人は誰しもがコンプレックスをもって生きています。

例えば、目に見えるような外見に関する面でコンプレックスを抱えている人は人には見えないような内面に関する年でコンプレックスを抱えている人など様々な場合が存在します。

人が言葉にしないだけで誰しもが気にしている事は存在しており、コンプレックスに触れてしまうということがその人を大きく傷つけてしまう一つの原因にもなってしまいます。

コンプレックスは人それぞれ違いますがある程度大きなコンプレックスとして共通している部分は存在しています。

例えば外見に関してコンプレックスといえば自分の顔のそれぞれのパーツであったり、自分の体に関する悩みを抱えていることが多いです。

例えば自分の目があまりにも細かったりすることにコンプレックスを感じるかたや自分の鼻があまりにも大きかったり、形が自分では変だと感じることにコンプレックスを感じる方もいます。

それ以外にも内面に関する面で言えば、考え方が常にマイナス思考であったり、何事に関しても自信がないような考え方になってしまうという、目に見えないようなものもコンプレックスだと感じてしまいやすいです。

このようにコンプレックスにはたくさんの種類がありますが、比較的たくさんの人が持っているコンプレックスの中で外見に関する特徴で言えば身長が大きなコンプレックスの原因になっていることはとても多いです。

男性であれば低身長に関してコンプレックスに感じていたり、女性であればあまりにも大きすぎる身長にコンプレックスを感じる方も多いです。

なので今回は低身長をテーマにして低身長は何 cm からかということを年齢別にご紹介していきます。

️子どもの低身長はとてもきになる

自分自身のことも当然ながら気になりますか結婚して子供を育てているような人の親になっている立場からすれば自分の子供のことがどうしても気になってしまうという方はとても多いです。

自分の子供を可愛いと思わない方はいないと思いますし、自分の子供には幸せな人生を歩んで欲しいと思うのが親としての感情です。

なので親の立場からすると子供が悩んでしまう様な現実は受け入れたくないと思うのが当然です。

子供が少しでも幸せだと思ってもらえるためには、様々なコンプレックスに関しての悩みを持ってもらいたくないと思う方も多いので、子供が低身長だという事には敏感に反応してしまう方も多いとおもいます。

もちろん身長が全てではないと言うことは明らかですが、身長が低いとどうしても男性の場合は男性としての魅力が半減してしまうことにもつながりますし、女性であればもともと小柄な性別なので、さらに小柄となると様々な面で不便に感じてしまわないか心配になりますよね。

身長が大きい方がメリットとデメリットとに分けた時にメリットの方がはるかに大きいので、親の立場としては当然心配してしまいます。

この考えは子どもが健康に育ってほしいと思う事も左右していると考えることが出来ます。

しかし、まずは子どもが低身長であるかどうかという事は、低身長という言葉の正しい意味合いを理解する事から始まり、意味を理解した上で、年齢や性別できちんとしたデータを基に比較をすることが大事です。

ここからは低身長の意味合いや具体的な判別についてご紹介します。

低身長とは


低身長と言う言葉を考えた時に具体的にどういう意味合いを持ってるかという事をあなたは理解していますか?
一般的に低身長と聞くと身長が低い人という意味合いしか理解されていない方が多いです。

具体的に低身長と分類する状況としてはどのような状況が存在しているのかということをまずは理解することが大切です。

低身長の意味合いについて簡単にここからご紹介します。

周りの子と比べて身長が低い子

まず低身長の一つの定義として周りの子供と比べて身長が低い子供と言う意味を持っています。

例えば学校を想像してみてください。

学校には同じ年齢の子どもたちがたくさん集まると思いますしまたその子供たちと一緒に身長を測定などを行ったりすることもあると思いますが周りの子供に比べて身長が低い言葉は当然存在します。

同じ年代の子供と比べたときに明らかに身長が周りと比べて低かったりする子供については低身長であると判断することができます。

身長が著しく伸びる時期なども存在していることからまだ成長期が訪れていない子供に関しては急に身長が大きくなるという事も考えられるのでまだまだ判断するとしては難しい部分になるかもしれませんが成長期が訪れた以降に周りと比べて身長が低いという場合についてはそれ以上身長の伸びが期待できないということも考えられる場面もあるので、低身長のまま成人してしまうという事も考えられます。

同じ年齢・性別で比較する


低身長であるかどうかということを判断するときに、大切な方法としては必ず同じ年齢や性別で比較するということです。

例えば今現在6歳の子供が低身長であるかどうかということを判断する場合は周りに同じ6歳の子供を集めて比較したり、同じ6歳の子供のデータをもとに判断する必要があるということです。

なぜならば同じ年齢でなければ当然ながら年数が違うことによる成長の違いなども見受けられることがありますのでその年齢の平均的な身長というものを割り出せない状況になってしまいます。

特に成長期真っ只中の子供を成長期が終わった子供と比べたとしても全く結果は違うはずですし、同じ立場の者同士を比べないと比較する意味がなくなってしまうからです。

そして性別についてもとても大事であり、男性と女性を比べた時に当然ながら男性の方が平均身長は高い傾向があります。

これは世界でも共通しており男性の方が身長が高いので男性と女性を比べても全く意味はありません。

比較的女性の方が成長が早いとされており、例え女性の方が身長が大きかったとしても、後々から考えてみると男性が身長が高くなるようなケースもざらにありますので、男性の子どもが低身長で周りの女性よりも身長が低かったとしても年齢によってはそこまで心配する必要がない場合も多いからです。

なので、同じ年齢、性別の人と比較して考える必要があると考えてください。

100人背の順で並ばせて、前から2、3人目くらいまで

低身長と言う概念を考えた時に例えば同じ年齢で同じ性別の子供を100人背の順で並ばせたと考えてみてください。

100人背の順で並ばせて前から2、3番目に該当するような子供がいわゆる低身長であるという判断を下される場合が多いです。

ここで言う低身長とは単純に身長が低いと言う言葉を指し示す言葉であり、身長が低い病気であるSGA性低身長症というものが存在しており、SGA性低身長症に関しては、100人並んで前から10番目以内に入るとSGA性低身長症であると判断されることがあります。

ちなみに、SGA性低身長症はお母さんのお腹に中にいる期間に相当する標準身長や体重に比べて小さく生まれることを意味されており、基本的にはそのうちの90%は23歳までに成長が追いつくとされていますが追いつかない人はSGA性低身長症が疑われているという判断が下されます。

なので一般的な低身長と病気であるSGA性低身長症については全くの別物であるというとらえ方をしてください。

低身長症は、同性同年齢平均身長の標準偏差の2倍より低い場合

ちなみに低身長症については同じ性別であり同じ年齢の平均身長の標準偏差の2倍より低い場合が該当すると言われています。

自分の子供が低身長で悩んでいる姿は親としてもあまり見たくはないですよね。

子供が何かしらの病気で低身長になっていると考えるのであれば然るべき対応をして医療機関なのでそのような診察を受けることができれば、場合によっては成長ホルモンを投与してあげるなどの施術が可能になったりもするので早めに子供の身長が気になってることであれば確認をしておくことが大切です。

インターネットサイトでも同じように悩みを抱えてる方がたくさんいるので低身長と検索をすると自分で自分の子供が低身長症であるかどうかを簡単にチェックすることが可能になります。

子供の性別や生年月日は今現在の身長や測定日などを検索して確認をすることで簡単に低身長症であるかどうかを確認することも出来ますしさらに詳しく調べたい方は初産や経産の経験や、在胎週数であったり出生時体重や出生時身長などで細かく調べることも可能になります。

気になるのであれば調べるのが早ければ早いほど対策も可能になるので必ず一度調べて問題がありそうであれば医療機関で診察を受けることをお勧めします。

️低身長は何cmから?年齢別の平均身長

具体的に自分の子供が低身長だと判断するのは何センチぐらいなのかという目安願望がある程度を把握もしやすいと思います。

どうしても個人の感覚であれば自分の子供が気になってしまいやすいので自分の子供が少しでも劣っていると感じてしまうと一般的に見てそこまで差がなくても、自分の子供であるからこそ余計に気になってしまいちょっとしたことに敏感になってしまうことも考えられます。

そこまで差がなければ気にする必要はないですし自分自身のストレスにもつながってしまいますのである程度明確に判断できる基準があれば自分自身のストレスも和らぐというものです。

なので具体的に低身長が何 cm からなのかということを年齢別の平均身長を元に割り出してご紹介をしていきます。

この点がある程度を把握できるようになれば自分の子供の年齢と身長を掛け合わせて確認することができますのでとても便利です。

必要以上に気にする心配もないですし逆にもし該当するのであれば早い段階で症状に気づいたり解除したりする努力を行うことができることにもつながるのでこの機会に一度自分の子供が心配な方は確認してみてください。

男の子の平均身長

まずは男の子の平均身長からご紹介をしていきます。

男の子の成長に関しては女性と比べると成長自体は遅く設定されていることが多いです。

なので子供がいる身としては自分の子供が男の子であり周りの子供が女の子であることを考えた時に自分の子供が周りの女の子よりも身長が低かったりすると余計に心配になってしまうことが多いと思います。

どうしても自分自身が大人なので大人の目線から確認してしまうことが多く、男の子なのに女の子よりも身長が低いと言うことは何らかの原因があるに違いないと勘ぐってしまう方が多いですがまず安心していただきたいのはある程度の年齢までは女の子の方が成長が早いと言うことです。

女の子の方が体の成長は早かったりするので周りの女の子の方が身長が高いと言うことは通常ありえるケースでもあるのでそこまで過剰に心配する必要はありません。

しかしながらある程度大人になってきてそれでも女の子よりも身長が低いという場合に関しては気にすることがあってもしょうがないといえますので、年齢によって変化するという事は必ず理解してください。

女の子の平均身長

ここまでは男の子の平均身長についてご紹介しましたが、ここからは女の子の平均身長についてご紹介していきます。

先ほど男の子の平均身長についての部分でも触れましたが、基本的には女の子の方が成長は早いです。

そして男の子の方が子供の時は体が弱いと言うことも存在しており、女の子の方が体が強かったりする場合が多いです。

まず一つの理由として男の子より女の子の方が思春期が比較的早い段階で訪れること言うことが理由です。

一般的に男の子は10歳から11歳以降に思春期が訪れて女の子は7歳から9歳に思春期が訪れると言われています。

例えば身体的な特徴として考えても比較的女の子の方が胸の膨らみ家整理など大人の支度が早く訪れるので当然ながら身長に関しても成長は男の子よりも早い段階で訪れます。

しかしながら女の子に関しては身長の成長が早い時期に訪れる分身長が止まるのも早い時期に終わってしまうのでそれ以降に関しては男の子の方が身長の伸びは大きくなるということが考えられます。

男の子の平均身長と女の子の平均身長を比較しても分かる通り12歳までは比較的同じような身長が続いてしまうということが考えられます。

元々男の子と女の子を比べたら女の子の方が身長が低いのにこの年齢まで同じ身長平均を保っているという事は女の子の身長の伸びが早い段階で訪れていることだけです。

その証拠に15歳になると平均身長はかなり差が生まれるという結果につながるので、男の子と女の子の身長を比べて、気にする必要があるとすれば15歳くらいの年齢になった時に女の子の方が身長が高い状況が生まれているケースです。

それ以前はこの数字を見てもわかる通りそこまで差がないので必要以上に気にしすぎる必要はありません。

しかし、あからさまにかなり身長が低いという場合は早期に医療機関で確認してもらう必要があります。

あまり気にし過ぎも良くない

子供が低身長であるという事はどうしても親の立場からする時になることではありますが、しかしながらあまりにも気にしすぎてしまうこともよくはありません。

先ほどご紹介したように女性の方が成長が早いと言うこともしかり、親自体が低身長であるという事は遺伝などの可能性もあるので、それが普通である場合なども考えられるからです。

確かに自分の子供が低身長という悩みを抱えて育ってしまうことは、親の立場からしても辛いことではあるかもしれません。

しかしながら身長がすべてであるとは言い切れませんし身長という悩みがコンプレックスとして存在していたとしてもそれ以外の良い面を持っていればそれはそれで良い事です。

身長は自分の存在を主張する中でもかなり大きくイメージを左右する部分でもありますので敏感に気になってしまうということは当然ではありますが、身長コンプレックスとして抱えている人以外にも他の部分でコンプレックスを抱えているという方はざらに存在しています。

その人のコンプレックスが身長であるということだけであってそれ以外の人も同じように何かしら別のコンプレックスを抱えているのは当たり前です。

身長が特別だという固定概念は捨てて、みんな同じコンプレックスを抱えながらそれを乗り越えて生活をしているわけなので、身長だから特別気にしないといけないというような固定概念は持たないようにする事を理解してください。

成長率がどれくらいか?

低身長であるかどうかを判断するのであれば、必ず自分の子供の成長率に目を向けてください。

自分の人生を振り返ってみた時に著しく身長が伸びた時期と言うのは必ず存在するはずです。

逆に言えば大人になってから身長が著しく伸びたという経験はおそらくあまりないと思います。

おそらく中学生や高校生に当たる年齢の時期に大きく身長が伸びたということがあると思いますがこれに関しては成長期が中学生や高校生に当たるからと考えることができます。

なぜならば重大に関しては成長ホルモンが一番多く出る時期であり骨全体が伸びることで身長が伸びるということを考えることができるからです。

しかしながら成長期に関しては食事の栄養が不十分だったり睡眠不足なのによって身長が伸びない習慣を行っている子供も存在しているのでそうなってしまうと伸びるものも伸びないようになってしまいます。

なので子供が成長期を迎えているのに食事の栄養や睡眠不足などが不足していないかどうかということを確認した上で、身長が伸びる時期としては男性は12歳から17歳で女性は10歳から14歳だとされているのでこの時期そしてそれ以降の時期についても自分の子供の成長率がどの様になっているのかということを比較して考える上で低身長であるかどうかということを判断する一つの要素と捉える事ができます。

成長期がまだ来ていないのに自分の子供の成長をあまりにも心配し過ぎてもまだどうなることかわからない場合も含まれるので、気にするとすれば成長期の最中に確認するのが大事です。

成長期を過ぎてから気づいても、処理が遅れてしまうという事考えられますので、成長期の時に自分の子どもの成長率を細かく確認する事が大事です。

2年以上伸びないかどうか?

成長率を踏まえた上で自分の子供が低身長か確認をする際には2年以上伸びていないかどうかということを踏まえた上で考えることが大切です。

たとえ成長期であったとしても元々の遺伝という所も考えられるので、当然ながら親が高身長であればその時期にかなり身長が伸びる子供もいれば、元々親が低身長であったためにその遺伝によって伸びる時期であったとしてもそこまで周りと比べて身長が伸びないということも考えられます。

そして比較をするのであれば1ヶ月2ヶ月というデータよりもある程度まとまったデータを元に自分の子供の成長期がどうなのかという成長率も踏まえた上で確認することが大切です。

ある程度の年数で換算して自分の子どもの成長率に目を向けた方がわかりやすく判断することが出来るので、必ず確認をする際には自分の子どもの成長率が数年の間どうなっているのかというデータに目を向ける事を忘れないでください。

しかし、気づくのが遅れるよりも早い方が良いので、こまめに直近の成長率などにも目向けた方がさらに良いです。

️低身長になってしまう原因

ここまでは低身長を判断する上の年齢別の平均身長や判断方法についてご紹介をしていきましたが、ここからは実際に低身長になってしまう考えられる原因についてご紹介をしていきます。

低身長になってしまう原因は様々なことが存在しており、生活習慣に関係するものもあれば元々の病気ということで低身長になってしまうということも考えられます。

自分の子供が低身長で悩んでいるのであればいま自分の子供が置かれてる状況や何かしらの病気の可能性という所探って考慮する必要があります。

なので、簡単にそれぞれ考えられる原因についてご紹介しますので、生活習慣に起因する原因であれば、自分の子どもが該当するかどうかをまずは判断してください。

低身長になってしまう病気

まずは低身長になってしまう原因の中でも病気に関連した原因についてご紹介します。

病気については見定めるのが難しい部分も存在しているので、一番良いのは医療機関などに足を運んで子供を診察してもらうことが大切です。

病気ということになってしまうと自分自身で確認するのには限界がありますので様々なデータを元に医療機関で判断してもらうことが大切であり、間違った判断をしないことにもつながります。

どうしても子供の低身長が気になるということはなるべく早めに医療機関へ足を運んでください。

成長ホルモン分泌不全性低身長症

低身長の原因になってしまう病気の一つとして成長ホルモン分泌不全性低身長症が考えられます。

この病気に関しては小児期までに下垂体からの成長ホルモンの分泌が障害されて低身長症が起こってしまうことを意味しています。

成長ホルモンの分泌が少ないと当然ながら自分の体が成長する妨げになってしまうので、身長も低くなってしまうことが考えられます。

子供の身長が大きく伸びる成長期は成長ホルモンがたくさん出る時期なので身長が伸びるので当然ながらそのホルモンが少なくなると伸びなくなってしまうという考え方です。

この病気の原因に関しては家族性に生じる遺伝によるものである場合、そして散発性に生じるものがあります。

成長ホルモン以外の下垂体ホルモンの分泌に関しても障害されている場合は原因の明らかではない特発性や下垂体の異常が特定できることに分けらえる場合などもあります。

例えば脳腫瘍や脳の炎症や外傷などが原因で起こる場合などもあり、症状に関しては成長の遅れが目立ち骨の発達が遅れて骨年齢が低下することです。

簡単な見分け方としてはホルモンが障害されてしまうと体型が幼いままで男性は声変わりは射精がなかったり女性では月経が来なかったりという事が一つの判断基準になります。

甲状腺機能低下症

次にご紹介する低身長の原因になってしまう病気は甲状腺機能低下症です。

甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの分泌が低下して活動性が低下してしまう様な病気でありこの病気に関しては圧倒的に女性が多くなっています。

割合としては一体中で男女別になっており成人に起こりうる症状ではっきり出ているものは粘液水腫や小児にみられる先天性のものはクレチン病と呼ばれています。

もともと甲状腺は予備能力が非常に高い臓器であるので正常な細胞が1/10残っていればホルモンの分泌は低下しないと言われているので何かしらの原因が起きると言う場合はかなり甲状腺の細胞が減ってしまっているということが考えられます。

症状の現れ方についてはホルモンが低下することによる活動性が鈍くなってしまうことと昼夜を問わず眠くなったり体の倦怠感が強くなって記憶力計算力が著しく低下してしまうことが考えられます。

それ以外には脱毛や顔がむくみやすくなったり声が低温化してしまうことや体重が増えて便秘になったり無月経になってしまうことが考えられます。

軟骨異栄養症

次にご紹介する低身長の原因になる病気は軟骨異栄養症です。

軟骨異栄養症は軟骨細胞分化の異常による軟骨骨性骨化の障害のため、成長障害や頭蓋骨の低形成などが生じてしまい低身長になってしまうという疾患です。

症状が発生する割合としては1万人に0.5人から1.5人のバリアで発生しているとされており主な症状に関しては低身長で男性では成人の身長が130cmであり女性では122cmと程度とかなり著しく低い身長の場合が多いです。

それ以外には四肢の短縮など、中枢神経や末梢神経の障害なども考えられます。

低身長に関しての治療法は成長ホルモン療法などが一般的になっており3歳より公費負担で治療を受けることが可能になってますので、早めに確認すれば効果がありますし、場合によっては四肢の短縮に関しては骨延長術を行うことで10センチの身長の増加を得ることができるとされています。

SGA性低身長症

次にご紹介する低身長の原因になる病気はSGA性低身長症です。

SGA性低身長症はSmall for gestational ageの略称であり、お母さんのお腹にいる期間に相当する標準身長や体重に比べて小さく生まれてしまうということを意味しています。

冒頭でもご紹介した通りなのですが、100人身長の順で並んで10番目以内に小さい方から入ると該当するといわれているものであり90%は2.3歳までに成長が追いつきますが、その年齢になっても追いつかない子どもが該当すると言われています。

この病気に関して判断をする場合は今の身長が標準からどれくらい離れているのかということだったり一年間でどれぐらい自分の子供が成長しているのかということを知る必要があるので成長曲線をつけてみる必要があります。

自分の子供がどれぐらいこれまでに成長しているのかということや成長率に関して把握しておくことで自分の子供がこの病気に該当するのかどうなおかということを医療機関で判断してもらうことができます。

ちなみにこの病気を疑っていた場合は小児科の専門医に関して診察をすることが必要になります。

認められた場合に関しては3歳から成長ホルモンによる治療を始めることが可能になっていますのでなるべく早めに症状に気づくことが大切です。

栄養不足

低身長の原因として考える時に病気以外の問題になると栄養不足が挙げられる場合が多いです。

病気てない場合の原因の中でかなり多いと言われており幼少時の低栄養に関しては4歳まで食べる量が少なかったために平均より数センチ以上身長が低くなってしまうということが挙げられます。

通常に関しては4歳の時点で行ったりと100センチになると言われておりこれより7cm低ければ最終身長に達成するまでにずっと7センチ低いままということが存在してしまいます。

なので、4歳までの時点でどれだけたくさんの栄養を摂取しているかどうかということで最終的な身長が変わってくると考えることができます。

ちなみにこの時に逆に100cmよりも多く、例えば105cmなどになっていたと考えると最終身長も5cm高いままということになるのが普通だと言われています。

もちろん4歳までの時点以外でも成長期の食事の管理も大切であり、成長期に関しては成長ホルモンの影響によって骨が伸びるということが考えられるので骨が成長するための栄養素を取得する必要があります。

具体的にはたんぱく質やカルシウムやマグネシウムそしてビタミンDなどの栄養素をとることが大切です。

ストレス過多

低身長の原因として考える時に一つの問題になるのがストレス過多による問題です。

子供の身長が伸びない原因で明確な病気やその他の問題がない場合にストレスの問題が考えられるのですが、ストレスによって成長が妨げられてしまい成長ホルモンが脳の下垂体から分泌されなくなってしまうということが考えられます。

成長ホルモンが分泌量が低下してしまうと必然的に身長の伸びがストップしてしまい最終的に低身長という問題に直面してしまいます。

ちなみにストレスを抱えている子供に関しては太りやすくなる傾向や病気になりやすくなったり、記憶力が良くなくなったり、切れやすくなったりするという傾向が見られるので、この傾向が大きいと感じる場合はストレスが原因による低身長が誘発されている可能性もありますので早めにこの症状を感じた場合は改善する様に安心感のある家庭環境を送る必要があります。

️子どもの低身長は注意しておこう

今回は低身長という事をテーマにして低身長の比較方法や、低身長の原因についてもご紹介しましたが、どうしても身長に関する問題はその人の考え方や行動にも大きく影響を与えてしまうので、早めに改善してあげたいと思うのが当然ですよね。

遺伝によるものであれば仕方がない部分がありますが、病気が原因になっているものであれば早めに改善をしてあげるのが大切です。

心配しすぎるのも自分自身のストレスにも繋がるので、無理をしてはいけませんが、早めに病気に気づいてあげる事で大きく改善できる事にも繋がります。

少しでも違和感を感じたり、心配に感じた場合は、自分ですべてを判断するのではなく、医療機関などで先生に診てもらう事で、判断をしてもらえるので、まずは医療機関を頼って適切な診察を受ける事を一番に優先してあげてください。