CoCoSiA(ココシア)

あしらうのが上手い人の6個のやり方


あなたが生活をする上で、人との関わりは避けて通れない事であるかと思います。

例えば、学校へ通うにしても同じクラスの人や先輩後輩、学校の先生などなど、様々な人と関わりがあります。

仕事を行いにしても同じ会社の人達、そして社外での取引先の会社さんや営業先の人、様々な人と関わっていく事が想定されます。

生きていく上では人との関わりは避けて通れない物です。

たくさんの人がいるので、一緒にいて楽しい人がいれば、反対に一緒にいると苦痛だったり、あまり好きだとは思えないような人が存在するのも事実です。

なので、避けて通れない問題として人間関係の問題が出てくるといえます。

例えば、お互いに嫌悪しているような状態であれば、接触するたびに嫌な気持ちになってしまったり、属している場所の人達とうまくやっていけないなど、様々な問題が浮かび上がってきます。

そんな中で、よくある状況としてあまり好きではない人から頻繁に何らかのお誘いがあったり、嫌な事などを押し付けられそうになるなど、あまり良くない状況なども考えられます。

今回はそんな状況で上手にあしらうという事をテーマにして、あしらい上手になるためのやり方についてご紹介していきたいと思います。

️あしらうのが上手な人の6個のやり方

あしらうということの大切さもある程度理解した上であしらうことが上手な人のやり方について簡単にご紹介しています。

あしらい方が下手である場合は相手から付け込まれる隙なども与えてしまい面倒なことになりかねません。

しかしながら上手なあしらい方ができると相手は何も言えなくなったり、上手にやり過ごすことができるので人間関係を保ったままその状況から逃れることが出来たりするなど使い方をマスターすればとても便利なスキルだと言えます。

早い段階からあしらい方をマスターしておくことで人間関係を上手に形成することもできれば、世渡り上手になることもできますので、あしらい方が下手だと自分自身で感じている方はご紹介するやり方を参考にして、自分の中で取り入れて工夫してみてください。

聞き流す

まず最初にご紹介する上手なあしらい方として聞き流すということが挙げられます。

想定される状況としては相手が文句を言ってきたり、皮肉なことを言ってきたりする場合が考えられます。

たくさんの人と接していると、どうしても性格が悪い人や口調が悪い人に関わる場合があります。

関わりたくないと思った人に対してはなるべく距離をあけて関わらないようにすればいい話ですが、どうしても最低限関わらないといけない状況が存在するのも事実です。

そんな時に自分に対して文句を言われたり皮肉なことを言われたりした時にはまず聞き流すことが大切です。

相手が何を言ってきても聞き流すことによってこちらが熱くなることを防ぎ相手のボルテージがさらに上がることを防ぐことができます。

相手が文句を言ってくる時にこちらもそれに比例して言い返したり反論したりすると相手の怒りのボルテージがさらに上がってしまいます。

日常的に激しい言葉や行動をとっている人はカッとなりやすい性質を持っているので、怒りのボルテージが上がりやすいですし怒りの沸点が他の人よりも低いことが想像できます。

なので、なるべく相手のボルテージを上げずになおかつこちらも暑くなることを防ぐためには聞き流すことがとても上手なやり方です。

相手がどんなに腹が立つようなことを言ってきたとしても断固として聞き流すことを行っていれば相手の怒りをぶつけようが無くなるので最終的にはその場から逃れることができます。

状況によっては聞き流すというこのスキルを上手に用いることでその場を回避することができるので身につけてください。

真顔で接する

次にご紹介する上手なあしらい方としてな顔で接するということです。

先ほどと同じように相手が文句言って行ったり皮肉なことを言ってきたりする時に本来取りやすい行動としては相手から言われた言葉に対して笑って誤魔化そうとしたり、逆にこちらもムスッとした態度をとるということがとられがちな行動です。

そのままでニヤニヤしていたり笑ったりして誤魔化そうとすると相手はさらにその部分にイライラして激しい文句を言ってくる可能性が高くなります。

さらにこちらがむすっとした態度をとってしまうとその態度が気に食わないということで同じようにイライラしてさらに激しい言葉をぶつけてくる場合があります。

なのでな顔で接することによってヘラヘラしてもいないし、特に怒っているわけでもないというような状況を作り出すことで相手がどう行動すれば良いかわからなくさせてしまうことが大切です。

何を言っても真顔であったり聞き流すようなことをすると相手は怒りをどこにぶつければ良いかわからなくなるので次第に怒りが引いていき何事もなかったかのように、その場を乗りこえることができます。

大事なのは相手のペースに乗らないということです。

冷静にこちらが淡々と対応すれば相手の怒りのボルテージを上げることもなく上手に対応することができるようになるので真顔で接しながら冷静に対応することを意識してください。

心の中で見下す

次にご紹介する上手なあしらい方として心の中で相手を見下すと言うことです。

どうしても話をしていると相手から言われる文句や皮肉なことに対してこちらも怒りのボルテージがあがって吐いてが出そうになったり文句を言いそうになったりしてしまいます。

しかしながらここまでご紹介してきたように相手のペースに乗ってしまったり相手の怒りのボルテージが上がるような事を取るのは後々面倒なことになります。

状況によっては相手の立場によって怒れないような相手である可能性もあるので、こちらが熱くなることを防ぐためには自分の心の中だけで相手のことを見下すことが大切です。

言葉には出さないにしても自分の心の中で相手を論破したり言い換えしたりして心の中で見下すことで自分の中のイライラをある程度少なくすることができるので、自分の光を抑えると言う意味でも心の中で見下すことは大切な行動です。

むすっとした態度をとってしまっても自分の心の中だけで言葉を封じ込めておけば、まだ改善のしようがあります。

しかしつい我慢できずに、相手に対して文句を言ってしまった場合は文句を言ったという事実が残ってしまうので、相手との関係の修復がとても難しくなってしまう場合があります。

相手がどんなに腹が立つ人間でも仕事の関係上あまり揉めるのは得策ではないと考える時にはこのように自分の心の中だけで見下すようにして、関係を悪くすることを防ぐことを第一に考えることが世渡り上手であると言えます。

忙しそうにする

次にご紹介する上手なあしらい方として忙しそうにするということが挙げられます。

例えばあまり好きではない人からご飯を誘われたり何かしらの頼みごとをされそうになった時が想定されます。

相手から誘われた時に上手な避け方としては声をかけられた時に忙しそうにすることによって仕事が忙しくてプライベートの時間を過ごす余裕がないということをアピールすればより説得力を増して相手の誘いに対して断ることができます。

単純に何かしらの理由をつけて断ることも簡単ですが、ただ理由を言って断るだけでは何となく説得力が弱く自分のことを好きではないのかなと相手から思われたりもう二度と誘わないようにしようと思われてしまう可能性もあります。