エンターテイナーなお笑い芸人
人生ではたくさんの人と出会いますが、出会う人の中には面白い性格をしている人もいると思います。

普通の面白いの枠を超えて、一緒にいるとワクワクしたり、いつも話の中心になってその場を和ませてくれるような人っていませんか?

話してくれる内容は常にユーモアがあり、その場が盛り上がるような、みんなが楽しい気持ちになれるような話題を提供してくれるような人が多いと思います。

例えるならばお笑い芸人さんのような人です。

エンターテイナーな人と呼ぶべきかもしれませんが、話が面白くて、気遣いのできる人はモテます。

一緒にいて楽しいので友達もたくさんいますよね。

そんな人に対してあこがれの気持ちを持つ方もたくさんいるかと思います。

今回はそんな、エンターテイナーな人の特徴について簡単にご紹介していきたいと思います。

️エンターテイナーな人って?

エンターテイナーな人というとあなたはどんな人を想像しますか?

エンターテイナーな人を想像する前にエンターテイナーという言葉について簡単にご紹介したいと思います。

エンターテイナーとは自分自身の特技であったり、演技やパフォーマンス、もしくは音楽など自分が持っている特殊な技能を披露してそれを見ている人たちを楽しませる、或いは笑わせたりすることで周りにいる人たちを接待することを指しています。

なので自分が持っている何かしらの特技を周りの人たちに見せて、その場を盛り上げる人という意味合いで解釈することができます。

あなたの周りにも特殊な芸を持っていて、それをみんなの前で披露して驚きや笑いなどを生み出している人は見かけたことがあるかと思います。

それを職業にしている人もいますし、自分の趣味として楽しませているだけの人もいます。

実際にエンターテイナーを職業としている人について簡単にご紹介していきたいと思います。

テレビで見かけるタレントさん

まずエンターテイナーと聞いて一番はじめに思いつくのが、テレビで見かけるタレントさんです。

まず、自分自身の演技などを見せるという意味では、テレビで見かけている俳優さんなどが自分の演技という芸を披露して、ドラマや舞台に出演していると考えると、エンターテイナーとして該当すると思います。

例えば、小栗旬さんなどはテレビドラマでも活躍しています。

そして、舞台公演などで活躍もしています。

演技を売りにしている役者さんであり、芸能人です。

なんとなくテレビだけを見ていると、有名人というくくりで考えてしまいます。

その人が持っている芸などについてあまり細かく考えたりはしないことも多いかと思います。

しかしながらテレビに出ているタレントさんは、幅広い芸を持っている人が多く、演技以外にも様々な芸を持って観客を沸かせている人たちもたくさんいます。

人を笑わせる芸人さん

ダンスをするエンターテイナー
エンターテイナーと聞いて次に思い浮かべる人は、人を笑わせるお笑い芸人です。

今ではたくさんの番組でお笑い芸人が活躍していますよね。

お笑い芸人で活躍している人の中には、ひな壇などで、大きい声を出してリアクションを取っていたりします。

バラエティ番組などで、漫才やお笑いコントなどを行ったり、ある程度実力が身についてMCとして活躍している人もたくさんいます。

お笑い芸人で代表的な人と言えば、明石家さんまさんです。

明石家さんまさんこそ、人を笑わせる事に命をかけてエンターテイナーとしての人生を歩んでいる人だといえます。

場を盛り上げるのが得意で、なんでも笑いに結びつかせてしまうほどの才能を持っています。

たくさんのテレビ番組などで冠番組を持ったりと、ものすごく活躍しています。

そして、最近ではドラマなどにお笑い芸人さんが抜擢されるケースもかなり多くなっています。

女性お笑い芸人のブルゾンちえみさんは、ドラマに出演するだけではなくCMなどにも抜擢されています。

お笑いだけではなく、演技などにもチャレンジするなど、お笑い芸人が大活躍している例の一つであるといえます。

道端にいるパフォーマーさん

道端を歩いていると何らかの芸を行ってる様なパフォーマンスを見かけたことがあると思います。

例えば大道芸人のようにピエロの格好をしてパントマイムを披露している人。

路上ライブなどを行って歌声をたくさんの人に聞かせている音楽家。

どこにでもあるような素材を使って音楽を奏でている人など、様々なパフォーマーがいます。

道端にいるパフォーマーさんもエンターテイナーであると称することが出来ますね。

️エンターテイナーな人の10の特徴

変なカッコウをするエンターテイナー
ここまでは具体的にエンターテイナーな人について簡単にご紹介していきました。

ここからは、エンターテイナーな人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介した人達以外にも、その人間性自体がまさにエンターテイナーであるという場合もあります。

例えば、職業はエンターテイナーな仕事ではなくても、楽しい事が好きで、人を笑わせたりすることが好きな人が該当します。

エンターテイナーな人が身近にいる場合は、一緒にいて楽しい気分になれたり、いつも盛り上げてくれるから仲良くしている人も多いと思います。

エンターテイナーな人はそれだけで、人から愛される存在です。

人の事を思って笑わせてくれるからこそ、人気があり、一緒にいて退屈しません。

イベントや集まりに呼ばれたりするなど、充実した人間関係を築いている場合が多いといえます。

エンターテイナーな人の内面に憧れて、自分自身もエンターテイナーな内面が欲しいと思った方もたくさんいるかと思います。

具体的にエンターテイナーな人の特徴についてご紹介する中で、特徴を知れば、どうしたら近づけるのかという事もわかるようになります。

なので、エンターテイナーな人の特徴を理解して、少しでもエンターテイナーな内面性を身に着けられるように自分なりに工夫してみてください。

継続して努力し続ければ自分もエンターテイナーな特徴を持てるようになり、たくさんの人から愛されるようになれると思いますよ。

人のために何かできる

まずご紹介するエンターテイナーな人の特徴として人のために何かできるということが挙げられます。

先ほどの職業を考えると、基本的にはお客さんを楽しませるということを一番のコンセプトに考えています。

例えば、テレビドラマや舞台などで活躍している俳優さんは、その持っている演技力という芸を使って、観に来ているお客様を楽しませます。

お笑い芸人に関しても同じで、自分のお笑いの舞台を観に来てくれてる人を笑わせます。

そして、テレビなどのバラエティ番組などで面白いことを言って、たくさんの人を盛り上げます。

地方営業などで何かしらのイベントなどに呼ばれることもあります。

やはりお客さんを楽しませるということがどちらも通ずるといえます。

自分が今持っていることで、どうすれば人のために何かできるか。

この気持ちがとても強い人や、実際にこの気持ちを持って行動している人がエンターテイナーな人の特徴だと言います。

では人のために何かできるかということを具体的に細くご紹介していきます。

人を楽しませる

まず人を楽しませるということが一番多く考えられると思います。

その場にいる人たちのために何か楽しいことをしたいと常々思っている人です。

エンターテイナーな性格の人は必ず、自分の気持ちのどこかに人を楽しませたいという部分を持っているはずです。

例えば、たくさんの人が集まった時によく話題の中心になったり、面白いことを言ってその場を盛り上げたりすることに積極的な人はいませんでしたか?

学校などを思い出してみてください。

学校のクラスはだいたい1クラスが30人ぐらいの人数で編成されていたと思います。

それぞれのクラスに一人ぐらい笑いの中心になってる人や、何か面白いことを言ってクラス全体のムードメーカーとなってきた人がいたと思います。

そのムードメーカーこそまさにエンターテイナーな人だと言えます。

たくさんの人を自分の体や言葉で楽しませてあげたいと心で思っている人は、自然とそのような行動ができます。

人を楽しませることで生きがいを感じている人であるともいえます。

人を楽しませてあげたいと思っている人はそもそも人が好きでたまらない性格です。

楽しいことが好きでみんなと一緒に楽しい時間を過ごしたいと思っているからこそ、人を楽しませてあげたいと思っています。

人が好きだからこそ人のために何かできないかという風に心の中で考えている結果であるといえます。

人を元気付ける

人を元気づけさせてあげたいという気持ちを持っていることも一つの特徴です。

エンターテイナーと聞くとどうしても人を笑わせてあげたりすることが一番メインに考えられてしまいがちです。

しかし、人を笑わせることだけがエンターテイナーではありません。

エンターテイナーは人を元気づけるさせることができるも特徴の一つです。

アーティスト例に出して考えてみると、自分たちで音楽を作ってその音楽をたくさんの人に楽しんで聞いてもらうことを職業としています。

音楽は不思議な力を持っていて、楽しい気分にさせてくれます。

そして、曲調によっては悲しい気持ちになったり、落ち込んだ気分を元気づけさせてくれるような音楽があります。

日本にもたくさんのアーティストがいますが、アーティストはだいたい年に数回ほど自分たちで様々な地方に行きライブをしていますよね。

そのアーティストのファンはライブを行う際にはチケットを取ってそのアーティスト音楽を聴きに行きます。

音楽を聴きに来てくれたファンに自分たちの音楽で元気付けてくれているとも考えられます。

例えば日本でも様々な場所で地震が起こって被災してしまった方たちがたくさんいます。

そんな被災してしまった場所でライブをしているアーティストもいます。

これは、たくさんの人を元気づけさせるために活動したいと思っているからです。

このように、様々な形で直接的にも間接的にも元気を届けてくれています。

悲しんでいる人がを見ると、つい元気づけさせてあげたくなるような気持ちを持っている人は、エンターテーナーな心を持っているといえます。

人を励ます

エンターテイナーな人の特徴として人を励ますことが特徴の1つとして挙げられています。

例えばあなたの周りに困っている人であったり悲しんでる様な人がいたとします。

面倒だから関わりたくないと思ってしまうような人もいます。

そんな中、積極的に関わり、悩みを聞いてくれたり、励ましてくれるような人もいますよね。

人のために何かしてあげたいと強く思っている人は、誰かが困っていたり、悲しんでいたりするとどうにかしてあげたいと思って助け船を出してくれます。

もちろん下心があって助けようとする人もいます。

でも中には、何も見返りを求めずに助けたいと思っている人もいます。

見返りを求めずに人のために何かをできる人は、エンターテイナーな心を持っているのです。

人のために無条件で何かを出来るという事は、まさに真のエンターテイナーであるといえます。

エンターテイナーな人になりたいと思うのであれば、人に対して無条件で手を差し伸べられるような優しい人間性を持つことが大切です。

人に何か伝える

何かを伝えるということもエンターテイナーの特徴です。

エンターテイナーな仕事をしている人の中には、人に対して何かを伝えたりする職業の方がたくさんいます。

お笑い芸人であれば笑い、俳優さんであれば演技を通して悲しみや怒り、嬉しさ、楽しさを伝えています。

音楽を使って感動を与えている人もたくさんいます。

このように、何かしらの手段を用いて、人に伝えようとしている事はエンターテイナーであり、エンターテイナーの基本であるといえるのです。

なので、周りの人に対して面白い笑いを与えたいと思ってその場を盛り上げてくれる人は、笑いを伝えたいと思って行動しているので、エンターテイナーなのです。

会話が上手

エンターテイナーな人の特徴として会話が上手であるということが挙げられます。

例えばお笑い芸人さんを想像してみると、お笑い芸人さんは漫才やコントなどを用いてたくさんの人に笑いを伝えたいと思っていますよね。

お笑い芸人さんの芸風によって違うかもしれませんが、大体の人達は言葉を使って笑いを届けようとしています。

当然ながら自分達の言葉が武器になるのでお笑い芸人さんは会話がとても上手です。

特にブラックマヨネーズの吉田さんなどは、瞬時に状況を把握して面白いことを言葉に出す能力がとても高いと言えます。

その場の状況を考えて、最適な笑いに取れる言葉を自分の頭の中で変換して、即座に吐き出すことは頭が良くなければ絶対にできないことです。

またお笑い芸人さんが会話が上手だというひとつの理由として、お笑い芸人さんは面白い話をしなければいけないので、面白い話をするためにオチをつける必要があります。

あなたの周りにもオチがないような会話をして、みんながきょとんとした顔になっているのを見かけたことがないですか?

オチがない会話はつまらないわけではないですが、メリハリがなくてだから何?という風になってしまいやすいのです。

だからこそお笑い芸人さんは話の構成などを考えた上で、どういう風に物事を伝えれば一番面白くなることを考えながら話を組み立てています。

話しているような内容はばかばかしい内容でも、実際は緻密に考えて作られた構成であったりもするので、会話が上手であるといえます。

お笑い芸人さんお話の例に出すと極端すぎるかもしれませんが、日常的にエンターテイナーな人と関わる時でもなんとなくエンターテイナーな人は話をするのが上手だったりします。

周りの人を面白くさせるということを行い慣れているので、どういう風に話をしてどういう風なテンションで会話を持っていけば笑いが生まれるかということを自然と身につけているのです。

なので、自然と会話も上手だと感じます。

同じ内容を別の人が言っても面白くないのに、エンターテイナーな人がいうと面白く感じてしまいやすいです。

これはエンターテイナーな人の一つの能力であり、特徴だとも言えます。

盛り上げ上手

エンターテイナーな人の特徴として盛り上げ上手であるということが挙げられます。

エンターテイナーな人はその場にいる人たちに楽しんでもらいたいと言う気持ちが強いので、ついついサービス精神旺盛になって盛り上げてしまいがちです。

自分が持っている何かしらの芸を披露することもあれば、自分の面白い過去のエピソードを話すことによってたくさんの人たちに笑って欲しいと思って様々な話をすることもあります。

盛り上げたいという気持ちの奥底には、「みんなに楽しんで欲しい」「笑って欲しい」という思いがあります。

そして「人から認められたい」という気持ちもあると思います。

たくさんの人に笑ってもらって、自分という存在を必要として欲しい。

これはある種の承認欲求として自分の中に芽生えている可能性も大きくあります。

おそらくこの気持ちは誰もが持っている気持ちだと思います。

方法が違うだけであって、承認欲求はたくさんの人が持っています。

例えば、SNSにたくさん自分の写真を載せるような人もいますよね。

自分が充実している生活をたくさんの人に知ってもらうことで、自分は人生を楽しんでいるんだと言うことを理解して欲しいのです。

これも結局のところ、承認欲求をも満たす行動になるので、最終的には同じ欲求を満たしているという風にも考えられます。

しかしながら直接的に笑わせたり良い気分にさせる方法という点では、方法はまったく違います。

人に笑いを与えているので、人から好かれやすいという傾向があるのも確かだといえます。

ユーモアセンスがある

ユーモアセンスがあるということを挙げられます。

ユーモアセンスがあるということは一般的には話が面白いと言うことと同じような意味合いを持っています。

あなたの身の回りにも話が他の人よりも格段に上手であったり、人を楽しませたりする事に関しては天才的な技術を持っていると感じる人もいると思います。

そういう人は、いつも話題の中心になっていたり、人を笑わせる技術をたくさん持っています。

人を笑わせるということはただ言葉で笑わせるだけではありません。

自分の身振り手振りなどを使って人を笑わせたりする場合もあります。

おもしろおかしな動きをして人を笑わせることもあると思います。

そのようにたくさんの人を笑わせる方法を身につけている人ほど、ユーモアセンスがあると言えます。

話の組み立て方や言葉の選別が上手な人ほどユーモアセンスがありますよね。

積極的

エンターテイナーな人の特徴として積極的であるということが挙げられます。

一見エンターテイナーな特徴と積極的の関連性がよくわからないと考える人もいるかもしれません。

しかしながらエンターテイナーと積極的には関連性があり、例えばエンターテイナーな人の気持ちの奥底には、人に何かしらを伝えたいという気持ちがあるはずです。

例えば、悲しんでる人を元気づけさせてあげたいと思ったら、話を聞いてあげるなど、何かしてあげたいことがあると思います。

しかしながらそう思っていたとしても、行動に移さなければ意味はありません。

周りの人からその人の印象を感じることはありません。

だからこそエンターテイナーな人は、実際に行動に移しているからこそたくさんの人にそのような印象を与えられるのです。

エンターテイナーな人は積極的に他人と関わり、他人に対して何かを与えたり何かを感じようと努力をしています。

他人と関わろうと積極的に行動している人ほど周りから認められていると思います。

いつも笑顔

エンターテイナーな人の特徴としていつも笑顔でいるということが挙げられます。

あなたの身の回りにいるエンターテイナーな人を想像してみてください。

おそらくいつも笑顔で楽しそうにしている姿を思い浮かべませんか?

エンターテイナーな人は笑わせたり楽しませたい気持ちがとても強いので、周りの人に気遣いができます。

面白いことを言おうということも、その場にいる人たちを笑わせて良い空気を作りたいというサービス精神から生まれるものですよね。

そして、自分自身が常に楽しもうとしている姿勢があるからこそ周りの人を楽しくさせることができます。

そのことを自然と理解しているからこそ自分が楽しくなって、初めて人を笑わせるという行動をとっているのです。

また気遣いができる人であれば、どんなに嫌なことがあったりしても自分が嫌な空気を出して周りの空気を悪くすることをしません。

常に笑顔で何事もないように明るく振る舞っているのです。

明るく元気

エンターテイナーな人の特徴として、明るく元気であるということが言えます。

エンターテイナーな人は人に対して楽しくさせてあげようという思いを人一倍持っています。

常に自分自身が明るく元気である事の大事さを理解しています。

日常的に暗い性格で元気がないような人がエンターテイナーであることは想像つきませんよね。

エンターテイナーである人は、話題の中心になってその場の空気を盛り上げたりすることができ、常に明るく元気に振る舞っていることが多いです。

その人自身が常に明るく元気に振る舞っているからこそ、周りにいる人たちもそれにつられて自分達も笑ったり楽しい気持ちになったりすることができるからです。

エンターテイナーな人はそれを無意識でできるのです。

結果的に言えば人を楽しませることが癖付いていて、自然と笑いを作り出す力を持っているとも言えます。

人をよく見ている

エンターテイナーな人の特徴として、人をよく見ているということが特徴の1つとして挙げられます。

人の中心となって話題を提供する中で、あまり人の事を見ていないように感じますが、実は人の顔や行動などをよく見ている事が多いです。

たくさんの人を楽しませたいと思っているからこそ、話をしている中でつまらなさそうにしている人がいないかと気にしながら話している人が多いです。

そもそもの楽しませてあげたいという気持ちは、気遣いや思いやりを持っているから行なっている行動です。

つまらなさそうにしている人を見れば、自然と気にかけてあげたり、話を振ったりするなど、人に対してのコミュニケーションが上手である場合が多いです。

結果的にそれが人の楽しみに幸せに繋がっているので、エンターテイナーな人の周りは常に楽しそうで、たくさんの人が笑顔になっているともいえます。

恥や失敗を恐れない

エンターテイナーな人の特徴として恥じや失敗を恐れないということもあげられる特徴の1つです。

エンターテイナーの人は自分の恥は失敗をいちいち気にしません。

そもそも恥や失敗を気にしていては、サービスであったり大掛かりな笑いなどを提供することはできません。

面白い友人を想像してみてください。

自分が失敗した経験などを話して、その場で笑いを取ったり、笑いに対して貪欲である場合の方が多いです。

失敗をしたとしても、あきらめずに笑いをとりにいく姿勢や、常に前向きでポジティブな性格をしているからこそ、周りにいる人達が元気をもらえます。

それが、笑いがおこる大きな要素となっています。

恥や失敗を恐れてウジウジしているような人が、たくさんの人の前で中心になって笑いをとることはなかなか考えにくいことです。

面白い事を言おうとしたときに、たいして面白くなくて、シーンとなった時にそれでもポジティブな反応をするからこそ面白いのです。

そこでうじうじしたりしていてもまったく面白くないですし、場がシラケてしまいますよね。

なので、恥や失敗を恐れていないという事もエンターテイナーの特徴であるといえます。

人に負けない特技がある

エンターテイナーの人の特徴として、人に負けない特技を持っているということが挙げられます。

エンターテイナーな人は自分が持っている例を用いて、たくさんの人に何らかの影響を与えたいもしくは伝えたいと思っている人が多いです。

結果的にそれが職業となってお笑い芸人だったり、俳優さんであったりアーティストなどになっていると考えられます。

その特技を持ってたくさんの人に何らかのことを伝えているからこそ、エンターテイナーな人は人に負けない特技を持っていると言えます。

️エンターテイナーな人、カッコいいですよね

エンターテイナーな人に関しての特徴などをご紹介してきました。

普段何気なく私たちが見ているエンターテイナーな人の考えている心の奥底には、様々な気遣いや優しさが含まれていることを知れたと思います。

目に見えませんが、必ず心の奥底にはご紹介した感情が見え隠れしているはずです。

この事を知って、今一度自分の身近にいるユーモア溢れるエンターテイナーな人を見ると、とても素晴らしい人であり、かっこいいということが理解できたと思います。

エンターテイナーな人を見ていると、自分もこんな人みたいな面白い人間になりたいなと憧れを抱くことも多いと思います。

なかなか簡単には自分を変えることができませんが、毎日継続して努力をすれば近づくことは必ずできます。

一緒にいて居心地が良く楽しいなと思うような人がいれば、その人の良い部分を盗んで自分がエンターテイナーな人となって笑わせられるように努力してみてください。