

インターネット上なのでもちろん肉体的な痛みはないかもしれませんが、間違った意見を言っている時に指摘されたり、違う意見をぶつけられたりなどの意見の交換の際にエスカレートする場合があり、時には激しい言葉を使って相手を罵ったりする事もあるようです。

実際にあなたもネットの掲示板などで喧嘩している人を見たことがありませんか?

そんな状況を指し示す時に使われる言葉が、インターネットの掲示板で自分の意見を相手から論破されたり、たくさんの人から否定の意見を言われてしまった時に、ネット掲示板でフルボッコにされたと言う例文が成り立つのではないでしょうか?

賛同する人がいなく孤立してしまった

現実の世界でもあり得ることかもしれませんが、自分自身が提唱する意見に対して誰も賛同する人がいなかったり、自分自身の意見だけが孤立してしまうというような事を経験したことが誰しもあるのではないでしょうか。

自分自身ではこうを持っていても、周りはそう思っていないこともたくさんありますし、現実の世界であればある程度の付き合いなどがあり、仲間になってくれる方もいるかもしれませんが、インターネットの世界であれば、顔が見えない分はっきりと自分の意見を言う人が多いので、間違っているものは間違っていると多数から攻められてしまうと非常に精神的にやられてしまうことがありますよね。

インターネットの掲示板などで同様の状況が発生した時に、自分の意見が孤立してしまうことを指し示す言葉にもなるのではないでしょうか。

なおかつ、否定されるだけならまだしもそこから激しい罵倒などをたくさんの人から食らってしまった場合、文字どおりフルボッコにされた状況になるのではないでしょうか。

2. ジャイアンがのび太をフルボッコにした

次に使われる例文としてジャイアンがのび太をフルボッコにしたという例文になりますがこれはかなりわかりやすい例文になるのではないでしょうか。

元々の意味合いとしても肉体的な暴力というところが連想されるイメージになるのでそのままの意味として使用することができます。

ジャイアンがのび太を完膚なきまでにボコボコにしたという意味合いになるので、現実の世界でも、例えば誰かと喧嘩した時があったり、誰かと試合をした時などに目に見える形で一方的に敗れてしまう状況があった時には、表現することができる例文になるのではないでしょうか。

3. フルボッコにしてやんよ

フルボッコにしてやんよという言葉も例文として挙げられるのではないでしょうか。

もはやそのままの意味でしかないのですが、そのままの意味でぼこぼこにしてやるよという意味合いになります。

冷静に考えれば、宣戦布告ともとらえることができる言葉になるかと思いますが、 真剣な意味で相手に対して喧嘩を売るようだ言葉につながる場合もあれば逆にちょっとコミカルだ場合でこう言った言葉を使う場面なども想像されるかもしれませんね。

使う人によってその様々な意味を表現することができますので、意外と様々な場面で使ったりすることができる言葉になるのではないでしょうか。

真剣に言えばちょっと怖い風には捉えられますし、笑いながら言えばコミカルな感じでも伝わりますので、非常に面白い言葉と言えるのでないでしょうか。

ネット上でよく見られる

フルボッコにしてやんよと言う言葉はネット上でよく見られる言葉になるかと思います。

もちろん言葉だけで表現する場合はあるかもしれませんが時にはアスキーアートと呼ばれる文字を使ってえを書いてる様な表現と一緒に合わせて表現されている場合もかなり多く存在しています。

アスキーアートはご存じない方はあまりピンとこないかもしれませんがネット上などで顔文字の様な物を使って人間を表しているまるで絵の様な表現を見たことがある方もいるのではないでしょうか?

あれがいわゆるアスキーアートと呼ばれるものであり、一度使われたものが人気があったものは広く普及していきたくさんの人が使えるような状況になってるかと思います。

その中でもフルボッコにしてやんよと言う言葉に連想したアスキーアートが存在しており、その絵を同時に連想される方も多いのではないでしょうか?

4. 昨日の試合はフルボッコにされたな

最後にご紹介する例文として昨日の試合はフルボッコにされたと言う例文になります。

こちらももうそのままの意味はになるかと思いますのでそこまで深く考え必要ないかもしれませんが、広く使われる例文になりますのでこの機会に覚えておきましょう。

非常に強く完敗してしまったということ

ご紹介した例文の意味合いとしては非常に強く完敗してしまったと言うことになります。

今日は試合に一方的な展開で負けてしまったという意味合いになるかと思いますので、
自分自身が何かの試合を行ったり、友達との遊びやゲームなどで負けてしまった、もしくは何らかの状況で一方的な展開を見せられてしまった時に表現できる言葉になるのではないでしょうか?

意味合いを理解しておけば、便利な表現になりますので、是非使用してみてくださいね。