CoCoSiA(ココシア)

人付き合いが苦手な女性の9個の特徴と克服方法。男性にも当てはまる!


人付き合いが苦手で悩んでいる人はいませんか?

人付き合いが苦手だと生きづらさを感じることもありますよね。

しかし、生きていくうえで人付き合いを避けることはできません。

人間関係は幸せな関係ばかりではなく、時にはツラい経験をすることもあります。

ツラい経験が原因で人付き合いが苦手になってしまった人もいるのではないでしょうか。

この記事では、人付き合いが苦手な人の特徴や克服方法をご紹介します。

克服方法を知って苦手を解消していきましょう。

人付き合いが苦手と感じる人は多い

実は人付き合いと感じている人は意外と多いといいます。

現代社会学科では会社や学校内で、人間関係のストレスを多く感じてしまう環境があり、人付き合いに苦手意識を感じる人が増えているのです。

元々自分に合わない性格の人と過ごさなくてはならない時間が多くあると、人は人間関係に苦痛を感じます。

そのような時間が長く続いてしまうと人付き合い自体が苦手になってしまうのです。

苦手だから疲れる


一度人付き合いに苦手意識を感じてしまうと、人間関係自体に苦手意識を感じてしまう場合があります。

これは犬に噛まれた経験のある人がその人を噛んだ犬だけではなく、犬全般が苦手になってしまうことに似ています。

いわゆる条件反射ともいえる心の反応ですが、嫌いな人との人付き合いが嫌になり、その嫌悪感が人間関係全般に及んでしまうと他の人との人付き合いも嫌になってしまう場合があります。

つまり、人付き合いが苦手だという前提で人と接してしまうことで疲れてしまうのです。

さらにその症状がひどくなってしまうと、引きこもりや対人恐怖症、うつ病になる恐れもあります。

セクハラやパワハラのように本当に酷く、ツラい人間関係を苦手と思う意識は正常な意識です。

しかし、ごく普通の人間関係も苦手と感じる意識には、条件反射で人間関係=苦痛という思い込みが隠れています。

その思い込みに気付くだけでも、人付き合いを苦手と思う気持ちが軽減されます。

誰もが人間関係を良くしたいと望んでいる

人付き合いが苦手な人は多くいますが、誰もが本心では人間関係を良くしたいと望んでいます。

人には同じ種族で共同生活を送りたいという集団本能があるので、無意識的にも人との関りを望んでいます。

どんなに引きこもっている人でも、もし自分の性格が自由に変えられたら、ほとんどの引きこもりの人が良い人間関係を作れる正確に変わることを望むでしょう。

実際に性格を変えて人間関係を良くすることは中々難しいことです。

また、自分の性格よりも他人の悪意が関係している場合もあります。

しかし、本心で苦手意識を変えようとしている人は、必ずその苦手意識を克服、改善できるでしょう。

人付き合いが苦手な人の9個の特徴


それではこの章では、人付き合いが苦手な人の9個の特徴についてお伝えしてゆきたいと思います。

ここで挙げる特徴に多く当てはまる場合は、深刻な苦手意識に苛まれているかも知れません。

また、1~2個当てはまる場合は人付き合いが苦手な意識が多少あるものの、そこまで問題ではないでしょう。

多く当てはまる人ほど深刻ですが、後程お伝えする改善法を実践することで改善してゆくことができるでしょう。

ですので、多く当てはまっても自分を責めずに改善してゆけば良いのです。

それでは人付き合いが苦手な人の9個の特徴をお伝えします。

1、自分に自信が持てない

多くの人付き合いが苦手な人に当てはまる特徴が、この自分に自信が持てないことです。

自信がないために相手に劣等感を抱いてしまい、人付き合いが苦手と感じてしまいます。

しかし、誰でも100%自分に自信があるわけではありません。

自信満々に見える人でも、心の中では不安に思うこともあるのです。

堂々と振る舞うことが苦で

自分に自信が持てないと、堂々と振る舞うことが苦手になります。

しかし、実は堂々としている人の多くは実はハッタリで堂々としているように見えるのです。

良くいえば根拠のない自信を持っているので堂々として見えます。

自信のない人は真面目で繊細な人が多く、自分を過小評価しがちです。

時には自分を甘やかしてハッタリをかますことも有効です。

2、相手に対して鈍感

相手の考えや気持ちを察することができないと、相手から知らず知らずのうちに嫌われてしまいます。

人間関係はお互いを察することで相手が何を欲しているのかを察して、それを提供することで円滑に回ります。