この世の中には男と女しか居ません。

その為、世界の半分は恋愛対象になると言う事でしょう。

しかしながら、多くの人は誰でも良いというわけではありません。

必ず好みのようなものがあり自分の中でピンっとくるポイントのような者があるのでしょう。

中にはトランスジェンダーのような方も居ますが、多くの方は異性の中の自分の好みにあった方に恋をします。

恋をする事は素晴らしい事です。

それによって、日々が輝きやる気も満ち溢れる事もあるかもしれません。

今までとは全く違った自分に変身する事も出来るでしょう。

恋は楽しい事ばかり起こる訳ではありませんが、それでも何も無い人生と比べれば確実に良い経験となり自分自身を作る糧になる事でしょう。

ですが、恋する事は一人でする事が出来ても恋愛は一人でする事は出来ません。

必ず相手が必要となります。

自分がどんなに相手の事を好きだとしても、相手にその気持ちが無ければその恋愛は成立する事はありません。

それは悲しい事かもしれませんが、仕方のない事とも言えるでしょう。

最近では、コミュニケーション能力が乏しい若者が話題となっております。

彼らは人の気持ちを予想して考える事を苦手としています。

その為、相手からやんわりと拒否されている事に気が付かずつい嫌がらせのような態度をとってしまう事があります。

時にはそのせいで事件に発展する事もあり注意が必要です。

そこで今回は、相手が拒否している状況を読み取るコツをご紹介させて頂きます。

男性からの拒否も勿論ありますが、多くの事件は女性が被害に会う場合が多々あります。

その為、そういった事態にならないように女性からの意見を多くご紹介させて頂きます。

拒否をしている女性の4個の特徴

男性は基本的に女性からの好意を嫌だと受け取る事が無いそうです。

勿論、例外はありますが好意を向けられても嬉しいと感じる事はあっても嫌悪までは行かないのです。

その大きな理由は、物理的な力の差が関係しているのかもしれません。

男性と女性は、普通に比べれば男性の方が圧倒的に力が強いです。

その為、何かあった時にはとっさに自分の身を守る事が出来るのでしょう。

ですが、女性の場合は違います。

いざとなれば、男性に簡単にねじ伏せられてしまいます。

その為、基本的な防衛本能が違うので大きな出来事になる前に自分の身を案じる為の行動を取るように出来てるのかもしれません。

ですが、幾ら自分が興味の無い相手だと言ってもいきなり相手の事を『嫌い』とは言えません。

それがかえって大きな事件のきっかけになってしまう事があるからです。

そのため、女性たちは態度で拒否を示す事があります。

それは男性側からすれば分かりにくい物なのかもしれません。

しかし、それは女性からの優しさなのかもしれません。

本格的に嫌われないようにする為にも、そのサインをキチンと見極める事も必要です。

あなたが今アピールしている女性からサインはでてはいませんか?それを見逃していると、いつか困った事になってしまうかもしれません。

1. 目を合わせない

目は口ほどに物をいうという言葉があります。

それほどまでに、目は感情を読み取ることが出来るポイントなのです。

その目を合わせないと言う事は、それだけあなたに感情を見られたくないと思っているという証拠なのかもしれません。

前向きに考えれば、あなたに好意があり恥ずかしくて目を見えないと言う事もあるかもしれませんが大抵の場合は大体が嫌がられているという事なのかもしれません。

前向きに物事を考える事は良い事かもしれませんが、冷静に判断する事も忘れてはいけません。

2. 女性のほうから一切話しかけて来ない

女性は男性より、話をする事が好きな生き物です。

その為、つい興味がある相手には色々な事を聞きたくなり話かけるものです。

ですが、その女性が話しかけてこない。

それはつまりあなたにはき興味がありません。

と言われているようなものです。

悲しい事かもしれませんがそれが現実です。

女性は男性より、露骨に自分の気持ちを表す場合があります。

時にそれによって傷つく事があるかもしれませんが、それも全てはどうする事も出来ない現実なのでは無いでしょうか。

3. 無表情で接してくる

もし、少しでも相手に対して好意を持っているのであれば相手に可愛いと思って欲しいと思っているはずです。

その為、笑顔を心がけて話をするはずです。

その女性が無表情に会話をしてくる。

それは、あなたに全く興味が無い事を示しています。

あなたにどう思われても構わないと思っているからこそ、そんな態度をとってしまうのでしょう。

それをされて嬉しい人は居ません。

ですが、相手があなたの事をどう思うかは相手の自由です。

それが例え理不尽な物であったとしても、どうする事も出来ません。

4. 露骨に睨んでくる

こうなってしまっては正に末期の状態と言えるでしょう。

相手からにらまれるまでになってしまっては、相当迷惑をかけてしまったのかもしれません。

この状況を打破する方法はただ一つ。

身を引く事です。

もう何も行動してはいけません。

関りをもとうとしない事です。

ここが最終ポインとです。

ここで諦める事が出来なければ、事件になる可能性がぐんと上がってしまいます。

引き際が大事!

恋は盲目と言います。

自分が相手を好きすぎる余りに相手の気持ちが見えなくなってしまう事もあるかもしれません。

そこまで好きな相手に巡り合える事は幸せな事なのかもしれません。

しかしながら、相手に嫌われてしまってはそれは美談ではありません。

恋は全てが上手く行くものではありません。

自分の思いに関係なく、時には敵わない事もあるのです。

その事を理解した上で、時には涙を飲んでその恋を諦めなければならない事もあるでしょう。

相手を長く思えば思う程叶うかと聞かれれば、そういう問題ではありません。

気持ちを切り替え、相手の幸せを願う事も大切でしょう。

それが例え元交際あいてだとしても、一度離れた心を取り戻すのはなかなか簡単な物では無いのです。

お互いに幸せな未来を得る為にも、恋は引き際が大切です。

1. 想いは一方通行ではダメ

思いが募れば募るほど、相手に自分の気持ちを伝えたいと思う物です。

その伝えた思いが、出来れば叶う事を全ての人が願って居る事でしょう。

ですが、全ての人の恋が上手くいくのであれば誰もが恋に真剣になる事は無いかもしれません。

敵わないからこそ、皆自分の恋が上手くいくように必死になるものなのです。

例えば、モテる女性を好きになる男性は沢山居ます。

1人が付き合う事が出来るのは、基本的に一人です。

その為、他の大多数の人はその恋は叶わないと言う事になります。

自分の思いがあったとしても、相手がそれにこたえてくれないのであれば意味が無いのです。

恋は一人でする事が出来ます。

しかしながら、恋愛は一人でする事が出来ません。

その為、一方通行の思いがあったとしても意味が無いのです。

2. しつこいと逆に嫌われる

男性の中には、女性の拒否サインに鈍感な人が居ます。

その為、相手から既にNGのサインが出ているのにも関わらず、それに気が付く事無くアプローチを続けてしまうのです。

それを繰り返していれば嫌われる事間違い無しです。

その為、相手が嫌だと感じているのであればそれをくみ取る力も必要でしょう。

自分が好きな相手からは好かれたいものです。

ですが、そればかりはどうする事も出来ません。

好かれる事は出来なかったとしても、少なくとも嫌われない事が最低条件とも言えるかもしれません。

嫌われない為には時として、自分の気持ちを押さえる事も必要な事なのです。

3. ストーカーになる前に

相手の気持ちを考えないばかりに、自分の気持ちを暴走させてしまう事があります。

それを昔は純愛と呼んだ時代もありましたが、今はそんな時代ではありません。

やり過ぎてしまってはストーカーと呼ばれてしまう事もあるでしょう。

自分は100%純粋な気持ちで相手を思っていたとしても、それを相手が迷惑だと感じるのであればそれは迷惑行為です。

自分の気持ちが伝わらない事で、やるせない思いにさいなまれる事もあるかもしれませんが、それは仕方のない事です。

その引き際を間違えてしまえば、ストーカーと言われる事もあるかもしれません。

ストーカーは決して褒められた事ではありません。

恋する相手は勿論、周りに居る人たちからも白い目で見られてしまう事があるかもしれません。

その為、そうならない為にも、自分の行動は冷静に判断して見極める事が必要でしょう。

恋は時に冷静さを失うものです。

後から考えれば、何故あんな事をしたのかと思うような事も当時は大真面目にしている事もあるかもしれません。

『若気の至り』で済む事もあるかもしれませんが、それだけでは済まない事もあるでしょう。

大きな事件を起こしてしまわない為にも、自分の事を冷静に判断する力が必要です。

4. 客観的に自分の言動や想いを考えてみよう

恋愛経験が少なければ少ない程、つい恋に全てを振り回されてしまう事があるかもしれません。

周りが全て見えなくなってしまい、相手に迷惑がられて居る事に気が付かない事もあるかもしれません。

その事に気が付く事が出来ないと、いつの間にかストーカーと呼ばれるようになてしまう事もあるかもしれません。

それは悲しい事です。

その為、自分の考えや行動を客観的に判断して、冷静さを保つ事が重要です。

恋は盲目という言葉がある程、恋をすると周りが見えなくなるものです。

そのせいで大きな事件に発展してしまう事も珍しい事ではありません。

恋する気持ちが、事件に発生してしまっては相手は持ち論ですが自分にとても決して良い事では無いでしょう。

その為にも、自分の考えを冷静に判断する事はとても重要な事です。

もしあなたの周りで、恋に全てを奪われる余り周りが見えなくなって居る人が居たらその姿を冷静に判断してみてください。

そして、それを自分の中に留め自分が恋をしたときにそうならないように冷静さを取り戻すきっかけとしてみてはいかがでしょうか。

5. 好きなのに拒否する女心もある

女心と秋の空という言葉がある程、女心は変わりやすいものです。

その為、好意を向けてくれていると思ったらいつの間にか嫌われて居る事もあるかもしれません。

反対に嫌われていると思ったら
、好かれている事もあるかもしれません。

その為、自分の気持ちは勿論相手の気持ちを冷静に判断する事も必要でしょう。

女性の中には恋の駆け引きとして、最初は相手からのアプローチを拒否する事もあります。

その為、その事を鵜呑みにして身を引いてしまうとせっかくのチャンスを無駄にしてしまう事もあるかもしれません。

ですから、多少のアピールは必要でしょう。

ですが、ここで忘れてはいけない事が本気の拒否も勿論あると言う事です。

その為、相手が本気で嫌がっているのにも関わらず、それを冗談だと受け止めてアッピールを繰り返してしまっては相手から嫌われる事もあり得ます。

そうなってしまわない為にも、思い上がりにならない程度に相手の気持ちを考えて行動するようにしましょう。

6. 女性は意外と冷酷です

男性は情にあつい生き物です。

その為、好意を寄せてくれた女性に対してそこまでの拒否をする事は出来ないかもしれません。

ですが、女性は現実主義です。

嫌と思ったら嫌なのです。

その為、時には冷酷な迄の拒否反応をされてしまう事もあるかもしれません。

特に、元交際相手などの場合はついいつまでも気持ちがあるように勘違いしてしまう事もあるかもしれません。

しかしながら、それは大きな勘違いです。

女性は一度心が離れてしまえば、そこでおしまいです。

そこから急に恋心が復活する事はありません。

その事に気が付かず、いつまでもしつこく迫って居るといつか自分が傷つく事になってしまう事も十分に考えられます。

女性から強い拒否をされる前に、自分の現状を判断して引き際を決める事も大事な事なのではないでしょうか。

7. 男性は鈍感で盲目になりがち

男性は女性に対して夢を抱く生き物です。

その為、自分の恋愛にたしてもつい強い理想を掲げてしまいます。

『きっと彼女はこんな女性だ』『きっとこう思ってくれているはずだ』この『きっと』という気持ちが問題なのです。

きっとは予想に過ぎません。

そこに自分の主観が入って居れば、それは冷静な判断が出来て居るとは到底言えないでしょう。

自分の理想を突き詰める余り現実を冷静に判断する事が出来なくなって居てはあいてから嫌われてしまってもまた仕方がない事なのかもしれません。

恋は素敵なものです。

ですが、それを壊してしまう事もまた自分自身なのです。

そうなってしまわない為にも、自分の行動を時に冷静に見極める事も大切なポイントです。