物事に対して、何事も適度に行うのが可もなく不可もなく、ちょうどいいことってありますよね。

とくに自分がよく知らないことや、慣れていないことに対しては、最初は手探り状態で行っていくのが賢明と言えるでしょう。

しかし、中には適度に抑えることが出来ずに、何事もやりすぎてしまう人がいます。

そんなやりすぎな性格の人の12個の特徴をご紹介していきます。

やりすぎな性格な人の12個の特徴

やりすぎな人には、どんな特徴があるのでしょうか。

プラベートでも仕事でも、やりすぎな人はついつい行動に力が入ってしまっています。

良くいえば物事に対して一生懸命で常に全力なのですが、悪く言えば一人だけ空回りしている、加減をしらないとも言えるでしょう。

そんなやりすぎな人の特徴を以下に挙げていきます。

1、限度を知らない

やりすぎな人は、物事の限度を知らないことが多いです。

例えば餃子を手作りしようとしたときに、餃子の皮に包める程度の量の具を入れますよね。

限度を知らない人はついぎゅうぎゅうに詰め込んでしまい、皮に具が収まらなくなってしまいます。

また仕事で例えれば、自分に与えられた量以上の仕事をしようとしたり、自分の仕事ではないものにも手をつけようとしたりする人のことを指します。

向上心があるのはとても良いことではありますが、会社の中では周りの人との協調性が重視されます。

そのため、周りのペースに合わせることなく、自分ばかりが次へ次へと仕事を進めようとすると、それは向上心ではなく「自分勝手」と他の人には捉えられてしまいます。

2、結果より過程を重視する

物事の善し悪しを判断するときに、結果よりも過程を重視する人と、過程よりも結果を重視する人とがいますが、限度を知らない人は結果よりも過程を重視するタイプです。

例えば今日中には終われない仕事を与えられたときに、結果よりも過程を重視するタイプの人では、「例え今日中に仕事が終わらなくても一生懸命にやろう」と意気込んで、ろくに休憩を取ることなく一日中仕事に打ち込みます。

そして、例え仕事が終われずとも「一生懸命にやった自分」に満足感を覚えるのです。

3、曖昧さを受け入れられない

やり過ぎな性格の人は、物事の白黒をハッキリさせないと気が済まないタイプでもあります。

また、曖昧さや適当さを受け入れられず、それらを悪いものと決めつけていることもあります。

そのため、何をするにもぼんやりとした、曖昧な表現をひどく嫌います。

何かをするとなったら、それを何時から始めて何時までに終わらせればいいのか、またどこまで作業をするのかなど、最初にハッキリとしていることで安心感を得られるタイプですので、ぼんやりとしたまま作業を始めることに対して強い抵抗感を持っていることが多いです。

4、高すぎる理想像を持っている

やりすぎな人は、一般的な人よりも理想がかなり高いです。

「こうなりたい、こうありたい」という自分の理想像が高く強いため、そこに至ろうと一生懸命になります。

しかし、その一生懸命さにかまけることで、周りとの協調性が取れなかったり、自分で限度が分からずにやり過ぎてしまったりするのです。

そうなると、実際に体調を崩すなり、人間関係を壊してしまうなりと悪い結果になってから気付くことになります。

また、高すぎる理想像ゆえに、自分がそこに届かないと少しでも感じてしまうと、直ぐのその理想像を諦めてしまう人もいます。

5、頑張りすぎる

やりすぎな人は、何に対しても一生懸命です。

それは良いことでもありますが、頑張り過ぎは時に自分にとって毒にもなります。

頑張り過ぎてしまう人は、休憩や一服の時間をしっかりと取らずに、ろくに心身を休めることなく動き続けてしまう傾向があります。

シャカリキ動き続けているときには気付けませんが、一度でも立ち止まるとそれまでの疲労や無理がズシンと身に降りかかって、大きな病気やストレスで体を壊してしまうこともあります。

6、勝手な使命感や責任感を持つ

やりすぎな人は、誰に頼まれたわけでもなく、勝手に自分で使命感や責任感を持つことが多いです。

例えば仕事一つとっても、「この仕事は自分が最初から最後までやり遂げなければならない」と思い込み、仕事中に困ることがあっても誰にも頼まずに自分一人だけで何とかしようとします。

その結果時間がかかってしまっても、最後まで一人でやり遂げたことに満足するため、周りの人がその人の仕事の遅れで迷惑していたとしても気付けないことも多いのです。

7、1人で抱え込みがち

やりすぎな人は自分で勝手に使命感や責任感を持つため、何事も一人で抱え込もうとしてしまいがちです。

例えば一人では捌ききれない量の仕事を頼まれたとしても、「一人でやれ」とは言われていないのに勝手にそれを「自分だけの仕事」と思い込んでしまいます。

そのため、自分の体に無理を強いてでも一人だけで仕事を進めようとするので、助け船を出したくても出せない周りはやきもきしますし、周りとのコミュニケーションも円滑に取れなくなってしまう場合があります。

8、時間に際限を持たない

やりすぎな人は、時間に際限を持たないことがほとんどです。

そのため、例え仕事の終業時間がきても、自分の中での仕事がまだ終わっていなければ平気で残業をして働きます。

例えそれで残業代がつかなくてもお構いなしです。

やりすぎな人にとっては、自分が今夢中になっていることに対しての時間の際限がないため、誰かが「もういい加減にしろ!」と止めない限りは、途中でブレーキをかけることがないのです。

だからこそ、気付いた時には体を壊していたり、周りとの関係が壊れてしまっていたりすることもあります。

9、休むことをしない

やりすぎな人は、自分が夢中になれることに対しては時間の際限がないため、いつまでもずっと作業を行い続ける手を止めることがありません。

また、シャカリキ働いていればいるだけ、一生懸命やっている自分に対して酔っていることも多いです。

その自分に対する陶酔感が余計に行動に拍車をかけるため、手を止めて休むということは中々しません。

仮に休憩を挟んだとしても、休憩中もその作業について常に考えを巡らせています。

10、低い自己評価をしている

何事に対してもやりすぎな人は、やりすぎている時でしか自分に満足感を覚えることが出来ないことが多いです。

そのため、普段は自己評価がとても低く、今の自分に満足していないことも多いです。

一生懸命に努力をしている時の自分に対してのみ、「とても頑張っている」と自信や誇りの気持ちを持つことが出来ます。

だからこそ、何をするにしてもいちいちやりすぎてしまうきらいがあるのです。

11、負けず嫌い

やりすぎな人は、頑張っている時の自分に対しては自信やプライドがあります。

そのため、同じように頑張っている人に対してはとにかく張り合おうとする負けず嫌いなところがあります。

「あの人よりも頑張らなきゃ」と自分の中で勝手に使命感を持ってしまうため、それが叶うまではシャカリキと働き続けてしまうのです。

そして、口に出さずとも自分が張り合っている誰かに「勝った」と思えば、それが嬉しくて余計にもっと頑張ろうと思えます。

そんなことの繰り返しなので、何かとやりすぎてしまうのです。

12、プライドが高い

やりすぎな人は、自分がやりすぎていることにはあまり自覚はありませんが、それなりに自分が「頑張っている」という気持ちは持っています。

そのため、自分が一生懸命に頑張ったことに対してはプライドが高く、例えそれで結果が出せずとも頑張った自分に対して自信を持っています。

それを「結果が出せなかったから」という理由で他者から貶されることを誰よりも嫌います。

そのため、「過程よりも結果重視」のタイプの人とは相性が悪いとも言えるでしょう。

やりすぎな性格な人のやりがちな行動

やりすぎな人の特徴については、何となく理解出来たかと思います。

次は、やりすぎな人がついやってしまいがちな行動についてご紹介していきます。

もし、あなたの周りに同じような行動をしている人がいるとしたら、ひょっとしたらその人は「やりすぎな人」か、「やりすぎ予備軍な人」なのかもしれません。

ストイックに取り組む

やりすぎな人はとにかく真面目です。

どんな仕事に対してもあまり不平不満を言うことなく、黙々と仕事に対して取り組んでいます。

そんな姿は周りから見ればストイックで格好いいかもしれません。

しかし実際には、先に挙げたように勝手に自分の中で使命感や責任感に燃えているだけなのかもしれません。

他人の意見・助言を聞かない

やりすぎな人は、自分の中でも「これはこうする」「あれはああしなければならない」といった感情がとても強いです。

そのため、それに反するような他人の意見や助言を聞くことはあまりありません。

例え上司や同僚に「それはこうした方がいい」と言われても、「ああ」「分かりました」と返事だけをして、実際には自分の行動を変えることはないのです。

そのため、後になって人間関係のトラブルになる原因でもあります。

目標をどんどん上げていく

やり過ぎな人は、理想像もかなり高く、勝手に自分でどんどん目標を上げていきます。

そして必死になって目標に追いつこうと努力しますが、あと少しで目標を達成出来るとなったら、達成する前にさらに次の高い目標を設定してしまいます。

そのため常に目標を達成することに飢えていて切りがなく、途中で休憩することもなく突き進んでしまいがちです。

人目をよく気にする

やりすぎな人は、「頑張っている自分」を他者から認めてもらいたいと思っています。

だからこそ常に自分で勝手に目標や使命感を持って突き進んでいます。

しかし、自分の頑張りと他人の期待するところが一致しない場合には、どんなに頑張っても他者から認めてもらうことは出来ません。

やりすぎな人は、そうして人目はよく気にするものの、他人が自分に対して何を求めているのかには中々気付くことが出来ないことも少なくはありません。

融通が利かない

やりすぎな人は、融通が利かない人が多いです。

それはその人が、自分の中だけで勝手に目標を定めたり使命感に燃えたりしているため、自分の意志や意見以外を素直に受け入れる気がないためです。

だからこそ、他人の意見や話を素直に聞かない当人に対して、周りは「あの人は融通の利かない人だ」と思ってしまいやすいのです。

行動や言動に余裕がない

やりすぎな人は常に全力疾走をしているようなものです。

自分が定めた高い理想や目標に向かってがむしゃらに走り続けるため、いつも行動や言動には余裕が見られません。

周りから見たら、「あの人は何であんなに必死なんだ?」と思えるほどにいつもせかせかと一人で走り回っていることが多いです。

”やりすぎ”のメリット・デメリット

やりすぎな人にはメリットもありますが、デメリットもあります。

どんなタイプの人でもメリット・デメリットは存在しますが、やりすぎな人の場合は両極端であることが多いです。

だからこそ他の人よりも何かあった時のメリットも大きいですが、デメリットも大きなダメージとなってしまいます。

モチベーションが高い

やりすぎな人はとにかくモチベーションが高いです。

常に自分自信で高い目標や理想を掲げているため、そこに向かって努力をし続ける高いモチベーションを持ち合わせています。

目標を達成するまではどんなことにもめげないため、目標を良いところへ設定出来ればとても良い結果を出すことが出来るでしょう。

努力を怠らない

やりすぎな人は自分で定めた目標に対しては、常に努力を怠りません。

何事に対しても完璧主義というわけではありませんが、自分がこうだと決めたことに対してはとことん完璧な状態であろうとして必死に努力をします。

その努力が良い形で実れば昇進や周りからの評価はどんどん上がっていくことでしょう。

競争意識が高い

やりすぎな人は、常に他の人の存在を意識しています。

「あの人よりも上に立ちたい」「あの人には負けたくない」という気持ちが強ければ強いほど、競争意識が高くなり必死になって努力をします。

他者と張り合うことで努力をするのは良いことでもありますが、一方で張り合う相手がいなくなった時には一気に落ち込んでしまうおそれもあります。

ストレスを抱えやすい

やりすぎな人は何事にも一生懸命であるがゆえに、ストレスを抱えやすい性格をしています。

物事の一つひとつに対して全力なので、いちいち気になることが出来ては「どうしてこうなるんだ」と思い悩むことも多いです。

そのため、他の人よりもストレスを感じやすく、気苦労も多いです。

ストレスをあまりに抱え込んでしまうと、円形脱毛症や若白髪などが出てきてしまうこともあります。

体調を崩しやすい

やりすぎな人は、いつでもシャカリキ動き続けることが多いです。

そして、自分で夢中になっている時には途中で休むこともしないため、動き続けている途中でいきなり倒れたり、ひと段落した途端にドッと体調を崩してしまったりすることがあります。

また疲労が原因で体調を崩す場合には、通常の体調不良よりも回復に時間がかかってしまうこともあります。

周りと溝が生まれやすい

やりすぎな人は自分ががむしゃらに動いている時には、周りの行動や空気を察することが出来ません。

そのため、気付けば周りと溝が生まれてしまっていることも少なくはありません。

自分のことだけに集中し過ぎた結果、他の人の意見や感情を理解出来ずに周りからは疎まれてしまうことになってしまうのです。

「やりすぎだな」と感じる人、いませんか

あなたの周りには「やりすぎだな」と思える人はいませんか?

やりすぎな人は、自分では気づきにくいですが、周りから見ればすぐに分かります。

やたらといつも必死になっていて自分一人で仕事を抱え込み、そして周りの助言を聞くこともなく自分の作業だけに集中している・・・そんなやりすぎな人は、周りから見ても「やりすぎだろう」と思えてしまいます。

「ここまでする!?」と驚くことも

やりすぎな人は、一般的な人からすれば行動が少々異常なことも少なくはありません。

例え残業代がもらえなくても進んで残業をしたり、自分で仕事を抱え込んだり。

休み時間も取らずにとにかく徹底的に動き続けるため、周りからすれば「そんなところまでするの!?」と驚くこともあるでしょう。

しかし、やりすぎな人にとってはそれが「普通」のことなのです。

何事も適度に頑張ることが自分にも周りにも良い

何事も適度に頑張ることが、自分だけでなく周りにとっても良い結果に繋がります。

適度に抑えておくことで常に冷静になって周りを見ることが出来るため、周りとの連携がスムーズに行えますし、自分の体にも無理を強いらなくても済むので体調を崩すことも少なくなります。

一生懸命になることは良いことでもありますが、あくまでも常に自分を客観視できる程度に留めておいた方が良いでしょう。