あなたが生活をする上で、人との関わりは避けて通れない事であるかと思います。

例えば、学校へ通うにしても同じクラスの人や先輩後輩、学校の先生などなど、様々な人と関わりがありますし、仕事を行いにしても同じ会社の人達、そして社外での取引先の会社さんや営業先の人、様々な人と関わっていく事が想定されます。

生きていく上では人との関わりは避けて通れない物です。

たくさんの人がいるので、一緒にいて楽しい人がいれば、反対に一緒にいると苦痛だったり、あまり好きだとは思えないような人が存在するのも事実です。

なので、避けて通れない問題として人間関係の問題が出てくるといえます。

例えば、お互いに嫌悪しているような状態であれば、接触するたびに嫌な気持ちになってしまったり、属している場所の人達とうまくやっていけないなど、様々な問題が浮かび上がってきます。

そんな中で、よくある状況としてあまり好きではない人から頻繁に何らかのお誘いがあったり、嫌な事などを押し付けられそうになるなど、あまり良くない状況なども考えられます。

今回はそんな状況で上手にあしらうという事をテーマにして、あしらい上手になるためのやり方についてご紹介していきたいと思います。

️あしらい上手は世渡り上手?

社会に出ると人間関係などは今までに比べてとても複雑なものになっていきます。

今までは好きではない人とは距離を上げて関わることを防げたかもしれませんが時と場合によってはどうしても嫌な人と付き合っていかなければいけないという状況も生まれてきます。

もちろん接触回数を少なくするなど何らかの工夫などはできますがそれでも一切関係を断ち切ることはできない場合なども想定されます。

例えばあなたの仕事先の上司がどうしても生理的に受け付けないという状況があったとします。

ただどうしても仕事場の上司という立場である以上どうしても何らかの結果報告であったり、今後の仕事の内容についてなども話をしなければならない立場である場合は、接触回数を減らすことはできても必ず最低限の付き合いなのは必要となってしまいます。

相手からも嫌われている場合は相手も接触回数を減らしてくれるかもしれませんが、一方的に嫌っている場合は相手はそこまで気にしていないので、こちら側だけが意識してストレスになってしまったりする状況も考えられます。

時にはそんな嫌いな上司からお誘いなどもあったりする事もあるでしょう。

そんな時に、求められるのが上手なあしらい方です。

下手なあしらいをしてしまうと、関係が悪くなってしまい、仮にも上司という立場である以上関係を悪くするのはこちらにもデメリットがあるので、上手なあしらい方をする事が世渡りが上手になるというものです。

なので、社会人になれば、時として上手なあしらい方をマスターしているかしていないか
で、大きく過ごしやすさが変わってくるといえます。

️あしらうって?


あしらい上手になるという事は世渡りが上手になり様々な場面で役に立つということをご紹介しましたが具体的にあしらうとはどういう意味なのか正しく理解しておくことが大切です。

あしらうという意味は応対する、応答するという意味合いを持っており、その他には相手を軽んじた扱いをする、見くびって適当に応対をする、そして素材や色などを上手く取り合わせる、というような様々な意味合いを持っています。

あしらうというたった一つの単語でもこれほどまでの様々な意味合いを持っていますが世間一般的に考えて走らんと言う意味を考えると応対する、もしくは軽んじた扱いをすると有用な意味合いで使われていることが多いです。

その中でもどちらかといえば黄体するという意味よりかは軽んじた扱いをするという意味の方が多く用いられています。

例えばあなたの身の回りにも、誰かから適当に扱いを受けて怒っている人を見かけたことがあると思います。

その状況こそまさに適当にあしらわれたと言う言葉で表現することができます。

なので世間一般的に考えるとあしらうという言葉は、人によってはあまり良い意味で用いられていない場合なども考えられるので言葉に出す時には注意して用いる様にしましょう。

難しい対応を上手くこなすこと

難しい対応を上手にこなすことをあしらうという言葉を用いて表現することもできます。

例えばあなたが何らかのサービスの会社に所属していたとしてある日お客様から電話がかかってきてクレームの電話だったとします。

クレームの電話は無理難題を言ってくるような文句を言いたいだけの人もかなり多く存在しており、少しでも問題があったことをいいことに、様々な無茶な要求をしてくる場合も考えられ、金品を要求してくるようなケースなども多く存在します。

そんなクレームの電話をあなたが対応することになりとても難しい内容だったとしても上手に対応したとします。

上手に対応した結果あなたが難しいクレームの電話を上手にあしらうことができたと言うように表現することができます。

あしらうと言う言葉はこのように難しい状況を上手にこなすことができるという風に表現することはできる便利な言葉です。

ただ使い方によっては失礼な場合もあり、クレームの電話をあしらってやったというような使い方は失礼に該当するので、使う時には注意して使うようにしてください。

適当に受け答えすること


何らかの対応について本気で対応するのではなく、ある程度適当に受け答えをするということもあしらうと言う言葉を使って用いることができます。

例えばどうでもいいような事をいちいち突っかかってくるような人が存在するのも事実です。

先ほどのクレームの電話の例でもそうですが、本来であればさほど問題でもないし、実際に被害をこうむっているわけでもないのに、あーだこーだ言ってくるような人は存在します。

そんな人に対していちいち本気で対応していれば時間がいくらあっても足りません。

本当に悪い場合は謝罪が必要ですが、そこまで気にするような必要がないのにいちいち文句を言ってくるような人に対して本気で対応しても意味がないので、適当にあしらったりする場合があります。

このような使い方をすれば、あしらうという言葉が適当な対応をするという意味合いとして用いる事が出来ます。

例えばクレームの電話があって上司に報告した時に、その内容聞いた上司が「そんなもん適当にあしらっとけ」という風に用いることもあるかもしれません。

あしらうという言葉を適当という言葉の後につけるだけでこのような意味合いで用いることができます。

あしらい方を身につけよう

簡単にあしらうと言う言葉の使い方などをご紹介しましたが、ここからご紹介する土産としてあしらうということは適当に対応するという意味ではなく上手にやり過ごす、対応するという意味でとらえて頂ければと思います。

適当にあしらう事は簡単ですが、時と場合によっては相手に対してものすごく失礼な状況になってしまいます。

例えば親友と言えるぐらいとても仲がいい間柄でどうでもいいような事を相談してきた場合に適当にあしらうようなことをしてもそこまで問題になることはありませんが、自分の直属の上司でいつも面倒見てくれている人がある日誘ってきて適当にあしらったりすると相手に対して信頼をなくすような適当な態度と捉えられる場合もあるので必ず相手によって使い分ける用にすることが大切です。

そして目上の人やあまり信頼関係が出来上がっていないような人に対してあしらう場合は上手な対応するという意味合いを理解した上で行動することが大切です。

️あしらうのが上手な人の6個のやり方

あしらうということの大切さもある程度理解した上であしらうことが上手な人のやり方について簡単にご紹介しています。

あしらい方が下手である場合は相手から付け込まれる隙なども与えてしまい面倒なことになりかねません。

しかしながら上手なあしらい方ができると相手は何も言えなくなったり、上手にやり過ごすことができるので人間関係を保ったままその状況から逃れることが出来たりするなど使い方をマスターすればとても便利なスキルだと言えます。

早い段階からあしらい方をマスターしておくことで人間関係を上手に形成することもできれば、世渡り上手になることもできますので、あしらい方が下手だと自分自身で感じている方はご紹介するやり方を参考にして、自分の中で取り入れて工夫してみてください。

聞き流す

まず最初にご紹介する上手なあしらい方として聞き流すということが挙げられます。

想定される状況としては相手が文句を言ってきたり、皮肉なことを言ってきたりする場合が考えられます。

たくさんの人と接していると、どうしても性格が悪い人や口調が悪い人に関わる場合があります。

関わりたくないと思った人に対してはなるべく距離をあけて関わらないようにすればいい話ですが、どうしても最低限関わらないといけない状況が存在するのも事実です。

そんな時に自分に対して文句を言われたり皮肉なことを言われたりした時にはまず聞き流すことが大切です。

相手が何を言ってきても聞き流すことによってこちらが熱くなることを防ぎ相手のボルテージがさらに上がることを防ぐことができます。

相手が文句を言ってくる時にこちらもそれに比例して言い返したり反論したりすると相手の怒りのボルテージがさらに上がってしまいます。

日常的に激しい言葉や行動をとっている人はカッとなりやすい性質を持っているので、怒りのボルテージが上がりやすいですし怒りの沸点が他の人よりも低いことが想像できます。

なので、なるべく相手のボルテージを上げずになおかつこちらも暑くなることを防ぐためには聞き流すことがとても上手なやり方です。

相手がどんなに腹が立つようなことを言ってきたとしても断固として聞き流すことを行っていれば相手の怒りをぶつけようが無くなるので最終的にはその場から逃れることができます。

状況によっては聞き流すというこのスキルを上手に用いることでその場を回避することができるので身につけてください。

真顔で接する

次にご紹介する上手なあしらい方としてな顔で接するということです。

先ほどと同じように相手が文句言って行ったり皮肉なことを言ってきたりする時に本来取りやすい行動としては相手から言われた言葉に対して笑って誤魔化そうとしたり、逆にこちらもムスッとした態度をとるということがとられがちな行動ですが、そのままでニヤニヤしていたり笑ったりして誤魔化そうとすると相手はさらにその部分にイライラして激しい文句を言ってくる可能性が高くなります。

さらにこちらがむすっとした態度をとってしまうとその態度が気に食わないということで同じようにイライラしてさらに激しい言葉をぶつけてくる場合があります。

なのでな顔で接することによってヘラヘラしてもいないし、特に怒っているわけでもないというような状況を作り出すことで相手がどう行動すれば良いかわからなくさせてしまうことが大切です。

何を言っても真顔であったり聞き流すようなことをすると相手は怒りをどこにぶつければ良いかわからなくなるので次第に怒りが引いていき何事もなかったかのように、その場を乗りこえることができます。

大事なのは相手のペースに乗らないということです。

冷静にこちらが淡々と対応すれば相手の怒りのボルテージを上げることもなく上手に対応することができるようになるので真顔で接しながら冷静に対応することを意識してください。

心の中で見下す

次にご紹介する上手なあしらい方として心の中で相手を見下すと言うことです。

どうしても話をしていると相手から言われる文句や皮肉なことに対してこちらも怒りのボルテージがあがって吐いてが出そうになったり文句を言いそうになったりしてしまいます。

しかしながらここまでご紹介してきたように相手のペースに乗ってしまったり相手の怒りのボルテージが上がるような事を取るのは後々面倒なことになります。

状況によっては相手の立場によって怒れないような相手である可能性もあるので、こちらが熱くなることを防ぐためには自分の心の中だけで相手のことを見下すことが大切です。