人生には色々な事が起こります。

時には予想もしなかった出来事が起こる事だってあるでしょう。

何が起こるか分からないからこそ、人生は面白いとも言えます。

しかしながら、余りにも想像しなかった事が起こる事によって、困った事態に遭遇する事もあるでしょう。

何か困った事態に遭遇したとき、あなたならどうするでしょうか。

誰か身近に助けてくれる人が居るのであれば、ドンドン頼る事も必要です。

人に頼る事は恥ずかしい事では無いので、使えるものは何だって使えば良いのです。

ですが、中には自分で何とかしなければならない事もあるでしょう。

そんな時、頼れるのは自分だけです。

その為には、もしこうなった場合どうすれば良いのかといyシュミレーションを常にしておく必要があるでしょう。

日本は、先進国の中では比較的安全な国の一つです。

ですが、だからといって自分が何か困った事態に巻き込まれる事は無い、と言う事にはなりません。

いざという時に対策の対策のため、これからいくつかの事例をあげて困った時の対応方法をご紹介させて頂きます。

最近、困ったことありませんか

あなたは、今困っている事はありますか?

いきなり聞かれると、意外と何も思い浮かばないかもしれません。

ですが、どんな小さな事でも構わないとなれば誰でも1つや2つ困って居る事がある物です。

人を困らせる内容は様々です。

人によって、人生の内容は大きく変わります。

その為、困っている出来事もまた、人それぞれなのです。

例えば、お金について困っている人も居れば友人関係や恋愛関係など、対人関係で悩んでいる人も居るでしょう。

更には、自分の健康について困っている人だって居るかもしれません。

何に困っているかは、その本人にしか分かりません。

その為、周りの人にはなかなか理解される事が無いかもしれません。

その為、人によってはつい一人で抱え込んでしまう事もあり得るでしょう。

自分に起きた出来事を自分で解決しようと考える事は素晴らしい事です。

人として立派です。

ですが、なんでも間でも一人で抱え込む必要は無いのです。

時には、他人の力を借りて状況を打破する事もまた必要なのでは無いでしょうか。

困ったことの1つや2つ起こりますよね

人生には様々な事が起こります。

その中には、自分が想像だにしなかったような出来事も起こる事でしょう。

困った事や悩み事が多いと、『何故自分ばかり』とネガティブな発想になってしまう事もめずらしい事ではありません。

ですが、勿論困った事態に陥って居るのはあなただけではありません。

どんなに幸せそうな人でも、一つや二つ困った事がある物です。

何もなく、自分の思い通りに人生を生きる事が出来て居る人など殆ど居ないでしょう。

皆そう見えて居いるだけで、実際には様々な問題を抱えて生きているのです。

その為、自分の状況を悲観して悲劇のヒロインのような状況を作り上げた所で同情してくれる人は誰も居ないでしょう。

隣の芝生は青く見える物です。

ですが、自分には自分の人生を歩んでいく事しか出来ません。

なのであれば、出来るだけ前向きに物事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

そうする事が出来れば、自分自身の人生をより良いものにする事が出来るかもしれません。

自分1人じゃ対処しきれない!

困った出来事の中には、自分ではどうする事も出来ないような事もあるでしょう。

それは、是非誰かに頼って解決してみてください。

自分に起こった出来事全てを自分で解決しなければならないという事は全くありません。

頼る事が出来るのであれば、誰に何を頼ったとしても全く問題ないのです。

最近の日本は、人と人との繋がりが薄くなってしまいました。

その為、なかなか助けを求める事も難しいかもしれません。

ですが、多くの人と関りを持つ事が出来なかったとしても、自分の周りの人に対しては助けを求める事は出来るのではないでしょうか。

コミュニケーションを取る事が苦手な人も、自分の周りに居る人とはしっかりと助け合いが出来るような関係性を作って置くことが重要でしょう。

困った時の対処法8選

困った出来事と言うものは、日常生活の中に沢山ある物です。

その一つ一つの対策をご紹介させて頂くには、時間がいくらあっても足りません。

その為、その中から特に厳選した事柄をご紹介させて頂きます。

冷静な時にはさほど困る事が無い事も、いざその状況になってみると上手く頭がまわらずに対応する事が出来ないかもしれません。

その為、事前にそうなった時にどうするかを考えるておくことも大事な事なのかもしれません。

電話編

1、いたずら電話がかかってきた時

いきなり自分の電話にいたずら電話がかかってきたら気持ちわいと感じる事でしょう。

女性の方々であれば、恐怖を感じる事もあるかもしれません。

ですが、ある特定の電話番号から電話が来た場合はその電話番号をブロックしてしまえば良いのです。

最近は固定電話を置かずに、携帯電話で全てを済ませてしまう事もめずらしい事ではありません。

携帯電話であれば、特定の番号を指定して繋げないようにする事も出来ます。

知らない番号からいたずら電話が来ると、つい頭が動転してしまいます。

ですが、それは冷静に対応する事で問題を解決する事が出来ます。

2、スマホ・ケータイを紛失した

最近では、携帯はお財布よりも大事だと考える人もめずらし事ではありません。

その為、無くなってしまうとパニックになってしまう事もめずらしい事ではありません。

携帯によっては検索する事が出来る物もありますが、全てがそうとは言えないでしょう。

もし無くしてしまった時は、まずは電話をしてみましょう。

日本は、世界的に見てもなくしものが戻ってくる国です。

多くの人は、携帯が落ちて居たら以外にも大事に届けてくれる可能性があります。

その為、電話をかけることで届いている場所を特定する事が出来るかもしれません。

電話が繋がらない場合は、警察に届ける事も大切です。

恋愛編

3、社内恋愛がバレた

学生が同級生と恋愛をするように、社会に出たら同僚と恋愛をする事はめずらしい事ではありません。

人は結局目先の人と恋愛を楽しむ傾向にあるからです。

ですが、学生の場合は数年の付き合いですが、会社の場合は何十年と付き合いがある場合もあります。

その為、後味の悪い恋愛をすると、様々な噂を立てられてしまう事もめずらしい事ではありません。

その為、社内恋愛はばれずにする事が一番です。

恋愛はどうなるか本人達にも分かりません。

その為、不測の事態をさける為にも周りには伝えない事が一番です。

ですが、。

知られてしまっては仕方ありません。

『恋愛にうつつを抜かしているから仕事が出来ない』と言われてしまわない為にも、今まで以上に冷静にかつ真面目に仕事をする事をおすすめします。

4、元彼・彼女から連絡がくる

恋愛は、時に人の心を変えてしまう物です。

その為、付き合っている時は素敵な人であっても上手く別れを伝える事が出来なかった場合、相手からの嫌がらせを受けてしまう事もあるかもしれません。

それは悲しい事ですが、どうする事も出来ない事です。

最初のうちは、冷静に話し合いの場所を持つ事も必要でしょう。

相手に誤解をさせてしまっている事があるのであれば、その誤解を時相手の気持ちを落ち着かせることも大切です。

ですが、一度思い込みを抱いてしまった時はどうする事も出来ない場合も多々ある事でしょう。

そんな時は、第三者男手を借りる事も重要です。

友人や家族に相談する時は勿論、場合によっては警察に相談する事も重要かもしれません。

最近では、恋愛のもつれによて事件に発生する事もめずらしい事ではありません。

その為、大きな出来事になてしまう前に、事前に対応する事も必要でしょう。

5、不倫してしまった

最近、不倫の話題が連日日本を騒がせています。

不倫は、非日常の世界です。

日々の中で忘れ去られてしまったドキドキを取り戻す事が出来るものなのかもしれません。

恋愛は楽しい物です。

その為、溺れてしまう気持ちも分からないではありません。

しかしながら、通常の恋愛と不倫は違います。

不倫は必ず誰かを傷つける物です。

夫婦間が破たんしていたとしても、両親や子供・友人を悲しませることもあるかもしれません。

その為、引き返す事が出来るのであれば引き返す事をおすすめします。

しかし、それが出来るのであればそもそも不倫などしないでしょう。

不倫をしてしまった人は、例え何を失ったとしても全ては自分の責任だと考え納得する事をおすすめします。

全ては身から出たさびです。

誰かを恨んだり妬んだりする事はおかと違いです。

日常生活編

日常生活での困った事は、日々の暮らしの中の至る所に存在しています。

その問題は、一個や二個では無いかもしれません。

それらの問題を全て解決する事が出来れば。

人生は、全く違った景色になるかもしれません。

6、シミや汚れの落とし方が分からない

お気に入りの洋服が汚れてしまった場合、どうにかして綺麗にしたいと思う物です。

ですが、専門知識が無い場合、何をどうしていいか分からない事もあるでしょう。

最近では、インターネットを通じて様々な知恵を得る事が出来ます。

その為、それらを参考にする事だって出来るかもしれません。

ですが、それらは必ずしも正解かどうかは分からないのです。

その為、更に状況を悪化させたくないのであれば多少お金はかかりますがクリーニングに出す事をおすすめします。

プロの力を使う事で、新品の輝きを取り戻す事が出来るかもしれません。

7、子供が反抗期で接し方が分からない

思春期という物は誰にでもあるものです。

その時には、親や先生の話すべてを面倒に感じたりとにかく『大人』というだけでうっとおしく感じるものです。

それに理由はありません。

正にそういうものなのです。

その為、思春期の子供たちの心を全て理解使用とする事はとても難しい事でありおそらく無理でしょう。

思春期の子供との接し方が分からないという人は、わざわざ無理に接する事はありません。

そっと見守る事も必要です。

ここで一つ注意して欲しい事は、見守る事は無視する事ではありません。

興味を持ちつつも、必要以上に干渉しない事です。

つい先が見えている大人からすると、つい口を出したくなる事もあるでしょう。

ですが、それは多くの人生経験から得た知識です。

子供たちもまた、多くの事を自分で経験する事によって多くの知識を手に入れる事が出来るようになる事が出来ます。

その為、思春期の子供を持つ親御さんは我慢して見守る事も大切でしょう。

8、ママ友と仲良くできない

ママ友問題は、誰に起こるものです。

普通の友人であれば、自分と気が合う人と関りをもてば良いのです。

大人になってからはわざわざ嫌いな人と関係を持つ必要は無いでしょう。

ですが、ママ友はそうはいきません。

自分が好きかどうかは関係ないのです。

自分が例え嫌いな人であったとしても、子供同士が仲良しなのであれば関りをもたなければなりません。

自分の子供に対して、様々な経験をさせてあげたいと感じるのであればママ友との交流も仕方が無いのです。

以前から良く話題になる様に、ママ友の中では上手く行く場合もあれば陰湿ないじめに発展する場合もあります。

誰しもそうなりたくはないと思っているはずなのに、そうなってしまう。

女とは面倒な生き物です。

子供を持った次点で、ママ友との関係はさけては通る事が出来ません。

子供が手を離れる10数年の間は、何とか波風を立てる事無く過ごしていく事しか出来ません。

これには秘策が無く、ただただ経験を積む事しか出来ないかもしれません。

少なくとも、不要な敵をつくらない為には悪口などを自分から発信しない事が大切です。

困っているのはあなただけではありません

いかがでしたでしょうか?

一言に困っている事と言っても人によって内容も状況も様々です。

その為、何か困ったことがあると人はつい『なんで自分だけ』と後ろ向きな考え方になってしまうものです。

ですが、当たり前のように困っている人はあなただけではありません。

その為、何か困った事が起きた際は、まずは冷静になりどう対応すればいいかを考えるようにしましょう。

時には、人の力を借りなければならない事もあるかもしれません。

しかし、それはそれで良いのです。

何も全てを自分で解決する必要はありません。

必要以上に悲観的にならず、冷静に判断する事を心がけてください。

人生の時間は限られて居ます。

その限られて時間をいかに有効に使う事が出来るかどうかは自分自身にかかっているのでしょう。

無駄な事に時間を使う必要はありません。

どんな事が起きたとしても、冷静に・前向きに対応する事が出来るスキルを身に付けて行きましょう。

それが出来るようになる為にも、常日頃から様々な状況をシュミレーションしいざとなったら対応する事が出来るようにしておく心の準備と言うものも必要でしょう。