人生にはいろいろな時があります。

楽しいと感じる時もあれば悲しいと感じる事もあるでしょう。

それは、感情が一つづつやってくるのでは無く、様々な感情が一度に襲ってきます。

その為、私たちはそれに対応する力を身に付けて行かなければならないのです。

多くの出来事が起こる中で、時に不快感というなんとも言葉では表しにくい感情が心を支配する事もあるでしょう。

不快だと感じる9個の瞬間

不快だと感じるポイントは人によって様々です。

その為、多くの人が共感する事が出来るような物もあれば、誰にも理解されないけれど、自分の中でどうしても許せないようなポイントと言うものもあるかもしれません。

その為、私たちは自分の不快ポイントを理解して、出来るだけそれをさける様にいて行かなければなりません。

ですが、不快に感じる物の中には自分ではどうす事も出来ないような出来事も多々あります。

その為、例え不快に感じる事を理解出来たとしても防ぐ事が出来ないような事もあるでしょう。

人生には、理不尽な事が多々起こります。

その事を良くふまえ、自分自身がそれに立ち向かう力を蓄えておくしか無いでしょう。

1、見下した言い方をされた時


例え相手が自分より偉い人であったとしても、見下されたり馬鹿にされた言い方をされれば大抵の人は腹が経つ物です。

それは人間としてのマナーであり、年齢や性別などで区別されるものではありません。

自分が不快だと感じる行動は、原則他人にとってはいけません。

自分が知らず知らずのうちにそういった対応をしてるからこそ、自分もまたそういった対応をされてしまう事もあるからです。

その為、私たちは、他人と話をする時は常に相手に敬意をもって話をする必要があるでしょう。

2、勝手な決めつけで発言する

見た目で人間の内面を知る事は出来ません。

しかしながら、多くの人がつい外見で人間性を判断してしまう物です。

その為、それによって決めつけられた言い方をして不快に感じる人も世の中には大勢居るのではないでしょうか。

見た目が悪そうだからとあらぬ疑いをかけられたりすれば、誰だって不快な気持ちになる事でしょう

誤解されたくなければ、見た目から直せば良いとの考え方もありますが自分が好きな服装をしているのに勝手に誤解され嫌な思いをしているのはこちらの方です。

その為、わざわざこちらが治す必要も無いのではないでしょうか。

勝手な決めつけは、親子間であっても起こりえます。

『どうせ〇〇何でしょう』と良い方は相手のプライドを気づ付ける言葉なので絶対に使用すべきではありません。

3、湿度が高くムシムシしている時


雨の日はつい心がモヤモヤとして、不快を感じる事も多くなるでしょう。

カビなどの心配もあり、梅雨の時期は時に嫌になってしまう事もあるでしょう。

ですが、それは正直どうする事も出来ません。

除湿をガンガンにして、部屋の中の湿度を下げれば少しは気持ちも楽になるかもしれません。

しかしそれでも完全に状況を改善する事にはならないでしょう。

私たちは天候を操る事は出来ません。

それは神の領域であり、人間がどうこうする事が出来る問題では無いでしょう。

その為、私たちは天候をどうこうする事を考えるのでは無く、いかにその与えられた時間を楽しく過ごす事が出来るかを考えるべきでしょう。

雨の日だからこそ、ゆっくりとした時間を楽しむ事が出来ると言う事もあるかもしれません。

その事を忘れずに、全ての時間を前向きに捉えて見てはいかがでしょうか。

4、体調が悪い時

体調が悪い時は、誰でも心の余裕が無くなる物です。

その為、いつもならなんとも思わないような事にイライラしたり、不快に感じたりしてしまう事もあるでしょう。

それは『なんで?』『どうして?』と思う必要はありません。

そういう物なのです。

そんな風に全てを割り切る事が出来れば、少しは心が救われるのでは無いでしょうか。

体調が悪い時には無駄な事に頭を使うのでは無く、心を落ち着けてゆっくりと休養を取る事に集中してください。

5、耳障りな音を聞いた時

人によって、嫌いな音と言うものはある物です。

それは多くの人が理解出来る物もあれば、他人にはなかなか理解されない物もあるでしょう。

自分の全てを他人に理解される必要はありません。

自分が嫌だと感じる音があるのであれば、自分で聞かないように努力する事も必要です。

わざわざ事を荒立てるより、自分で解決策を考えた方がずっとスムーズに問題を解決する事が出来る事もあるでしょう。

6、集中している時に話しかけられる

話し好きな人と言うものはどこにでも居る物です。

今は話しかけて欲しくないとこちらが思って居たとしても、そんな事をお構いなしに話しかけて来ることもあるでしょう。

それをされてしまうと、不快に感じる事もあるかもしれません。

その時に、露骨の嫌な態度を取ってしまうと相手との関係も気まずくなってしまう事も十分に考えられるでしょう。

そうなってしまわない為にも、話しかけてきそうな人には事前に対応を考え置くことが必要かもしれません。

相手には悪意が無いと言う事を念頭に置き、出来るだけ大人の対応をする事が出来るように心がけて見てはいかがでしょうか。

7、美術館などで騒いでいる人が居た時

TPOという言葉はがあるように、日々を過ごして行く中には場所や時間をわきまえて行動しなければならない事が多々あります。

それを守る事が出来ない人を見れば、不快に感じたとしても全くおかしな事ではありません。

子供には、まだ状況を理解する力が備わって居ません。

その為、時にはTPOに合わない行動をしてしまう事もあるかもしれません。

しかしながら、それは子供が悪いのではなくそれを注意する事が出来ない保護者が悪いのです。

更に言えば、TPOを守る事が出来ないのは子供よりも、むしろ大人の方です。

特に高齢者と呼ばれる方々などある程度の年齢の人程そういう傾向があります。

周りを気にせず大きな声で話をしたり相手の事を考えずに自分勝手な行動を取る事が多々あります。

そんな人々は、自分がしている事を棚に上げて注意をしてきた人文句をいったいりと更なる悪態をつく事はめずらしい事ではありません。

そんな人がおおいからこそ、老害と言われてしまうのでしょう。

そうならない為にも、自分の行動は、しっかりと律して行動しなければなりません。

8、満員電車に乗っている時

これは、男性女性問わず不快に感じる事でしょう。

特に夏場や梅雨の時期などは、匂いがこもり不快さは更に増します。

本当であれば乗りたくない所ですが、そんな理由で仕事を休む訳にも行かず多くの人はそれに耐え真面目に仕事に通って居るのです。

日本人の通勤ラッシュは世界的に見ても異様な光景だそうです。

勤労な日本人だからこそ何とか乗り越える事が出来る言動なのかもしれません。

9、妊娠中の悪阻

これは、妊娠を経験した事のある人にしか理解する事が出来ないでしょう。

更に言えば、悪阻はまさに十人十色です。

その為、自分はこのくらい大丈夫だったという基準で話をしてしまうと相手を気づ付けてしまう可能性もあります。

人によっては10か月間悪阻が続く場合もあり、それは想像をも絶する程の辛い時間です。

悪阻の不快感は、出産するまで終わりません。

ホントは今すぐにでも全てを投げ出したい思いをじったえ、多くの女性が母となって居るのです。

その為、その人の周りに居る人は多少の八つ当たりには目をつぶるべきです。

特に旦那さんは、自分の子供を育ててくれている事に感謝して、多少の理不尽さには目をつぶって上げましょう。

悪阻の時にかけられた言葉や言動はよくも悪くも忘れない物です。

後後になって離婚など、大きな問題に発展しないようにする為にも、この時こそは最大限の優しさをもって話を聞いて上げてください。

どんな時に不快感を感じますか?

気候やなどの自然の力によって起こる事に不快感を感じる人も居れば、誰かとの会話で不快感を感じる人も居るでしょう。

はたまた、全く関係の無い人の話によって不快を感じる人も居ます。

つまり、不快感を感じるポイントはそこら中にあるのです。

また、そのポイントは全員共通ではありません。

人によってポイントは異なり、自分では全く理解出来ないような事で不快を感じる人だって世の中に居るのです。

その為、人を不快にさせないように注意する事は出来てもそれを100%実践する事が出来るかと言われれば難しいポイントです。

人の気持ちは誰にも分からないからです。

その為、私たちは出来るだけ相手を不快にさせない様に気を付ける事しか出来ません。

それと同じように、自分自身が不快にならない為にも、ある程度の行動しか取る事は出来ないでしょう。

絶対に防ぐ事が出来ないからこそ、私たちはどうしたら不快感をと付き合って行く事が出来るかと言う事を学んで行かなければなりません。

行動や言動など不快になる原因は沢山

不快だと感じる要因は人によって全く異なります。

その為、その理由になりえる事はこの世の中に無限にあると言えるでしょう。

例え、善意で行われた行動だったとしても中にはそれを不快だと感じる人も居るでしょう。

その為、不快に感じる事をさけて生きる事はほぼ不可能です。

自分で原因が分って居たとしても、さける事が出来る物もあればさけられない物もあるでしょう。

その為、不快感は目の前に起きた時に初めて対応する事が出来る出来事だとも言えるかもしれません。

不快に感じた時はどうすれば良い?

世の中には色々な人がいます。

同じ出来事が起きたとしても、感じ方も違えば考え方も違うでしょう。

その為、あなたがなんとも思わないような事で不快感を感じている人が居るかもしれません。

反対にあなたが不快だと思った所で、相手は何も感じていないと言う事もあるでしょう。

そんな時はイチイチ理由を考えないと言う事も一つの手かもしれません。

人生には、時にそんな時もある。

そんな風に達観しする事が出来れば、ずっと気軽に人生を歩んでいく事が出来るかもしれません。

何事も心の持ちようです。

前向きに考える事が出来るかどうかは、自分自身にかかって居ます。

不快感を感じるのはあたり前と思う

人生には色々な事があります。

楽しい時間もあれば辛い時間もあるでしょう。

それと同じように、不快に感じる時間も、勿論存在しているのです。

どんな物事にも、いい面と悪い面があります。

それと同じような事が人生にも言えるのです。

長い人生、ずっと不快な時間が続く事はまずありえません。

今不快と感じている人も、時が経てばそんな事をすっかりと忘れ楽しい時間を過ごす事が出来て居る事でしょう。

その事を忘れずに生きてみてはいかがでしょうか。

不快感は長く続かないと考える

不快感とは、大抵の場合さほど長続きはしません。

その出来事が目の前から無くなってしまえば忘れる事が出来るでしょう。

その為、不快感を感じた時にはイチイチその事を考える事を止めてみるのも一つの方法かもしれません。

『なぜ?』『どうして?』と考えても答えの出ない事は、この世の中に沢山あります。

その事をイチイチ深く考えた所で答えが出る事は無いでしょう。

世の中には、そんな事もあると楽観視する事も人生を楽しく過ごす為には必要なのかもしれません。

軽めに叫んで深呼吸

深呼吸は、それをする事によって心を落ち着かせる効果があります。

そればかりか、頭にしっかりと空気をおくる事によって、脳の働きがしっかりとして冷静な判断をする事が出来るようになるでしょう。

一つの事に注目してイライラとしてしまった時も、深呼吸で心を落ち着ける事が出来ます。

この方法はいつでもどこでもする事が出来るので、もし自分の心が不快感で一杯となってしまった時は迷わずこの方法を試して見てはいかがでしょうか。

不快感と上手く付き合って生きていこう

不快感を感じるポイントは人それぞれです。

気候などのどうにもならない事に不快感を感じる人も居れば、他人との繋がりによって不快な思いをする事もあるでしょう。

それはもはや自分ではどうする事も出来ず、そうなる事をさける事は出来ません。

その為、私たちは不快にならない方法ではなく、深いになった時にどう対応すればいいのかを身に付ける必要があるでしょう。

時は戻りません。

自分の人生の中の、貴重な時間を無駄にしてしまう行為はとても勿体無い事です。

その為、不快感を感じたとしてもそれを引きずる事無く出来るだけ早く心を切り替える事が大切でしょう。

それをする事が出来る人は、人生を豊かに過ごして居る人と言えるかもしれません。