お嬢様と聞いて、思い浮かぶ人はいますか?

お嬢様のイメージというのは、わりと皆同じようなものを思い浮かべるのではないでしょうか。

それは、アニメやドラマの中のキャラクターとして登場することが多いことなども関係しているように思います。

アニメやドラマの中のイメージと、実際に存在するお嬢様は同じなのでしょうか。

あなたの周りには、お嬢様と呼ばれている女性はいますか?あなたの周りにお嬢様がいるならば、想像もしやすいですよね。

もしくは、自分はお嬢様だという意識はなかったけれど、他人からはお嬢様だと思われている、なんて人ももしかしたらいるかもしれませんね。

お嬢様は、自分で自覚をもっているのでしょうか。

そのあたりも気になるところです。

ここでは、お嬢様と見られがちな女性の特徴を見ていきたいと思います。

お嬢様に見られがちな女性の特徴

みなさんがお嬢様に抱くイメージはどのようなものでしょうか。

特に多いのが、「お金持ち」ということではないでしょうか。

お嬢様の生活は、非常に豊かで、金銭的にも精神的にも余裕を持っているというイメージはありませんか?

小さい頃から、お嬢様らしく育てられている人は、親がお金持ちだということでしょう。

お金持ちということをひけらかして、性格がひん曲がった女性もいますよね。

私の周りには、そのようなお嬢様はいませんでしたが、アニメやドラマにでてくる意地悪なお嬢様は、設定としても多いのでイメージを持っている方もいるかと思います。

特にディズニーアニメなどに意地悪なお嬢様のキャラクターは多いですよね。

シンデレラの義理のお姉さんなんかが当てはまりますね。

とはいえ、シンデレラの世界でも、本物のお嬢様はシンデレラという結果に落ち着くわけですが。

そういった面を含めると、ディズニープリンセスはたいていが、お嬢様に当てはまるのではないでしょうか。

周りにリアルなお嬢様がいない方は、プリンセスを思い浮かべて想像してみるのもアリかと思います。

言葉遣いがきちんとしている

言葉遣いなどの、毎日の生活に必要なものや、親であったり、自分の育てられた環境によって、人と差が出てくるものは、お嬢様の判断基準の中でも上位にあがりますよね。

男兄弟に囲まれていたり、賑やかで騒がしいような家庭で育った人は、声が大きくなったり、乱暴な言葉遣いを覚えやすい環境にもありますよね。

言葉遣いがきちんとしている人は、穏やかな環境で育てられ、テレビも教育番組のみしか見ない、

小さい頃から厳しく育てられてきたという環境の差異というのがとても大きく影響してきます。

お嬢様は、落ち着きというのを身につけているため、丁寧な言葉遣いにプラスして、ゆっくりと話すという特徴をもっています。

自己主張をするように、人の話に割り込んだりはせずに、人が話し終わるのを待って自分の話をします。

人が話しているときも、必要以上に合いの手をいれることもせずに、ゆったりとうなづいたりと会話の中での動作にも上品さがあらわれるのです。

また、基本的な人への感謝の気持ちや、悪いことをしたおきは謝るといった、

「ありがとう」「ごめんなさい」をきちんと言えるということも、きちんとした教育をうけてきたのだなと感じる瞬間でもありますよね。

家族と仲がいい

家族が仲が良いと、良い家庭環境なんだなと思えますよね。

家族内の行事が多かったり、会話の中で家族の話がたびたび登場したりすると、「仲の良い家族なんだな」と判断することができます。

家族と仲が良いと、家族内の空気感が良いこともわかりますし、「育ちが良いのかな」とも思えますよね。

理想の男性像が‟お父さん”だったりすると、仲の良さや、家族との距離感もよりわかります。

あまりにも頻繁に家族行事があり、デートや、集まりを断るようなことがあれば、恋人や友人関係にも多少なりとも影響が出てきてしまうかもしれませんよね。

しかし、はじめからお嬢様であり、家族が仲が良いというのを周りが知っていればそんなことも避けられるでしょう。

食事のとり方が美しい

育ちの良さというのは、食べ方に非常に現れやすいものです。

また、食べ方や、食事中のマナーというのは周囲から評価される対象ともなりますよね。

食事をしながら話をしない。

話をしたとしても、口の中に物が入っている状態で口を開けない。

片手で口元を隠しながら物を食べる。

ナプキンの使い方が美しいなど、周囲が関心してしまう食事マナーを小さい頃から身に着けているのがお嬢様。

お嬢様と呼ばれる女性は、小さい頃から、人と食事をする機会が多く、それが同年代ではなく、親の会社の人や、親族など、大人と一緒に食事をしてきたという傾向にあります。

そのため、自然と食事のマナーが身についている方もいるでしょうし、大人からしっかりと教えられてきたことが身についたという方もいるでしょう。

そんなお嬢様は、食事中騒いだり、やたら音を立てて物を食べたり、食事中の姿勢の悪さなどで幻滅されてしまうこともないでしょう。

女性らしい習い事をしている

お嬢様といえば、一般の人がやらないような習い事をしているというイメージはありませんか?

教養やマナーを習い事の時間で身につけると言っても過言ではないほどです。

小さな頃の習い事こそ、他の人とは違うお金のかかる習い事をしていることが多いかと思いますが、

大人になってからも、習い事をする時間をきちんととり、一心に取り組むといった姿勢は崩しません。

特に、女性らしい所作が身に付くような習い事に関心を持ち、取り組む傾向にあります。

お嬢様は世間知らずとも言われやすいですが、習い事の面でいうと、その辺の人よりも多くの知識を身につけているのではないでしょうか。

人によっては、一生涯関わることのないような習い事もしているので、経験豊富であり、視野が広がっていることでしょう。

お見合いや自分の履歴書にしっかりと書き込めるような習い事をし、それを身に着けているので、将来的にもお嫁さんにしたいと思われる女性になることができるのです。

ピアノ


「私は、お嬢様じゃないけれどピアノを習っていた」という方も多いでしょう。

確かに小さい頃にピアノを習っていたという方は多いことでしょう。

しかし大人になってからも稽古事としてピアノを習っているのは、趣味の幅が広いか、お金に余裕があったりと、お嬢様であるということにも繋がります。

音大に行くのには多大なお金がかかるということは良く知られていることと思いますが、レッスン料というのもバカにならないんですよね。

お嬢様はピアノを習いにに行くというよりも、自宅に講師を招き、自宅のピアノを使って学んでいく方が多いようです。

その分レッスン料もかかるでしょうし、ピアノの調律にもお金がかかるものです。

繊細な指の動きが特徴的なピアノは、レベルが上がるごとに見栄えもかわり、繊細なピアノを奏でる人ほど、お嬢様度が高いに違いありません。

優雅にピアノを奏でている姿は、見ている方の心も穏やかな気持ちにさせてくれますよね。

バイオリン

ピアノと同様、常に音楽とふれあう環境にいると、心豊かになります。

「バイオリンを習っている」「自分のバイオリンを持っている」と聞いたら、素直に「お金持ちなんだなぁ」と思いませんか?

私の周りにもバイオリンを習っている子がいましたが、親が医者をしている家系だったので、非常に納得した思い出があります。

習い事でバイオリンをしていると聞くと、一目置いてしまいませんか?

自分の周りに音楽家が揃っていない限り、バイオリンを習っているという方とは、なかなか出会えないかと思います。

今はドラマや漫画の影響で、クラシックに興味をもち、自分からバイオリンを習いたいという子供も多いようですが、

大人になってからも、趣味としてバイオリンを習っているとしたら、「裕福なんだな」と思わずにはいられません。

バレエ

女性らしいボディラインの維持のため、健康のため、“大人のバレエ”というのも習い事として人気が高いようですが、

やはりバレエも“お嬢様がするもの”というイメージが非常に強い習い事の一つです。

バレエの動作というのは、指先、足先まで神経を集中させ、優雅な動きをするため、非常に神経を使う繊細な習い事でもあります。

バレエをするには、体型維持が必須となりますよね。

そのため、スリムなボディを保つことができ、日頃から食事に気を付けたりもしているので自己管理もしっかりとできているのが特徴的です。

またバレエを習っている女性は、日頃の動作が綺麗なことはご存知ですか?

基本的に背筋が伸びているので、待ち合わせをしたときなども、放っているオーラが違いますし、食事中も背筋が伸びているので、上品に見えるのです。

茶道


茶道は、ほとんどの場合が着物を着て行いますよね。

バレエもそうですが、コスチュームが必要な習い事は、その分費用がかかってきます。

また、そのコスチュームに合った体型を維持しなければならないので、見た目よりもストイックな習い事といえるでしょう。

茶道の場合は、着付けを自分で行っていることも多く、その点も女性として非常に評価が高い部分でもありますよね。

茶道は習っている人にしかわからない作法も多いですが、お座敷にあがるときのマナーなど、知っておくべきマナーもしっかりと習得することができます。

彼や旦那の実家にお邪魔した時に、作法がしっかりしていると、印象も良いですよね。

恥をかくこともありません。

女性として身に着けておいて損はない、むしろプラスにしかならないという意味では、茶道はお嬢様度が非常に高い習い事と言えるでしょう。

テニス

他の習い事に比べると、テニスはわりと取り入れやすい習い事でもあるように思いますが、別荘にテニスコートがあったり、練習場に行かなくてもテニスができる環境にあるのがお嬢様。

テニスは運動能力も必要ですし、体力、持久力も必要です。

お嬢様というと、上品で儚げで…というイメージを持つ方も多いと思いますが、日に焼けた健康的なお嬢様というのも格好いいですよね。

男女交流ができる習い事でもあるため、出会いの場としてテニスを習っている方もいるようです。

運動を取り入れているので、健全な印象がありますが、本当のお嬢様かどうかは、プレイ内容に現れるのではなく、

ラケットの扱い方や、タオルの拭き方など、やはり一つ一つの所作に現れてくるでしょう。

いつも穏やかで冷静!

自己中心的なお嬢様もいる中で、本当のお嬢様というのは、人に好かれやすく、常に穏やか。

多くの習い事や、大人との交流が多いことで、自然と身に着けてきたことが、性格に現れていると言ってよいでしょう。

大騒ぎをしたり、大きな声で話したりはせず、冷静沈着に振る舞います。

例え慌てるようなことが起きても、冷静に対応することができるので、人から頼られることもしばしば。

人の悪口を言っている人が周りにいても、自分の意見は胸の内に秘め、一緒になって人の悪口を言うようなことはしないでしょう。

人の悪口を言いふらしていたり、身勝手な振る舞いをしていると、育ちが良いという印象は受けませんよね。

清潔な身なり

高価なアクセサリーを身に着けていたり、ブランド物の服を着ていたりということも素敵ですが、いつも清潔で爽やかにしていた方が人としての印象は良いですよね。

ついつい自分では見落としてしまうプリーツのシワや、服のヨレ、毛玉など。

そういったものは、きちんとしている人なのかどうかという見極めにもなりますよね。

ついつい怠りがちな面倒な部分をきちんと出来ているというのは、好印象ですし、「育ちが良いのだなぁ。」「清潔だなぁ。」とも思えますよね。

また、髪型も、ボサボサよりは艶のある髪の方が綺麗に見えますし、ツメがボロボロ、手がカサカサというよりは、

常に潤いを持たせていたりと、細かい部分まで手入れをしている方が好印象ですよね。

そういった面倒な手入れを人にやってもらうのではなく、自分でやっているということがポイントとなります。

また、いつもティッシュ、ハンカチを常備し、お手洗いに行った後も、髪や服で拭くことはせず、

きちんとハンカチで手を拭くことなどといったことは、普段やっていることが出てしまう部分でもあります。

そのハンカチも良い香りがしたり、アイロンがきちんとかけられていたら、「きちんとしているなぁ」という印象をもちますよね。

字が綺麗

ネット文化が進む中で、手書きで手紙のやりとりをしたり、自分の手で字を書く機会は減りましたよね。

そんな中で、たまに書く字が綺麗だと、つい見とれてしまいませんか?それが誰が書いた字なのか知らなければ、なおさら妄想が膨らむものです。

それほど綺麗な字というのは魅力的で、字だけで、人を惹きつけることができてしまいます。

字は、小さい頃から習っていたりすれば、きちんと綺麗な字を書くことができますが、大人になってから矯正するのはなかなか難しかったりもします。

丸文字やギャルのような字を書く女性も多いですが、少し幼稚な印象を字から与えてしまいますよね。

綺麗な字を書く人は、性格もしっかりした真面目な人間が多いため、‟名は体を表す”というように、字が体を表すといっても過言ではないのではないでしょうか。

表情豊かだけどポーカーフェイス

ポーカーフェイスは、感情を表に出さず無表情の様をいいます。

楽しいとき、嬉しいときはちゃんと笑顔で対応し、悲しいとき、怒っているときもやんわりと表情に出しますが、基本的にはポーカーフェイス。

美人で綺麗なお嬢様は、ポーカーフェイスがよく似合いますよね。

大げさなリアクションをとったり、声が大きかったり、それに合わせて表情がコロコロ変わる人は、見ている分には良いかもしれませんが、お嬢様らしさは感じないですよね。

輪の中心で騒ぐというよりも、輪の中にはいても、やや中心からそれた場所に存在していることが多いお嬢様。

表情が剥き出しな人は、その分今の状態や、何を考えているのかがわかりやすいですよね。

お嬢様は、表情から人に感情を悟られることは避け、ミステリアスな雰囲気をまとっているのも魅力です。

どこか近寄りがたいような、でも近寄ってみると案外話しやすい人だったとなれば、そのギャップに男女ともにやられてしまうことでしょう。

欲をむき出しにしない

自分のやりたいことがあれば、何が何でもやり通さなければ気が済まない!という人もいますよね。

それが周りの人を巻き込んでのことでなければ芯の強い人だなという印象を与えるかもしれませんが、

「私が私が!」と、周りを巻き込んでまでも、自分の欲の赴くままに進んでいく人は、自己中心的な印象を与えますよね。

大事なことは、欲を剥き出しにするのではなく、さりげなさを出すことです。

「あれもしたい!これもしたい!」とはしゃぐのは、好奇心が旺盛で可愛らしくも映りますが、

あくまで冷静に「こんなことをしてみたいな」と落ち着いて話す方が、その願いが叶う確率が高いでしょう。

真のお嬢様は、欲をださなくても、周りがもてなしてくれるという部分もありますが。

高級なブランド品を身にまとっている

やはりお嬢様と言えば、お金持ちという印象が強いですよね。

ブランド品のバッグやお財布を持っている方も多いですし、皆さんの周りにも多いと思いますが、

高級なブランド品を身にまとっている人というのは、そう多くはないですよね。

全身をガッチリとブランド品で固めてしまうと、あまりにもあからさまで嫌味にとられてしまうかもしれませんが、

行き過ぎない程よいブランドコーディネートを兼ね備えているのもお嬢様。

名の知られているブランドのロゴが全面に出ているようなものを身に着けるよりも、

さりげないロゴが入っているものや、ブランドに詳しい人でないとわからないようなものの方が、より価値があがりますよね。

お嬢様は、ブランドも自分も安売りはしません。

お嬢様に見られがちなファッション

お嬢様に見られる女性は、どのようなファッションをしているのでしょうか。

お嬢様はファッションに疎い!?そんなことはありません。

世界の王族の女性やセレブのファッションが、雑誌やテレビで取り上げられることもありますよね。

そこまで行ってしまうとやや規模が大きいかもしれませんが、お嬢様にみられる女性は、人より少し個性的なファッションを好む傾向にあるようです。

特徴的なのは、やはりリボンやレースでしょうか。

お嬢様に見られたい女性も、お嬢様が好きな男性も、お嬢様がどのようなファッションを好むのかを、見ていきましょう。

お嬢様が好むファッションがわかれば、真似もしやすく、プレゼントもしやすいですよね。

お嬢様に見られたい!という女性は、まずファッションから取り入れてみるのが良いかもしれません。

ひらひらのワンピース

ひらひらと裾が揺れるワンピースは、女の子らしさを強調できるアイテムです。

女の子にとっては憧れのものでもあり、男性にも可憐な印象を与えることができるので、人気のアイテムです。

お嬢様のひらひらのワンピースは柄も重要!清楚な印象を与える白のひらひらワンピースは、マストですよね!

お嬢様のファッションで大事なことは、可愛く、可憐で上品であることです。

胸元が大きくあいていたり、丈が短すぎたり、ボディラインを強調させるようなセクシーなものはあまり取り入れません。

シースルーよりはコットン素材。

プリントよりは、刺繍というように、どことなく高級感の漂うようなワンピースを取り入れれば間違いはありません。

また、ひらひらのワンピースに似合う、カゴバッグやつばの広い帽子などを合わせてとことん上品なコーデに仕上げるのがお嬢様流。

日焼け防止のカーディガンを羽織るのもお忘れなく。

常にパステルカラー

パステルカラーというのは、目にも優しく明るい印象を与えてくれます。

ふんわりと巻いた髪の毛にパステルカラーの洋服はとってもよく合いますよね。

原色の色味の服はあまり好まず、淡い色味を好むため、服もカバンも靴もパステルカラーのものがクローゼットに揃いがち。

友人とのお出かけや、デート、ちょっとしたパーティーにまで、パステルカラーは取り入れやすい色味で、季節を問わないので、すぐに真似しやすいのではないでしょうか。

しかし、コーデの全てをパステルカラーでまとめてしまうと、全体がほわ~とした締まりのない印象も与えやすいため、

引き締め色をメインにし、羽織ものやストールにパステルカラーを取り入れるといったやり方の方が、取り入れやすく真似しやすいでしょう。

そうすることで、プチお嬢様コーデの完成です。

ロリータ系

ロリータファッションを身に着けているお嬢様も非常に多いですよね。

ロリータファッションはお金がかかるということはご存知ですか?

アニメの影響で、ロリータ系ファッションを取り入れたり、コスプレをしている方もこのところ多いですが、

お嬢様が買いに行くロリータファッションは高価で生地もしっかりとしているのです。

普段着として着ていても、クリーニングに出したりと、維持費もかかるので、真似しようとすると、かなりのお金がかかるかもしれません。

服に合わせて、帽子やアクセサリなどの小物もコーデするとより一層華やかです。

ロリータファッションを取り入れるのであれば、普段からロリータファッションをしている方に聞くのが一番です!

小物の合わせ方から、ロリータファッションに合わせたメイクまで、とことん学んじゃいましょう!

ハイソックス・レギンス等

お嬢様ファッションと言えば、ニーハイソックスも忘れてはいけませんね。

特にロリータファッションには必須アイテムです!ニーハイソックスが、好きな男性も多いですよね。

ミニスカと合わせて履くのが一般的ですね。

お嬢様ファッションにセクシーさは、必要ないのですが、ニーハイソックスを合わせると、肌の露出部分が減るので、程よい露出加減に抑えることができます。

お嬢様ファッションは、基本的にスカートが多いので、カラータイツや、メルヘンなタイツを合わせるコーデも多いのです。

その点、レギンスはあまり取り入れることがないでしょう。

レギンスを取り入れたファッションは男性からのウケがあまり良くないとも言いますよね。

もしかしたら、お嬢様はそのあたりも熟知しているのかもしれません。

また、ニーハイソックスではなく、制服と合わせるような丈感のハイソックスは、プリーツスカートなどと合わせて、清楚なコーデを作ることができます。

レトロな雰囲気の、スクールガールのようなコーデは真面目で知的な印象を与えますよね。

日傘などを持ち歩く

お嬢様の必需品である、ファッション小物はたくさんあります。

色合いにも特徴があり、ピンクや白などが多く、レースやリボンなどのデザインが施されていることが多い傾向にあります。

日傘はファッションとして合わせるのも素敵ですし、実用的でもあるので、お嬢様に見られがちな女性の鞄には常に入っています。

ハンカチやティッシュケースも、可愛いデザインのもので揃えている傾向にあります。

このあたりの小物は高級ブランド品ではなく、いまどき女子が好むブランドのもので揃えているため、親近感が湧きますね。

ハンカチを借りてみるとわかりますが、良い香りがするのもポイント!香水の香りなのか、柔軟剤の香りなのか、お嬢様に見られる女性は香りにも気を付けています。

きっと甘く、可憐な香りがすることでしょう。

お嬢様系の女性は好きですか?


お嬢様系の女性は、おしとやかで上品、それでいて教養も兼ね備えているので、憧れている方も多いのではないでしょうか。

憧れはあるけれど、お嬢様系の女性とどこで出会えるのだろう?なんて疑問が湧きますよね。

お嬢様だからといって飲み会や合コンに参加しないわけではありません。

ここで学んだ、食べ方が綺麗な人や、きちんとしたマナーを身に付けている人というのは、行動に表れるものなので、

そういった点に注意して女性を見ていれば、お嬢様と出会うことも可能なんです。

服装や持っている小物などにも注目し、さりげないブランド品を持っているかをチェックすることもお忘れなく!

しかしお嬢様系の女性と付き合うには、男性陣もきちんとした振舞いができなければ相手にされないかもしれません。

最低限のマナーを身に着け、女性をエスコートできるようにしておく努力は必要かもしれませんね。

男性必見!お嬢様5大学ランキング

お嬢様系女子と出会いたかったら、この大学に知り合いを作ろう!実際にお嬢様がいそうな大学、いる大学をご紹介していきます。

清楚で可憐なお嬢様系女子はどれくらいいるのでしょうか。

読者モデルとして活躍していたり、ミスに輝くほど綺麗な女子大生も多くいますよね。

1位「聖心 女子大」

聖心女子大は、日本で一番初めにできた女子大のひとつです。

それだけでも、お嬢様が多いことに妙に納得がいってしまいませんか?また、聖心女子大は、美智子皇后陛下が通っていたことでも有名です。

他にも女子アナを排出していたりと、才色兼備な女性が自然とあつまる大学ともいえるでしょう。

2位「白百合  女子大」

白百合女子大は、他の女子大と比べると、生徒の数が少ないことでも有名です。

その分、白百合女子大のお嬢様と出会える確率は低くなるため、非常に貴重な存在ともいえます。

3位「フェリス女学院大」

横浜にあるフェリス女学院大は、その土地柄もあり、お嬢様学校として知れ渡っています。

中学校、高校もあることから、小さいころからお嬢様として育てられてきた真のお嬢様が多いことでも有名です。

4位「日本 女子大」

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と、全てエスカレーター式であがれるわけではなく、

その都度受験が必要となるため、幼稚園から通っている学力の高い「スーパー内部」と呼ばれる生粋のお嬢様が存在する日本女子大。

有名会社の社長や、孫が多くいるのも日本女子大です。

5位「東洋英和女学院大」

朝ドラで一躍注目を浴びた東洋英和女学院。

東洋英和女学院にも、幼稚園からの入学という選択肢があり、幼稚園から入学した生徒を「お嬢様」と呼ぶ傾向にあるようです。

教科書に載るような歴史上の人物の末裔なども通うと言われる学校です。

お嬢様っぽい清楚で品のある女性を目指そう!

男性も女性も憧れるお嬢様。

今からお嬢様を目指すのも夢ではありません!

常識を身に着けること、立ち居振る舞いに気を付けること、最低限のマナーを身に着けてそれを発揮できる場に行くこと。

などなど、お嬢様への道は決して楽ではないかもしれませんが、マナーを身に着けることは自分の為にもなりますよね。

綺麗な姿勢で接したり、字が綺麗だったりする仕事面でもアピールポイントになるでしょうし、出会いの面でも有利に働くことでしょう。

高価なものを身に着けることだけが、お嬢様ではありません。

安いものであっても、綺麗に手入れをし、品よく身に着けていれば素敵に見えます。

見た目をお嬢様系に変えることは、案外簡単にできるかもしれません。

今は清楚に見えるメイク術なども普及していますし、イメチェンに関しては、周りの手を借りたり、日々研究をしたりすれば大きく変われることでしょう。

しかし肝心の中身は、日々の努力が必要となってきますので、マナー教室に通ってみたり、ペン字を習ってみたりと、

あなたのなりたいお嬢様像に合わせて、ほんの少し努力をしてみましょう!目指せ、お嬢様!