CoCoSiA(ココシア)

目の保養にイケメンや美女の閲覧をオ...(続き4)

見るだけなら性格やその他の判断基準が加わらないから

美男美女の条件は、容姿や見かけだけでなく中身も必要であることは紹介してきました。

しかし、まずは見てくれだけでも美男美女に近づけば、人気が出るものです。

まずは、性格やその他の判断基準が関係なければ、見かけだけで勝負ができるのです。

ポジティブな気持ちになれる

美男美女と見られると、特別に接してくるので優越感が湧くのです。

レストランに行っても、中央の目立つところに案内してくれたり、愛想の良いボーイが相手をしてくれます。

普段と変わらなくても特別に対応してくれていると感じるのです。

いつもよりポジティブな気持ちになれるのです。

人はやっぱり見た目が一番なの?

初めてあった人がどんな人かを判断するには、アナタは相手のどんなところを見るでしょう。

顔つきでしょうか?それとも態度でしょうか?洋服やカバンなどの持ち物でしょうか?

誰か相手を知っている人がいれば、およそのことを聞いておくこともできますが、まったく初対面では分かりません。

人生経験が長い人は、いろんな人に出会ってきましたから、顔つきや言葉遣いである程度は判断ができるでしょう。

企業が中途採用者を募集して面接をする時には、どんな基準で選考するかですが、重視するところは順に①仕事の経験、②仕事に対する自信、③容姿、④学歴、だそうです。

仕事に意欲のある人の中では、学歴よりもやはり見た目が重要であるようです。

アルバイトの募集に応募してきた中でも、見た目が良い人の方が熱心に仕事をするそうです。

ましてや、合コンなどに参加する時には、初対面の第一印象、つまり最初の見た目が勝負を決めるようです。

新潮新書から「人は見た目が9割」というタイトルの本が出版されています。

理屈はルックスに勝てないという見出しで、日本人は驚くほど見た目に左右されているようです。

さらには、初対面の人に会ってから3~5秒くらいで第一印象が決まり、それを判断したのは「視覚情報」によるものだという報告もあるようです。

結局は性格重視です

第一印象は見た目で判断するようですが、実際に第一印象が良かった人が成功するとは限りません。

恋愛の時もそうですが、美人と言われる人は必ずしも恋愛で成功するとは限りません。

昔から「美人は三日で飽きる」ということわざがあります。

いくら美人の女性と結婚しても、美人に飽きてしまう男性もいるようです。

なんともったいない、と思うでしょうが、それなりに理由もあるようです。

見た目以上に大切なことはいろいろありますが、まずは性格です。

性格が悪い美女では、男性側はフォローが大変で疲れ果ててしまうのです。

自分以外の男性に色目を使っていないか、不倫していないかと心配して疲れるのです。

我慢できなくて好き放題に行動したり、浪費家だったりすると、心配が絶えません。

しかし、「人は見た目が9割」という本が売れたように、第一印象の見た目もやはり重要です。

男性の意見を聞くと、その通りだと思うと答えた人が66%で、そう思わないと答えた人は34%であったそうです。

肯定的な人の感想としては、見た目がいい人は中身も能力も高い場合が多いとの意見です。

内面の性格も見た目に反映されるし、不潔そうな人は不真面目で横柄な人が多いとか、見た目と中身は連動しているという意見もあるのです。

まあ結局のところ、性格は重要な項目のようです。

中身が磨かれていない人は魅力無し

美男でも美女でも、周りから認められている人達は、中身にも魅力がある人達です。

中身が磨かれている人(常識や知識を持っている人と言っても良いでしょう)は、見た目にも現れてきます。

どんなにイケメンの男性でも、靴が汚れてボロボロだったり、着ているシャツの衿が汗で汚れていたりすると、ちょっと警戒するはずです。

見た目はほんの一部であって、それ以外に評価をするところがたくさんあることを知ってください。

身だしなみを清潔にしておくことも、内面磨きの結果なのです。

美人やイケメンは3日で飽きるという人も

昔から、美人やブサイクな人にまつわることわざはいろいろあります。

中でも強烈なのは、「美人は三日で飽きる」で、反対に「ブスは三日で慣れる」という表現もあります。

(ブスは差別用語ですが、あえて使いました)
では、本当に美人は三日で飽きるのでしょうか?

興味があるテーマなのですが、実際に約1000名の男性のアンケート調査によると、本当だと答えた人の割合は11.7%で、そうでないと答えた男性はなんと88.3%だったそうです。

これによると、美人は飽きないと思う人が多いようです。

つまり、あのことわざは、美人を恋人や嫁にできない人達が、やっかみを込めて呟いたことわざではないでしょうか。