人間は生活してゆく上で他人との関りが必然的に必要になります。

他人と関わることにより仕事も恋愛も趣味も発展します。

しかし、人間関係は幸せな関係ばかりではなく、時にはツラい経験を生むこともあります。

人間関係でのツラい経験が原因で人付き合いが苦手になってしまった人もいると思います。

そうすると日々の生活や人生そのものがツラいものになってしまう可能性があります。

そしてそのような人付き合いが苦手と感じる人には共通する特徴があります。

今回は人付き合いが苦手な人の特徴を知り、自分に当てはまるものは改善するための方法をお伝えします。

人付き合いが苦手なことはツラいことです。

ネットの世界や引きこもって自分の世界だけで暮らしてゆける人はごくわずかです。

仕事や恋愛もしずらくなってしまいます。

人付き合いが苦手なことを克服する方が良い人生を送れるでしょう。

今回の記事で人付き合いの苦手意識を克服するための助けになれましたら幸いです。

人付き合いが苦手と感じる人は多い

実は人付き合いと感じている人は意外と多いといいます。

現代社会学科では会社や学校内で、人間関係のストレスを多く感じてしまう環境があり、人付き合いに苦手意識を感じる人が増えているのです。

元々自分に合わない性格の人と過ごさなくてはならない時間が多くあると、人は人間関係に苦痛を感じます。

そのような時間が長く続いてしまうと人付き合い自体が苦手になってしまうのです。

苦手だから疲れる


一度人付き合いに苦手意識を感じてしまうと、人間関係自体に苦手意識を感じてしまう場合があります。

これは犬に噛まれた経験のある人がその人を噛んだ犬だけではなく、犬全般が苦手になってしまうことに似ています。

いわゆる条件反射ともいえる心の反応ですが、嫌いな人との人付き合いが嫌になり、その嫌悪感が人間関係全般に及んでしまうと他の人との人付き合いも嫌になってしまう場合があります。

つまり、人付き合いが苦手だという前提で人と接してしまうことで疲れてしまうのです。

さらにその症状がひどくなってしまうと、引きこもりや対人恐怖症、うつ病になる恐れもあります。

セクハラやパワハラのように本当に酷く、ツラい人間関係を苦手と思う意識は正常な意識です。

しかし、ごく普通の人間関係も苦手と感じる意識には、条件反射で人間関係=苦痛という思い込みが隠れています。

その思い込みに気付くだけでも、人付き合いを苦手と思う気持ちが軽減されます。

誰もが人間関係を良くしたいと望んでいる

人付き合いが苦手な人は多くいますが、誰もが本心では人間関係を良くしたいと望んでいます。

人には同じ種族で共同生活を送りたいという集団本能があるので、無意識的にも人との関りを望んでいます。

どんなに引きこもっている人でも、もし自分の性格が自由に変えられたら、ほとんどの引きこもりの人が良い人間関係を作れる正確に変わることを望むでしょう。

実際に性格を変えて人間関係を良くすることは中々難しいことです。

また、自分の性格よりも他人の悪意が関係している場合もあります。

しかし、本心で苦手意識を変えようとしている人は、必ずその苦手意識を克服、改善できるでしょう。

人付き合いが苦手な人の9個の特徴


それではこの章では、人付き合いが苦手な人の9個の特徴についてお伝えしてゆきたいと思います。

ここで挙げる特徴に多く当てはまる場合は、深刻な苦手意識に苛まれているかも知れません。

また、1~2個当てはまる場合は人付き合いが苦手な意識が多少あるものの、そこまで問題ではないでしょう。

多く当てはまる人ほど深刻ですが、後程お伝えする改善法を実践することで改善してゆくことができるでしょう。

ですので、多く当てはまっても自分を責めずに改善してゆけば良いのです。

それでは人付き合いが苦手な人の9個の特徴をお伝えします。

1、自分に自信が持てない

多くの人付き合いが苦手な人に当てはまる特徴が、この自分に自信が持てないことです。

自信がないために相手に劣等感を抱いてしまい、人付き合いが苦手と感じてしまいます。

しかし、誰でも100%自分に自信があるわけではありません。

自信満々に見える人でも、心の中では不安に思うこともあるのです。

堂々と振る舞うことが苦で

自分に自信が持てないと、堂々と振る舞うことが苦手になります。

しかし、実は堂々としている人の多くは実はハッタリで堂々としているように見えるのです。

良くいえば根拠のない自信を持っているので堂々として見えます。

自信のない人は真面目で繊細な人が多く、自分を過小評価しがちです。

時には自分を甘やかしてハッタリをかますことも有効です。

2、相手に対して鈍感

相手の考えや気持ちを察することができないと、相手から知らず知らずのうちに嫌われてしまいます。

人間関係はお互いを察することで相手が何を欲しているのかを察して、それを提供することで円滑に回ります。

相手に対して鈍感でいると自分では無自覚のまま、何故か人に嫌われることが続き、結果として人付き合いが苦手になってしまう場合があります。

相手の微妙な心理が読めない

人は言葉に出さなくても心の中で刻一刻と微妙に審理が変化してゆきます。

その微妙な心理の変化が分からないと相手と気持ちが通じずに、結果として相手に嫌われることが多くなり、本人は人付き合いが苦手となってしまいます。

この場合は本人の感性が主な原因といえますので、人の心理を感じる訓練が改善に必要になります。

3、自意識過剰

自分を意識し過ぎる自意識過剰も他人に嫌われる要素です。

自意識過剰や高すぎるプライドは、周りの人との温度差を生み人間関係を悪くしてしまいます。

この場合はもう少し気さくに人と接する訓練が必要となります。

傷付くことが怖い

実は自意識過剰といわれる人の中には、過去に人間関係で傷つき、再び傷付くことを恐れて、自分から心に壁を築いてわざと他人と距離をおいている人もいます。

その場合は全ての人間関係が悪いものでないことを本人が自覚して、心の壁を自分で消すことが必要です。

そのためには傷付くことを恐れずに素直になる努力をすることが大切です。

4、考え過ぎる

頭の中で考えすぎると現実とのギャップに軋轢が生じて人間関係のバランスが崩れることがあります。

考え過ぎはどんどん空想と現実の差を大きくします。

人間関係も悪化することが多いので、思考と現実、どちらもバランスよく感じるようにしましょう。

自分本来の力を表に出せない

考え過ぎると人はマイナス方面での思考が強くなる傾向があります。

心配なことや不安な感情が強くなってしまい、本来の自分自身や自分の力を表に出せなくなってしまうのです。

人付き合いにもそのことは影響します。

ビジネスなどの慎重性が問われる関係以外はあまり深く考え過ぎず、人付き合いそのものを楽しむようにしましょう。

5、相槌でしか返事しない

あまりに不愛想では人はどんどんそのような人から遠ざかります。

返事が相槌だけ、といった応対では人から嫌われても仕方ありません。

良い人付き合いのために、会話が弾むようなネタ作りを普段から心掛けましょう。

興味が無いと勘違いされがち

不愛想で相槌しかしないような人は、例え内心で相手に興味があり、良い関係を望んでいてもそれが伝わりません。

自分の気持ちは表現することで初めて相手に伝わります。

6、興味が持てないと参加しない

偏り過ぎな価値観も人付き合いを苦痛なものに変える要素のひとつです。

自分では興味のない物事にも積極的に興味を持つことで他人もあなたに興味を持ってくれる機会が増えることになります。

友達がいるから参加するということはない

例え友達がいなくても自分から新しい交友関係を広めようとする姿勢が大切です。

待っているだけではなく、自分から積極的に人付き合いを改善しようとする姿勢が大切です。

7、人に対する好悪の感情が激しい

人に対する好き、嫌いといった感情が激しいと、反対にそのような人が他人から嫌われることになります。

人は誰でも他人を好き嫌いに思う気持ちがありますが、その感情があまりに激しいと、人間関係に支障をきたすことになります。

人付き合いが苦手な性格を作ってしまっている

そのような人は自分で人付き合いが苦手な性格を作ってしまっているといえます。

そんな自分の性格に気付き、改善してゆくことが大切です。

8、相手の気持ちを推し量り過ぎる

相手の気持ちを感じることは大切ですが、その気持ちを推し量り過ぎるとかえって不自然な感覚を相手は覚えてしまいます。

自然なやり取りを理想として、推し量り過ぎないことが人付き合いを円滑にするコツのひとつです。

精神的に疲れてしまいがち

相手の気持ちを推し量り過ぎると、自分も相手も精神的に疲れてしまいがちです。

相手の気持ちを知ることは大切ですが、監視しているような状態になることは避けましょう。

9、自分のことばかりで余裕がない

余裕がないとどうしても相手のことを考えることができずに、人間関係のバランスが崩れてしまいます。

人付き合いが苦手とする人の特徴のひとつが、この余裕のなさです。

人付き合いが悪いレッテルを貼られる

自分のことばかりで余裕がないと、やがて人付き合いが悪い人とレッテルを貼られてしまいます。

そうなると人間関係が苦しくなり、人付き合いが苦手となってしまいます。

克服方法が知りたい

前章では人付き合いが苦手な人の9個の特徴を見てきました。

この章では人付き合いへの苦手意識の克服法をお伝えします。

ツラい人付き合いの苦手意識を克服し、実りある人間関係の構築を目指しましょう。

誰にでも元気よく挨拶する

誰にでも元気よく挨拶をする。

このことは人間関係の基本です。

もちろん人によって接し方は変わりますから、必ずしも大きな声で挨拶をする必要はありません。

あなたの素直な気持ちが伝われば十分です。

挨拶を習慣にして、人付き合いを改善しましょう。

笑顔を心掛ける

笑顔は人の心を和ませます。

笑顔を心掛けることで相手は心を開きやすくなります。

まずは鏡に向かって自分自身に微笑みかけましょう。

やがて慣れてくれば他人にも自然な笑顔を向けられるようになるでしょう。

その頃には人付き合いの苦手意識も改善しているはずです。

苦手な原因を探る

分析が得意な人には、何故自分が人付き合いを苦手としているのかを分析してみることをおすすめします。

苦手に思う原因が幼少期のトラウマなどにある場合でも、原因が特定できればそれだけで苦手意識は軽減します。

信頼できるカウンセラーの力を借りることも方法のひとつです。

考え過ぎない

考え過ぎは不安を招くので、考え過ぎていると思う人は、意識的に考え過ぎないで過ごすことをしてみましょう。

意外とその方が人間関係がスムーズにいくことに驚くことになるかも知れません。

観察し興味を持つ

他人や自分に対して興味を持つことも大切です。

興味がある事柄には少々のストレスも関係なく対処することができるからです。

人という生き物に興味を持ち、あえて色々な人物と話すことで、人付き合い自体に慣れるようにしましょう。

聞き上手になる

人の話の聞き上手になると、人はあなたがその人のことを理解してくれる人物だと思うようになります。

そうなれば最初から好意的な関係が築けるので、その後の付き合いも楽で円滑なものになる可能性が高まります。

断り上手になる

嫌なことをお願いされたときは、そのことを断れる勇気を持ちましょう。

断り上手になれば、余計な負担を強いられることが激減し、人付き合いの苦しみが減ります。

そうすると、対等に接してくれる仲間が増えるきっかけにもなり、苦手意識の克服に繋がります。

仲の良い人を1人作る

たった一人の親友は、千人の普通の人間関係に勝る関係であるといえます。

あなたのよき理解者を作ることで、人間関係は大きく向上します。

マイナスの条件反射の反対に良い条件反射ができるので、他の人間関係も改善することになります。

人を避けるのは勿体ない、良い事も悪い事も自分のためにある

どんなに人間関係が改善されても、生きていれば時として他人から受ける理不尽な目に合うこともあります。

しかし、同じように他人が関係した良い出来事が起こることもあるのです。

生きてゆくことは他人との関りが付いて回ることでもあります。

人間関係で起こる、良いことも悪いことも自分のためだと思い、前向きに生きてゆきましょう。