CoCoSiA(ココシア)

低身長は何cmから?年齢別に紹介します


人は誰しもがコンプレックスをもって生きています。

例えば、目に見えるような外見に関する面でコンプレックスを抱えている人は人には見えないような内面に関する年でコンプレックスを抱えている人など様々な場合が存在します。

人が言葉にしないだけで誰しもが気にしている事は存在しており、コンプレックスに触れてしまうということがその人を大きく傷つけてしまう一つの原因にもなってしまいます。

コンプレックスは人それぞれ違いますがある程度大きなコンプレックスとして共通している部分は存在しています。

例えば外見に関してコンプレックスといえば自分の顔のそれぞれのパーツであったり、自分の体に関する悩みを抱えていることが多いです。

例えば自分の目があまりにも細かったりすることにコンプレックスを感じるかたや自分の鼻があまりにも大きかったり、形が自分では変だと感じることにコンプレックスを感じる方もいます。

それ以外にも内面に関する面で言えば、考え方が常にマイナス思考であったり、何事に関しても自信がないような考え方になってしまうという、目に見えないようなものもコンプレックスだと感じてしまいやすいです。

このようにコンプレックスにはたくさんの種類がありますが、比較的たくさんの人が持っているコンプレックスの中で外見に関する特徴で言えば身長が大きなコンプレックスの原因になっていることはとても多いです。

男性であれば低身長に関してコンプレックスに感じていたり、女性であればあまりにも大きすぎる身長にコンプレックスを感じる方も多いです。

なので今回は低身長をテーマにして低身長は何 cm からかということを年齢別にご紹介していきます。

この記事の目次

️子どもの低身長はとてもきになる

自分自身のことも当然ながら気になりますか結婚して子供を育てているような人の親になっている立場からすれば自分の子供のことがどうしても気になってしまうという方はとても多いです。

自分の子供を可愛いと思わない方はいないと思いますし、自分の子供には幸せな人生を歩んで欲しいと思うのが親としての感情です。

なので親の立場からすると子供が悩んでしまう様な現実は受け入れたくないと思うのが当然です。

子供が少しでも幸せだと思ってもらえるためには、様々なコンプレックスに関しての悩みを持ってもらいたくないと思う方も多いので、子供が低身長だという事には敏感に反応してしまう方も多いとおもいます。

もちろん身長が全てではないと言うことは明らかですが、身長が低いとどうしても男性の場合は男性としての魅力が半減してしまうことにもつながりますし、女性であればもともと小柄な性別なので、さらに小柄となると様々な面で不便に感じてしまわないか心配になりますよね。

身長が大きい方がメリットとデメリットとに分けた時にメリットの方がはるかに大きいので、親の立場としては当然心配してしまいます。

この考えは子どもが健康に育ってほしいと思う事も左右していると考えることが出来ます。

しかし、まずは子どもが低身長であるかどうかという事は、低身長という言葉の正しい意味合いを理解する事から始まり、意味を理解した上で、年齢や性別できちんとしたデータを基に比較をすることが大事です。

ここからは低身長の意味合いや具体的な判別についてご紹介します。

低身長とは


低身長と言う言葉を考えた時に具体的にどういう意味合いを持ってるかという事をあなたは理解していますか?
一般的に低身長と聞くと身長が低い人という意味合いしか理解されていない方が多いです。

具体的に低身長と分類する状況としてはどのような状況が存在しているのかということをまずは理解することが大切です。

低身長の意味合いについて簡単にここからご紹介します。

周りの子と比べて身長が低い子

まず低身長の一つの定義として周りの子供と比べて身長が低い子供と言う意味を持っています。

例えば学校を想像してみてください。

学校には同じ年齢の子どもたちがたくさん集まると思いますしまたその子供たちと一緒に身長を測定などを行ったりすることもあると思いますが周りの子供に比べて身長が低い言葉は当然存在します。

同じ年代の子供と比べたときに明らかに身長が周りと比べて低かったりする子供については低身長であると判断することができます。

身長が著しく伸びる時期なども存在していることからまだ成長期が訪れていない子供に関しては急に身長が大きくなるという事も考えられるのでまだまだ判断するとしては難しい部分になるかもしれませんが成長期が訪れた以降に周りと比べて身長が低いという場合についてはそれ以上身長の伸びが期待できないということも考えられる場面もあるので、低身長のまま成人してしまうという事も考えられます。

同じ年齢・性別で比較する


低身長であるかどうかということを判断するときに、大切な方法としては必ず同じ年齢や性別で比較するということです。

例えば今現在6歳の子供が低身長であるかどうかということを判断する場合は周りに同じ6歳の子供を集めて比較したり、同じ6歳の子供のデータをもとに判断する必要があるということです。

なぜならば同じ年齢でなければ当然ながら年数が違うことによる成長の違いなども見受けられることがありますのでその年齢の平均的な身長というものを割り出せない状況になってしまいます。

特に成長期真っ只中の子供を成長期が終わった子供と比べたとしても全く結果は違うはずですし、同じ立場の者同士を比べないと比較する意味がなくなってしまうからです。

そして性別についてもとても大事であり、男性と女性を比べた時に当然ながら男性の方が平均身長は高い傾向があります。

これは世界でも共通しており男性の方が身長が高いので男性と女性を比べても全く意味はありません。

比較的女性の方が成長が早いとされており、例え女性の方が身長が大きかったとしても、後々から考えてみると男性が身長が高くなるようなケースもざらにありますので、男性の子どもが低身長で周りの女性よりも身長が低かったとしても年齢によってはそこまで心配する必要がない場合も多いからです。

なので、同じ年齢、性別の人と比較して考える必要があると考えてください。

100人背の順で並ばせて、前から2、3人目くらいまで

低身長と言う概念を考えた時に例えば同じ年齢で同じ性別の子供を100人背の順で並ばせたと考えてみてください。

100人背の順で並ばせて前から2、3番目に該当するような子供がいわゆる低身長であるという判断を下される場合が多いです。

ここで言う低身長とは単純に身長が低いと言う言葉を指し示す言葉であり、身長が低い病気であるSGA性低身長症というものが存在しており、SGA性低身長症に関しては、100人並んで前から10番目以内に入るとSGA性低身長症であると判断されることがあります。

ちなみに、SGA性低身長症はお母さんのお腹に中にいる期間に相当する標準身長や体重に比べて小さく生まれることを意味されており、基本的にはそのうちの90%は23歳までに成長が追いつくとされていますが追いつかない人はSGA性低身長症が疑われているという判断が下されます。

なので一般的な低身長と病気であるSGA性低身長症については全くの別物であるというとらえ方をしてください。

低身長症は、同性同年齢平均身長の標準偏差の2倍より低い場合

ちなみに低身長症については同じ性別であり同じ年齢の平均身長の標準偏差の2倍より低い場合が該当すると言われています。